絵里「何よあれ…」にこ「さあ?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/17(火) 21:26:32.07 ID:gJxEZ3Ty0
ピシャーン ゴロゴロゴロ

絵里「凄い音…。これは一雨来るわね」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531830391
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/17(火) 21:33:52.33 ID:gJxEZ3Ty0
ガチャ

絵里「お疲れ〜。雷凄いわね。これは一雨来るわよ」

にこ「…」

絵里「あら?にこだけ?」

にこ「んあ?何だ…絵里じゃない」

絵里「なによ?ぼーっとして」

にこ「いや…これ…」

絵里「え?…何よこれ?」

にこ「さあ?部室来たら机の上に置いてあったんだけど…」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/17(火) 21:40:59.88 ID:gJxEZ3Ty0
『押すな!』

絵里「ボタン…よね?」

にこ「でしょうね。どこからどう見ても」

絵里「押すなってのは…フリ?」

にこ「知らないわよ」

絵里「押したら何があるのかしら?」

にこ「押してみれば?」

絵里「嫌よ…」

にこ「なんで?」

絵里「万が一なんかあったらどうするのよ?」

にこ「万が一って何よ?」

絵里「いや…何もないとは思うわよ?もちろんね?」

にこ「だったらいいじゃない。押しなさいよ」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/17(火) 21:44:28.16 ID:gJxEZ3Ty0
絵里「いや…ほら?私昨日あれ見ちゃったのよ」

にこ「なに?」

絵里「シャイニング!凄い怖いのよ。知ってるでしょ?私がホラー苦手なの」

にこ「だったら何で見たのよ?」

絵里「亜里沙が見てたから…つい…」

にこ「それにシャイニングにそんなシーンあったっけ?」

絵里「ないけど…」

にこ「だったら関係ないじゃない」

絵里「そうだけど。じゃあ、にこが押せばいいじゃない」

にこ「いや…何かあったら嫌だし」

絵里「何よ。私と一緒じゃない」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/17(火) 21:51:10.59 ID:gJxEZ3Ty0
にこ「まあ…何もないとは思うけどね」

絵里「まあね。でも…万が一がね?非現実的だけど…万が一がね」

にこ「そう。万が一がね。多分凛とか希のイタズラだと思うわ」

絵里「あっ!そうよね?イタズラよね」

にこ「そうよ。イタズラよ」

絵里「イタズラって事は…押したら何かあるかも知れないわよね?」

にこ「そうね。その可能性はあるわね。良かったわね。押さなくて」

絵里「うん。そうね。良かったわ」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/17(火) 21:57:54.09 ID:gJxEZ3Ty0
ガチャ

海未「ごきげんよう」

絵里「…」

にこ「…」

海未「絵里?にこ?」

絵里「え?あっ、海未」

海未「何をしてるのですか?」

にこ「なんか…机の上にこれが置いてあったのよ」

海未「ボタンですか?」

にこ「そうなのよ」

海未「へぇ」

にこ「え?それだけ?」

絵里「興味ないの?」

海未「特には…」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/17(火) 22:08:10.20 ID:gJxEZ3Ty0
絵里「気にならないの?」

海未「はい」

にこ「どうしてこんなのが置いてあるか不思議に思わないの?」

海未「凛や希のイタズラでしょう?」

絵里「そうだろうけど。もしかしたら違うかもしれないじゃない」

にこ「そうよ。押してみようかな〜とかも全く思わない?」

海未「押すなって書いてありますし」

絵里「だからこそ気になるんじゃない」

にこ「そうよ。何?あんた好奇心とかないの?それとも何?言われた事は全て守る訳?」

海未「何なんですか?気になるなら押せばいいじゃないですか」

にこ「いや、もし何かあったらどうすんのよ?」

海未「じゃあ押さなきゃいいでしょう?」

にこ「そうだけど。気になるじゃない。普通…気になるじゃない」

海未「何を言ってるんですか…あなたは…。それに押しても何も起きませんよ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/17(火) 22:28:01.49 ID:gJxEZ3Ty0
にこ「なんで?」

海未「ボタンから配線が伸びている訳でもないですし。ワイヤレスでもなさそうですから。押しても何かのキッカケになると言う事はないかと」

にこ「…」

海未「何ですか?」

にこ「あんたさぁ…なんか違くない?」

海未「え?私の推理間違ってました?」

にこ「いや…違うのよ。もう…ほら?あるじゃない?万が一が」

海未「いや…ですから…」

絵里「海未」

海未「絵里?」

絵里「ごめんね。今回ばかりはにこが正しいと思う」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/17(火) 22:40:42.54 ID:LUn7Ebxfo
期待
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/17(火) 22:45:06.28 ID:gJxEZ3Ty0
海未「えぇ…何を言ってるのですか?」

絵里「分かるわよ?海未が正しい事を言ってるのは。でも万が一があるじゃない?」

にこ「私達だってイタズラだとは思ってるの。でも万が一が怖いのよ」

海未「万が一って何ですか!」

にこ「だから…」

海未「だったら放っておけばいいでしょう?」

にこ「それは気持ち悪いじゃない」

海未「じゃあどうすれば良いのですか?」

にこ「それが分からないから困ってるんじゃない」

絵里「そうよ、海未」

海未「そんな。絵里…目を覚ましてください」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/17(火) 23:08:20.74 ID:gJxEZ3Ty0
ガチャ

穂乃果「こんにちは〜」

海未「あっ!ほら!犯人が来ましたよ!」

穂乃果「へ?犯人?」

海未「穂乃果でしょう?このボタンをここに置いたのは。そうですよね?」

穂乃果「いや…知らないけど…」

絵里「穂乃果じゃないの?」

穂乃果「知らないよ〜。なんで穂乃果が疑われてるの?」

絵里「やっぱりイタズラじゃないのかしら?」

海未「まだ凛と希がいるでじゃないですか」

にこ「まっ、穂乃果はバカだけどあんまりイタズラするタイプじゃないわね」

海未「そうですね。穂乃果はよく怒られるタイプですがイタズラして怒られるタイプではなくだらしなくて怒られるタイプですから」

絵里「たしかにそうね」

穂乃果「え?何で穂乃果こんなに散々言われてるの?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/17(火) 23:18:59.92 ID:gJxEZ3Ty0
絵里「実はね。これ、押すなって書かれたボタンが置かれてたのよ」

穂乃果「あ〜、それで穂乃果が散々言われてるのね!納得いかないんだけど」

にこ「そんな事はどうでもいいのよ」

穂乃果「どうでもいいの?」

にこ「結局このボタンが何なのかは分からずじまいって事ね」

絵里「そうね」

穂乃果「ん〜押すなって書かれたボタンが置いてあるって…押したくなるね!えいっ!」

にこ「ちょっ、ちょっとストップ」

絵里「いきなり何してるの穂乃果」

穂乃果「いや〜押すなって言われると押したくならない?」

にこ「ちょっとあんた怖いわよ。よく躊躇せずに行けるわね」

絵里「ホントよ。びっくりしたわ」

穂乃果「えへへ〜ごめん」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/17(火) 23:25:41.39 ID:gJxEZ3Ty0
海未「穂乃果が押して終わりで良かったのではないでしょうか…」

にこ「いい?私たちも押したらどうなるか気になるわよ?まあ、ほぼ何にも起こらないとは思ってる。けど、万が一何かが起きたらどうするのよ?」

穂乃果「万が一って?」

にこ「例えば…」

穂乃果「爆発とか?」

にこ「いや…それは流石に」

絵里「そうね。爆発は…」





14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 07:26:56.71 ID:eVQEgIMbO
謎肉の人か
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/18(水) 21:50:46.95 ID:WvJhBbtw0
穂乃果「ん〜…体に電気が流れるとか?」

にこ「あ〜オモチャとかであるやつ?」

穂乃果「そうそう。静電気みたいな感じの」

絵里「確かにそれならあり得そうよね。現実的にも」

にこ「穂乃果にしては冴えてるじゃない」

穂乃果「でしょ〜?」

絵里「穂乃果偉い!」

にこ「冴えてる!」

穂乃果「えへへ〜。………え?」

海未「へ?」

穂乃果「海未ちゃんは褒めなくていいの?」

海未「えっと…穂乃果は凄いですね」

穂乃果「う〜ん。なんか言わされてる感があるけど。まあ、いいか」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/18(水) 22:09:44.62 ID:WvJhBbtw0
にこ「さあ。じゃあ、穂乃果。もう押してもいいわよ?」

穂乃果「え?」

にこ「いや…だから、ボタン押していいわよ?」

穂乃果「穂乃果が押すの?」

にこ「だって押したいって言ってたじゃない」

穂乃果「やだよ。電気流れるんでしょ?」

にこ「流れるんでしょって…あんたが言ったんじゃない」

穂乃果「流れる可能性があるなら押したくないよ。痛いの嫌だもん」

にこ「平気よ。痛いのなんて最初だけだから。ちょっとでいいから」

穂乃果「え〜やだよ。ちょっとって何さ?」

にこ「はあ?じゃあ何よ?確かめないでそのままにしておく訳?」

穂乃果「そんな事言われたってさぁ。にこちゃんが押せばいいじゃん」

にこ「えっ!?い、嫌よ。絵里…」

絵里「いや…もういいんじゃないかしら?」

にこ「は?」

絵里「もう、ねえ?電気が流れるって事で解決でいいと思うの」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/18(水) 22:26:32.82 ID:WvJhBbtw0
にこ「電気が流れるって決定した訳じゃないでしょ」

絵里「そうだけど…。もう…ね?いいじゃない」

にこ「あんたあれでしょ?自分が痛い思いしたくないからってさ。急に意見を変えてずるいわよ」

穂乃果「ズルいのはにこちゃんも一緒だけどね」

絵里「もういいじゃない。押さなければ誰も痛い思いしなくてすむんだし」

にこ「そうだけどさぁ」

海未「結局そうなるんじゃないですか」

絵里「ね?そうでしょ?」

にこ「でも気持ち悪いじゃない」

穂乃果「ね〜気になるよねぇ?」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/18(水) 23:18:46.70 ID:WvJhBbtw0
絵里「そうだけど…」

穂乃果「じゃあ、ジャンケンで負けた人が押すってのはどう?」

にこ「あ〜いいじゃない」

絵里「え〜やるの?」

穂乃果「やだ?」

絵里「だってねえ…」

にこ「負けたってちょっとピリッと来るだけよ。大した事ないわ」

絵里「じゃあ、にこが押せばいいのに」

にこ「だから…なるべくはやりたくないのよ。ほら!やるわよ」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/18(水) 23:35:47.77 ID:WvJhBbtw0
穂乃果「よーし!じゃーんけーん……あれ?」

海未「なんですか?」

穂乃果「海未ちゃんやらないの?」

海未「はい」

穂乃果「え?なんで?」

海未「ですから…私は別に。最初から興味ないと言ってたじゃないですか」

穂乃果「いや知らないけど」

海未「穂乃果が来る前の話です」

穂乃果「でもさぁ、皆んな押したくないんだし。だからジャンケンになった訳じゃん?そこで海未ちゃんが参加しないのは違くない?」

にこ「そうよ。不公平よ」

海未「不公平!?不公平ってなんですか?押したくないなら放って置けばいいでしょう?さっきから言ってるじゃないですか」

にこ「何?またその話に戻る訳?いいじゃない。それに押しても何もないって言い張るんならジャンケンで負けて押す事になっても問題ないじゃない」

海未「私だってビリっとするのは嫌です」

にこ「あんた、さっきまで何も起きないって言ってなかった?」

海未「電気が流れるのはあり得るかなと…」

にこ「だから言ってたじゃない。万が一があるかもしれないって」

海未「そこに戻るのですか?」

にこ「あんたがそうしたんだからね?」

海未「私はただ…穂乃果の話を聞いて電気が流れるのはあり得ない話じゃないと考えを改めたんです」

穂乃果「あ〜もういいからさ。出さなきゃ負けだからね。じゃーんけーんポン!」ぐー

絵里「え?ちょっ…」ぐー

海未「待って」ぐー

にこ「ちょっと…って…」チョキ

穂乃果「はい!にこちゃんの負け!」

にこ「嘘?最悪…」

絵里「最初からにこが押せば良かったって事ね」

海未「だから私は参加しなくても良かったじゃないですか」

にこ「そんなの後からいくらでも言える事じゃない」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/18(水) 23:39:46.13 ID:WvJhBbtw0
穂乃果「も〜話はいいから。早く押してよ」

にこ「え〜…本当に押さなきゃダメ?」

穂乃果「ダメだよ」

絵里「そうよ。ジャンケンで負けたんだから」

海未「早く押して終わりにした方がいいですよ」

にこ「あんた達…勝った途端に…」

穂乃果「にこちゃん早く〜」

にこ「くっ…覚悟を決めるしかないわね。えいっ」

ガチャ

真姫「お疲れさま…」

にこ「え?」ピタッ

穂乃果「あっ!真姫ちゃん」

真姫「ん?何よ?何してるの?」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/19(木) 22:49:47.27 ID:uZiTd2IF0
にこ「真姫!ちょうどいい所に来た!ちょっとこのボタン押して見て!」

真姫「え?ボタン?」

穂乃果「うわっ。にこちゃんズルい。ジャンケンで負けたのに」

絵里「それはないわよ」

にこ「部室に来た以上平等にこのボタンに対しての責任があるのよ。よって、真姫がジャンケンに参加してなかったからさっきのジャンケンはノーカン」

穂乃果「え〜なにそれ〜」

海未「いつその様なルールが出来たのでしょう…」

にこ「だって真姫だけ免除なんてそれこそズルいじゃない」

穂乃果「そうだけどさ…」

海未「えぇ?そうですか?」

にこ「とにかく…」

真姫「ちょっと何なのよ?何を企んでるのよ?にこちゃん」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/19(木) 22:53:09.64 ID:uZiTd2IF0
にこ「何も企んでなんかないわよ。ほら、あんた達が大きい声で余計な事言うから」

真姫「いや、もう誤魔化しきれてないから」

絵里「実はね、このボタンが部室に置いてあったのよ。誰が何の為に置いたのかも分からなくて。押すなって書いてあるし」

真姫「イタズラでしょ?くだらないわ。放って置けばいいのよ」

海未「ですよね!」

真姫「な、何?」

海未「いえ。やっと私の味方が現れてくれたので」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/20(金) 21:29:46.65 ID:hYwg/fbB0
真姫「なんなのよ…」

にこ「なんでもいいから。それ押してよ」

真姫「だから嫌だって」

にこ「怖いの?」

真姫「はあ?」

にこ「あんた怖いんでしょ?」

真姫「別に怖くないわよ」

にこ「あっ、いいわよ?無理しなくて。怖いでしょ」

真姫「だから怖くないって」

にこ「どうだか。だったら押してみなさいよ」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/20(金) 21:41:39.65 ID:hYwg/fbB0
真姫「いいわよ。やってやろうじゃない」

にこ「ふっ。チョロいわね」

真姫「なんて言う訳ないでしょ。馬鹿じゃないの?」

にこ「なっ!?」

海未「浅はかですね」

絵里「本当…」

穂乃果「にこちゃんらしいけどね」

にこ「なんですって?」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/20(金) 21:55:05.76 ID:hYwg/fbB0
ガチャ

凛「にゃ〜。いっちば〜ん」

穂乃果「凛ちゃん」

海未「来るなり騒がしいですね」

にこ「凛!このボタンあんたなんでしょ?」

凛「ボタン?」

花陽「はぁ…はぁ…はぁ。凛ちゃん…。廊下は走っちゃダメだよぉ」

凛「ボタンって何?何のボタン?なんかボタンがあるの?」

にこ「あ〜もういいわよ。あんたは関係ないのね」

穂乃果「実はね」

凛「あ〜もしかしてボタンってこれの事?」

穂乃果「うん。そう…」





26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/20(金) 22:15:22.32 ID:hYwg/fbB0
凛「え〜これ押すと何かあるの?」

にこ「それが分からないから悩んでるのよ」

凛「ふ〜ん。何があるのかな〜。願い事が叶うのかな?」

絵里「それだったら押すなとは書かないと思うけど」

にこ「そうよ。何言ってんのよ」

凛「それはあれだよ?悪い人が使ったら大変だから…とか?」

にこ「そんな都合のいい話がある訳ないじゃない」

凛「え〜でもさぁ。なんで悪い方ばかり考えるの?」

穂乃果「確かにね〜。凛ちゃんの言う事の方が夢があるよね」

凛「でしょ?」

穂乃果「うん。まあ、そしたらアレかな?願いが叶うなら穂乃果は世界一美味しいパンが食べたいなぁ」

海未「本当好きですね」

絵里「どんな味がするのかしらね?世界一美味しいパンって」

凛「かよちんは?かよちんなら何をお願いする?」

花陽「えっと…」

穂乃果「花陽ちゃんはあれでしよ?白米食べ放題とか?」

絵里「花陽らしいわね。ふふっ」

花陽「私まだ何も言ってないよぉ」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/20(金) 22:26:27.63 ID:hYwg/fbB0
凛「凛はこの世から宿題と期末テストを失くしてもらおうかなぁ」

穂乃果「あっ!それいい!」

海未「そんな事したら世の中には大変な事になりますよ」

にこ「って言うか願い事が叶うならもっと他にあるでしょ?」

穂乃果「え?どんな事?」

凛「世界征服とか?」

にこ「そうね。億万長者とか?」

穂乃果「うわぁ。ありがち〜」

凛「夢がお金って夢がないよね〜」

にこ「あんた達に言われたくないのよ」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/20(金) 22:30:44.03 ID:hYwg/fbB0
絵里「でも不思議ね」

にこ「何が?」

絵里「誰もラブライブ優勝とは言わないのね」

にこ「そりゃあね。当たり前でしょ」

穂乃果「ラブライブは自分達の力で優勝したいもんね」

凛「その通りにゃ〜。ね?かよちん」

花陽「うん。そうだね」

海未「本当の夢ってそう言うものなんでしょうね」

絵里「ふふっ、そうね」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/20(金) 22:35:43.93 ID:hYwg/fbB0
凛「で?真姫ちゃんは?」

真姫「え?」

凛「さっきからずっと黙ってるけど真姫ちゃんなら何を叶えたい?」

真姫「な、なんで?今ので終わったんじゃないの?」

凛「ラブライブの話はね」

穂乃果「確かに。真姫ちゃんのお願いって気になるかも」

真姫「ええ?なんで?」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 22:46:32.36 ID:SO60Tc4qO
>>28
急にいい話に思えてきた
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/20(金) 23:00:43.54 ID:hYwg/fbB0
穂乃果「欲しいものとかあるでしょ?」

凛「凄い聞きたいにゃ〜」

真姫「ちょっと…絵里…海未」

海未「私も気になりますね」

絵里「ねえ?真姫からこう言う話って聞いた事ないものね?」

真姫「べ、別に…」

にこ「別に何よ?」

真姫「私の欲しいものは…」

穂乃果「欲しいものは?」

真姫「もうとっくに…」

穂乃果「ん?」

真姫「なんでもない。欲しいものなんて何もないわよ」

凛「え〜つまらないにゃ〜」

真姫「そんな事よりボタンの話をしてたんじゃないの?」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/20(金) 23:09:14.08 ID:hYwg/fbB0
にこ「あぁ…そうだ。忘れてたわ」

絵里「すっかり話が逸れてしまったわね」

海未「こうなると犯人は希しか居ないでしょう」

凛「希ちゃんが犯人なの?」

絵里「そうね。ことりは違うと私も思うわ」

真姫「そうね。ことりはないわよね。希で決定ね」

海未「そうですね」

花陽「あの…でも希ちゃんだって言う証拠はないんだよね?それなのに決めつけるのは」

にこ「いや。希でしょ。ことりか希かってなったら希でしょ」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/27(金) 18:06:27.62 ID:VT1GvFznO
オチが気になるんだが…
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/03(金) 13:26:01.03 ID:yawre0X9O
>>25
>凛「にゃ〜。いっちば〜ん」

この人のこんな感じの書き方すこ
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 22:45:50.36 ID:lE9pV8dX0
希「そうやなぁ。ウチも皆んなの立場やったらことりちゃんやなくてウチを疑うわ」

絵里「そうでしょ?」

にこ「まあ、妥当よね……って希?」

穂乃果「希ちゃんいつから居たの?」

希「今来たところやん」

にこ「で?どうなのよ?希なの?」

希「知らないよ」

絵里「本当に?」

希「うん。ウチが嘘を吐くと思う?」

絵里「う〜ん…」

希「そこは親友として即答して欲しいところなんやけど」

にこ「まあ、なんでもいいわ。希!押してみなさい」

希「え?ウチが?」

にこ「そうよ。あんた普段からなんかプシューとか言ってるじゃない」

希「いや、それとこれとは関係ないやん」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 22:51:59.13 ID:lE9pV8dX0
絵里「残念だけど…希。にこの言う通りよ」

穂乃果「ファイトだよ」

海未「応援してます」

真姫「まあ、武運を祈るわ」

凛「もし、願いを叶える系だったらラーメン一年分頼んでね!」

希「は、はあ?なんで結託してるん?」

にこ「いや、だって…あんたこう言うの余裕でしょ?」

希「あのな?そういう事を言ってるんやなくて。押し付けられるのが嫌なんやって。なんなん?結託して。民主主義の一番悪い所や」

にこ「じゃあ…じゃんけんしなさいよ。真姫と」

真姫「はあ?なんで私が?」

希「そうや。なんで二人なん?」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 22:58:00.08 ID:lE9pV8dX0
にこ「だって…にこ達やったし」

穂乃果「それでにこちゃん負けたんじゃん」

凛「そうだよ。にこちゃん負けたにゃ」

絵里「凛もやってないわよね?」

希「なんや。にこっちじゃんけんで負けたん?なら、にこっちが押すべきやろ?」

真姫「そうよ。何ズルしてるのよ」

にこ「ズルなんかしてないわよ。あんた達三人はじゃんけんしてないんでしょ?」

花陽「あっ、私もしてないよ」

にこ「あっ、そうよね」

絵里「黙ってれば良いのに…」

穂乃果「花陽ちゃんはズルが出来ないんだね」

にこ「とにかく…あんた達四人の中から…」

真姫「だから…なんでにこちゃんが免除されるのよ」

希「そうやそうや!」

海未「もう、いいじゃないですか。そんな事より練習を…」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 23:02:31.17 ID:lE9pV8dX0
希「だいたい一番最初に見つけた人が押すべきやん」

絵里「じゃあ、にこね」

にこ「私だっけ?絵里でしょ?」

絵里「最初に見つけたのはにこでしょ?」

希「じゃあ、やっぱりにこっちや」

穂乃果「凛ちゃん。あっちでバドミントンやってよっか?」

凛「そうだね。もう飽きたもんね」

海未「練習を…」

花陽「そ、そうだよね。練習しなきゃだよね」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/03(月) 00:35:48.70 ID:GZBmKdpuO
エタってなかった…だと
オチまで頼むよ〜
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/03(月) 07:46:33.52 ID:k3mHp+3U0
イッチくんが昔の掘り返して続き書くとか珍しいね
これの完結もだけど他のエタってるのも完結させてほしい
個人的には、ことり「穂乃果ちゃん、海未ちゃん。久しぶり」が読みたい
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/03(月) 11:33:12.52 ID:sLQeen31o
ネタバレ:犯人は理事長
22.89 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)