大吾「俺www茂野大吾www」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 17:35:10.80 ID:EdTZBSwBO
大吾「監督www俺ピッチャーやりたいwww」

田代「大吾、お前の肩じゃピッチャーは無理だ。」

大吾「大丈夫ですwww成長期なんでwww」

田代「この前テストした時、正直試合に出られるレベルじゃなかったぞ。」

大吾「俺の可能性をwww信じてくださいwww」

田代「・・・・・・分かった、また今度テストしよう・・・。」

大吾「あざっすwwwwww」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532853310
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 17:36:19.81 ID:EdTZBSwBO
卜部「監督、茂野のやつまたですか?」

田代「ああ、どうもピッチャーへのこだわりが強くてな。」

卜部「そりゃあ、父親がメジャーリーガーだから憧れるでしょうけど、あいつの実力は・・・。」

田代「肩が弱いし、バッティングもイマイチ、守備は普通、平凡な能力だ。」

卜部「・・・実力が伴わなくても試合に出たい気持ちは俺にも分かります。」

田代「・・・・・・。」

卜部「でもあいつの場合、実力よりも性格の方が・・・。」

田代「卜部!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 17:36:59.57 ID:EdTZBSwBO
卜部「事実でしょう!あいつのことを嫌いじゃない奴なんて、このチームにいますか?」

田代「それは・・・。」

卜部「実力皆無、性格クズ、親の七光りでチームでいると思われてもおかしくないですよ!」

田代「・・・・・・仕方ないんだ。」

卜部「は?」

田代「なあ卜部、ドルフィンズの運営費用は誰が出している?」

卜部「そんなの、チーム全員が出し合ってるに決まっているでしょう。」

田代「そうだ、表向きはな。だが合宿でいいホテルに泊まれたのは何故だ?」

卜部「!?」

田代「質のいい野球道具を持っているのは何故だ?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 17:37:47.02 ID:EdTZBSwBO
卜部「それは監督の友人の厚意で・・・まさか!?」

田代「そうだ、大吾の父である茂野吾郎が、お金を出してくれているんだ。」

卜部「そんな!?」

田代「今や茂野五郎はドルフィンの大スポンサーなんだよ。スポンサーの息子をクビにはできない。」

卜部「監督、見損ないましたよ。」

田代「大人ってのはな、綺麗ごとだけじゃやってけないんだ。」

卜部「ぐっ、くそっ!」

田代「お、おい、卜部!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 17:38:19.63 ID:EdTZBSwBO
アンディ「ドルフィンズをやめる!?」

卜部「ああ、あんな腐ったチームで野球を続けてたら、俺たちまで腐っちまう。」

アンディ「何があったんだ?」

卜部「実は・・・・・・ということらしいんだ。」

アンディ「なるほどな、だからあのゴミがまだチームにいられるのか。」

卜部「あいつがいたら、まともに試合ができねえ!」

アンディ「・・・一理あるな。」

卜部「アンディ、別のチームに行こう!」

大吾「wwwwww」

卜部「!?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 17:38:56.74 ID:EdTZBSwBO
大吾「よおwww卜部www」

卜部「茂野・・・聞いてたのか・・・。」

大吾「どうもwwwクズですwww」

アンディ「何か用か。」

大吾「いやねwwwガキみたいなこと言ってるなとwww思ってなwww」

卜部「何だと!」

大吾「腐ったチームwwwそれがどうしたwww使えるものは何でも使えよwww」

卜部「お前、ふざけるなよ!」

アンディ「落ち着け卜部!」

大吾「ホントwww落ち着けよwww」

卜部「本当に腹の立つ奴だ・・・。」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 17:39:30.56 ID:EdTZBSwBO
大吾「大体さwww今更他のチームに行ってwwwスタメンに出られると思ってるのwww」

卜部「うっ!」

大吾「無理だよねwww昔からいる奴の反感買うだけだわwww」

卜部「だったら、ドルフィンズのメンバー全員でやめて、またチームを作り直せば・・・。」

大吾「お前にそんな人望ねえからwww」

卜部(こいつに言われるとマジでキレそうだ・・・。)

アンディ「茂野、お前はなんでドルフィンズにいるんだ?」

大吾「えwww」

アンディ「父親と姉が優秀なのに、自分だけ実力が無いと分かれば、やめたくなるだろ。」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 17:40:13.83 ID:EdTZBSwBO
大吾「なったwww確かにwww」

アンディ「だったら何で・・・。」

大吾「目的があるからなwww」

アンディ「目的?」

卜部「どうせ大したことじゃあ・・・。」

大吾「東斗ボーイズと戦うことだよwww」

卜部「!?」

アンディ「何だと・・・。」

大吾「どうしたwww」

アンディ「俺たちと同じだ・・・。」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 17:40:57.56 ID:EdTZBSwBO
卜部「だったらよ、真面目に練習しろよ!いつもへらへらしやがって!」

大吾「俺がへらへらwwwどこがwww」

卜部「今まさにやってんだろうが!」

大吾「落ち着けwww何だよホントwww」

アンディ「分かった、お前にも目的があるなら、チームにいるのも何も言わない。」

卜部「おいアンディ!」

アンディ「だが練習は必至でやれ!東斗ボーイズは適当な練習で勝てるほど甘くねーよ!」

大吾「イエッサーwww任せろwww」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 17:41:42.72 ID:EdTZBSwBO
大吾「じゃあ俺wwwそろそろ帰るわwww」

アンディ「ああ。」

卜部「しかしあいつも東斗ボーイズと・・・。」

アンディ「意外だったな。」



アレwwwオレナンデココニキタンダッケwww



アンディ「あのクソ野郎、もしかしたら化けるかもな。」

卜部「まさか。」



ソウダwwwウンコシニキタンダッタwww



アンディ「頑張ろうぜ。」

卜部「おう!」



イイヤwwwモラシテカエロwww
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 18:09:22.63 ID:1W5FygT0o
メジャー2見てないけどドルフィンズの監督[ネ申]なんだ
こもりんはどこへ?
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:37:49.07 ID:6iBrQBl/O
大吾「ただいまwww」

薫「おかえり。やだ、くさっ!」

大吾「ちょっとwww子供に対して臭いとかwwwひどいwww」

いずみ「あんた、また漏らしてきたの?」

大吾「おうwwwまあなwww」

いずみ「はあ・・・。」

薫「ほら、早く着替えてきなさい。」

大吾「へいへいwww」

いずみ「はやくしなさいよ、佐藤さん待たせちゃ悪いよ。」

大吾「大丈夫wwwまだ余裕あるwww」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:38:31.34 ID:6iBrQBl/O
バッティングセンター

寿也「やあ大吾君。」

大吾「どうもwwwよろしくおねがいしますwww」

寿也「じゃあ今日もバッティングの練習しようか。」

大吾「はいwww」

寿也「じゃあ、まずはこの速度で始めよう。」

大吾「分かりましたwww」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:38:58.24 ID:6iBrQBl/O
大吾(あの子www来てるかなwww)

寿也「ん?」

大吾(いたwwwwww)



ミチル「・・・・・・。」



大吾(ミチルちゃんwwwカワイイwww)

寿也「大吾君、何をよそ見してるんだい?」

大吾「すいませんwww」

ミチル「ん?」

大吾(やべえwwwこっち見たwww)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:39:40.48 ID:6iBrQBl/O
大吾(こうしてバッティングセンターで顔見知りになってwww試合で会ったときにwww)



ミチル「あれ・・・あなたは・・・。」

大吾「あれwwwバッティングセンターでよく見かけるwww」

ミチル「ドルフィンズのメンバーだったんですね。」

大吾「はいwwwミチルさんが東斗ボーイズにいたとはwwwしかもエースwww」

ミチル「いえ、私なんて大したことないです。」

大吾「いやwww君は素晴らしい人ですよwww野球選手としてもwww女性としてもwww」

ミチル「えっ///」

大吾「よかったらwww生涯茂野大吾とwwwバッテリーを組んでくださいwww」

ミチル「そっ、そんな・・・私なんかでよければ・・・///」



大吾(というロマンスがwww)
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:40:19.62 ID:6iBrQBl/O
ミチル(あいつ・・・気持ち悪い・・・。)

寿也「ほら、集中して。」

大吾「はいwww」

ミチル「あの・・・。」

寿也「はい。」

大吾(うわwww話しかけてきたwww)

ミチル「静かにしてもらえますか、気が散るので。」

寿也「ああ、すいません。」

ミチル「いえ、貴方ではなくて・・・。」

大吾「どうもwww初めましてwww」

ミチル「!?」

大吾「俺www茂野大吾www」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:40:58.35 ID:6iBrQBl/O
ミチル(何こいつ!?きもっ!?)

大吾「貴方のお名前はwww」

ミチル「なっ、何であんたに個人情報を教えなきゃならないのよ。」

大吾「確かにwwwなんと聡明なwww」

ミチル「・・・とりあえず、騒ぐのはやめてください。」

大吾「ちょっと待ってwww」

ミチル「・・・何ですか?」

大吾「俺今wwwドルフィンズで野球やってるんだwww」

ミチル「ふーん。」

大吾「もしかしたら試合で会うかもねwww」

ミチル「・・・そうかもしれませんね。」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:41:44.01 ID:6iBrQBl/O
ミチル「もう私は帰ります・・・。」

大吾「お気をつけてwww」

寿也「・・・大吾君・・・。」

大吾「佐藤さんwww今の子www俺のこと記憶に残りますかねwww」

寿也「ああ・・・そうだね。」

大吾「やったwww」

寿也(そりゃあ記憶に残るよ・・・。)

大吾「早く練習してwww一流の野球選手になりたいんですwww」

寿也(こいつ・・・。)
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:42:11.77 ID:6iBrQBl/O
大吾「ただいまwww」

薫「お帰りー。晩御飯できてるわよ。」

大吾「腹ペコペコwww」

いずみ「私お風呂入るー。」

大吾「じゃあ姉ちゃん出たら俺入るわwww」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 18:42:37.46 ID:mktEC6xYo
トシくん(やっぱり余計な遺伝子入ってるせいかな)
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:42:41.21 ID:6iBrQBl/O
プルルルルルル

???「もしもしwww」

大吾「もしもしwww俺だwww」

???「おうwwwどうしたwww」

大吾「今から姉ちゃんがwww風呂入るwww」

???「まじかwww準備はwww」

大吾「問題ないwww」

???「さすがwww」

大吾「回収したらすぐに送るわwww」

???「頼むwww」

大吾「そっちも頼むぜwww」

???「任せろ兄弟www」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:43:50.97 ID:6iBrQBl/O
いずみ「大吾、風呂空いたよ。」

大吾「サンキューwww」

いずみ「別にお礼言われることじゃないけど・・・。」

大吾「wwwwww」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:44:18.74 ID:6iBrQBl/O
大吾「wwwwww」

ゴソゴソ

大吾「wwwwww」

いずみ「大吾!」

大吾「wwwどうしたのwww姉ちゃんwww」

いずみ「あんたの挙動がおかしいのよ、何か隠してるでしょ!」

大吾「そりゃあ俺www今裸ですからwww隠しますわwww」

いずみ「何か隠してるものあるなら出しなさい!」

大吾「じゃあ調べろよwww服でも何でもwww」

いずみ「分かったわ!」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:44:53.39 ID:6iBrQBl/O
いずみ「・・・・・・。」

大吾「何かあるかwww」

いずみ「・・・いいえ。」

大吾「人を疑うのもたいがいにしろよwww」

いずみ「ごめんなさい・・・。」

大吾「謝罪の言葉が足りないんじゃないですかwww」

いずみ「何を言えばいいのよ。」

大吾「恥じらいながらwww私は豚ですってwww言えよwww」

いずみ「はあっ!調子に乗るな!」

大吾「痛えwww」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:45:26.33 ID:6iBrQBl/O
大吾(ふうwww危ない危ないwww)

大吾(この小型カメラが見つかったらやばかったなwww)

大吾(とっさに肛門にしまっておいて正解だったぜwww)

大吾(さてとwwwこれを早く送信しないとwww)
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:46:30.65 ID:6iBrQBl/O
プルルルルルル

???「もしもしwww」

大吾「俺だwww例の映像送ったぞwww」

???「ナイスwww」

大吾「そっちはwwwどうだwww」

???「バッチリwww確認したらガッツリ見えてたwww」

大吾「おいwww見るなwww俺のだぞwww」

???「ゴメンwww」

大吾「ってゆうか俺らwwwマジ変態www」

???「好きな子の入浴シーン見たらwww将来結婚できるからwww」

大吾「出たwwwのび太の公理www」

???「wwwwww」

大吾「それじゃあwww試合で会おうぜwww」

???「おうwwwまたなwww」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:54:57.73 ID:6iBrQBl/O
大吾「wwwふぅwww」

いずみ「はあ、面白かった。」

大吾「M-1グランプリwwwどうだったwww」

いずみ「うん、スーパーマラドーナが優勝したよ。」

大吾「誰www知らないwww」

いずみ「そういえば、あんた何してたの。」

大吾「やめろwww」

いずみ「え?あっ・・・。」

大吾「wwwwww」

いずみ「あんた・・・最低!」

大吾「男のナニが分かるんだwww」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:57:07.89 ID:6iBrQBl/O
翌日、学校

女子「聞いた?隣のクラスに転校生が来たんだって!」

佐倉「そうなんだ!」

大吾「何々www転校生www」

佐倉「うわっ、茂野君・・・。」

大吾「おーいwww俺も混ぜてよwww」

女子「いこ・・・。」

佐倉「うん・・・。」

大吾「wwwwww」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 18:57:37.16 ID:6iBrQBl/O
光「ねえ、ちょっと聞きたいことがあるんだけど。」

佐倉「えっ、何?」

光「このクラスに、茂野大吾って人がいるよね、どの人?」

佐倉「ああ、あそこにいるよ。」

光「・・・えっと、あの気持ち悪く笑っている奴?」

佐倉「うん・・・。」

光「・・・・・・。」

佐倉「・・・大丈夫?」

光「・・・うん。」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:00:00.13 ID:6iBrQBl/O
光「やあ、君が大吾君だね。」

大吾「おうwwwお前誰www」

光「僕は佐藤光、転校生だよ。」

大吾「転校生が俺にwww何の用だwww」

光「いやあ、野球に興味があってね、どこかチームを紹介していくれないかな。」

大吾「おおwwwいいぜwwwうちのチームに入れよwww」

光「おっ、いいの!?」

大吾「大歓迎www」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:00:35.84 ID:6iBrQBl/O
田代「・・・というわけで、新しく入った佐藤だ。」

光「よろしくお願いします!」

卜部「新戦力か。」

アンディ「もし実力があるなら、東斗ボーイズと戦える可能性も上がるな。」

卜部「ああ。」

田代「大吾、ピッチャーのテストだが・・・。」

大吾「ああwww俺やっぱりいいですwww」

田代「はあ!?」

大吾「それより光の球見てやってくださいwww」

田代「あっ、ああ。」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:01:08.08 ID:6iBrQBl/O
田代「これは・・・。」

光「どうですか?」

田代「これはすごい・・・磨けばどんどん伸びるぞ。」

光「やった!」

大吾「これで東斗ボーイズにも勝てるなwww」

卜部「・・・ああ。」

大吾(そしてミチルちゃんとwwwぶふぉwww)

卜部「?」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/29(日) 19:01:13.24 ID:yvHm/+nno
三国志とポケモンのやつ書いてた人かな
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:01:33.77 ID:6iBrQBl/O
田代「そうだ、今度の試合の組み合わせが決まったぞ。」

卜部「おっ、どれどれ?」

大吾(ミチルちゃんwww)

卜部「おい、マジかよ・・・。」

大吾(ミチルちゃんwww)

アンディ「まさか初戦で当たるとはな・・・。」

田代「1回戦の相手は、東斗ボーイズだ!」

大吾(ミチルちゃんwww)
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:03:53.59 ID:6iBrQBl/O
>>33
その人とは別人です
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:05:29.18 ID:6iBrQBl/O
プルルルルル

大吾「もしもしwww」

???「ようwwwまさか初戦で会えるとは思わなかったわwww」

大吾「俺もwww」

???「いずみさん連れてきてくれよwww」

大吾「もちwwwお前も忘れるなよwww」

???「当然wwwてか忘れようがねえしwww」

大吾「確かにwww」

???「wwwwww」

大吾「wwwじゃあ良い試合にしようぜwwwワタルwww」

ワタル「そうだなwww大吾www」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:07:27.38 ID:6iBrQBl/O
試合当日

大吾「wwwwww」

ミチル「あいつ・・・本当にドルフィンズのメンバーだったんだ・・・。」

ワタル「ミチル、知ってるのか?」

ミチル「うん、前にバッティングセンターで見かけた変な奴、あいつだよ。」

ワタル(マジかよ大吾・・・あれ普段からやってんのか。)

大吾(まだだwwwまだ耐えろwww試合が終わってからだwww)
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:08:10.87 ID:6iBrQBl/O
試合終了後

卜部「・・・負けた。」

アンディ「・・・・・・。」

ミチル「よし、とりあえず1勝だね。」

ワタル「そうだな。」

大吾「あのwww」

ミチル「ひぃっ!?」

大吾「確かバッティングセンターでwww会いましたよねwww」

ミチル「そっ、そうですね。」

大吾「まさか東斗ボーイズのエースだとはwww素晴らしいwww」

ミチル「ああ、どうも。」

大吾「本当に素晴らしいwww野球選手としてもwww女性としてもwww」

ミチル「えっ?」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:08:51.55 ID:6iBrQBl/O
大吾「あなたのようなwww可憐な美少女は見たことが無いwww」

ミチル(褒められてんのか馬鹿にされてるのか分からない・・・。)

大吾「もしよければwww生涯茂野大吾とwwwバッテリーを組んでくださいwww」

ミチル「!?」

ワタル「はっ!?」

ミチル「えっと・・・それは・・・。」

ワタル(まずい!このままだと俺といずみさんの明るい未来が台無しになる!)

大吾「wwwwww」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:09:46.19 ID:6iBrQBl/O
ワタル「そっ、そういえば茂野って、もしかして茂野吾郎の息子なのか?」

大吾「えwwwそうだけどwww」

ミチル「嘘、本当に!?」

ワタル「俺の父さんとは知り合いなんだよな?」

大吾「確かwwwそうだwww」

ワタル「今度、親も一緒で食事しないか?」

ミチル「えっ、それってつまり、茂野選手と会えるってこと?」

ワタル「そうだ!」

大吾「名案wwwさすがwww」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:10:13.68 ID:6iBrQBl/O
ミチル「さすが?」

ワタル「あっ、いや・・・。」

大吾「さすが司令塔www頭いいわwww」

ミチル「そっ、そうだね、頭いいわ!」

ワタル「ははは・・・。」

大吾「じゃあ早速wwwおとさんに連絡とるわwww」

ワタル「頼んだ。」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:10:44.03 ID:6iBrQBl/O
ワタル「ミチル・・・今の奴・・・どう思った。」

ミチル「ふふふ・・・茂野選手と・・・ふふふ。」

ワタル「おいミチル。」

ミチル「何?」

ワタル「いや、あいつのこと、どう思う?」

ミチル「うん・・・今日の試合見てたら必死なのは伝わってきたかな。」

ワタル(いいところ見せようと必死だからな。)

ミチル「あと、どんな時でも底なしに明るいね。」

ワタル(チームメイトをケガさせて笑ってた時は狂気を感じたけどな。)

ミチル「それにあの言葉・・・。」

ワタル「言葉?」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:11:49.31 ID:6iBrQBl/O
ミチル「生涯バッテリーを組んでくれって・・・。」

ワタル(ああ、あれは引いたな。)

ミチル「総合的に・・・好きな方かな。」

ワタル「」

ミチル「どうしたの?」

ワタル(やべえ、こいつド変態だ。俺や大吾よりも間違いなく上だわ。)

ワタル(あんな奴を好きとか・・・。)

ミチル「食事、いつになるかな。」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:12:25.76 ID:6iBrQBl/O
食事会の日

吾郎「美味い!さすがだぜ薫!」

薫「それほどでも!」

眉村「本当に美味しいな。」

ミチル「何?浮気とか考えてるの?」

眉村「いや、俺は!」

ミチル「冗談よ。」

いずみ「ふふふ、ミチルちゃんのパパ面白いわね!」

眉村「面白い・・・?」

吾郎「おお、そうだ!こいつが高校生の頃の話を聞かせてやろうか!」

ミチル「あっ、聞きたい聞きたい!」

眉村「やめろ馬鹿!」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:13:03.72 ID:6iBrQBl/O
静香「ねえ、そういえばワタルはどこに行ったの?」

薫「あら、大吾もいないわね。」

いずみ「・・・・・・。」

ミチル「・・・・・・。」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:14:00.48 ID:6iBrQBl/O
ワタル「おい、早く渡せよ。」

大吾「待てよwwwほらこれだwww」

ワタル「おおお!これがいずみさんの!!!」

大吾「お前もwww出せよwww」

ワタル「焦るな・・・ほれ。」

大吾「おっふwww最高www」

ワタル「これからもよろしく頼むぜ、兄弟。」

大吾「ああwww将来の義兄弟www」

ワタル「wwwwww」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:14:29.44 ID:6iBrQBl/O
いずみ「なるほどね。」

ミチル「あんたらグルだったんだ。」

ワタル「ミチル!?」

大吾「姉ちゃんwww」

いずみ「あんたが隠したもの、見せな!」

大吾「ひぃっwwwwww」

ミチル「あんたもだよ!」

ワタル「待ってくれ!ミチル!」

ミチル「うるさい!」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:15:06.34 ID:6iBrQBl/O
ワタル「どうして・・・今日は茂野選手と会えるから、俺たちのことなんか気にしないはず。」

ミチル「この前の試合の直前にいずみさんと話してね、怪しいから罠を仕掛けたのよ。」

いずみ「そしたら案の定、何かをしでかしたってわけよ。」

大吾「じゃあwww俺のこと好きかもってwww」

ミチル「罠にはめるための嘘に決まってるでしょ!」

大吾「マジかよwww悪魔www」

大吾「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ワタル「大吾!?」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:15:49.81 ID:6iBrQBl/O
いずみ「この前お風呂でこそこそしてたのも、関係しているんでしょ!」

ミチル「やっぱり、あんた盗撮してたのね!?」

ワタル「違う!俺は!」

ミチル「ふんっ!このPCを見れば全部分かるんだよ!」

ワタル(まずい!大吾のPCにはミチルのエロ画像が山ほど!)

大吾「おいおい、いい加減にしてくれよ。」

ワタル「・・・え?」

ミチル「何その喋り方・・・。」

大吾「何か変かよ。」

ミチル「いや、今までが変だっただけなんだけど・・・。」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:17:02.80 ID:6iBrQBl/O
大吾「そんなに人のプライベートを暴くのが楽しいか?」

いずみ「はあ?あんたが何か企んでるからでしょうが!」

大吾「証拠は?」

いずみ「それは無いけど・・・。」

大吾「証拠が無いのに、疑うの?」

ミチル「そのPCを見せてもらえれば、すべて分かるわ。」

大吾「何言ってるの?そんなのダメに決まってるじゃん。証拠が揃ってからにしてよ?」

ミチル「・・・・・・。」

ワタル「そっ、そうだ、証拠を出せ!」

いずみ「・・・・・・証拠があればいいのね?」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:17:44.96 ID:6iBrQBl/O
ワタル「へ?」

ミチル「ワタル、貴方のPCにはウイルスが感染していたみたいでね、この写真が私のPCに送られてきたわ。」

ワタル「これは・・・いずみさんのヌード写真!」

ミチル「これでもまだ白を切る?」

ワタル「・・・・・・。」

いずみ「私の裸の写真を、眉村家の人間が撮れるわけがない。となると・・・。」

大吾「・・・・・・。」

いずみ「あんたが撮った可能性が高いのよね、大吾?」

ワタル「・・・ごめんなさい・・・。」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:18:33.35 ID:6iBrQBl/O
ミチル「やったのね?」

ワタル「はい・・・。ミチルの入浴写真を撮り、大吾に送りました。」

大吾「・・・・・・。」

いずみ「じゃあ大吾、証拠はあるから、PC見せな。」

大吾「・・・はい。」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:19:05.31 ID:6iBrQBl/O
ミチル「・・・確認したわ。じゃあこれ全部削除して。」

大吾「・・・はい。」

ワタル「うう・・・まさか俺のPCにウイルスが・・・。」

ミチル「ああ、あれ嘘よ。」

ワタル「!?」

大吾「!?」

ミチル「証拠の捏造よ。正直には話さないと思って用意してたの。」

ワタル「そんな・・・それじゃあ・・・。」

ミチル「愚かね。」

ワタル「いずみさんの裸は、ネットには流出してないってことか!」

いずみ「え、ええ。」

ワタル「良かった・・・良かった・・・。」

大吾「・・・良くねえよ。」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:19:34.77 ID:6iBrQBl/O
その後、大吾とワタルはこれまでの悪事をすべて両親に告発された。

こっぴどく叱られた、なんてレベルでは無かった。

罰として二人とも、PC・ゲーム・その他コンピュータの類は全て没収されてしまった。

二人が今どうなっているかと言うと・・・
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/29(日) 19:20:09.83 ID:6iBrQBl/O
大吾「合言葉を言え、ミチル。」

ワタル「いずみ。」

大吾「どうだ調子は。」

ワタル「ああ、とりあえずあれから何もしてないからな、表面上は。」

大吾「水面下での動きは、感づかれていないか?」

ワタル「問題ない。」

大吾「あいつら、俺たちが諦めたと思ってやがる。」

ワタル「甘いな。」

大吾「失うものが無くなった人間は強い。それを思い知らせてやる。」

ワタル「そうだなwwwwww」

大吾「wwwwww」



おわり
27.49 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)