【ガルパン】カエサル「私に相談?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 21:48:53.15 ID:1YZHAVCvO
沙織「私もね、まさか麻子から告白されるとは思ってなくって。びっくりしたっていうか、うまいことはぐらかそうとしたんだけど・・・」

カエサル「・・・」

沙織「そしたら麻子泣き出しちゃって、『沙織ぃ好きだぁ〜』とかって言いながら泣いてるの見て、こっちもキュンと来たっていうか・・・」

カエサル「・・・」

沙織「まぁ麻子なら良いかなって事で付き合う事になったんだけど、こう・・・女の子同士で付き合うっていってもどうしたら良いか分かんないっていうか・・・」

カエサル「・・・まぁ、話は分かったが・・・何で私に相談を?」

沙織「え?やっぱりそっち系の人に聞いた方が良いかなって」

カエサル「誰がそっち系の人だあぁぁっ!!」

沙織「えぇっ!違うのぉっ!?」

カエサル「違うわぁぁっ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532782133
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 22:02:14.09 ID:1YZHAVCvO
沙織「でも、幼なじみを籠絡した百合皇帝だって左衛門佐さんが・・・」

カエサル「あいつかぁぁあっ!」

カエサル「ひなちゃんは幼なじみで親友で仲良しだけど、そういうんじゃないから!」

沙織「えぇ、・・・・・・まぁいいや、それでね」

カエサル「話を続けるなって!他の人に相談してくれ」

沙織「他の人って言われても・・・、あ、サンダースのナオミさんには相談したんだけど」

カエサル「またえらいそっち系っぽい人に相談したな」

沙織「さりげなくベッドに誘う方法とか、二股掛けたのがバレた時の対処法とか、後腐れのない別れ方とか、そんな話ばっかりであんまり参考にならなくって」

カエサル「・・・思った以上にそっち系だった」

沙織「という訳でアドバイスを・・・」

カエサル「いやだから知らんて!」

――――――

――――

――
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 22:03:34.58 ID:1YZHAVCvO
カエサル「はぁ、まさか大洗の恋愛マスター( )から恋愛相談されるとは・・・」

優花里「あれ?カエサル殿」

カエサル「ん?グデーリアンか」

優花里「どうかしたんですか?」

カエサル「ああ、いや、別に何でもない」

優花里「そうですか・・・あの、実は少し相談したい事が」

カエサル「私に相談?」








優花里「・・・という訳でですね、西住殿とお付き合いする為にはどうしたら良いかと」

カエサル「・・・、なぜ私に相談を?」

優花里「え、だってやっぱりガチな人に相談した方が良いかと」

カエサル「誰がガチな人だあぁぁあぁ!!」

優花里「えぇっ!違うんですかっ!?」

カエサル「驚くなぁっ!!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 22:04:52.58 ID:1YZHAVCvO
優花里「でも、アンツィオに彼女が居ると左衛門佐殿が・・・」

カエサル「またあいつかぁっ!」

カエサル「ひなちゃんは幼なじみで親友で仲良しだけどそういうんじゃないから!」

優花里「そうなんですか・・・・・・まぁいいや、それでですね」

カエサル「いやだから話を続けるなって、他の人に相談してくれ」

優花里「武部殿に相談しようかと思ったのですが、なんだか最近悩み事があるみたいだったので」

カエサル「あぁ・・・、いや他にクラスの友達とか」

優花里「・・・」

カエサル「・・・ごめん」

優花里「サンダースのナオミ殿には相談したのですが」

カエサル「やっぱそこ行くんだ」

優花里「告白とかってした事無いから分かんないと言われてしまいまして」

カエサル「・・・なんというか“墜とす”って感じだもんな。いや勝手なイメージだけど」

優花里「という訳でどう告白したら・・・」

カエサル「だから知らんて!」

――――――

――――

――
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 22:05:38.57 ID:1YZHAVCvO
カエサル「はぁ、・・・あんこうチームは大丈夫なのか」

梓「あ、カエサル先輩」

カエサル「ん?澤か」

梓「あの、ちょっと相談したい事が・・・」

カエサル「もう嫌な予感しかしない」








梓「・・・という訳で、西住先輩にどうにか異性として・・・というか同性なんですけど、恋愛対象として見てもらうにはどうしたら良いか・・・」

カエサル「・・・あれだ、一応聞いておくか。何で私に相談を?」

梓「えっ、だってやっぱりガチレズな人に相談した方が良いかなって」

カエサル「誰がガチレズだ誰がぁっっ!!」

梓「えっ!違うんですかぁっ?」

カエサル「信じるなぁっ!!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 22:07:13.77 ID:1YZHAVCvO
梓「でも、毎晩彼女とテレフォンS○Xしてるって左衛門佐先輩が・・・」

カエサル「あいつほんといい加減にしろよ・・・」

カエサル「ひなちゃんは幼なじみで親友で仲良しだけどそういうんじゃないって!」

梓「えぇ・・・・・・まぁいいや、それでですね」

カエサル「だから何で話を続けるんだ、他を当たってくれって」

梓「他と言われても・・・あ、サンダースのナオミ先輩には相談したんですけど」

カエサル「ここまでテンプレ」

梓「なんか逆に口説かれちゃって///」

カエサル「・・・とりあえずそれは止めといた方がいいと思う」

梓「ですよね、やっぱり西住先輩一筋で・・・」

カエサル「いや、そういう意味でも無いんだが」

――――――

――――

――
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 22:08:03.23 ID:1YZHAVCvO
その後も・・・



柚子「桃ちゃんいっつも会長会長って会長の事ばっかり。私より会長の方が大事なのかな・・・好きだって言ってくれたのに」グスッ

カエサル「・・・」

――――――

――――

――



あゆみ「西住隊長に憧れて頑張ってる梓の事、いいなぁって思うんです。応援してあげたいっていうか、頑張る梓の支えになりたいっていうか・・・。でも、何て言うか、隊長の事ばかりじゃなくて、・・・そばに居る私の事も見てほしいなって」

カエサル「・・・」

――――――

――――

――



ホシノ「最初はなんか、生意気だけど可愛い後輩って感じだったんだけど、最近なんだか可愛いの意味が変わってきたというか・・・。気付いたら目で追ってたり、そばに来たらドキッとしたり・・・や、やっぱり私・・・おかしい、のかなぁ・・・」

カエサル「・・・」

――――――

――――

――
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 22:09:09.85 ID:1YZHAVCvO
エリカ「最近隊長が・・・」

カエサル「だあぁぁあぁああっ!いい加減にしろぉおおぉぉっ!!!」

エリカ「ちょっと、私の話も聞きなさいよ!」

カエサル「知るかあぁぁあぁっ!というか何で他校の奴まで来てるんだよっ!?」

エリカ「え、でも失せ物探しから恋愛相談(同性)までなんでも来いの大洗の母だってツ○ッターで・・・」

カエサル「なんだそのカリスマ占い師みたいな呼び方はっ!」

エリカ「なんかSNSで知り合ったnobusige @ 6monさんって人が・・・」

カエサル「・・・もういい分かった、あいつ●そう」

エリカ「なんか物騒な事言い出したけど・・・・・・まぁいいわ、それで最近隊長g

カエサル「だから知らんて!何でどいつもこいつも勝手に話を続けるんだぁっ!学校に相談出来る友達くらい居るだろ!!」

エリカ「・・・」

カエサル「・・・ごめん」

エリカ「一応サンダースのナオミには相談したんだけど」

カエサル「またそこか!あっちの方がよっぽどカリスマじゃないか」

エリカ「とりあえず押し倒せばいいんじゃない?みたいな適当な事しか言われなくって」

カエサル「いい加減向こうも面倒になって来たんだな、きっと」

エリカ「という訳で最近隊ty

カエサル「帰れぇぇえぇっっ!!!」

――――――

――――

――
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 22:10:00.63 ID:1YZHAVCvO
――カバさんチーム宅――

カエサル「左衛門佐ぁぁあっ!!」バンッ

エルヴィン「うわ、びっくりした」

カエサル「左衛門佐はどこだぁっ!!」

エルヴィン「おりょうと一緒に買い出しに出掛けたけど・・・」

カエサル「くっ、留守か・・・まぁいい今のうちに用意しておくか」

エルヴィン「とりあえず、なんだその角材は?」

カエサル「色々と考えたのだが、ローマ法に従って磔刑にしようかと思って。そのための角材二本だ」

エルヴィン「よく分からんが、ローマ法に従うなら弁護人を立てて裁判しないとなのでは?」

カエサル「磔にする前にこの十字架を背負わせて学園艦を一周させてやる・・・」フフフ

エルヴィン「なんだその聖人フラグ」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 22:12:20.17 ID:1YZHAVCvO
エルヴィン「いったい何が有ったんだ?」

カエサル「いやそれが、かくかくしかじかで左衛門佐の奴が、私がガチレズだと色んな所で言い触らしてるらしくて」

エルヴィン「あぁ・・・それかぁ〜」

カエサル「・・・何か知っているのか?」

エルヴィン「いや、左衛門佐の奴おりょうの事好きだろ?」

カエサル「え?そうなの?」

エルヴィン「え?知らなかったの?」

カエサル「そう言われれば、なんかいつも一緒に居るような」

エルヴィン「おりょうの方は全くその気がない・・・というか普通に友達としてしか見てないから、告白するにも話が切り出せないらしくて」

カエサル「ふむ」

エルヴィン「それで、身近な所にそっち系の人が居る事をおりょうの耳に入れることで、百合的な関係も有りなんだって意識させて、告白まで持っていこうという作戦らしい」

カエサル「・・・それを知ってて止めなかったのか?」ゴゴゴ

エルヴィン「いや、待て、私が聞いたときは、もっと控えめな表現でこっそり本人の耳に入れるって話だったはずだ」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 22:13:17.31 ID:1YZHAVCvO
カエサル「それにしたってそんな話を広めるのは・・・」

エルヴィン「いや、うん、分かる、確かに良くないよな」

カエサル「だろ?」

エルヴィン「おおっぴらに同性愛者だって広められたら困るよな、ただでさえ肩身が狭いのに」

カエサル「ん?」

エルヴィン「本人同士が納得して付き合っているからって、言い触らすってのは確かによくない・・・」

カエサル「ち、ち、ち、ちょっと待て!私別に同性愛者じゃないぞ」

エルヴィン「えぇぇぇえぇっ!!違うのぉおぉおおお!!?」

カエサル「今日一番のリアクション!!」

エルヴィン「え、いや、だって例のひなちゃん・・・」

カエサル「だ〜か〜ら、ひなちゃんは幼なじみで親友で仲良しだけどそういうんじゃないから!!今日何回目だこのセリフ!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 22:14:31.29 ID:1YZHAVCvO
エルヴィン「えぇ〜、でも・・・いや、えぇ・・・」

カエサル「そんなに信じがたいかっ」

エルヴィン「え、て言うかホントに付き合ってないの?」

カエサル「だから違うって!くどいぞっ!」

エルヴィン「あ、ああ、ごめん、悪かったって。・・・・・・そうなんだ(ボソッ)」

カエサル「しかし、とりあえず左衛門佐の事はほっておくとして、大洗にこんなにそっち系の人が居るとは思わなかった。風紀委員に言って・・・」

エルヴィン「え、いやいや、別に同性愛自体は悪い事じゃないだろ」

カエサル「そうかも知れないけど・・・」

エルヴィン「ローマ皇帝にも、ナイル川で溺死した愛人(男)の全裸の像を、ローマ中に立てさせた人がいただろ」

カエサル「・・・全裸なのは神格化したからで、変な意味とかじゃないぞ。まぁ、充分奇行だとは思うが・・・」

エルヴィン「ともかく、歴史的にみても同性愛は当たり前にあったわけで、そんなに目くじらを立てなくても・・・」

カエサル「いやまあ、それは分かったけど」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/28(土) 22:16:52.01 ID:1YZHAVCvO
エルヴィン「それに・・・だな・・・」

カエサル「ん?」

エルヴィン「いや、えっと・・・」

カエサル「どうした?」

エルヴィン「その・・・じ、実は私も、ずっと前から貴女の事がぁぁあぁ!!」オシタオシー

カエサル「エルヴィン、お前もかぁぁっ!!」オシタオサレー

――end――
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/07/28(土) 22:28:46.42 ID:1YZHAVCvO
以上になります

オチから考えたのがよく分かる話(笑)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 00:24:56.32 ID:chcAy8WrO
流石カエサル様あ乙
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/29(日) 00:26:42.29 ID:o43knlXo0

面白かった
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 02:22:41.85 ID:qHQg48p9o
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 03:50:18.08 ID:7guacFLxo
いやひなちゃん側も書こうよ多分ガチだよ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 08:12:55.50 ID:Y6QbvWcDO
ひなちゃんは逆にノリノリで相談に乗って色々やらかしてそうな気がするわ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 09:31:38.49 ID:4f6pWU9kO

【SS掲載拒否推奨】あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト



SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します


1

現トリップ◆Jzh9fG75HAは自身の書いたSSシリーズが盗作であると自白


2

SSまとめサイト「あやめ2nd」は盗作に当たらないと表明

掲載されたSSシリーズの削除を拒否

疑問視するコメント、および盗作に当たらないとの表明すら削除し、

盗作のもみ消しを謀る


3

なおも続く追及に、ついにあやめ2ndは掲載されたちゃおラジシリーズをすべて削除

ただし、ちゃおラジは盗作ではないという表明は撤回しないまま

シリーズを削除した理由は「ブログ運営に支障が出ると判断したため」とのこと


4

あやめ2nd、消したはずのSSシリーズを再掲載するも多くの人間に諭されこれを削除

全面的に自らの非を認め謝罪

以降、何ごともなかったかのようにふるまう


5

一週間もたたぬ間に謝罪文および全ての痕跡をあやめ2ndより削除

あやめ2ndの失態全てをもみ消す




SSまとめサイトは、SS作者が書いたSSを自身のサイトに掲載し、サイト内の広告により金を得ている

SSまとめサイトは、SSがあって、SS作者がいて、はじめて成り立つ


故に、SSまとめサイトによるSS作者に対する背信行為はあってはならず、

SSにとどまらず創作に携わる人全てを踏みにじる行為、盗作をもみ消し隠そうとし

ちゃおラジが盗作ではないことの証明を放棄し、

義理立てすべきSS作者より自身のサイトを優先させた

あやめ速報姉妹サイト、あやめ2ndを許してはならない



あやめ速報、あやめ2ndは盗作をもみ消すクソサイト


SSを書かれる際は掲載を拒否することを推奨します
14.22 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)