【ラブライブ!】魔法少女 ほのか☆マギカ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

118 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/07/30(月) 02:53:20.13 ID:luvvoFLm0
 海未とことりは……?絵里が視線を巡らすと、二人はすぐに見つかった。太陽のような魔女に気を取られて気づかなかったが、球体の周りに人型の黒い影ーー話に聞いた使い魔らしきものが現れ始めていた。黒いドロドロの液体が床に落ち、それがヒト型になっていった。

 少しずつ数は増え、八体。二人はそれと戦っている。だが、見るからに分が悪い。使い魔達はそれぞれ、刀、拳銃、槍、矢、槌ーー様々な武器を持っている。中には絵里の知識に存在しないようなものまで。使い魔は背中の管が魔女とつながっていて、魔女の一部のようだった。

凛「凛たち、見てるだけしかできないの……?」

QB「そんなことはないさ。契約して魔法少女になれば、いくらでも加勢できる。凛は何か願い事はないのかい?」

 キュゥべぇは凛の足元に寄った。マズい。優しい凛なら契約しかねない。

 いや、この状態で二人との約束を守る必要があるのだろうか?二人が穂乃果とにこ以外のメンバーに魔法少女にならないようにと釘を刺したのは、危険だから、それに尽きる。だが、今は緊急事態だ。むしろ二人の危険を防げるなら、そして自分以外が契約しなければ、魔法少女になって加勢しても……。
119 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/07/30(月) 02:58:10.02 ID:luvvoFLm0
絵里「キュゥべぇ」

QB「どうしたんだい? 契約する気になったってことでいいのかな?」

 ええ、と頷こうとした時、後ろから肩を掴まれた。使い魔!?と心臓が跳ねる。息を止めて顔を向けると、こんな状況だというのに笑った希がいた。



希「海未ちゃんとことりちゃんと約束したのに、契約しちゃダメやん? えりちも。みんなも」

 だから、と希は左手を出した。違和感。中指。普段は指輪なんてつけていないはずだ。じっと希の手を見ていると指輪から紫色の卵型の宝石が現れた。以前見せてもらった海未やことりのソウルジェムと似ている。違いといえば一部が欠けていることか。だが、その違いは頭に浮かんだ答えを消してくれるものではない。

絵里「希……! どういうことなの!? あの時、海未とことりと、契約しないって約束したはずじゃ……」

「ごめんね。実は、あの日の次の朝、キュウべぇと契約したんよ。だから、二人と約束した日にはすでに魔法少女になってたから……約束もなにもないんや」
120 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/07/30(月) 03:01:49.35 ID:luvvoFLm0
絵里「そんな、勝手に……もし怪我でもしたら、死んだらどうするの!?」

希「……本当は言わないつもりやった。キュウべぇにもみんなには内緒にしてもらったんよ。でもね。海未ちゃんとことりちゃんの二人だけが危険な目にあうのはやっぱり嫌やなーって。それに――」

 それに? と聞き返そうとしたが、希の視線が外れたことにより、その言葉は飲み込んでしまった。希の視線の先には肩から血を流すことり。ことりと彼女の傷の原因と思わしき刀を持った使い魔の間に海未が飛び込んだ。刀と刀がぶつかり合う。飛び散る火花。ことりが海未の名前を呼ぶ声が聞こえた。刀の使い魔の後ろに、いる。肩越しに海未に矢を向けようとする使い魔。

 ――海未!

 危険を知らせる声は出ない。喉が張り付いてしまったようだ。だが、希は、相変わらず、笑みを浮かべて。ぎりぎり聞こえるくらいの声で。未来を変えるんや。

希「へーんしん」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/30(月) 10:00:11.01 ID:KKFPXDdDO
早く続きを書いてくれたら、それはとっても嬉しいなって
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/30(月) 11:48:40.61 ID:Xjr5xqyrO
続きいらねえからやめろ
まどマギの設定使ってオ〇ニーやめろや
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/07/31(火) 08:06:45.57 ID:/sOYIjgl0
頑張ってくれたまえよ
124 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/05(日) 16:18:15.02 ID:646iZuY20
 つぶやいた声とともに紫色の光に包まれた。その光はすぐに晴れ、一人の魔法少女が現れた。

 藤色の袴の巫女。儀式でもするかのように金色の飾りを纏っていた。そのうちの一つ、紫色の宝石ーーソウルジェムは首飾りになって胸元にある。金の飾りは普段は二つ結びだが今は一つ結びとなった髪にも付いている。神々しい、一言で言うならそれに尽きるーーと絵里は思う。

 巫女服の魔法少女となった希は金の錫杖を鳴らした。しゃらん。澄んだ綺麗な音。杖の先端の輪のうち四つが空を駆けながら巨大化し、矢と刀の使い魔の腕と足をを拘束した。輪一つ一つが強い拘束力を持つらしく、タイルの床に転がされた使い魔達はもがくだけで動けない。

 捕まった使い魔は魔女の足元にいるが、熱の影響は受けないようだ。焼かれそうな熱だが原型を保っている。この空間も彼女の思うままなのか、魔女の元に垂れて形成された黒い液体の模様も消えていない。
125 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/05(日) 16:20:23.80 ID:646iZuY20
魔女と使い魔達から距離を取った海未とことり。そこに希は並んだ。

希「ほらほら、海未ちゃん。援護するからしゃんとしい。死んだらみんなが悲しむで」

海未「希……貴女という人は……」

希「ごめんごめん。二人が心配するかなーって黙ってたんよ。えりちにも行ったけど、二人に止められる前に契約してたから、約束を破ったわけやないんやで」

ことり「希ちゃん……そんなに叶えたい願いがあったの?」

希「んー……秘密」

 語尾にハートマークでも付いていそうな軽い口調で希は言う。そう、それが一番絵里の気にかかるところだった。

 貴女の望みは……?
126 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/05(日) 16:23:21.46 ID:646iZuY20
 ぼごっ、と太陽のような魔女の表面が隆起した。続いていた脈動かと思いきや、どうも様子がおかしい。ぼごぼごと表面が蠢き、やがて炎の龍の頭のようなものが現れた。

希「二人とも、あの頭は最初にことりちゃんをを飲み込もうとするから、ことりちゃんは全力で後ろに走って離れるんや。頭はあんまり伸びないから、伸びきった所をうちと海未ちゃんで叩こ」

海未「希?何故分かるのですか?」

希「ちょっと魔法を使っただけや」

 龍頭は痙攣するように震えた後、三人に襲いかかった。視線はメイド服の魔法少女、ことり。炎の龍は蛇のようにぐわっと口を開いた。
127 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/05(日) 16:24:43.96 ID:646iZuY20
 ことりは希に言われたとおり、踵を返して走り出した。溢れた血が床を彩る。十メートルほど龍に追われたところで、びくん、と龍は動きを止めた。

希「海未ちゃん!今や!」

海未「はい!」

 希の錫杖が頬を殴り飛ばし、海未の刀が半分ほど首に食い込んだ。

希「ことりちゃん!今のうちに魔法で力を吸い取るんや!」

ことり「うん、わかった!」

 ことりが矢を装填し、怯んだ龍に射出した。放たれた矢は眉間に刺さり、光った。光はことりの元へと帰っていく。それと同時に龍は大人しくなった。海未はそれを見逃さず、刀に力を込め、頭を切り落とした。
128 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/05(日) 16:32:48.05 ID:646iZuY20
希「二人とも、やるやん!」

 希はそう言いながら金の錫杖を振るいーー背後に忍び寄っていた槌を持った使い魔の攻撃を防いだ。

海未「希、加勢します!」

希「いーや、この子はうちに任せて。二人は本体を倒すんや」

 使い魔の持っていた小型の槌は巨大化し、取っ手が伸び、スレッジハンマーの形をとった。伸びた間合いと一撃の重量。希は分が悪い。

 敵がハンマーを持ち上げた隙。希は懐に飛び込んだ。錫杖の先端が音を立てて落ちる。光る細長い刃が現れた。仕込み薙刀。刃を短く持って使い魔の胸に突き刺した。

希「ごめんなぁ……」

 希が使い魔に投げた言葉。最後は小さくなり、端で見ているだけの絵里には何を言っていたのかがわからない。仕込み薙刀を使い魔から抜き、魔女の方に向き直った。
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 23:54:31.33 ID:o5/7DArk0
おお新しいの来てたか
よろしく〜
130 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/08(水) 02:04:54.53 ID:NJTx63px0
 海未とことりは腕が変形した使い魔と槍を持った使い魔の二体と戦っていた。

 苛烈な戦い。そうか。穂乃果を救うために、二人をこんなところに送ってしまったのか。そして、希も何らかの事情であちらの世界に行ってしまった。

 もどかしい。

 いつの間にか絵里の手には力がこもっていて、手のひらに爪が食い込んでいた。律儀に二人との約束を守ってしまった結果、契約して援護することもなく、黙って見ているだけだ。本当にこれでいいの? 何か三人の邪魔にならない援助ができればいいのに。

 そうだ、外から見える範囲であの魔女と使い魔の弱点を探せれば……。まず敵の数だけど、魔女一体と使い魔が八体でこちらの魔法少女の三倍。撃破した使い魔はハンマーを持った一体。少しずつ黒い液体に変わっていっている……? 刀を持ったのと矢を放つのは拘束されて動けないでいる。実質残りは6体だ。使い魔に戦わせているばかりで魔女はほとんど動かない。一度龍の頭を出したきりで……。あれ、そういえば、龍の頭を出した時、使い魔たちの動きは――
131 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/08(水) 02:06:10.20 ID:NJTx63px0
凛「絵里ちゃん!前!」

 凛の声だった。次いで花陽の悲鳴。思考の世界に入り込んでいた意識が現実に向く。横に黒い紐のようなものを持った使い魔がいた。――いつの間に!

 逃げようと足を動かしたが、使い魔の持っていた紐で体を拘束されてしまった。紐に力が加わる。ぎりぎりと音がして、体が千切れそうだ。幸い首に紐がかかっていなかったため、息はできる。だが、強い痛みのせいで呼吸などままならない。

 死ぬ。殺される。三人の助けにもなれず、ただの足手まといだった挙句、こんなにも容易く殺されてしまうというの?

 痛い。苦しい。

 希――!
132 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/08(水) 02:08:32.48 ID:NJTx63px0
希「えりち!」

 風のような感覚。体が軽くなった。息が出来る。力が抜けて床にへたり込んでしまった。助かった。その事実が呑み込めたのは、使い魔の死骸をどけるために体を動かしたあたりだった。動かなくなった敵を見て、ようやく、生きていると。そして、彼女が助けてくれたと。

絵里「希……」

 紐ごと切られた使い魔の体を避けながら、希が駆け寄ってくる。死骸を踏みつけることをしない優しい親友。

希「えりち、もう大丈夫やで」

 ふわりと髪を撫でる感覚。海とことりが戦っていることも、一年生達の前だということも忘れて、視界が揺らいだ。頬を熱いものがつたう。
133 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/08(水) 02:10:14.44 ID:NJTx63px0

希「大丈夫。大丈夫や。うちが必ず守ってあげるから、ね?」

 ぎゅっと抱きしめる温度、柔らかさ。首飾りの宝石の感覚は服を着ていても伝わった。いつからか、一番安心できたのは、自室にいるときでも、家族といるときでもなく、希のそばにいるときだった。笑いかけてくれる笑顔は暖かく、何よりも幸せな気分になれた。

希「ねえ、えりち」

 腕の力が強くなる。希の温度が近くなる。珍しい。どうしたの?そう聞こうとした。
それと同時に。

希「えりち。お願い。――て」

 希は何か、何かを言ったけれど、何発もの銃声が響き、何ていったのかよくわからなかった。
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/15(水) 10:27:25.69 ID:L0ciGIt40
頼むぞ〜
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 15:20:47.01 ID:Hk3nDNxRO
まどマギパロとはなんて俺得
更新楽しみにしてるぞ
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/23(木) 21:37:57.32 ID:UWm8Id910
おい…今日で何日や…
137 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/27(月) 03:29:08.53 ID:M2v5CK+c0
 暖かい赤と、体に寄りかかってくる冷たいもの。背中にもあった圧力はなくなり、ただ、冷たいものが体の上にある。

絵里「希?」

 誰かが嘔吐する声が聞こえた。たぶん真姫だ。

絵里「希? どうしたの?」

 響く花陽の悲鳴、凛の泣き声、海未の怒号。何? 何があったの?

絵里「希、何かあったみたい。少しだけ、離してもらうわね」

 希の腕から抜け出ると、希の体は地面に吸い寄せられるように倒れた。
138 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/27(月) 03:32:22.02 ID:M2v5CK+c0
 背中にはいくつもの赤。抉れた皮膚。赤く染まった白く神々しかった巫女服。

絵里「希?」

 希が動かない。踊ることが好きだった足も、たまに髪を撫でてくれた手も、優しく笑いかけてくれた頬も。

絵里「ねえ、動かないと、魔女が来るわ」

 希の指に手を伸ばす。ポロポロと何かが落ちた。紫色の宝石の欠片だ。自分の胸に目をやると、赤い染み、そこに付着した紫の破片。床に落ちた欠片の中にひときわ大きな黒い塊があった。拳銃の弾だ。

絵里「希、撃たれたの……?」

 ねえ、希。希のことだから、冗談なんでしょう?性質の悪い、悪戯。
139 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/27(月) 03:34:03.39 ID:M2v5CK+c0
絵里「弾が胸を貫通したのね……」

 だから、冗談でしたって言って起きてくれるんでしょう? それでまた、さっきみたいに凛々しく立ち向かって――

絵里「それが首飾りの宝石に当たったから私は生きてるのかしら……?」

 ねえ、違うって言ってよ。こんな冗談こりごりよ。海未とことりは戦ってるんだから、空気を読みましょう。ねえ。

絵里「希……」

 私を守ってくれたなんて。私のために死――。

絵里「嘘って言ってよ……」

 触れた手は硬く冷たくて。冗談だと思いたかったことはきっと全部本当で。世界の一部が崩れ落ちた。
140 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/27(月) 03:35:38.63 ID:M2v5CK+c0
 頭の中が気持ち悪い。気持ち悪い。気持ち悪い。

 何かが痛い。痛い。痛い痛い痛い!

 ああ、そうか。全部魔女のせい。

 絵里は希の握っていた小型の薙刀に手を伸ばした。冷たい。希の手を離し、薙刀を持つ。重い。けど――

 希の命に比べればこれくらい!

絵里「ああああああああああああッ!」

 吠えた声は自分のものに思えなかった。希の近くをうろついていた拳銃を持った使い魔に薙刀を振りかぶる。だが、武器なんて持ったこともない素人の一撃はなんなく躱されてしまった。

海未「絵里!やめてください!」

 拳銃を向けた使い魔との間に海未が割り込んだ。そして、刀の一振りで銃を持った手を切り落とす。
141 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/27(月) 03:38:48.04 ID:M2v5CK+c0
絵里「どきなさい!こいつは!希を!」

 武器は海未が落とした。だから、私がこいつを!

海未「あなたは希が守った命を無駄にするつもりですか!」

 海未の言葉に体が強張った。普段から冷静なはずの声は、いつになく荒れていて、今にも泣きだしそうだった。

 希が守った命……?

ことり「海未ちゃん! 絵里ちゃん! 離れて!」

 使い魔がびくりと動いた。海未はことりの言葉に従い絵里の腕を掴んで使い魔から引き離す。絵里は抵抗しなかった。する気力もなかった。海未とことりがあまりにも魔女を見つめるものだから、絵里もそちらに視線を向ける。魔女は痙攣するように震えていた。
142 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/27(月) 03:41:44.24 ID:M2v5CK+c0
ことり「どうなるの……?」

 びくびくと痙攣する使い魔に繋がっていた管は太くなっていく。それに合わせて使い魔の形も変わる。龍の頭。発火。先ほど三人が倒したものと似たような形状になった。

ことり「どうしよう……」

海未「でも、どうにかしなければ、希の犠牲が無駄に! 何としてでも倒しましょう!」

ことり「うん、わかった」

 だが、二人の警戒と決意は無駄になる。

 成長した龍の頭は倒れていた希の死体を喰らった。一口で、飲み込んだ。すると、魔女の本体がさらに揺さぶられるようにと震え始め、空間が揺らぎだす。少しだけ、床に落ちていた黒い液体が蒸発して消えた気がした。

QB「魔女の結界が不安定になっている!」
143 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/27(月) 03:44:03.14 ID:M2v5CK+c0
 今まで黙っていたキュゥべぇ。肩で息をついていた真姫は胃液で焼けた声でつぶやいた。

真姫「じゃあ、逃げれるの?」

QB「うん、きっとどこかに出口はある」

 キュゥべぇの言葉を聞いてから外の空気を吸うまでの絵里の記憶はほとんどない。

 いつの間にか海未とことりと一年生三人と魔女の結界から抜け出していた。

 あの凛でさえ息を切らしていたあたり、かなり長いこと魔女の結界の中を彷徨ったのだろう。

 今は、泣き声と嗚咽だけだった。希のために泣いているメンバーを見て、体の熱が抜けていくようだった。

 もう何も考えたくない。一人立ち上がり、仲間に背を向け、歩き出す。夜風が冷たい。まだ十月になったばかりだ。こんな夜なのに、星が綺麗で、理由のない苛立ちを覚える。

 どうしても、希に聞きたいことがある。でも、もう聞くことができない。

 ねえ、希。

 あなたはあの時私に何を言ったの?

 あなたの願いは何だったの――?
144 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/27(月) 03:48:51.09 ID:M2v5CK+c0
1です。所用で更新ができませんでした。すみません。また少しずつ更新していきます。
145 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/29(水) 07:19:34.64 ID:WPYe8Vto0
◆Living for despair.


◆ ◆ ◆


 息を切らせて走る。清々しい朝だ。久しぶりの学校!μ'sの練習!

 穂乃果は海未とことりとの待ち合わせ場所へ走った。秋の空は澄んでいて、少しだけ涼しい。

 だが、誰もいない。一番乗りだ。使い慣れたスマートフォンを取り出す。幼なじみ三人のグループチャットを開いてメッセージを打ち込んだ。

『一番乗り!海未ちゃんもことりちゃんも早く来て〜!』

 チャットで話しただけだが、昨日一昨日と少しだけ二人の様子がおかしく感じた。一昨日にこのライブが終わってから送ったメッセージには海未の味気ない丁寧な返事がついているだけだった。
 特にことりの返事はなかったが、昨晩ことりの方から宿題とか、修学旅行のこととか、日常の他愛ないメッセージを送ってきた。そんな話はいつもの事だけど、やけにメッセージが返ってくる時間が早かったし、量も多かった。


 ふと、画面の上部に表示されている時間に目をやる。あれ、珍しいな。待ち合わせ時間十分前。ことりはともかく、海未は必ず来ている時間だ。

 メッセージに既読はつかない。そのまま時間は流れる。待ち合わせ時間ちょうど、やつれた海未が現れた。
146 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/29(水) 07:21:14.73 ID:WPYe8Vto0
 メッセージに既読はつかない。そのまま時間は流れる。待ち合わせ時間ちょうど、やつれた海未が現れた。

海未「すみません、遅くなりました」

穂乃果「海未ちゃん……どうしたの? 具合悪そうだよ?」

海未「……作詞をしていたら時間を忘れてしまって、あまり寝ていないんです」

穂乃果「そうなの? 自分の体を大切にしないとダメだよ……」

海未「にこを庇ってトラックにはねられたあなたに言われたくありません」

 冗談めかして笑う海未。それでも、その笑みはどこか固くて。一緒に笑いたいのに、穂乃果にはそれができなかった。拭いきれない違和感。

 少しして、ことりが走って来た。ことりも目に隈が現れていて、寝ていないことがわかる。理由を聞いたら、衣装作りで夜更かししたとだけ。おかしい。そう思っても、何故かそれ以上追求してはいけない気がして、穂乃果は言葉を飲み込んだ。
147 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/29(水) 07:23:10.68 ID:WPYe8Vto0
 三人とも黙ったまま、音ノ木坂学院に着いた。一部の部活の朝練が行われていて、朝だというのに活気がある。

海未「すみません、書類を生徒会室に置いてくるので二人は先に部室に行っていてください」

穂乃果「穂乃果も行く!」

 久しぶりの学校。しばらく生徒会の仕事も海未やことりに任せっきりだった。せっかくだから生徒会室も顔を出したかった。この時間だと、誰もいないだろう。それでも、一つの自分の居場所を眺めたかっただけだ。

 じゃあことりも、と結局三人で生徒会室に行くことになった。たまにすれ違う生徒から声をかけられて照れ臭い。

 生徒会室に着いた時、海未が不思議そうな声を上げた。

穂乃果「どうしたの?」

海未「いえ……鍵が開いています」

 閉め忘れたはずは無いのですが……。海未は呟く。確かに自分ならともかく、海未がそういったことに抜かりがあるとは思えない。

 海未は扉に手をかけると、ゆっくりと開いた。

 風が吹き抜ける。

 乱された金髪を押さえる人物――絵里。普段海未が使っている机のそばで佇んでいた。
148 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/08/29(水) 07:26:03.06 ID:WPYe8Vto0
穂乃果「絵里ちゃん?」

絵里「ああ、お邪魔してるわね」

 絵里は髪を手ぐしで整えると、手を伸ばした。ゆっくりと指先で机を撫でる。

海未「絵里……そ、そこは私の机ですが……」

絵里「……そうね、ごめんなさい」

海未「いえ……」

 沈黙。海未も絵里も。ことりも。何も言わない三人。耐えかねた穂乃果は口を開いた。

穂乃果「絵里ちゃん? 生徒会室に用事? 忘れ物?」

絵里「あ、ああ、そうね。もうすぐあなた達は修学旅行でしょう? その間に少し生徒会の仕事を手伝おうと思って」

穂乃果「本当!? でも、迷惑じゃない?」

絵里「そんなことないわよ……ああ、もうミーテイングが始まるわね。行きましょ」

 絵里は三人の顔も見ずに生徒会室を出て行った。なんとなく、彼女がμ'sに入る前の誰にも、自分にも厳しかった頃の瞳に戻っている気がして、不安になって後を追った。
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/29(水) 22:13:47.14 ID:gB9jnwqx0
このペースで頼むで…
続きが見たい
150 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/02(日) 05:02:09.37 ID:kVrTh/xJ0
にこ「おっそいわよ!新旧生徒会が揃って遅刻とかどういうつもりなわけ!?」

 部室の扉を開けると、椅子にふんぞり返ったにこの言葉が飛んできた。

真姫「仕方ないじゃない……みんな都合があるのよ」

 ため息をつく真姫。凛と花陽も来ているが、朝だからか元気がない。希はーーいない。

絵里「朝練の前に、少し伝えないといけないことがあるの」

 椅子に座ると、絵里が話し始めた。表情は暗く、声は氷のようだ。どうしたんだろう? 聞くこともできない。

絵里「落ち着いて聞いて。特に穂乃果」

 名指しされ、視線を向けられる。本当に、昔の絵里に戻ってしまったみたいだ。穂乃果はミーティング机に向かった。周りに座るメンバーの顔はどれも暗い。まるで、人でも死んでいしまったかのような――
151 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/02(日) 05:03:56.60 ID:kVrTh/xJ0
にこ「ねえ、その伝えないといけないことって、希のこと?」

絵里「……そうよ」

 実はね、と前置きして。少し長く息を吸って。絵里は話し始めた。

絵里「希が行方不明になったの」

穂乃果「え、どういうこと……?」

絵里「そのままの意味よ。実は昨日、希が学校に来なくて、連絡しても返事がなくて。風邪か何かで寝込んでるのかと思ってたんだけど……先生にも連絡が取れないから何か知らないかって聞かれたの。そのあとご家庭に連絡を入れてくれたみたいで、すぐにご両親が希の部屋に行ったそう――ああ、希って一人暮らしなの。それで、希のマンションはもぬけの殻で、捜索願が出されたの。一晩経ったけど、まだ連絡はないわ」

 絵里は時折、言葉を選ぶように話す。にこは「やっぱり」と呟いていた。

穂乃果「希ちゃん……」

 一昨日のにこのライブを行った日には元気だったのに。例の事故が起きてから、毎日とは言わなくてもお見舞いに来てくれたのに!
152 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/02(日) 05:06:30.79 ID:kVrTh/xJ0
穂乃果「そんなの嘘だよ! 希ちゃんが考えた冗談なんでしょ! 絵里ちゃ――」

絵里「私だって嘘だと思いたいわよ!」

 怒鳴り散らす声。その声は悲痛で、穂乃果の体を硬直させるには十分だった。

絵里「……ごめんなさい。私が怒鳴ったって現実は変わらないものね」

 自嘲気味に笑う口元。目は氷のようで、冷たくて、悲しそうで。

絵里「そう、それでね。今度のファッションショーのライブだけど、断りの電話を入れようと思うの。練習はしばらく軽い体力づくりだけにしましょう。海未やことり、一年生にはもう話したわ。にこは妹さんたちの面倒で早く帰っちゃったから言えなかったんだけど。希がいなければ、ライブなんて――」
153 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/02(日) 05:09:48.70 ID:kVrTh/xJ0
穂乃果「ダメだよ、絵里ちゃん」

首の後ろは寒くて、でも頭と目は熱い。心臓はどんどん早く動いている。急にこんなことになって思いがまとまらない。でもこれだけは言わないと。

穂乃果「――ライブ、しよう。だって、もしかしたら希ちゃんがどこかで見ていてくれるかもしれない。もしかしたら、そのライブを見て戻ってきてくれるかもしれない。だから……」

 絵里だけでなく、海未やことりの表情も暗い。誰も穂乃果と目を合わせようとしない。凛や花陽は穂乃果と絵里を交互に見て今後どうなるかと不安げな顔になっている、真姫は二人から視線を逸らしている。そういえば、さっき海未とことりは夜更かししたって言っていたけど、本当は希の事を考えて眠れなかったんだ。でも、ライブを成功させれば、きっと戻ってきてくれる!

絵里「でも」

 穂乃果はポケットの中の希から受け取った御守りを握りしめた。少しだけこの御守りの主が近くにいるような気がした。だから、言える。氷の視線に負けない!

穂乃果「お願い! 人が増えるわけじゃないから、衣装は大丈夫でしょ!? ダンスのフォーメーションは――振り付けを簡単なものにすればいい! それなら、今から変更もできるし、ライブの前に希ちゃんが帰ってきても、練習も楽になると思う!」

 なおも苦い顔をしていた絵里。それを見かねたのか、にこも口を開いた。
154 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/02(日) 05:11:01.43 ID:kVrTh/xJ0
にこ「フォーメーションを簡単にするっていうのは賛同する気はないけど、私もライブをすべきだと思う。メンバーが一人足りないからって何なのよ。どんな状況であれ、ライブをする。ファンのために。それがアイドルってものよ。ライブをしておくことは、帰ってきた希にマイナスに働くことはないはずよ」

 にこちゃん。賛成してくれるんだ。ありがとう。

絵里「……二人は、希が戻ってくると思ってるの?」

 何でそんなことを聞くの? 答えは決まっている。

穂乃果「もちろん! 希ちゃんはμ’sのメンバーだから!」

 絵里は穂乃果の目を見据えると、ゆっくりとため息をついた。

絵里「わかったわ。やりましょう。――私たちのライブ、希に届けましょう」

 他のメンバーの目にも、活気が戻っていた。希が名付けたスクールアイドルのライブ、きっと届けてみせる!
155 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/02(日) 05:13:53.18 ID:kVrTh/xJ0
◆ ◆ ◆

 こうして、八人でファッションショーのライブに望むことになった。二年生の修学旅行前の練習は順調。振り付けも舞台全体を使うようなものから手の動きを中心としたものに変え、衣装もセンターの穂乃果に合わせて発注した。大丈夫、希は帰ってくる。そう思いつつ練習に励んでいた穂乃果。

だが、現実は非情だった。



 ――修学旅行最終日、沖縄

穂乃果「帰れない!? どうにかならないの!?」

 ホテルの一室。穂乃果は引率の教員に縋りついていた。自然現象、台風。沖縄に台風が直撃し、飛行機がすべて欠航になってしまったのだ。そのため、本日飛行機で帰還する予定だった二年生は沖縄で足止めを食らうことになってしまった。ファッションショーは――明日。

「さすがに台風じゃあ……どうにもならないわ。とりあえず、部屋で大人しくしていてね」

穂乃果「そんな〜!」

 教員は穂乃果を振り払うと、他の部屋に向かってしまった。まだこのことを伝えるべきグループがあるのだろう。追いかけても邪魔になるだけで、どうにかなるわけでもない。

膝の力が抜け、崩れ落ちた。今まで様々な困難を破ってきた。だが、自然現象だけはどうしようもない。雨止めー!なんてこの修学旅行中に何度もやっているが、効果はない。
156 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/02(日) 05:15:17.67 ID:kVrTh/xJ0
海未「穂乃果……」

穂乃果「どうしよう。穂乃果が言い出したのに、希ちゃんに合わせる顔が……」

海未「……大丈夫です。きっと絵里たちがどうにかしてくれますよ」

ことり「そうだよ。にこちゃんもいるし、任せていいんじゃないかなあ?」

穂乃果「……うん」

 それから、夜中までトランプで遊んでいた。気を紛らわせるように。だが、不安な気持ちと皆なら大丈夫という安心が入り交じり、とてもじゃないが気がまぎれることはなかった。

 もう遊びのネタも尽きたという夜中。そろそろ寝ようか、と海未とことりと話していると、スマートフォンがなった。電話だ。こんな時間に誰だろう、と画面を見る。画面に表示されていた名前は――花陽ちゃん。



第三話へ続く
157 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/02(日) 05:26:28.15 ID:kVrTh/xJ0
第2話現在の状況

園田海未
衣装:白の道着と青の袴。金の模様が入ってある黒い防具。
SG:青色。変身後は側頭部の髪留めの飾りとなる。
武器:日本刀(大小二本)
魔法:超感覚(固有)
願い:穂乃果の脳機能の正常化

南ことり
衣装:メイド服。フリル五割増しのエプロン。銀色の髪飾り。
SG:灰色。変身後は羽の形の宝石になり肩に装着する。
武器:クロスボウ
魔法:エネルギードレイン(固有)
願い:穂乃果を生き返らせる

東條希
衣装:藤色袴の巫女服。金の装飾、髪飾り。
SG:紫色。一部が欠けている。
武器:錫杖(仕込みギミック有)
魔法:遊環を用いた拘束魔法
願い:?
備考:太陽の魔女との戦いで死亡

太陽の魔女
外観:黒い炎の塊。時折炎や黒い粘液が吹き上げる。粘液を固めて作った使い魔を従えている。
性質:「先導」
158 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/02(日) 05:30:55.27 ID:kVrTh/xJ0
次は三話を更新していきます。時系列で言うと二期五話のあたりです。

毎度まとめてになりますがコメントありがとうございます。
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/02(日) 06:23:01.37 ID:BYmiFaZl0
おつおつ
いつも楽しく読ませてもらってます
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/09/02(日) 22:49:02.73 ID:NPJ/P5cr0
いいゾ〜これ
頼むで!
161 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/03(月) 01:54:47.68 ID:72ZGFXXj0
三話投下します。
162 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/03(月) 01:56:36.91 ID:72ZGFXXj0
◆What I Want to Do is.


暗い、暗い、荒廃した世界。

壊れきった建造物が積み重なる世界に蝶の羽を持つ巨大な化け物。羽は蝶でも、上半身は人間。そして下半身は人魚のような魚。

砂煙が吹き荒れる世界に、一匹の魔女がいた。

そして、彼女に立ち向かうものも、一人。魔法少女だ。

水色を基調とした洋装を纏った魔法少女は、紺色のブーツの底を鳴らして魔女に向かっていく。カツン、カツン、と音を立て、倒れた建物の壁を歩く。黒いフードのついたマントが砂嵐に揺れた。フードを目深に被っていることと、紫の月のような紋様が入った仮面をつけているせいで、表情も素性もうかがえない。
163 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/03(月) 01:58:07.18 ID:72ZGFXXj0

魔法少女は右手で腰のホルスターから拳銃を抜き、魔女に向けた。拳銃に安全装置はついていない。トカレフと呼ばれる自動式のものだ。

スライドを引き、ハンマーを落とし、引き金に指をかけて魔女に向ける。狙いは魔女の胸部。

一発、撃った。音を立てて排出される空薬莢。片手で撃ったせいか、弾は急所を外した。

もう一発。また、弾は逸れて致命傷にはなり得ない部位に直撃する。魔女は痛みからか怒りからか吠えた。甲高い声は耳を塞ぎたくなるどころか、脳を揺らす。

だが、魔法少女は怯まない。銃の引き金に手をかけ、横たわる建造物の壁を蹴った。走り、魔女の眼前に跳ぶ。間近で見ると、魔女の顔は魔法少女の身長よりも大きかった。顔面に銃口を向ける。フロントサイトとリアサイトが重なった。引き金に力を込めようとした瞬間。魔女が吠えた。

先ほどとは比べものにならない殺意のこもった声。発生する衝撃波。魔法少女は後方に吹き飛んだ。走ってきたビルの壁を転がり、地に落ちる。風圧で跳んできた砂やガラス片が体を傷つけた。血を流しながら立ち上がる。右手に握った銃を魔女に向けて、仕返しとばかりに撃った。だが、痛みからか、弾は当たらない。舌打ち。両手でしっかり構えた方がいい。左手を動かした時、再度、いや、前よりも大きな咆哮。
164 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/03(月) 01:58:59.00 ID:72ZGFXXj0
パツッと耳の中で何かが破ける音。それだけではない。飛来する巨大ながれきやガラス片。一枚のガラス片が左手に直撃した。手首から先の感覚がなくなる。離れた左手は風に飛ばされて見えなくなった。流れる赤は共に後方へと消える。

声が止んだ瞬間、魔法少女は動いた。同時に、左手首から湯気が立つ。高速で無くなったはずの左手が形成された。切断部位だけではない。ガラスによる裂傷も、破れた鼓膜も、再生していく。

魔法少女は、もう一度、駆けた。積み重なるように倒れるビルの壁を跳び、魔女の眼前へと踊り出る。今度は発砲せず、顔面に飛びついた。異物を引きはがそうと、魔女は手を伸ばす。それより速く、魔女の口に拳銃を持った右手を押し込み、引き金を引いた。

一発。二発。三発。

三発目で魔女は動きを止めた。消えていく魔女の体。四発目。揺らぎ、戻っていく空間。五発目。魔法少女は、弾が切れるまで魔女を打ち続けた。八発の弾を撃ち尽くし、トカレフのスライドが動く。魔法少女はマガジンを取り出し、新しいものを装填すると、ホルスターに戻した。
165 : ◆PqgbKM/Cuk :2018/09/03(月) 02:01:18.24 ID:72ZGFXXj0
QB「お疲れ様」

薄暗い路地裏。街灯はちらほらあるが、光は弱く頼りない。キュゥべえは魔法少女の足下に擦り寄った。

QB「海未とことりは出かけてしまっているし、助かったよ」

「そう」

魔法少女はそっけなくキュゥべえを足で払った。振り払われた白い獣は連れないなあと言いたげにその場離れ、少し離れた電柱の陰に転がった。

QB「それにしても、君は容赦が無いんだね。魔女の結界が壊れた後も攻撃を続ける魔法少女なんて初めて見たよ」

「興味無いわ。魔女は――私がすべて[ピーーー]。いつかは貴方も」

おお、怖い、とキュゥべえは立ち上がった。

QB「僕は行くところがあるから」

そう言って場を離れるキュゥべえ。魔法少女は薄暗い路地裏に取り残された。
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/15(月) 21:30:34.66 ID:mD4Zmdeq0
続き待ってます
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/18(木) 17:25:42.64 ID:KpYMwhOk0
待ってるぜぇ
98.25 KB Speed:1.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)