【二次創作】安価で進めるオリロンパ リミックス

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:33:20.17 ID:1sh4MjUdO

【諸注意】
・何番煎じかもわからないオリロンパスレです
・エタらない事を重視するため、展開等が速いかもしれません
・キャラクターは以下のスレから拝借しましたが、一部に才能や氏名の変更があります
※エタロンパのキャラを書き留めるスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/17143/1499596380/l30

・前作を見なくても大丈夫な様に作るつもりですが、若干のネタバレを含みます

『終了作品』
【二次創作】安価で進めるオリロンパ
 https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1480764539/

【二次創作】安価で進めるオリロンパ ニューステージ
 https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1501335812/



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532086400
2 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:34:47.06 ID:MUdXCtmHO

……夢を見た

遠い、遠い、ずっと小さな頃の夢を



『ゆーびきーりげーんまーん、うそついたらはりせんぼんのーます!』



女の子が二人……一人は私。もう一人は、顔が見えない

小指を絡ませたおまじない。誰でも知ってるささやかな契約

……指切りげんまん。私は嘘をつきませんと宣言して、指を切るアレだ

もし、約束を破ったら……針を千本も呑む必要があるらしい

指を切り終わった二人は、えへへと嬉しそうな顔をしている

確か……私は何を約束したんだっけ?

私は……誰と指切りをしたんだっけ?

私は………私は…………

3 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:35:32.38 ID:MUdXCtmHO







私は―――どうして、こんな嘘つきになっちゃったんだろう…………?







4 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:36:21.48 ID:MUdXCtmHO









【PROLOGUE】
  再誕 −Re:Birth−








5 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:37:41.75 ID:1sh4MjUdO

この世は、無数の嘘とほんの少しの真実で構成されている

別に、どこかの偉い先生が言った訳でも無いし、凄い本に書かれてた訳でもない

ただ、何となく。そんな感じがするってだけの感想だ

それでも……ふとそう思ってしまうのだ。特に、私みたいな人間は



「こっちに目線お願いしまーす!」


「別のポーズ出来ますかー?」


「ちょっと決め台詞やってくださーい」



ぞろぞろ群がる無遠慮なカメラ。レンズの先が見据えているのは私

でも、このフラッシュの光は……真実ではなくて、虚構を撮すもの

それに、映っている私も虚構の存在



「はーい! 皆、ダイスキだよーっ!」



ついでに言うなら……この、今の言葉だって、実は真っ赤な嘘なのだ

6 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:41:38.99 ID:MUdXCtmHO

偽りの笑顔、偽りの言葉、偽りの姿

溢れんばかりの嘘の中、曇った眼で虚構を欲しがる

ここにいる誰もが、真実ではなく、嘘を求めているんだ

見るに堪えない現実も、嘘のヴェールで綺麗に輝いて……

「……私が言えた事じゃないけどね」

ぽそり、と呟いてみる。どうせこの声は誰にも届きはしないんだ

甘いリズムとユルい歌詞。聴くだけで頭が悪くなりそうな音楽に合わせて踊る

……踊る阿呆になんとやら。どうせ嘘なら派手に踊らなきゃね

私は精一杯の笑顔で、観客に嘘を与える

……本当に、私は嘘つきだなぁ

7 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:42:25.86 ID:MUdXCtmHO

「ふぃ〜……疲れた〜ぁ……」

夜の10時近く、ようやくお家に帰れた私

今日は朝から一日中、歌を歌って踊りを踊って握手をして回って……

要するに、物凄く疲れているのです

「……寝る前に写真上げとこ…………」

本音を言えば明日にしたいけど、流行の移り変わりはびっくりする位に早い

取り残されるのは致命傷。カワイイには鮮度があるからね

「え〜っと、《今日は『マジカル☆サイバーズ』のミライちゃんです!》っと」

「後は……まあ、適当でいっか」

このアニメ、私が幼稚園の時からやってるからあんまり話す事無いんだよね……

……そして、今日やったミライちゃんは、私の思い入れのあるキャラ

好きなキャラに変身出来る……これだけで私の世界は素晴らしいものの様に思える

SNSに画像を投稿してベッドへ倒れ込む。今日は評価を気にする元気も無い

眠気もそろそろ限界だし、もう今日は寝ちゃおうかな

寝る支度を軽く済ませて、私は夢の中へと沈んでいった

「……おやすみなさ〜い」

8 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:43:17.27 ID:MUdXCtmHO



……突然だけど、私は、『夢』って都合のいい嘘だと思う



現実ではあり得ない事も、夢の中でなら簡単に夢を作り出せるんだ



世界は嘘で溢れている/世界は夢を求めている



嘘は真実よりも素晴らしい/夢は現実よりも素晴らしい



嘘で世界は変わっていく/夢で視界は歪んでいく



そして、私は……/そして、私は……




9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 20:43:49.79 ID:M8w9HDF8O
おっ、オリロンやん!
晒したろ!
10 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:43:56.87 ID:MUdXCtmHO

「……あれ?」

何か、ヘンな夢を見ていた気がする……

「そういえば、今何時……?」

寝惚け気味の頭を動かして、時計を確認しようとして……気づいた

「……あれ?」

ここ……私の家のベッドの上じゃない?

よーく見てみると、鉄線の巻かれた窓に雑草の生えている床。監視カメラ……?

ここは……異世界かな? だとしたら私は今流行りの異世界転生を?

「……な、訳ないかぁ」

それってどこのラノベ? まだ夢の中にいるのかな……

もう一回寝よっと……もう一度最初みたいに机に突っ伏して目を閉じて……

………………あれ?

「…………机?」

11 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:44:45.53 ID:MUdXCtmHO

「あっ、起きたんですね!」

「わきゃあぁああっっ!?」

どたっ

「……あ痛たたぁ」

いきなり声かけられたから、驚いて机から転けちゃった……

でも……これでわかった。このお尻の痛みは本物だ。つまり、ここは夢じゃない

「……………………え、えっと」

「大丈夫ですか? 立てますか?」

「あ、どうも……」

手を差し伸べてくれた人を観察してみる

男の子で……年は私より少し下かな? 

白くてサラサラの髪に、傷1つ無いもちもちのほっぺ……

「……あの、大丈夫ですか?」

「あっ、はい……」

……って、そんな事してる場合じゃない。まずは聞くべきことがあるよね

「……ねえ」

「は、はい! 何ですか?」

「……ここはどこ? 私は誰!?」

「え?」

「………………………………」

やっちゃったー……何言ってるの、私……


12 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:45:40.32 ID:MUdXCtmHO

「もしかして……貴女もですか?」

「え?」

「実は、僕にも記憶が無いんです……」

「え? え、ホントに?」

「はい。ですから、僕には……」

「ちょ、ちょっと待って! ゴメン!」

何か、私の変な事言ったせいで変な誤解をさせちゃった……!?

「実は私、自分の事は覚えてるって言うか、今のはほんの冗談って言うか……」

「冗談……ですか?」

「そうそう! だから気にしないで!」

「は、はあ……」

って、こんなアホな事やってる場合じゃないよね……

「君……自分の事がわからないの? なら名前も覚えてない?」

「あ……いいえ。一応、名前だけは覚えているんです」

「そっか……なら良かった」

流石に、ずっと何て呼べばいいのかわからないのは困るもんね

「それで……何て言う名前なの?」

「あ、はい! 僕は……」

スグル「神威 スグルといいます!」



【超高校級の???】
  神威 スグル(カムイ −−)


13 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:46:36.96 ID:MUdXCtmHO

「スグル君だね。よろしく!」

スグル「はい! ……スグル君?」

「え? 何かおかしかったかな?」

スグル「いや、別に……すみません」

スグル「そうだ……貴女の名前は?」

「あ、そっか。まだ言ってなかったね」

……記憶喪失だもんね。私、一応アイドルだけど

スグル「そうだ……貴女にもこれを渡しておきますね」

「これって……タブレット?」

スグル「はい。全員の分があったんです」

スグル「指紋認証機能があるみたいで、僕らには動かせなかったんですが……」

成る程……つまり、私専用って事ね

スグル「どうですか? 動きますか?」

言われるままに電源を入れて、指を画面に当てると……

そこには、確かに私の本名があった

14 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:47:21.14 ID:MUdXCtmHO

スグル「……どうでしたか?」

「え? うん……これ、私のみたい」

スグル「そうでしたか! 良かった……」

スグル「じゃあ、失礼して……」

「ちょ、ちょっと!? 何するの!?」

スグル「あ、すみません……貴女のお名前を見ておこうと思って……」

「人のモノを勝手に見るのはデリカシーが無いよ? 気をつけてね、スグル君」

スグル「すみません……」

全くもう、油断も隙も無いんだから……

でも、スグル君って何となく弟みたいで許せちゃうのよね……

スグル「えっと……それじゃあ、お願いしますね」

「うん……私は……」


15 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:48:06.58 ID:MUdXCtmHO



息を整えて、思考を楽にする



自己紹介は初めてじゃないけど、いつもこのタイミングはドキドキする



……今から、私は『私』になる。比喩でも嘘でもなんでもない、本当だよ?



「私の本名はね……」



瀬川「……瀬川 千早希。超高校級のコスプレイヤーだよ」



【超高校級のコスプレイヤー】
  瀬川 千早希(セガワ チサキ)



16 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:48:57.68 ID:MUdXCtmHO

瀬川「よろしくね。スグル君」

スグル「はい! 瀬川さん!」

スグル「……ところで、コスプレイヤーって何なんですか?」

あ、そこ聞いちゃうかー。まあ、如何にもアニメ見てませんって顔だもんなー

瀬川「えっとね、コスプレイヤーって言うのは簡単に言うと……」

瀬川「漫画やアニメ、ラノベとかの二次元。フィクションのキャラに成りきる事を目的とした人の事だよ」

スグル「は、はあ……?」

瀬川「他には、特定の職業の制服とか。判りやすいのはナース服とかセーラー服とかスクール水着とかだね」

瀬川「そんな感じで、普段なれない格好をして普段なれない自分になれるのが、コスプレの醍醐味なんだよ!」

瀬川「私はコスプレイヤー兼アイドルとしてコスプレをしているんだけど、そうしたら皆が私を見てくれるんだ」

瀬川「勘違いしないで欲しいんだけど、別に作品に愛が無い訳でも無いし売名のつもりもないんだけどさ……」

瀬川「でも、やっぱり嫉妬や偏見も酷いんだよね。私としてはコスプレしている時にとやかく言われるのは嫌だし……」

瀬川「あ! 因みにこの格好は今朝の時間に放送しているアニメ『マジカル☆サイバース』のミライってキャラクターなんだけどさ……」

瀬川「この子、本当に可愛いんだ! 普段はキャピキャピしてるんだけど、変身するとね……」

スグル「わ、わかりました! もうその話は充分ですから!」

17 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:50:35.67 ID:MUdXCtmHO

瀬川「……で、これからどうしよっか?」

瀬川「結局、私達を監禁?してる理由もわかんないし……」

スグル「そうなんですよね……」

瀬川「私達二人を拐って、何がしたいんだろうね……?」

スグル「……? 二人?」

瀬川「あれ? 二人だけだよね?」

霊視とかもう一人の僕とか言い出さない限り、どう見ても二人だけだけど

スグル「……実は、ここには僕達を含めて十六人の超高校級の方がいるんです」

瀬川「じゅ……十六人!?」

ちょっと待って!? そんなに超高校級の人がここにいるの!? ナンデ!?

瀬川「じゃあ、何でここにはスグル君しかいないの!?」

スグル「最初は皆さんここにいたんですけれど、瀬川さんが起きないから……」

スグル「何人か痺れを切らして、既に皆さんが各自に探索しているからです……」

瀬川「………………………………」


18 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:51:13.87 ID:MUdXCtmHO

瀬川「ご……ゴメン!」

スグル「あ、謝らないでください! 目覚めなかったのは仕方ない事ですし……」

スグル「そ、それに、皆さんもそろそろ探索が終わる頃じゃないでしょうか?」

スグル「僕達も行きましょう! さっきのタブレットに地図のデータが入っているので……」

スグル「早速、皆さんの様子を見に行きましょう!」

瀬川「あーうん、フォローありがとう」

年下っぽい子にここまで気を使わせるのは、なんとも情けない

……恥ずかしいし、さっさとその探索中の場所に行っちゃおう

私以外の超高校級の生徒も……気になるし

瀬川「……うん。それじゃ行こっか」

スグル「はい。そうだな……食堂、倉庫、体育館の順に回ってみましょう!」

これが旅立ちの一歩ってやつなら、これはチュートリアルかな

臆してなんていられない。新しい世界ってワクワクするものでしょう?

瀬川「……教えてよ。私達が行く所をさ」

19 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:52:20.85 ID:MUdXCtmHO

――『食堂』――



スグル「ここが食堂です。食材や調理用具は一通り揃っていました」

おお、立派な食堂だ。でも、ここにある食材って食べてもいいものなの?

瀬川「……大丈夫? 食べた瞬間ベトベタフードでしたはシャレにならないよ?」

スグル「あはは。一応、食材については何人かが毒味をしていたので平気かと」

スグル「それに、ここにある食材はどれも鮮度も品質も良い最高級品だとか……」

瀬川「何でそんな事が判るの?」

「俺達が調べたから……じゃ、不安かな」

「あは、スグルくぅん。その人が最後まで寝ていた人だよねぇ」

……私が当然の疑問を返したタイミング。丁度その時、誰かが奥から出てきた

スグル「あ……二人とも!」

「まあ疑う気持ちもわからなくは無いけれどな……今は信じてくれよ」

「よろしくねぇ。新米さん?」

断言した人……人当たりの良さそうな男子は、困った様な笑顔で頭を掻いている

第一印象なら……悪い人には見えないかな

隣にいる子は、ドレスの端をつまんで会釈する。あれカーテシーって挨拶だよね

でも……何だろう。なんか違和感が……

とにかく、話しかけないと進めないわねこれは……どうしよう?


【どちらに話しかけますか?】
 1:人当たりの良い男子生徒
 2:エプロンドレスを着た生徒
 ↓2

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 20:55:44.49 ID:6zJqCO/Lo
2
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 20:57:00.04 ID:rcT9gOyr0
1
22 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 20:59:50.16 ID:MUdXCtmHO

1:人当たりの良い男子生徒



瀬川「私は瀬川千早希。よろしくね」

スグル「よろしくお願いします」

「おいおい。スグルはさっき聞いたぞ」

「そうだな……宜しくな。瀬川」

瀬川「……少し聞きたいけど、何で食材は大丈夫って断言出来たの?」

「それか……毒味を担当したのが俺だっていうのもあるんだが……」

「ここの食材は……全て俺の故郷で作られたものだからだな」

瀬川「へ? 故郷?」

いきなりスケールが大きくなってない?

「俺の故郷は、畜産、農業、漁業、加工食品。全てが一流の品質なんだ」

「それも、俺の故郷。時雄島(トキオジマ)の立地や気候が恵まれて……」

スグル「あの、そろそろ自己紹介を……」

話が脱線しかけている事を察したのか、慌ててスグル君が軌道を修正する

……あれ、デジャヴ?

「ああ、悪い悪い……つい癖でべらべらと話し過ぎてしまったか」

駆村「俺は駆村 沖人(カケムラ オキト)。巷では地域振興委員なんて呼ばれているみたいだな」



【超高校級の地域振興委員】
  駆村 沖人(カケムラ オキト)



瀬川「地域振興委員……?」

駆村「その地域のPR活動に優れた人間と思ってくれれば間違いないぞ」

確かに、さっきは物凄い早口で話していたもんね……

何となく親近感。この人は悪い人じゃないみたいだね


23 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:00:39.36 ID:MUdXCtmHO

2:エプロンドレスを着た生徒



「ねぇ、貴女は何て言うのかなぁ?」

瀬川「瀬川千早希だよ。よろしくね」

「あは……瀬川さんだね。よろしくぅ」

「ところでぇ、スグルくぅん。私、少し疲れちゃったなぁ」

スグル「あ、座りますか? お飲み物も用意しますよ」

「ありがとぉ〜、スグルくんは優しくていい子だねぇ」

甘ったるい声色にとろりとした眼。私が言えた事じゃないけどオタサーの姫感が凄いわね……

それに……よく見たら判った。この違和感の正体は……

瀬川「貴女……ううん。貴方、もしかして男の娘じゃない?」

スグル「え……オトコノコ?」

「……へぇ、判るんだぁ。もしかして、君もそうなの?」

瀬川「こちとら伊達に女装レイヤーを見てきて無いわ。私もじっくり見て気づいたんだし」

「あは、経験の差って事かなぁ? なら今から自己紹介しちゃうねぇ」

朝日「私は御伽 朝日(オトギ アサヒ)だよぉ。気軽に朝日って呼んでくれると嬉しいなぁ♪」



【超高校級のショコラティエ】
  御伽 朝日(オトギ アサヒ)



瀬川「で、御伽君は何の超高校級?」

朝日「ショコラティエだよぉ。甘くて蕩けるチョコレートの事なら任せてねぇ」

朝日「……名前で呼んでくれないのぉ?」

……話してるだけで背筋がゾクゾクする。正直長々と話していたく無いわね

24 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:01:21.23 ID:MUdXCtmHO

駆村「そうか……瀬川はここが初めて来た場所なんだな」

瀬川「うん。目が覚めて、近い所がここだって聞いたからさ」

朝日「あは。ハジメテってなんかえっちな響きだと思わない?」

スグル「え? えーっと……」

瀬川「あー私達急いでいるから。ここに長くいるつもりはないからね」

駆村「そう急がなくてもいいだろ? 粗茶だが一杯くらい飲んでいけ」

瀬川「……それ、もしかして時雄茶?」

駆村「いや、普通の麦茶だが……そもそも時雄茶なんて無いぞ?」

瀬川「……………………」

朝日「きゃはは。顔赤ーい」

スグル「あ、一杯だけ貰いますね。飲み終わったら倉庫に行きましょうか」

……やってらんない!

因みに、普通の麦茶は案外美味しかった

25 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:02:05.70 ID:MUdXCtmHO

――『倉庫』――



瀬川「大きい倉庫……まるで森ね……」

スグル「森……? 確かに、それくらいに大量の荷物がありますね」

そういう意味じゃ無いんだけど……まあ、確かに色々な物があるわね

「ハ、ハ、ハ。彼女が件の眠り姫かね」

「お、スグルん! 先輩連れてきてくれたんっすね!」

瀬川「きゃっ!? 貴方達は……!?」

皆いきなり後ろから出てくるのは止めてよ、もう!

そんな事はともかく、いきなり出てきた二人を見てみる

男の人は、いかにも外人って感じの人。メリケン……

女の子の方は制服に何かの上着を腰巻きにしてる活発そうな子

二人はスグル君と何か話しているみたいだけど……何を話してるのかな

スグル「そうですか。見回りの人が……」

「そうなんすよねー。ま、ただサボりたいだけなんじゃないっすか?」

「如何にモ。あの二人はこの状況を楽観視している節があるナ」

……何か問題があったみたいだけど、今はそんな事関係ないよね

とにかく、さっさと話しかけときますか


【どちらに話しかけますか?】
 1:頭の良さそうな外国人の生徒
 2:活発そうな女子生徒
 ↓2

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:03:17.99 ID:HqQTJulpO
2
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:04:18.18 ID:pd2gEoqDO
1
28 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:05:53.04 ID:MUdXCtmHO

1:頭の良さそうな外国人の生徒



瀬川「えっと、えくすきゅーずみー?」

「おヤ? 先程君達に日本語で話しかけたはずなのだガ……?」

スグル「大丈夫ですよ。彼は日本語には詳しいそうですから」

瀬川「わかってるって。ちょっとしたお約束ってやつだよ」

「ハ、ハ、ハ! これは愉快なお嬢さんだ。して、名前は何といウ?」

瀬川「瀬川千早希よ。コスプレイヤーをやっているわ」

「ほう。cosplayer……君は知っていたかね? cosplayは世界共通言語なのダ」

瀬川「そうそう! やっぱり、コスプレは世界を繋ぐんだよ! クールジャ……」

スグル「あの! 瀬川さんへの自己紹介をお願いします!」

「失礼、失礼。では名乗ろうカ」

デイビット「私の名はDavid Kuregerと言う。profilerが生業ダ」



【超高校級のプロファイラー】
  デイビット・クルーガー



瀬川「プロファイラー……って、アレだよね。出てきたら警察が要らない子になるあの!」

デイビット「流石に、そこまででは無いサ。まあ有能なのは認めるがネ」

スグル「認めるんですね……」

デイビット「時に……瀬川女史には、嘘をつくと髪を触れる癖が無いかネ?」

デイビット「今、微かに指を動かした様だガ……何か隠し事があるのでハ?」

瀬川「……それが嘘でしょ? 簡単には騙されないわよ」

デイビット「ハ、ハ! これは失敬。そう、プロファイラージョークだとモ!」

……冗談じゃない。一瞬背筋が凍ったわよ

29 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:06:56.92 ID:MUdXCtmHO

2:活発そうな女子生徒



「ちっす! スグルんありがとっす!」

スグル「す、スグルん……ですか……」

「んー? 何か不味い事でもあったっすか? いひひっ!」

舐められてるわね、完全に……まあ、私もスグル君を下に見てる所はあるけど

「えっと、そっちの先輩の名前は、何て言うんすか?」

瀬川「せ、先輩? 瀬川千早希よ」

「なら瀬川先輩っすね! よろしくお願いいたしますっす!」

瀬川「あ、うん。よろしく……」

何という体育会系……これは私との相性は微妙な所ね

「あ! 自己紹介忘れてたっすね。さーせん先輩!」

照星「押忍! 自分は、照星 夕(テルホシ ユウ)っす! 柔道家っす!」

照星「好きな言葉は情熱。嫌いな言葉は無抵抗っす!」

照星「特技は寝技と極め技っす! 夜の寝技も得意っすよ。にひひっ!」



【超高校級の柔道家】
  照星 夕(テルホシ ユウ)



瀬川「へー柔道家ね……」

その割には随分露出してるわね。生足にヘソ出しに肩出しに……

照星「オシャレっすよね! 柔道家でも可愛くしたいっすから」

照星「ま、スグルんには刺激的だったっすかね?」

照星「チラチラ自分の胸元や脚を見てるの、丸わかりっすよ!」

スグル「あ、あはは……」

スグル君は反応に困る時には愛想笑いをするのね。ちい覚えたわ……


30 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:07:45.82 ID:MUdXCtmHO

瀬川「……そう言えば、さっきこそこそと何を話していたの?」

スグル「ああ、どうやら先程見回りの人が来ていたみたいなんです」

デイビット「まア、その内何処かで出会うだろウ。今早急という訳では無イ」

照星「にひひー先輩気になっちゃうっすか? あんま大した人じゃ無いっすよ」

瀬川「言っちゃうんだ……」

照星「あー気になったっすね? ここら辺徘徊してるみたいっす!」

デイビット「まあ気になるなら別の所へ移動する事をお勧めしよウ」

スグル「そうですね……行きましょう」

瀬川「はーい……」

次は体育館だっけ? また後ろから出てきたらどうしよっかな……

31 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:08:55.48 ID:MUdXCtmHO

――『体育館』――



スグル「……ここが体育館です」

瀬川「……そう」

そこは、何の変哲も無い体育館だった

バスケのコートやステージ。どれも学校で見たことのあるものばかり

だけど、そこには明らかな異物があった

「ホップ! ステップ!! グロォゥリアァァァス!!!」

「…………! ……………………っ!」

ステージの上でポーズを決め続けるのと端の方で素振り? をしている女の子

ぶっちゃけ、さっきの四人の方がまだ話が通じるんじゃないかと思うんだ

瀬川「……もう帰っていい?」

スグル「ダメですよ! ちゃんとお二人とも話さないと!」

嫌だなぁ……あんなのと話すの……?

仕方ない……覚悟を決めていきますか……


【どちらに話しかけますか?】
 1:ポーズを決め続けている生徒
 2:無言で素振りをしている生徒
 ↓2

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:10:33.34 ID:6zJqCO/Lo
1
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:10:57.47 ID:rcT9gOyr0
1
34 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:12:38.14 ID:MUdXCtmHO

1:ポーズを決め続けている生徒



スグル「すみませーん!」

「神よ! 何故オレにこの様な美しさを与えてしまったのだ!」

スグル「すーみーまーせーんー!」

「嗚呼! オレは鏡が憎い! 鏡よ鏡、どうかオレ以外の美しいものを教えてはくれないか!」

スグル「……ダメだ。聞いてくれないや」

瀬川「もういいじゃん。次に行こうよ」

私としても話さなくていいならそっちの方が何倍もいい

瀬川「それじゃ、私達は別の場所に行くからまた……」

「……待ちたまえ。美しいレディ」

瀬川「は?」

突然ポーズを止めて、私の近くに近づいてくる何者か

正直、見知らぬ男性に言い寄られるのは恐怖しか感じない

「美しい姿だ……名前は?」

瀬川「せ……瀬川……千早希……」

「エクセレンツ! 美しいお嬢さんには美しい名がよく似合う!」

飛田「そして、美しいお嬢さんの隣には最も美しい存在……飛田 弾(トビタ ハズム)が相応しいだろう!」



【超高校級のダンサー】
  飛田 弾(トビタ ハズム)



飛田「さあ、お嬢さん。オレの手を取りたまえ。そして二人でワルツを……」

瀬川「い……嫌っ!」

スグル「飛田さん! 今は忙しいので、お話は後でお願いします!」

飛田「そうか……仕方あるまい。オレはここで美しく舞っているとしよう」

そう言うと、再びステージに昇ってポーズを決め始める飛田君

絶対に一人で飛田君の所にはいかない。私はそう強く心に誓った

35 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:13:26.05 ID:MUdXCtmHO

2:無言で素振りをしている生徒



「…………! …………っ!!」

瀬川「あのー……少しいいかな?」

「…………っ! ……はぁ、はぁ」

瀬川「えっと、私は瀬川……」

「……ろ」

瀬川「…………は?」

何? 今、何て言ったのこの子?

「消えろ、と言ったんだ。売女風情が。僕の邪魔をするな」

瀬川「はぁ!?」

ば、ばい……!? って、初対面の相手に言う言葉じゃないよね!?

瀬川「ちょっと貴女……!」

「邪魔なんだよ。僕はお前と違う。暇な時間なんて無いんだよ」

それだけ吐き捨てると、また竹刀を振る作業に戻る

……正直、二度とこの子とは話したく無いからいいけどね

瀬川「……そう。それじゃ」

スグル「ま、待ってください! せめて名前だけでも……!」

「………………………………」

陰陽寺「……陰陽寺 魔矢(オンミョウジ マヤ)。超高校級のヒーロー」



【超高校級のヒーロー】
  陰陽寺 魔矢(オンミョウジ マヤ)



瀬川「ヒーロー……? この子が?」

どっちかと言うと、赤い方より黒い方のヒーローね

でも意外ね……てっきり剣道家とかかな。と思っていたのに

瀬川「……あれ? 女の子はヒロインじゃなかったっけ?」

聞こうと思ったけど、陰陽寺さんはもう素振りに戻っている

……また今度でいっか


36 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:14:12.21 ID:MUdXCtmHO

瀬川「……疲れた…………」

あの二人との会話は疲れる。いや、一人は話すらしてくれなかったけど

瀬川「スグル君、……スグル君?」

さっさと別の場所に行こうとして、気づいた。スグル君が何かを探している事に

スグル「えーっと……あれ?」

瀬川「スグル君、どうかしたの?」

スグル「いや……実は、この体育館は広いので、二人じゃ足りないから……」

スグル「もう一人、追加で探索している人がいるはずなんです」

瀬川「もう一人……?」

でも、後ろを振り返ってみても、周りを見渡してみても誰もいない

正確には、見たくない人が二人いるけど

瀬川「入れ違ったんじゃないかな? 私達も早く出ようよ」

スグル「そうなの……かな?」



「……待たれよ。スグル殿、瀬川殿」




37 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:14:48.64 ID:MUdXCtmHO

瀬川「……え? きゃあっ!?」

体育館から背を向けた途端、誰かが私の事を呼ぶ声がした

振り返ってみると、そこには全く見た事の無い女の子が立っていた

いや、格好だけは見た事がある……

瀬川「……ニンジャ? 何でニンジャ?」

口元を覆うスカーフに忍装束、どっからどう見たってくの一だ

「にゃあ!? 違うでござる! 拙者は忍者では無いのでござる!」

瀬川「嘘だっ!?」

その格好でその口調って、どう考えても狙ってやってるよね!?

スグル「あはは……自己紹介をお願いしていいですか?」

「む、かたじけないスグル殿……拙者とした事が、ついつい熱くなってしまったでござるな」

臓腑屋「拙者、臓腑屋 凛々(ゾウフヤ リリ)と申す……家事代行を承っているのでござるよ」



【超高校級の家事代行】
  臓腑屋 凛々(ゾウフヤ リリ)



瀬川「家事代行……?」

臓腑屋「呼んで字の如く、拙者は様々な家庭に雇われ、その家の家事を代行するのでござるよ」

スグル「臓腑屋さんは、ホワイトハウスや皇居の家事全般を行った事があるんですよね」

臓腑屋「そうでござる。改めて言われると照れるでござるな……」

顔を赤らめ、スカーフで顔を覆い隠す臓腑屋さん。その姿はまるで……

瀬川「……ニンジャだ」

臓腑屋「だから! 拙者は忍者では無いのでござる!」

38 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:15:35.01 ID:MUdXCtmHO

瀬川「ところで……臓腑屋さんは何処から来たの?」

瀬川「体育館は一通りみたけど、貴女の姿は見当たらなかったよ?」

こんな目立つニンジャ、ちらっと見ただけでも判ると思うんだけど……

臓腑屋「ふむ、スグル殿は兎も角瀬川殿は先程お二方と会話をしていたが故……」

臓腑屋「拙者の動向には気づかなかったのでござろうな」

……もうそのござる口調には突っ込まない

臓腑屋「本来は飛田殿、陰陽寺殿と体育館の探索をするのでござるが……」

臓腑屋「お二方が体育館に来た途端、勝手にサボり始めたのでござるよ」

確かに、あの二人の辞書からは協調性の単語が抜けている気がする

臓腑屋「故に、拙者はまず体育館の屋根へと登り周囲の確認をしたのでござる」

瀬川「は?」

今、さらっと屋根へ登ったって言った?

臓腑屋「しかし、屋根からは外の様子がわからず仕舞。そこでスグル殿と瀬川殿が来てくれたのでござる」

スグル「そうだったんですか……」

あ、スグル君はもう流す方向なのね。それが当たり前って認識なのね

臓腑屋「……瀬川殿は、まだ一階のエリアしか探索していないのでござろう?」

臓腑屋「であれば……地下施設へと向かうといいでござる」

瀬川「地下施設……わかった。スグル君、案内してよ」

スグル「わかりました!」

臓腑屋「瀬川殿、達者で。拙者はまだ体育館を調べておくのでござる」

瀬川「ありがと! 臓腑屋さん!」

臓腑屋さん……変な口調と格好だけど、間違いなくこの中では常識人だよ……!


39 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:16:16.37 ID:MUdXCtmHO

瀬川「……この学園って、地下にも施設があるんだね」

学園を歩きながら、スグル君とお話する

スグル君はニコニコ笑いながら、少しだけ施設の事を教えてくれた

スグル「はい……地下には図書室、ゲームセンター、AVルームがありましたよ」

瀬川「図書室はまあいいとして……ゲーセンやAVルームって……」

明らかに学校にあっていい施設じゃないよね……

でもAVルームはいいかな。大きな画面でアニメ見るのも迫力あっていいかも

瀬川「……って、これって扉?」

そんな事をぽやぽや考えていたら、偶然にも扉を発見した

……もしかして、ここから出られる?

スグル「……あっ、瀬川さん!」

予想通り、扉は全く開かない、けど……!

瀬川「スグル君も手伝って! もしかしたらここから……!」

40 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:17:03.14 ID:MUdXCtmHO

「ダメダメ! そっちは開かないよー」

「照星の嬢ちゃんや陰陽寺の嬢ちゃんも開けられなかったんだ。止めときな」

瀬川「……貴方達は?」

とたとたと廊下を走る音。それは、新しい超高校級の人との出会いを告げていた

「見回りをしているのだ! えへん!」

偉そうに胸を張る女の子。見回りってサボり扱いされている事を知ってるのかな

「まあそいつは建前で……単に若い連中に任せて休んでるだけだけどな」

あ、サボりなのは認めるんだ。この男の人……煙管持ってるけど、もしかして大人の人なの?

スグル「休憩もいいですけど……二人も、真面目にやってくださいね?」

「てへぺろ! ごめんなさーい!」

「はっはっは! 若ぇのにしっかりした坊主じゃねえか!」

若い飛ばして誤魔化す二人。とりあえず自己紹介でもしておこうかな



【どちらに話しかけますか?】
 1:どことなく幼い雰囲気の生徒
 2:煙管を持った和服の男性
 ↓2

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:17:33.89 ID:zRPa5PnW0
またパクリか
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:18:35.53 ID:mG9JOv8q0
43 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:20:29.62 ID:MUdXCtmHO

2:煙管を持った和服の男性



「ま、ぼちぼちやってこうや。俺は……」

スグル「ちょ、ちょっと! 何しているんですか!?」

「あ? 何って煙草だよ。吸っちゃ悪い事でもあんのか?」

瀬川「悪い事って……貴方何歳?」

「ざっとこんなもんだな」

三本の指を伸ばして揺らす。えっと、それってつまり……

瀬川「……アラサー?」

「そういうこったな。んじゃ、さくっとやらせてもらおうかね」

竹田「俺は竹田 紅重(タケダ ベニシゲ)だ。株式会社竹田屋の代表取締役をやっている」



【超高校級の玩具屋】
  竹田 紅重(タケダ ベニシゲ)



瀬川「代表取締役って……社長!?」

スグル「竹田さんは、老舗玩具店の跡取りなんだそうです」

瀬川「三十代で取締役だなんて、凄いです! お若いのに素晴らしい手腕なんですね!」

スグル「せ、瀬川さん?」

今の内に媚びを売っておけば、後の活動に有利になるわね!

竹田「おいおい、オッサン相手にすり寄るのは止めとけよ? 俺はそういうのは好きじゃねえ」

竹田「ま、若いってのはいいこった。オジサンとも仲良くしてくれよ。はっはっは!」

そう言ってべしべしと私とスグル君の肩を叩く。煙草の匂いがキツイ……!


44 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:21:27.30 ID:MUdXCtmHO

1:どことなく幼い雰囲気の生徒



「そこのキミ! お名前は?」

ぴしっ。と女の子に指を差された

瀬川「瀬川千早希よ。コスプレイヤーをやっているわ」

「そっか! コスプレイヤーって楽しそうだね!」

「こう……アニメのキャラをキラキラってやるの!」

瀬川「わかるの? やっぱりコスプレの醍醐味はね……」

スグル「あの、自己紹介をお願いしてもいいですか?」

「はーい! わかり前田のクラッカーだよー!」

天地「りぼんちゃんはね、天地 りぼんちゃん! なんと! 先生なのだ!」



【超高校級の家庭教師】
  天地 りぼん(アマチ −−)



瀬川「……え、天地さんって先生なの?」

先生って言うより、どちらかと言えば問題児っぽいんだけど?

スグル「何でも、天地さんに教わった子は絶対に夢が叶うとかなんとか……」

瀬川「…………マジで?」

天地「お代は要らないよ、何故なら教え子の笑顔が報酬だから!」

天地「さあ行こう! ビッグニュースを作っていこう!」

…………人は見かけによらないわね、ホント

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:21:46.60 ID:zRPa5PnW0



……突然だけど、私は、『夢』って都合のいい嘘だと思う



現実ではあり得ない事も、夢の中でなら簡単に夢を作り出せるんだ



世界は嘘で溢れている/世界は夢を求めている



嘘は真実よりも素晴らしい/夢は現実よりも素晴らしい



嘘で世界は変わっていく/夢で視界は歪んでいく



そして、私は……/そして、私は……


46 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:22:17.37 ID:MUdXCtmHO

瀬川「つ、疲れた……」

天地さんも竹田さんも、悪い人じゃないみたいだけど……

何て言うか……体が、相手のテンションについていけない……

天地「情けないぞーちさっち! 青春はまだまだこれからなのだ!」

竹田「それは俺には辛い一言だなぁ……」

スグル「あの、お二人は地下施設に居たんじゃなかったんですか?」

天地「面白くなさそうだからサボっちゃいました! ごめーんねっ!」

竹田「俺は煙草が吸いたくなってな、ついでに逃げてきたってワケよ」

スグル「あははは……」

瀬川「因みに、地下施設にいる人達ってどんな人なの?」

竹田「ああ、確か出るときにちらっと見たら喧嘩してたな」

スグル「大変じゃないですか!?」

天地「と、言うわけで走るのだ! 太陽は待ってくれないぞ!」

瀬川「なんか……都合よく追い出されてない? 私達……」

スグル「そんな事より……急ぎましょう。多分図書室の方だと思います!」

慌ただしく廊下を走る。急がないと……!

って、もう喧嘩になっているなら私達が急ぐ理由ってないよね?


47 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:23:06.79 ID:MUdXCtmHO

――『図書室』――



スグル「……あれ?」

瀬川「二人いるけど……喧嘩なんてしてないじゃない」

図書室では静かにしましょう。そんなの常識だもんね

本を読んでいる二人は、自分の世界に没入しているみたいで私達の事に気づいていない

瀬川「……どうする? 邪魔しちゃ悪いし違う所にいく?」

スグル「そう、ですね……お二人には悪いですが、今は喧嘩している人を……」

「…………その必要は無い」

瀬川「え?」

「……さっき、一人仲裁に向かった。今頃は頭も冷えているはず」

スグル「そうなんですか……焦って混乱させてしまいました……」

「……それよりも、自己紹介をするべき。私は貴女の事を知らない」

瀬川「そうね……私は……」

……あれ、この娘さっき見たような?

瀬川「…………瀬川千早希よ」

「……そう。いい名前、気に入った」

まあ、後で聞けばいいかな……それよりももう一人はずっと本を読んでるわね

自己紹介がてら、話してもいいけど……?



【どちらに話しかけますか?】
 1:先程会った様な気がする女子生徒
 2:ずっと本を読み続けている生徒
 ↓2

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:24:22.32 ID:6zJqCO/Lo
2
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:24:25.50 ID:rcT9gOyr0
2
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:24:31.10 ID:zRPa5PnW0
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:24:41.10 ID:ZrihMxLlo
1
52 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:25:36.26 ID:MUdXCtmHO

2:ずっと本を読み続けている生徒



スグル「すみません、自己紹介を……」

「……………………」

スグル「あの、少しお話を……」

「……………………」

スグル「……どうしましょう。全く聞いてくれません」

陰陽寺さんと似たタイプね……でも、相手は男の子。なら……

瀬川「まぁまぁ、ここは私に任せて」

スグル「……どうするんですか?」

瀬川「こうするの……よっ!」

背中に回って……こう、むにっと!

「……!? うわぁあああっ!?!?」

スグル「うわっ! 大丈夫ですか!?」

瀬川「少し刺激が強すぎたかな……?」

椅子から転げ落ちた男の子は、ビクビクしながらこっちを睨む

「な、な、何すんだよ……!」

瀬川「いやー自己紹介してくれなかったからさ」

瀬川「私は瀬川。君の名前は?」

「そ、そうかよ。お、俺の、俺は……」

吊井座「つ、つ、吊井座 小牧(ツルイザ コマキ)だよ……」



【超高校級のイラストレーター】
  吊井座 小牧(ツルイザ コマキ)



瀬川「イラストレーター……?」

吊井座「う、嘘じゃねえよ! こ、この本の挿絵だってお、俺がやったんだ!」

見せてきたイラストは凄く可愛くて上手い絵だった。ペンネームはコマ……

吊井座「も、もういいだろ。早く向こうへいけよ」

瀬川「……もう一回してあげよっか?」

吊井座「いっ……!? いいっての!?」

53 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:26:34.11 ID:MUdXCtmHO

1:先程会った様な気のする女子生徒



瀬川「ねえ、貴女もしかして……」

「……? 気になる事でもあった?」

距離があったから自信が無かったけど、間違いない。もしかして彼女は……

瀬川「貴女……朝日君のお姉さん?」

とろんとした朝日君と比べると、キッとした雰囲気だけどこの人は……

「…………違う」

瀬川「えっ!?」

違うの!? 結構自信あったのに!?

「……私は、妹。尤も、私はあんなのを兄とは認めていない」

瀬川「あ、妹だったの……」

月乃「御伽 月乃(オトギ ツキノ)。朝日とは双子の兄妹」



【超高校級の童話作家】
  御伽 月乃(オトギ ツキノ)



瀬川「へぇー双子なの……通りでそっくりな訳だわ」

瀬川「……って、朝日君は貴女の事を一言も話してなかったわよ?」

月乃「……アレは私の事なんてどうでもいいみたい」

……複雑な関係みたいね。あんまり踏み込むのは止めましょう

月乃「……兄の事なんかいい。瀬川の事を知りたい。色々と」

……訂正。やっぱりこの娘朝日君の妹だわ


54 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:27:25.63 ID:MUdXCtmHO

月乃「……そう。天地と竹田が」

吊井座「くそっ! アイツら、やっぱりサボってんじゃねーか……!」

月乃さんは呆れ、吊井座君は怒っている

まあ、先生と大人がサボっていたら文句の一つも言いたくなるよね

スグル「あはは。お二人ともそんなに怒らず落ち着いて……」

吊井座「な、舐めやがって……! どいつもこいつも俺を……!」

月乃「……ここはもういい。他はAVルームに揃っているはず」

月乃「……二人は早く行くといい。ここは私に任せて、さあ」

瀬川「わ、わかったわ……」

兄と比べると淡白な感じだけど、頼りになるわね

それじゃ、最後? の人達に会いに行くとしますか!

55 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:28:11.75 ID:MUdXCtmHO

――『AVルーム』――



「馬鹿にしたね!? 今、ボクの事を馬鹿にしたよね!?」

「うっさいなー! ウチは馬鹿にしたんやなくて、事実を言うたの!」

「ボクをダサいって! ボクをセンスの無い奴って言ったじゃないか!」

「だーかーら! それは事実や言うとるやろ、このアホナスビ!」

「アホナスビ!?」

スグル「……あれ?」

瀬川「……喧嘩、収まってないわね」

「……んー? スグル、その人が新しい人なん?」

スグル「はい! 彼女は瀬川 千早希さんです。コスプレイヤーなんですって」

瀬川「よろしくね。二人とも」

「よろしく! ボクは超高校級の中でも選ばれた人間なんだ!」

「なーにが選ばれた人間や……単にくじ引きで一等当てただけやろー?」

「う、うるさいな! 選ばれたのには間違いないだろ!?」

……見てわかる位相性が悪いわねこの二人

さっさと自己紹介を終わらせて、会話を打ち切らせた方が良さそうね



【どちらに話しかけますか?】
 1:派手な外見の女子生徒
 2:やたら自信に満ちた生徒
 ↓2


56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:29:16.59 ID:rcT9gOyr0
1
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:29:21.48 ID:pd2gEoqDO
1
58 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:30:53.39 ID:MUdXCtmHO

1:派手な外見の女子生徒



「おー、アンタ瀬川って言うんか。よろしゅうな!」

瀬川「よ、よろしくね……」

「あーウチの口調が気になるんか? あんまし気にせんといてーや」

方言……の、割りには、服装がギャル寄りなのよね

照星さんがスポーティな軽さだとしたらこの娘はハラジュクにいそうな……

「にしても、コスプレイヤーってアニメのキャラの物真似やろ? にしてはセンスええなー!」

瀬川「ホント!? キャラの物真似って訳じゃないけど、素直に嬉しい!」

「いやー最近のアニメも侮れんなー。ウチももっと精進せなアカンな」

古河「ウチは古河 ゆめみ(コガ −−)言うんや。スタイリストやっとるんやでー」



【超高校級のスタイリスト】
  古河 ゆめみ(コガ −−)



古河「服の取り合わせに悩んどるならウチの所に来るとええでー!」

スグル「あ、ありがとうございます……」

瀬川「私もお願いしてみようかな……」

古河「ええでええで! ウチは去るモン追わんし、来るモンは拒まんわ!」

スタイリストね……いつか、私もコスプレじゃない私服を見てもらおうかな

59 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:32:13.82 ID:MUdXCtmHO

2:やたら自信に満ちた生徒



「遅いじゃないか! もっとテキパキと行動しなきゃ!」

スグル「ご、ごめんなさい!」

「全く、キミがちゃんとしないと皆に迷惑がかかるんだぞ!」

瀬川「ねえ、自己紹介を……」

「ああゴメンゴメン! スグルクンが遅いから注意してたんだよ、注意!」

ウザいわね……こういう先輩風吹かせまくる人って大概ロクでもないのよね

「それで、自己紹介だよね? なら速く終わらせようか」

御影「ボクの名前は……御影 直斗(ミカゲ ナオト)だよ」



【超高校級の幸運】
  御影 直斗(ミカゲ ナオト)



瀬川「御影君は何の才能なの?」

御影「ふっふっふ……ボクの才能は、超高校級の幸運なんだ!」

超高校級の幸運……? 確かになんか凄そうな才能ね……

スグル「超高校級の幸運は、全国の平均的な高校生から抽選で選ばれるんです」

瀬川「……え? じゃあ、本人はそんなに凄くないの?」

しかも、全国の平均的って……

御影「そ、そんな事無いって! ちゃんと実力だってあるんだ!」

御影「無くしていた消しゴムがタンスの奥から出てきたりとか…………」

……ショボい。どうやら本当に普通の人みたいね

60 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:32:54.63 ID:MUdXCtmHO

「……あら? スグル君、その人は………」

スグル「あっ……!」

古河「おーどこ行ってたん? 御影が急に騒いどって苦労したわー」

御影「さ、騒いでないだろ!?」

二人を宥めていると、誰かが新しく部屋に入ってきた

見た目だけだと才能がわからないけど……

なんとなく、こう、オーラみたいなものが感じられる

瀬川「貴女も超高校級の生徒?」

「ええ。宜しくね。瀬川さん」

瀬川「……あれ? 名乗ってないよね?」

「職業柄耳はいいの。古河さんと御影くんと話していたのが聞こえたのよ」

瀬川「へぇ……」

手を口許に当ててくすくすと笑う。仕草の一々があざといわね

月神「私の名前は月神 梓(ツキガミ アズサ)。超高校級のアイドルよ」



【超高校級のアイドル】
  月神 梓(ツキガミ アズサ)


61 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:33:46.54 ID:MUdXCtmHO

瀬川「アイ、ドル……?」

月神「そうよ? 私はアイドルとして、超高校級に認定されたの」

瀬川「……そう、なんだ」

月神「……どうかしたの? 具合でも悪いのかしら?」

瀬川「だ、大丈夫だよ……」

……私だってアイドルなのに、私は超高校級に選ばれなかった

月神さんは私よりもずっと努力して……だから、超高校級になれて……

なら、私は……?

スグル「……? 瀬川さん?」

瀬川「あはは、何でもないってー!」

瀬川「それで……これからどうしよっか。そもそも、ここってどこ?」

さっきからずっと気になっていた疑問。

それを口にした途端、まるで見計らっていた様なタイミングでソレは流れた



『えー、そろそろ全員のチュートリアルが終わったかな?』

『オマエラに告ぐ! 至急、学園の正門まで集合してくださーい!』


62 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:34:45.92 ID:MUdXCtmHO

瀬川「え…………?」

今のアナウンス、何……?

月神「今の……機械音声みたいだけど……」

吊井座「お、お、おい! いいい、今の放送は何なんだよ……!?」

月乃「…………私は、私達を浚った、犯人のものだと思っている」

古河「おー月乃に吊井座も来たんか」

御影「学園の正門って……あの開かなかった扉の事だよね?」

月神「きっと、皆も今の放送を聴いているはず……急ぎましょう!」

月神さんの号令と共に、集まっていた皆は足早に外に出ていく

私は……なんとなく、彼女の指示には従いたくなかった

スグル「……行きましょう、瀬川さん」

瀬川「……そうだね、行こう!」

待ってくれていたのか、スグル君が声をかけてくれた

……グズグズしていたら皆に何か言われるかもしれない。私は正門へと走っていた

63 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:35:43.82 ID:MUdXCtmHO

――『正門前』――



スグル「……あっ! 皆さん!」

竹田「よう。坊主共で最後みてえだぜ」

照星「にっひひ! スグルんは遅れたから罰ゲームっすよ!」

臓腑屋「そんな事をしている場合ではないでござろう……」

朝日「あは。月乃ちゃん、そっちはどうだったぁ?」

月乃「…………黙って、変質者」

飛田「その冷たい眼差し……美しい!」

駆村「正気か? お前は……?」

デイビッド「これで16名……当初にいた数が揃ったナ」

陰陽寺「もういいだろう。僕はもう戻らせてもらうからな」

御影「それフラグ! フラグだから!」

予想通り、正門前には今まで出会った人達が揃っていた

だけど……正門が開く気配は欠片も無い。いったいなんでここに呼んだの……?

64 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:36:30.83 ID:MUdXCtmHO

古河「なーなー皆ー、この扉って、まだ開かんの?」

吊井座「そ、そんなの試してみればいいだろ。確かめてみろよ」

天地「よーし! りぼんちゃんキックでブチ破ってみよー!」

月神「止めた方がいいわ……何があるかも判らないもの」

スグル「そうですね……何か危険があるかもしれませんし……」

正門の前は大騒ぎ。不安になる人、冷静に分析する人、我関せずな人……

私はどこの輪にも入れ……入らず、ぽつんと隅に立っていた

速く開いてくれないかな。なんて思った瞬間、がちゃりと大きな音がした

御影「……んっ? 今、音がしたよね?」

駆村「よし……皆は離れていろ。まず俺が確めてみようか」

駆村君が扉を少し開く。すると……

月神「……きゃっ! 眩しい……!」

瀬川「目……目がぁ……!」

スグル「…………くっ!」

外の世界から漏れ出た光が私達を包む。そのまま、私達は……

65 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:37:10.40 ID:MUdXCtmHO

月神「……皆! 大丈、夫……!?」

臓腑屋「む……な、なんと……にゃあ!?」

竹田「……おい、これは俺がボケ始めている訳じゃねえよな?」

古河「な、なんで……ウチらはいつの間に外に出とったんや?」

目を開けた時、そこは学園の中じゃなくて……外だった

でも、私には外に出た覚えが無いのに……

御影「……うっ!? うわあぁぁ!?」

駆村「大丈夫か、御影……なぁ!?」

瀬川「な……何アレ!?」

御影「なんだよ……なんだよ、アレの中にボク達はいたの!?」

吊井座「あ、あ、あんなの……ただの廃墟じゃねーか……っ!」

後ろを振り向くと……なるほど。皆が驚いた理由がわかった

そこは一階部分以外は鉄骨が生え、鉄筋が剥き出しになった……廃墟と呼ぶに相応しい場所だった

66 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:38:05.25 ID:MUdXCtmHO

「廃墟? いやいや、そんな事を言ったらダメだよ」

「何故なら……これからオマエラが住む所なんだからね!」

月乃「…………誰?」

飛田「何だ? 今のブサイクな声は」

陰陽寺「お出ましか、姿を現せ」

唐突に響く可愛らしい声。皆は声の聴こえた方へと向き直った

「うぷぷ……いいでしょう! なんだかんだと聞かれたら!」

答えてあげるが世の情け! って、いけないいけない。ここは自重して……

「答えてあげるが世の情け! ボクはモノクマ!」

ぴょいーん

モノクマ「この学園……NEO才囚学園の学園長なのだーっ!!」



【(NEO)才囚学園学園長】
  モノクマ



67 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:38:58.29 ID:MUdXCtmHO

天地「モノクマ……? 何それ?」

古河「ダサいデザインやなぁ……」

竹田「なんつうか、子供向けアニメに出てくるキャラみてえだな」

駆村「いや、デザインはどうでもいい。今あの熊は何て言った……?」

吊井座「ネ、ネオ才囚学園って何なんだよ、それ……」

照星「如何わしいホテルみたいな名前っすね。ネオ才囚学園!」

モノクマ「ネオじゃなくてNEO! アルファベットのN、E、O!」

モノクマ「これはテストに出るからね、しっかり覚えておいてね」

天地「はいはーい! りぼんちゃんは覚えましたー!」

臓腑屋「いやいやいや! ここの場所なぞどうでもよかろう!?」

デイビッド「肝心要は最後の部分ダ。ワタシの聞き間違いでなけれバ……」

朝日「私達が住む所って……これってどういう事なのぉ?」


68 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:39:38.69 ID:MUdXCtmHO

モノクマ「言葉通りの意味だよ?」

モノクマ「オマエラには、これからこの学園で過ごして貰います!」

御影「過ごすって……どのくらい?」

モノクマ「期限? 期限はね……なんと、一生涯! 寿命でお亡くなりになるまでです!」

瀬川「えぇ!?」

スグル「なっ……! 一生……!?」

一生をここで過ごせ……? いきなり何を言っているの、モノクマは……!

竹田「ほーぅ、一生ねぇ」

照星「赤ちゃん何人出来るっすかね? いひひっ!」

月乃「…………そう」

瀬川「……アレ?」

焦る私とは対照的に、皆の反応は冷たいものだった

まるで、私だけが別の世界に来たみたいな……そんな違和感が私を支配していた


69 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:40:24.78 ID:MUdXCtmHO

モノクマ「……あれ? あれあれあれあれあれあれ?」

モノクマ「ちょっと……何でオマエラそんなに落ち着いてるの?」

モノクマ「もっとさぁ……な、なんだってー! とか……嘘だドンドコドーン! とかさぁ……」

モノクマ「そんな冷静になられるとか、ぶっちゃけありえなーい!」

デイビッド「御託はいイ、それで、この共同生活はどうすれば終わル?」

吊井座「そ、そうだ。ずっとここに居るとかふざけんなよ……」

モノクマ「ふざけているのはそこの忍者かぶれでしょ?」

臓腑屋「だから! 拙者は!」

モノクマ「ま、そう言うだろうと思っていたんで……特別措置を用意しました!」

瀬川「特別措置……? それってどうすればいいの?」



モノクマ「……人が人を殺すことだよ」



70 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:41:16.79 ID:MUdXCtmHO

瀬川「………………………………」

瀬川「………………え?」

人が、人を殺す? この中から出るには誰かを殺さないといけない……?

モノクマ「才能溢れるオマエラは、ここで保護しないといけないのです」

モノクマ「ですが、この中で最も優れた才能には、特別措置としてこの学園から卒業出来るのです!」

モノクマ「殺るなら今の内だ! 先手必勝、見敵必殺、サーチ・アンド・デストロイ!」

モノクマ「ぶひゃひゃひゃひゃ! ここは殺しのコロッセオなのだー!」

スグル「そんな……絶対に認めない……!」

モノクマ「なら、諦めてここで永住するんだね! やれるものならね!」

瀬川「そんな……そんなの……っ!」



ここで永遠に過ごすか……誰かを殺すか

そんな選択を、モノクマは私に突きつけてきたんだ

…………絶望。そんな単語が頭をよぎる

皆も、私と同じ様に絶望に震えて……


71 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:42:07.62 ID:MUdXCtmHO







月神「―――ね? 皆、私の言った通りでしょう?」


72 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:42:48.55 ID:MUdXCtmHO

瀬川「……え?」

モノクマ「……は?」

月神「でも……幾らなんでもやり過ぎだと思うわよ?」

吊井座「お、驚かせやがって……」

駆村「それにしても、随分と悪趣味な番組を考えたな……」

デイビッド「ハ、ハ、ハ! ニホンのバラエティーはクレイジーだナ!」

瀬川「ば、番組? バラエティー?」

月神「ああ……瀬川さんには、まだ言っていなかったわね」

月神「これはきっと……テレビのバラエティー番組の一つなのよ」

朝日「常識的に考えて、私達全員が気づかれずに運ぶなんて無理だしねぇ」

月乃「……きっと、大掛かりなドッキリ番組の一つだと思っている」

御影「まあ? ボクは殺れるけどね? 本当だからね!」

瀬川「そ、それもそうだよね……」

な、なんだ……番組の演出だったんだ……

馬鹿だな、私……本気にして慌てるなんて恥ずかしいよ……

73 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:43:42.16 ID:MUdXCtmHO

モノクマ「ちょ……ちょっと待ってよ! 何勝手に決めつけてるの!?」

モノクマ「マジなんですけど! ガチのマジでモノホンなんですけど!」

モノクマ「テレビ番組なんて嘘まみれのものなんかと一緒にしないで欲しいんですけど!」

陰陽寺「うるさいぞ。貴様のその気色悪い面を叩き割ってやろうか」

飛田「全く、オレの出る番組ならば……」

飛田「マスコットも美しいものを用意するのが筋というものだろう!」

古河「こんな怪しいモンが出てきた時点で興醒めやけどなー」

照星「でも、自分は遠目で見たら可愛いと思うっすよ!」

竹田「最初はそれなりに雰囲気があったけどよお、殺せだのなんだので一気に察したな」

天地「りぼんちゃんの目は誤魔化せないのだ! ふふん!」

モノクマ「……悲しいなぁ。これが現代の闇というヤツなのかなぁ」

モノクマ「やっぱりネット社会は悪なのです。実物を見ずに、情報だけで決めつける欠陥品なのです」

臓腑屋「む……何やらぶつぶつと言っておるでござるが?」

御影「あのーさっきから何を言って……」

74 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:44:35.56 ID:MUdXCtmHO









モノクマ「と、言うわけでボクの本気度を見せる為に見せしめをしまーす!」

モノクマ「おいでませ! 極大雷撃召喚魔法、『ゼウスの雷霆』!!!」








75 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:45:03.15 ID:MUdXCtmHO

……ドスッ!





瀬川「……え?」

モノクマがそう叫ぶと、空から一筋の光が降り注いだ

落ちてきた光は、熱と轟音を引き連れて私の、目の前……






スグル「………………………………え?」

スグル君の胸を、貫いていた


76 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:45:46.14 ID:MUdXCtmHO

御影「………………は?」

月神「い……いやぁあああっ!!」

照星「だ、大丈夫っすか!? これも番組の演出なんっすか!?」

臓腑屋「そんな訳ないでござろう!? 早く手当てを施さねば……!」

駆村「……! まだ息があるぞ!」

陰陽寺「……どけっ!」

モノクマ「はいそこまでー! 全く、どうしてくれるんだよ!」

モノクマ「オマエラが疑うせいで、無駄に死にかけにしちゃったじゃないか!」

スグル「………………ぅ、あ」

モノクマ「ま、スグルクンはボクが助かるので持っていきまーす!」

モノクマ「それじゃあオマエラ、良いコロシアイ学園生活を〜!」

瀬川「………………嘘、だよね?」

ぽつり、ぽつりと呟く。そうであって欲しいという願いを

目の前の出来事が現実のものだって、手に付いた血の暖かさで分かっているのに

77 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:46:21.93 ID:MUdXCtmHO










私は世界を俯瞰する

混乱する人、冷静であろうとする人、未だに状況を飲み込めていない人……

これが、私達の始まり。嘘と本当が入り交じる世界の原点

私は、そんな世界で……ただ、立ち尽くす事しか出来なかった








78 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:46:48.86 ID:MUdXCtmHO









【PROLOGUE】
  再誕 −Re:Birth− 【終】 








79 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:47:20.70 ID:MUdXCtmHO




アイテム:『NEO才囚学園校章』

解説:プロローグを見終えた証。本来の才囚学園のものとは色が反転している
   学園内の超高校級の生徒達は、全員この校章を何処かに身に付けている



80 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 21:48:22.53 ID:MUdXCtmHO
本日はここまで。今作はこのメンバーで進めていきます
後で生徒名簿を貼っておきます。質問や感想などあればどうぞ
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 21:58:35.74 ID:rcT9gOyr0
乙 新作も期待
82 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 23:59:13.32 ID:EfgBs+1yO

【生徒一覧】

【女子】その1
※身長、胸囲はフィーリングなので、おかしい場合は目を瞑ってください

【名前】瀬川 千早希(セガワ チサキ)
【才能】超高校級のコスプレイヤー
【身長】167cm
【胸囲】87cm
【好きなもの】クレープ
【嫌いなもの】カメラフラッシュ

【名前】天地 りぼん(アマチ −−)
【才能】超高校級の家庭教師
【身長】161cm
【胸囲】77cm
【好きなもの】プラネタリウム
【嫌いなもの】宝くじ

【名前】御伽 月乃(オトギ ツキノ)
【才能】超高校級の童話作家
【身長】172cm
【胸囲】94cm
【好きなもの】雲
【嫌いなもの】尖ったもの

【名前】陰陽寺 魔矢(オンミョウジ マヤ)
【才能】超高校級のヒーロー
【身長】166cm
【胸囲】74cm
【好きなもの】竹刀
【嫌いなもの】ハムスター


83 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/20(金) 23:59:43.81 ID:EfgBs+1yO

【女子】その2

【名前】古河 ゆめみ(コガ −−)
【才能】超高校級のスタイリスト
【身長】170cm
【胸囲】88cm
【好きなもの】流行りもの
【嫌いなもの】水たまり

【名前】臓腑屋 凛々(ゾウフヤ リリ)
【才能】超高校級の家事代行
【身長】165cm
【胸囲】82cm
【好きなもの】干したての布団
【嫌いなもの】火事

【名前】月神 梓(ツキガミ アズサ)
【才能】超高校級のアイドル
【身長】168cm
【胸囲】85cm
【好きなもの】ぬいぐるみ
【嫌いなもの】パクチー

【名前】照星 夕(テルホシ ユウ)
【才能】超高校級の柔道家
【身長】169cm
【胸囲】88cm
【好きなもの】マット
【嫌いなもの】避難訓練


84 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 00:05:04.53 ID:Zkd61Hw0O

【男子】その1

【名前】御伽 朝日(オトギ アサヒ)
【才能】超高校級のショコラティエ
【身長】174cm
【胸囲】80cm
【好きなもの】ハートマーク
【嫌いなもの】猫

【名前】駆村 沖人(カケムラ オキト)
【才能】超高校級の地域振興委員
【身長】184cm
【好きなもの】時雄島
【嫌いなもの】嵐

【名前】神威 スグル(カムイ −−)
【才能】超高校級の???
【身長】162cm
【好きなもの】マカロン
【嫌いなもの】絆創膏

【名前】竹田 紅重(タケダ ベニシゲ)
【才能】超高校級の玩具屋
【身長】192cm
【好きなもの】狩猟
【嫌いなもの】ハイテクノロジー


85 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 00:05:32.01 ID:Zkd61Hw0O

【男子】その2

【名前】吊井座 小牧(ツルイザ コマキ)
【才能】超高校級のイラストレーター
【身長】175cm
【好きなもの】日陰
【嫌いなもの】〆切間近

【名前】デイビット・クルーガー
【才能】超高校級のプロファイラー
【身長】187cm
【好きなもの】陰謀論
【嫌いなもの】イエダニ

【名前】飛田 弾(トビタ ハズム)
【才能】超高校級のダンサー
【身長】198cm
【好きなもの】美しいもの
【嫌いなもの】もんじゃ焼き

【名前】御影 直斗(ミカゲ ナオト)
【才能】超高校級の幸運
【身長】167cm
【好きなもの】醤油ラーメン
【嫌いなもの】ピーマン


86 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 00:09:25.10 ID:Zkd61Hw0O
他にも何か要望があれば載せておきます
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 00:10:38.15 ID:hrBUicGLO
パクり?
88 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:42:36.47 ID:xM6HQh06O
更新する前に、少し判定を
瀬川さんとスグル君を除いた、生徒名簿順です
↓1〜14(連投推奨)

89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 21:43:13.87 ID:3b2aBDrJ0
90 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:43:58.51 ID:xM6HQh06O
忘れていました。80以上で……
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 21:44:18.50 ID:3b2aBDrJ0
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 21:46:15.13 ID:1D/mJ1CDO
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 21:47:08.79 ID:3b2aBDrJ0
94 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:47:46.02 ID:tZNdPaOxO
連投
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 21:49:06.27 ID:3b2aBDrJ0
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 21:50:00.11 ID:1D/mJ1CDO
97 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:50:08.49 ID:tZNdPaOxO
連投
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 21:50:23.54 ID:3b2aBDrJ0
99 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:50:52.16 ID:tZNdPaOxO
連投
100 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:51:26.33 ID:tZNdPaOxO
連投
101 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:51:54.85 ID:tZNdPaOxO
連投
102 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:52:22.48 ID:tZNdPaOxO
連投
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 21:52:34.58 ID:3b2aBDrJ0
104 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:53:39.97 ID:tZNdPaOxO

天地:87
月乃:51
陰陽寺:50
古河:13
臓腑屋:79
月神:2
照星:27
朝日:11
駆村:49
竹田:54
吊井座:16
デイビット:33
飛田:85
御影:48

結果:天地と飛田

ありがとうございました。それでは開始します

105 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:54:15.31 ID:tZNdPaOxO

「……前に、ネットの掲示板で見たことがあるんだ」

スグル君が見せしめとして攻撃され、モノクマが去って……

現実を直視して、ようやく、誰かが口を開いた

御影「希望ヶ峰学園は才能を磨く為に、色んなヤバい事をしてるって……」

御影「その中には超高校級の生徒を監禁して、コロシアイをさせているって……」

照星「ま、マジっすか……!?」

吊井座「お……おい! それってよ……!」

竹田「俺達の状況と同じ……だな」

飛田「あ……アンタッチャブルっ!」

御影「クソっ! こんな事になるなら断れば良かったよ!」

デイビット「ハ、ハ、ハ! これは随分と面白くなってきたナ!」

古河「どこがや……! 最悪の間違いやろこんなん……!」

皆も、ようやく理解し始めたんだ

……目の前の現実に、絶望しか無い事を

106 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:54:44.26 ID:tZNdPaOxO









【Chapter1】
  君達死ニタマフ事無カレ








107 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:55:36.65 ID:tZNdPaOxO

月神「……皆、落ち着いて!」

天地「……? どしたの、あずにゃん」

月神「あずにゃん……? いや、今は私の話を聞いて欲しいの」

月神「私達の今の状況……それは、決していいものではないわ」

陰陽寺「そんなもの、見ればわかる」

駆村「それはそうだが……クッ!」

月神「だけど……これが、フィクションの演出でないのなら……」

月神「今頃、世間は大騒ぎになっているはずよ」

臓腑屋「そ……そうでござる! 拙者ら超高校級の生徒が姿を消せば……」

臓腑屋「世間や、皆の衆や、拙者らの家が黙っていないでござるよ!」

照星「おお! 月神先輩流石っす!」

……そう、なのかな?

私はともかく……皆の家が、助けを呼んでくれているのかな?

108 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:56:32.60 ID:tZNdPaOxO

月神「だったら、私達はここがどんな所なのか調べる必要があるわ」

月神「ここが何処にあるのか。ここがどんな目的で建てられたのか……」

月神「それが分かれば、救援を呼ぶ事も可能だと思うの」

御影「そ、そうだよ! 助けを待ってたらいつになるか分かんないし!」

デイビット「フーム……合理的な判断ダ。ワタシは月神女史に賛成しよウ」

天地「率先して皆で協力しようとするなんて……先生は今、感動してます!」

天地「さあ皆! 全員一緒に、ここから出るぞー!」

天地「おー! やるぞー! 流石りぼんちゃん先生だぜぇー!」

月乃「………………自画自賛」

吊井座「そ、それで……これから、どうするつもりなんだよ」

月神「そうね……まずは、外の……」

「……その前に、少しいいかな?」

月神「? 何かしら」



瀬川「お手洗いに……行きたいんだけど」

「「「………………」」」

109 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 21:57:25.19 ID:tZNdPaOxO

朝日「……何言ってるのぉ?」

瀬川「し……仕方ないじゃん。ほら」

皆に私の手を見せる。流れた真っ赤な血で汚れた、私の両手を

飛田「な……何と言う悲劇ッ! これでは美しさが損なわれてしまうッ!」

臓腑屋「瀬川殿、拙者が厠へ案内するでござるよ」

臓腑屋「月神殿……そして、皆の衆は今の内に探索する班を決めておくでござる」

月神「……それでいいかしら? 瀬川さん」

瀬川「うん。大丈夫だよ」

臓腑屋「拙者は足りない場所に入れてくれれば構わないでござる」

臓腑屋「それでは、此方に」

瀬川「ありがとう。臓腑屋さん」

話し合う声を背後に、臓腑屋さんの後についていく

班決めは嫌いだけど、今は、この両手の血を、綺麗に洗い流したかった



【瀬川はどちらの捜索になった?】
 1:校内の外周
 2:階段の下の中庭
 ↓2

110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 21:58:58.34 ID:3b2aBDrJ0
1
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 21:59:19.63 ID:1D/mJ1CDO
112 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 22:40:50.33 ID:tZNdPaOxO

瀬川「………………」

トイレで血を洗い流す。既に、他の皆は捜索に向かったみたいだ

私は、階段下に続く空間……中庭の捜索を頼まれた

外周を調べる人達は、もう既に行動している頃だと思う

ここにいるのは……

御影「ボク以外女子! やったぜ!」

月乃「……言ってないの?」

朝日「あは。何の事なんだろうねぇ?」

天地「よーしいくぞぉー! ごーごー捜索だー!」

照星「元気も精気も充分っす! 自分、迷惑にならないよう頑張るっすよ!」

陰陽寺「………………」

……何故か、私が意図的に避けていた人ばかりが揃っていた

瀬川「ね……ねえ! 早くいこ?」

天地「慌てない慌てない! 一休み一休み……だよ!」

朝日「矛盾してないかなぁ……?」

陰陽寺「くだらないな……僕は行くぞ」

月乃「……陰陽寺! ……行っちゃった」

御影「あっ待って! ボクを置いていかないで!」

瀬川「………………………………」

私を置いて、下に降りていく残りの生徒

置いてけぼりにならない為に、離されてしまわない為に

私は、その後を追いかけていった

113 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 22:45:35.08 ID:tZNdPaOxO

――『中庭』――



月乃「……夕、そっちはどう」

照星「ダメっす! どこもかしこも瓦礫ばっかっす!」

天地「この規制線の奥に何があるのか、気にならない?」

御影「確かに気になるけどさ……」

天地「なら、なおっちが調べてきて!」

御影「イヤだよ!?」

陰陽寺「バカ共が……」

朝日「あは。私が話しにくい人ばっかりだぁ」

周りの皆は思い思いに捜索している

緑も多くて、ちょっとしたピクニックに良さそうな場所なんだけど……

やっぱり、瓦礫が多くてせっかくの景観が台無しね

……せっかくだし、少し話してみようかな

仲良くなる為には……必要だよね?



【誰に話しかけますか?】
 ↓2(朝日、天地、陰陽寺、照星、月乃、御影から二人まで)

114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 22:51:25.93 ID:1D/mJ1CDO
天地 陰陽寺
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 22:52:38.10 ID:FIznIPPy0
朝日 照星
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/21(土) 22:53:03.05 ID:wMGw42Tn0
今度は愛書のパクリかよ
117 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 23:13:18.39 ID:ft6lkZMuO


選択:朝日、照星


瀬川「……二人共、少し話さない?」

朝日「あは、いいよぉ」

照星「押忍! 先輩からのお持ち帰りなら断る訳にはいかないっすね!」

朝日「私、日差しって苦手なんだぁ。日に焼けちゃうと困るしぃ」

瀬川「そうだよね……UVカットの日焼け止めは必須アイテムだよ」

照星「でもでも、男の子は日に焼けた女の子も好きっすよね? 朝日先輩!」

朝日「そうなのかなぁ? 後で御影くんに聞いてみたらぁ?」

照星「えー? 御影先輩は童貞っぽいっすから答えらんねーと思うっす」

照星「ま! 自分が卒業させてもいいんすけどね! にひひひひっ!」

他愛ないガールズトーク……いや、一人男の娘がいるけど、それでもガールズトークをして過ごした

どうしよっかな? もう少し会話しても良さそうだけど……

【どちらと会話しますか?】
 1:御伽 朝日
 2:照星 夕
 ↓2(内容も含めて)

118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 23:18:31.60 ID:FIznIPPy0
1そういえば何で女装してるのか
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 23:21:32.47 ID:vl5qxk1O0
120 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2018/07/21(土) 23:37:45.74 ID:ft6lkZMuO

1:御伽 朝日



瀬川「……ねぇ、朝日君」

朝日「ん〜? なぁにぃ、瀬川さぁん」

朝日「……あっ、今は名前で呼んでくれるんだねぇ」

瀬川「紛らわしいからね……」

双子だから名字だとわかりにくいのよね

って、そんな事は重要じゃない。気になる事を聞かないと

瀬川「朝日君ってさ……どうして女装しているの?」

普通、妹がいる前で媚びっ媚びの女装姿なんか晒せないよ……

朝日「ん〜……どうして、かぁ……」

朝日「……何でだと思う?」

瀬川「は?」

朝日「それじゃ、まったねぇ〜」

……はぐらかされた? もっと仲良くなれば教えてくれるのかな……?

【朝日の親密度が上昇しました】

121 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/21(土) 23:38:21.80 ID:ft6lkZMuO

月神「皆ー! そっちはどうー!?」

月神「私達は終わったわ! 一度学園の前で集合しましょう!」

朝日「あっ月神さんだぁ」

照星「向こうは終わったみたいっす。自分達も急ぐっす!」

階段の上から、月神さんが号令をかける

本当は今すぐ行った方がいいんだろうけど、素直に従うのはなんか嫌だ

少し遅れてもバチは当たらないし、ゆっくり行こうとして……

瀬川「……あれ? 行かないの?」

一人。私と同じように止まっている人に声をかけた

【残っていた生徒は?】
 ↓2(朝日、照星以外)

122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 23:45:15.75 ID:1D/mJ1CDO
天地
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 23:48:32.31 ID:FIznIPPy0
月乃
124 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 00:01:55.60 ID:9t8gX0cKO

選択:御伽 月乃



月乃「………………」

瀬川「……月乃さん? どうしたの?」

月乃「……千早希は、この世界をどう思う」

瀬川「え?」

月乃「……私は、コロシアイなんて起こしたくはない」

月乃「……だけど、もし私が誰かを殺すならば」

月乃「それは……恐らく兄になる」

瀬川「月乃さん……?」

この娘も、兄とは違うベクトルで頭がおかしいよ……

月乃「……言いたい事は終わった」

月乃「……早く行こう。皆が待っている」

……もしかして、怖かったの?

いやいや……まさか、ね……

【月乃の新密度が上昇しました】

125 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 00:03:19.75 ID:9t8gX0cKO
本日ここまで
次回は双子の通信簿から
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 00:15:30.85 ID:HkmXDpgA0
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 07:45:21.12 ID:SQtIDmkDO
乙でした
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 10:22:00.84 ID:Sv7W42OUO
拡散希望
あやめ速報、あやめ2ndへの掲載拒否を推奨します
創作活動に対する冒涜を行う酷いまとめサイトです
あやめ速報へのSS掲載を拒否し、掲載されてしまった貴方のSSを消すように訴え、あやめ速報を利用しないで下さい
このことを多くの方へ伝えて下さい
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 10:38:30.31 ID:5gSwYbT2O
このスレもパクりらしいよ
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 21:21:36.21 ID:YFRuIwiD0
遅ればせながら、供養した名前を有効活用してくれて感謝しかない
完結まで頑張ってください
131 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 21:59:19.49 ID:kwu+5m8HO
再開します
>>130そう言って頂けると嬉しいです。個人的な好みで選んだので偏りが多いですが……
132 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 22:00:01.63 ID:kwu+5m8HO

【御伽 朝日  通信簿1】



朝日「ふんふん……と、こんな所かなぁ」

瀬川「あれ、いい匂い……何してるの?」

朝日「ココアを作ってみたんだぁ、一口いかが?」

瀬川「ありがと。頂くね」

渡されたココアは、口当たりが良くて、後味のさっぱりした珍しい味

見た目がアレだから忘れるけど、ショコラティエとしては一流なんだよね……

朝日「あぁん、指切っちゃったぁ。絆創膏取ってこようっとぉ」

瀬川「……今、わざと切らなかった?」

朝日「ん〜? 朝日わかんないやぁ〜」


『通信簿が解放されました』
『見た目や性格はあざといものの、ショコラティエとして腕は一流
 学園内の限られた食材の中で、珍しい味のココアを作っていた』

133 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 22:01:03.11 ID:kwu+5m8HO

【御伽 月乃  通信簿1】



月乃「……こんなもの」

瀬川「どうしたの? ペンとメモを片手にして」

月乃「……童話の内容を考えていた。その為のネタ探し」

瀬川「そっか。月乃さんは童話作家なんだよね」

少し、メモの中身をチラ見させてもらう

人魚姫が隣国の王女と結ばれたり、シンデレラが魔女と逃避行したり……

瀬川「……これ、なんて薄い本?」

月乃「……一から話を作るのは難しい。今は私なりに既存の童話をアレンジする」

月乃「趣味に走った事は……否定しない」


『通信簿が解放されました』
『ネタ探しや、既存の童話のアレンジをして過ごす月乃
 ただし、その内容はかなり趣味に走ったものだった』

134 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 22:01:46.08 ID:kwu+5m8HO

月神「……そう。外へと出入口は見つからなかったのね」

天地「残念! りぼんちゃん達の冒険はここで終わってしまった……」

駆村「規制線の奥に、何かがありそうなのか……?」

竹田「きな臭えな……その奥とやらに重大なモンがあるんじゃねえか」

照星「自分はそんな感じがするっす!」

私と月乃さんが戻ると、既に各自で情報の交換を行っていた

皆からの情報を、盗み聞きしたものを纏めると……

どうやら、学園の外にはボイラールームがあるみたいね

そして、マンホールがあって、そこから外に出られたかもしれないんだけど……

まるで何かで叩き潰されたみたいに歪んでいるから、開けられなかったんだって

結局……この学園から出ていく方法は、誰も見つけられず、思い付きもしなかった

135 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 22:02:48.08 ID:kwu+5m8HO

御影「何だよ! 誰も出口を見つけられなかったのかよ!?」

古河「よう言うわ……どうせアンタが一番役に立っとらんやろうが」

吊井座「ど、どうするんだよ……! 本当に、ここでずっと過ごすのかよ……!」

デイビット「落ち着きたまエ、今は救援を待つ事が肝要であろウ」

朝日「でもぉ、待つってどこでぇ?」

臓腑屋「学園内ならば雨風は凌げるであろうが、やはり寝具が……」

照星「いひひっ、皆でマットで寝るのもいいもんっすよ?」

ここから出られない以上、しばらくの間はここで過ごす必要がある

でも、学園内はボロボロだし……外も瓦礫やガラスが散乱していて危険だ

ここでの生活は、メンバーは元より環境面でも相当に厳しい

私の目の前は、もう真っ暗になっていた


136 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 22:03:33.87 ID:kwu+5m8HO

キーンコーンカーンコーン!

瀬川「……アナウンス?」

モノクマ『えーオマエラに、夜の10時をお知らせします!』

モノクマ『そして、オマエラに良いお知らせをお伝えします!』

モノクマ『このNEO才囚学園では、衣、食、住が充実しているのです』

駆村「確かに、時雄島のものが多く揃えられていたな……」

古河「ウチも倉庫をちらっと見たけど、質のいい生地がぎょうさんおったでー」

モノクマ『これから、オマエラには用意した寄宿舎で寝泊まりしてもらいます』

モノクマ『よく食べよく寝て……コロシアイライフを満喫しちゃってください!』

モノクマ『それじゃ……ばーいくまー!』

竹田「……何じゃありゃ」

月乃「寄宿舎がどうこう……言ってた」

臓腑屋「しかし寄宿舎なぞどこにも……」

アナウンスに困惑する私達。寄宿舎なんてどこにも見えな……

137 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 22:04:18.97 ID:kwu+5m8HO

月神「……もしかして、アレの事かしら」

御影「どれのこ……あれ?」

月乃「……気がついた? 魔矢」

陰陽寺「僕はここにいただけだ。こんな建物があるなんて知らない」

飛田「ならば、いつ! ここにホテルが建てられたと言うのだね!」

古河「まるで狐につままれた気分や……」

振り返ると、いつの間にか綺麗なホテルの様な建物が造られていた

私達の全員が、この建物に気づかないってありえるのかな……?

朝日「あは……どうするぅ?」

デイビット「どうするもこうするも、進む以外に道があるのかネ?」

天地「おっしゃあー! ホテルに行こうぜえー!」

どかどかとホテル……寄宿舎の中に入っていく皆

私も、それに続いて入っていく。皆には遅れたくないから……

138 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 22:04:55.47 ID:kwu+5m8HO

――『瀬川の個室』――



瀬川「へぇ……結構いい感じね」

個室の中にあったのは、ベッドにお風呂にクローゼット

クローゼットの中には今着ている服……アニメのキャラクターの衣装

ん? もう一着あ、る……

瀬川「……見なかった事にしよ」

とにかく、お風呂とベッドが完備されているのは素直に嬉しい

頭に付いているものを全部取って、手早くシャワーを浴びる

髪を乾かして、ベッドに倒れる

瀬川「……お休みなさい」

目を閉じて、闇の中に落ちていく

次に目を開いた時には、全てが嘘だったという事に期待して


139 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 22:05:42.11 ID:kwu+5m8HO

キーンコーンカーンコーン!

『えー朝の八時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切っていきましょーう!』

瀬川「……夢じゃない、か」

ゆっくりと起き上がってみる。身体の中の血液が流れる感覚で覚醒する

そして、理解した。これは夢なんかじゃないんだって

瀬川「少し、期待してたんだけどな……」

現実なら、私にはどうする事も出来ない

二度寝しようとして、思い出した

瀬川「……皆、何してるんだろ」

他の皆はどうしてるんだろう。グループが出来ていたらハブられるよね……

瀬川「早く行こう……」

適当に誰か捕まえて、皆の所に行こう



【誰が捕まった?】
 ↓2(一名のみ)

140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 22:08:16.80 ID:Zgp0/aH/0
臓腑屋
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 22:15:40.12 ID:SQtIDmkDO
吊井座
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/22(日) 22:21:37.54 ID:rDqT4V5o0
拡散希望
【SS掲載拒否推奨】あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト



SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します


概略1

現トリップ◆Jzh9fG75HAは

混沌電波(ちゃおラジ)なるSSシリーズにより、長くの間多くの人々を不快にし

また、注意や助言問わず煽り返す等の荒らし行為を続けていたが

その過程でついに、ちゃおラジは盗作により作られたものと露呈した



概略2

盗作されたものであるためと、掲載されたシリーズの削除を推奨されたSSまとめサイト「あやめ2nd」はこれを拒否

独自の調査によりちゃおラジは盗作に当たらないと表明

疑問視するコメント、および盗作に当たらないとの表明すら削除し、

盗作のもみ消しを謀る


概略3

なおも続く追及に、ついにあやめ2ndは掲載されたちゃおラジシリーズをすべて削除

ただし、ちゃおラジは盗作ではないという表明は撤回しないまま

シリーズを削除した理由は「ブログ運営に支障が出ると判断したため」とのこと




SSまとめサイトは、SS作者が書いたSSを自身のサイトに掲載し、サイト内の広告により金を得ている

SSまとめサイトは、SSがあって、SS作者がいて、はじめて成り立つ


故に、SSまとめサイトによるSS作者に対する背信行為はあってはならず、

SSにとどまらず創作に携わる人全てを踏みにじる行為、盗作をもみ消し隠そうとし

ちゃおラジが盗作ではないことの証明を放棄し、

義理立てすべきSS作者より自身のサイトを優先させた

あやめ速報姉妹サイト、あやめ2ndを許してはならない



あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト


SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/22(日) 22:22:04.56 ID:rDqT4V5o0
拡散希望
【SS掲載拒否推奨】あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト



SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します


概略1

現トリップ◆Jzh9fG75HAは

混沌電波(ちゃおラジ)なるSSシリーズにより、長くの間多くの人々を不快にし

また、注意や助言問わず煽り返す等の荒らし行為を続けていたが

その過程でついに、ちゃおラジは盗作により作られたものと露呈した



概略2

盗作されたものであるためと、掲載されたシリーズの削除を推奨されたSSまとめサイト「あやめ2nd」はこれを拒否

独自の調査によりちゃおラジは盗作に当たらないと表明

疑問視するコメント、および盗作に当たらないとの表明すら削除し、

盗作のもみ消しを謀る


概略3

なおも続く追及に、ついにあやめ2ndは掲載されたちゃおラジシリーズをすべて削除

ただし、ちゃおラジは盗作ではないという表明は撤回しないまま

シリーズを削除した理由は「ブログ運営に支障が出ると判断したため」とのこと




SSまとめサイトは、SS作者が書いたSSを自身のサイトに掲載し、サイト内の広告により金を得ている

SSまとめサイトは、SSがあって、SS作者がいて、はじめて成り立つ


故に、SSまとめサイトによるSS作者に対する背信行為はあってはならず、

SSにとどまらず創作に携わる人全てを踏みにじる行為、盗作をもみ消し隠そうとし

ちゃおラジが盗作ではないことの証明を放棄し、

義理立てすべきSS作者より自身のサイトを優先させた

あやめ速報姉妹サイト、あやめ2ndを許してはならない



あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト


SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/22(日) 22:22:36.89 ID:rDqT4V5o0
拡散希望
【SS掲載拒否推奨】あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト



SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します


概略1

現トリップ◆Jzh9fG75HAは

混沌電波(ちゃおラジ)なるSSシリーズにより、長くの間多くの人々を不快にし

また、注意や助言問わず煽り返す等の荒らし行為を続けていたが

その過程でついに、ちゃおラジは盗作により作られたものと露呈した



概略2

盗作されたものであるためと、掲載されたシリーズの削除を推奨されたSSまとめサイト「あやめ2nd」はこれを拒否

独自の調査によりちゃおラジは盗作に当たらないと表明

疑問視するコメント、および盗作に当たらないとの表明すら削除し、

盗作のもみ消しを謀る


概略3

なおも続く追及に、ついにあやめ2ndは掲載されたちゃおラジシリーズをすべて削除

ただし、ちゃおラジは盗作ではないという表明は撤回しないまま

シリーズを削除した理由は「ブログ運営に支障が出ると判断したため」とのこと




SSまとめサイトは、SS作者が書いたSSを自身のサイトに掲載し、サイト内の広告により金を得ている

SSまとめサイトは、SSがあって、SS作者がいて、はじめて成り立つ


故に、SSまとめサイトによるSS作者に対する背信行為はあってはならず、

SSにとどまらず創作に携わる人全てを踏みにじる行為、盗作をもみ消し隠そうとし

ちゃおラジが盗作ではないことの証明を放棄し、

義理立てすべきSS作者より自身のサイトを優先させた

あやめ速報姉妹サイト、あやめ2ndを許してはならない



あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト


SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/22(日) 22:23:05.87 ID:rDqT4V5o0
拡散希望
【SS掲載拒否推奨】あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト



SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します


概略1

現トリップ◆Jzh9fG75HAは

混沌電波(ちゃおラジ)なるSSシリーズにより、長くの間多くの人々を不快にし

また、注意や助言問わず煽り返す等の荒らし行為を続けていたが

その過程でついに、ちゃおラジは盗作により作られたものと露呈した



概略2

盗作されたものであるためと、掲載されたシリーズの削除を推奨されたSSまとめサイト「あやめ2nd」はこれを拒否

独自の調査によりちゃおラジは盗作に当たらないと表明

疑問視するコメント、および盗作に当たらないとの表明すら削除し、

盗作のもみ消しを謀る


概略3

なおも続く追及に、ついにあやめ2ndは掲載されたちゃおラジシリーズをすべて削除

ただし、ちゃおラジは盗作ではないという表明は撤回しないまま

シリーズを削除した理由は「ブログ運営に支障が出ると判断したため」とのこと




SSまとめサイトは、SS作者が書いたSSを自身のサイトに掲載し、サイト内の広告により金を得ている

SSまとめサイトは、SSがあって、SS作者がいて、はじめて成り立つ


故に、SSまとめサイトによるSS作者に対する背信行為はあってはならず、

SSにとどまらず創作に携わる人全てを踏みにじる行為、盗作をもみ消し隠そうとし

ちゃおラジが盗作ではないことの証明を放棄し、

義理立てすべきSS作者より自身のサイトを優先させた

あやめ速報姉妹サイト、あやめ2ndを許してはならない



あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト


SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/22(日) 22:23:33.33 ID:rDqT4V5o0
拡散希望
【SS掲載拒否推奨】あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト



SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します


概略1

現トリップ◆Jzh9fG75HAは

混沌電波(ちゃおラジ)なるSSシリーズにより、長くの間多くの人々を不快にし

また、注意や助言問わず煽り返す等の荒らし行為を続けていたが

その過程でついに、ちゃおラジは盗作により作られたものと露呈した



概略2

盗作されたものであるためと、掲載されたシリーズの削除を推奨されたSSまとめサイト「あやめ2nd」はこれを拒否

独自の調査によりちゃおラジは盗作に当たらないと表明

疑問視するコメント、および盗作に当たらないとの表明すら削除し、

盗作のもみ消しを謀る


概略3

なおも続く追及に、ついにあやめ2ndは掲載されたちゃおラジシリーズをすべて削除

ただし、ちゃおラジは盗作ではないという表明は撤回しないまま

シリーズを削除した理由は「ブログ運営に支障が出ると判断したため」とのこと




SSまとめサイトは、SS作者が書いたSSを自身のサイトに掲載し、サイト内の広告により金を得ている

SSまとめサイトは、SSがあって、SS作者がいて、はじめて成り立つ


故に、SSまとめサイトによるSS作者に対する背信行為はあってはならず、

SSにとどまらず創作に携わる人全てを踏みにじる行為、盗作をもみ消し隠そうとし

ちゃおラジが盗作ではないことの証明を放棄し、

義理立てすべきSS作者より自身のサイトを優先させた

あやめ速報姉妹サイト、あやめ2ndを許してはならない



あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト


SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/22(日) 22:24:19.72 ID:rDqT4V5o0
拡散希望
【SS掲載拒否推奨】あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト



SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します


概略1

現トリップ◆Jzh9fG75HAは

混沌電波(ちゃおラジ)なるSSシリーズにより、長くの間多くの人々を不快にし

また、注意や助言問わず煽り返す等の荒らし行為を続けていたが

その過程でついに、ちゃおラジは盗作により作られたものと露呈した



概略2

盗作されたものであるためと、掲載されたシリーズの削除を推奨されたSSまとめサイト「あやめ2nd」はこれを拒否

独自の調査によりちゃおラジは盗作に当たらないと表明

疑問視するコメント、および盗作に当たらないとの表明すら削除し、

盗作のもみ消しを謀る


概略3

なおも続く追及に、ついにあやめ2ndは掲載されたちゃおラジシリーズをすべて削除

ただし、ちゃおラジは盗作ではないという表明は撤回しないまま

シリーズを削除した理由は「ブログ運営に支障が出ると判断したため」とのこと




SSまとめサイトは、SS作者が書いたSSを自身のサイトに掲載し、サイト内の広告により金を得ている

SSまとめサイトは、SSがあって、SS作者がいて、はじめて成り立つ


故に、SSまとめサイトによるSS作者に対する背信行為はあってはならず、

SSにとどまらず創作に携わる人全てを踏みにじる行為、盗作をもみ消し隠そうとし

ちゃおラジが盗作ではないことの証明を放棄し、

義理立てすべきSS作者より自身のサイトを優先させた

あやめ速報姉妹サイト、あやめ2ndを許してはならない



あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト


SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/22(日) 22:24:58.38 ID:rDqT4V5o0
拡散希望
【SS掲載拒否推奨】あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト



SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します


概略1

現トリップ◆Jzh9fG75HAは

混沌電波(ちゃおラジ)なるSSシリーズにより、長くの間多くの人々を不快にし

また、注意や助言問わず煽り返す等の荒らし行為を続けていたが

その過程でついに、ちゃおラジは盗作により作られたものと露呈した



概略2

盗作されたものであるためと、掲載されたシリーズの削除を推奨されたSSまとめサイト「あやめ2nd」はこれを拒否

独自の調査によりちゃおラジは盗作に当たらないと表明

疑問視するコメント、および盗作に当たらないとの表明すら削除し、

盗作のもみ消しを謀る


概略3

なおも続く追及に、ついにあやめ2ndは掲載されたちゃおラジシリーズをすべて削除

ただし、ちゃおラジは盗作ではないという表明は撤回しないまま

シリーズを削除した理由は「ブログ運営に支障が出ると判断したため」とのこと




SSまとめサイトは、SS作者が書いたSSを自身のサイトに掲載し、サイト内の広告により金を得ている

SSまとめサイトは、SSがあって、SS作者がいて、はじめて成り立つ


故に、SSまとめサイトによるSS作者に対する背信行為はあってはならず、

SSにとどまらず創作に携わる人全てを踏みにじる行為、盗作をもみ消し隠そうとし

ちゃおラジが盗作ではないことの証明を放棄し、

義理立てすべきSS作者より自身のサイトを優先させた

あやめ速報姉妹サイト、あやめ2ndを許してはならない



あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト


SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/22(日) 22:25:26.68 ID:rDqT4V5o0
拡散希望
【SS掲載拒否推奨】あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト



SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します


概略1

現トリップ◆Jzh9fG75HAは

混沌電波(ちゃおラジ)なるSSシリーズにより、長くの間多くの人々を不快にし

また、注意や助言問わず煽り返す等の荒らし行為を続けていたが

その過程でついに、ちゃおラジは盗作により作られたものと露呈した



概略2

盗作されたものであるためと、掲載されたシリーズの削除を推奨されたSSまとめサイト「あやめ2nd」はこれを拒否

独自の調査によりちゃおラジは盗作に当たらないと表明

疑問視するコメント、および盗作に当たらないとの表明すら削除し、

盗作のもみ消しを謀る


概略3

なおも続く追及に、ついにあやめ2ndは掲載されたちゃおラジシリーズをすべて削除

ただし、ちゃおラジは盗作ではないという表明は撤回しないまま

シリーズを削除した理由は「ブログ運営に支障が出ると判断したため」とのこと




SSまとめサイトは、SS作者が書いたSSを自身のサイトに掲載し、サイト内の広告により金を得ている

SSまとめサイトは、SSがあって、SS作者がいて、はじめて成り立つ


故に、SSまとめサイトによるSS作者に対する背信行為はあってはならず、

SSにとどまらず創作に携わる人全てを踏みにじる行為、盗作をもみ消し隠そうとし

ちゃおラジが盗作ではないことの証明を放棄し、

義理立てすべきSS作者より自身のサイトを優先させた

あやめ速報姉妹サイト、あやめ2ndを許してはならない



あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト


SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/22(日) 22:26:21.39 ID:rDqT4V5o0
拡散希望
【SS掲載拒否推奨】あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト



SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します


概略1

現トリップ◆Jzh9fG75HAは

混沌電波(ちゃおラジ)なるSSシリーズにより、長くの間多くの人々を不快にし

また、注意や助言問わず煽り返す等の荒らし行為を続けていたが

その過程でついに、ちゃおラジは盗作により作られたものと露呈した



概略2

盗作されたものであるためと、掲載されたシリーズの削除を推奨されたSSまとめサイト「あやめ2nd」はこれを拒否

独自の調査によりちゃおラジは盗作に当たらないと表明

疑問視するコメント、および盗作に当たらないとの表明すら削除し、

盗作のもみ消しを謀る


概略3

なおも続く追及に、ついにあやめ2ndは掲載されたちゃおラジシリーズをすべて削除

ただし、ちゃおラジは盗作ではないという表明は撤回しないまま

シリーズを削除した理由は「ブログ運営に支障が出ると判断したため」とのこと




SSまとめサイトは、SS作者が書いたSSを自身のサイトに掲載し、サイト内の広告により金を得ている

SSまとめサイトは、SSがあって、SS作者がいて、はじめて成り立つ


故に、SSまとめサイトによるSS作者に対する背信行為はあってはならず、

SSにとどまらず創作に携わる人全てを踏みにじる行為、盗作をもみ消し隠そうとし

ちゃおラジが盗作ではないことの証明を放棄し、

義理立てすべきSS作者より自身のサイトを優先させた

あやめ速報姉妹サイト、あやめ2ndを許してはならない



あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト


SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します
151 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 22:37:27.69 ID:kwu+5m8HO

瀬川「えーっと……」

とりあえず寄宿舎から出てみたけど……誰もいない

それでも、少し探していると……

瀬川「……吊井座君?」

あの挙動不審な後ろ姿……あれは吊井座君のもので間違いない

私が優位に立てる数少ない人だ。ちょっと脅かしてやろう。ふふふ

瀬川「……ふっ!」

吊井座「……………うあぁ!?」

吊井座「な、なな、なに、何するんだよお前……!」

瀬川「別に? 耳に息をふって吹き掛けただけだけど?」

吊井座「お、お前……調子に乗るなよ。俺が怒らないからって……」

瀬川「ふぅん……怒らないから?」

ぎゅっと寄せて、前屈みになる。吊井座君の顔は、火が出る位に真っ赤に染まる

こうかは ばつぐんだ!

吊井座「おっ、おお、お前……!?」

瀬川「どうかしたのかな? こっち向いてよ、ねえ」

吊井座「ちょっ……調子に乗るな!」

152 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 22:38:17.35 ID:kwu+5m8HO

吊井座「たく、何でこんな目に……」

吊井座「あの……外国人の奴の頼みなんて断れば……」

瀬川「外国人……? デイビット君?」

吊井座「そ、そうだ! 早くしろよ!」

吊井座「何か、全員集めて会議するとかなんとか言ってた様な……」

瀬川「会議……?」

それってこれからの事について……かな。脱出が出来るならしてるだろうし

吊井座「と、とにかく俺はちゃんとお前に伝えたからな」

吊井座「食堂に来いよ……多分、もう集合してるんじゃねえかな」

瀬川「わかった。私も食堂に向かうよ」

瀬川「ねぇねぇ……せっかくだし、手を繋いで行ってみない?」

吊井座「!? ざ……ざっけんな!!」

足早に食堂に走っていく。吊井座君をからかうは面白いなぁ!


153 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/22(日) 22:39:07.01 ID:kwu+5m8HO
本日ここまで
次回は話し合いから
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/22(日) 23:50:52.96 ID:SQYpyzxn0
乙でした
自分が供養した名前も今回の参加者の中にいたりする
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/24(火) 07:07:55.54 ID:kOAZ93iZO
はいエタ
156 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 21:31:39.83 ID:+4w8L0pSO
再開します
157 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 21:32:58.81 ID:+4w8L0pSO

瀬川「食堂はどっちだったかな……って、天地さん?」

天地「あ! ちさっちおっはよー! 元気ぃー? 起きろぉぉぉぉ!!」

うおぉと熱く気炎を巻き上げる天地さん

……正直、朝っぱらからこのキンキン声を聞くのは、結構頭に堪える

陰陽寺「五月蝿い奴だ……」

瀬川「あ、陰陽寺さん。おはよう」

陰陽寺「………………」

天地「まやっちー?」

陰陽寺「おはようございます。本日はお日柄もよく……」

瀬川「うわっ!? 凄く丁寧!?」

流石の陰陽寺さんも、天地さんには敵わないみたいだね……

天地「二人とも! 食堂へいくぞー!」

って、忘れてた! デイビット君が皆を呼んでたんだった!

瀬川「早くしないと……怒られる!」


158 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 21:33:55.22 ID:+4w8L0pSO

――『食堂』――



瀬川「ゴメン! 遅れた!」

月神「あら。おはよう、瀬川さん」

デイビット「ハ、ハ。そう急ぐことは無いだろウ」

臓腑屋「駆けつけ一杯。白湯でござる」

瀬川「あ、ありがと……」

ぬるま湯を喉に通すと、身体の芯が暖まる感覚に包み込まれる

一息ついた所で、デイビット君が皆に向けてゆっくりと話始めた

デイビット「諸君。我々は救援を待つ身だガ、必要なものがあル」

デイビット「それハ、我々が従うべき明確な立ち位置の人間……即ちリーダーダ」

瀬川「り……リーダー?」

159 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 21:34:37.37 ID:+4w8L0pSO

デイビット「そウ、我等は所詮烏合の衆であル。いつ瓦解するか分からなイ」

竹田「確かに、このままバラバラのまんまだといざって時に足並み揃わねえな」

吊井座「いっ……!? いい、い、いざって時ってなんだよ……!?」

臓腑屋「落ち着くでござる。何も拙者らが事を起こすとは限らぬ」

臓腑屋「病気や怪我等、予期せぬ出来事が起きた際……」

臓腑屋「明確な指示があれば、拙者らが的確に動けるのでござるよ」

そっか。確かにバラバラで動くより皆で動いた方が効率がいいよね

照星「なるほど! つまり自分達をリードしてくれる人っすね!」

月乃「……合理的。私は賛成」

駆村「俺も賛成だが……誰がその役割をやるんだ?」

デイビット「勿論ワタシ……と、言いたいのだガ」

瀬川「……が?」

デイビット「これはあくまで全員の指導者を決めるもの。全員の意見を聞こウ」

デイビット「自薦他薦は問わなイ。相応しい人間を指名してほしイ」

160 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 21:36:14.88 ID:+4w8L0pSO

古河「はーい。推薦やけど、ウチは天地がええと思うわ」

古河「教師なんやろ? なら纏めるのは得意なんやないか?」

天地「ひっじょーに残念だけど、りぼんちゃんは辞退しまーっす!」

天地「生徒の自主性を見守るのが先生なのです! 面倒だからじゃないからね」

駆村「竹田さんはどうだ? この中では最年長だ」

駆村「それに、貴方は確か、老舗の社長なんですよね?」

竹田「俺は別にいいが……お前ら、よくわかんねえオッサンに従いたいか?」

月乃「……微妙」

御影「ならボクが!」

飛田「却下だ」

御影「何でさ!?」

飛田「リーダーに最も重要な資質……それは、美しさに他ならない!」

飛田「つまり! オレこそがキミ達を率いるに相応しい存在であると……」

陰陽寺「黙れ。その海藻の様な服をなます切りにしてやろうか」

……リーダー決めは難航中。推薦しては断られ、立候補しては返り討ち

喧騒の中で、ふと、私の心の中に、ある願いが芽生え初めていた

161 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 21:37:48.40 ID:+4w8L0pSO



……もし、私がリーダーになったら



皆は、私の事をもっと見てくれるのかな



ここでリーダーとして頑張れば、きっと皆と仲良くなれる



もう、あんな私にはならない……!



瀬川「ねえ、皆……!」


162 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 21:38:41.60 ID:+4w8L0pSO









月神「なら……私が立候補するわ」


163 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 21:40:26.70 ID:+4w8L0pSO

瀬川「……ぇ?」

月神、さん……?

私と同時……いや、少し遅れて、月神さんが立候補した

朗々と、まるで政治家みたいに皆に語りかけている

月神「私は、一応アイドルグループのセンター……リーダーをしているの」

月神「だから、経験に関しては天地さんや竹田さんにも負けない自負はあるわ」

……確かに、月神さんはリーダーとしては相応しいかもしれない

………………けど

デイビット「フム……確かニ、リーダーとしては適任かもしれんナ」

月神「勿論、これは皆が決める事だから私の一存でどうこうは言えないわ」

月神「だから……皆の意見を聞かせて?」

そうだ、これは多数決。なら、まだ……

164 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 21:41:28.08 ID:+4w8L0pSO

古河「んー……ウチは賛成するわ」

陰陽寺「誰でもいい」

朝日「あはは。頼りにしてるねぇ?」

臓腑屋「拙者は仕える身故、票は避けておくでござる」

駆村「やる気もあるみたいだし……いいんじゃないか?」

吊井座「お、俺は、別に誰でも……」

照星「月神先輩なら安心っす!」

……皆は、どうやら月神さんをリーダーにしたいらしい

次々と、月神さんをリーダーに推す声が聞こえてくる

中には、どうでもいい。誰でもいいって声もあって……

既に、もう誰も真面目に議論なんてしていなかった


165 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 21:42:26.14 ID:+4w8L0pSO

月神「……瀬川さんは?」

瀬川「ふぇ!?」

月神「貴女はどうかしら……何か、意見はあるかしら?」

瀬川「私……は……」



今なら、言える……『私がリーダーをやりたい』って……

そうだ。ここでハッキリと言うんだ。私も、私が……



月神「……瀬川さん?」

瀬川「私は……月神さんに賛成だよ!」

瀬川「寧ろ、月神さんに任せたいって言うか……頼りにしてるね!」

デイビット「……でハ、満場一致で月神女史がリーダーでいいナ?」

月神「ありがとう……それと、私から一つ提案があるの」

月神「私の他にも、男子にもリーダーが欲しいわ……御影君、頼めるかしら?」

御影「ぼ、ボクが!? 何で!?」

月神「さっき、いち早く立候補してくれたじゃない。そのやる気を買ったのよ」

月神「イヤ……かな?」

御影「い、嫌なワケないよ! ボクが月神さんと並べるなんて……!」

月神「それじゃあ皆! これから、よろしくお願いします!」


166 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 21:43:51.40 ID:+4w8L0pSO

――『瀬川の個室』――



瀬川「………………」

こうして、リーダー決めはつつがなく終了した

大きな波乱も、白熱の議論も無く、トントン拍子で進んでいった

だから、何も問題はないんだ

だから、この胸の痛みは気のせいなんだ

瀬川「……気分悪い………」

頭が痛い……少し、外にいようかな……


【自由行動  開始】
【誰と話しますか?】
 ↓2(二名まで)

167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/24(火) 21:49:23.30 ID:sJMuQ9Nz0
月神 デイビット
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/24(火) 21:52:19.35 ID:/e4dfsCDO
月神
169 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 21:59:53.81 ID:+4w8L0pSO

――『食堂』――



月神「こんなものかしら……」

月神「……あら? 瀬川さん。どうしたの?」

瀬川「あ……ちょっと、お水を……ね」

嫌味な位爽やかな笑顔を、私だけに向けてくる

男の子……特に、彼女のファンにはこれ以上無い位のご褒美なのかもしれないけど

私には、ただただ私を嘲笑っている様にしか見えなかった

月神「今後のルールを考えていたの。ここでは規則が無いし……」

瀬川「あ……そう言えばそうだね」

こういうトコ、杜撰というか……

モノクマ「こらー! 今はまだ大目に見ているだけだからね!」

月神「きゃっ!?」

モノクマ「ちゃーんと全員揃ったら、改めて発表するよ! それまで自由な青春を謳歌してなさい!」

月神「なんだったのかしら……?」

瀬川「さあ……?」

二人で、校則について話し合った

どうしよう? 月神さんともう少し話してみようかな……

【会話を続けますか?】
 1:はい
 2:いいえ
 ↓2(1の場合、内容も含めて)

170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/24(火) 22:09:41.96 ID:/e4dfsCDO
1 リーダーの仕事で自分も手伝えることはあるか?
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/24(火) 22:12:13.05 ID:sJMuQ9Nz0
1実はあの時リーダーに立候補しようとしていたのを話す
無理なら↑
172 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 22:40:38.33 ID:+4w8L0pSO

選択:1



瀬川「…………」

少し、月神さんと話してみてわかった事がある

月神「やっぱり、夜間の行動は制限した方がいいのかしら……」

月神「皆が安心して過ごせる為に、少し厳しい方が丁度いいと思うの」

……月神さんは、私よりもリーダーに向いている。本当に皆の事を想っている

瀬川「……月神さん」

だから……この事は、話しておきたかった

月神「……? 何かしら?」

瀬川「実は……あの時、私もリーダーに立候補しようとしてたの」

月神「………………え?」

瀬川「でもね……皆が、月神さんがいいって言うから言い出しにくくて……」

瀬川「だから、何か……私にも、出来る事は無いかな……?」

瀬川「私も……何か、役に立ちたいんだ」

これは……せめてもの本心。その裏にあるキモチを隠して

173 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 22:41:20.94 ID:+4w8L0pSO

月神「……そう、だったの」

月神「ごめんなさい……私は、貴女の気持ちを踏みにじってしまったのね」

瀬川「い、いや! そんな大袈裟な……」

月神さんは、椅子から立ち上がってぺこりと頭を下げる

その姿も可愛らしいと思う位……彼女の姿は輝いていた

月神「そうね……なら、瀬川さんは皆の事を良く見ていて欲しいかな」

瀬川「皆の事を……?」

月神「リーダーの立場にいると、私に話しにくい事もあると思うの……」

月神「だから、悩んでいる人がいたら相談に乗ってあげてくれないかしら?」

月神「貴女はきっと、人の事を思いやれる人だと思うから……」

………………月神さん

瀬川「……わかった。頑張るよ」

月神「ありがとう……改めまして、これからもよろしくね。瀬川さん」

やっぱり……貴女は私の事を理解出来ない

私は、自分の事だけで精一杯だから……

【月神の親密度が上昇しました】

174 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 22:42:10.85 ID:+4w8L0pSO

【月神 梓  通信簿1】



瀬川「……月神さん? 何しているの?」

月神「あら、瀬川さん! 今、廊下の掃除をしているの」

手には箒、頭に三角巾をつけた月神さん

小学生の時の掃除の時間に、こんな格好をした覚えがある

瀬川「でも、掃除なんて家事の得意な臓腑屋さんにやらせれば良くない?」

月神「ダメよ。皆のリーダーになったんだもの、ちゃんと襟元を正さないとね」

月神「まずは風紀を正す所から始めようと思ったの。」

瀬川「……真面目なんだね。月神さん」


『通信簿が解放されました』
『リーダーとなった月神は、まずは自分で掃除をする事から始めた
 臓腑屋に押し付ければいいという提案にも、彼女は良しとしなかった』

175 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 22:42:36.38 ID:+4w8L0pSO

……月神さんがリーダーになった事は正解だと思う

なら、なんでこんなに辛いんだろう? 正しいなら問題無いのに……

……まだ日もあるし、外に出ていようかな


【自由行動  開始】
【誰と話しますか?】
 ↓2(二人まで)

176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/24(火) 22:44:23.14 ID:sJMuQ9Nz0
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/24(火) 22:48:19.08 ID:uaE7jNBd0
御影、デイビット
178 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 23:07:10.56 ID:+4w8L0pSO

――『1F 空き教室』――



御影「よっしゃあ! ボクもリーダーに選ばれたぜ!」

御影「しかも! あの! 月神さんと一緒! これはもう勝ち組だね!」

デイビット「落ち着きたまエ、焦りはミスを生ム、慎重に行動する事ガ……」

御影「またまたー、本当はデイビットクンも羨ましいだろ?」

御影「なんてったって、直々の指名だからね! やっぱりボクはツイてるよ!」

デイビット「……月神女史には相談しておくべきカ」

瀬川「何やってるの……」

教室の中で、いかに自分がツイているかを熱弁する御影君と……

呆れ気味に相づちを打つデイビット君が座っていた

御影君の自慢話を、デイビット君と一緒に呆れながら聞いた……

どうしよう? もう少し会話してみようかな……?

【どちらと会話しますか?】
 1:御影 直斗
 2:デイビット・クルーガー
 ↓2(内容も含めて)

179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/24(火) 23:11:27.71 ID:uaE7jNBd0
2本当にリーダーにならなくて良かったのか?
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/24(火) 23:13:55.14 ID:/e4dfsCDO
>>179
181 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 23:31:32.07 ID:+4w8L0pSO

2:デイビット・クルーガー



瀬川「……本当にリーダーにならなくて良かったの?」

御影君の話を無視して、デイビット君にそう問いかけてみる

確かに、月神さんはリーダーとしては適任の人材かもしれない

でも、デイビット君もリーダーに向いていない訳じゃないと思うけど……

デイビット「ハ、瀬川女史はそんな事を気にしていたのカ」

デイビット「生憎、ワタシはリーダーをやるつもりは無かっタ。目立つのは性に合わなイ」

瀬川「そう、なんだ……」

デイビット「それニ……ワタシよりもリーダーにどうしてもなりたかった御仁もいただろうしナ」

瀬川「……そうだね」

デイビット君の顔を直視出来ない。今、彼はどんな顔で私を見ているんだろう……

少ししか話していないのに心を見透かされる様な、そんな悪寒でいっぱいだった

【デイビットの親密度が上昇しました】


182 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 23:39:45.95 ID:+4w8L0pSO

【デイビット・クルーガー 通信簿1】



瀬川「あれ? デイビット君、何持っているの?」

デイビット「これカ……ニホンのコミックダ。図書室から拝借しタ」

デイビット君って漫画も読むんだ……少し意外

デイビット「ニホンのスクールにはサムライやシノビがいると聞いた」

デイビット「ワタシは最初、それは嘘だと思っていたが……」

デイビット「まさカ、この学園で出会えるとハ! ワタシの予想を遥かに超えていル!」

……臓腑屋さんと陰陽寺さんの事ね

デイビット「瀬川女史モ、随分と風変わりな服装をしているガ……何の理由が?」

瀬川「だ、だから! これはコスプレなんだってばー!」


『通信簿が解放されました』
『この学園に来て、今までの常識を撃ち壊されたデイビット
 しかし、瀬川のコスプレはあまり理解出来ていなかった』

183 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/24(火) 23:40:32.51 ID:+4w8L0pSO
本日はここまで
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/24(火) 23:58:43.41 ID:+2ILPlQv0
エタスレにどの名前を採用したか書いといた方がいいと思う
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 00:40:43.24 ID:OLRfjRHO0
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 22:49:56.52 ID:dD7GtyALO
キャラのイメージってありますか?
187 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 20:21:24.32 ID:Xn9uqtIPO
再開します
>>184万一の事を考えて三章終了時に報告する予定です
>>186特に無いです。一章終了時までには決めておきます
188 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 20:24:00.24 ID:Xn9uqtIPO

キーンコーンカーンコーン!

『えー、夜の10時をお伝えします!』

『それではいい夢を、お休みなさい……』

瀬川「……リーダー、かぁ」

結局、私は月神さんには言えなかった

『リーダーを私に変わってよ』って

瀬川「でも、規則作るの面倒そうだったもんなぁ……」

……そう言えば、モノクマは言ってたっけ

全員揃えばって言ってたけど……足りないのは……

瀬川「……スグル君、大丈夫かな」

目の前でお腹を貫かれたスグル君。普通に考えたら即死だけど……

瀬川「……なんとかなるよね」

助かると思い込んで、私は目を閉じた……

189 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 20:25:07.17 ID:Xn9uqtIPO

キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『それと……オマエラに、特別なプレゼントを用意しました!』

『至急、NEO才囚学園校舎前に集合してくださーい!』

瀬川「プレゼント……?」

どうしよう。そんな事言われたら余計に行きたくなくなっちゃう

サボってもいいんだけど、皆が行ってると私は一人に……

瀬川「……行こっか」

どっち道、校舎前は必ず通るんだ。覚悟を決めよう……

190 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 20:25:52.63 ID:Xn9uqtIPO

――『校舎前』――



臓腑屋「む、瀬川殿!」

月神「おはよう。瀬川さん」

朝日「これで、全員揃ったねぇ」

校舎前には、既に全員揃っていた

……もしかして、皆って結構早起きな方?
瀬川「そうだ! プレゼントって?」

御影「ああ! それって、ボク達もまだ知らないんだよね……」

瀬川「伝説上の生き物かな?」

陰陽寺「は?」

デイビット「時々、瀬川女史の行動の意味がわからなくなるナ……」

駆村「……! 皆! 校舎の中から誰か出て来るぞ!」

吊井座「だ、だ、誰かっ、て……!?」

古河「アレって、まさか……!?」



スグル「……お久しぶりです、皆さん!」


191 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 20:30:31.24 ID:Xn9uqtIPO

照星「い……生きてたんっすか!?」

スグル「は……はい。お陰様で……」

竹田「待て待て……アレ食らって何でピンピンしてんだよ?」

スグル「いや……傷跡も、ほら……」

お腹を捲ったスグル君。確かに、大きなペケ字の絆創膏がくっついている

スグル「うぅ……くすぐったい……」

月乃「……それだけで済むの?」

臓腑屋「図太いでござるな……」

飛田「センスの無いものを身につけているのだ……致し方無し!」

臓腑屋「そういう問題でござるか!?」

月神「……何にせよ、貴方が生きていてくれて嬉しいわ。スグル君」

スグル「は……はい! 皆さん、お騒がせしました!」



モノクマ「こらーーーっ!!!」




192 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 20:34:35.09 ID:Xn9uqtIPO

天地「……うわ!」

モノクマ「ちょっと……出てきただけでそんな風に言わないでよ……」

モノクマ「ボクだって傷ついちゃうんだよ。心がブロークンしちゃうよ」

瀬川「おっと、心は硝子だよ……」

古河「なんやなんや! もうモノクマの用は済んだやろ!」

デイビット「貴様の言うプレゼントとはスグル氏の事では無いのカ?」

モノクマ「違うよ! それはオマケ!」

モノクマ「安いお菓子についてる食玩と同レベルだよ!」

竹田「本命じゃねえか」

モノクマ「まずは一つ! えい!」

ピピッ! と私達の電子生徒手帳が鳴る

見ると、新しい項目が追加されていた。そこに書かれていたのは……

193 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 20:37:20.40 ID:Xn9uqtIPO

『〜NEO才囚学園 校則〜』

NEO才囚学園での共同生活に期限はありません

学園内で殺人が起きた場合、全員参加による学級裁判が行われます

学級裁判で正しいクロが指摘できれば、殺人を犯したクロだけがおしおきされます

学級裁判で正しいクロを指摘できなかった場合は、クロ以外の生徒であるシロが全員おしおきされます

クロが勝利した場合は才囚学園から卒業し、外の世界に出ることができます

夜10時から朝8時までの「夜時間」は、食堂と体育館が封鎖されます

NEO才囚学園の学園長であるモノクマへの暴力は固く禁じられています

モノクマが殺人に関与する事はありません

「死体発見アナウンス」は3人以上の生徒が死体を発見すると流れます

才囚学園について調べるのは自由です。行動に制限は課せられません

モノクマの私物を破壊した場合は、如何なる都合であれ処罰の対象になります

なお、学園長の都合により校則は順次増えていく場合があります

194 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 20:38:11.09 ID:Xn9uqtIPO

瀬川「……校則?」

天地「うわーごちゃごちゃしてるー」

竹田「気になる単語が幾つかあるな……」

吊井座「お、おしおきとか……学級裁判ってなんなんだよ……」

モノクマ「まだ慌てる時間じゃない。その内わかるよ!」

朝日「ねぇねぇ、一つって事はぁ、まだ他にもあるのぉ?」

モノクマ「そのとーり! オマエラ、ボクに着いてきてくださーい!」

駆村「……嫌な予感しかしないんだが」

照星「自分メンドーっすから、先輩達に任せていいっすか?」

月神「ダメよ。皆で行きましょう」

月神「もしかしたら、本当にいいものかもしれないわよ?」

御影「本当かなぁ……」

正直、私だって行きたくはない

けど、本当にいいものの可能性も捨てきれない

疑問を抱きつつ、皆は揃ってモノクマに着いていった

195 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 20:39:12.82 ID:Xn9uqtIPO

――『ゲームセンター』――



モノクマ「じゃーん! どう?」

月乃「……これは?」

御影「よくゲーセンで見るやつだね……」

これは……アーケードゲームの筐体?

モノクマ「オマエラには一生をここで過ごして貰うので、娯楽は必須でしょ?」

モノクマ「なので、ボクセレクトで新たにゲームを入荷しましたー!」

モノクマ「構想十年の巨大力作! オマエラもドハマリ間違いなし!」

古河「タイトルはなんなんや?」

モノクマ「題名は……『ゲンキゼロ』!」

瀬川「パクリだ! すっごいグレーから離れたアウトなラインのパクリだ!」

しかも思いっきり最近のゲームじゃん!

モノクマ「パクリじゃないやい! 宣伝も兼ねたオマージュだやい!」

スグル「何の話ですか……?」

竹田「……で? そのなんとかってのはどんなゲームなんだ?」

196 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 20:41:02.08 ID:Xn9uqtIPO

モノクマ「どんなゲームか、ねえ……」

モノクマ「一言で言うと、死にます!」

吊井座「ひいっ!?」

瀬川「死ぬ……死にゲーって事?」

照星「まさかプレイヤーが死ぬってオチじゃないっすよね!?」

モノクマ「流石にそんな事はしないよ。死ぬのはあくまでゲームのキャラだけ」

陰陽寺「くだらん。僕は電子遊戯等興味も無い。帰らせて貰う」

モノクマ「うぷぷ……クリアした人には、外の世界の様子が見られるけど?」

陰陽寺「何?」

臓腑屋「成程……そうして拙者等にこれをやらせようという魂胆でござるな」

デイビット「だガ、我々は救援を待つ身ダ。随分と余裕そうだナ?」

モノクマ「余裕ねぇ。その言葉、そっくりオマエラに返上するよ」

モノクマ「それじゃあボクからのプレゼント、楽しんでね〜!」

ぴょいーんと飛び跳ね、何処かへ消えるモノクマ

……どっから出てきてどうやって消えるんだろう?

197 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 20:42:15.74 ID:Xn9uqtIPO

スグル「……えっと、どうします?」

御影「やってみようよ! せっかく新しいゲームなんだし!」

月乃「…………私は反対。罠かもしれない、何があるかもわからない」

竹田「そもそもよお、これってコインを投入して遊ぶタイプじゃねえか?」

瀬川「そうだね……ほら、ここに投入口があるし」

デイビット「コインが無けれバ、遊ぶ事が出来ないト?」

瀬川「うん……残念だけど……」

アーケードゲームをやれって言うなら、せめてコインくらい用意してくれても……

天地「あーっ! これじゃない!?」

古河「あるんかい!」

あるなら先に言ってよ!?

朝日「でもぉ、十六枚しか無いよぉ?」

駆村「それは……俺達が一人一回しか出来ないな」

つまり……ザンキは十六って事ね

瀬川「それじゃあ……私からしてみるね」

コインを一枚手に取り投入する。画面にセレクト画面が映る

出来るかわかんないけど……ノーコンティニューでクリアしてやる!


198 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 20:43:06.83 ID:Xn9uqtIPO

デスロードの代わりのゲームクリア判定

99か00でクリア。ミスしてもペナルティはありません

出席名簿順に下1〜16(連投推奨)
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:44:48.77 ID:B1TY6oNw0
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:46:34.90 ID:LR3jgMjDO
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:46:48.39 ID:B1TY6oNw0
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:47:24.01 ID:B1TY6oNw0
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:47:53.95 ID:B1TY6oNw0
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:48:06.52 ID:LR3jgMjDO
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:48:38.25 ID:BLhx1OY60
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:49:06.88 ID:BLhx1OY60
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:50:16.46 ID:LR3jgMjDO
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:52:04.11 ID:B1TY6oNw0
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:52:23.03 ID:LR3jgMjDO
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:52:34.79 ID:B1TY6oNw0
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:56:33.38 ID:B1TY6oNw0
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:56:42.27 ID:LR3jgMjDO
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:57:34.22 ID:LR3jgMjDO
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:58:48.72 ID:LR3jgMjDO
215 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 21:17:46.20 ID:Xn9uqtIPO

>全員失敗<

……と、意気込んでみたはいいものの

御影「なんだよこれ! 当たり判定おかしいだろ!?」

照星「あーもう! 何でこんな見にくい所から敵が出てくるんすか!」

竹田「ゲームバランスどうなってんだ。何で序盤の敵で9999ダメージなんか出せるんだよ……」

月乃「……クソゲー乙」

死にゲーどころか、クリアさせる気の無い無理ゲーだったというオチでした

瀬川「……もう皆プレイしたよね?」

机の上のコインはもうない。これで全員の残機が無くなったって事は……

朝日「このゲームはもうプレイ出来ないねぇ……」

デイビット「成程ナ。これがモノクマの余裕の理由だったカ」

月神「……これ以上、ここにいる理由は無いわね」

月神「皆は好きに行動して貰って構わないわ。今日も一日宜しく!」

……悔しいなあ。ゲームには自信があったんだけど


216 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 21:19:41.40 ID:Xn9uqtIPO

――『瀬川の個室』――

瀬川「あ〜! むしゃくしゃする!」

得意なゲームで、あれだけコテンパンにされるなんて!

最初は、皆が失敗してるからいいやって思ってたけど……

時間が経ってくると、なんか凄いイライラしてくる!

瀬川「……頭冷やしてこよう」

時間はたっぷりあるし……外で少し遊んでこようっと


【自由行動  開始】
【誰と話しますか?】
 ↓2(二名まで)

217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 21:26:20.35 ID:B1TY6oNw0
臓腑屋 駆村
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 21:29:50.51 ID:LR3jgMjDO
スグル 古河
219 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 21:49:11.75 ID:Xn9uqtIPO

――『倉庫』――


スグル「あっ……く、くすぐったい……!」

古河「我慢しぃや。これでちっとは格好よくなるやろ」

古河「……よし! これで完成や!」

スグル「あ、ありがとうございます!」

瀬川「……二人ともー、何してるの」

古河「丁度ええわ、ほれ、見てみい!」

スグル「あっ、瀬川さん! どうですか? 似合ってますか……?」

振り返ったスグル君は、いつもとは違う服を着ていた

普段とは違う雰囲気……恥じらう姿……

瀬川「尊い! 初々しさが尊いよぉ!」

スグル「と、尊い?」

古河「なんやよう分からんが……気に入ったんやないか?」

瀬川「最高だよ最高! ありがとう古河さん!」

スグル君のプチファッションショーを見学して過ごした……

どうしよう? もう少しどっちかと話してみようかな?

【どちらと話しますか?】
 1:神威 スグル
 2:古河 ゆめみ
 ↓2(内容も含めて)
220 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 23:45:53.71 ID:KgC2b9KCO
文字通りお話にならないので、今回は自動進行にします
221 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/28(土) 23:46:29.05 ID:KgC2b9KCO

……ふぅ、楽しかった

少しは気が晴れたかな……?

でも、まだ時間はあるし遊んでいよっと

【自由行動  開始】
【誰と話しますか?】
 ↓2(二名まで)

222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 04:26:31.26 ID:xj5EF7eb0
陰陽寺、照星
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 06:30:37.88 ID:PLYr/o7e0
224 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 20:12:29.92 ID:HDvGOmaLO
20:30に再開します
コミュ方式は他スレの様に此方で選択肢用意した方がいいですか?
もしそっちの方がいいならば二章からはそうしますが
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 20:19:29.97 ID:2iceSCjd0
了解しました
選択肢+自由安価の方がいいです
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 20:21:59.86 ID:zua9UHODO
選択肢もあった方がいいかな
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 20:22:31.74 ID:zua9UHODO
選択肢があった方がいいかな
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 20:24:50.04 ID:zua9UHODO
すみません連投しました
229 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 20:31:04.76 ID:HDvGOmaLO

――『体育館』――


陰陽寺「………………」

照星「おーんーみょーうーじーせーんーぱーいー!」

照星「ずっと素振りばっかじゃつまんないっすよー! 固くて太い棒ならもっと握るモノが……」

陰陽寺「うるさいぞ。僕の邪魔をする者は誰であれ……」

陰陽寺「叩きのめしてやる」

照星「え……ちょ、竹刀こっちに向けるのは何でっすか……?」

瀬川「ストーップ! 周りの人がヒく様なハードな喧嘩はダメーっ!」

陰陽寺さんって、見た目に反して結構喧嘩っ早いよ!?

照星「あ、あざっす先輩……」

瀬川「もう。これからは陰陽寺さんには不用意に近づいちゃダメだよ?」

照星「にへへ……気を付けるっす!」

陰陽寺「僕は蛇か何かか?」


1:近づいたら噛む所とか……?
2:絶対に反省してないでしょ!
3:自由
 ↓2(内容も含めて)

230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 20:37:51.02 ID:2iceSCjd0
2
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 20:38:44.47 ID:zua9UHODO
1
232 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:03:44.13 ID:HDvGOmaLO

瀬川「近づいたら噛む所とか……?」

陰陽寺「……………………」

瀬川「そうやって人を睨む所とか……」

照星「にししっ! 陰陽寺先輩はすらりとしたスレンダーな体型っすもんね!」

陰陽寺「この体についてどうこう言われたくはない。これも自己研鑽の結果だ」

照星「だったら、自分のこのおっきな胸も自分の努力の賜物っす!」

瀬川「あーもう……下らない事してないで戻るわよ」

全く、隙あらばなんだから……

233 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:04:35.72 ID:HDvGOmaLO

【陰陽寺 魔矢  通信簿1】



瀬川「……よく飽きないよね。素振り」

陰陽寺「……………………」

瀬川「ずっと脇目も振らずにさ、私には出来ないよ」

陰陽寺「……………………」

私の会話に、ひゅんひゅんと風切り音だけが響く

こうしていると、壁と話している気分になってきて虚しい……

瀬川「でも意外だな。ヒーローよりも、剣道家の方が似あ……」

陰陽寺「…………うるさい」

瀬川「え?」

陰陽寺「気が逸れた。もう帰る」

どうしたんだろう? いきなり不機嫌になったけど……


『通信簿が解放されました』
『日課の様に、素振りを続ける陰陽寺
 瀬川が剣道家の様だと言うと、何故か不機嫌に去っていったが……?』

234 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:05:35.98 ID:HDvGOmaLO

キーンコーンカーンコーン!

『えー、夜の10時をお伝えします!』

『それではいい夢を、お休みなさい……』

瀬川「あっ……もうこんな時間!?」

遊び歩いてたら、いつの間にか夜時間になっちゃった……

早く寄宿舎に戻らないと、ね

「ちょっと待ったーーー!」

瀬川「ひゃあ!?」

いきなり大声を掛けられ、足が止まる

振り向いた先にいたのは……

瀬川「……天地さん?」

235 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:06:39.99 ID:HDvGOmaLO

――『寄宿舎 個室前』――

ぴんぽーん



『はーい、どちら様ですか?』

天地「ワレワレハ、ウチュウジンダ」

『その声は……天地さんですね。少しお待ちください』

スグル「お待たせしました……あれ、瀬川さんも一緒だったんですか?」

瀬川「あはは……まぁね」

スグル「それで……何か用ですか?」

瀬川「ああ、それはね……」

天地「なぁ……スケベしようや……」

スグル「えぇ!?」

瀬川「ちょっ、誤解を招く言い方は止めてよ!」

瀬川「私達は……ただ、スグル君の復帰祝いをしたいだけだよ」

スグル「…………復帰祝い?」

236 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:07:51.21 ID:HDvGOmaLO

天地「まあ、あくまで前夜祭みたいなものだけどね」

天地「一時間くらいでいいの! すぐっち、来てくれない!?」

スグル「そんな……此方こそありがとうございます!」

スグル「僕の為に用意してくれたのに、断るわけないじゃないですか!」

天地「ありがと! なら、もたもたせずに早速出発進行だ!」

瀬川「さあ早く着替えて! あんまり遅いと置いてっちゃうぞ?」

スグル「は、はい……? 瀬川さん、やけにテンションが……」

瀬川(…………あの件、本当なの?)

天地(マジマジだよー!)

本当だね……? ああ、早く行かないと!

237 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:11:37.57 ID:HDvGOmaLO

――『AVルーム』――



飛田「フッ……来たかね、スグル」

瀬川「あれ? 飛田君もいたんだ」

飛田「おお……! オレの溢れる美しさで呼び寄せてしまったのか!」

天地「そこら辺でウロウロしていたから頼んでおいたの」

飛田「美しきレディの頼みを無下に出来るだろうか? いや! 出来まい!」

要するに、雑用係ね

瀬川「ねえ、早く見ようよ! もう機材はセッティング済でしょ!?」

スグル「え? 見るって何をですか?」

瀬川「決まってるでしょ!? この、私の大好きなアニメ『マジカル☆サイバース』!」

瀬川「まさかこんな所で見れるなんて、感激だよ!」

238 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:12:16.71 ID:HDvGOmaLO

スグル「マジ……?」

飛田「な、何だと!? 何故、そのアニメがこんな辺鄙な学園に!?」

スグル「知ってるんですか? 皆さん」

瀬川「知ってるも何も、このジャケットを見てみてよ!」

瀬川「私の今着てる衣装は、このアニメのライバルキャラであるミライちゃんのものなんだよ!」

瀬川「このアニメはよくある魔法少女モノなんだけど……あっ、魔法少女モノって言うのはね、有り体に言うと……」

天地「皆ー! コーラ持ってきたよ!」

天地「はずっちにはお水ね。これ飲んで皆でアニメ観賞しよーよー!」

スグル「はい! 楽しみです!」

説明キャンセルされた……まあいいや

239 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:13:15.21 ID:HDvGOmaLO

『皆〜! ミライちゃんのぉ〜カワイイ姿でキュンキュンしてねぇ〜!』

スグル「……朝日さんみたいな人ですね」

飛田「可憐な乙女が媚びる姿というものはなんとも良きものだ」

感想がなんともゲスい

『ミライ!? どうして助けたの……!?』

『勘違いしないで。キズナを倒すのは私しかいないだけなんだから』

スグル「誰ですか……?」

瀬川「え? ミライちゃんだよ?」

スグル「この人がですか!?」

瀬川「そのギャップがイイんだよ! 変身ヒロインの魅力はね……」

天地「あ、エンディングだ。これで上映はおしまいでーす!」

飛田「オレは戻ろう。さらばだ! 良き夜を過ごしたまえ!」

240 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:14:00.20 ID:HDvGOmaLO

瀬川「……ねえ、天地さん」

天地「どったの? ちさっち」

瀬川「前夜祭とはいえ、アニメの観賞会はスグル君とは関係無いよね?」

天地「あはは! そうかなー?」

瀬川「もしかして、天地さん……」

天地「瀬川さん。私は先生だから、皆のやる事に口出しするつもりは無いの」

天地「だけど、相談事には乗れるから、困った事があるならいつでも言ってね」

天地「はい! 後片付けはりぼんちゃんがするから、ちさっちは帰ってよし!」

瀬川「……そう。おやすみ」

天地「おやすみー!」

……貴女の本心はわからない

けど、私の心が軽くなったのも確かだ

今日の思い出を胸に、私は眠りに落ちていった……


241 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:15:02.51 ID:HDvGOmaLO

キーンコーンカーンコーン!


『えー、朝の8時をお伝えします!』


『オマエラ、今日も一日張り切っていきましょーう!』


瀬川「……ふぁあ」


好きなアニメを見て、少し気分が落ち着いた気がする


早く皆の所に行こう。心配かけさせない為にもね

242 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:15:47.21 ID:HDvGOmaLO

瀬川「おはよう」

月神「おはよう。瀬川さん」

食堂にはもう皆が集まっていた

机の上には珍しく色んなものがある……

月神「今、スグル君の歓迎パーティーについて話してたのよ」

天地「ふふーん! りぼんちゃんが提案したんだよ!」

臓腑屋「拙者らは飾り付けの担当を行うのでござるよ」

駆村「俺は料理の担当だな。時雄島の郷土料理を沢山作るぞ!」

へぇ……皆色々考えてるのね

スグル「あの、本当にいいんですか?」

スグル「僕なんかの為に、皆さんでこんなに盛大なパーティーを……」

月神「当たり前じゃない。スグル君も、私達の大切な仲間なんだから」

月神「だから、申し訳無いと思うより、楽しんでくれる事が一番いいのよ」



243 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:16:33.60 ID:HDvGOmaLO

――『瀬川の個室』――

瀬川「パーティーかぁ……」

私は何の準備も担当していない。呼ばれていないからね

いつ頼まれてもいいように、部屋にいた方がいいとは思うけど……

暇だし、少しぶらついていよっと


【自由行動  開始】
【誰と話しますか?】
 ↓2(二名まで)

244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 21:21:32.19 ID:2iceSCjd0
竹田 臓腑屋
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 21:26:10.15 ID:zua9UHODO
吊井座 月乃
246 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 21:36:23.48 ID:HDvGOmaLO

――『中庭』――



月乃「……パーティー、楽しみ」

瀬川「そうね、スグル君も元気そうだし大団円ってやつ?」

外でペンを走らせている月乃さんと雑談する。楽しみな事に嘘は無いしね

……? 向こうから誰か来るみたい

吊井座「ゲッ……!? お、お前ら、何でここにいるんだよ!?」

瀬川「何でって……私達がここにいたら問題でもあるの?」

月乃「……そもそも、ここは立ち入り禁止でも貸し切りでもない」

吊井座「そそ、そういう意味じゃ……」

今、何かを後ろに隠したわね


1:力ずくで奪う
2:見せてもらう様にお願いする
3:自由
 ↓2

247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 21:41:35.39 ID:zua9UHODO
3何を隠したのか月乃と推理する
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 21:49:18.72 ID:2iceSCjd0
249 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 22:18:41.22 ID:HDvGOmaLO

瀬川「……………………」

吊井座「な、何だよ、何見てんだよ」

力ずくで奪ってもいいし、お願いしてみてもいい

けど、ここは……

瀬川「ねえ、何隠したと思う?」

月乃「……えっちな本」

吊井座「!?」

瀬川「でも外でそんな本読むのかな?」

月乃「……なら、千早希は何だと思う」

瀬川「えー、そうだなぁ……」

吊井座「クソ! お、俺が黙ってりゃ好き勝手言いやがって……!」

吊井座「そんなに見たけりゃ見せてやるよ……クソッ!」

瀬川「これって……イラストアプリ?」

吊井座「モノクマの奴にインストールさせたんだよ……」

吊井座「せっかく何か描こうと思って来たのに……邪魔しやがって……」

月乃「……それは申し訳無い」

瀬川「イラスト、楽しみにしてるね?」

吊井座「…………お、おう」

250 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 22:19:33.16 ID:HDvGOmaLO

【吊井座 小牧  通信簿1】 



吊井座「…………」

あ、吊井座君だ。何してるんだろ

瀬川「吊井座く……」

吊井座「!? おあぁっ!?」

吊井座「せせ、瀬川かよ……! 急に驚かせるなっつの……!」

瀬川「驚かせるって大袈裟な……」

吊井座「う、うるさいな……! 俺に構わないでくれよ……!」

瀬川「あっ、ちょ、どこいくの!?」

行っちゃった……そんな人をお化けみたいに扱わなくても……


『通信簿が解放されました』
『挙動不審で臆病な性格
 不意に話しかけただけで動転し、言葉に詰まってしまうほど』

251 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 22:21:56.50 ID:HDvGOmaLO

瀬川「イラスト楽しみだな〜」

神絵師のオリジナルイラストなんて、滅多に拝めないからね!

……まだ暇もあるし、遊んでいよう


【自由行動  開始】
【誰と話しますか?】
 ↓2(二名まで)

252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 22:25:42.91 ID:zua9UHODO
駆村 飛田
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 22:34:00.72 ID:2iceSCjd0
竹田 臓腑屋
254 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 22:43:10.21 ID:HDvGOmaLO

――『図書室』――



気分転換に図書室に来てみると……

瀬川「……あれ、珍しい二人だ」

竹田「よう瀬川の嬢ちゃん。読書か?」

臓腑屋「ここは希少な書物も豊富。書を読むにはうってつけでござるよ」

瀬川「うん……二人も?」

臓腑屋「然り。拙者はオーナメントの作り方を調べに来たのでござる」

竹田「俺はまあ暇潰しだな。静かな所が限られているもんでね」

竹田「つっても何も読まねえのもアレだからな。日曜大工の本でも読むか……」


1:ここの本って珍しいんだ……
2:何か作る予定でも?
3:自由
 ↓2

255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 23:03:55.25 ID:2iceSCjd0
2
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 23:05:54.59 ID:zua9UHODO
1
257 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 23:35:06.81 ID:HDvGOmaLO

瀬川「ここの本って珍しいんだ……」

竹田「ん? 言われてみればそうだな」

竹田「この本なんて初版が昭和だぜ?」

瀬川「へぇー……」

臓腑屋「しかし、奇妙な事もあるものでござるな」

瀬川「何が?」

臓腑屋「保存状態でござる。こうも古い本ならばボロボロになってもおかしくないのでござるが……」

竹田「特に処理を施した訳でも無いのに綺麗だって言いてえのか?」

臓腑屋「むむむ……拙者の思い違いであればいいのでござるが」

……よくわかんないけど、珍しい本が読めてラッキーって思っておこう

258 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 23:36:13.97 ID:HDvGOmaLO

【臓腑屋 凛々  通信簿1】



瀬川「あっ……お水こぼしちゃった……」

どうしよう……雑巾取ってこないと……

臓腑屋「大丈夫でござるか?」

瀬川「うわぁ!? いつの間に!?」

確かに誰もいなかったのに……いたの!?

臓腑屋「拙者の布巾を使うといいでござる。瀬川殿、衣服は?」

瀬川「あ、大丈夫……」

臓腑屋「それなら良し……御免!」

そう言うと、臓腑屋さんはどこかへ消えていった……

瀬川「ニンジャじゃないならいったい何者なの、臓腑屋さん」

臓腑屋「だから、拙者は忍者ではないのでござる!」


『通信簿が解放されました』
『気配を全く感じさせずに側に表れ、消え去った臓腑屋
 その姿はニンジャの様だが、本人は頑なに否定していた』

259 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/07/29(日) 23:38:47.84 ID:HDvGOmaLO
本日ここまで
(非)日常編も中盤なので、現時点で好きなキャラや薄いと感じるキャラ等いれば教えていただけるとありがたいです
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/30(月) 08:53:08.70 ID:4156yXDDO
乙です
好きなキャラは御伽兄妹です
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/01(水) 22:34:05.10 ID:3Vw7VFbrO
はいエタ
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/03(金) 13:30:17.09 ID:BVkIB2ilO
デイビットの名前が元スレで出たときから印象に残ってた
キャラも頼りがいのある感じで好きです
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/03(金) 18:25:11.72 ID:5yC4jWyV0
臓腑屋さんのキャラは驚いたけど納得
264 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 21:36:06.37 ID:9jvrr11+O
再開します
感想ありがとうございます。励みになります
265 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 21:36:48.55 ID:9jvrr11+O

キーンコーンカーンコーン!

『えー、夜の10時をお知らせします!』

『それではいい夢を、お休みなさい……』

瀬川「ふぁ……お休み……」

ベッドに倒れ、目を閉じる。頭の中には朝の言葉が響いていた

瀬川「……………………」

パーティー。皆でワイワイするのは好きだ

助けが来ないけど、今は………

…………今は?

瀬川「……いつ、来るんだろう」

まあいいや……そう考え直して、私の意識は消えていった



266 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 21:37:27.97 ID:9jvrr11+O

キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切っていきましょーう!』

『……それと、ボクからどうしても伝えたい事があるので……』

『至急、NEO才囚学園校舎前に集合してくださーい!』

瀬川「……また招集?」

せっかく、今日はパーティーなのに……

でも、サボッて難癖つけられるのも癪だから行くしかないか……

瀬川「……早く終わるといいなぁ」


267 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 21:38:10.05 ID:9jvrr11+O

――『才囚学園 校舎前』――



月神「……全員、揃ったわね?」

御影「えーと……多分!」

古河「多分じゃダメやろ! ちゃんと点呼確認せな!」

駆村「大丈夫だ。瀬川が来たから全員が来ているぞ」

……また私が最後かぁ。目覚まし時計でもかけてみようかな

竹田「んで? 俺らにいったい何の用だい、モノクマさんよお」

飛田「簡潔に、明瞭に、かつ、美しくまとめて話したまえ!」

モノクマ「……あのさあ。何でオマエラコロシアイしないの?」

モノクマ「こう、ハングリー精神が足りないんじゃない? 殺られたら殺り返す気概がないんじゃない?」

月神「……何を言っても、私達の気持ちは変わらないわ」

月神「私達の育んだ絆は、絶望だって乗り越えてみせる!」

月神「コロシアイなんかに、絶対に負けないわ!」

瀬川「月神さん!? それフラグ!?」

268 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 21:39:01.98 ID:9jvrr11+O

古河「せやせや! はよすっこんどれやダサグマ!」

照星「しゃー! 早くどっか行かないと自分がぶっ飛ばしちゃうっすよ!」

朝日「ふぁあ〜眠いよぉ〜」

吊井座「そ、そもそも……ひ、人を殺すなんて、出来る訳ないだろ……」

モノクマ「ん? 今、出来る訳ないって言ったよね?」

吊井座「ひっ!?」

モノクマ「頑張れ頑張れ出来る出来る絶対に出来る頑張れもっとやれるってやれるやれる気持ちの問題だってそこだ!」

モノクマ「つまり、オマエラに不足しているのは殺る気、凶器、そして一番肝心な動機なのです!」

デイビット「動機……かネ?」

御影「そ……そんなのいらないよ!」

御影「だって……いつかは、助けが来るはずなんだからさ!」


269 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 21:39:38.04 ID:9jvrr11+O

モノクマ「……いつか? うぷぷぷぷ」

モノクマ「そういえばもう5日も経ちましたが……助けは来そうですかね?」

そっか、もう5日……5日も!?

スグル「そ……それはっ!」

飛田「ハッハッハ! そんなもの、未だに手こずっているだけだろう!」

月乃「…………それ、かなりマズい状況」

陰陽寺「くだらない。救援なんて無くても自力で出てみせるさ」

臓腑屋「いざとなれば、拙者も全力をつくす所存でござる」

天地「そうだそうだー! 希望を持って前向きに進めば目的地に行けるんだ!」

モノクマ「うぷぷぷ……うぷぷぷぷぷ……」

モノクマ「ぶひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃっ!!」

瀬川「な……何がおかしいの?」

モノクマ「いやー可笑しいのなんの! 可笑しくって腹痛いわあ!」

モノクマ「それでは発表しちゃいます! 今明かされる衝撃の真実!」


270 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 21:47:40.44 ID:EAFiFFS3O










モノクマ「オマエラは、捨てられてしまいましたー!」


271 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 21:48:48.10 ID:EAFiFFS3O

瀬川「…………は?」

飛田「な、なな、何を、言って……?」

臓腑屋「す……捨てられた。とは……」

モノクマ「言葉通りの意味だよ。オマエラはね、友人から、家族から、世界中から……」

モノクマ「必要ないって、いらないって、ぽいって捨てられたんだよ!」

月神「そ……そんなの嘘よ!」

モノクマ「嘘じゃないよ! 誰も助けにこないのがその証拠じゃん!」

竹田「んな事言われてもよお……」

照星「そんなの、自分達からじゃ本当か嘘かわかんないっすよ!」

モノクマ「だったらコロシアイすればいいだろ!」

モノクマ「どうせゴミなんだし、死んだ所で悲しまれないだろうし……」

モノクマ「もしかしたら、邪魔物を排除した英雄扱いされるかもね!」

モノクマ「うぷぷぷぷぷぷ…………!」

272 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 21:50:35.80 ID:EAFiFFS3O

天地「……………………」

御影「は、ははは……何をバカな事を……」

月乃「…………理解不能」

デイビット「……これがその動機かネ?」

モノクマ「うぷぷっ、良いコロシアイ学園生活を!」

駆村「あっ、待て! ……クソッ!」

……捨てられた? 私達が?

捨てられたから助けは来ない。そう断言してモノクマは去っていった

残された私達は、全員顔が真っ青だ

……当然だよ。いきなり、自分が世界から見捨てられたなんて信じたくない

じゃあ……何で助けは来ないの……?

273 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 21:51:22.60 ID:EAFiFFS3O

朝日「……ねぇ、どうするぅ?」

朝日「こんな状況じゃあ、パーティーしてもつまらないと思うんだぁ」

吊井座「あ……当たり前だろ!? そんなのやってられるかよ……!!」

瀬川「確かに……そうだよね……」

瀬川「捨てられたって言われて……平気な人なんていないもん……」

照星「そ、そんな事言われたら……自分も悲しくなるっすよ……」

陰陽寺「…………ふん」

臓腑屋「士気を砕かれたのは事実でござるな……」

竹田「なら、今回のパーティーは計画倒れって事で中止にするか?」

竹田「どうなんだ、リーダー。アンタらの意見が今すぐに必要なんだ」

御影「そんなの決まってるよ! 計画は中止して……」

月神「いいえ、パーティーの計画は続行するわ」

274 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 21:52:06.45 ID:EAFiFFS3O

瀬川「……!?」

御影「えぇ!? なんでさ!?」

月神「パーティーの中止……それこそが、モノクマの狙いだからよ」

月神「モノクマは、私達に結託されると困るから、あんな事を言ったのよ」

デイビット「つまリ、あれは全てモノクマの虚言だト?」

月神「私はそう思うわ……皆は?」

天地「……そうだね! りぼんちゃんもあずにゃんに賛成するー!」

飛田「その気高き魂……実に、実にビューティフル!」

月神「なら! 皆でパーティーを続けましょう!」

古河「はぁ……こら、やらんとアカンな」

吊井座「わ、わかったよ……」

月乃「……仕方ない。賛成」

御影「まあ? ボクは最初から賛成してたけどね!」

古河「嘘つけや!」

……月神さんの一声で、皆が纏まった

ただ一つ、私の心に黒いモノを残して

月神「パーティーは今日の夜よ。絶対に成功させましょう!」


275 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 21:53:24.08 ID:EAFiFFS3O

瀬川「……月神さん。私も何か手伝える事があるなら手伝うよ?」

月神「瀬川さん……そうね。皆の様子を見てきて貰えるかしら?」

月神「動機の事もあるし……まだ、冷静になりきれていない人もいると思うの」

瀬川「そう。わかったよ」

どうやら私は必要とされていないらしい

かといってぼっちになるのも嫌だから、冷やかしに行ってこようかな



【自由行動  開始】
【誰と話しますか?】
 ↓2(二名まで)

276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/03(金) 21:57:36.12 ID:U+hsHoyaO
デイビットと天地
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/03(金) 22:02:18.60 ID:ovfpBB8N0
278 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 22:21:54.71 ID:EAFiFFS3O

――『食堂』――



天地「でいびー! そっちにこれつけといて!」

デイビット「フーム……これの事かネ」

天地「そそ、それそれ! それは低い位置に付けといてね!」

天地「結構硬いから、落っこちたら頭怪我しちゃうもん!」

デイビット「でハ、このオーナメントは机の位置に取り付けよウ」

瀬川「へぇー、結構綺麗になってるね」

デイビット「清掃用具は倉庫に揃っていたからナ。数人でやればこんなものダ」

天地「ちさっちも何か飲む? 紅茶、緑茶、番茶、抹茶、何でもあるよ!」



1:お茶、入れられるの?
2:飾り付け手伝おうか?
3:自由安価
 ↓2
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/03(金) 22:22:18.94 ID:ovfpBB8N0
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/03(金) 22:28:33.25 ID:bG0vpLZDO
1
281 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 23:06:10.72 ID:EAFiFFS3O

瀬川「お茶、入れられるの?」

天地「もっちろん! こう見えて茶道に自信あるからね」

デイビット「ほウ。天地女史は見かけによらず多芸なのだナ」

天地「家庭教師だからね!」

瀬川「説得力がある様なない様な……」

天地「……はい! どーぞ!」

デイビット「これはこれハ……結構なお手前デ」

瀬川「……美味しい!」

天地「でしょでしょ!? りぼんちゃんは何でも出来るんだから!」


282 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 23:06:36.68 ID:EAFiFFS3O

【天地 りぼん  通信簿1】



瀬川「天地さんって家庭教師だよね?」

天地「そうだよ!」

瀬川「普段、どんな事教えてるの?」

天地「えっとね、勉強教えたりサッカーしたり料理したり!」

瀬川「レパートリー多いね!?」

家庭教師って、トライさんみたいなのを想像してたんだけど……

天地「りぼんちゃんはね、色々出来るんだ。だからそれを一緒にやるの!」

瀬川「……そこまでする?」

天地「する!」


『通信簿が解放されました』
『家庭教師として、様々な技能を習得している天地
 いくら教師とはいえ、そこまでするかと疑問に思う瀬川だった』


283 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/03(金) 23:07:49.80 ID:EAFiFFS3O
本日ここまで
いつも少なくてすみません
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/03(金) 23:19:04.42 ID:HswaIpqbo
おつです
「捨てられた」か、果たして今作はどんな世界観なのか
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/03(金) 23:24:40.18 ID:xjZWaBkP0
くっさ
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 07:48:06.26 ID:ipF3Yskz0

この動機でどんな事件が起こるか
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 21:12:50.39 ID:+ZH0+jEp0
おつ
何人か刺さりそうな人はいるけどはてさて
288 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 21:32:48.31 ID:h3LrWCMVO
再開します
289 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 21:33:30.89 ID:h3LrWCMVO

……一服も終えたし、散策再開

パーティーには出し物をする人もいるみたいだし……

それっぽい人に話してもいいかもね

瀬川「……まあ、しない人もいるけどね」

これと言って何も出来ない、私みたいに


【自由行動  開始】
【誰と話しますか?】
 ↓2(二名まで)

290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 21:58:08.92 ID:i+7Ib8U6o
朝日と照星
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 22:00:45.41 ID:j9kbweqI0
朝日 月乃
292 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 22:17:56.29 ID:h3LrWCMVO

――『倉庫』――



月乃「…………辞世の句は?」

朝日「や、止めてよぉ月乃ちゃん……私は何もしてないよぉ」

月乃「……黙れ、恥晒し」

瀬川「ちょ、ちょっと……何してるの?」

倉庫には色々なものがある。飾りつけのオーナメントとかもそうだね

そんな色々ある倉庫の一角で……とんでもない兄妹喧嘩が勃発していた

月乃「……千早希。こいつは今、倉庫から薬品を持ち出そうとしていた」

瀬川「や、薬品!?」

それって、毒薬とか……!?

朝日「誤解だよぉ。私が取ったのはビタミン剤だってばぁ」

見せてきたのは確かにビタミン剤のラベル。いや、中身を入れ換えたのかも……

月乃「……怪しい行動は控えて貰う。それは没収」

朝日「あぁん。いけずぅ」


1:でも、どうしてビタミン剤なんか……
2:なんだか、姉と妹みたいね
3:自由安価
 ↓2

293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 22:25:30.57 ID:DIK/YYbDO
3 今ここでそのビタミン剤飲んでみて
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 22:35:02.66 ID:i+7Ib8U6o
上で
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 22:36:32.01 ID:j9kbweqI0
1
296 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 22:57:47.24 ID:h3LrWCMVO

瀬川「だったらさ……そのビタミン剤、飲んでみてよ」

月乃「……………………!?」

朝日「……どうしてぇ? 月乃ちゃんに没収されちゃうのにぃ」

瀬川「中身が普通のビタミン剤なら問題ないでしょ?」

瀬川「本当にビタミン剤なら、簡単に飲めるはず……だよね」

朝日「……………………」

朝日君の目は、まるでチョコレートをドロドロに溶かしたみたいに輝いている

粘性のある液体の様な、鈍く、妖しい光を放っていた

朝日「……わかったぁ、いいよぉ」

ビタミン剤を幾つか手に取る。そのまま口の中に運び、飲み込んだ

朝日「……ほらぁ、何ともないよぉ」

月乃「……でも、没収」

朝日「ふぇぇ。酷いよう月乃ちゃあん」

瀬川「ま、まあよかった……ね?」

とにかく、これは本当にただのビタミン剤だったみたいね

でも……何だったんだろう。気のせい……でいいのかな?

297 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 22:58:23.93 ID:h3LrWCMVO

【御伽 朝日  通信簿2】



瀬川「ねぇ、どうして女装してるの?」

瀬川「妹もいるのに、女の子の格好するなんて……」

朝日「あは。だってぇ、女の子の方が得なんだもぉん」

瀬川「と、得?」

昨今は女尊男卑が叫ばれる位に男の肩身が狭いって色んなサークルの人から……

って、そういう事じゃないよね。流石に

朝日「女の子だと色々な人からちやほやされるしぃ、話題性も大きいんだよぉ」

朝日「それにぃ、男の子の方が可愛いと思うんだよねぇ」

瀬川「そ、そう……」

何て言うか、この人結構したたかね……


『通信簿が解放されました』
『朝日が女装している理由は、そちらの方が得をするから
 月乃とよく似たルックスを利用する等のしたたかな性格』

298 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 22:59:01.75 ID:h3LrWCMVO

瀬川「……そろそろかな?」

パーティーの時刻は夕暮れ時。日が落ちて涼しくなるタイミングだ

そこから夜時間まで、食堂で皆とお茶し合うのが今日のパーティー

中には、何かしらの一発芸をする人や、お手製の料理を振る舞う人もいるみたい

私は……まあ、この姿が一つの芸みたいなものだし

それに、パーティーは全員参加。私にも参加する権利があるんだ

瀬川「……よし!」

……どうしてパーティーに行くのに気合いを入れる必要があるんだろう

そんな自分に苦笑しながら、食堂へと足を進めていった

299 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 22:59:45.60 ID:h3LrWCMVO

――『食堂』――



御影「えー……本日はお日柄もよく……」

月乃「…………つまらない。凡人並」

竹田「もっとこう……無かったのか?」

陰陽寺「僕はもう帰るぞ」

御影「うるさいな! 開会の挨拶くらいボクの好きにやらせてよ!」

スグル「あはは……」

天地「皆ー! ここにりぼんちゃんが淹れたコーヒーがあるから……」

天地「一人一つずつ取っていってね!」

コーヒーかぁ……本当に飲んでもいいの?

駆村「色々あるな……一杯貰うか」

吊井座「さ、サンキュー……」

朝日「あは、毒とか入ってなぁい?」

臓腑屋「この状況下で入れるはずがあるまい。自白している様なものでござる」

……それもそっか。うん。大丈夫大丈夫

月神「それでは……スグル君の復帰と、私達のこれからの平和を願って!」

月神「かんぱーいっ!」


300 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 23:00:55.40 ID:h3LrWCMVO

瀬川「……うん。美味しい」

古河「思ったんやけど、スグルはブラックコーヒー飲めるんか?」

照星「ブラックコーヒーはオトナの味っすから、スグルんには刺激的っすよ〜」

スグル「の、飲めますよ! 僕だって黒いコーヒーくらいなら……」

デイビット「無理に飲む事はあるまイ。天地女史も多目に見るであろうヨ」

スグル「の、飲めますってば!」

天地さんの淹れたコーヒーは概ね好評。皆も口々に天地さんを誉めていた

かくいう私も、カップの中のコーヒーはもう無かったりする



駆村「御影、そろそろ始め……御影?」

臓腑屋「御影殿? ……御影殿!?」

御影「……………………」


301 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 23:02:48.55 ID:h3LrWCMVO




ガシャン!




302 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 23:05:18.48 ID:h3LrWCMVO

御影「マッズぅうぅううぅ!?!?」

月乃「は?」

スグル「ど、どうしたんですか?」

御影「何だよこのコーヒー! 滅茶苦茶マズいじゃんか!」

瀬川「ど……どういう事?」

天地「……ぷっ! あはははっ!」

天地「大当たりー! 一つだけこの缶のコーヒーだったんだ!」

吊井座「お、お、驚かせるなよ!?」

朝日「あは。びっくりしたぁ」

月神「え、えーと……兎に角、御影君は無事なのよね?」

月神「それじゃ、改めまして……乾杯!」

天地「かんぱーい!」

303 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 23:06:15.50 ID:h3LrWCMVO

瀬川「ふぅ……何しよっかな?」

机の一つ。用意されたお菓子を食べながら周りを確認する

食堂の一角では芸をしたり、料理に舌鼓を打つ人でごった返していた

一人でぽつんと立っているのは嫌だし、どこかに行ってみてもいいけど……

瀬川「……どこにしようかな」



1:あそこの料理、見た事無いな……
2:臓腑屋さんは軽業をするみたいね
3:何だか言い争ってるみたいだけど……
 ↓2

304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 23:08:20.53 ID:DIK/YYbDO
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 23:12:34.90 ID:+ZH0+jEp0
2
306 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 23:32:11.33 ID:h3LrWCMVO

古河「臓腑屋、何しとんねん」

臓腑屋「まずは、このロープを椅子と椅子の間に結び……」

臓腑屋「そして、ここに皿と菜箸を用意したでござる」

臓腑屋「これにて準備は万端。それでは皆様、拙者の秘技をご覧あれ!」

ぴょんとロープの上に乗り、短い菜箸で皿を回す

ある時は飛びはね、ある時は一回転。皿は箸にくっついているみたいに離れない

まるで重力を感じさせないその動きに、私達は自然と目を奪われていた

臓腑屋「ふふん! 拙者の秘策の宴会芸は如何でござったかな?」

月神「……素晴らしいわ。臓腑屋さん!」

竹田「身軽な嬢ちゃんとは思っていたがここまでとはな」

飛田「な……なんたるホッピング! これは、オレもやらねばならぬ!」

ちなみに、飛田君はお皿を全て割ったので強制終了させられましたとさ


1:駆村君がモップを用意しだしたね
2:料理って結構用意されてるんだ
3:そう言えば、スグル君は……?
 ↓2

307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 23:33:52.77 ID:DIK/YYbDO
1
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 23:34:16.25 ID:zWzDwk/T0
3
309 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/04(土) 23:59:13.33 ID:h3LrWCMVO

スグル「んー……」

瀬川「スグル君は……あ、いたいた」

スグル「わわっ!? 瀬川さん!?」

びくっと身体を振るわせるスグル君

驚くスグル君の手元には、さっき配られたコップが……

瀬川「……もしかして、まだそのコーヒー飲んでた?」

スグル「うぅ……すみません。やっぱり僕は甘い方が……」

素直に甘いコーヒーがいいって言えばいいのに……

瀬川「……砂糖取ってきてあげよっか?」

スグル「……いいんですか?」

瀬川「遠慮しなくてもいいよ。スグル君は私が初めて会った子だし……」

瀬川「運命を感じるから……なんてね」

スグル「……ごめんなさい」

スティックシュガーを数本くすねて、スグル君に渡す

それをくるくるとかき混ぜて、ちびちびとコーヒーを飲み始めた


1:朝日君と月乃さんが喧嘩してる……
2:照星さん、今日は静かね
3:……この箱、何だろう?
 ↓2

310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 00:02:13.36 ID:V/5tZ6lX0
3
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 00:04:05.77 ID:svDJHByy0
3
312 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/05(日) 00:17:37.05 ID:9ZxnL/tBO

瀬川「……そう言えば、これって何?」

いつの間にか机に置かれていた箱。正直怪しい……

照星「わかんねーっす。いっそここでご開帳するっすか?」

瀬川「えぇ……ビックリ箱かもしれないし照星さんが開けてよ……」

デイビット「なんの騒ぎかネ?」

天地「わ! なぁにその箱ー!」

駆村「いつの間に……とりあえず、俺が開けてみよう」

御影「だだだ、大丈夫!?」

駆村「時雄島では危険物処理の資格が無いと入学出来ないからな」

陰陽寺「どけ。僕が開ける」

どういう事なの、時雄島……そして陰陽寺さん、いたのね

陰陽寺「……これは、コピー紙?」

慎重に陰陽寺さんが取り出したのは、一枚の紙だった

そこに描かれていたのは……

月乃「……これは、あの時の?」

瀬川「完成してたんだ……吊井座君」

吊井座「お、お、おう……まあな」

陰陽寺「何故紛らわしいをした。言え」

吊井座「う、うるせえ! 俺のイラストを何処に仕舞おうが勝手だろ!?」

ただの照れ隠しだね。全くもう……

313 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/05(日) 00:19:14.72 ID:9ZxnL/tBO
本日ここまで
そろそろ事件までいけると思います
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 00:24:01.20 ID:knpy/vv1o
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/05(日) 00:25:45.46 ID:V/5tZ6lX0
乙です
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:30:39.89 ID:g1WCJ1Tb0
女子17番・畠山和華(はたけやま・わか)

茶道部。女子文化部グループ。
お花・お茶が趣味のおしとやかなお嬢様。
自己主張をせず、相手の言う事を鵜呑みにしてしまいがち。

身長/153cm
愛称/和華、和華ちゃん

能力値

知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★★★☆

★☆☆☆☆

★★★★☆

★★☆☆☆

★☆☆☆☆

★☆☆☆☆
 

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器:

バスケットボール
kill:

なし
killed:

出雲淑仁(男子1番)
死亡話数:

30話
凶器:

ワルサーPPK
 

淑仁に想いを寄せている。

E=04エリアにて潜伏していたが、そこに淑仁がやってきた。そのことに喜びを感じたのも束の間、淑仁によって心臓・顔面を撃たれ死亡。<30話>

 

和華様ご退場です。始まる前に少し人気のあったこのコ、出番は一瞬でした(>_<)
わけがわからないまま・・・っていうのは、ある意味幸せなのかも。
何も知らないままだから。
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:31:42.33 ID:g1WCJ1Tb0
女子20番・山城このみ(やましろ・このみ)

部活は無所属。ギャルグループ。
派手な外見をしているが、内面は素朴で優しい。
鶴田香苗(女子15番)に憧れ、いつも後を追っている。

身長/151cm
愛称/このみ、このみサン、このみちゃん

能力値

知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★☆☆☆☆

★★☆☆☆

★★☆☆☆

★★☆☆☆

★★☆☆☆

★★☆☆☆
 

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器:

ヌンチャク
kill:

なし
killed:

鶴田香苗(女子15番)
死亡話数:

20話
凶器:

グロック17
 

山神弘也(男子17番)が好き。

A=07エリア(図書館)で藤野勝則(男子15番)に襲われる大谷純佳(女子5番)を救う。恋愛話で香苗の怒りを買い、頭部を撃たれ死亡。<第20話>

 

ぱっと出で即死キャラでした、が、好きな子でした。
普段は人に気を配ることのできる良い子です、書けませんでしたが。
このみちゃんにしてみれば、何で自分が死なないといけないか全くわかりませんね(汗
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:32:32.31 ID:g1WCJ1Tb0
女子5番・大谷純佳(おおたに・すみか)

部活は無所属。ギャルグループ。
いつもよく通る声で教室で騒いでいる。
ガラはやや悪いが、人と打ち解けやすい。

身長/157cm
愛称/純佳、純佳ちゃん、純佳サン

能力値

知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★☆☆☆

★★☆☆☆

★★★☆☆

★★☆☆☆

★★★☆☆

★★★☆☆
 

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器:

金槌
kill:

なし
killed:

鶴田香苗(女子15番)
死亡話数:

39話
凶器:

グロック17
 

A=07エリア(図書館)にて潜伏していたが、藤野勝則(男子15番)と遭遇。告白されたが拒否したところ、勝則に襲われ左腕負傷。プライドを賭けて戦う事に。<19話>

勝則にやられかけたが、香苗・山城このみ(女子20番)の乱入によって救われる。しかし、恋愛話から香苗がこのみを殺害。自身も殺されそうになったが逃げ出す。危ないところで野原惇子(女子16番)に救われた。<20話>

A=03エリアで須藤大和(男子7番)・玖珂喬子(女子9番)に遭遇。喬子と皿探しをしていたが、勝則に再び襲われる。大和と惇子の乱入によって救われ、惇子と共に逃走。<32〜34話>

E=02エリアに潜伏していたが、銃声が聞こえた。逃げようとしたが香苗に見つかり、頭部被弾により死亡。<39話>

 

わかるかと思いますが、ギャル組の中で1番好きな子でした。
実はもっと早くに退場のはずでしたが、ここまで延びました。
多分、あっちゃんが助けたところから運命が狂ったのかと(そこからかい)。
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:33:12.78 ID:g1WCJ1Tb0
女子14番・高谷貴瑛(たかや・きえ)

吹奏楽部。女子文化部グループ。
気が弱いが優しい性格の持ち主。
お兄ちゃんっ子で、兄・祐樹を誰よりも慕っている。

身長/154cm
愛称/貴瑛、貴瑛ちゃん

能力値

知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★★★☆

★★☆☆☆

★★★☆☆

★★☆☆☆

★☆☆☆☆

★★☆☆☆
 

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器:

煙幕弾
kill:

なし
killed:

鳳紫乃(女子6番)
死亡話数:

第76話
凶器:

グロック17
 

出発後、甲斐駿一(男子3番)・鳳紫乃(女子6番)に襲われるが、西谷克樹(男子13番)に助けられ、共に行動する。<13話>

吉住徳馬(男子18番)を探している。同じく人探しをしている克樹と共に行動し続けることにする。<31話>

F=06エリアで襲われている徳馬を発見、再会を果たす。<47話>

C=03エリアで休息を取る。徳馬に告白され、返事をする。銃声が聞こえ、建物を飛び出した。E=02エリアで息絶えた克樹と、村主環(女子12番)・野原惇子(女子16番)を発見。錯乱するが、徳馬に押さえられ一応和解。言葉に異常アリ?<61・64話>

徳馬の言葉で少しは落ち着いた模様だが、いまだ精神不安定。F=04エリアで逢坂珠尚(女子1番)に会う。背を向けた隙に攻撃を受け、逃げるが、数発被弾する。「少し眠らせて」と告げた徳馬を看取った。<70話>

心神喪失となっていたところを、環・惇子に発見される。移動することになった矢先、鳳紫乃(女子6番)に頭部を撃たれ、死亡した。<76話>

 

高谷祐樹の妹・貴瑛ちゃんでした。元々そこまで目立たせる予定ではなかったので、この最期も予定していた通りなのです。
弱く優しい子なので、目の前で二度も仲間を失ったことには耐え切れませんでした。
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:33:52.79 ID:g1WCJ1Tb0
女子10番・河本李花子(こうもと・りかこ)

サッカー部。女子運動部グループ。
思った事は何でもずばっというキツい性格。
女子人気が高く、バレンタインに貰うチョコの量は男子をはるかに凌ぐ。

身長/163cm
愛称/李花子、李花子ちゃん、りっちゃん、リカ
特記/湧井慶樹(男子20番)とは犬猿の仲

能力値

知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★★☆☆

★★★★★

★★★★☆

★★★★☆

★★★☆☆

★★★★☆
 

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器:

おたま
kill:

なし
killed:

鶴田香苗(女子15番)
死亡話数:

38話
凶器:

グロック17
 

F=02エリアにて潜伏していたが、慶樹が甲斐駿一(男子3番)・鳳紫乃(女子6番)に襲われているのを発見、助けに行くが左足を負傷し、逆に慶樹に助けられた。<21話>

慶樹と他愛ない話をしていたが、香苗に襲われる。慶樹を護るために逃げるが、香苗に背後から撃たれ、階段から転落。追いついた慶樹に本当の想いを伝え、息絶えた。<38話>

 

自分で書いてて、思った以上に好きになれた犬猿ペアの片割れでした。
割と後先考えずに行動し続けた子だと思います。
そういう子、わたしは好きです。
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:34:26.82 ID:g1WCJ1Tb0
女子22番・若狭恵麻(わかさ・えま)

 

バレーボール部アタッカー。小夜グループ。
面倒見がよく、誰にでも優しい。
成績はクラス1位。

 

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器:

シグ・ザウエルP226
kill:

なし
killed:

良元礼(男子16番)
死亡話数:

6話
凶器:

ベレッタM93R
 

出発後小夜グループと合流したが、礼に襲われる。必死に応戦するが、足・右胸部・頭に被弾、死亡。
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:34:59.78 ID:g1WCJ1Tb0
女子18番・向井あずさ(むかい・あずさ)

 

陸上部。小夜グループ。
クールできつい性格。
森秋乃(女子19番)とは幼馴染。

 

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器:

アーミーナイフ
kill:

なし
killed:

良元礼(男子16番)
死亡話数:

6話
凶器:

ベレッタM93R
 

出発後小夜グループと合流したが、礼に襲われる。左胸に被弾、死亡。
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:35:25.96 ID:g1WCJ1Tb0
ああ、どうして――



水色と朱色のグラデーションの空。
薄汚れた校舎の壁。
愛用していた錆びた非常階段。
一部が切り取られたように欠けた手摺。
そこから差し伸べられた手。

それらが遠ざかっていくのが、妙にゆっくりと感じられた。


大きな音。
後頭部に、背中に、走る衝撃。
全身を走る激痛。

悲鳴。
駆け寄る足音。
騒ぐ、いくつもの声。


ああ、落ちたのか。
そう自覚した時には、意識は朦朧としていた。

それでも、確実に、聞こえた。
声の主が誰かまでは、朦朧とした意識の中で判別することができなかったけれど。



「        」



どうして。

どうしてこんなことになってしまったのか。

わからない。
わからない。



ただ、これだけはわかる。

自分の考えは、間違っていたこと。

そして――

守護星は、偽りであったこと。
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:37:01.64 ID:g1WCJ1Tb0
女子2番・有馬怜江(ありま・さとえ)

卓球部。女子運動部グループ。
臆病で、1人でいることを嫌う。
特に志摩早智子(女子11番)になついている。

身長/146cm
愛称/怜江、怜江ちゃん

能力値

知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★★★☆

★★★☆☆

★☆☆☆☆

★★★☆☆

★☆☆☆☆

★☆☆☆☆
 

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器:

USSR マカロフ
kill:

なし
killed:

出雲淑仁(男子1番)
死亡話数:

49話
凶器:

ワルサーPPK
 

早智子に近づく人に殺意を抱く。

E=09エリアに潜伏していたが、出雲淑仁(男子1番)に発見される。早智子を探すために手を組むが、内心殺意を抱いている。<42話>

D=04エリアで早智子・北王子馨(男子5番)に会う。発砲。2人に説得されていたが、その後ろから淑仁に撃たれ、胸部に被弾し死亡。<48〜49話>

 

中盤戦ラストを締める出来事の引き金となった怜江ちゃんでした。
ルール上2人が残るのは不可能だけど、そんなことは関係なく、ただ親友の側にいたかったという望みの結果が、こんなことに。書きにくい子でした。
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:37:54.54 ID:g1WCJ1Tb0
男子20番・脇連太郎(わき・れんたろう)

部活は無所属。不良グループ2。
将来の夢も希望もなく、ただ何となく生きている。
趣味はナンパ。

能力値

知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★☆☆☆

★★★★☆

★★★☆☆

★★★☆☆

★★☆☆☆

★☆☆☆☆
 

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器:

小刀
kill:

なし
killed:

椎名貴音(女子8番)
死亡話数:

45話
凶器:

小刀
 

J=01エリアで貴音と遭遇。恐怖で錯乱していた為、貴音に襲い掛かる。もみ合いの末、首に小刀が刺さり失血死。

 

FC3書いていて初めて主観の話がなかったレン君。いいとこなし(汗
別に嫌いなわけじゃないんですけどね、スランプ・・・
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:38:37.34 ID:g1WCJ1Tb0
女子9番・駿河透子(するが・とうこ)

バスケ部キャプテン。女子運動部グループ。
女子委員長で、しっかりしていて正義感が強い。
誰とでも気兼ねなく話ができる。

能力値

知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★★★☆

★★★★★

★★★★★

★★★★☆

★★☆☆☆

★★★★★
 

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器:

ダーツの的
kill:

なし
killed:

新島恒彰(男子15番)
死亡話数:

61話
凶器:

ベレッタM92FS
 

真田勝(男子9番)に恋心を抱いている。

F=01エリアで吉原遼(女子20番)に襲われるが、勝に救われる。自分の為にクラスメイトを殺そうとする勝に怒り、今の状況をどうにかする方法を考えようと訴える。その時銃声が響いた。銃弾は透子の体に着弾し、勝に想いを告げて息を引き取った。

 

登場が1番最後になりました透子ちゃん。
話を進めるうえでの役割としては真田君を徹底的なジェノにする事でした。
襲われていなければもっと違う事になっていたんでしょうが・・・
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:39:09.53 ID:g1WCJ1Tb0
女子8番・椎名貴音(しいな・たかね)

陸上部短距離エース。100mは県歴代1位の記録を持つ。
お姉様グループ。プライドが高く、キツい性格。
稲田藤馬(男子4番)・斎藤穂高(男子8番)の所属するバンドのファン。

能力値

知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★★★☆

★★★★★

★★★★★

★★★★★

★★★☆☆

★★★★★
 

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器:

脇差
kill:

脇連太郎(男子20番)
killed:

吉原遼(女子20番)
死亡話数:

69話
凶器:

日本刀
 

穂高が好き?

J=01エリアで錯乱した連太郎と遭遇。もみ合いの末殺害してしまう。
E=07エリアで遼を発見するが、遼に襲われる。駆けつけた遠江敬子(女子12番)を庇い、首を刺され死亡。

 

この子も気の毒な子だったなァと思います。
敬子ちゃんは大人びていたので、この子の毒舌も受け流す事ができたんだと。
この子の話をあまりかけなかったのが・・・(泣)
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/05(日) 00:40:08.93 ID:g1WCJ1Tb0
男子1番・青山豪(あおやま・ごう)

サッカー部FW。男子運動部グループ。
いつでも努力を怠らない。
笠井咲也(男子5番)・工藤久尚(男子6番)と特に仲がいい。

能力値

知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★☆☆☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★☆☆

★★★☆☆
 

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器:

Cz75
kill:

なし
killed:

結城緋鶴(女子19番)
死亡話数:

14話
凶器:

アイスピック
 

咲也・久尚・設楽海斗(男子10番)に嫉妬心を感じていた。

サッカー選手になるために優勝する事を決意するが、突然緋鶴に首を刺され死亡。

 

努力家、無念の退場でした。。
やろうとした事はともかく、1つの事に全てを捧げられる人ってかっこいいですよね。
彼のイメージ、『ホイッスル!』の主人公が元だったりします。
329 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:45:36.21 ID:H45lKSZ+O

キーンコーンカーンコーン!


月乃「……もう、夜時間」

陰陽寺「終わりか。もういいだろう」

月神「そうね……それじゃあ、今夜はここでお開きにしましょう」

色々ひと悶着はあったけど……パーティーは、概ね成功したと思う

スグル君も嬉しそうだし……

スグル「み……皆さん、楽しいパーティーをありがとうございます!」

スグル「今後とも……どうか、宜しくお願いします!」

月神「ええ! よろしく、スグル君!」

朝日「でもでもぉ、パーティー楽しかったけどぉ、問題もあるよぉ?」

御影「も、問題? 問題って?」

朝日「この食堂……誰が片付けるのぉ?」


330 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:46:44.74 ID:H45lKSZ+O

駆村「……朝にやれば良くないか?」

照星「いや、後片付けはメチャ重要っすよ。駆村先輩」

照星「ベッドも使用済みのまま帰ったら女の子から減点されるっすよ?」

古河「その例えはどうなんや……まあウチも照星に賛成するわ」

片付けかぁ……それなら私にも出来るよね

竹田「なら、今片付ける奴を決めちまうか。誰かやるか?」

月神「私がやるわ。皆はもう……」

天地「ダメダメ! あずにゃんは今夜はゆっくり休んでよ」

天地「お片付けはりぼんちゃんがさくっとやっておくからね!」

月神「そう……? なら、お願いするわ」

竹田「なら一人は天地だ。後一人くらいは欲しいが」

臓腑屋「む、誰もやらぬなら拙者が……」

瀬川「ね、ねぇ、よかったら……」

スグル「……なら、僕がやります」

瀬川「……スグル君が?」

331 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:48:23.78 ID:H45lKSZ+O

スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった

332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:48:54.00 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:49:19.98 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
334 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:49:34.66 ID:H45lKSZ+O

その日、懐かしい夢を見た

懐かしい、懐かしい……忌々しい夢を

――『???』――



『せんせー! コイツが皆のお金を盗みましたー!』

『ち、ちが……』

『ウソつきだ! 確かに机の中に入れてたじゃん!』

『ほ、本当に、わたしは……』

『じゃあ何で机の中に入ってたのよ!』

『『嘘つき! 嘘つき! 嘘つき!』』

『『嘘つき! 嘘つき! 嘘つき!』』

懐かしいなぁ。私が小学生の頃、学校のお金を盗って……

クラスの前で晒されて、皆の前で泣いた夢だ……

『うっ……ううっ……ううぁ……っ!』

『何とか言えよ! 泥棒のクセに!』

『卑怯者! ちゃんと謝りなさいよ!』

『ご……ごめ、ごめんな、さ……!』

335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:49:54.37 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:50:21.75 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
337 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:50:28.61 ID:H45lKSZ+O







『その子は悪くないよ』






338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:50:36.70 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:51:15.90 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:51:41.43 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
341 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:51:50.49 ID:H45lKSZ+O

瀬川「……っ! はぁ、はぁ……!」

瀬川「ふぅ……はぁ……夢……かぁ」

嫌な夢……あんなの、もう黒歴史として忘れていたかったのに……

どうして、楽しかったパーティーの後にあんな夢を見たんだろう……?

瀬川「まだ六時前じゃん……」

部屋の時計を確認してみたら、普段よりも早い時刻で目が覚めてたみたい

どうしよう。早起きしてもやる事は無いし、かといって二度寝する気分でも無い

瀬川「……よし、行こう」

いつも私が来るのは最後。たまには一番乗りで行くのも悪くはない、よね

掃除し終わった食堂で、ゆっくりくつろいでいよっかな

342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:51:58.37 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:52:32.79 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
344 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:52:37.80 ID:H45lKSZ+O

臓腑屋「む、瀬川殿。今朝は早く起きたのでござるな」

吊井座「よ、よう……」

瀬川「あれ……二人とも、どうしたの?」

寄宿舎から出ていく途中、臓腑屋さんと吊井座君にばったり出会った

臓腑屋さんは何かを背負っているし…

吊井座君に至っては、何故か厚手の毛布をすっぽりと羽織っていた

臓腑屋「ふふ、スグル殿が眠りについていたので運んでいる所でござる」

瀬川「スグル君が?」

スグル「んぅ、むにゃ……」

確かに、スグル君はよく眠っていた。掃除に余程力を入れていたのかな?

瀬川「ふふ……可愛い……」

臓腑屋「……時に、瀬川殿はスグル殿の事をどう思っているのでござるか?」

瀬川「うぇ!? どう思っているか?」

どう思っているか。かぁ……うぅん、特に意識した事は無かったけど……


345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:53:14.34 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
346 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:53:23.26 ID:H45lKSZ+O

瀬川「……弟、かな?」

友達と言うにはまだまだ付き合いが少ない。でも彼氏と言うには小さすぎるし……

臓腑屋「弟でござるか……確かに、生徒の中では一際幼げな雰囲気でござるな」

吊井座「ケッ、いいよな。スグルは皆から可愛がられてよ……」

瀬川「そう言う吊井座君は、何で不審者みたいな格好なの?」

毛布をすっぽりと被っている吊井座君。町にいたら、間違いなく職質されそう

吊井座「う、うるせぇな! 倉庫でジュースを被っちまったんだよ……!」

瀬川「ジュースを……それまたどうして」

吊井座「お、お、俺が聞きてえよ。どうせ天地の仕業だろ……」

あー……やりそう。そういうイタズラ好きそうだもん

瀬川「ま、水も滴るいい男。って事で」

吊井座「よくねぇよ! 近寄んな!」

347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:53:28.72 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
348 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:54:05.89 ID:H45lKSZ+O

臓腑屋「それでは、御免。また後に食堂にて会おうでござる」

瀬川「そうそう……他にも人はいるの?」

吊井座「た、竹田……さん。と、陰陽寺にデイビットなら来てたぜ」

瀬川「あー……そう。ありがとう」

これまた微妙な……でも、何でか納得する面子ではある。年寄りくさい意味で

瀬川「うん……また、後でね」

吊井座「じゃ……じゃあ、な」

臓腑屋「では、これにて」

普段とは少し違う出来事。普段とは少し違う挨拶

たった少しの違和感が、見知らぬ非日常へと続いているなんて……

この時の私は、思いもしなかった


349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:54:07.47 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:54:49.77 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
351 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:55:08.59 ID:H45lKSZ+O

――『食堂』――



瀬川「おはよ。今日は珍しく、早く起きちゃった」

竹田「おう。おはようさん」

陰陽寺「……………………………………」

デイビット「ハ、good morning!」

食堂には、コーヒーやら緑茶やらを飲んでいる面々がいた

キチンと整理された食堂の床は、まるでピカピカに輝いているみたい

食堂の隅には、昨日のゴミを纏めたのかゴミ袋が大きく膨らんでいた

瀬川「あれ? 天地さんは?」

陰陽寺「知らない。一度部屋に戻ったんだろう」

そっか。でも、スグル君を放置して一人で帰るなんて案外薄情なんだね……

竹田「そうだ、瀬川の嬢ちゃん……」

竹田「昨日はよく眠れたかい?」

瀬川「え? はい……眠れましたけど」

竹田「そうか……ならいいけどよ」

いきなり何でそんな事を聞いているんだろ……セクハラ?


352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:55:22.54 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:55:52.27 ID:ruv7MpSL0
スグル「ここまでして貰ったのに……僕は何もしないなんて嫌なんです」

スグル「だから、お願いです! せめて後片付けくらい手伝わせて下さい!」

デイビット「ほウ。スグル氏が自発的に立候補するとはナ」

照星「男の子はそういうものなんす。不甲斐ない所は見せたくないんすよ」

古河「お前はスグルのなんなんや……」

瀬川「……ねえ、片付ける人も決まったんだしもう帰ってもいいよね?」

天地「うん! さあ帰った帰ったー!」

吊井座「お、押すんじゃねえよ……!」

朝日「あぁ〜れぇ〜」

月神「それじゃあ、頼むわね。二人共」

スグル「ま、任せてください!」

天地「うん! それじゃあ皆、また明日ここで会おうねー!」

ひと悶着は終わりまで続いたけど、これで本当の終わり

早く部屋に戻ろう。明日も、変わらない日常を過ごすために

……でも、私がこの非日常に、少し胸を踊らせている事には気づかなかった
354 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:56:10.23 ID:H45lKSZ+O


その後も、次々に人が来た


駆村「よっ! 今日もよろしくな!」

朝日「ふぁぁ〜……眠いよぅ……」

月乃「……おはよう。千早希、魔矢」

次第に食堂は人が満ちて……


飛田「美しい朝! 美しいレディ! そして美しいオレに感謝を!」

古河「ホンマやかましいわ! いっぺんマジでどつき回したろか!?」

照星「古河先輩落ち着くっす! あ、先輩方もおはようっす!」

いつも通りの活気が溢れてきた


御影「おっはよー!」

臓腑屋「む、全員集まっているみたいでござるな」

吊井座「よ、よう……」


でも……月神さんだけはここに居なかった


355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:57:03.23 ID:ruv7MpSL0









モノクマ「と、言うわけでボクの本気度を見せる為に見せしめをしまーす!」

モノクマ「おいでませ! 極大雷撃召喚魔法、『ゼウスの雷霆』!!!」








356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:57:31.33 ID:ruv7MpSL0









モノクマ「と、言うわけでボクの本気度を見せる為に見せしめをしまーす!」

モノクマ「おいでませ! 極大雷撃召喚魔法、『ゼウスの雷霆』!!!」








357 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:57:42.29 ID:H45lKSZ+O

キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」

358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:57:48.85 ID:ruv7MpSL0









モノクマ「と、言うわけでボクの本気度を見せる為に見せしめをしまーす!」

モノクマ「おいでませ! 極大雷撃召喚魔法、『ゼウスの雷霆』!!!」








359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:58:44.68 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:59:13.67 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
361 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 22:59:18.02 ID:H45lKSZ+O

照星「あ! おはようっす!」

御影「ほ、ほらー! だからボクは何にもないって言っただろ!?」

朝日「言ってたっけぇ……?」

陰陽寺「全く、人騒がせな奴め」

月神「ごめんなさい。……あら? 天地さんとスグル君がまだ来てないわね」

瀬川「どうする? 呼んでこよっか?」

月神「ううん。皆が揃ってから話すわ」

月神「だから二人が来るまで……私達で最後のお片付けをしましょう!」

そう言って指差したのは……ゴミ袋の山

片すのが面倒だから、寄せ集めただけだと思うけどね……

こういう所、月神さんって細かいよね

御影「だったらボクがやるよ! 男子のリーダーだからね!」

竹田「月神の嬢ちゃんから評価されたいだけだろうよ……」


362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 22:59:24.26 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:00:17.36 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
364 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 23:00:45.31 ID:H45lKSZ+O

デイビット「何だネ、アレハ……!」

照星「い……イタズラっすかね!?」

御影「あ、アハハ! 天地さんも驚かせてくれるよね!」

瀬川「……………………」

月神「……瀬川さん!?」

ふらふらと、光に引き寄せられる虫の様に袋へと向かう

理由も、理解も、理性も無い。ただ確認するだけの行動だ

駆村「……何をする気だ!」

陰陽寺「下がれと言っているのが聞こえないのか!」

二人を押し退け、袋に手を掛ける。少し私の手が赤に汚れた

制止の声が聞こえる。困惑の声も聞こえる

……そんなの、知った事じゃない

私は、袋を思いっきり横に引き裂いた


365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:00:45.59 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:01:17.06 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:01:46.60 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:02:13.15 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
369 :こっちが先でした ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 23:02:41.00 ID:H45lKSZ+O

駆村「一人じゃ大変だぞ? 俺も少しは手伝うぞ」

御影「なら、そっちの小さいのを運んでよ! ボクはこの大きいの……をっ!?」

ビリッ!

御影「イテテ……」

駆村「無茶をするからだ……」

竹田「にしてもデケェな。何が入ってんだ? その袋」

古河「オーナメントやリースにしては、重そうやけどな」

御影君が袋を持ち上げた途端。重さに負けて袋が破れた

あんなに重いもの。パーティーで使ってたっけ……?



御影「全くもう! ホントに何が入ってるん、だよ……!?」

陰陽寺「……! 全員下がれ!」

飛田「な……なんだね、アレはッ!?」

袋が破けたお陰で、袋の中に入っていたモノが少し溢れた

溢れたモノは……真っ赤な液体。そして、私達……ニンゲンの腕だった


370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:02:41.99 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:03:09.91 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
372 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 23:03:24.08 ID:H45lKSZ+O

デイビット「何だネ、アレハ……!」

照星「い……イタズラっすかね!?」

御影「あ、アハハ! 天地さんも驚かせてくれるよね!」

瀬川「……………………」

月神「……瀬川さん!?」

ふらふらと、光に引き寄せられる虫の様に袋へと向かう

理由も、理解も、理性も無い。ただ確認するだけの行動だ

駆村「……何をする気だ!」

陰陽寺「下がれと言っているのが聞こえないのか!」

二人を押し退け、袋に手を掛ける。少し私の手が赤に汚れた

制止の声が聞こえる。困惑の声も聞こえる

……そんなの、知った事じゃない

私は、袋を思いっきり横に引き裂いた


373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:03:38.90 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:04:08.72 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
375 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 23:04:28.66 ID:H45lKSZ+O




どちゃり。と濡れた塊が下に落ちる



綺麗に掃除された床は、それだけで赤に汚染されて



私は、その塊と目が会った



その塊は……私とアニメを見てくれた。皆とパーティーをしようと言ってくれた……



……超高校級の家庭教師、天地りぼんさんの成れの果てだった



376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:04:35.28 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:05:05.24 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
378 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 23:05:26.10 ID:H45lKSZ+O



ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」



379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:05:43.83 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:06:10.88 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」
381 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 23:06:43.82 ID:H45lKSZ+O

瀬川「…………あ、嫌、嫌」

臓腑屋「……瀬川殿?」

何、で。私は、どうして、こんな……!

瀬川「嫌……違、違うよ……!」

違う、違う違う違う違う違う!!

瀬川「私じゃない! 私じゃないよ!」

臓腑屋「瀬川殿! 気を確かに!」

月神「瀬川さん! 落ち着いて、貴女がやったとは言っていないわ!」

瀬川「イヤ……嫌、いや、イヤっ!」

瀬川「イヤあぁああああああぁああああああああッッッ!!!」

自分でも情けなくなる位、大きな声で泣き叫ぶ

そして、喉が枯れて、目の前が真っ暗になって……

私の意識は、ぶっつりと途切れていた

382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:07:01.82 ID:ruv7MpSL0
キーンコーンカーンコーン!

『えー、朝の8時をお知らせします!』

『オマエラ、今日も一日張り切って参りましょーう!』



瀬川「……あれ? もうこんな時間?」

照星「月神先輩が朝になっても来ないって初めてっすよね?」

月乃「…………事件。危険」

飛田「ま……まさかッ! インポッシブルだとッ!?」

御影「そそそそんな事、あるワケがないよ! き、きっと寝坊だってー!」

臓腑屋「もの凄い勢いで震えているでござるよ!?」

デイビット「だガ、万一の事も無いワケではあるまイ」

陰陽寺「……僕が引きずり出してくる。お前らはそこで待っていろ」

引きずり出すって物騒な……



月神「……皆、揃っているかしら!?」

瀬川「って、本人来ちゃったよ!?」


ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」

383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:08:45.76 ID:ruv7MpSL0



ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」

384 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 23:09:05.94 ID:H45lKSZ+O










【Chapter1】
  君達死ニタマフ事無カレ 非日常編
















【Chapter1】
  君達死ニタマフ事無カレ 非日常編








385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:09:22.58 ID:ruv7MpSL0



ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」

386 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/10(金) 23:09:44.93 ID:H45lKSZ+O
本日ここまで
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:09:56.42 ID:ruv7MpSL0








【Chapter1】
  君達死ニタマフ事無カレ 非日常編
















【Chapter1】
  君達死ニタマフ事無カレ 非日常編





388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:10:24.27 ID:ruv7MpSL0








【Chapter1】
  君達死ニタマフ事無カレ 非日常編
















【Chapter1】
  君達死ニタマフ事無カレ 非日常編





389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:11:01.62 ID:ruv7MpSL0


ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」





【Chapter1】
  君達死ニタマフ事無カレ 非日常編
















【Chapter1】
  君達死ニタマフ事無カレ 非日常編





390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:11:27.24 ID:ruv7MpSL0


ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」





【Chapter1】
  君達死ニタマフ事無カレ 非日常編
















【Chapter1】
  君達死ニタマフ事無カレ 非日常編





391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:12:00.07 ID:ruv7MpSL0
ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:12:36.78 ID:ruv7MpSL0
ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:13:02.15 ID:ruv7MpSL0
ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 23:13:03.81 ID:rJlj3CIQ0
乙です
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:13:33.98 ID:ruv7MpSL0
ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:14:01.01 ID:ruv7MpSL0
ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:14:44.87 ID:ruv7MpSL0
ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:15:12.71 ID:ruv7MpSL0
ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:15:54.57 ID:ruv7MpSL0
ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/10(金) 23:16:22.92 ID:ruv7MpSL0
ピンポンパンポーン!

『死体が発見されました!』

『一定の自由時間の後、学級裁判を行います!』



吊井座「は……はあぁぁああ!?!?」

朝日「し……死体? 天地さんのぉ?」

月乃「……………………りぼん、残念」

飛田「な……何と言う事だッ! まさか、本当に殺人事件が起きるとは!?」

御影「け……けけけ、警察を呼ばなきゃ! 誰か110番してよ!!」

竹田「110番しても来ねえだろ。ずっと閉じ込められてんだぞ……!?」

デイビット「しかシ、確実に言える事は一つだけあるナ」

古河「な……なんやて?」

デイビット「この中の誰かニ……天地女史は殺害されたと言う事ダ」
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/11(土) 00:50:59.19 ID:nt5DnkVF0
おつー
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/11(土) 13:22:23.20 ID:c/JPi+mDO
乙です
最初の犠牲者は天地だったか
スグルが最初の犠牲者になると思った
403 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:14:13.41 ID:jLshvK3OO

「…………さ……瀬……ん…………」

瀬川「…………んぅ」

誰か……呼んでる……。誰が……?

「瀬川……ん! 瀬川さん!」

瀬川「あ…………」

月神「……! 気がついたのね……!」

駆村「大丈夫か……? デイビット曰く、急激なショックで倒れたそうだが……」

瀬川「あ……うん。大丈夫」

瀬川「……そうだ! 天地さんは……!」

月神「…………残念だけど」

瀬川「う…………」

やっぱり、さっきのは夢や幻じゃない

紛れもない現実だったと突きつけられた

哀しみに浸る私を引き戻したのは……

モノクマ「えー、全員意識を取り戻したみたいなので、説明を開始しまーす!」

モノクマの、どこか楽しそうな声だった

404 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:14:42.31 ID:jLshvK3OO

デイビット「説明……とハ?」

吊井座「が……ががが、学級裁判って何の事だよ……っ!」

モノクマ「学級裁判は学級裁判です!」

古河「何の説明にもなっとらへん!」

モノクマ「今からオマエラは、限られた時間の中で捜査をして貰います」

モノクマ「その後、オマエラには議論を重ねた上で、誰が事件の犯人かを当てて貰います!」

御影「は……? モノクマがやったんじゃないのかよ!?」

モノクマ「ボクは、基本的には事件には関与しません!」

モノクマ「間違いなく、この中の誰かの手で行われています!」

竹田「マジかよ。クソッタレが……」

臓腑屋「面妖な……!」

朝日「やぁん。怖いよぉ〜」

モノクマ「それでは、精一杯死ぬ気でかけずり回って頑張って下さいね〜!」

最後の言葉に込められていたのは、軽蔑と悪意

そんな不快感だけを残して、モノクマは消え去った

405 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:15:31.00 ID:jLshvK3OO

御影「こ……この中に犯人がいるって?」

御影「こんな所にはいられないよ! ボクは寄宿舎に戻らせて貰うよ!」

照星「それ死ぬパターンっすよ!?」

飛田「かけずり回るのは、美しくない者がやればよかろう!」

駆村「全員参加なんだぞ!? そんな事認められる訳ないだろ!」

月乃「…………兄さん」

朝日「よしよし月乃ちゃん。お兄ちゃんが付いているよぉ」

月乃「兄さんが死ねばよかったのに」

臓腑屋「そんなコントしている場合でござるか!?」

月神「皆、落ち着いて! まず……」



ダンッ!



陰陽寺「随分と楽しそうだな。それほどそいつの死はどうでもいい事か?」

陰陽寺「僕はもう行く。そいつを殺した犯人を暴いてやる」

陰陽寺「お前達はそこで遊んでいろ。僕の邪魔をしたら許さないからな」

406 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:16:20.75 ID:jLshvK3OO

月神「……そうよ! 天地さんは、この中の誰かに殺された」

月神「なら、私達はその真相を全力で突き止める義務があるのよ」

月神「だって……天地さんは、私達の仲間なんですもの!」

陰陽寺さんに触発されたのか、月神さんは顔を上げて皆に号令をかける

その顔には既に困惑は無い。あるのは、リーダーとしての責任感

そして、彼女の声を、想いを聞いた皆は口々に叫ぶ

駆村「……そうだ! 絶対に全員で真相を突き止めるぞ!」

吊井座「や、やれば、いいんだろ……」

照星「ヒュウ! 月神先輩スッゴくカッケーっす!」

月乃「…………やるしか、無い」

そんな、皆の意志が一つになった美しい友情劇を目の前にして……

瀬川「……今どき、ツマラナイよ」

私の心は、やけに冷えきっていた

407 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:17:09.02 ID:jLshvK3OO

【  捜 査  開 始  】



デイビット「……さテ。捜査を始める前にワタシから一つ提案があル」

デイビット「各自、自由に捜査する前に決めておきたい事があるのダ」

月神「何かしら? デイビット君」

デイビット「現場の保全担当ダ。犯人により偽装される可能性を考慮してナ」

古河「流石は本職や。こういう時に頼りになるなぁ!」

デイビット「人数は互いが見張れる様に二名が望ましイ。誰にするかネ?」

月神「なら……瀬川さん。お願いしてもいいかしら?」

瀬川「私?」

月神「瀬川さんはさっきまで気を失っていたし、余り動き回るのは……」

瀬川「ううん、やるよ。捜査」

瀬川「それよりも、月神さんが見張りをしたらどうかな?」

瀬川「リーダーがうろちょろしてたら、皆も困るでしょ?」

408 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:18:09.20 ID:jLshvK3OO

月神「……なら、一人目は私がやるわ」

月神「他の人はどうする? 出来れば立候補して貰いたいの……」

御影「はいはーい! ボクが見張りやりまーす!」

古河「このヤロウ……」

飛田「何と言う濃密な殺気ッ!」

月神「け、喧嘩は止めてね?」

竹田「だけどまあ、こん中ならば御影の坊主が適任だろうよ」

吊井座「い、一応……リーダーだしな」

御影「一応じゃないし! 正リーダーだからね!?」

臓腑屋「しかし、これで見張り番が決められたのもまた事実」

臓腑屋「それでは、拙者は御免。また後に学級裁判で」

臓腑屋さんに続き、駆村君、月乃さん、竹田さんが出ていく

そして、現場には……見張りの御影君と月神さん。私しか残っていなかった

409 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:19:06.75 ID:jLshvK3OO

瀬川「えーっと、まずはどこから……」

動けるって見栄を張ったはいいけど……

探偵モノのアニメを頼りに捜査するのは無謀だったね……

月神「あ、待って! 瀬川さん!」

瀬川「うぇ!? どうしたの!?」

月神「言い忘れてたわ……自分のタブレットを調べてみて貰えるかしら」

自分のタブレット……? そんなもの何に使うんだろ

画面をタップしてみたら……見覚えの無いファイルがダウンロードされていた

月神「モノクマファイルと言う物らしいわ。素人の私達が捜査をしやすい様、簡単な死因を纏めたものらしいの」

瀬川「そ、そうなんだ……」

至れり尽くせりとまでは言わないけど、準備はしてくれてるのね


『被害者は天地りぼん
 死亡推定時刻は深夜1時頃
 死因は、腹部の刺傷による出血多量
 腹部には刃物による傷が確認出来る』


瀬川「…………天地さん」

ファイルには事件の凄惨さを物語る情報が書かれていた

こんな事、本当に私達の誰かが……?


GET:コトダマを入手しました
【モノクマファイル1】
『被害者は天地りぼん
 死亡推定時刻は深夜1時頃
 死因は、腹部の刺傷による出血多量
 腹部には刃物による傷が確認出来る』

410 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:19:42.50 ID:jLshvK3OO

瀬川「腹部の傷ね……」

ここは食堂だし、凶器になりそうな物は幾つもある

まずは凶器の代名詞、包丁から確認しておこっかな

えっと、このガラスケースの中に入ってたはずだけど……

瀬川「……あれ、鍵がかかってる?」

御影「そこのケース。安全の為に普段は鍵をかけてるんだよ」

御影「ボクも持ちたいって言ったけど、月神さんが任せてって……」

瀬川「ふぅん。なら、鍵は月神さんだけが持ってるの?」

御影「ううん。厨房を良く使う駆村クンと天地さんも持ってたはずだけど……」

そうなんだ……月神さんなら近くにいるし鍵を借りてこよっと

瀬川「ありがとね、御影君」

御影「いやぁ〜それ程でもあるかな!」

……何もしてないじゃん



GET:コトダマを入手しました
【ケースの鍵】
 食堂の包丁は、安全の為に鍵がかけてあるケース内に入れられていた
 ケースの鍵を所持しているのは、天地と駆村と月神の三名

411 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:20:53.19 ID:jLshvK3OO

瀬川「月神さん、ちょっと……」

月神「何かしら? ……包丁のケースを開けたいの?」

瀬川「うん。確認しておきたいからね」

月神「わかったわ。はい、どうぞ」

ポケットから鍵を取り出すと、鍵穴へと差し込み開いた

瀬川「……全部揃ってるね」

ケースの中の包丁は、全て揃っていた

歯抜けも無いし、ここは……あれ?

瀬川「……この包丁、濡れてる?」



GET:コトダマを入手しました
【包丁】
 ケース内の包丁は全て揃っていたが、一本だけ濡れていた

412 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:21:42.91 ID:jLshvK3OO

瀬川「うーん……包丁が凶器かどうかはわかんないかな」

もう少し捜査を重ねていけばわかるかもしれないけど……

瀬川「……うげぇ、やっぱりキツい……」

厨房から出たら、運悪く天地さんの死体を直視してしまった

瀬川「……ごめんなさい。天地さん」

真実に近づく為に彼女の死体を弄る事に罪悪感を覚えながら、死体を調べた……

瀬川「……タブレット。ケースの鍵。後はオーナメントかな……これ」

鍵もタブレットも持ってておかしくないし、オーナメントは片付けの途中だったからかな……

何にせよ、怪しいものは無かったね



GET:コトダマを入手しました
【天地の持ち物】
 天地が所持していたのは、タブレットとケースの鍵。パーティーに使用されたオーナメント

413 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:22:26.42 ID:jLshvK3OO

瀬川「ええと他には……きゃっ!?」

天地さんの死体を、少しだけズラす

その下にあったのは……

瀬川「カッターナイフ……!?」

工作や、リストカットなんかで幅広く使われる刃物。これが凶器……!?

試しに刃の部分を限界まで出してみる

べっとりと血のついた持ち手から、銀色の刃が伸びてきた

瀬川「……これなら十分に凶器になるね」

でも……あれ? 何か、違和感が……?



GET:コトダマを入手しました
【カッターナイフ】
 天地の死体と共に袋の中に入っていた
 凶器として扱う際の長さは充分である
 持ち手の部分には血が付いていて、刃の部分は新品同然だった

414 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:23:20.29 ID:jLshvK3OO

瀬川「ここはこんな所かな……」

あれから軽く調べてみたけど、ここにはめぼしい証拠は無さそうだね

御影君と月神さんも捜査してくれるし、私も別の場所を捜査してみよっと

……どこ行こう?

瀬川「二人とも、何処を捜査した方がいいと思う?」

御影「え!? そ、そうだね……やっぱり聞き込みとか……かな?」

月神「パーティーの用具や清掃道具は、倉庫にあったの。倉庫はどうかしら?」

御影君の方はともかく……月神さんの意見はもっともだね

それじゃあ、次は倉庫にいこうかな

415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:23:47.02 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
416 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:24:01.53 ID:jLshvK3OO

――『倉庫』――



臓腑屋「む、瀬川殿!」

瀬川「臓腑屋さん、照星さんも!」

照星「ちっす! 進展どうっすか?」

進展どうって言われても……

瀬川「まあ……そこそこ、かな?」

照星「ふふーん! 実は、自分達は犯人の痕跡を見つけたんす!」

瀬川「えっ、ホントに!?」

照星「このシーツみて欲しいんす。ここに血がついてるっすよね?」

照星「つまり、このシーツは犯人が天地先輩をずぶっと刺した時に……」

照星「出てくる血を自分にかかんねー様にする為に使われたと思うんす!」

瀬川「な、なるほど……」

臓腑屋「いや、それは違うでござろう」

臓腑屋「見た所、血液の付着している範囲はごく少量。これでは、良くて擦り傷程度でござる」

瀬川「く、詳しいね……」

臓腑屋「……色々あるのでござるよ」



GET:コトダマを入手しました
【臓腑屋の証言】
 倉庫には血の付着したシーツが捨てられていた
 ただ、血の量が少なく返り血を浴びた訳では無いらしい

417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:24:11.64 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:24:38.89 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
419 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:24:50.42 ID:jLshvK3OO

照星「決め手にはなんねーっすか、なんか残念っす……」

臓腑屋「そう焦らずとも……」

臓腑屋「駆村殿と古河殿も来ていたでござるから、何かしらの発見は期待出来るでござる」

駆村「呼んだか?」

瀬川「うわっ!? またいつの間に背後を!?」

古河「なんや、ウチらが来たら何か悪い事でもあるんか?」

瀬川「あ、あはは……」

瀬川「えっと、そっちは証拠を何か見つけたりした?」

古河「あったり前や! これ見てみい」

瀬川「これ、モップや雑巾……? でもこれ血が……!」

古河「床にも拭いた後があったわ。天地は多分ここで殺されたんと違うか?」

倉庫に拭いた後が……? なら、どうして死体を食堂に持ち込んだんだろ?

瀬川「因みに……どこから?」

古河「ちょい待ち……入り口の側からやな」

そんなに近いの!?



GET:コトダマを入手しました
【古河の証言】
 倉庫の床には、モップで拭き取った様な後があった
 拭いた後は、入り口の近くから倉庫の中まで続いていた


420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:24:55.52 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:25:22.24 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
422 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:25:37.96 ID:jLshvK3OO

臓腑屋「何と……では、吊井座殿の前に犯人は掃除したのでござるな」

瀬川「そうだ、今朝何があったの?」

吊井座君が水を被ったとかなんとか……

臓腑屋「どうも拙者らが来た事に驚いたらしく、水を被ったそうでござる」

臓腑屋「拙者らが見た時には既に濡れ鼠でござったな。シーツをすっぽりと着込んでいたのでござる」

そんな事が朝にあったんだ……

駆村「そうか、二人が拭いた訳では無いんだな」

駆村「俺の方はゴミが捨てられていた事しかわからなかったな……」

臓腑屋「ゴミでござるか?」

駆村「ああ。この缶なんだが……」

臓腑屋「……御影殿の飲んだコーヒーでござるな。誠に理解できぬ味でござる」

臓腑屋さんも飲んだんだね……



GET:コトダマを入手しました
【朝の顛末】
 早朝、倉庫にいた吊井座が後に来た臓腑屋に驚き水を被ってしまった
 その際にずぶ濡れになったので、倉庫からシーツを借りて寄宿舎に戻った

【缶コーヒー】
 倉庫に捨てられていたゴミ
 臓腑屋曰く、理解出来ない味

423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:25:44.86 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
424 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:26:08.22 ID:jLshvK3OO

瀬川「うーん。でも、倉庫で殺されたなら何でわざわざ食堂に……?」

古河「そんなんわからんわ。まあ人殺しの考えなんてわかりたくも無いがな」

照星「むぅ、自分は頭の方は自信無いっすから先輩方に任せるっす」

照星「でもでも、先輩方の慰安の方は自分にやらせて欲しいっすよ!」

駆村「余計な事を言う必要あるか……?」

駆村「とにかく……ここは俺達がやれるだけやってみる。瀬川は別の所に行ってくれないか?」

瀬川「あ、うん、わかった」

確かに、これだけ人数が居れば私は必要ないよね……

次はどこに行こうかな……?


425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:26:09.43 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:26:39.24 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:27:07.25 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:27:34.79 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
429 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:27:43.98 ID:jLshvK3OO

飛田「おや? 愛しのレディ!」

瀬川「ゲッ……」

よりにもよってコイツと鉢合わせになるなんて……

飛田「丁度良かった……今から、食堂でお茶でもいかがかな?」

瀬川「い、今は捜査を……」

飛田「一息ついてからでも遅くはあるまい? さあ、こっちに……」

瀬川「きゃっ……ちょっ、止めて!」

天地さんが死んでいるのにお茶なんて……

そもそも食堂には御影君と月神さんがいるのにお茶なんて飲める訳ないでしょ!

瀬川「……ん?」

飛田「どうしたのかね? オレの美しさに惚れ直したかな?」

瀬川「いや……飛田君の靴に、血が……」

飛田「ん……? な、なんだとッ!? オレのシューズに血痕がッ!?」

飛田「早く洗い落とさねば! レディ、暫しサヨナラだ!」

……ドタバタとうるさい人だなぁ

でも、廊下に少しだけでも血痕があったのは大きな発見だね



GET:コトダマを入手しました
【廊下の血痕】
 廊下に、ごく少量だが血が落ちていた

430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:28:02.93 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
431 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:28:23.63 ID:jLshvK3OO

――『食堂』――



竹田「よう。調子はいいか?」

瀬川「竹田さん、休憩ですか?」

竹田「まあな……月神の嬢ちゃんと御影の坊主も疲れんだろう」

竹田「坊主。俺が見張りを変わってやるから少し休憩してこい」

御影「マジで!? やったー!」

……よっぽど退屈だったんだね

竹田「……ま、もうオッサンには体力仕事はキツいからな。足を使うのは若い衆に任すぜ」

瀬川「あはは……少しは証拠を集めて下さいね?」

竹田「はっはっは! 言うじゃねえか、瀬川の嬢ちゃん」

竹田「ま、俺には俺で重要な証拠があるんだぜ。今は言えねえが……な」

……重要な証拠? 何でそんなものを竹田さんが持っているんだろ



GET:コトダマを入手しました
【竹田の証言】
 竹田は、今回の事件に関する重要な証拠を持っているという


432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:28:29.56 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:28:56.28 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
434 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:29:04.89 ID:jLshvK3OO

月乃「……ここにいた。千早希」

瀬川「あ、何か用かな。月乃さん」

月乃「……私と、付き合って」

瀬川「えっ……!?」

いきなり何を言っているの……!? 結構まんざらじゃないけど……

竹田「……用件は何だい。嬢ちゃん」

月乃「……スグルに会いに行く。今、吊井座と朝日が待ってる」

瀬川「あ、なんだ……ゴメン、行こっか」

月乃「……勿論、私は付き合ってもいい。性的な意味で」

瀬川「えっ」


435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:29:07.92 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:29:35.28 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
437 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:29:43.05 ID:jLshvK3OO

――『寄宿舎 スグルの個室前』――



月乃「……来た」

朝日「あは、瀬川さんも来たの?」

吊井座「な、何でもいいけどよ……」

瀬川「えっと、私がスグル君の部屋を開ければいいんだよね?」

朝日「……開けられるのぉ?」

瀬川「スグル君とは仲がいいし、頼めば開けてくれる……と、思う!」

吊井座「お、お、思う、って……」

瀬川「スグルくーん! 私だよー!」

モノクマ「うるさーい! スグル君は特例で今はおねむなの!」

モノクマ「その事についてデータも送信しといたから、捜査に行った行った!」

モノクマ「……ま、そろそろ時間切れも近いけどね。うぷぷぷぷ……」

瀬川「……………………」

……恥ずかしいっ!



GET:コトダマを入手しました
【モノクマファイルオマケ】
『欠席者は神威 スグル
 学級裁判には、特例により意識を取り戻すまで欠席とする
 欠席理由は意識の喪失。何らかの薬物を接種した形跡が見られる』

438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:29:53.44 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
439 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:30:07.66 ID:jLshvK3OO

瀬川「……なんか、マズくない?」

意識の喪失に……薬物接種って……!?

朝日「ん〜……。心当たりがあるかもぉ」

吊井座「ま、マジかよ!?」

月乃「……早く教えろ、変態」

朝日「こ、怖いなぁ……それじゃ、行こっかぁ月乃ちゃん」

朝日「……そうそう。吊井座くん。もし皆が来たら伝えておいてねぇ」

吊井座「え!? ……あ、ああ」

朝日「それじゃあ、行こっか〜」

瀬川「アッハイ」

余りに急展開過ぎて、声が出なかった……


440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:30:10.90 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:30:42.33 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:31:12.60 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
443 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:31:35.20 ID:jLshvK3OO

――『倉庫』――



朝日「……あったぁ。これこれぇ」

戸棚から、朝日君が錠剤を取り出した

朝日「多分これだと思うんだぁ。今までぐっすり眠っているもんねぇ」

えーっと……『一粒でグッスリ12時間! 不眠症のあの子を永眠させてやろう!』

瀬川「……いかにもな睡眠薬ね」

でも、スグル君を殺す為なら別の薬でも問題なさそうだけど……



GET:コトダマを入手しました
【睡眠薬】
 倉庫にあった睡眠薬
 一粒で12時間程の効果がある


444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:31:40.92 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
445 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:32:11.94 ID:jLshvK3OO

月乃「……そろそろ捜査も終わりそう」

月乃「……アナウンスから、かなり時間が経っている」

朝日「なら、もう捜査する時間はあんまり無いかもねぇ」

瀬川「そっか……」

なら、後は月神さん達と合流して情報交換しておこうかな

瀬川「それじゃあ、私はここで」

月乃「……わかった。頑張って」

月乃「……私はこの異常者を監視してる」

朝日「あは。ちょっとは信じてよぉ……」

446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:32:23.20 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:32:49.49 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
448 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:32:56.94 ID:jLshvK3OO

――『食堂』――



デイビット「……おヤ、瀬川女史」

瀬川「デイビット君、そっちはどう?」

デイビット「ふム、事件の概要は朧気には見えるガ……」

デイビット「やはリ、犯人……ホシに繋がるまでには時間がかかるナ」

……超高校級のプロファイラーだから少し期待してたけど、残念

デイビット「しかシ、一つだけ断言する事が出来るモノもあル」

瀬川「えっ……何、それ?」

デイビット「今回の事件、余りにも非合理的、衝動的な面が強イ」

デイビット「故ニ、犯人には最初かラ、天地女史を殺害する事は目的では無かったのだろウ」

衝動的……つまり、犯人には最初から計画性が無かったって事だよね……



GET:コトダマを入手しました
【デイビットの証言】
 今回の事件には、非効率的な面が強い
 その為、今回は衝動的な事件では無いかと推理している

449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:33:18.27 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:33:44.97 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
451 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:33:45.73 ID:jLshvK3OO

瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」



452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:33:59.33 ID:64FDB44G0
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
お願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないでお願い作者様玉菱殺さないで
453 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:34:13.63 ID:jLshvK3OO

――『ゲームセンター』――



瀬川「ここって……」

AVルームの前にあるゲームセンター。ここにあるのは……

月神「……これを見て欲しいの」

月神さんが見せたのは、あのクソゲーの画面。そこに写っていたのは……

瀬川「……え? 誰かクリアしてる!?」

瀬川「これ……月神さんが?」

月神「いいえ……今朝、少し気になって見に来たらこの状態だったの」

月神「それに、クリア特典ももう取られているみたいなの……」

クリア特典……? 確か、このゲームのクリア報酬って……

でも、だとしたら……どうして、誰もその話題を出さなかったんだろう……?



GET:コトダマを入手しました
【クリア特典】
 ゲームセンターにあるゲームは、既に何者かがクリアしていた
 クリア特典も、そのクリアした人物が持ち去った後だった

454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:34:19.29 ID:64FDB44G0
瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:34:49.03 ID:64FDB44G0
瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」
456 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:35:11.08 ID:jLshvK3OO

キーンコーンカーンコーン!

『えーそろそろお待ちかね、学級裁判を行います!』

『オマエラは、至急中庭にある裁きの祠に集合してくださーい!』

瀬川「……あっ」

月神「……いよいよね」

……始まるんだ。学級裁判が

私達は、何をさせられるのかな……

月神「行きましょう、瀬川さん。外で皆が待っているわ」

瀬川「う、うん。今い…………」

月神「……瀬川さん? 瀬川さん!?」

瀬川「あ……あ、れ……?」

驚いた様な月神さんの声で、今の私の姿に気づく

床に倒れ、手をつき、身体は震えて……

私は……その場で蹲る事しか出来なかった


457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:35:17.25 ID:64FDB44G0
瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」
458 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:35:44.98 ID:jLshvK3OO

月神「大丈夫……!? 深呼吸して、落ち着いて……!」

瀬川「あ……うん、大丈夫……」

嘘だ。身体はどんどん冷えていく。胸の早鐘もドクドクとうるさい

あの時と同じだ。これから自分が糾弾されるんじゃないか

自分が、皆に嫌われるんじゃないか……

そんな不安感が私の全てを支配していた

瀬川「……………………」

月神「待っていて、すぐに誰か……!」

瀬川「……ねえ、月神さん」

瀬川「一人に、させてくれないかな……」

瀬川「絶対に……すぐに行くから……」

月神「……わかったわ。先に待ってる」

咄嗟についたバレバレの嘘。月神さんもそれはわかっていたはず

それでも、深く追求しなかった事が……今はとてもありがたかった

459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:35:45.40 ID:64FDB44G0
瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」
460 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:36:08.31 ID:jLshvK3OO

瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」



461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:36:11.05 ID:64FDB44G0
瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」 瀬川「……そうだ、月神さん」

月神「あら? 私に何か用かしら?」

……そうだ、聞きそびれる前に聞いておかないといけない事があった

瀬川「月神さん……どうして、今朝遅刻してきたの?」

月神「……………………」

月神さんは包丁のケースの鍵を持っている。証拠を隠滅していた可能性もある

だから、ここで。……皆のいない、ここで問い詰めないと……

月神「……その事については、学級裁判で話すつもりだったのだけれど」

月神「でも、瀬川さんには知っていて欲しいの。……付いてきてくれるかしら?」

瀬川「……うん」
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:36:38.82 ID:64FDB44G0
瀬川「はぁ……はぁ

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
463 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:36:48.96 ID:jLshvK3OO









「なら……強い自分に変わればいい」


464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/15(水) 00:37:00.87 ID:64FDB44G0
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
465 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:37:27.36 ID:64FDB44G0
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
466 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:37:37.53 ID:jLshvK3OO

――『中庭 裁きの祠前』――



古河「ここなんか? 裁きの祠っちゅーのは……」

デイビット「規制線の奥ニ、この様な建物があるとハ……」

陰陽寺「モタモタしている暇はない。早く行くぞ」

駆村「待て! まだ瀬川が来ていない」

朝日「またぁ? 瀬川さんっていっつも遅れているよねぇ」

照星「女の子は準備に時間がかかるもんなんす。男の子にはそれがわからないんすよ」

吊井座「だだ、だけどよ……もう結構時間が経っているぜ?」

御影「まさか……証拠隠滅を!?」

月乃「……この期に及んで? それは不自然」

竹田「確かに、捜査も終わった今更証拠の隠滅も何もねえな」

月神「でも、彼女は本当に苦しそうにしていたの……」

月神「私、様子を見に行ってくるわ!」





「……待たせたわね。皆」



467 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:37:45.91 ID:64FDB44G0
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
468 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:38:03.51 ID:jLshvK3OO

月神「……! 瀬川、さ……」

竹田「……ん?」

臓腑屋「…………にゃあ!?」

デイビット「ほウ……」

御影「えーと……君、誰?」

「あら? 貴方達への自己紹介は、既に済ませた筈だけど?」

「それとも、少し会わないだけで忘れてしまう程に記憶力に自信が無いの?」

古河「知らんわ! 誰やねんお前!」

古河「……ん? でもなんとなーく見覚えがある気もするなぁ……」

飛田「何かね、美しくない……!? あ、貴女はまさかッ!」

月乃「…………知っているの、飛田」

飛田「魔法少女ミライちゃん武装モードではないか!?」

月乃「は?」

御影「魔法……武装……?」


469 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:38:05.19 ID:64FDB44G0
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
470 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:38:31.87 ID:64FDB44G0
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
瀬川「はぁ……はぁ、はぁ……!」

静まれ、静まれ、静まれ。そう念じる度に心臓の音は大きくなる

焦れば焦る程、願いとは裏腹に私の心は落ち着きを無くしていく

瀬川「どうして、どうして……っ!?」

もうあの時の私じゃない。もう皆に嫌われる様な私じゃないのに

なのに、どうしてこんなに怖いの? どうしてこんなに気持ちが悪いの?

瀬川「何で……何で……っ!」

もう嫌だ。学級裁判も、弱い自分も……

いっそ、自分なんて……

瀬川「私だって……私だって……!」



瀬川「変わりたいよ……っ!」
471 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:38:52.87 ID:jLshvK3OO

飛田「あれはミライちゃんの本来の姿にして、強敵相手に見せる姿……」

飛田「美しく、かつ冷酷なその姿に魅了されるファンも多く映画でも……」

古河「むっちゃ詳しいなオマエ!」

陰陽寺「待て。映画とは何の事だ」

飛田「知らないのかね!? あの大人気アニメ『マジカル☆サイバース』を見ていないのかね!?」

吊井座「か、描いた事は……」

竹田「いや、見てねえけどよ」

月神「……待って、アニメ? なら、もしかして貴女は……」

月神「貴女は……瀬川さんなの?」

彼女の言葉で、皆がはっと私を見る

その目には……『あのお前が』という感情がありありと映っていた

472 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:39:05.15 ID:64FDB44G0

――『中庭 裁きの祠前』――


月神「でも、彼女は本当に苦しそうにしていたの……」

月神「私、様子を見に行ってくるわ!」





「……待たせたわね。皆」

――『中庭 裁きの祠前』――



古河「ここなんか? 裁きの祠っちゅーのは……」

デイビット「規制線の奥ニ、この様な建物があるとハ……」

陰陽寺「モタモタしている暇はない。早く行くぞ」

駆村「待て! まだ瀬川が来ていない」

朝日「またぁ? 瀬川さんっていっつも遅れているよねぇ」

照星「女の子は準備に時間がかかるもんなんす。男の子にはそれがわからないんすよ」

吊井座「だだ、だけどよ……もう結構時間が経っているぜ?」

御影「まさか……証拠隠滅を!?」

月乃「……この期に及んで? それは不自然」

竹田「確かに、捜査も終わった今更証拠の隠滅も何もねえな」

月神「でも、彼女は本当に苦しそうにしていたの……」

月神「私、様子を見に行ってくるわ!」





「……待たせたわね。皆」

――『中庭 裁きの祠前』――



古河「ここなんか? 裁きの祠っちゅーのは……」

デイビット「規制線の奥ニ、この様な建物があるとハ……」

陰陽寺「モタモタしている暇はない。早く行くぞ」

駆村「待て! まだ瀬川が来ていない」

朝日「またぁ? 瀬川さんっていっつも遅れているよねぇ」

照星「女の子は準備に時間がかかるもんなんす。男の子にはそれがわからないんすよ」

吊井座「だだ、だけどよ……もう結構時間が経っているぜ?」

御影「まさか……証拠隠滅を!?」

月乃「……この期に及んで? それは不自然」

竹田「確かに、捜査も終わった今更証拠の隠滅も何もねえな」

月神「でも、彼女は本当に苦しそうにしていたの……」

月神「私、様子を見に行ってくるわ!」





「……待たせたわね。皆」
473 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:39:23.61 ID:jLshvK3OO

「なら……改めて自己紹介するわね」



自分の姿を鑑みる。胸元は大きく開き、スカートも下着が見えるくらい短い



髪も染めて結い上げて……私を知ってる人が見たら、イメチェンを通り越して人格が変わったと思うだろう



……私だって恥ずかしくない訳じゃない。それでも、今は



瀬川「……瀬川 千早希。超高校級のコスプレイヤーよ」



強い自分になれた事。それだけで良かったんだ


474 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:39:28.96 ID:64FDB44G0

飛田「あれはミライちゃんの本来の姿にして、強敵相手に見せる姿……」

飛田「美しく、かつ冷酷なその姿に魅了されるファンも多く映画でも……」

古河「むっちゃ詳しいなオマエ!」

陰陽寺「待て。映画とは何の事だ」

飛田「知らないのかね!? あの大人気アニメ『マジカル☆サイバース』を見ていないのかね!?」

吊井座「か、描いた事は……」

竹田「いや、見てねえけどよ」

月神「……待って、アニメ? なら、もしかして貴女は……」

月神「貴女は……瀬川さんなの?」

彼女の言葉で、皆がはっと私を見る

その目には……『あのお前が』という感情がありありと映っていた

飛田「あれはミライちゃんの本来の姿にして、強敵相手に見せる姿……」

飛田「美しく、かつ冷酷なその姿に魅了されるファンも多く映画でも……」

古河「むっちゃ詳しいなオマエ!」

陰陽寺「待て。映画とは何の事だ」

飛田「知らないのかね!? あの大人気アニメ『マジカル☆サイバース』を見ていないのかね!?」

吊井座「か、描いた事は……」

竹田「いや、見てねえけどよ」

月神「……待って、アニメ? なら、もしかして貴女は……」

月神「貴女は……瀬川さんなの?」

彼女の言葉で、皆がはっと私を見る

その目には……『あのお前が』という感情がありありと映っていた

飛田「あれはミライちゃんの本来の姿にして、強敵相手に見せる姿……」

飛田「美しく、かつ冷酷なその姿に魅了されるファンも多く映画でも……」

古河「むっちゃ詳しいなオマエ!」

陰陽寺「待て。映画とは何の事だ」

飛田「知らないのかね!? あの大人気アニメ『マジカル☆サイバース』を見ていないのかね!?」

吊井座「か、描いた事は……」

竹田「いや、見てねえけどよ」

月神「……待って、アニメ? なら、もしかして貴女は……」

月神「貴女は……瀬川さんなの?」

彼女の言葉で、皆がはっと私を見る

その目には……『あのお前が』という感情がありありと映っていた
475 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:39:49.07 ID:jLshvK3OO

瀬川「さて、行きましょう」

臓腑屋「いやいやいや! 行きましょうでは無いでござろう!?」

駆村「まさかと思うが、その服装で学級裁判に臨むつもりか?」

瀬川「何か問題でも?」

照星「問題っすか……強いて言うなら目のやり場に困っちゃうっすね!」

陰陽寺「貴様……そんなふざけた格好で、死人を冒涜しているのか」

陰陽寺「よくわかったよ。僕は貴様とは仲良くなれそうにない」

寧ろ、貴女と仲良くなれる人ってここにいるのかな……?

瀬川「何を言われようと、私はこの姿を変えるつもりは無いわ」

瀬川「疑う様ならば……学級裁判で、私の活躍を見ておきなさい?」

陰陽寺「…………フン」



476 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:39:51.00 ID:64FDB44G0
「なら……改めて自己紹介するわね」



自分の姿を鑑みる。胸元は大きく開き、スカートも下着が見えるくらい短い



髪も染めて結い上げて……私を知ってる人が見たら、イメチェンを通り越して人格が変わったと思うだろう



……私だって恥ずかしくない訳じゃない。それでも、今は



瀬川「……瀬川 千早希。超高校級のコスプレイヤーよ」



強い自分になれた事。それだけで良かったんだ 「なら……改めて自己紹介するわね」



自分の姿を鑑みる。胸元は大きく開き、スカートも下着が見えるくらい短い



髪も染めて結い上げて……私を知ってる人が見たら、イメチェンを通り越して人格が変わったと思うだろう



……私だって恥ずかしくない訳じゃない。それでも、今は



瀬川「……瀬川 千早希。超高校級のコスプレイヤーよ」



強い自分になれた事。それだけで良かったんだ
477 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:40:18.47 ID:64FDB44G0
「なら……改めて自己紹介するわね」



自分の姿を鑑みる。胸元は大きく開き、スカートも下着が見えるくらい短い



髪も染めて結い上げて……私を知ってる人が見たら、イメチェンを通り越して人格が変わったと思うだろう



……私だって恥ずかしくない訳じゃない。それでも、今は



瀬川「……瀬川 千早希。超高校級のコスプレイヤーよ」



強い自分になれた事。それだけで良かったんだ 「なら……改めて自己紹介するわね」



自分の姿を鑑みる。胸元は大きく開き、スカートも下着が見えるくらい短い



髪も染めて結い上げて……私を知ってる人が見たら、イメチェンを通り越して人格が変わったと思うだろう



……私だって恥ずかしくない訳じゃない。それでも、今は



瀬川「……瀬川 千早希。超高校級のコスプレイヤーよ」



強い自分になれた事。それだけで良かったんだ
478 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:40:19.60 ID:jLshvK3OO

瀬川「さあ、行くわよ!」

月神「…………瀬川さん」

御影「なんか、性格変わってない?」

裁きの祠、その奥のエレベーターに乗り込む

困惑する皆も乗り込んで、エレベーターはゆっくりと下降していった

瀬川「……………………」

誰の声も聴こえない。これから始まる事に怯えているのか……口をつぐんでいた

……誰かの声が聴こえた気がした

『何か困った事があったら、いつでも私を頼ってね』

瀬川「……結局頼れなかったなぁ」

死んだらもう何も出来ないのに。頼る事も出来ないから

だから……私が真相を明かしてみせる

この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った


479 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:40:33.72 ID:64FDB44G0
「なら……改めて自己紹介するわね」



自分の姿を鑑みる。胸元は大きく開き、スカートも下着が見えるくらい短い



髪も染めて結い上げて……私を知ってる人が見たら、イメチェンを通り越して人格が変わったと思うだろう



……私だって恥ずかしくない訳じゃない。それでも、今は



瀬川「……瀬川 千早希。超高校級のコスプレイヤーよ」



強い自分になれた事。それだけで良かったんだ 「なら……改めて自己紹介するわね」



自分の姿を鑑みる。胸元は大きく開き、スカートも下着が見えるくらい短い



髪も染めて結い上げて……私を知ってる人が見たら、イメチェンを通り越して人格が変わったと思うだろう



……私だって恥ずかしくない訳じゃない。それでも、今は



瀬川「……瀬川 千早希。超高校級のコスプレイヤーよ」



強い自分になれた事。それだけで良かったんだ
480 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:41:01.94 ID:64FDB44G0


瀬川「……結局頼れなかったなぁ」

死んだらもう何も出来ないのに。頼る事も出来ないから

だから……私が真相を明かしてみせる

この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った

瀬川「……結局頼れなかったなぁ」

死んだらもう何も出来ないのに。頼る事も出来ないから

だから……私が真相を明かしてみせる

この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った

瀬川「……結局頼れなかったなぁ」

死んだらもう何も出来ないのに。頼る事も出来ないから

だから……私が真相を明かしてみせる

この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
481 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:41:27.85 ID:64FDB44G0

瀬川「……結局頼れなかったなぁ」

死んだらもう何も出来ないのに。頼る事も出来ないから

だから……私が真相を明かしてみせる

この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
瀬川「……結局頼れなかったなぁ」

死んだらもう何も出来ないのに。頼る事も出来ないから

だから……私が真相を明かしてみせる

この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
瀬川「……結局頼れなかったなぁ」

死んだらもう何も出来ないのに。頼る事も出来ないから

だから……私が真相を明かしてみせる

この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
482 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:41:53.47 ID:jLshvK3OO

瀬川「さあ、行くわよ!」

月神「…………瀬川さん」

御影「なんか、性格変わってない?」

裁きの祠、その奥のエレベーターに乗り込む

困惑する皆も乗り込んで、エレベーターはゆっくりと下降していった

瀬川「……………………」

誰の声も聴こえない。これから始まる事に怯えているのか……口をつぐんでいた

……誰かの声が聴こえた気がした

『何か困った事があったら、いつでも私を頼ってね』

瀬川「……結局頼れなかったなぁ」

死んだらもう何も出来ないのに。頼る事も出来ないから

だから……私が真相を明かしてみせる

この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った


483 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:41:54.55 ID:64FDB44G0

この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
484 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:42:20.45 ID:64FDB44G0

瀬川「さあ、行くわよ!」

月神「…………瀬川さん」

御影「なんか、性格変わってない?」

裁きの祠、その奥のエレベーターに乗り込む

困惑する皆も乗り込んで、エレベーターはゆっくりと下降していった

瀬川「……………………」

誰の声も聴こえない。これから始まる事に怯えているのか……口をつぐんでいた

……誰かの声が聴こえた気がした

『何か困った事があったら、いつでも私を頼ってね』

瀬川「……結局頼れなかったなぁ」

死んだらもう何も出来ないのに。頼る事も出来ないから

だから……私が真相を明かしてみせる

この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
485 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/08/15(水) 00:42:44.42 ID:jLshvK3OO
本日ここまで
486 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:42:47.78 ID:64FDB44G0

瀬川「さあ、行くわよ!」

月神「…………瀬川さん」

御影「なんか、性格変わってない?」

裁きの祠、その奥のエレベーターに乗り込む

困惑する皆も乗り込んで、エレベーターはゆっくりと下降していった

瀬川「……………………」

誰の声も聴こえない。これから始まる事に怯えているのか……口をつぐんでいた

……誰かの声が聴こえた気がした

『何か困った事があったら、いつでも私を頼ってね』

瀬川「……結局頼れなかったなぁ」

死んだらもう何も出来ないのに。頼る事も出来ないから

だから……私が真相を明かしてみせる

この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
487 : ◆xwfLxNRsoU [saga]:2018/08/15(水) 00:43:13.31 ID:64FDB44G0

瀬川「さあ、行くわよ!」

月神「…………瀬川さん」

御影「なんか、性格変わってない?」

裁きの祠、その奥のエレベーターに乗り込む

困惑する皆も乗り込んで、エレベーターはゆっくりと下降していった

瀬川「……………………」

誰の声も聴こえない。これから始まる事に怯えているのか……口をつぐんでいた

……誰かの声が聴こえた気がした

『何か困った事があったら、いつでも私を頼ってね』

瀬川「……結局頼れなかったなぁ」

死んだらもう何も出来ないのに。頼る事も出来ないから

だから……私が真相を明かしてみせる

この、嘘と本当と真実と虚偽が入り交じる学級裁判で……

無数の嘘の中から、一握りの真実を掴んでみせると、一人心の奥底で誓った
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/15(水) 01:01:08.46 ID:Oc/XRrRDO
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/21(火) 23:43:47.52 ID:hRCrH3mKO
エタったか
怪文書過ぎてつまらないから信者も面白いオリロンの踏み台扱いだし順当
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 20:38:53.94 ID:fLImpWcv0
「今回、“超高校級のバリスタ”アンジェリーナ・フォールデンスさんを殺したのは、なんとアニーさんの大の親友であったはずの“超高校級のコレクター”石川彼方さんだったのでしたあ!!」
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/31(金) 18:11:03.14 ID:k1IqzHLs0
そういや今回が大学生活初めての逃走中のような気が(目利き王は正式回ではないので除外)。
今回の予想

1位:樽美酒研二(PRの最後でトラウマになりますとの発言からだいぶ残ってそうなイメージ。)
2位:森崎ウィン(ひょっこりはんと一緒に歩いてる時とっさにハンターの死角に逃げた辺り判断力の高さが覗える。走り方的にハンター振り切りそう。)
3位:田中卓志(ハンターに追われてるシーンがあるけど、約3年ぶりに正式の逃走中に出るので期待。)
4位:みちょぱ
5位:HIKAKIN
6位:鬼龍院翔
7位:宮田俊哉
8位:高橋茂雄
9位:須田亜香里
10位:松島聡
11位:えなこ
12位:岡副麻希
13位:木下ほうか
14位:真珠・野沢オークライヤー
15位:久保田かずのぶ
16位:ひょっこりはん(見つかったときほぼほぼハンターの確保範囲内だった。久保田さんと悩んだけどハンターに追われてるシーンがあったので。)

今回もなかなかの強者が多いので予想作りに困難を極めましたw特にアンガ田中さんとサバンナ高橋さんの再登場は嬉しい限りです。田中さんは前回の出場から3年、高橋さんは7年程のブランクがあるので不安などもありますけど、頑張って欲しい限りです。
今回の逃走中が妖怪テーマだと聞いててっきりゲゲゲの鬼太郎とコラボするのかと思ってましたw
でも確かにアニメコラボばかりしてたら面白くないし、飽きる可能性もありますからね。
恐らく8年前の呪われた遊園地編の逃走中を市街地で再現してみるみたいな感じじゃないかなと思います。でも8年前の方は逃走成功者がいなかったけど今回大丈夫かな…
まぁ前回も前の中華街では逃走成功者が3人いたのに最新のは全滅だったからおなじように1人ぐらいは逃走成功すると見ています(笑)
それでは、今回も愉しませていただきます。
492 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2018/09/02(日) 00:46:03.24 ID:3TpZY7tbO
業務連絡
具体的な時期は未定ですが、学級裁判は九月中にはやりたいと思います
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/02(日) 22:39:56.47 ID:8jY8qd/00
乙。了解。
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/03(月) 09:07:27.81 ID:4afbTGAM0
そういや今回が大学生活初めての逃走中のような気が(目利き王は正式回ではないので除外)。
今回の予想

1位:樽美酒研二(PRの最後でトラウマになりますとの発言からだいぶ残ってそうなイメージ。)
2位:森崎ウィン(ひょっこりはんと一緒に歩いてる時とっさにハンターの死角に逃げた辺り判断力の高さが覗える。走り方的にハンター振り切りそう。)
3位:田中卓志(ハンターに追われてるシーンがあるけど、約3年ぶりに正式の逃走中に出るので期待。)
4位:みちょぱ
5位:HIKAKIN
6位:鬼龍院翔
7位:宮田俊哉
8位:高橋茂雄
9位:須田亜香里
10位:松島聡
11位:えなこ
12位:岡副麻希
13位:木下ほうか
14位:真珠・野沢オークライヤー
15位:久保田かずのぶ
16位:ひょっこりはん(見つかったときほぼほぼハンターの確保範囲内だった。久保田さんと悩んだけどハンターに追われてるシーンがあったので。)

今回もなかなかの強者が多いので予想作りに困難を極めましたw特にアンガ田中さんとサバンナ高橋さんの再登場は嬉しい限りです。田中さんは前回の出場から3年、高橋さんは7年程のブランクがあるので不安などもありますけど、頑張って欲しい限りです。
今回の逃走中が妖怪テーマだと聞いててっきりゲゲゲの鬼太郎とコラボするのかと思ってましたw
でも確かにアニメコラボばかりしてたら面白くないし、飽きる可能性もありますからね。
恐らく8年前の呪われた遊園地編の逃走中を市街地で再現してみるみたいな感じじゃないかなと思います。でも8年前の方は逃走成功者がいなかったけど今回大丈夫かな…
まぁ前回も前の中華街では逃走成功者が3人いたのに最新のは全滅だったからおなじように1人ぐらいは逃走成功すると見ています(笑)
それでは、今回も愉しませていただきます。
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/03(月) 09:14:53.97 ID:4afbTGAM0
そういや今回が大学生活初めての逃走中のような気が(目利き王は正式回ではないので除外)。
今回の予想

1位:樽美酒研二(PRの最後でトラウマになりますとの発言からだいぶ残ってそうなイメージ。)
2位:森崎ウィン(ひょっこりはんと一緒に歩いてる時とっさにハンターの死角に逃げた辺り判断力の高さが覗える。走り方的にハンター振り切りそう。)
3位:田中卓志(ハンターに追われてるシーンがあるけど、約3年ぶりに正式の逃走中に出るので期待。)
4位:みちょぱ
5位:HIKAKIN
6位:鬼龍院翔
7位:宮田俊哉
8位:高橋茂雄
9位:須田亜香里
10位:松島聡
11位:えなこ
12位:岡副麻希
13位:木下ほうか
14位:真珠・野沢オークライヤー
15位:久保田かずのぶ
16位:ひょっこりはん(見つかったときほぼほぼハンターの確保範囲内だった。久保田さんと悩んだけどハンターに追われてるシーンがあったので。)

今回もなかなかの強者が多いので予想作りに困難を極めましたw特にアンガ田中さんとサバンナ高橋さんの再登場は嬉しい限りです。田中さんは前回の出場から3年、高橋さんは7年程のブランクがあるので不安などもありますけど、頑張って欲しい限りです。
今回の逃走中が妖怪テーマだと聞いててっきりゲゲゲの鬼太郎とコラボするのかと思ってましたw
でも確かにアニメコラボばかりしてたら面白くないし、飽きる可能性もありますからね。
恐らく8年前の呪われた遊園地編の逃走中を市街地で再現してみるみたいな感じじゃないかなと思います。でも8年前の方は逃走成功者がいなかったけど今回大丈夫かな…
まぁ前回も前の中華街では逃走成功者が3人いたのに最新のは全滅だったからおなじように1人ぐらいは逃走成功すると見ています(笑)
それでは、今回も愉しませていただきます。
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/03(月) 09:15:22.02 ID:4afbTGAM0
そういや今回が大学生活初めての逃走中のような気が(目利き王は正式回ではないので除外)。
今回の予想

1位:樽美酒研二(PRの最後でトラウマになりますとの発言からだいぶ残ってそうなイメージ。)
2位:森崎ウィン(ひょっこりはんと一緒に歩いてる時とっさにハンターの死角に逃げた辺り判断力の高さが覗える。走り方的にハンター振り切りそう。)
3位:田中卓志(ハンターに追われてるシーンがあるけど、約3年ぶりに正式の逃走中に出るので期待。)
4位:みちょぱ
5位:HIKAKIN
6位:鬼龍院翔
7位:宮田俊哉
8位:高橋茂雄
9位:須田亜香里
10位:松島聡
11位:えなこ
12位:岡副麻希
13位:木下ほうか
14位:真珠・野沢オークライヤー
15位:久保田かずのぶ
16位:ひょっこりはん(見つかったときほぼほぼハンターの確保範囲内だった。久保田さんと悩んだけどハンターに追われてるシーンがあったので。)

今回もなかなかの強者が多いので予想作りに困難を極めましたw特にアンガ田中さんとサバンナ高橋さんの再登場は嬉しい限りです。田中さんは前回の出場から3年、高橋さんは7年程のブランクがあるので不安などもありますけど、頑張って欲しい限りです。
今回の逃走中が妖怪テーマだと聞いててっきりゲゲゲの鬼太郎とコラボするのかと思ってましたw
でも確かにアニメコラボばかりしてたら面白くないし、飽きる可能性もありますからね。
恐らく8年前の呪われた遊園地編の逃走中を市街地で再現してみるみたいな感じじゃないかなと思います。でも8年前の方は逃走成功者がいなかったけど今回大丈夫かな…
まぁ前回も前の中華街では逃走成功者が3人いたのに最新のは全滅だったからおなじように1人ぐらいは逃走成功すると見ています(笑)
それでは、今回も愉しませていただきます。
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/03(月) 09:15:49.93 ID:4afbTGAM0
そういや今回が大学生活初めての逃走中のような気が(目利き王は正式回ではないので除外)。
今回の予想

1位:樽美酒研二(PRの最後でトラウマになりますとの発言からだいぶ残ってそうなイメージ。)
2位:森崎ウィン(ひょっこりはんと一緒に歩いてる時とっさにハンターの死角に逃げた辺り判断力の高さが覗える。走り方的にハンター振り切りそう。)
3位:田中卓志(ハンターに追われてるシーンがあるけど、約3年ぶりに正式の逃走中に出るので期待。)
4位:みちょぱ
5位:HIKAKIN
6位:鬼龍院翔
7位:宮田俊哉
8位:高橋茂雄
9位:須田亜香里
10位:松島聡
11位:えなこ
12位:岡副麻希
13位:木下ほうか
14位:真珠・野沢オークライヤー
15位:久保田かずのぶ
16位:ひょっこりはん(見つかったときほぼほぼハンターの確保範囲内だった。久保田さんと悩んだけどハンターに追われてるシーンがあったので。)

今回もなかなかの強者が多いので予想作りに困難を極めましたw特にアンガ田中さんとサバンナ高橋さんの再登場は嬉しい限りです。田中さんは前回の出場から3年、高橋さんは7年程のブランクがあるので不安などもありますけど、頑張って欲しい限りです。
今回の逃走中が妖怪テーマだと聞いててっきりゲゲゲの鬼太郎とコラボするのかと思ってましたw
でも確かにアニメコラボばかりしてたら面白くないし、飽きる可能性もありますからね。
恐らく8年前の呪われた遊園地編の逃走中を市街地で再現してみるみたいな感じじゃないかなと思います。でも8年前の方は逃走成功者がいなかったけど今回大丈夫かな…
まぁ前回も前の中華街では逃走成功者が3人いたのに最新のは全滅だったからおなじように1人ぐらいは逃走成功すると見ています(笑)
それでは、今回も愉しませていただきます。
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/03(月) 09:16:37.98 ID:4afbTGAM0
そういや今回が大学生活初めての逃走中のような気が(目利き王は正式回ではないので除外)。
今回の予想

1位:樽美酒研二(PRの最後でトラウマになりますとの発言からだいぶ残ってそうなイメージ。)
2位:森崎ウィン(ひょっこりはんと一緒に歩いてる時とっさにハンターの死角に逃げた辺り判断力の高さが覗える。走り方的にハンター振り切りそう。)
3位:田中卓志(ハンターに追われてるシーンがあるけど、約3年ぶりに正式の逃走中に出るので期待。)
4位:みちょぱ
5位:HIKAKIN
6位:鬼龍院翔
7位:宮田俊哉
8位:高橋茂雄
9位:須田亜香里
10位:松島聡
11位:えなこ
12位:岡副麻希
13位:木下ほうか
14位:真珠・野沢オークライヤー
15位:久保田かずのぶ
16位:ひょっこりはん(見つかったときほぼほぼハンターの確保範囲内だった。久保田さんと悩んだけどハンターに追われてるシーンがあったので。)

今回もなかなかの強者が多いので予想作りに困難を極めましたw特にアンガ田中さんとサバンナ高橋さんの再登場は嬉しい限りです。田中さんは前回の出場から3年、高橋さんは7年程のブランクがあるので不安などもありますけど、頑張って欲しい限りです。
今回の逃走中が妖怪テーマだと聞いててっきりゲゲゲの鬼太郎とコラボするのかと思ってましたw
でも確かにアニメコラボばかりしてたら面白くないし、飽きる可能性もありますからね。
恐らく8年前の呪われた遊園地編の逃走中を市街地で再現してみるみたいな感じじゃないかなと思います。でも8年前の方は逃走成功者がいなかったけど今回大丈夫かな…
まぁ前回も前の中華街では逃走成功者が3人いたのに最新のは全滅だったからおなじように1人ぐらいは逃走成功すると見ています(笑)
それでは、今回も愉しませていただきます。
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/03(月) 09:17:04.29 ID:4afbTGAM0
そういや今回が大学生活初めての逃走中のような気が(目利き王は正式回ではないので除外)。
今回の予想

1位:樽美酒研二(PRの最後でトラウマになりますとの発言からだいぶ残ってそうなイメージ。)
2位:森崎ウィン(ひょっこりはんと一緒に歩いてる時とっさにハンターの死角に逃げた辺り判断力の高さが覗える。走り方的にハンター振り切りそう。)
3位:田中卓志(ハンターに追われてるシーンがあるけど、約3年ぶりに正式の逃走中に出るので期待。)
4位:みちょぱ
5位:HIKAKIN
6位:鬼龍院翔
7位:宮田俊哉
8位:高橋茂雄
9位:須田亜香里
10位:松島聡
11位:えなこ
12位:岡副麻希
13位:木下ほうか
14位:真珠・野沢オークライヤー
15位:久保田かずのぶ
16位:ひょっこりはん(見つかったときほぼほぼハンターの確保範囲内だった。久保田さんと悩んだけどハンターに追われてるシーンがあったので。)

今回もなかなかの強者が多いので予想作りに困難を極めましたw特にアンガ田中さんとサバンナ高橋さんの再登場は嬉しい限りです。田中さんは前回の出場から3年、高橋さんは7年程のブランクがあるので不安などもありますけど、頑張って欲しい限りです。
今回の逃走中が妖怪テーマだと聞いててっきりゲゲゲの鬼太郎とコラボするのかと思ってましたw
でも確かにアニメコラボばかりしてたら面白くないし、飽きる可能性もありますからね。
恐らく8年前の呪われた遊園地編の逃走中を市街地で再現してみるみたいな感じじゃないかなと思います。でも8年前の方は逃走成功者がいなかったけど今回大丈夫かな…
まぁ前回も前の中華街では逃走成功者が3人いたのに最新のは全滅だったからおなじように1人ぐらいは逃走成功すると見ています(笑)
それでは、今回も愉しませていただきます。
500 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/10/15(月) 12:22:22.55 ID:Rd7ovSJDO
お久し振りです。速報復活おめでとうございます
再開の件ですが、実は既にやり直す事を見越して裁判のデータを消してしまいました
なので、再開するにしても裁判からではなく1からのスタートになります
再開する場所はピクシブか此方の予定ですが、何か意見があればどうぞ…
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/15(月) 12:53:02.69 ID:Jd0VM6d00
個人的にはこのまま此処でしてほしいけど、荒らしがまた出てくること考えればpixivでした方がいいのかな……
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/15(月) 13:33:04.70 ID:kr705fu1O
pixivの方が良いかな。
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/15(月) 13:43:43.06 ID:L0vd7ay50
pixivがいいかな…また落ちないとも限らんし
それかおーぷん?
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/15(月) 14:20:16.33 ID:97PT2cQTO
安価形式のが好きだけど、復旧したとはいえ鯖安定してるかがちょっと心配
どの場所にせよ再開待ってます
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/15(月) 14:27:04.30 ID:aq4u/0Zl0
安価形式が好きだからここかおーぷんでやって欲しいな
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/15(月) 14:49:30.82 ID:o1IwAFV00
安価形式をとるならおーぷん、おーぷんで書くつもりがないならpixivかな
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/15(月) 20:18:10.53 ID:S35jFABD0
おーぷんはスレ主が荒らしアク禁できるし検討してみてほしい
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/16(火) 14:46:12.33 ID:2yh8PvY20
復活して早々に他のスレに荒らしが湧いてきているし別の場所に移った方がいいと思うな。
509 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/10/17(水) 21:03:35.57 ID:RPz1Zg8VO
色々な意見ありがとうございます、速報外での再開の方がいいんですかね……
一応、此方で安価無し(クエスト様や(β)様の様な方式)でする事も視野に入れています
メリットとしては準備が出来次第すぐに動き出せる事と、感想が直接受け取れる事ですね
何処でやるにしても一長一短なので、もう少し様子を見ます。意見は引き続き受け付けておりますので何かあれば
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/18(木) 12:27:42.82 ID:6iy4z9Yn0
生存報告来てたか。できればこのままここでしてほしい
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/18(木) 16:14:58.83 ID:M1jF0gcv0
安価なしで感想が直接受け取れるのはしたらばでって事かな。あの手のスレは読者は書き込みできなかったと思う
スレに感想が直接書き込まれる意味なら今まで通りの方針か外部掲示板か
512 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/10/18(木) 23:14:00.84 ID:sZ+kT1EYO
>>511
速報内で安価無しでやる場合は、各章の終わりに酉を開示する事で感想等を受け取ろうかと考えています
軽く調べた程度ですが、>>1と同じ酉ならば書き込みが出来るそうなので……
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/19(金) 20:08:53.35 ID:rkT4buYz0
ゴネすぎ
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/19(金) 20:39:21.26 ID:NQvZPI2wO
決断力無さすぎ
そんなんだから前作がごちゃごちゃになって皆からも見られなくなったんじゃないの?
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/19(金) 23:32:00.32 ID:w4v33yP+O
自分が人気作家って勘違いしてそうで怖いわ
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 00:12:21.36 ID:bfxDrehIO
この際だからはっきり言うけど、俺達は「参加してやってる」「見てやってる」んだからな?
二作重ねてもろくに上達しない腕の癖に偉そうにすんな。他の真面目にやってるオリロンの作者に迷惑なんだよ
なんでここで安価形式で再開して欲しいかの理由もわかんねえならいい機会だから止めていいよ
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/10/20(土) 08:33:56.09 ID:hr/qflSE0
もうやりたいところでやればいいじゃん
はっきり言って「速報の読者に無理やり言われてここで書くことにしたから、叩くなら速報の読者にしてください」と言い訳する前振りにしか見えない
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 10:25:48.38 ID:5c5v4eRsO
自分の考えた名前も採用されてるけど正直ここより上手い人に使って貰いたいから辞めるなら早く言ってほしい
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 11:15:21.21 ID:OC89a5Za0
過半数が速報外とアドバイスしてるのに聞き入れる気もなさそう
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 11:32:13.13 ID:VXDVaVzP0
>>513-518
自演乙
名前が採用されたとか言ってるけどじゃあどれが採用されたのか言ってみろよ低能
作者のやる気削ぎたくて適当言ってるだけだろクズww
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 11:44:58.74 ID:jTqCrEtfO
>>520
どれか言うと今後採用されなくなるかもしれんからぼかすけど三人採用されてる
最初は多く採用されてて嬉しかったけど、今はあんな雑に動かされる位なら他の人にやって欲しくなってる
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 11:54:15.53 ID:VXDVaVzP0
>>521

イラストレーター 
吊井座小牧(つるいざ・こまき) 男
小松崎類様のアナグラム。

地域振興委員
駆村沖人(かけむら・おきと) 男
駆けるは英語でダッシュ。逆読み。

柔道家
照星夕(てるぼし・ゆう)
柔(銃)の部位名の一つ照星(しょうせい)の読み替え。
星が照らし始める時間帯の夕。



家事代行
臓腑屋凛々(ぞうふや りり) 女
夜を徹して働く仕事人のイメージで凛々しい
徹夜+台所は女の城→不夜城→じょうふや→臓腑屋

おもちゃ屋
竹田紅重(たけだ べにしげ) 男
竹細工→竹田紅
おもちゃ屋の重(おも)を追加

スタイリスト
古河ゆめみ(こが ―)女
古い皮に化粧で新しい皮を被せる
子が夢見、る姿を彩る
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 12:00:56.79 ID:jTqCrEtfO
だからぼかすっつってんじゃん
ここのせいで一切採用されないなんて嫌だし
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 12:09:33.11 ID:4BHIf31G0
作者も一からやりなおすらしいしそんなに嫌なら使うのやめろって言えばいいじゃん
句点のなさからして臓腑屋、竹田、古河だろうけど
性格悪いな
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 12:39:08.61 ID:TEvfLL5DO
自分としてはこのまま此処でしてほしいけど、>>1の好きな所でもいいです
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 14:14:39.12 ID:d1M31xKS0
此処で続けると荒らしが付け上がるからなるべくやめてほしい
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/20(土) 18:17:19.50 ID:uNjocSrH0
はいはい荒らしのせい荒らしのせい
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/10/21(日) 10:56:29.97 ID:AQgYQZX10
>>523

24:名無しさん[sage] 2017/11/04(土) 20:24:44 pgFdAlWM
採用していただいた騎士と演歌歌手は抜いて

家事代行
臓腑屋凛々(ぞうふや りり) 女
夜を徹して働く仕事人のイメージで凛々しい
徹夜+台所は女の城→不夜城→じょうふや→臓腑屋

おもちゃ屋
竹田紅重(たけだ べにしげ) 男
竹細工→竹田紅
おもちゃ屋の重(おも)を追加

実験体
伏見六号(ふしみ ろくごう)女
不死身の点抜き
名ではなく番号で呼ばれてるイメージ

小説家
菊村正(きく むらまさ)男
ペンは剣よりも強し
から刀の菊一文字と村正

助言者
三久田岬(みくだ みさき)女
見下(し)・身砕(き)、身裂き

サイコメトラー
新田王理(にった おーり)男
最古の反対として新に、定番の田
娶るerとして王

スタイリスト
古河ゆめみ(こが ―)女
古い皮に化粧で新しい皮を被せる
子が夢見、る姿を彩る

臓腑屋さんがかなりのお気に入り
発想の一助となれば
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/21(日) 14:00:53.13 ID:B/I9FoTWO
こうやってグチグチ抜かす馬鹿が出るからやり直すならエタスレから採用とかやめた方がいいと思うけどね
530 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/10/22(月) 13:19:57.90 ID:f1O1PVUeO
沢山の読んでいる方の素直な意見、誠にありがとうございます
色々と考えた結果、再開はSS速報内で、安価無しで行う事にしました
やはり、使い慣れている分楽なので……移動した方がいいと言っていた方はすみません
再開日は11月を予定しています
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/23(火) 07:17:20.57 ID:25QG8EVJo
了解
待ってます
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/23(火) 20:01:16.23 ID:EO+9/DS3O
ええ…
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 09:55:40.72 ID:SD9A1wQDO
ようやるな荒らしも
荒らしという生産性のないことに無駄に時間を費やしていたことを5年くらい後に恥じるんだろうな
それか恥じる段階すら下回ってしまった時間が有り余ってる心の荒んだニートか
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 18:02:10.43 ID:RjYssdglO
>>518はこう言ってるけどどうするの?
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 18:58:00.71 ID:7IT6Dnnw0
>>518はただの我儘ちゃんじゃん
こういうことも予測できないでエタスレに投げた時点でただの間抜け
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/28(日) 17:27:10.39 ID:eOi5cc220
>>534
仮に要望通り取り下げたとしてももう>>518の名前は使われないだろ
気に入らない作風には使われたくないって事だからな
面倒なのに見張られると分かってる名前をわざわざ使う奴はいない
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/29(月) 23:09:27.71 ID:GTfRVAGrO
民度に普通に草
538 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2018/11/04(日) 23:15:50.94 ID:ajbDX1DiO
建てました。様々な変更がありますが、此方でも変わらず見てくださると嬉しいです
【二次創作】ダンガンロンパ Re:MIX【オリロンパ】
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1541335141/

>>534
まず、キャラクターを魅力的に動かせなかったのは此方の落ち度です。申し訳ございません
その上でですが、既にプロローグを書き終わっていた事と、該当するキャラが複数いるので違う方を消す恐れがある事
そして、該当キャラ全てを削除すると三分の一が入れ替わる事になり、ここまでするなら総入れ替えした方が速いと結論付けました
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/06(火) 00:54:57.75 ID:6Eorhdgs0
リメイク前の方が良かった
もう読まないからどうでもいいけど
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/06(火) 17:29:18.36 ID:PftzVZQi0

リメイク版期待
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/07(水) 15:23:28.87 ID:hbM3XYJcO
とりあえず思ったのはすげえドMだなあって感想
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/07(水) 18:19:05.40 ID:zv1Vssb50
>>541
作者が?
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/24(土) 15:59:14.39 ID:4Ey5eZFu0

瀬川のいい感じのクズっぷりがよく出てる(嫌いとは言ってない)
スグルは前作とどう繋がってるのかも気になる
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/25(日) 02:11:21.24 ID:geOSheU0o
更新乙です
月神さんのリーダー力が問われる
あとレンチンが調理って瀬川の女子力ぅ…
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/27(火) 15:16:09.62 ID:F2mLl/ud0
>>524
遅レスだけどごめん、>>522の六人(あと陰陽院さん)の全部俺投げたやつなんだ
句点つけたりつけなかったりですまんね

言葉をこねくり回して名前を作ることしかできないから、それにキャラを付けて人にしてくれた>>1には本当に感謝しかない
中々反応返せないけど頑張ってください
546 :545 [sage]:2018/11/27(火) 15:44:19.46 ID:F2mLl/ud0
こっちだと陰陽寺さんだったわ
547 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2018/11/27(火) 20:27:56.83 ID:QyxhJzcXO
感想ありがとうございます!一気に返信していきますね

>>543
自分も瀬川さんはあまりいい子では無いと思います……
彼女がただのクズにならないよう、これからも頑張っていきたいです

>>544
瀬川「わ、私だってお裁縫は得意だよ!いらない布で雑巾作ったりとか!」
臓腑屋(それは得意の範疇なんでござろうか……?)

>>545
そうなんですか!?今回は本当に気に入ったもの等を選択しただけなんです……
まさか過半数近く採用してしまったとは。なんだか申し訳ありません

陰陽寺さんの名前を変更した理由は、前作の桐生院さんと下の字が被る事
陰陽寺=陰陽師という同音の発音から、彼女の性格と、魔術師的な印象とのギャップを籠めさせていただきました



感想をくれた方々。そして他の方も、これからもよろしくお願いいたします
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 09:40:31.17 ID:Lk+PNDuH0
御伽双子が好き
549 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2018/12/02(日) 12:37:43.22 ID:nVlfkQC9O
>>548
御伽兄妹は最初から関係性が出来ているので、此方としても動かしやすいです
二人が今後どうなるのか、注目していただけると嬉しいです
478.48 KB Speed:3.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)