千歌「今日は私の誕生日!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:31:04.99 ID:X45jkod8O
・終わりまで書きとめあり
・口調の違和感お許しを
・前のを忘れたので新トリです

・千歌ちゃん、2日の遅刻ごめんなさい

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1533234664
2 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:33:15.55 ID:X45jkod8O
千歌「今日は私の誕生日!」

千歌「なのに暇なのだ……」

千歌「もーどうしてこういう日に練習なくなっちゃうかなー」ゴロゴロ

千歌「せめて学校に行ければ誰かに会えたかもしれないのに……」ゴロゴロ
3 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:34:20.18 ID:X45jkod8O
〜昨日〜

ダイヤ「突然ですが明日、学校に業者の方がいらして、点検作業を行うことが決定しました。そのため、屋上を始め生徒は学校に立ち入り禁止です」

鞠莉「職員室の都合と、あちら側の予定がたまたま一致したのが明日だったみたい」

果南「最近ちょっと練習しすぎだし、いい機会だから練習はお休みにしよう」

6人「はーい」

〜〜〜
4 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:35:35.02 ID:X45jkod8O
千歌「突然明日休み、って言われると困っちゃうよねー」

千歌(何より今日は私の誕生日なのに、会えなきゃお祝いして貰えないし……)

千歌(メールとかラインは来たけど、やっぱりそれだけじゃ寂しいのだ……)

千歌「はぁ……」

美渡「なーに辛気臭い顔してんのさ」ドアガチャ

千歌「うわっ?! ってなんだ美渡ねぇか」

美渡「なんだとは何さ。それよりあんた暇でしょ? ちょっとお使い頼まれてくれない?」

千歌「えー、そんなの美渡ねぇが行けばいいじゃん」

美渡「私はこれから用事があるの。果南の所に持って行くだけだからさー」

千歌「――用意するからちょっと待ってて」

美渡「おぉさっすが、じゃあいつもの所に置いておくからよろしく」

千歌「はーい」

美渡「あ、そうだ千歌これあげる」

千歌「なに?」

美渡「誕生日プレゼント」っ[ガツン○みかん]
5 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:38:05.52 ID:X45jkod8O


〜淡島への連絡船〜

千歌「だあー暑いのだー」

千歌「もー何で誕生日のチカをパシるかなー」

千歌「しかも誕生日プレゼントがアイス一本だしさー」

千歌「コンビニのちょっと大きいやつだからいいだろって酷いのだ」

千歌「あ、着いた――ありがとうございましたー」
6 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:39:30.86 ID:X45jkod8O
〜ダイビングショップ〜

千歌「とうちゃくー! ってあれ梨子ちゃん?」

梨子「おはよう、千歌ちゃん」デッキなう

千歌「どうして果南ちゃん家(ち)に?」

梨子「えぇと、それは……」

鞠莉「私が呼んだの」

千歌「鞠莉ちゃん?」

鞠莉「ハーイ、千歌っち。グッモーニング」

千歌「鞠莉ちゃんが梨子ちゃんを果南ちゃん家に?」

鞠莉「それより千歌っち、何か用事があってきたんでしょ?」

千歌「そうだ、お使い頼まれてるんだった。ちょっと行ってくるね」

梨子「うん、待ってる」
7 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:42:18.90 ID:X45jkod8O
コンニチワー

コレ、オカアサンカラデス

イエイエ、コチラコソ。ア、オカエシアリガトウゴザイマス

ハイ、ソレデハ

千歌「ただいまー」

梨子「お帰りなさい、千歌ちゃん」

千歌「それでー、どうして二人が、かなn」

鞠莉「ねぇ千歌っち。ちょっと付き合ってくれないかしら?」

千歌「?」
8 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:45:29.41 ID:X45jkod8O


〜あわしまマリンパーク、イルカショー〜

千歌「おー」

梨子「すごい……」

千歌「跳んだ!」

梨子「跳んだね……!」

千歌「……あれ? 鞠莉ちゃん、どうしたの?」

鞠莉「え? ああ、カメラ、起動してたの。写真、撮りたくならない?」スマホイジリー

梨子「わかります。あ、こっちに手振ってくれてる……!」

千歌「ホントだ、おーい」テヲフリー
9 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:47:06.59 ID:X45jkod8O
〜〜〜

梨子「三津シーもいいけど、こっちのイルカショーもとっても楽しかったです」

鞠莉「そう言ってもらえると嬉しいわ」

千歌「うんうん、それぞれ違った良さがあるよね――ってそうじゃなくて」

鞠莉「ふふ、じゃあ行きましょう。そろそろ準備も終わったみたいだし。ね、梨子」

梨子「そうですね」

千歌「ほえ?」
10 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:51:21.79 ID:X45jkod8O


千歌「このバスってさ、チカの家の方向だよね?」

鞠莉「そうね」

千歌「じゃあチカの家に行くの?」

梨子「正確には三津浜、かな?」

『ご利用ありがとうございました、シーパラダイス駐車場です』

鞠莉「到着デ−ス」スマホイジリ

千歌「あーあ、結局教えてもらえなかった」
11 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:53:23.40 ID:X45jkod8O
梨子「そうそう。ねえ、千歌ちゃん。最後は自分の目で確かめてみて」

千歌「私の目で……?」

「おーい、千歌ちゃーん! 」

千歌「曜ちゃん?!」

曜「えへへ、迎えに来たのであります」エヘヘ

千歌「迎えにって、すぐそこ……」

千歌ちゃ―ん!
12 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:56:12.06 ID:X45jkod8O
千歌ー!

千歌ちゃん!

千歌「ってうえぇ? 果南ちゃんにダイヤさん、善子ちゃんルビィちゃん花丸ちゃんもなんでみんな三津浜に? それにあれ、バーベキュー?」

曜「それはね! せーの」

8人「「「千歌(ちゃん)(さん)(っち)、誕生日おめでとう!!」」」

(クラッカー)パン、パパパン!!
13 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 03:58:46.00 ID:X45jkod8O
千歌「こ、これって……!?」

果南「あれ? まさか千歌、自分の誕生日忘れてないよね?」

千歌「ううん、そうじゃないんだけど……」

善子「じゃあどうしたのよ?」

千歌「えぇと……ええとね、」

花丸「ずら?」

千歌「――今日、いきなり練習なくなって、みんなに会えなくなって。私、誕生日なのになんか寂しいなって思ってた。そしたら梨子ちゃんと鞠莉ちゃんに会って、連れられてここに来たら、みんながいて――私、幸せ者だ……」ウルウル

梨子「……千歌ちゃん」

千歌「だから、みんな。みんなー! ありがとうーー!!」ニッコリ
14 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 04:00:30.99 ID:X45jkod8O


曜「あ、梨子ちゃん、お肉焼けたみたいだよ」

梨子「ありがとう、じゃあ少し貰おうかしら」

善子「あ、それ私がキープしてたやつ!」

梨子「ええ? そうだったの、じゃあ、」

曜「ふっふっふ、バーベキューとは戦いなのであります」ニシシ

善子「なんですってー」

ルビィ「うわぁ、善子ちゃん、急に走ったりしたら……」アワアワ

果南「あ、こら二人とも、危ないからコンロの周りではしゃがない!」

鞠莉「イエース! 用意した分はまだまだあるんだから♪」

花丸「ご飯のおかわりも沢山あるずら」

ダイヤ「みなさん、お肉ばかりではなく野菜も食べて下さいね」
15 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 04:02:35.62 ID:X45jkod8O
千歌「うんうん。これぞAqours、って感じだ。……でも、どうして急にバーベキューなの?」

ルビィ「本当は今日、練習の後に部室でパーティーする予定だったんだけど――」

ダイヤ「学校が使えなくなってしまいましたから、急きょ他のみなさんと相談した結果、ここでバーベキューをすることになりましたの」

鞠莉「そこで準備が終わるまで千歌っちに見付からないように、って思ったんだけど」チラリ

梨子「だって、鞠莉さん一人だけじゃ不安で……」

千歌「それで二人が果南ちゃんの家にいたんだ。あれ? だったら果南ちゃんは?」

果南「私? 私はほら、これがあるから」コンロユビサシ

千歌「なるほど! さすが果南ちゃん」 
16 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 04:05:45.44 ID:X45jkod8O
〜〜〜

千歌「――それにしても、暑いね〜」

花丸「オラもう、とけちゃいそうずら〜」

果南「いっそのこと海に飛び込んじゃう? なんて」

曜「お、その言葉待ってました! ……えい!」バサッ

千歌「あー曜ちゃん水着じゃん?!」

曜「行くであります!」ダッ

善子「ふふ、ならば我も今こそ真の姿をさらす時――そりゃ!」バサッ

花丸「善子ちゃんもずら」

鞠莉「待ちなさい、マリーも一緒よ!」バサッ

梨子「じゃあ私も……!」

ルビィ「花丸ちゃん、ルビィたちも行こ?」

花丸「りょうかいずら!」

ダイヤ「あぁ、こら服を散らかさない! 待ちなさい!」ダッ

果南「ああ、もうダイヤまで……! ここはどうするのさー」
17 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 04:07:42.55 ID:X45jkod8O
千歌「みんな行っちゃった……」

果南「千歌も行ってきなよ」

千歌「えっ、でもチカ……」

おーい

千歌ちゃーん

冷たくて気持ちいいよ―

早くおいでよー

果南「ほら、みんな呼んでる」

千歌「うん! 」
18 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 04:11:51.55 ID:X45jkod8O
千歌「うおおぉぉぉ」ダッシュッ

ドボンッ!

千歌「うっひゃあ、やっぱり気持ちいいね」

曜「うんうん。って千歌ちゃん?!」

千歌「どーしたの?」

梨子「えぇと、その服の下が……」

千歌「あ、そうだチカ水着着てない!」

ルビィ「だから果南ちゃんとお話してたの?」

鞠莉「オウ、とってもセクシーね!」

千歌「だあああ、チカ着替えてくる!!」ダッ

果南「あぁ、千歌その格好で行くのはまずいって!」

千歌「え? ってうわ」ドテッ
19 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 04:12:57.76 ID:X45jkod8O
こけた?!

千歌ちゃん?!

大丈夫?

ってつめたっ!

わたしも?!

うわ、やったなー!

まてー!

あははっ!

―ドタバタドタバタ……

千歌「――やっぱりやめた! チカもまぜろーー!!」





おわり
20 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 04:25:38.33 ID:X45jkod8O
お読み頂き、ありがとうございました。

改めてですが、高海千歌ちゃん、お誕生日おめでとう!
21 : ◆x8T4S1L9Mw :2018/08/03(金) 04:27:02.05 ID:X45jkod8O
おまけ

梨子「はい、千歌ちゃん。これと私と曜ちゃんからの誕生日プレゼントね」

曜「私たち二人で選んだんだ」

千歌「うわ、水着じゃん! かわいい!」

梨子「そう言ってもらえると嬉しいわ」

曜「色んなお店見て回ったかいがあったね」

千歌「あ、これって……」

曜「どうしたの?」

千歌「えぇとね、よく見たらこの水着、サイズぴったりなんだよね」

梨子「うん」

千歌「なんで二人がチカの水着サイズ知ってるのかな―って」

曜梨子「」




ほんとのおわり
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/03(金) 12:19:41.74 ID:8uQjoUT7O
今日は穂乃果の誕生日ダルぉ?!
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 02:16:19.39 ID:5TzH5ZmM0
10.46 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)