梨子「たったふたつの愛」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:03:49.32 ID:UNip/wsT0


曜「・・・」


梨子「・・・」


曜「梨子ちゃん、あなたは何をしたの?」


さざ波が音を立てる。内浦の海は真っ暗だ


真夜中の浜辺で私は告白する





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532617429
2 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:05:56.53 ID:UNip/wsT0




梨子「私は人を殺したの」





3 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:06:53.08 ID:UNip/wsT0


(微グロ表現あります)
4 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:07:48.62 ID:UNip/wsT0


1月某日


私たちAqoursはラブライブに優勝した

それと同時に、解散を決意した

簡単なことだ、三年生は卒業する。9人じゃないとAqoursじゃない

寂しい気持ちはありつつも、満場一致で意見は揃った

あとは普通の学園生活を過ごすだけ。そう、地味な私は地味に過ごしていくだけなの

それが、あんなことになるなんて・・・



5 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:08:24.69 ID:UNip/wsT0


コンコン


梨子「曜ちゃん、入るね?」


ガチャッ


曜「・・・」

曜「帰って」

梨子「そう言わないでほしいな」

曜「私のこと、笑いに来たんでしょ?」

曜「自分じゃなくてよかったって嘲笑いにきたんでしょ!」

梨子「ちがうよ、そうじゃない」

6 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:08:53.14 ID:UNip/wsT0

曜「・・・」

曜「なんで私だったんだろう・・・」

曜「どうして私だけこんなことに・・・うぅっ・・・」

梨子「辛かったよね、曜ちゃん」

曜「辛いよ、早く楽になりたいよ・・・」

7 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:09:45.48 ID:UNip/wsT0

私はそっと抱きしめた。曜ちゃんは私の胸で泣き崩れた

可愛そうに、私が代わってあげたいぐらいだ


梨子「私はずっとそばにいるから」

曜「・・・」


曜「ありがとう・・・」



8 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:11:25.54 ID:UNip/wsT0

梨子「不幸の後にはね、幸運がやってくるはずなの」

梨子「だから曜ちゃん、少しずつでいいから、前を向いて進もう?」

梨子「私が支えてあげるから」

曜「・・・そんなの、無理だよ」


曜「だって歩けないんだよ!?どうやって進めばいいのさ!!」


9 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:12:16.99 ID:UNip/wsT0

そう、あれは不慮の事故だった。たまたま彼女にだけ降りかかった災難だった


その不幸の代償に、彼女は両足を失ってしまった


義足の選択肢もなく、彼女はあえなく一生車イスの生活を余儀なくされたのだ


梨子「・・・」


梨子「ごめんね、進めないよね」

10 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:13:56.33 ID:UNip/wsT0

曜「やっぱり、梨子ちゃんも他のみんなと一緒だ」

曜「みんな、根拠もなく励ましてきて・・・自分じゃなくてよかったって思って」

曜「だいっきらい!みんなも梨・・・」


彼女の言葉をさえぎるように私は言い放った


梨子「幸運の後には不幸がくるものなの。だから次の幸運が終わったら死んじゃおう?」


曜「・・・!」


梨子「最後に幸せな思い出を残して死んだほうが、きっと後悔しないと思う」


11 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:14:46.12 ID:UNip/wsT0

冷たい一言かもしれない。だけどそうじゃない


少なくとも私の意志では、今の言葉は彼女を救うためのものだった


だって、私は彼女のことが___



12 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:15:46.07 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


コンコン


ガチャッ


梨子「曜ちゃん、調子はどうかな?」

曜「・・・」


曜「・・・調子は最悪だよ」


梨子「曜ちゃんが好きそうな本を買ってきたの。ここに置いておくね?」

曜「・・・ありがとう」

13 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:21:34.42 ID:UNip/wsT0

梨子「また明日も来るから」

曜「・・・」


病院というのはやはり居心地が悪い

そんなところにずっといる彼女の気分を少しでも晴らしてあげたい


それが私の気持ち



14 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:22:33.51 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


千歌「梨子ちゃん、曜ちゃんは・・・?」

梨子「うん、昨日は元気そうだったよ」

千歌「そっか、よかった・・・」


私以外のメンバーはというと、最初に拒絶されて以来お見舞いには行っていない


それは冷酷ということではなく、みんな彼女を気遣ってのことだ


彼女を心配しているのはみんな同じはず

15 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:23:12.76 ID:UNip/wsT0


コンコン


ガチャッ


梨子「入るね?」

曜「梨子ちゃん、また来たんだ」

梨子「ごめんね、しつこくて」

曜「本当、しつこいよ」


曜「でも、嬉しいかも・・・」


梨子「曜ちゃん」


16 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:24:02.82 ID:UNip/wsT0


ガチャッ


鞠莉「あら、梨子も来てたの?」

梨子「鞠莉さん?」


驚いた。私以外の人がお見舞いに来るなんて


曜「鞠莉ちゃんも、本当にしつこいんだよ」

鞠莉「嫌なら追い返せば?」

曜「・・・」

17 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:24:41.04 ID:UNip/wsT0

鞠莉「フフッ、病人をいじめるのはナッシングかしら♪」

梨子「ちょっと鞠莉さん、そんな言い方!」

曜「・・・教育委員会に訴えてやる」

鞠莉「ジョークジョーク!ごめんね曜」スリスリ

曜「も、もぅ・・・!」


18 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:25:25.32 ID:UNip/wsT0

彼女の頬をスリスリと擦るこの人を見て、私はいくつか考えた


ひとつは、彼女の唯一の理解者の立場が奪われるのではないかということ


そしてもうひとつは、彼女の気持ちを奪われるのではないかということ


19 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:25:59.72 ID:UNip/wsT0

梨子「・・・」

鞠莉「梨子?怖い顔してるわよ?」

梨子「えっ?」

曜「梨子ちゃん、機嫌悪いの?」

梨子「そ、そんなことないよ」

梨子「じゃあ、私はそろそろ帰るね」

鞠莉「ばいばーい」

曜「・・・」


20 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:26:54.43 ID:UNip/wsT0

このままではまずい。彼女のあの反応___


私は負けてしまう。そんなこと許されない


いっそ鞠莉ちゃんを遠ざける・・・でもそれをして彼女はどう思うだろうか


そもそも小原家の人相手に、私が対抗できる術なんて・・・


曜「梨子ちゃん!」


頭が混乱する私の背中に語りかけてくれた、その言葉で私は冷静になれた


曜「明日も・・・待ってていいかな?」

21 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:27:32.51 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


梨子「おはよう、曜ちゃん」

曜「おはよう。今日も来てくれてありがとう」


あれから私は毎日通った。だんだん彼女も心を開いてくれているのが感じ取れる


梨子「今日は鞠莉さんは来てないの?」

曜「ううん、さっきまでいたけど入れ違いで帰ったところ」

梨子「そっか」


22 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:28:22.31 ID:UNip/wsT0

あの後、私はずっと考えた。そして結論は出た


そもそも彼女が鞠莉さんを好きになるとは限らない


それに、もしかしたら既に私のことを好きになってくれているかもしれない


恋にライバルはつきもの。だからあまりヒートアップせずに頑張ろう


そう胸に決意した。だけど悲劇はすぐに___


23 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:29:12.04 ID:UNip/wsT0

曜「・・・ねぇ、梨子ちゃん」

梨子「なに?」

曜「・・・大好きな梨子ちゃんに、打ち明けたいことがあるの」

梨子「曜ちゃん・・・?」

曜「あっ、えっと!大好きっていうのは友達としてってことだからね!?」アセアセ

梨子「うん、わかってるよ」クスッ


24 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:30:26.52 ID:UNip/wsT0

ドキッとした。友達として大好きって言われただけでも大きな進歩だと思った


この勢いで・・・っと思ったけど、そもそも曜ちゃんが同性愛者の可能性は低い


っと、思っていた。ついさっきまでは


曜「梨子ちゃんが言っていた、不幸の後の幸運ってやつ」

曜「その幸運が、見つかったかもしれない」

梨子「良かった・・・見つけられたんだね」

曜「うん」


曜「私、鞠莉ちゃんに告白しようと思う」



25 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:31:12.21 ID:UNip/wsT0

梨子「えっ・・・?」

曜「最後に好きな人と結ばれて、それでお別れのときに」


曜「私もこの世を旅立つことにする」


鞠莉さんは卒業後、海外に行くと言っていた


今は1月、つまりお付き合いをしたところで一緒にいられるのはせいぜい3か月


26 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:32:02.47 ID:UNip/wsT0

梨子「・・・もし、振られたら?」

曜「振られないよ。だってそれだと不幸の後に不幸がくることになっちゃう」

曜「梨子ちゃんが言ってた、不幸の後に幸運がくるって言葉を私は信じてるもん」

梨子「そう・・・応援してるわ」

曜「時間がないから、明日に告白するんだ」


27 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:33:25.44 ID:UNip/wsT0

曜「だから梨子ちゃん、私に成功のおまじないをかけてほしいな」

梨子「振られないってわかりきってるのにおまじない頼りなの?」クスッ

曜「ね、念のためだよ!それに梨子ちゃんの手、温かいから好きだもん//」


そう言って彼女は私の手を握り、まるでお祈りするかのような___


梨子「それじゃあ、私は明日は来ないから」

曜「え?なんで?」

梨子「告白中に出くわしたら大変でしょ?」

曜「た、たしかに・・・」

梨子「また結果聞かせてね、曜ちゃん」

曜「うん!ありがとう、梨子ちゃん!」


28 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:33:59.44 ID:UNip/wsT0


キィィッと扉が閉まる


ガチャンという音と共に、私の中の歯車も狂い始めた



29 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:35:21.24 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


ガチャッ


梨子「曜ちゃん、おはよう」

曜「梨子ちゃん、おはよう!」

曜「あのね、昨日の結果なんだけど・・・」


聞きたくはなかったけど、彼女の笑顔を見ると言葉をさえぎることはできなかった


曜「梨子ちゃんのおまじないのおかげだよ!ありがとう!」


30 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:36:38.16 ID:UNip/wsT0

梨子「おめでとう、私も嬉しいよ」


悔しい。胃が痛くなるほど悔しい


だけど、入院して以来___


はじめてだった。ここまで嬉しそうな彼女は


曜「残りの幸運タイム、めいっぱい楽しみたい」

曜「鞠莉ちゃんとのことはもちろんだけど」

曜「私は、こうして梨子ちゃんと話していられることも幸せだから」


梨子「ありがとう、そう言ってもらえると嬉しい」



31 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:37:40.56 ID:UNip/wsT0

梨子「デートの日、教えてね?その日は邪魔をしないようにするから」

曜「そ、そんな気を遣わなくていいよ!いつでも来てね、梨子ちゃん!」


気を遣っているわけではない。イチャイチャしているのを見たくないだけだ


曜「だけど、私が歩けないからデートも限られてくるのがなぁ・・・」

梨子「星でも見に行くのは?鞠莉さん、天体観測にハマってそうだったし」

曜「私もそう思ったけど、夜は忙しいからデートは昼しかできないって言われちゃって」

梨子「そうなんだ。理事長の仕事とか忙しいのかもね」


32 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:38:28.24 ID:UNip/wsT0

夜は忙しい?まさか・・・


だって、よく考えてみると変だ


あと3か月で離れ離れになる人からの告白を了承するのって何かおかしい


もしかして、遊び感覚で付き合ったとか?それとも同情からきたお情け?


夜忙しいっていうのもおかしい。私たちは学生なのだから、むしろ昼のほうが忙しいはずだ


怪しい。いろいろと怪しい



33 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:38:59.66 ID:UNip/wsT0

梨子「・・・」

梨子「じゃあまたね、曜ちゃん」

曜「うん、ばいばい!」


ギィィッ


バタン


梨子「・・・確かめないと」



34 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:40:10.18 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


梨子「・・・」


時刻は23時を過ぎたところ。私は内浦の辺境に来ていた


何故こんなところにいるかというと、私が聞きたい


今日は一日、鞠莉さんの後を追っていたのだ


ストーカーかもしれないが、どうしても確かめたいことがある


彼女とのお付き合いが遊びではないと証明したかった


ライバルということもあるが、何よりも彼女の幸せが最優先

そして家から出てくるや否や、こんな森の中にやってきた鞠莉さんを追ってきたのだ


35 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:40:56.77 ID:UNip/wsT0

梨子「こんな時間に、こんな場所に来るなんて・・・」

梨子「まさか、浮気相手と星を見に行くとか・・・?」

鞠莉「・・・」


気づかれてはいない。この調子で見張っておこう


鞠莉「・・・」ゴソゴソ

梨子「・・・ふわぁっ」ウトウト

梨子「・・・」


36 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:42:01.81 ID:UNip/wsT0

___


梨子「・・・はっ!」


なんてことだ。やってしまった


どうやら睡魔には勝てなかったらしい。こんな森で居眠りなど何て危険なことか


だけど今はそんなことどうでもいい


何分経ったかはわからないが、あの人は一体どこに行ったのか


梨子「・・・」キョロキョロ


音を立てずに慎重に辺りを見回す



ギコ・・・ギコ・・・




37 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:43:46.74 ID:UNip/wsT0

梨子「物音・・・」



グチュッ・・・



梨子「あっちから聞こえるわね」



ガササッ・・・



ブツブツ・・・



声が聞こえる・・・鞠莉さんが何かつぶやいているんだ



ヒヒッ・・・アハッ



ブチュッ・・・ザンッ・・・



何かを切っている音が聞こえる・・・



クスクスッ・・・



アハハッ・・・



薄ら笑いが聞こえる・・・



ザンッ



ゴリ・・・バキッ・・・




38 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:44:57.72 ID:UNip/wsT0


梨子「・・・!!」


私は後悔した。なんてものを見てしまったのだろう


言葉を失う光景に、もはや眼をそむけることもできなかった



鞠莉「アハハッ・・・ケタケタ・・・」



そこには恐ろしい凶器を持った知り合いが薄ら笑いを浮かべながら立っていた


死体の四肢をバラバラに刻み、愉悦に浸る殺人鬼の姿が____



39 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:45:55.62 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


梨子「・・・入るね」


ガチャッ


曜「梨子ちゃん、おはよう!」

鞠莉「おはよう、梨子♪」

梨子「お、おはよう・・・」

曜「梨子ちゃん、何か顔色悪いけど大丈夫?」


昨日の光景は夢だった。そうに違いない


私は森になんて行ってないし、鞠莉さんも行っていない


梨子「・・・」


梨子「鞠莉さん、昨日の夜は何していました?」



40 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:47:29.00 ID:UNip/wsT0

鞠莉「え?」


ストレートすぎたかもしれない。だけどこうでもしないと気が済まない


夢であった確証がとにかく欲しい


鞠莉「別に、家でゆっくりしていたけど」

梨子「そう・・・ですか」

鞠莉「いきなり何で?」

梨子「いえ、気にしないでください・・・」


ほら、やっぱり夢だったのよ


よかった、鞠莉さんが家にいてくれて


鞠莉「変な梨子ね〜」

曜「うんうん」


41 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:48:24.26 ID:UNip/wsT0

鞠莉「じゃあ私はそろそろ帰るわ」

梨子「ちょっと私も飲み物買ってくるね」

曜「うん、わかった」

鞠莉「自販機が病院の入り口にあったから、そこまで一緒に行きましょ♪」

梨子「はい・・・」


ガチャンッ・・・


鞠莉「・・・で」

鞠莉「さっきの質問、あれの意図は何?」

梨子「えっ!?」

鞠莉「とぼけても無駄よ」


42 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:49:36.05 ID:UNip/wsT0

梨子「そ、それは・・・」

梨子「曜ちゃんが、鞠莉さんが夜に何をやってるのか気になってるって言ってたの」

鞠莉「え?曜が?」

梨子「ごめんなさい、曜ちゃんから鞠莉さんと曜ちゃんの関係を聞いてて」

鞠莉「あらっ、曜ったら梨子に言ってたのね//」

梨子「それで、夜は忙しくてデートできないのが残念って言ってたので・・・」

鞠莉「なるほど、そういうこと」

梨子「曜ちゃん、一緒に星を見に行きたいって言ってましたよ」


43 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:50:15.55 ID:UNip/wsT0

鞠莉「ん〜まぁ忙しいっていうのは嘘なんだけどね」

鞠莉「病人を夜に連れまわすのはいろいろと危険でしょ?」

梨子「それは、そうですけど」

鞠莉「だからあえて昼にしかデートはしないことにしてるけど・・・」

鞠莉「星が見たいって言うなら、夜デートも検討してみるわ♪」

梨子「そうしてあげてください」



44 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:51:57.34 ID:UNip/wsT0


よかった、やっぱり鞠莉さんは無実だ。昨日のあれは夢だったんだ


鞠莉「それにしても、曜もロマンティストなのね〜」


よく考えてみると、鞠莉さんはあんな不気味な笑い方じゃないもんね


鞠莉「クスクスッ・・・曜がロマンティストって何か面白いわ!」

梨子「笑うと可愛そうですよ」

鞠莉「だって面白いんだもん!あの曜が星って・・・クスクスッ・・・」



鞠莉「アハハッ・・・ケタケタ・・・♪」



梨子「えっ・・・?」


鞠莉「ん・・・?どうしたの梨子?」


45 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:53:12.33 ID:UNip/wsT0

梨子「い、いえ・・・」


背筋が凍った。間違いない


今の笑い方はあの時の___


鞠莉「じゃあ梨子、私はここで」


鞠莉「バイバイ・・・クスクス」


梨子「・・・!」ゾクゾクッ


日常が崩れる、そんな感覚が電流のように体に染み渡った


私はとんでもないことをしてしまったのかもしれない


恐怖と後悔でその場に座り込むことしかできなかった___



46 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:54:11.74 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


冷たい風が身体を冷やす


お部屋でゆっくり本でも読んで、暖房をつけて、眠くなったら眠って・・・


そうするべきだった


だけど私はどうしても確かめたくなった


もう二度とあんな光景はみたくないのに


ここで終わったら、あれが真実になってしまう。それを恐れたから


梨子「はぁっ・・・はぁっ・・・」


昨日と同じ場所、同じ茂みに身をひそめる


時刻は同じく23時を過ぎたところだ


梨子「誰も・・・こない・・・」



47 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:55:21.85 ID:UNip/wsT0


根拠はないが、もしまたあれが起きるのなら同じ場所だろうと思った


なにより、鞠莉さんを尾行するなんて、とてもじゃないが恐怖でできなかった


梨子「・・・」

梨子「来ないで、このまま・・・」


つい本音が出てしまった。そう、このまま誰も来てほしくない


今日何も見なければ、昨日の光景をまだ否定できる。夢だったと思い込むことができる


だけど2日連続で見てしまったら、もう認めるしかなくなる


寒さではない何かが私の身体を震えさせる


48 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:56:16.22 ID:UNip/wsT0

梨子「やっぱり、帰ろう・・・」


口ではそう言いながらもなかなか帰ることができない


もし今、物音を立てて・・・それを聞かれたら


もし今、鞠莉さんが私を見つけたら


人は恐怖の前には何もできなくなる。私の足はまったく動かない


だけど、今は誰もいないのだ。帰るなら今しかない


重い足を無理やり動かし、ようやく立ち上がろうとしたその時



ガタンッ



梨子「・・・!」



49 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:57:57.61 ID:UNip/wsT0


一台の車がやってきて、やがて停まった


ここはいわゆる森だが、一応車道はある


もちろん車がこの車道を、しかもこんな時間に通るなんてほとんどないだろう


梨子「はぁっ・・・ふぅっ・・・」


荒れる息づかいを正す。私は茂みに再び身をひそめた



ドサッ



車から誰かが出てきた、そして重い何かを地面に置いた


少し遠い場所、さらには真夜中で暗かったためどんな顔か、何を置いたか


そこまでは見えなかった


だけど私はすぐに察した



50 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 00:59:30.22 ID:UNip/wsT0


あの人影は鞠莉さんで、置いたのは・・・


生きてるか死んでるかしらないけど、間違いない



「人間」だ



梨子「はぁっ・・・はぁっ・・・」


ついに見てしまった。今日は眠気もない。はっきり意識もある


間違いない、夢じゃなかったんだ。昨日のあれも・・・


現実だと知ってしまった瞬間。恐ろしい恐怖心が私を襲う


梨子「に、逃げなきゃ・・・」


私は再び震える足を抑えて立ち上がり、車の方を見た


鞠莉さんはおそらく気づいていない。何やら作業を行っている


今なら逃げられる。早く逃げないと


見つかると殺される___



51 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:00:24.91 ID:UNip/wsT0

梨子「早く、逃げないと・・・」


足がすくむ。身体が震える。だけどそんなことを言っている場合じゃない


梨子「スーハー・・・」


大きく、だけど音は出さないように深呼吸をした。考えるのは家に帰ってからにしよう


不思議と落ち着きを取り戻した私は山道を降りるためにくるりと振り返る


梨子「よしっ、かえ・・・」



52 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:00:51.33 ID:UNip/wsT0




鞠莉「こんばんは、梨子」





53 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:01:25.54 ID:UNip/wsT0


金縛りにあったときはこんな感じなのだろうか。私の思考は一瞬でフリーズした


振り返るとそこにはいたのだ


あの・・・殺人鬼が___



54 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:02:13.03 ID:UNip/wsT0

梨子「あっ、あぁ・・・」

鞠莉「何してるの?こんなところで」

梨子「ほ・・・星・・・」


梨子「星を見てたの」


鞠莉「星を?たしかに、ここだとけっこう見れそうね」

梨子「う、うん・・・」


落ち着け、冷静にごまかすしかない



55 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:03:08.91 ID:UNip/wsT0

梨子「鞠莉さんは、どうしてここに・・・?」

鞠莉「何でだと思う?」

梨子「わかりません・・・」

鞠莉「少しは考えてみたら?」

鞠莉「ヒントあげよっか?」

梨子「く、ください・・・」


鞠莉「クスクス・・・あの車は小原家の車よ」


梨子「・・・!」


鞠莉「ほら、見える?あそこに人がいるの。あれは私の使用人」

梨子「こ、ここって車が通れるんですね・・・」


56 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:04:36.33 ID:UNip/wsT0

鞠莉「えぇ、だけどこんなところに来る人なんてめったにいないわ」

鞠莉「こんな森にくるなんて、それこそ星を見に来る人か」


鞠莉「秘密の何かをしている人ぐらい」


梨子「きゃぁぁぁっ!!!」


我慢の限界だった。私の嘘は完全に見抜かれている


殺される。秘密を見てしまったから殺される


私はとにかく走った。転んでも靴が脱げても走り続けた


嫌だ、死にたくない怖い助けて


梨子「あぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」


奇声をあげながら走った。恐怖を紛らわすには声を出すしかなかった


後ろを振り向く余裕もないしそんな度胸もなかった



57 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:05:59.10 ID:UNip/wsT0

梨子「あうっ!」


盛大に転んでしまった。木の枝が刺さって足から血が噴き出している


だけど止まるわけにはいかない。だっているんだから


鞠莉「梨子、どこにいるの?」


鞠莉「せっかくだし、一緒に星を見ましょうよ・・・クスクスッ」


梨子「ひっ・・・!」


いる、すぐ近くに殺人鬼がいるんだ


足が痛い私は這いずるように地上を目指した


梨子「早く、早く・・・!」


民家のある道路、そこまで逃げれば大丈夫なはず


梨子「はぁっ!はぁっ!」


鞠莉「そっちは危ないよ?」



58 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:07:25.47 ID:UNip/wsT0

梨子「・・・!!」


はっきり声が聞こえた。いるんだ、すぐ後ろに


梨子「いやぁぁぁぁ!」


鞠莉「なんで逃げるの?マリーのこと嫌いになっちゃった?」


梨子「あぁぁぁぁぁっ!!」


死にたくない、捕まってたまるものか


そのとき目の前の景色が開けた


梨子「・・・!!」


梨子「どうして!どうしてなの!」


目の前には広大な海が広がっている。まるで崖のようなところに来ていた


必死に走っているうちに方向を誤ってしまったのかもしれない


民家のようなものはなく、とても逃げられそうにない


鞠莉「だから危ないって言ったのに」



59 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:08:41.42 ID:UNip/wsT0


私は恐る恐る、後ろを振り向いた


そこには___


梨子「あっ・・・あぁっ・・・」


手を伸ばせば届く距離、そんな距離に奴はいた


鞠莉「家はあっちの方向でしょ。送ってあげるわ」


梨子「あぁっ・・・」



梨子「あぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」



ザブン



気づけば海に飛び込んでいた。あっという間に波にさらわれる



私はどうなるのだろう・・・



どうしてこんなことに___




60 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:10:07.34 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


クスクス・・・ケタケタ・・・


アハハハハッ・・・


梨子「うわぁぁぁぁぁっ!!」



ガバッ



梨子「はぁっ・・・はぁっ・・・」


梨子「あ・・・れ・・・」


梨子「ここは・・・?」


知らない部屋、見覚えのない布団。ここは一体どこだろう


私は海に飛び込んで、それで・・・あぁ、気を失ったはず



ガララッ



ルビィ「あっ、梨子ちゃん!目が覚めたんだ」



61 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:11:14.98 ID:UNip/wsT0

梨子「ルビィ・・・ちゃん?」

ルビィ「お姉ちゃん!梨子ちゃんが起きたよ!」


タタタッ


ダイヤ「あら、よかったですわ。お身体は大丈夫ですの?」

梨子「えっと、私・・・」

梨子「うぅっ・・・」ポロポロ

ルビィ「梨子ちゃん!?どうしたの!?」


涙が止まらなかった。それは生きているからとかじゃない


ルビィちゃんとダイヤさんに出会えたからだ


昨夜の記憶は脳に焼き付いてしまった。だからこそ人と出会えたことに安堵した


梨子「本当に、怖かったので・・・すみません・・・」

ダイヤ「何があったかは聞きませんが、夜の海には気を付けてくださいね?」



62 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:12:26.96 ID:UNip/wsT0

梨子「はい・・・」ポロポロ

ルビィ「梨子ちゃん、大丈夫?」

梨子「うん・・・うん・・・」


涙が止まらなかった。今は何も考えたくない。ひたすら安心感が欲しい


ダイヤ「わたくしとルビィは学校に行きますが、あなたは念のため安静にしておきなさい」

ダイヤ「ここで休養してもいいですし、自宅に戻ってもいいですが」

梨子「あ・・・れ・・・今、何時なんですか?」

ルビィ「もう朝だよー」

梨子「そっか・・・」

梨子「もう大丈夫ですので、自分の家で休むことにします」

ダイヤ「わかりました。途中まで一緒に行きましょうか」

梨子「はい、ありがとうございます」


これからどうするか。そんなことを考える余裕はなかった


とりあえず、今は家に帰りたい



63 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:13:49.36 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


ダイヤ「では、わたくしたちはこれで」

梨子「はい、昨日はありがとうございました」


そうだ、ダイヤさんたちが助けてくれなかったら私はあの海で死んでいたんだ


まさに命の恩人だ。本当に感謝の気持ちでいっぱいだ


・・・でも、待って。何かがおかしい


私が海に飛び込んだのは真夜中のはず。どうしてそんな時間に


ダイヤさんたちは、海にいたの?私を見つけたのは偶然なの?


あんな広大な海なのに?あんなに暗い海なのに?


私が飛び込んだことなんて知らなかったのに?どうして見つけられたの?


ダイヤ「お礼なら鞠莉さんに言ってあげなさい」


ダイヤ「鞠莉さんがたまたま船のメンテナンスをしていたのが幸運でしたわね」



64 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:14:48.24 ID:UNip/wsT0

梨子「・・・えっ」


またもや背筋が凍る。口が動かず言葉に詰まる


必死の思いで発した声は震えていたに違いない


梨子「あの・・・私を助けてくれたのは・・・?」



ダイヤ「鞠莉さんがあなたを担いで、わたくしの家に預けにきたのですわ」



ゾワワッと鳥肌が立つ。私は逃げきれたと思っていた。命をかけて逃げ切れたと思っていた


だけどそうじゃなかった。私は逃げきれていなかった



私は、殺人鬼に捕まっていたのだ___




65 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:17:16.97 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


梨子「・・・」


気づけば日が沈みかけていた。あの後自室に戻った私はずっと部屋の隅で震えていた


恐怖のあまりもう二度と会いたくないとまで思っていた


友達だったはずなのに、どうしてこんなことに・・・


しかし、このままずっと学校を休むわけにはいかない


この事態を解決する方法を必死に考える


梨子「・・・誰かに相談しよう」


1人で抱え込むのが怖くなった私は気付くと携帯を取り出していた


プルルル


カチャッ


梨子「・・・!!」


梨子「果南さん、今から会えますか!?」


相手の返事を聞く前に私は部屋を飛び出した


66 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:18:14.05 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


果南「いきなり呼び出して何?びっくりしたんだけど」

梨子「果南さん・・・うぅっ・・・」

梨子「うわぁぁん!」


ダキッ


果南「ちょっと、どうしたの!?」

梨子「果南さん、来てくれてありがとうございます・・・」


感情があふれ出す。それほど抑えきれないものがこみ上げてきたのだ


果南「何か悩みあるなら聞くからさ、落ち着いて」

梨子「はい・・・」


頼もしい身体から離れた私はゆっくり深呼吸をした


スーハー


梨子「・・・鞠莉さんのこと、です」



67 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:19:11.65 ID:UNip/wsT0


鞠莉という名前を口に出すだけでも怖かった。だけどちゃんと説明しなければ・・・


果南「鞠莉がどうしたの?」

梨子「はぁっ・・・はぁっ・・」


呼吸が荒れる。思い出すだけでも苦しくなる


梨子「・・・私、見たんです」

果南「何を?」

梨子「鞠莉さんが・・・」


勇気を出すしかない。言わなきゃダメだ


梨子「・・・」


梨子「人を殺して死体を切断しているところを見たんです!!!」


68 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:20:16.33 ID:UNip/wsT0


つい声に力が入ってしまった。握った拳は相変わらず震えている


果南「えっ・・・」


驚いた眼で私を見ている。当たり前だ、いきなりこんなこと言われても理解が追いつかないだろう


だから私は最初から丁寧に説明するつもりだった


梨子「じつは、夜に内浦の森に行く鞠莉さんを尾行し・・・」



パチーン



梨子「・・・え?」


果南「・・・あんただから軽いビンタだけで許してあげる」



69 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:22:09.31 ID:UNip/wsT0


何故?何故私は頬を叩かれたの?これから説明するところなのに


果南「鞠莉のことをそんな風に言うなんて許さないから」

梨子「えっ・・・あっ・・・」

果南「頭を冷やしな」

梨子「う、嘘じゃなくて私は・・・本当に見たの!」


果南「ショックなのは梨子だけじゃないんだよ!」


果南さんの怒鳴り声が砂浜に響く。私はその威圧感に圧倒され何も言えなかった


果南「そりゃ、私だって自分の無力さに泣いたよ・・・」

果南「幼馴染の危機に何もできない自分を心底憎んだし、物に当たったりもした」

果南「夢なら早く覚めろとずっと思っていた」

梨子「か・・・なんさん・・・」

果南「だからと言って、現実から目を背けたらダメなんだよ」


果南「妄想や幻想に支配されたらダメなんだよ!」


70 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:22:59.98 ID:UNip/wsT0


何を・・・言ってるの・・・


果南「曜の日常はもう戻らない。それを受け止めないとダメなんだよ」

梨子「曜・・・ちゃん・・・」

果南「混乱する気持ちはわかるけど・・・ね」

梨子「違います・・・私は壊れてなんていません!本当に・・・」

梨子「本当に・・・鞠莉さんが殺しているところを・・・」

果南「・・・そういう妄言は他の人には言ったらダメだよ」


果南「あんたも病院生活になっちゃうかもしれないから」



71 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:24:06.19 ID:UNip/wsT0


なんてことだ・・・想定外にもほどがある


私の心が壊れていると思われている


簡単ではないとわかっていた。だけどこれだと信じてもらえる可能性なんて・・・


梨子「・・・っ」


梨子「すみません・・・でした・・・頭を冷やします・・・」


もはや言い返す言葉も見つからなかった


帰り際に見た彼女の眼は、私のことを憐れむようなとても悲しい眼をしていた・・・



72 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:25:17.61 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


梨子「・・・行ってきます」


朝食はまったく味がしなかった。美味しいという感覚がなくなっていた


時間というのは無情にも過ぎ去るもの


私は重い足をひきずりながら学校に向かった


梨子「・・・」


普通の日常風景が広がっている。何事もないようにクラスメイトが出席する


授業も今まで通りであり、特に何事もなくホームルームが終わる



73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/27(金) 01:25:36.00 ID:7CLY8QVEo
つまんね
74 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:26:18.25 ID:UNip/wsT0


そう、みんないつも通りの日常を過ごしているのだ


だけど私は違う、私はみんなとは違う


アレを見てしまった日から、私は日常からかけ離れてしまったのだから


梨子「じゃあ、バイバイ」


放課後は千歌ちゃんに挨拶をして一人で帰る


誰かと帰る気分にはとてもじゃないがなれない


だけど私はすぐに後悔する。最近はいつもこうだ。私はことごとく選択肢を間違える


千歌ちゃんと一緒に帰るべきだった。だって校門にいたのは・・・



75 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:26:50.51 ID:UNip/wsT0



鞠莉「クスッ・・・お疲れさま、梨子」




76 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:27:41.75 ID:UNip/wsT0


ドクンっと心臓が拍動する。私は一歩下がる。涼しいはずなのに汗が止まらない


危惧はしていた。だから出会わないように細心の注意を払っていた


だけど待ち伏せされてはどうしようもできない


梨子「あっ、あぁっ・・・」

鞠莉「ねぇ、今から曜のお見舞いに行くけど、一緒に行かない?」


鞠莉「ガールズトークでもしながら一緒に・・・クスクスッ」


梨子「よ、曜ちゃん・・・」



77 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:28:27.00 ID:UNip/wsT0


そうだ、私は自分のことに必死で忘れていた


この殺人鬼には人質がいるんだ。だから私を殺さないで泳がせているんだ


だから私を海から助けたんだ・・・間違いない。この人は紛れもない・・・



人の心を蝕む殺人鬼だ




78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:29:26.78 ID:EF5WQZDFO
147 名前:名無しで叶える物語(茸) :2018/07/01(日) 23:29:08.71 ID:7Ox3X7fi
http://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1530452751/l50?v=pc

試しにちかりこ系安価を取ってみたら読者全員拗らせすぎでワロエナカッタ...
何でちかりこってこの板でここまで嫌われてんの?
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:29:35.44 ID:yce99F7EO
                _____
               /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /:::::/l_/l__l_l/l_l_l::::l::::::::::l
それっておかしく   lヽ/ ∧   ∧ l<l::::::/ 
   ありません?  l/l "" _ """l::::lヽ:::l
.だってここは     l:lヽ ___・  ____,,l::::l_/:::l
.   内浦ですのよ? l:l::::::::/   ヽ::::l:/::::::::l
              l:/:ヽヽ___/ ̄/::/\
  ⊂ニニ ̄ ̄ ̄ヽ  /  `:ヽヽ /_/::/   ヽ
     くメ) _ノ  | (ヽ | ""'▽ """  /   `>
       (/  |  | /==|   :∧    { _____}
          |  |/  /|   l l    `|===|
          |  ト  / | `, l l 、   | ̄ ̄|
          ヽ__/ ./   l l  `、  |   |
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:29:44.11 ID:UXLrqYO+O

一年教室

花丸「はーい!最後に皆さんにお知らせがありまーす!」

花丸「このクラスになんと転校生が来ます!」

オー! ドンナコ-?

花丸「それは来てからのお楽しみ…ずら!」ニコッ

花丸「じゃ、今日はおしまい!」

オツカレサマデシタ-!

善子「梨子さんが言ってたのこれか…」

果南「転校生…か、なんかトラウマ」ニガワライ

善子「ふふ、トラウマってマリーさん?」

果南「うっ」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:29:54.15 ID:CjoQWBLcO
??「あの、すみません…」

曜「ん?どうしました?」

曜 (わぁ…綺麗な人だなぁ…こういうような人のこと大和撫子って言うんだっけ)

??「少し道に迷ってしまいまして…宜しければ道案内をお願いしたいのですが…」

曜「大丈夫ですよ?
どこに行きたいんですか?」

??「○○旅館というところで予約をしたのでそちらに向かいたいのですが…ご存じですか?」

曜「○○旅館ですか?分かりますよ!
こっちです!」

??「ありがとうございます、助かります」ペコリ
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:30:06.86 ID:0XOPiFyGO
1 名前:名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@無断転載は禁止 [sage] :2017/03/11(土) 00:24:27.16 ID:DV9Bek1G
アニメ本編とは別時空です
>>2
梨子「はぁ…転校して来た途端変な人に絡まれるし付いてないな…私…」

曜「ん?あっ、転校生の子だ♪」

梨子「あ、どうも」ペコリ

曜「千歌ちゃんに追いかけられてばっかりで大変そうだね」アハハ

梨子「千歌ちゃん…あぁ、うん…そうですね…」

曜「んーと…同い年だからタメ口でいいよ?」

梨子「そっか、じゃあそうするね
えーっと…」

曜「あっ、私?私は渡辺曜!曜でも曜ちゃんでも好きに呼んでね♪」

梨子「ふふっ、じゃあ曜ちゃんて呼ぼうかしら」

曜「了解♪じゃあ私は梨子ちゃんって呼ぶね!」
83 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:30:12.69 ID:UNip/wsT0

梨子「・・・お手洗いに行くんで、ここで待っててくれますか?」


鞠莉「うん、わかったわ」


鞠莉「逃げちゃだめよ?なんてね・・・クスクスッ」


逃げられない。日常に溶け込む悪魔からは逃げきれない


戦うしかないんだ。いや、護るしかないんだ


呼吸を整えるために彼女から離れた私は頼りない拳を握りしめて決意した


梨子「曜ちゃんを護らなきゃ・・・」


梨子「護るんだ・・・私が・・・」


梨子「あの殺人鬼から・・・」


覚悟を決めたその瞳には涙がにじみ出ていた



84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:30:15.63 ID:8iw2+2LfO
穂乃果「ベイスターズファイトだよっ!」 Part69 [無断転載禁止]©2ch.net
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1496555035/

ダイヤ「ルビィ……手を握りましょう、少しは安心できるかもしれませんわ」ギュ

ルビィ「ありがとう、お姉ちゃん」プルプル

ダイヤ(やはり……怖くないなんてことありませんわよね……)


果南「ルビィ、難しいとは思うけど……身体を強張らせてると余計に辛くなるから」

果南「できる限りリラックスした状態でいてね?」

ルビィ「は、はい……」
果南「……話は済んだかな?」ゴムソウチャク

ルビィ「…………」ビク...


鞠莉「ルビィ……膝枕、ここに頭を乗せて?」ポンポン

ルビィ「はい……」スッ...


果南「ダイヤ……そんな遠くにいないでルビィの傍で励ましてあげてよ」

ダイヤ「……わかりました」スタスタ

穂乃果「ベイスターズファイトだよ っ!」 Part69 [無断転載禁止]©2ch.net
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1496555035/
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:30:25.15 ID:iUSQiQvAO
Aqoursの好感度スレまとめ

善子 →http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1482032895/

曜 →http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1487678425/

ルビィ →http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1487668185/

千歌 →http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1487693644/
>>2
ダイヤ →http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1487770928/

花丸 → http://karma.2ch.net//test/read.cgi/lovelive/1487777497/

梨子→ http://karma.2ch.net//test/read.cgi/lovelive/1488373777/

果南→ http://karma.2ch.net//test/read.cgi/lovelive/1488454481/

鞠莉→ http://karma.2ch.net//test/read.cgi/lovelive/1488464531/
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:32:24.67 ID:6yv5eJJyO
   
梨子「今日、曜ちゃんちに行っていいかな?」曜「もちろん、梨子ちゃんとお泊まりであります!」

1.名無しで叶える物語(妹)

梨子「へぇ〜、ここが曜ちゃんのお部屋なんだね」ニコニコ

曜「うん、自分の部屋だと思って存分にくつろいで欲しいであります!」

梨子「ごめんね、急に曜ちゃんの家に泊りたいなんて言い出して」

曜「ううん、そんなことないって

  梨子ちゃん、曲作りが詰まってて環境を変えたいんだもんね」

梨子「そうなの、家に帰ってもピアノの前で焦るばかりで全然進まなくて

   ピアノがある家に帰るのがちょっと気が重くなって……」ハァ

曜「よし、梨子ちゃん、今日は気分転換だヨーソロー!」

梨子「曜ちゃん、少しはしゃぎすぎじゃない?」クスクス

曜「だって千歌ちゃん以外の子が家にお泊りにくるって初めてなんだもん」

梨子「そうなんだ……」

曜「だから梨子ちゃんさえ良かったら今回だけじゃなくて、もっとお泊りしにきていいからね」

梨子「ありがとう、曜ちゃん」

曜「む、むしろ毎日お泊まりに来てくれてもいいよ///」

梨子「よ、曜ちゃん///」カァァ

曜「な、なぁーんてね、何言ってるんだろ、私///」アハハハ

梨子「そうよ、毎日お泊まりってただの同棲だから///」

曜「そうだよね、あははははっ///」

梨子「…………///」

曜「…………///」

梨子(よ、曜ちゃんと同棲かぁ///)ドキドキ

曜(梨子ちゃんと同棲……///)ドキドキ


ルビィ「これでよしっと!」カタカタ..ッタ-ン!!
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:32:32.00 ID:Lxfi87vAO
花丸「物好きな魔女が、興味本位でこっそり電気と魔法を融合させたところ…大きな事故が起こってしまった」

花丸「やがて、これを真似されては危険だからと…世界中で魔女狩りと呼ばれる迫害が始まったずら…」

ミライ「酷いね。他の魔女がかわいそう」

花丸「今も魔女はほんの少し子孫が残っているそうだけど…もうほとんどいないね。少なくともマルの周りにはいないずら」

花丸「そして、魔女狩りが終わったと同時に、エネルギーの統一化が一気に進んでいったんだ、電気に」

花丸「これまで使われてた石油やガスといった燃料は一切使われなくなった。魔女を連想させるからと…」

花丸「そうこうして今に至るってわけ。だからミライちゃんの火は今はとっても珍しいんだよ」

花丸「だって、魔女以外は目にすることのないものだから…はい、これでマルのお話はおしまい」

ミライ「花丸ちゃんは詳しいね」

花丸「ただ興味があったから本で読んだだけだよ」

ミライ「魔女…魔法…火…」

花丸「ミライちゃんみたいなアンドロイド自体はもう結構前から作られてはいたよ。でも、そのずっと前から火は使われなくなったずら…」

ミライ「ミライはレアモノなんだねっ!」

花丸「レアモノ?まぁいいや。これだけは約束して!」

ミライ「何なにー?」

花丸「さっきみたいに、決して人前で火を出さないこと!いい?」

ミライ「わかったよ…決して人前で火を出さないこと、記憶回路に登録したよっ!」

花丸(バレたら大騒ぎどころじゃ済まないね…魔法を使うアンドロイドなんて)
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:32:38.83 ID:zkgAH0cXO
曜「でねでね!」

ルビィ「はは…(本当に日が暮れちゃった)」

曜「あれ、暗くなってきちゃったね」

ルビィ「うん、そろそろルビィも元の場所へ帰るね」

曜「えっ待って!」

曜「舟、乗ってよ!誰もいない静かな空に眺める星空…本当に綺麗だから一度見てほしいんだ。お願い、あともう少しだけ付き合って!」

ルビィ「…!うん!」

ルビィ『舟が行くよ』

理亞『了解!海に出た1分後に奇襲かけるから!』

ルビィ(ああ…始まっちゃうんだ。魔女狩りが…)

理亞『〈舟釣り〉が人魚と呼ばれる所以は独特な魔法の使い方にある』

理亞『水中に溶けている元素を分解して酸素や窒素を取り出して呼吸、潜水を行うことからまるで魚のように自在に海を泳ぐの。水中に逃げられたら厄介だからなるべく陸へ誘導させて』

ルビィ『了解です!』

曜「んっ?どうしたのー?」

ルビィ「ああ、ちょっとね…」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:34:29.08 ID:kp6gD1VoO
善子「あなたもよく漏らすってダイヤから聞いてるわよ」

ルビィ「ああああああああああっ!!!!/////おねぃちゃのばか!ど、どうして善子ちゃんに教えてるの!?」

善子「・・・儀式より先にトイレトレーニングを始めましょっか」

ルビィ「・・・・そうだね/////」



おしっこ我慢

善子「じ、じゃあまず・・・トイレトレーニングの定番、どれだけおしっこを我慢できるか///」

ルビィ「・・・・善子ちゃんがどれだけ我慢できるか、タイムを計ってあげるね/////よーい、スタート」

10分後

善子「!?」ブルルッ

善子(や、やばっ!こんな早くにトイレに行きたく!?で、でも始まったばかりだし、直ぐにトイレに行くのは・・・・ううっ!?どうしよ?///)ギュッ

ルビィ「>>33
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:34:38.35 ID:iBadEaJFO
 包装を破いて、お二人の口に突っ込みます。

「んん〜! 甘い! うまい!」

「なにこれ! あまーいっ! すごーいっ!!!!」

 二人の顔がほころぶのをみると、こちらも差し上げた甲斐があるというものです。

「だいぶ回復されましたね? ではもう一度トロッコを漕いでください」

「え?」

 二人の顔が固まります。

「で、でもこの先って……」

「谷だよねー?」

「ええ、谷です。安心してください、飛びますから」

「はぁ!?」

「え!」

 ジャガーさんは驚愕、カワウソさんは期待の表情を浮かべました。

「と、飛ぶって!? あんた鳥のフレンズなの!?」

「いいえ、違います」

「じゃあ無理だよ!」

「大丈夫です。ここからスピードをつけてれば、谷を飛び越せるかもしれません」

「飛び越せなかったら?」
91 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:47:56.54 ID:UNip/wsT0


私はかつて、彼女にこう言った


幸運が終わったら死んじゃおうって


私は生きる希望を失った彼女を思ってそう言った。事実、彼女の心はいつまでも持たないだろう


だけどそれは幸運を手に入れてからのことだ。今の彼女には幸運なんて訪れていない


彼女は殺人鬼によって偽の幸運を感じているだけだ


本当の幸運を彼女が掴むまでは、絶対に護り抜く


だって、彼女は私の愛する人なのだから___



92 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:48:38.50 ID:UNip/wsT0


〜〜〜


曜「それでね、病院食を変更してって頼んだんだ!」

鞠莉「好き嫌いはナッシングよ?」

曜「え〜!」

鞠莉「でもまぁ、がんばってる曜に・・・!」

曜「うわっ!ケーキ?」

鞠莉「お土産よ、一緒に食べましょっ♪」

曜「ありがとう、鞠莉ちゃん!」

曜「梨子ちゃんも一緒に食べよっ!」

梨子「・・・」

曜「梨子ちゃん?おーい?」

梨子「あ、うん!なに?」

曜「ケーキ一緒に食べない?」

梨子「う、うん・・・いただこうかな」

鞠莉「三人でパーティでぇす!」



93 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:49:32.34 ID:UNip/wsT0


考えろ、もう怯える時期は終わりだ


曜ちゃんは殺人鬼を好きになっている。そんな本人に何を言っても信用なんてしてもらえないだろう


私がやらないといけないんだ


鞠莉「はい、梨子の分」

梨子「・・・ありがとうございます」

曜「梨子ちゃん元気ない?考えごと?」

梨子「ううん、そういうわけじゃないよ!」

鞠莉「何かあったら頼りなさい?」

鞠莉「マリー達は友達でしょ?」


友達・・・そうね、友達だよ


曜ちゃんとも友達、あなたとも友達



94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:49:48.49 ID:PfrjVAGuO
   
梨子「今日、曜ちゃんちに行っていいかな?」曜「もちろん、梨子ちゃんとお泊まりであります!」

1.名無しで叶える物語(妹)

梨子「へぇ〜、ここが曜ちゃんのお部屋なんだね」ニコニコ

曜「うん、自分の部屋だと思って存分にくつろいで欲しいであります!」

梨子「ごめんね、急に曜ちゃんの家に泊りたいなんて言い出して」

曜「ううん、そんなことないって

  梨子ちゃん、曲作りが詰まってて環境を変えたいんだもんね」

梨子「そうなの、家に帰ってもピアノの前で焦るばかりで全然進まなくて

   ピアノがある家に帰るのがちょっと気が重くなって……」ハァ

曜「よし、梨子ちゃん、今日は気分転換だヨーソロー!」

梨子「曜ちゃん、少しはしゃぎすぎじゃない?」クスクス

曜「だって千歌ちゃん以外の子が家にお泊りにくるって初めてなんだもん」

梨子「そうなんだ……」

曜「だから梨子ちゃんさえ良かったら今回だけじゃなくて、もっとお泊りしにきていいからね」

梨子「ありがとう、曜ちゃん」

曜「む、むしろ毎日お泊まりに来てくれてもいいよ///」

梨子「よ、曜ちゃん///」カァァ

曜「な、なぁーんてね、何言ってるんだろ、私///」アハハハ

梨子「そうよ、毎日お泊まりってただの同棲だから///」

曜「そうだよね、あははははっ///」

梨子「…………///」

曜「…………///」

梨子(よ、曜ちゃんと同棲かぁ///)ドキドキ

曜(梨子ちゃんと同棲……///)ドキドキ


ルビィ「これでよしっと!」カタカタ..ッタ-ン!!
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:49:55.72 ID:vltNyueRO
善子「・・・・ばぶー

善子ママ「ふふっ、よっちゃんったら本当、おむつを履いた途端に赤ちゃんになっちゃうわね

善子「・・・!」ブルッ

善子ママ「・・・ちっち?」

善子「うん。でも、せっかくママが履かせてくれたばっかりなのに汚すのは・・・」

善子ママ「ふふっ、気にしないで。ママは大丈夫よ。よっちゃんが気持ちよくちっちしてくれればそれで十分」ナデナデ

善子「あっ

ジョロロロロロロ〜〜

善子ママ「しちゃったね。履いたばっかりで早々だけど、換えよっか





ルビィ「あ、善子ちゃん。随分長風呂してたんだね。一緒にアイス食べよ。はい、いちご」

善子「ありがとう」パクッ

ルビィ「>>78
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:50:06.10 ID:XxBfpcnxO
>>82
>やっぱりちかっちはみかんだよね
http://q2.upup.be/f/r/FqMXUU3jso.jpg

初投稿です。別板で荒れたので立て直し。
ドラマ『電車男』のパロディ(ほぼパクリ)です。
キャラ崩壊オリジナル設定あり。
長くなりますがお付き合いください。
いくつかレスついたら始めます。

再開したんか
ここでも埋め立てくらったらここの方がいいよ
ラブライブ!ss総合【転載禁止】
http://jbbs.shitaraba.net/anime/10627/
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495543304
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:50:14.24 ID:IK9crkA3O
スレ汚し失礼します

★★★自治スレより重要なお知らせ★★★
>>2
ラブライブ!板で違反スレの乱立、スクリプトによる保守を目的とした板荒らしに対策するため板設定の変更に関する投票を行います
賛成/反対の投票ですので投票お願いします。


投票日:2017年3月12日


詳しくは
自治スレ、荒らし報告相談 Part.5
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1489154599/
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:50:21.26 ID:u6o3HrrZO
ラミレス憎しで過去を美化しすぎだろ
試合前の練習に内川以外誰も来てない、ベンチメンバー全員たばこ吸いに行ってベンチに誰もいない、
決起集会と称して野手だけで焼肉祭りを恒例のように開く、チームの顔の村田がFA取る為に怪我隠して強行出場して怠慢プレーしたり試合中に監督しつで寝そべる、
三浦以外の生え抜き投手が誰も戦力にならずローテに入ったのが新戦力組の地味様大家加賀だけ、村田が小遣い稼ぎに子分の石川桑原内藤藤田を連れてオフにイベント開催、
生え抜き外様問わずボロクソ言われる、順位争いすらできず5月には自力優勝消滅、生え抜きが全員怠けるものだから若手が慕う相手はナベチョクや地味様と外様ばかり、
大矢が精神病んで壁と会話し始めた挙げ句遂に限界になって休養し選手から慕われてる[ネ申]を監督に副えて
選手一同[ネ申]を翌年も監督にしてくれと頼んだらシーズン5割で終えたら残してやると無理難題押しつけて案の上[ネ申]解任って
野球チームとしてすら崩壊してたあの地獄に戻りたいのかよ
身売り直前にチームの大原則として掲げたのが「全力プレー全力疾走」だぞ小学生の野球チームみたいなことが平気でまかり通ってたんだぞ
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:50:27.68 ID:doctH+zfO
               
           ____      
         /"::::::::::::::::::::::"`ヽ    
       /::: :::::::´´::::::::``::::::::ヽ    
    .  /::: ::::::::´`:::::::´ `::::::´`::::ヽ 
     /::::::::::´l::::::i::::/i::::::l::::ノリ::::l:::i::ヽ  
      l::::::::l::/ l::::::lヽl ll::i:lノ l:::レl:::::l  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ll\l    ̄    ̄    ̄ l/l:l  | 久々に笑わせていただきましたわ
      ll/l / ̄\   / ̄ヽ l\l:l  | こういうスレが沢山立ってた
     ll::::::l            l::::::ll < のが昔のラ板なんですのね今の新参は  
     l:l:::::l """  __ """ l:::::ll  | .昔のラ板を知らないから困りますわね  
     l:l:::::lヽ    ・ ━     ノl::::l   \_________________
     l::l:::::l ::ヽ、____, "ノ::ノ:::::l    
     l:l:::::l:::::::::::::/    ヽ::ノ::ノリ:::::l   
     l/´ ヽ ̄ヽ    `///ヽ::::l  
    /´ ´ ` ヽ`:::><:///ヽヽ:l
    l´    / ヽ ̄ ̄ 囲  ̄ / `ヽ´  
    l    l    ̄ ̄ ̄△ ̄´     l  
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:50:34.03 ID:xnAUIMh7O
花丸「物好きな魔女が、興味本位でこっそり電気と魔法を融合させたところ…大きな事故が起こってしまった」

花丸「やがて、これを真似されては危険だからと…世界中で魔女狩りと呼ばれる迫害が始まったずら…」

ミライ「酷いね。他の魔女がかわいそう」

花丸「今も魔女はほんの少し子孫が残っているそうだけど…もうほとんどいないね。少なくともマルの周りにはいないずら」

花丸「そして、魔女狩りが終わったと同時に、エネルギーの統一化が一気に進んでいったんだ、電気に」

花丸「これまで使われてた石油やガスといった燃料は一切使われなくなった。魔女を連想させるからと…」

花丸「そうこうして今に至るってわけ。だからミライちゃんの火は今はとっても珍しいんだよ」

花丸「だって、魔女以外は目にすることのないものだから…はい、これでマルのお話はおしまい」

ミライ「花丸ちゃんは詳しいね」

花丸「ただ興味があったから本で読んだだけだよ」

ミライ「魔女…魔法…火…」

花丸「ミライちゃんみたいなアンドロイド自体はもう結構前から作られてはいたよ。でも、そのずっと前から火は使われなくなったずら…」

ミライ「ミライはレアモノなんだねっ!」

花丸「レアモノ?まぁいいや。これだけは約束して!」

ミライ「何なにー?」

花丸「さっきみたいに、決して人前で火を出さないこと!いい?」

ミライ「わかったよ…決して人前で火を出さないこと、記憶回路に登録したよっ!」

花丸(バレたら大騒ぎどころじゃ済まないね…魔法を使うアンドロイドなんて)
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:51:02.96 ID:UgxNFqeyO
                _____
               /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /:::::/l_/l__l_l/l_l_l::::l::::::::::l
それっておかしく   lヽ/ ∧   ∧ l<l::::::/ 
   ありません?  l/l "" _ """l::::lヽ:::l
.だってここは     l:lヽ ___・  ____,,l::::l_/:::l
.   内浦ですのよ? l:l::::::::/   ヽ::::l:/::::::::l
              l:/:ヽヽ___/ ̄/::/\
  ⊂ニニ ̄ ̄ ̄ヽ  /  `:ヽヽ /_/::/   ヽ
     くメ) _ノ  | (ヽ | ""'▽ """  /   `>
       (/  |  | /==|   :∧    { _____}
          |  |/  /|   l l    `|===|
          |  ト  / | `, l l 、   | ̄ ̄|
          ヽ__/ ./   l l  `、  |   |
102 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:51:08.89 ID:UNip/wsT0

梨子「そろそろ帰るね」

曜「わかった。また来てね、梨子ちゃん!」

梨子「・・・うん」

鞠莉「じゃあ私も今日は帰るわ」

梨子「っ・・・!」

曜「そっかぁ・・・それじゃあ二人ともまたね!」

曜「ケーキ美味しかったよ!ありがとう!」

鞠莉「どういたしまして、じゃあね」


ギギッ・・・


ガチャン


梨子「・・・私、寄り道していくのでここでお別れしましょう」

鞠莉「あら、せっかく一緒に帰れると思ったのに残念」

梨子「・・・失礼します」


103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:51:10.53 ID:o6C1TQT7O

一年教室

花丸「はーい!最後に皆さんにお知らせがありまーす!」

花丸「このクラスになんと転校生が来ます!」

オー! ドンナコ-?

花丸「それは来てからのお楽しみ…ずら!」ニコッ

花丸「じゃ、今日はおしまい!」

オツカレサマデシタ-!

善子「梨子さんが言ってたのこれか…」

果南「転校生…か、なんかトラウマ」ニガワライ

善子「ふふ、トラウマってマリーさん?」

果南「うっ」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:51:18.79 ID:EQCGlrzxO
??「あの、すみません…」

曜「ん?どうしました?」

曜 (わぁ…綺麗な人だなぁ…こういうような人のこと大和撫子って言うんだっけ)

??「少し道に迷ってしまいまして…宜しければ道案内をお願いしたいのですが…」

曜「大丈夫ですよ?
どこに行きたいんですか?」

??「○○旅館というところで予約をしたのでそちらに向かいたいのですが…ご存じですか?」

曜「○○旅館ですか?分かりますよ!
こっちです!」

??「ありがとうございます、助かります」ペコリ
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:51:25.92 ID:b9nGrrQnO
1 名前:名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@無断転載は禁止 [sage] :2017/03/11(土) 00:24:27.16 ID:DV9Bek1G
アニメ本編とは別時空です
>>2
梨子「はぁ…転校して来た途端変な人に絡まれるし付いてないな…私…」

曜「ん?あっ、転校生の子だ♪」

梨子「あ、どうも」ペコリ

曜「千歌ちゃんに追いかけられてばっかりで大変そうだね」アハハ

梨子「千歌ちゃん…あぁ、うん…そうですね…」

曜「んーと…同い年だからタメ口でいいよ?」

梨子「そっか、じゃあそうするね
えーっと…」

曜「あっ、私?私は渡辺曜!曜でも曜ちゃんでも好きに呼んでね♪」

梨子「ふふっ、じゃあ曜ちゃんて呼ぼうかしら」

曜「了解♪じゃあ私は梨子ちゃんって呼ぶね!」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:51:35.29 ID:iud6P7GhO
善子ママ「そうだ!せっかくだからルビィちゃんにおむつになって貰うとかどうかしら?」

善子「何がせっかくなのかはわからないけど私にそんな変態趣味ないから!」

善子ママ「ふーん。でもよっちゃんは高校生とは思えないほどいっぱい漏らしてるし、もしかしたら半分くらいはわざとやってるんじゃ?とか思ったりしたんだけど・・・・」

善子「失礼ね!そんな訳ないでしょ!わざと漏らすなんて有り得ないし、今までのおねしょもおもらしも全部我慢出来ずにやらか・・・・あっ/////」

善子ママ「ふふっ、よっちゃんったら本当に可愛い

善子「ぅぅぅ////」






善子ママ「はい、これでお着替えは終了」

善子「あ、ありがとう・・・////」

善子ママ「そうだ!せっかくだから今日を機に平日もおむつって言うのは・・・」

善子「・・・・ママが換えてくれないおむつなんて絶対、嫌!」

善子ママ「」キュン

善子「ルビィ待たせてるから行くわ・・・」

善子ママ「善子ちゃん!」

善子「?」

善子ママ「」チュッ

善子「!?!?!?!?!?!/////」

善子ママ「・・・ふふっ
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:51:42.00 ID:lIVZDFfUO
曜「でねでね!」

ルビィ「はは…(本当に日が暮れちゃった)」

曜「あれ、暗くなってきちゃったね」

ルビィ「うん、そろそろルビィも元の場所へ帰るね」

曜「えっ待って!」

曜「舟、乗ってよ!誰もいない静かな空に眺める星空…本当に綺麗だから一度見てほしいんだ。お願い、あともう少しだけ付き合って!」

ルビィ「…!うん!」

ルビィ『舟が行くよ』

理亞『了解!海に出た1分後に奇襲かけるから!』

ルビィ(ああ…始まっちゃうんだ。魔女狩りが…)

理亞『〈舟釣り〉が人魚と呼ばれる所以は独特な魔法の使い方にある』

理亞『水中に溶けている元素を分解して酸素や窒素を取り出して呼吸、潜水を行うことからまるで魚のように自在に海を泳ぐの。水中に逃げられたら厄介だからなるべく陸へ誘導させて』

ルビィ『了解です!』

曜「んっ?どうしたのー?」

ルビィ「ああ、ちょっとね…」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:51:49.04 ID:yYVM1JaDO
       
会社員花丸「お仕事がんばるずら」

1.名無しで叶える物語(妹)

ルビィ「おはよぉ、花丸ちゃん」

花丸「ルビィちゃん、おはようずら……」ハァ

ルビィ「花丸ちゃん、なんだか元気ない?」

花丸「昨日、夜遅くまで本を読んでたずら」

ルビィ「花丸ちゃん、がぁーんばるビィ!」ニコッ

花丸「…………」

ルビィ「花丸ちゃん、何かしゃべってよぉ///」

花丸「なんだか元気出てきたずら」クスッ

ルビィ「そう、よかった」エヘヘ

花丸「ルビィちゃんのおかげずら〜」ギュッ

ルビィ「花丸ちゃんが喜んでくれてルビィすっごく嬉しいよ」ニコニコ

花丸「ルビィちゃーん」ギュウ

ルビィ「花丸ちゃん、苦しいよぉ♪」

 ピピピピッ


花丸「……ゆ、夢か」

花丸「抱きしめてたのルビィちゃんじゃなくて枕だったずら」

花丸「はぁ、今日からまた会社か

    連休明けから5日はきついずら」

花丸「……がぁーんばるビィ!」ポキッ

花丸「あははは、おらがやってもやっぱり元気でないね」ノソノソ

花丸「生活リズムが戻ってなくて辛いずら……」


ルビィ「これでよしっと!」カタカタ..ッタ-ン!!
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:51:56.09 ID:ri5ZHN51O
穂乃果「ベイスターズファイトだよっ!」 Part69 [無断転載禁止]©2ch.net
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1496555035/

ダイヤ「ルビィ……手を握りましょう、少しは安心できるかもしれませんわ」ギュ

ルビィ「ありがとう、お姉ちゃん」プルプル

ダイヤ(やはり……怖くないなんてことありませんわよね……)


果南「ルビィ、難しいとは思うけど……身体を強張らせてると余計に辛くなるから」

果南「できる限りリラックスした状態でいてね?」

ルビィ「は、はい……」
果南「……話は済んだかな?」ゴムソウチャク

ルビィ「…………」ビク...


鞠莉「ルビィ……膝枕、ここに頭を乗せて?」ポンポン

ルビィ「はい……」スッ...


果南「ダイヤ……そんな遠くにいないでルビィの傍で励ましてあげてよ」

ダイヤ「……わかりました」スタスタ

穂乃果「ベイスターズファイトだよ っ!」 Part69 [無断転載禁止]©2ch.net
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1496555035/
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:52:03.86 ID:FDiSDJBeO
Aqoursの好感度スレまとめ

善子 →http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1482032895/

曜 →http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1487678425/

ルビィ →http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1487668185/

千歌 →http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1487693644/
>>2
ダイヤ →http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1487770928/

花丸 → http://karma.2ch.net//test/read.cgi/lovelive/1487777497/

梨子→ http://karma.2ch.net//test/read.cgi/lovelive/1488373777/

果南→ http://karma.2ch.net//test/read.cgi/lovelive/1488454481/

鞠莉→ http://karma.2ch.net//test/read.cgi/lovelive/1488464531/
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:52:11.10 ID:qvEb1mF/O
善子「あなたもよく漏らすってダイヤから聞いてるわよ」

ルビィ「ああああああああああっ!!!!/////おねぃちゃのばか!ど、どうして善子ちゃんに教えてるの!?」

善子「・・・儀式より先にトイレトレーニングを始めましょっか」

ルビィ「・・・・そうだね/////」



おしっこ我慢

善子「じ、じゃあまず・・・トイレトレーニングの定番、どれだけおしっこを我慢できるか///」

ルビィ「・・・・善子ちゃんがどれだけ我慢できるか、タイムを計ってあげるね/////よーい、スタート」

10分後

善子「!?」ブルルッ

善子(や、やばっ!こんな早くにトイレに行きたく!?で、でも始まったばかりだし、直ぐにトイレに行くのは・・・・ううっ!?どうしよ?///)ギュッ

ルビィ「>>33
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:52:19.22 ID:Y0JRsCmLO
   
梨子「今日、曜ちゃんちに行っていいかな?」曜「もちろん、梨子ちゃんとお泊まりであります!」

1.名無しで叶える物語(妹)

梨子「へぇ〜、ここが曜ちゃんのお部屋なんだね」ニコニコ

曜「うん、自分の部屋だと思って存分にくつろいで欲しいであります!」

梨子「ごめんね、急に曜ちゃんの家に泊りたいなんて言い出して」

曜「ううん、そんなことないって

  梨子ちゃん、曲作りが詰まってて環境を変えたいんだもんね」

梨子「そうなの、家に帰ってもピアノの前で焦るばかりで全然進まなくて

   ピアノがある家に帰るのがちょっと気が重くなって……」ハァ

曜「よし、梨子ちゃん、今日は気分転換だヨーソロー!」

梨子「曜ちゃん、少しはしゃぎすぎじゃない?」クスクス

曜「だって千歌ちゃん以外の子が家にお泊りにくるって初めてなんだもん」

梨子「そうなんだ……」

曜「だから梨子ちゃんさえ良かったら今回だけじゃなくて、もっとお泊りしにきていいからね」

梨子「ありがとう、曜ちゃん」

曜「む、むしろ毎日お泊まりに来てくれてもいいよ///」

梨子「よ、曜ちゃん///」カァァ

曜「な、なぁーんてね、何言ってるんだろ、私///」アハハハ

梨子「そうよ、毎日お泊まりってただの同棲だから///」

曜「そうだよね、あははははっ///」

梨子「…………///」

曜「…………///」

梨子(よ、曜ちゃんと同棲かぁ///)ドキドキ

曜(梨子ちゃんと同棲……///)ドキドキ


ルビィ「これでよしっと!」カタカタ..ッタ-ン!!
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:52:26.50 ID:MWaCF6TJO
善子「・・・・ばぶー

善子ママ「ふふっ、よっちゃんったら本当、おむつを履いた途端に赤ちゃんになっちゃうわね

善子「・・・!」ブルッ

善子ママ「・・・ちっち?」

善子「うん。でも、せっかくママが履かせてくれたばっかりなのに汚すのは・・・」

善子ママ「ふふっ、気にしないで。ママは大丈夫よ。よっちゃんが気持ちよくちっちしてくれればそれで十分」ナデナデ

善子「あっ

ジョロロロロロロ〜〜

善子ママ「しちゃったね。履いたばっかりで早々だけど、換えよっか





ルビィ「あ、善子ちゃん。随分長風呂してたんだね。一緒にアイス食べよ。はい、いちご」

善子「ありがとう」パクッ

ルビィ「>>78
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:52:34.16 ID:JKOnR3MTO
花丸「物好きな魔女が、興味本位でこっそり電気と魔法を融合させたところ…大きな事故が起こってしまった」

花丸「やがて、これを真似されては危険だからと…世界中で魔女狩りと呼ばれる迫害が始まったずら…」

ミライ「酷いね。他の魔女がかわいそう」

花丸「今も魔女はほんの少し子孫が残っているそうだけど…もうほとんどいないね。少なくともマルの周りにはいないずら」

花丸「そして、魔女狩りが終わったと同時に、エネルギーの統一化が一気に進んでいったんだ、電気に」

花丸「これまで使われてた石油やガスといった燃料は一切使われなくなった。魔女を連想させるからと…」

花丸「そうこうして今に至るってわけ。だからミライちゃんの火は今はとっても珍しいんだよ」

花丸「だって、魔女以外は目にすることのないものだから…はい、これでマルのお話はおしまい」

ミライ「花丸ちゃんは詳しいね」

花丸「ただ興味があったから本で読んだだけだよ」

ミライ「魔女…魔法…火…」

花丸「ミライちゃんみたいなアンドロイド自体はもう結構前から作られてはいたよ。でも、そのずっと前から火は使われなくなったずら…」

ミライ「ミライはレアモノなんだねっ!」

花丸「レアモノ?まぁいいや。これだけは約束して!」

ミライ「何なにー?」

花丸「さっきみたいに、決して人前で火を出さないこと!いい?」

ミライ「わかったよ…決して人前で火を出さないこと、記憶回路に登録したよっ!」

花丸(バレたら大騒ぎどころじゃ済まないね…魔法を使うアンドロイドなんて)
115 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:52:37.48 ID:UNip/wsT0


この人と二人っきりになるのは危険だ。私は駆け足気味に離れる


しかし、私の背中に語りかけてきたその言葉に違和感を覚えた


鞠莉「梨子、私の手作りケーキは美味しかった?」

梨子「はい、美味しかっ・・・」


私は何を言おうとしたんだろう。あのケーキは美味しくなどなかった


味なんてまったくしない、ただのスポンジを食べているような食感を思い出した


いや、味がしなかったわけではない。たしかしょっぱい味はした気がする


砂糖と塩を入れ間違えたんだろうとその時は思った


でも本当に?そんなありきたりな失敗をこの人がするの?


いや、しない。だとしたらあの味は・・・



116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:52:41.72 ID:QCI+w1kTO
善子ママ「そうだ!せっかくだからルビィちゃんにおむつになって貰うとかどうかしら?」

善子「何がせっかくなのかはわからないけど私にそんな変態趣味ないから!」

善子ママ「ふーん。でもよっちゃんは高校生とは思えないほどいっぱい漏らしてるし、もしかしたら半分くらいはわざとやってるんじゃ?とか思ったりしたんだけど・・・・」

善子「失礼ね!そんな訳ないでしょ!わざと漏らすなんて有り得ないし、今までのおねしょもおもらしも全部我慢出来ずにやらか・・・・あっ/////」

善子ママ「ふふっ、よっちゃんったら本当に可愛い

善子「ぅぅぅ////」






善子ママ「はい、これでお着替えは終了」

善子「あ、ありがとう・・・////」

善子ママ「そうだ!せっかくだから今日を機に平日もおむつって言うのは・・・」

善子「・・・・ママが換えてくれないおむつなんて絶対、嫌!」

善子ママ「」キュン

善子「ルビィ待たせてるから行くわ・・・」

善子ママ「善子ちゃん!」

善子「?」

善子ママ「」チュッ

善子「!?!?!?!?!?!/////」

善子ママ「・・・ふふっ
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:52:50.96 ID:4Lch0r8EO
 包装を破いて、お二人の口に突っ込みます。

「んん〜! 甘い! うまい!」

「なにこれ! あまーいっ! すごーいっ!!!!」

 二人の顔がほころぶのをみると、こちらも差し上げた甲斐があるというものです。

「だいぶ回復されましたね? ではもう一度トロッコを漕いでください」

「え?」

 二人の顔が固まります。

「で、でもこの先って……」

「谷だよねー?」

「ええ、谷です。安心してください、飛びますから」

「はぁ!?」

「え!」

 ジャガーさんは驚愕、カワウソさんは期待の表情を浮かべました。

「と、飛ぶって!? あんた鳥のフレンズなの!?」

「いいえ、違います」

「じゃあ無理だよ!」

「大丈夫です。ここからスピードをつけてれば、谷を飛び越せるかもしれません」

「飛び越せなかったら?」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:52:58.17 ID:YJamDRBjO
>>82
>やっぱりちかっちはみかんだよね
http://q2.upup.be/f/r/FqMXUU3jso.jpg

初投稿です。別板で荒れたので立て直し。
ドラマ『電車男』のパロディ(ほぼパクリ)です。
キャラ崩壊オリジナル設定あり。
長くなりますがお付き合いください。
いくつかレスついたら始めます。

再開したんか
ここでも埋め立てくらったらここの方がいいよ
ラブライブ!ss総合【転載禁止】
http://jbbs.shitaraba.net/anime/10627/
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495543304
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 01:53:05.69 ID:5Y6pe7dZO
スレ汚し失礼します

★★★自治スレより重要なお知らせ★★★
>>2
ラブライブ!板で違反スレの乱立、スクリプトによる保守を目的とした板荒らしに対策するため板設定の変更に関する投票を行います
賛成/反対の投票ですので投票お願いします。


投票日:2017年3月12日


詳しくは
自治スレ、荒らし報告相談 Part.5
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1489154599/
120 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:53:19.93 ID:UNip/wsT0

鞠莉「そっ、良かった」

鞠莉「隠し味を入れてみたんだけど、気づいてくれた?」


クスクスッ


ゾゾッと悪寒が走った。その笑い声で私は確信した


梨子「・・・っ!!」


ダダダッ


追いかけては来ていない。まずい、迂闊だった


ガチャッ


梨子「曜ちゃん!」



121 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:54:36.48 ID:UNip/wsT0


シーンと静まっている病室。いるはずの人がいない


梨子「はぁっ・・・はぁっ・・・」

梨子「落ち着くのよ・・・私は大丈夫。私は大丈夫・・・」


間違いない。あの人は入れたんだ


ケーキに怪しい薬を入れていたに違いない。もしそれが毒だとしたら・・・


頭がグルグルする。何を信じればいいのかわからない


私は自分を信じるしかない。私が曜ちゃんを護るしかないんだ


梨子「ふぅっ・・・ふぅっ・・・」


私の身体に変化は起きていない。だけど曜ちゃんはどうかわからない


もし曜ちゃんのケーキにだけ毒を盛っていたら・・・



122 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:55:29.22 ID:UNip/wsT0


あの人は私を殺さなかった。だから今回も私を狙っていない


でも曜ちゃんを殺す可能性はなくはない。私が曜ちゃんを好きなことをあの人は知っているんだ


だから私を絶望させるために曜ちゃんを殺す可能性はあるんだ


思考が混乱している。頭が割れそうなぐらい沸騰している


梨子「曜ちゃん・・・どこなの!?どこにいるの!?」


もぬけの殻になった病室を必死に探す


ベッドを乱暴に動かす。布団をめちゃくちゃに荒らす。まるで空き巣のように部屋中を荒らした


だけどいない。曜ちゃんはどこへ___



123 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:56:28.50 ID:UNip/wsT0


梨子「まさか・・・」


連れ去られた?あの殺人鬼に?


いや、それはない。病室を出てからは私と一緒にいたんだ。そんなのありえない


ありえない?本当にありえないの?


あの人の仲間が窓から連れ去らった可能性は?


梨子「曜ちゃん!!」



ガララッ



曜「梨子ちゃん!?どうしたの!?」


梨子「っ!!」


バッと振り返るとそこには驚いて眼を丸くしている彼女と、その彼女を車イスで補助する看護師さんがいた



124 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:57:48.70 ID:UNip/wsT0

梨子「曜・・・ちゃん・・・どこにいたの?」

曜「検査の時間だったから検査室に行ってたんだけど・・・梨子ちゃんこそどうしたの!?」

梨子「・・・身体は!身体はなんともない!?」

曜「えっ!?う、うん・・・?」

梨子「気分が悪いとかは!?」

曜「別にないけど・・・本当にどうしたの?」


よかった、何もなかった・・・安堵した私はギュっと曜ちゃんを抱きしめた


梨子「よかった・・・曜ちゃんが無事で・・・」

曜「あははっ、梨子ちゃんも寂しがり屋なのかな?」


無事を確認できた私は部屋を荒らしたことについて謝罪をして病院を出ていく


あの人はもういない。おそらく先に帰ったのだろう



125 : ◆DEohnfIk4o [saga]:2018/07/27(金) 01:58:41.05 ID:UNip/wsT0

梨子「・・・」

梨子「やっぱり、ダメだ。一人じゃ曜ちゃんを護れない・・・」


向こうには仲間がいる。あの夜も車から出てきたのは使用人だと言っていた


他にも仲間はきっといるはず。もしかするとAqoursのメンバーにも懐柔された人がいるかもしれない


梨子「・・・行くしか、ない」



梨子「もう一度」



恐れよりも覚悟が上回った今、私の足は重りが外れたように弾んでいた




126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/27(金) 02:06:13.63 ID:fm27kpHD0
ラブライブSSは荒らしを呼び寄せるんだ?
他が迷惑
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 02:07:22.98 ID:pP+WUKtcO
曜「でねでね!」

ルビィ「はは…(本当に日が暮れちゃった)」

曜「あれ、暗くなってきちゃったね」

ルビィ「うん、そろそろルビィも元の場所へ帰るね」

曜「えっ待って!」

曜「舟、乗ってよ!誰もいない静かな空に眺める星空…本当に綺麗だから一度見てほしいんだ。お願い、あともう少しだけ付き合って!」

ルビィ「…!うん!」

ルビィ『舟が行くよ』

理亞『了解!海に出た1分後に奇襲かけるから!』

ルビィ(ああ…始まっちゃうんだ。魔女狩りが…)

理亞『〈舟釣り〉が人魚と呼ばれる所以は独特な魔法の使い方にある』

理亞『水中に溶けている元素を分解して酸素や窒素を取り出して呼吸、潜水を行うことからまるで魚のように自在に海を泳ぐの。水中に逃げられたら厄介だからなるべく陸へ誘導させて』

ルビィ『了解です!』

曜「んっ?どうしたのー?」

ルビィ「ああ、ちょっとね…」
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 02:07:30.43 ID:NPp+DZ1cO
ラミレス憎しで過去を美化しすぎだろ
試合前の練習に内川以外誰も来てない、ベンチメンバー全員たばこ吸いに行ってベンチに誰もいない、
決起集会と称して野手だけで焼肉祭りを恒例のように開く、チームの顔の村田がFA取る為に怪我隠して強行出場して怠慢プレーしたり試合中に監督しつで寝そべる、
三浦以外の生え抜き投手が誰も戦力にならずローテに入ったのが新戦力組の地味様大家加賀だけ、村田が小遣い稼ぎに子分の石川桑原内藤藤田を連れてオフにイベント開催、
生え抜き外様問わずボロクソ言われる、順位争いすらできず5月には自力優勝消滅、生え抜きが全員怠けるものだから若手が慕う相手はナベチョクや地味様と外様ばかり、
大矢が精神病んで壁と会話し始めた挙げ句遂に限界になって休養し選手から慕われてる[ネ申]を監督に副えて
選手一同[ネ申]を翌年も監督にしてくれと頼んだらシーズン5割で終えたら残してやると無理難題押しつけて案の上[ネ申]解任って
野球チームとしてすら崩壊してたあの地獄に戻りたいのかよ
身売り直前にチームの大原則として掲げたのが「全力プレー全力疾走」だぞ小学生の野球チームみたいなことが平気でまかり通ってたんだぞ
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 02:07:38.22 ID:XpTJKt2tO
       
会社員花丸「お仕事がんばるずら」

1.名無しで叶える物語(妹)

ルビィ「おはよぉ、花丸ちゃん」

花丸「ルビィちゃん、おはようずら……」ハァ

ルビィ「花丸ちゃん、なんだか元気ない?」

花丸「昨日、夜遅くまで本を読んでたずら」

ルビィ「花丸ちゃん、がぁーんばるビィ!」ニコッ

花丸「…………」

ルビィ「花丸ちゃん、何かしゃべってよぉ///」

花丸「なんだか元気出てきたずら」クスッ

ルビィ「そう、よかった」エヘヘ

花丸「ルビィちゃんのおかげずら〜」ギュッ

ルビィ「花丸ちゃんが喜んでくれてルビィすっごく嬉しいよ」ニコニコ

花丸「ルビィちゃーん」ギュウ

ルビィ「花丸ちゃん、苦しいよぉ♪」

 ピピピピッ


花丸「……ゆ、夢か」

花丸「抱きしめてたのルビィちゃんじゃなくて枕だったずら」

花丸「はぁ、今日からまた会社か

    連休明けから5日はきついずら」

花丸「……がぁーんばるビィ!」ポキッ

花丸「あははは、おらがやってもやっぱり元気でないね」ノソノソ

花丸「生活リズムが戻ってなくて辛いずら……」


ルビィ「これでよしっと!」カタカタ..ッタ-ン!!
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 02:07:47.81 ID:d1EIkTIKO
>>5


>コンコン


>梨子「曜ちゃん、入るね?」


>ガチャッ


>曜「・・・」

>曜「帰って」

>梨子「そう言わないでほしいな」

>曜「私のこと、笑いに来たんでしょ?」

>曜「自分じゃなくてよかったって嘲笑いにきたんでしょ!」

>梨子「ちがうよ、そうじゃない」
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 02:07:54.29 ID:ikZM+odHO
>>10

>曜「やっぱり、梨子ちゃんも他のみんなと一緒だ」

>曜「みんな、根拠もなく励ましてきて・・・自分じゃなくてよかったって思って」

>曜「だいっきらい!みんなも梨・・・」


>彼女の言葉をさえぎるように私は言い放った


>梨子「幸運の後には不幸がくるものなの。だから次の幸運が終わったら死んじゃおう?」


>曜「・・・!」


>梨子「最後に幸せな思い出を残して死んだほうが、きっと後悔しないと思う」
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 02:08:05.19 ID:QdkgLDCeO
善子「あなたもよく漏らすってダイヤから聞いてるわよ」

ルビィ「ああああああああああっ!!!!/////おねぃちゃのばか!ど、どうして善子ちゃんに教えてるの!?」

善子「・・・儀式より先にトイレトレーニングを始めましょっか」

ルビィ「・・・・そうだね/////」



おしっこ我慢

善子「じ、じゃあまず・・・トイレトレーニングの定番、どれだけおしっこを我慢できるか///」

ルビィ「・・・・善子ちゃんがどれだけ我慢できるか、タイムを計ってあげるね/////よーい、スタート」

10分後

善子「!?」ブルルッ

善子(や、やばっ!こんな早くにトイレに行きたく!?で、でも始まったばかりだし、直ぐにトイレに行くのは・・・・ううっ!?どうしよ?///)ギュッ

ルビィ「>>33
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 02:08:12.02 ID:is9QKlWlO
   
梨子「今日、曜ちゃんちに行っていいかな?」曜「もちろん、梨子ちゃんとお泊まりであります!」

1.名無しで叶える物語(妹)

梨子「へぇ〜、ここが曜ちゃんのお部屋なんだね」ニコニコ

曜「うん、自分の部屋だと思って存分にくつろいで欲しいであります!」

梨子「ごめんね、急に曜ちゃんの家に泊りたいなんて言い出して」

曜「ううん、そんなことないって

  梨子ちゃん、曲作りが詰まってて環境を変えたいんだもんね」

梨子「そうなの、家に帰ってもピアノの前で焦るばかりで全然進まなくて

   ピアノがある家に帰るのがちょっと気が重くなって……」ハァ

曜「よし、梨子ちゃん、今日は気分転換だヨーソロー!」

梨子「曜ちゃん、少しはしゃぎすぎじゃない?」クスクス

曜「だって千歌ちゃん以外の子が家にお泊りにくるって初めてなんだもん」

梨子「そうなんだ……」

曜「だから梨子ちゃんさえ良かったら今回だけじゃなくて、もっとお泊りしにきていいからね」

梨子「ありがとう、曜ちゃん」

曜「む、むしろ毎日お泊まりに来てくれてもいいよ///」

梨子「よ、曜ちゃん///」カァァ

曜「な、なぁーんてね、何言ってるんだろ、私///」アハハハ

梨子「そうよ、毎日お泊まりってただの同棲だから///」

曜「そうだよね、あははははっ///」

梨子「…………///」

曜「…………///」

梨子(よ、曜ちゃんと同棲かぁ///)ドキドキ

曜(梨子ちゃんと同棲……///)ドキドキ


ルビィ「これでよしっと!」カタカタ..ッタ-ン!!
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/27(金) 02:08:20.28 ID:uXQGxfioO
                _____
               /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /:::::/l_/l__l_l/l_l_l::::l::::::::::l
それっておかしく   lヽ/ ∧   ∧ l<l::::::/ 
   ありません?  l/l "" _ """l::::lヽ:::l
.だってここは     l:lヽ ___・  ____,,l::::l_/:::l
.   内浦ですのよ? l:l::::::::/   ヽ::::l:/::::::::l
              l:/:ヽヽ___/ ̄/::/\
  ⊂ニニ ̄ ̄ ̄ヽ  /  `:ヽヽ /_/::/   ヽ
     くメ) _ノ  | (ヽ | ""'▽ """  /   `>
       (/  |  | /==|   :∧    { _____}
          |  |/  /|   l l    `|===|
          |  ト  / | `, l l 、   | ̄ ̄|
          ヽ__/ ./   l l  `、  |   |
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/27(金) 02:54:01.28 ID:fEhJ5lSFo
頑張る姿、みてるよ♪
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/27(金) 22:07:47.16 ID:XItMAKIs0
コテハンしてくれてるの助かる
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 05:25:14.60 ID:yuME8KpfO
悲報

まとめサイトあやめ速報、あやめ2nd
盗作に関与したことへの謝罪文をこっそりと削除
またまたもみ消し
反省の色なし
138 : ◆DEohnfIk4o [sage saga]:2018/07/28(土) 16:29:40.99 ID:+TFL895s0
諸事情により更新停止します
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 19:28:30.75 ID:5AUfk53A0
埋め茸に一度目をつけられたらどこまでもストーキングしてくるから
そうなったら最後まで完成させてから一気に投下するやり方じゃないと厳しいよ
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:18:10.21 ID:x96QB7D30
続き来ないの?更新停止ってことは、しばらくしたら来る?
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/28(土) 20:32:02.33 ID:FyeJh5Sj0
掲示板じゃなくpixivでやってる方がとりあえずは安全
ただしマルチポストはするなよ
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/28(土) 20:33:46.77 ID:tdrf83N/0
>>140
pixivでひっそりやるってさ
90.02 KB Speed:0.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)