【ガルパン安価】ミカ「もしかしたら私はぼっちかもしれない」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 20:09:44.09 ID:dAySUw+t0
ミッコ「ど、どうしたのミカ、いつもの調子で口走って」

ミカ「ふと思ったんだ、私は他校との交流が希薄なんじゃないかって」

ミッコ「だろうね」

ミカ「否定してくれないのかい」

ミッコ「四六時中一緒にいるし」

ミカ「…」ポロン

ミッコ「で、突然どうしたの、普段は一人が好きみたいな雰囲気醸し出してたように見えるけど」

ミカ「…一人が好きなわけじゃないさ、風の向くままに流れるのが好きなだけで」

ミッコ「へえ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532516983
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 20:19:47.75 ID:dAySUw+t0
ミカ「人と仲良くなるのが苦手なんだ」

ミッコ「でも私達とは話せてるじゃん」

ミカ「ミッコやアキは…特別なんだ」

ミッコ「おー嬉しいね」

ミカ「勿論私達は友達だね」

ミッコ「うん友達…、うん…友達」

ミカ(何故目を逸らすんだい)

ミッコ「まあミカはさ、ただでさえフラフラしてるし回りくどい喋り方するから近づきにくいんじゃない?」

ミカ「う…」グサ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 20:28:55.75 ID:dAySUw+t0
ミカ「やっぱり距離を置かれるんだね、この話し方は」

ミッコ「いや!ミカと友達になりたい人はいると思うよ、…多分」

ミカ「…」

ミッコ「えっと…ほら、西住さんとかは?」

ミカ「ほとんど会話は交わしてないね」

ミッコ「うーん、そっか」

ミッコ「直接聞いてみたら?」

ミカ「直接?」

ミッコ「そう、はっきり言葉にしないと分からないときってあるじゃない」

ミッコ「自信なさげだけど、向こうはちゃんと友達と思ってくれてるかもよ?」

ミカ「…そうだね、これもいい機会だ、行って来るよ」

ミッコ「うん、いってらっしゃい!」

ミッコ(でも返事によってはショックで立ち直れなくなるかもしれないけどね…)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 20:38:26.81 ID:dAySUw+t0
ミカ「さて…歩いていたら黒森峰の学園艦が見えてきた」

ミカ「どうやら寄港してるみたいだね」

ミカ「ん…あれは」

まほ「よし、では今から自由時間とする」

黒森峰生徒「はい!」

ミカ「やあ、西住さん」

まほ「な!」ビク

ミカ「…そんなに驚かなくてもいいじゃないか」

まほ「急に後ろから至近距離で声を掛けられたら普通は驚く」

ミカ(こういうところが距離感が分かってないということなのかもしれないね…)

まほ「で、私に何か用か」

ミカ「君は私と友達かな」

まほ(突然何だ…?)

ミカ「聞かせて欲しい」

まほ「>>6
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 20:40:31.50 ID:FcSK2RGIO
違うと思う
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 20:40:47.28 ID:WMlfV02HO
コイントスで決めるか
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 20:49:58.44 ID:dAySUw+t0
まほ「コイントスで決めるか」

ミカ「…どういうことだい?」

まほ「その方が後腐れないだろ」

ミカ(友達ってこういうことで決めるんだろうか…)

まほ「表なら友達、裏なら他人だ」ゴソ

ミカ「ま、待ってくれ、本気かい?」

まほ「私が冗談を言えるような性格に見えるか?」

ミカ「いや、さっきから理解が追いつかn」

まほ「行くぞ」ピン

ミカ「!?」

結果>>9
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 20:51:27.64 ID:BYLbrmFCO
ksk
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 20:51:36.07 ID:MKepB89P0
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 20:51:48.78 ID:ydGGGbTX0
立った
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 20:54:27.68 ID:dAySUw+t0
まほ「裏だな」パシッ

ミカ「」

まほ「私と君は他人だ、それ以上もそれ以下もない」

ミカ「…分かったよ」

まほ「話はそれだけか」

ミカ「そうだね…失礼するよ」スタスタ

まほ(前々から思っていたが、やはり面倒くさい奴だな)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 20:59:38.21 ID:dAySUw+t0
ミカ「…友達の定義ってなんだろうか」

ミカ「いや、これでくじけちゃ駄目だ、きっと彼女がたまたま私みたいに少しおかしいだけかもしれない」

ミカ「…」トボトボ

アンチョビ「どうした?そんなに浮かない顔して」

ミカ「君は確か…」

アンチョビ「アンチョビだ!下を向いて歩いてるからどうにもほっとけなくてな!」

ミカ「そんなに落ち込んで見えたかい?」

アンチョビ「そういう時はおいしいものを食べて気分転換が一番だ、ついてこい!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 21:05:43.41 ID:dAySUw+t0
ガヤガヤ

ミカ「随分賑わってるね」

アンチョビ「最近はこうして他の学園艦の寄港日には積極的に屋台を出店してるんだ」

アンチョビ「ウチは貧乏だからな、こういう時こそ稼がないと」

ミカ「辛くないのかい?」

アンチョビ「お客さんの笑顔があれば辛さなんて忘れるさ」

ミカ(私とは違ってとても明るくてまぶしいね)

ミカ「…君は私のこと、どう思う?」

アンチョビ「へ?」

ミカ「突然こんな質問をしてすまない…でもどうしても気になってね」

アンチョビ「そうだな…>>15
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 21:07:35.48 ID:/9E2NP9Do
お財布だな
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 21:08:48.05 ID:CHDoHFb8O
軽戦車ww
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 21:20:26.08 ID:dAySUw+t0
アンチョビ「ミカ、といったか、継続高校はBT−42に乗っていたな」

ミカ「そうだね」

アンチョビ「軽戦車…ふっwwww」

ミカ「えっ…?(今、鼻で笑われた…?)」

アンチョビ「ああすまない、別に馬鹿にしたわけじゃない、ただその戦車であれだけの活躍をしたその意外性が面白くて」

ミカ(最初から私を見下していた…?)カタカタ

アンチョビ「ウチとはまた違った闘い方だからな、是非とも参考にしたいと思っていたんだ」

ミカ(いい人に見えて腹黒い性格なんだ…見かけによらないね)ブツブツ

アンチョビ「どうした?お腹の調子でも悪いか、もしかしてウチの料理が口に合わなかったか」

アンチョビ「それは気付かなくてすまなかった、すぐに作り直させてくる」タタタ

ミカ「あれ…?」キョロキョロ

ミカ「いつの間にかいない…私は眼中にない、ということか」

ミカ「…」トボトボ



アンチョビ「やーお待たせ!…ってあれ?」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 21:25:16.73 ID:2cNoEliUO
いるよねこういう奴
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 21:28:09.21 ID:dAySUw+t0
ミカ「…」ムシャムシャ

ダージリン「…」

ミカ「…」ムシャムシャ

ダージリン「ミカさん?無言でお菓子を頬張らないでくださらないかしら」

ミカ「…」ズズー

ダージリン「聞いているの?」ピクピク

オレンジペコ(あんな下品に音を立てて…ダージリン様も肩を震わせて)

ミカ「腹が減っては戦が出来ないからね」ゲポ

ダージリン「誰と戦をしているのかしら…」

ミカ「こっちの話だよ」

ダージリン「今日はカンテレは弾かないのね」

ミカ「…たまにはただ風に吹かれてみるのもいいものさ」

ダージリン(いつもの調子はどこに…?)
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 21:37:29.83 ID:dAySUw+t0
ミカ「やけ食いをしたくなる気分になってね」

オレンジペコ(ただタダ飯にありつこうと思っただけじゃ)

ダージリン「だからといっていきなり押しかけてきて無礼にも程があるわね」

ミカ「すまなかった、これからは善処するよ」

ダージリン(これからも来るつもりなの…)

ミカ「今日は君に確かめたいことがあってね」

ダージリン「確かめたいこと?」

ミカ「君は私と同じ匂いがするような気がしてね」

ダージリン(失礼なことを言われてる気がするわ)

ミカ「君は最近誰かと遊んだかい」

ダージリン「遊んだ…そうね」

ダージリン「>>21
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 21:38:43.71 ID:MKepB89P0
遊びすぎて覚えてない
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 21:38:47.48 ID:+StL0xgVO
そうね…
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 21:48:03.23 ID:dAySUw+t0
ダージリン「そうね…」

ミカ「何故二回言ったのかな」

ダージリン「ちょ、ちょっと待って!今思い出してるところよ」

ミカ(すぐに思い出せないくらいたくさんの人と会ったってことかな)

ダージリン(言えない!誰かから電話が来るのを期待して電話の前で一日悶々としてたなんて!)

ミカ(私とは違って人脈もあるし、友達には困ってないだろうしね)

ミカ「どうやら偏見を持ってしまってたね、すまなかった」

ダージリン「へ?(何に納得したのかしら)」

ミカ「それで…その大勢の中に…私は友達に入っているかい?」

ダージリン「>>24
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 21:50:22.47 ID:q8toY439O
もう一回言って?
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 21:50:29.94 ID:i0vP72NEo
当たり前じゃない、親友に嘘は言わないわ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 21:50:42.46 ID:EW31GCw7O
どっちだと思う?
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 21:57:33.66 ID:dAySUw+t0
ダージリン「当たり前じゃない、親友に嘘は言わないわ」

ミカ「(´;ω;`)ブワッ 」

ダージリン「ど、どうしたの?」

ミカ「いや…ただの友達じゃなく…親友って言ってくれたことが嬉しくて」ボロボロ

ダージリン「だ、大丈夫…?ハンカチなら貸すわ」スッ

ミカ「あり…あり…がとう」ボロボロ

オレンジペコ(うわぁー…あんなふうに号泣されると逆にドン引きですね)

ダージリン「まったく、しょうがないわね」フフ

ミカ「うう…」チーン

ダージリン「」

オレンジペコ「ハンカチで鼻を…」

ミカ「ハンカチ、恩に着るよ」

ダージリン「…洗濯して返してね」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 22:10:51.86 ID:dAySUw+t0
ミカ「なんだか自信を取り戻せた気がするよ」

ミカ「そろそろ着く頃だね…」

みほ「あとこれとこれを…」

ミカ「西住さん」

みほ「え…あれ、ミカさん!」

ミカ「君のお姉さんにはお世話になったよ」

みほ「お世話…看病でもしてもらったんですか?」

ミカ「いや、少し現実を突きつけられたと言うべきかな」

みほ「も、もしかしてお姉ちゃんが失礼なことを?ごめんなさい」ペコ

ミカ「いいんだ謝らなくて」

ミカ「ただお姉さんとは違うと信じたくてね…」

みほ(どういうことだろう)

ミカ「ところでこれから予定があるかい?(色々話がしてみたいしね)」

みほ「ええと…>>29
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 22:14:36.72 ID:TSiVMNFS0
あんこうチームのみんなで喫茶店へ行く予定なんですけど、よかったら一緒に
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 22:14:42.88 ID:mSkgEyfjO
各校の隊長の皆さんとカラオケの予定が……あれ、そういえばミカさんとダージリンさん……
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 22:14:48.34 ID:ZYlrX0Vj0
バレー部に体験入部しに
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 22:14:58.82 ID:/9E2NP9Do
えぐい
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 22:15:11.32 ID:+5q4sONx0
ありすちゃんとボコ叩きに
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 22:22:05.97 ID:dAySUw+t0
みほ「実はこれから各校の隊長の皆さんとカラオケの予定があるんです」

ミカ「え」

みほ「前から楽しみで眠れなくて…カチューシャさんなんかもう先輩なのに私よりはしゃいじゃって」エヘヘ

ミカ(初耳だよ)

みほ「あれ、そういえばミカさんとダージリンさん…」

ミカ「…」

みほ「あ、あのう、失礼ですけど、お誘いありましたか?」

ミカ「…知らなかったよ」

みほ「え、あ!その、ごめんなさい!私の代わりに沙織さんが呼びかけてくれたんですけどてっきり来ると思って…」アタフタ

ミカ(西住さんは嘘は言ってないみたいだね)
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 22:29:37.48 ID:dAySUw+t0
沙織「みぽりーんどうしたの?あれ、ミカさんだ」

みほ「沙織さん…今日のカラオケでミカさんやダージリンさんって」

沙織「あ!ご、ごめんなさい、ミカさんの連絡先知らなくて…」

みほ「ダージリンさんの連絡先はオレンジペコさんから聞いてたはずだけど…」

沙織「そのー、素で忘れてた!」テヘ

みほ「そっか、びっくりした」

沙織(正直ダージリンさんは誘うか迷ったんだよね…周りの人は絡みづらそうにするだろうし)

ミカ「そのカラオケに参加してもいいかな」

みほ「はい!」

ミカ「ダージリンさんも」

沙織「…」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/25(水) 22:43:16.58 ID:dAySUw+t0
まほ「みほ、何でミカがここに…」コソ

みほ「そんなこと言わずに…これをきっかけに仲良くなろうよ」

ミカ「悪いね、飛び入りで参加させてもらって」

西「私は一向に構いません!」

アンチョビ「姿が見えないから心配だったが、元気そうで何よりだ!」

ケイ「人数は多いほうが楽しいしね、ウェルカムよ」

カチューシャ「私の歌唱力に適うかしら?」ニヒヒ

ミカ「今日は思う存分楽しもう、私の親友ダージリン」

ダージリン「ええ、勿論」


終わり

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/26(木) 03:12:15.80 ID:ne7pf8x0o
良かった...怖い人はお姉ちゃんしかいなかったんだ
13.66 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)