魔理沙「好きな男の手前猫かぶっちゃう系女子」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 21:50:14.76 ID:AwgIZArH0
※東方SSです ※男の第三者がいると思ってください


ーーー博麗神社ーーー

霊夢「はー、ただいまーっと…ん?」

魔理沙「おう、お帰り。私が来てやってるのに出かけてるなんて駄目じゃないか」

霊夢「…別に来てくれなんて言った覚えないのだけれど」

魔理沙「そりゃ言ってないから覚えが無いに決まってるだろ。何を言っているんだ」

霊夢「張り倒したくなるわね。で、どうせ暇つぶしでしょ?」

魔理沙「よく分かってるじゃないか。だと言うのに誰も居ないせいで憤りを感じてたところだ。責任を取ってもらおう」

霊夢「分かった分かった。取るからお茶淹れるまでちょっと待ってなさいな」

魔理沙「あれ、やけに気前がいいじゃないか。いつものように油虫の如く邪険に扱う霊夢はどこへ行ってしまったのかね」

霊夢「あのねえ、お客の手前そんなこと出来ないでしょ」

魔理沙「お客って、私のことか?今更そんなこと気にする仲じゃ………」ガラッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532523014
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 21:52:50.10 ID:AwgIZArH0
霊夢「あ、荷物持ちご苦労様ね。今魔理沙が来てるのよ」

霊夢「取り合えずお茶淹れてくるから、待ってて……魔理沙?」

魔理沙「………あー、えーと………」

霊夢「魔理沙?」



魔理沙「…うん、貴方も、来てたのね。お邪魔してましたわ」



霊夢「…んん?」

魔理沙「さ、座ってちょうだい。霊夢も立ってないでほら」

霊夢「あ、はい…」

魔理沙「ああ、気が利かなくてごめんなさい。飲み物を持ってくるわね。少し台所をお借りしても?」

霊夢「お、おう」

魔理沙「すぐに持ってくるから、少しだけ待っててね、ええ、すぐにお持ちしますわ!」バタバタ

霊夢「………?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 21:55:08.54 ID:AwgIZArH0
………………………

魔理沙「ええ、その時は霊夢にずいぶん助けられたわ。頼りになる友達なのよ」

霊夢「…ンー…」

………………………

魔理沙「あら、お茶のお代わりはいかがかしら?お茶菓子も新しいの出すわね」

霊夢「(なんで隠したお茶菓子の場所知ってんのよ)」

………………………

魔理沙「最近お菓子作りに凝ってますの。今度是非頂いてみて欲しいわ」

霊夢「(今日持って来いよ)」

………………………

霊夢「あ、そろそろ帰る?それじゃ…」

魔理沙「な、なら!送りましょうか!?私の箒は二人位なら全然…」

魔理沙「あ、大丈夫…?そう、気を付けてね」

霊夢「…あー、いいの?じゃ、さよなら…」

魔理沙「さ、さようなら!」ブンブン
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 21:58:21.29 ID:AwgIZArH0
霊夢「……ねえ、魔理沙」

魔理沙「言うな」

霊夢「今日のあんた、なんか、そのー、あれよ」

魔理沙「皆まで言わんでくれ、分かってる。お前の言いたいことは分かってるから、これ以上は…」

霊夢「口調とか性格おかしくなってなかった?」

魔理沙「言うなよおおおおお分かってるって言ってるんだからあああああ」

霊夢「お菓子作りって絶対嘘でしょ、何見え張ってんのよ」

魔理沙「があああ!がああああ!」

霊夢「私に助けられたとか、頼りになるとか…他人褒めるタイプじゃないでしょあんたは」

魔理沙「やめろォ!(建前)やめろォ!(本音)」

霊夢「…まあ、友達って言ってくれた事は嬉しかったけどね///」

魔理沙「れ、霊夢…///」トゥンク
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 22:00:29.56 ID:AwgIZArH0
魔理沙「トゥンクじゃねえよ。トゥンクする相手が違えよ」

霊夢「トゥンクって何よ…で、何だってあんな口調にしたの?」

魔理沙「あー、いや、その、な。あいつの前だと、ほら…な?」

霊夢「あ?あの人の前なら何だってのよ」

魔理沙「だから!男って基本的にお淑やかっていうのか…そういうのが女らしいって思うわけだろ?」

霊夢「男じゃないから分からないけど…あんたがそう思うんならそうなんじゃないの」

魔理沙「そういうもんなんだよ!…で、そういうお淑やかさを出すなら私の普段の口調はアウトなんだよ」

霊夢「男勝りだものねえ。少なくとも女っぽくは無いわね」

魔理沙「だろ!?だからその意識の改善としてまずは口調をだ…」

霊夢「でもってお菓子作りを趣味にしたの?それがあんたなりの女らしさなの?」

魔理沙「がああああああ!!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 22:02:24.81 ID:AwgIZArH0
霊夢「まあとりあえずあんたがお淑やかさもとい女らしさを出したい努力をしてるのは分かった」

魔理沙「…そうですかい」

霊夢「で、また疑問なんだけど」

魔理沙「なんだよお。死体蹴りはやめてくれよお」

霊夢「何であの人の前で女らしさっての出したいわけ?」

魔理沙「………え」

霊夢「私とか他の奴らでもそんな変な思い付き無かったじゃないの。どうしてかなって」

魔理沙「お前。お前…、それ、言わせるなって。マジの死体蹴りじゃないか」

霊夢「別にいいじゃない。困ることでもあるわけ?」

魔理沙「い、いや。ここまで我ながらあからさまにして今更言う必要なんて無い…だろ?」

霊夢「???」

魔理沙「…え、嘘…だろ…本気で分かって無いのか?」

霊夢「だから聞いてるんでしょ。文句あんの」

魔理沙「博麗って…巫女って…!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 22:03:14.77 ID:AwgIZArH0
………………………

霊夢「うーむ…結局教えて貰えなかったわ」

霊夢「どうももやもやするわね…魔理沙の変化とあの人の関係性か…」

霊夢「教えて貰えないなら…」

霊夢「自分で調べるしかないわね!」

………………………
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 22:05:55.81 ID:AwgIZArH0
………………………

魔理沙「…あ、こ、こんにちは。今日は霊夢に呼ばれたのよ」

魔理沙「貴方も?どうしたのかしらね、私たち二人だけ呼ぶだなんて…」

魔理沙「(まさかとは思うが…本当の魔理沙は〜〜だった!とか公開処刑するんじゃないだろうな)」

魔理沙「(だとしたら…刺し違えてでも…!)」ガラッ

霊夢「……」

魔理沙「霊夢、今日はなに……」



霊夢「やあ、今日は"ボク"の暇つぶしに付き合ってもらって済まないね」



魔理沙「!?(れ、霊夢さん!?)」

霊夢「ああ、ただの暇つぶし…と調査だよ。少し興味があることがあってね」

霊夢「キミ達は普段通りにボクと話してくれたまえ」

魔理沙「……おお、もう……」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 22:16:48.62 ID:AwgIZArH0
………………………

霊夢「む、こんな時間か。キミと話すのは楽しくて時間を忘れてしまうね」

霊夢「今日はボクの我儘に付き合ってくれてありがとう、また会う日を楽しみにしているよ」

魔理沙「(霊夢よ…とうとう最後までその口調を崩さなかったな…)」

魔理沙「(が、どういうつもりだ?私の真似か?からかっているのか?)」

魔理沙「(理由によってはやはり…刺し違えてその命貰い受ける…!)」

霊夢「うん、やっぱりこの口調が気になるのかい?…そうだね…」

霊夢「もう辞めるわ。飽きた。なんか面白いのかと思ったけど特に何も無かったわね」

魔理沙「なんだよおま…!!あ、お…なんなのよ、貴女は」

霊夢「うーん、特に分からなかったわね…あ、帰る?気を付けてねー」

魔理沙「うぐ…お、お気をつけて…」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 22:17:35.29 ID:AwgIZArH0
魔理沙「霊夢よお、結局なんだったってんだよ…」

霊夢「いやー、疲れるし恥ずかしいしでいっぱいいっぱいよ。あんたこんなことして楽しいの?」

魔理沙「別に楽しかないよ!こっちだっていっぱいいっぱいだよ!」

霊夢「じゃあもうやめたらその口調?本当アホらし」

魔理沙「前の話もう忘れたのかよ!鳥頭か!だから、あいつの前だったら…!」

霊夢「あんたとあの人の関係は知らないけど、無理する位なら会わなきゃいいじゃない」

魔理沙「会わないって選択肢は無いだろ!?あ、会いたい…よ。でも、普段の私は駄目なんだよ」

霊夢「普段通りは駄目でいっぱいいっぱいなのに会いたい?あんた変なこと言ってない?」

魔理沙「…ああもう!ああもうだよお前はほんっとに!」

魔理沙「分かったよ!分かりましたよ!次会う時は普通に行くよ!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 22:18:18.73 ID:AwgIZArH0
霊夢「よくわからないけど…解決したの?結局わけが分からなかったわ」

魔理沙「いいよもう。お前はそのままでいてくれよ…」

霊夢「分からなかったけど…ただね、魔理沙」

魔理沙「なんだよ…もう変なこと言うなよ…」

霊夢「やっぱりいつも通りのあんたの方がずっといいと思うわ///」

魔理沙「れ、霊夢…///」トゥンク

魔理沙「ってあいつに言われたいんだよ!トゥンクじゃねえよ!」

霊夢「あ、そうなんだ。私からあの人に頼んでおく?」

魔理沙「やめろオオオオ!!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 22:19:25.37 ID:AwgIZArH0
………………………

魔理沙「すー、はー…よし、行くか!」

霊夢「はーい、頑張ってらっしゃいねー」

魔理沙「うるせえ!黙って見…なくてもいい!」ガラッ

霊夢「気合入れて普段通りに行くってわけ分からないわね」

霊夢「まあ、魔理沙がいいってならどうでもいいけど。さて、晩御飯の準備でも…」



魔理沙「じ、実は…"俺"の口調は本当はこうだったんだぜ!!」



霊夢「…百歩譲っても"俺"はないでしょ」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/25(水) 22:20:29.01 ID:AwgIZArH0
〜おまけ〜

魔理沙「ところで霊夢。この前ってあいつと一緒に買い物行ってたんだよな?」

霊夢「そうね」

魔理沙「で、今回は晩御飯一緒に食べて、私は先に帰ったけど…後で送っていったのか?」

霊夢「いや、泊まって貰って朝に一人で帰ったわ」

魔理沙「と、泊ま…!?なんだよっ、買い物行ったり泊まるだとか、随分仲良さそうじゃないか!?」

霊夢「うーん、仲がいいのはそりゃ…」



霊夢「…将来、神主として一緒にやって行くから当然よね///」



魔理沙「ぐわああああーーーーッ!!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/25(水) 23:04:15.12 ID:EU4Civf80
おつ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/26(木) 06:49:53.52 ID:WE6ot7RMO
他キャラも是非(切実)
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/27(金) 12:30:51.78 ID:ehHuSdLi0



さとり「好きな男の手前何も出来ないので妄想しちゃう系女子」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/27(金) 12:32:55.01 ID:ehHuSdLi0
「ああ、心を読まずとも、分かります。貴方の気持ちが」

彼女の小さな体は、今や貴方の大きな腕にすっぽりと抱きしめられている。
体格差もありながら、一生懸命に腕を伸ばしてより貴方の体のぬくもりを感じようと抱きしめ返す彼女に、
貴方はより一層愛しさを覚える。

「もう、無粋な能力。言葉だっていらないのに勝手に貴方の想いが流れてきてしまう」

「…これから何をしてくれるのか、だなんて。能力が無くたって分かるわ」

そう言うと、彼女は貴方を抱きしめていた腕を名残惜しそうに緩ませる。
それを感じ取った貴方も腕を緩ませ、少しだけ彼女との密着を辞める。

すると必然的に、見つめ合う形になる。が、貴方の目線は彼女の目よりもう少しだけ下に。

「もっと、もっと近くで、貴方を想わせてください」

「それをすれば、きっと、もっと強く貴方を感じられる」

「…目は、閉じた方がいいのかしら?……そう。なら、そうします」

頬をほんのりと紅く染め、彼女は静かに目を瞑る。
そして貴方は無防備となった彼女の艶やかな唇にーーーーーーーー
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/27(金) 12:35:26.78 ID:ehHuSdLi0



『貴方とのイチャラブハッピーライフ』         著:古明地さとり


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/27(金) 12:38:18.48 ID:ehHuSdLi0
燐「さとり様…どうしてこんな…」

空「さとり様!こっからチューするんですよね!チュー!」

こいし「続きは?続き書いてないのお姉ちゃん?」



こいし「この妄想垂れ流し電波小説の!」



さとり「はぐわあああああ!!」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/27(金) 16:52:50.63 ID:nYRe/w/Z0
11点お姉ちゃんもいいけどメンタルクソザコお姉ちゃんもいいよね…
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/27(金) 18:20:07.48 ID:ehHuSdLi0
こいし「あの人とこんなことしたかったんだー。へー。ほーん」ペラペラ

さとり「ち、違う。これはただのライトノベルよ…」

空「この女の子ってさとり様ですよね?名前間違ってますよ!古明字さとこってなってますよ!」

さとり「気にしないで!それはそれでいいんだから!」

燐「それにしても妄想垂れ流しぶふっ電波小説は言い過ぎですよこいし様」

さとり「今笑った?笑ったの?ちょっと」

さとり「…いや、それよりも。執筆中の小説を勝手に読むだなんて…ペットの風上にも置けないわ」

こいし「私もお姉ちゃんがこんなの書いてたなんて姉の風上にも置きたくないよ」

さとり「〜〜〜〜〜ッッ!」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/27(金) 18:21:50.77 ID:ehHuSdLi0
………………………

空「うにゅ…勝手に読んじゃってごめんなさい…」

燐「ごめんなさい…出来れば、知りたくなかったです…」

こいし「お姉ちゃん、妹に手を上げるのは関心しませんな」ズキズキ

さとり「初めてグーパンなんてしたわ…殴った手も痛いのよ」

空「でも、さとり様があの人に恋してるとは思いませんでしたよー」

燐「いやいや、お空。そりゃ…」

さとり「そ、そうでしょう?ずっと隠してきたもの」

燐「…え?」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/27(金) 18:22:45.21 ID:ehHuSdLi0
ー回想ー

さとり『か、可愛いって!べ、別に貴方にそんなこと思われても嬉しくありませんから!』

………………………

さとり『…おや、ペットと随分仲良くしてたんですね。べ、別に貴方が誰と仲良くしても関係ありませんけど!』

………………………

さとり『お茶とお菓子を用意しましたよ。べ、別に貴方のために用意したわけじゃないですけど!』

ー回想ー


燐「…隠してきたって…」

さとり「う、あ。ええ?知ってたの、お燐…」

燐「よくそれで隠してきたなんて言えますね」

こいし「台詞がいちいち痛々しいよお姉ちゃん!」

さとり「なんかもう…ごめんなさい…」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/27(金) 18:30:45.54 ID:ehHuSdLi0
空「でも、好きなら好きって言わないと伝わらないですよー?」

さとり「分かってるわ。分かってる。でも、そんな簡単なことじゃないのよ」

さとり「怖いの。気持ちを打ち明けて拒否される事。今後いつも通りに接することが出来なくなる事」

さとり「今の距離なら、少なくとも彼のそばにいれる。それで今はいいの」

空「さとり様…(私からさとり様の気持ちを伝えようかな?このままじゃ可哀そうだよ!)」

さとり「ふふ。ありがとう。でも、いいのよお空。私の問題だから」

燐「さとり様…(好感度を地道に稼いで相手が自分を好きだって分かってから告白するの卑怯だと思います)」

さとり「…わ、私の問題だから!」

こいし「まあ電波小説で劣情が満たされるならいいんじゃない?お姉ちゃんの問題だし」

さとり「殺゛し゛て゛や゛る゛〜!!」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 05:17:55.88 ID:NqpvGjzLo
UDK……っち
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 10:51:12.40 ID:o++5az6K0
これでさとり様も妄想を読まれる苦しみが理解できるだろう
さぁ続きを
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 11:07:12.82 ID:y+2A1eB20
こいし「日に2度ぶつ姉がいるかっ」ズキズキ

空「お二人とも辞めてくださいよー!喧嘩なんて駄目!」

さとり「ええ…もう辞めるわ。それで、ちょっとお願いがあるんだけど」

燐「勿論誰にも言いませんけど…それではなく?」

さとり「ええ、その。この際だから恥の上塗りを覚悟で聞きたいことがあるの」

こいし「これ以上の恥なんて無いからどうぞどうぞ」

さとり「…じゃあ聞くわ。この小説の感想はどうだったのでしょう」

燐「あっ…」

さとり「成程。『まずタイトルどうにかしろ』ね。成程成程。成程ー」

空「えっとねー。さとこ?って子のペットと妹が意地悪でうざったいと思いました!」

さとり「あの、ちが、こう、ヒロインを引き立たせようとした結果なの」

こいし「きもかった」

さとり「あうぅん!」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 11:34:52.97 ID:y+2A1eB20
さとり「もういいわ…この小説は灼熱地獄にでも放り込みましょう…」

さとり「お燐、『そんなゴミ入れたくない』って思ってるの忘れないから」

燐「ごめんなさい!」

さとり「分かった。分かりました。そこまで私を馬鹿にしたことを後悔させましょう」

さとり「この小説を実践して見せる!もう妄想だなんて言わせない!」

こいし「妄想が無くなってただの電波女になっちゃうのかー…(バシッ)痛い!三度目!」

さとり「貴方たちはそこで見ているといいわ!あはははは!」

空「さとり様…怖いよ…」

燐「さとり様…痛いよ…」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 11:48:52.47 ID:y+2A1eB20
………………………

さとり「失礼します。ごめんなさいね、こんな夜更けに」

さとり「少し、話したい事があって…ええ、今で無いと駄目なの」

さとり「ペットも妹も入らない、この時間で無ければ、話せない事です」

さとり「貴方と二人きりで無いと、話せない。こと、です」

さとり「…貴方の想っていること。それは正しいわ」

さとり「どうか逃げないで聞いてください。私も、もう逃げません」

さとり「貴方をお慕いしております」

さとり「私を、能力も含めて受け入れてくれた貴方を…愛してしまいました」

さとり「もし、貴方が私を受け入れてくれるなら…どうか、私を…!」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 11:50:20.04 ID:y+2A1eB20
さとり「…!ああ、心を読まずとも、分かります。貴方の気持ちが」

さとり「もう、無粋な能力。言葉だっていらないのに勝手に貴方の想いが流れてきてしまう」

さとり「…これから何をしてくれるのか、だなんて。能力が無くたって分かるわ」

さとり「もっと、もっと近くで、貴方を想わせてください」

さとり「それをすれば、きっともっと強く貴方を感じられる」

さとり「…目は、閉じた方がいいのかしら?……そう。なら、そうします」



さとり「よし、台詞は覚えたわ…シミュレーションはばっちりね…」



こいし「台本書いてないで実践しろよ」ガラッ

さとり「何で見てるのおおおおお」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 12:06:02.95 ID:y+2A1eB20
〜おまけ〜

ーーー旧都ーーー

勇儀「おお、さとり!いい所で会ったな」

さとり「勇儀さん?どうかしました?」

勇儀「いやあ、続編の進捗はどうかと尋ねたくってさ」

さとり「…は?続編?何のこと………ッ!!」

勇儀「これだよ。いやあお前さん、意外な才能があったんだね」ヒョイ



『貴方とのイチャラブハッピーライフ』 著:古明地さとり 地霊殿出版 定価:500円



こいし「面白半分に出版したらよく売れるなあ。よかったねお姉ちゃん」

さとり「ぬわーーーーっっ!!」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 17:27:38.24 ID:G8PNqt/LO
拡散希望
あやめ速報、あやめ2ndへの掲載拒否を推奨します
創作活動に対する冒涜を行う酷いまとめサイトです

あやめ速報へのSS掲載を拒否して下さい
あやめ速報に掲載されてしまった貴方のSSを消すように訴えて下さい
あやめ速報を利用しないで下さい
このことを多くの方へ伝えて下さい
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/30(月) 13:50:57.12 ID:XAuyckqDO
次は好きな人の前では少食なフリをする幽々子とか
「私は色恋に興味なんてない」と突っぱっちゃう妖夢とか
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/31(火) 03:56:04.82 ID:61iJaxx00
東方SSは貴重だから期待
19.78 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)