魔女(やったー!イケメン従者ゲット〜!)男「…」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:25:22.43 ID:hiZocP/OO
〜ロウロの森〜


魔女「──つまり、良いかしら? 人狼族は満月以外でも凶暴性が色濃く残るの」

「グルルルルルッ」

魔女「目に見えて狼よりも、人狼のほうが、ヒトガタに対して敵意を持っているでしょう?」

男「ええ。確かにその通りですね、ご主人様がかっておられる狼よりも凶暴にみえます」

魔女「それは彼らに『知識』が備わっているからなのよ」

男「知識ですか?」

魔女「彼らは知っているのよ。我々ヒトガタは、彼らに対し強力な対抗手段を持っていると。そう…」

魔女「人狼族では決して持ちえない、絶対的なチカラを」スッ

ぽわぁ

男「おぉ…」

魔女「【フリーズ】」


「ギャウッ!!」パキィン


男「うわっ!? 足が四本…同時に凍りましたね…?」

魔女「ふふふ。良い目の付け所ね、予め各ポイントの定め低級魔法を放ったのよ」

男「低コストで最高のパフォーマンスを生み出す。勉強になります、ご主人様」ペコ

魔女「良いのよ。うふふ、そんな褒めなくても。ふふふ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1529241922
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:25:55.18 ID:hiZocP/OO
魔女「さあ、次はあなたの番。教えたとおり、私と同じように魔法を放ってみて」ポワァ

魔女「氷は溶かしてあげるわ、【バニッシュ】」ズズズ…

男「………」ソワソワ

魔女「不安かしら? ええ、わかるわ。初めて魔物相手に放つには緊張するでしょうから」

男「あ、いえ、そうではなく……」

魔女「なにか他に問題でもあるかしら?」

男「めっ、滅相もございません! ここまでお膳立てされて、出来無いなどど…!」

男「…ですが…」チラリ

「きゅーん」

男「……」

魔女「怖じ気ついた? でも、やらなきゃならないことよ、これは」

魔女「──この人狼はヒトガタを喰い殺した。つまり、近隣の村から依頼された立派な仕事」

男「ええ。わかっております、ご主人様」

魔女「なら期待してるわ」


ぽわぁ


魔女「詠唱しなさい」

男「…フリーズ」グッ


「ギャッ──」パキィーーーン


魔女「!」ピク

男「…すみません、ご主人様…」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:26:34.06 ID:hiZocP/OO
魔女「これは、どういうつもりかしら?」

男「どうやら魔翌力を込めすぎてしまったようで…人狼自体を氷漬けに…」

魔女「そう」

スタスタ

男「駄目、でしょうか?」

魔女「………」ツンツン

男「ふむぐゅっ」ぶにっ

魔女「甘いわね、それは甘いのよ。わかっているのかしら? うん?」つんつん

男「ふぁい、ふぇ、わかっ、ふぁい!」ブニブニ

魔女「魔法とは効率よ。無駄遣いはご法度、幾らあなたが彼らに慈悲を施そうとも───」

魔女「その手段と用途は、きちんと洗練化ものでないと濁りを残すわ」ツンツンツンツン

男「うぅ…すみません…!」

魔女「なんです? この不細工な氷漬けは? 魔翌力の無駄ここに極まれりですよ?」

スッ

魔女「しかし、まあ今回は見逃してあげましょう。良いですよ、わたしも機嫌が良いですからね」

男「あ、ありがたいお言葉、感謝します…!」

魔女「後片付けは任せますからね。村人への依頼完了の手紙は明日までに」

男「かしこまりました。仰せのままに」スッ

魔女「ええ。では先に屋敷に戻ってるわ」

スタスタ

スタスタ…
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:27:25.30 ID:hiZocP/OO
スタ…

魔女「………」チラ


男「よいしょ、うんこらしょ、うぉおおー!」ゴロゴロゴロ


魔女「………っ」ぎゅっ


魔女「……いい…」ボソ


魔女「すっごくいいっ!! かっこいい!! まったくなんなの!? あのニンゲン!?」キャーッ


魔女(あの顔立ち、立ち振舞い、そして声質に性格まで! ぜんぶ私の好みマックスヒートなんですけど!?)

魔女(すごい、すごい、すごい、ここ二百年、いいえ三百五十年…いままで例を見ない程のパーフェクト…!)


ドキドキドキ ドキドキドキ


魔女「き、、きてるわー…これ、きちゃってるわ〜…これ…」キューン

魔女(いいの? わたし魔女なのに、こんなイケメン捕まえて従者にしちゃおっかなとか、そんな幸せアリなの?)

魔女「………」スッ

魔女「……遠く、遠くに居を構える六人の同胞たち…わたし、やっと幸せになりそうだよ…」ホロリ

ぐぐっ

魔女「はぁ〜、テンション上がっちゃった。あとで紅茶入れてもらおっと、えへへ」ルンルン

魔女(でも運が良かったな、本当に。わたし魔女なのにさ、あんなイケメンを森で拾っちゃうなんてさ)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:27:53.42 ID:hiZocP/OO
〜〜〜

人里離れた森の奥、そのまた奥の、ロクロの森の中心。

魔物すら近寄らない【孤高の魔女】が住まう場所。


魔女「……」


老木の大きなうろに隠れるようにして倒れていた、そのニンゲンを、

人を嫌う魔女たちとは違い、人の世と関係を保った唯一の魔女は、


男「………」

魔女(やだ、イケメン)キュン


速攻、屋敷へと持ち帰った。普段なら渋って使わない浮翌遊魔法すら放った、あの日から。


〜〜〜


はじめの頃、彼は酷く記憶に障害と、この状況に混乱しているようだった。


男「私は…なぜこのような場所に…?」


そんなの魔女の方こそききたかったわけだが、今はどうだってよかったのだ。


魔女(やだ。やっぱカッコイイ)キュン


起き上がった彼も、その発するハスキーボイスも、すべて魔女にはドストライクだった。

もうメロメロだった。ニンゲンに害する存在である魔女は心の底から思った。


〜〜〜
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:28:25.36 ID:hiZocP/OO
それからすぐに彼は、魔女の仕事を手伝うようになった。

なんでも動いていないと不安だという。彼は率先して魔女に教えを請い、

そしてすぐさま魔女が行う仕事内容を全て覚え、洗練かしていく。


男「ご主人様」

魔女「なにかしら?」ニンマリ


そしてちゃっかりご主人様と呼ばせることにも成功した、ほくほく顔の魔女だった。


男「…ご主人様」

魔女「良いのよ。すべて私に任せて、貴方はここで全てを学びなさい」

男「ありがとう、ございます」

魔女「………」キュン


すべては順風満帆。彼女は魔女らしからぬ満面な笑みで遠い未来を脳内で描いてみせる。

そう、これは数百年前から望みに望んだ悲願の希望。



魔女「…イケメン従者を、私にメロメロでとんでもないハイスペック従者を…」



作り上げてやるんだって。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:29:01.17 ID:hiZocP/OO
〜〜〜


魔女(そして、私は彼を立派な従者にしようと、奮闘するのでした──と)パタン

魔女「数百年代わり映えのしなかった日記が、途端に勢いを増したわね、うん」コトリ

魔女「だって…仕方ないじゃない…そんなのもう仕方ないでしょう…」


「ご主人様。紅茶を持ってまいりました」コンコン


魔女「ッ!? え、ええ、入っていいわ」エホン

男「失礼します」

魔女「早かったわね。もう後処理は済ませたのかしら?」

男「抜かりなく。拠点ポイントに手紙を投函、人狼の遺体は処理しました」ペコリ

魔女(良い、その綺麗で鮮麗なお辞儀、良い)

魔女「そう。ならいいわ、わたしも事後処理を終わらせたところよ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:29:29.20 ID:hiZocP/OO
男「ご主人様」

魔女「? なにかしら?」

男「私は貴方様にお救いいただいた身、不甲斐ないばかりですが出来ることはやってみせましょう」

男「ですから、なんなりとお申し付けください」

魔女「あ…いえ、その、これは別に個人的なものであって、気にしないでいいのよ?」

男「…恐悦至極、お言葉、痛み入ります」ペコ

魔女(ああっ! その申し訳無さそうな表情も……グッとくる……)

男「どうぞ」カチャ

魔女「ありがとう、いただくわ。さて、残った予定はどうなっているかしら?」


男「はい。今晩は、至極の御方たちの定例報告会、魔女会議が行われますが…」

男「その報告内容である、近隣の魔物討伐依頼は軒並み完了し、王国から依頼されたポーションも完成」

男「明日、行商人が拠点ポイントに訪れるでしょう」


魔女「では、すべて終わらせたのね」

男「これもご主人様の素晴らしい手腕があってこそ。感服いたします」

魔女「世辞は良いわ。ああそういえば、今回のポーション制作で消費したアイテムはどうなっているかしら」

男「こちらになります」スッ

魔女「……。まさか全て把握して、書き留めたの?」

男「抜かりなく」ペコ

魔女(イイッ!)

男「なにか至らない部分がありましたら、仰ってください」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:29:55.14 ID:hiZocP/OO
魔女「……!」ピク

魔女(い、いまだっ、よし、よし! 絶対にこのタイミングだ!)ポワァ

魔女「良いわ。貴方は私が見込んだニンゲン、…どうミスを起こそうとも私は受け入れましょう」


男「………!」


魔女「未だ先程の魔法鍛錬の後悔が、そう長引くようならば私にも否があるようなもの」

魔女「──また、魔法の練習にいきましょうね」ニコ


プワワワァ〜〜〜〜ン


魔女(どうよコレ!? 魔女保有スキル『魅了』に高位魔法【ナバンガナ】との複合極太アピール!)

魔女(この絶大なる圧倒的な魔翌力波をその身に受ければ──!)

男「ご主人様…」

魔女(さすがに……さすがに…? ね…?)パチンパチン

男「ありがたいお言葉…! 非常に感謝いたします…!」ペコォーッ

男「では私はこれから抜かりなく魔法鍛錬に勤しみます! 明日、またご教授のほどお願いします!」ペコペコ

魔女「…うん…」

〜〜〜

魔女(まったく魅了されない…)ぐてー

魔女(いや信頼されてると思うし、嫌われてないと思うんだけど、イチマチどうもメロってくれないっていうか…)

魔女(しかし、魅了魔法とウィッチの最上級スキルを持ってしても靡かないか──)
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:30:22.03 ID:hiZocP/OO
魔女(彼を拾って一ヶ月。そろそろ何かしらアクションあってもおかしくない、と思うんだけど)

魔女(けれど、拾ったときから感じていた彼からの魔翌力量…ニンゲンにしては規格外だった…)

魔女「…魔法ドシロートが、低級魔法で人狼を氷漬けにしたし」

魔女(うぬあー! まさか漏れ出した魔翌力が魅了を弾いてる? そんなの聞いたこと無い! どういう理屈よそれ!?)

魔女「あぁ…自分にメロメロのイケメン従者、ほしいなぁ…」ボソリ


『まーた言ってるよ、この薄幸ウィッチが』

『ミリーはダメ、だっていつも、ボンノウ垂れ流し』

『ガハハ! ここ数百年ロクに従者の一人も捕まえらんねーやつが言うセリフかよ!』


魔女「うぐッ…! るさいわねッ! 良いじゃない夢を語るぐらい…!」


『アンタねぇ、いま大事な魔女会議中よ? パスを通してる身にもなってほしいんだけど?』

『さっきからミリーの人形、下半身カクカクしてる、ボウンノウ垂れ流し』


魔女「え、うそっ、ヤダ! 本当じゃない!」カァァ


『おぅわッ!? ちょっとッ!? いま『人形劇』を通して…うへぇぇぇええ…吐きそう…』

『ボンノウ垂れ流しタイム』

『おッ? こりゃミリーの色欲の波長か? ガッハッハッハッ! 百年寝かしたビンテージもんだな!』

『ハァ〜〜…ねえミリー? 幾ら分割思考がヘタでも人形に送るのやめてくんない?』


魔女「…ごめん、いま二番から三番に切り替えるわ」キュウウン…

魔女(遠距離通話装置、マジックアイテム『パペットショー』。魔女保有スキルである分割思考、その一部を人形に付与させる)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:30:48.32 ID:hiZocP/OO
ミリー人形「……」カクカク…

魔女(小型の舞台に並び立つ人形、計五体が、遠く離れた同胞たちの同じ舞台とリンクし言葉を伝える)


世に害をなすとされる魔女たちが、夜な夜な会議を行うための重要な通話手段。


『つぅかさ、なんでまたアタシたちだけしか集まってないの? これ定例集会よね?』

『くっきーはいるよ、だから五人だよ』

『……居たのねクッキー、唸り声でいいから返事してよ』

『ぐぎゃああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!』

『うるッ!?』

『くっきーは今日も元気、いいこと、いいことだよくっきー』

『あーもうッ! これだから見た目の形成に拘らないウィッチは…!!』

『今日も元気だな、クッキーちゃんは。うっし、オレもいっちょ男のひとりかっぱらってくるかね!』

『だーから定例集会だっつってんでしょーがッ! 行くなッ! ここに居なさいッ!』


魔女「…そろそろ報告、いいかしら?」


『さっさと済ませちゃって良いわよ…! まったく、一人足んないけどべつにいいわよね?』

『クロックもかまわない』

『……』

『くっきーもいいって』

『ほ、ほんとうに? なにも聞こえないけど…』

『クッキーちゃんはブルレッドに怒られてイジケてんだ。おーおーくぁいそうに…』

『あ、あたしのせいだっていいたいワケ!? ストロングは!?』


魔女「あなた達…私にとやかく言う割に自由よね、本当に…」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:31:14.22 ID:hiZocP/OO
〜一時間後〜


『…やるわね』

『すごい、みりー、やるやる』

『うむ。さすがは孤高の魔女と呼ばれるだけはある、いや、マジでな』

魔女「そりゃあね。ニンゲンと直接的な関わり合いを持っているの、私ぐらいだもの」

『ウィッチが王国との繋がりを得るなんて、ここ百年間であったかしら?』

『みりー、ねえねえみりー、それってウワサの王女様がかかったノロイ?』

魔女「そうよ。どこぞの良からぬ貴族様がまた至らぬ魔法に手を出した結果みたい」

『ニンゲンの男つーのはいつの時代も女々しい限りだぜ』

『つぅか、今のニンゲンが魔法なんて使えるわけないでしょ。魔術って呼びなさい、ミリー』

魔女「魔術? ああ、巷じゃそう呼ばれてるらしいわね…」

『そうよ。二百年前と比べニンゲン達の質は落ちた、もう奴らはそこまで万能じゃないわ』

『くっきーも嘆いてました、おとこまるかじりしても、おいしくないって』

『きゅーんきゅーん』

『こりゃそろそろアレか? こんなチンケな会議してねーで、本格的に行動するタイミングか?』

魔女「………」

『ストロングに賛成。いまいち集まりの悪い人形劇を続けても、埒が明かないと思うし』

『クロックはもうちょっと遊びたい、だってこっちの聖王国のおとこども、おもしろいから』

『ぐぎゃぎゃ! ぎゃぎゃぎゃ!』

『クッキーちゃんも男どもを喰い足りねえってさ!』


『──じゃあ、ニンゲン達を滅ぼしに行くか?』


魔女「…待ちなさい」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:31:40.95 ID:hiZocP/OO
『──あん? んだよミリー?』

魔女「その考えはちょっと賛同できないわ」

『…なにか問題でもあるワケ?』

魔女「確かにあなた達の言ったとおり、ニンゲン達の質は落ちたかもしれない。もしやすると、」

魔女「『世界を消す魔法』を詠唱する時代が、訪れてしまったのかもしれない」

『そうよ。あたしたちウィッチはそのために産まれ、そして、生きている』

『だーから滅ぼそうて言ってんだろ?』

魔女「それが早計だと言うのよ」

『みりーは思うのですか、くろっくたちに害を及ぼす存在が、いるとでも』

魔女「……ええ」

『ほっ、本当に!? 例え北のドラゴンや、極東に住むエルフでさえも引きを取らないあたしたち相手に…!?』

『奴らとは終戦しただろ? 頭ぶっ潰してやったんだ、いまさら手出ししてこねーだろ!』

魔女「そのとおり。驚かないで聞いてほしいわ──しかもそれは、ニンゲンよ」

『ハァッッ!? ニンゲン!? ニンゲンが!?』

『…ふざけろよ、そりゃほんとうか?』

『くろっくびっくり』

『ぐぎゃぎゃ…』

魔女「あなた達の気持ちも十分にわかる。けれど私は確実に見たの、あの信じられない光景を…」

『ごく…』

『ど、どんな…?』

魔女「良い? 覚悟して聞きなさい、あのね、実は私、………そのぉ〜」テレテレ

『っ………!? なに、この波長…!?』

『オイオイオイ…!? ミリー!? お前の分割思考からとんでもねェのギュンギュンきてるぞ…!?』
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:32:07.00 ID:hiZocP/OO
魔女「えッ!? なんか漏れ出しちゃってる!?」カァアア

『興奮と…そして高翌揚…な、なるほどです…みりーが遭遇したニンゲンとは…そこまで…』

『ミギャアアアアア!?!?!?!!?』

魔女(いっ、いったいどんなのが漏れ出しちゃってるの!? そんな凄いの波長ってるの!?)クンクン

『わ、わかったわ、言葉にしなくてもアンタが感じたヤバさっての……それは確実にニンゲンなのよね?』

魔女「う、うん…」

『詳しく話して。詳細に聞いておかないと、これじゃ夜も眠れないわ』

魔女「………」


魔女(──よしきたッ!)グッ


『みりー? 嬉しい波長? なんで?』

魔女「な、なんでもないわよ、それじゃあちょっと語ってみるけれど…」


〜〜〜


『じゃあ今回の定例会議はこれにて終了、各自、ウィッチとしての本質を忘れず存在意義を濁さないよう』

『うぃーす!』

『またね』

『ぐぎゃ!』

魔女「ええ、また」キュウウウン
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 22:32:32.77 ID:hiZocP/OO
ミリー人形「……」カタカタ コトリ


魔女「……フフフ」プルプル

魔女「フゥーーハハハハハハハ! やったわ…! やってやった! やればできるのねって私って!」ピョンピョン

魔女「事前に前振りできないかあれこれ考えてたけど終わってみればちょりもんだったわ…」



『超強力魅了ポーションEXのつくりかた〜ウィッチ版〜』


魔女「こ、これよ…これを聞き出すタイミングを待ってたの…まさかあっちから振ってくれるとはね…」フフフ

魔女「薬学に長けたブルレッド、魔物生息環境に精通するストロング」

魔女「霊脈肥大期を知るクロック、男の肉体を隅から隅まで把握したクッキー」

魔女「この四人の魔女と、魔法に長けた私によって製造する魅了ポーション…くく、これで敵なしよ…!」


バサァ!


魔女「──待ってなさい、おとこくん! 貴方の心、メロメロにしちゃうんだから!!!」



〜〜〜
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 22:33:20.33 ID:hiZocP/OO
きまぐれに更新ノシ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 22:37:45.66 ID:BT1RFDnDo
おつ
きたい
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 04:19:12.53 ID:LhweXuc60
おつおつ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/19(火) 14:43:53.04 ID:qkojAFfhO
次の日


男「少し旅に出てくると?」

魔女「三日ほど留守にするわ。その間、この屋敷の管理は貴方に任せるわね」ガチャ

男「ど、どちらにお出かけに……?」

魔女「そうね、どういったらイイかしら、そう──希望を見つけに」

男「!! りょ、了解いたしました! ご主人様の仰せのままに」スッ

魔女(早く行動しなきゃ魅了ポーションの要である薬草がとれないのよ…)スタスタ

魔女「あと、それと」クル

男「はい」

魔女「くれぐれもニンゲン、いえ、村人たちを屋敷付近に近づけないようにしなさい」

魔女「『満月の夜』が近い。ロクロの森に生きる魔物たちが活発になる。だから貴方も、」

魔女「……」

魔女「まあ、貴方なら大丈夫でしょうね、きっと」クス

男「ご主人様。それは貴方様に救われた日、森で呑気に寝ていた私めのことを仰っているのですか……」

魔女「まあ! そんなこわい顔しないで頂戴、これでも褒めているのよ?」キュン

男「……。魔法の鍛錬は欠かさず行います」

魔女「ええ、期待しているわ」クスクス

男「では、行っていらっしゃいませ」ペコ


パタン
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/19(火) 14:44:21.81 ID:qkojAFfhO
男「……」カチ

男「…昼過ぎか」パチン

男(行商人が小屋に来る夕方まで時間はある、今のうちに、屋敷の掃除を済ませておこう)

男「フンフーン♪ フフーン♪」スタスタ


〜夕方・ロクロの森の小屋〜


男「…失礼します」コンコン

「あ。ハーーイ! もう来てますよーー!」

男「…合言葉を」

「ええ? あっ! いっけね忘れてました! え〜〜っと確かぁ、合言葉は〜…」

「えへへ! 忘れちゃいました! なんでしたっけ?」

男「…フリーペさん」

「あれ? 怒っちゃいました? もうもう御冗談じゃないですか〜〜! 『ヴァジル』!」

男「『ドーフェイ』、はい。これで無事に互いの確認が取れましたので小屋に掛けた爆発魔法解除を行います」

「どぅえへぇっ!? ばっ、爆発!? んなぁんてモノをいつの間に!?」


ガチャ きぃ…


男「──いや、冗談ですよ、そんな魔法はかかってません」パタン

商人「はぁ〜〜〜…びっくりしましたぁ…だって魔女の森だもの、なんだってアリだと思っちゃいますよ…」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/19(火) 14:44:47.75 ID:qkojAFfhO
男「…世間で我が主人がどう語られているか存じませんが、非常に温情に深いお方ですよ」

商人「そりゃもう孤高の魔女と呼ばれ人類に恐れられながらも、決して強さおくびにも出さない鮮麗にして高潔!」チラ

商人「数多なる逸話を夜に残した魔女ミリー様…存在自体が伝説なのに、こうやって近寄れるだけで幸せです…」

男「はぁ、ではなぜ、そうもフリーペさんは怯えるのです? 」

商人「それは楽しいからです!! だってこの森にいるだけで、ぞわぞわするんですよ! 鳥肌ブワーって! コレガイイ!」

男「……。わかりました、そんな貴女だからこそ王族直轄の行商人として務まるのでしょうね」

商人「褒めてもなにもでませんよ!」エッヘヘー

男「では、早速ながら取引に入りましょう──こちらが要望された『石化解除ポーション』となります」コト

商人「ほぉぉ…」

男「ご確認を」

商人「あ、いえいえ、私は魔術や薬学に長けているわけでないので、そう言われるなら信じるまでです」

男「え、良いのですか? 我が主人の仕事とはいえ、一応、貴女の立場的に…」

商人「良いんですよ」ニコ

商人「私は王族直轄の商人であり、さらに唯一無二の、魔女と交易を行える人間でしょう」

商人「いらぬウワサは何処にでも立ちます。そりゃそうです、でもね、私は信頼をシているのです」

商人「なーんて学のないことを誤魔化してるようなものですけど、一応、これが私の本音ですから」

男「…我が主人もお喜びになるでしょう、貴女のような人がいることに」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/19(火) 14:45:13.76 ID:qkojAFfhO
商人「えっ? あ、いや〜〜! その、ちょーっとばかし、それは違うっていうか〜…」ヘラヘラ

男「? というと?」

商人「いやっ、その、うーーん、その信頼と憧れって根本的に言うと違うと思いません?」

男「確かに…」

商人「つまり私は魔女様に憧れを抱いてますが、商人として、人間として信頼したのは……」ちら

男「?」

商人「ナハハ〜! なんちって! なんちって!」ガシガシ

男「その、うまくわかりませんが…私として喜ばしいことだと思っても…?」

商人「ど、どちらでも! ええ! かまいませんとも!」

男「ではそのとおりに受け取っておきますね。フリーペさん、今後ともよろしくお願いいたします」

商人「……ところで、」

男「はい?」

商人「貴方さま、その、魔女様の従者なのですよね?」

男「なんです? 今更ながら…」

商人「あっ! いえいえ、その〜…人間なのですよね?」

男「どうだと思います?」ニコ

商人「! しょ、商人相手に駆け引きを持ち込みますかっ? いい度胸ですね従者さん!」

男「冗談です。正直な所、あまり私の立場上、素性を公にするのはよくないと思いまして」

商人「ああ、だからいつもローブを深く被ってらっしゃると…」チラチラ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/19(火) 14:45:45.44 ID:qkojAFfhO
男「ええ、警戒を怠らないことに越したことはありませんから」

商人「…一度、とっていただいても宜しいですか?」

男「………」

商人「いやっ!? 嫌なら結構ですよ!? そ、その相手の目と目を合わせない取引は正直なんかなぁ〜って…」

男「それは、」

商人「はいっ!!」ビクゥウ

男「それはフリーペさんと今後、この関係で居づらくなる程の問題なのでしょうか」

商人「…かもしれませんね」

男「……」

商人「……」ごくり

男「──わかりました、では、貴方との取引にのみ、ローブは外しましょうか」スッ

商人「え……」


ぱさり


商人「……………………………」

男「これでお互い、良き関係でいられますか?」ニコ

商人「……………………………」

男「フリーペさん? ふ、フリーペさん? どうなさいました?」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/27(水) 06:00:36.95 ID:u400gSap0
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/27(水) 19:59:05.78 ID:S5PBsy1m0
待ってるぞ
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/06(火) 15:39:38.64 ID:Rcs9UzMZo
はよ
24.53 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)