コウイチ「仲間を持つ、ということ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:25:52.91 ID:39nipEd50
お台場 ガンダムベース

ユキオ「」カチャカチャ…

ユキオ「!」

ユキオ「……やったぁ! できたー!」ガタッ

リク「お、とうとう完成したの、ユッキー!」

ユキオ「うん! いやぁ、長かったよ……」ノビー

モモカ「ユキオくん、おつかれさま!」

ナナミ「やー、すごい集中してたねー。おつかれさまー」

ユキオ「ありがとう、皆」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1533302752
2 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:26:56.64 ID:39nipEd50
リク「ねぇねぇ、できたやつはどんな感じ? 見せてよ!」

ユキオ「もっちろん!」

コウイチ「おつかれさま、ユキオくん。僕もいいかな?」

ユキオ「どうぞどうぞ! コウイチさんの感想も聞きたいですから!」

ジェガンブラストマスター「」ドドーン

リク「おー!」

モモカ「なんかすごい! 背中が!」

コウイチ「へぇ……これはまた…ずいぶんと武器を詰め込んだんだね?」

ユキオ「こないだのミッションで気付いたんです。今の僕じゃ、ビームマスターだと攻撃をかいくぐられることもあるって。だから――」

コウイチ「近付かれる前に全部落とせるだけの広範囲の火力を、ってことか。いいコンセプトだね」
3 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:28:29.52 ID:39nipEd50
リク「早く試してみようよ、ユッキー!」

ユキオ「もちろん! さっそく行こう!」

モモカ「よーししゅっぱーつ! って、コウイチさんは?」

コウイチ「や、僕はまだ仕事あるし。三人で行っておいで」

リク「そうですか? それじゃあ、失礼します!」

コウイチ「はは、行ってらっしゃい」
4 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:29:53.64 ID:39nipEd50
ワイワイ…

コウイチ「……元気だなぁ。あれだけの改造やった後に、休みなしで試しだなんて。これも」

ナナミ「若さかぁ、なんて言うのはやめなよって、言ったでしょー?」

コウイチ「いや、でもなぁ」

ナナミ「まったくもう。なんでそんな枯れてるかなぁ。お兄ちゃん、まだまだ若いって。せっかくなんだから、リクくんたちを少しは見習ったら?」

コウイチ「悪かったな。どうせ枯れてるよ…」


リク『』ニコニコ

ユキオ『』ニコニコ

モモカ『』ニコニコ

アヤ『』ニコリ

サラ『』ニコニコ


コウイチ(……そうだよな、皆、楽しそうで何より、だよなぁ)フッ
5 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:30:39.31 ID:39nipEd50



コウイチ『ツカサ! できたぞ、こないだ言ってた例のやつ!』

ツカサ『お、マジか! それじゃあ、さっそく…』

コウイチ・ツカサ『試してみるか!』

コウイチ『』ニコリ

ツカサ『』ニッ


コウイチ『お前が黒幕…!? どうして、なんでそんなことを!』

ツカサ『時代に取り残された者の末路ってやつさ……』

コウイチ『そんなことしたって、どうにもならないじゃないか! 俺たち、過去にはもう――』

ツカサ『俺はお前みたいにだんまりを決め込んだりしねぇ! 闘うさ…闘うに決まってんだろ!』

コウイチ『ツカサッ!』



コウイチ「……」フー

ナナミ「なんでため息ついてるの?」

コウイチ「いや、別に。ほら、お前も仕事仕事」

ナナミ「はいはい。そっちもねー」スタスタ…

ナナミ「」チラッ

コウイチ「……」ハァ

ナナミ「……」フム…
6 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:32:09.30 ID:39nipEd50



リク「へ? コウイチさんが?」

ナナミ「なーんか最近やたらとため息ついててさ。気のせいかいつもよりも考え事してる時間増えてる気がするし」

ユキオ「それで、何か心当たりを?」

ナナミ「うん。リアルの方は見た感じ変わったことなさそうだったし。あるとしたらGBNの方かなーって」

モモカ「うーん…って言っても、別に向こうでもあんま変わんないよーな…」

アヤ「何かあった、って感じはしないですね」

リク「いつも通り、ただバトルとかミッションで指揮してもらったり、作戦とか立ててもらってる以外、何もなかったと思いますけど…」ウーン

ナナミ「うーん…そっかぁ、じゃあ気のせいかな」
7 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:33:39.39 ID:39nipEd50
ユキオ「でも、妹のナナミさんが気になるってことは、仲間の僕たちじゃ気付けないようなことで本当に悩んでるのかもしれませんよ?」

モモカ「コウイチさんが悩み…何だろ?」

アヤ「ガンプラ関係で何か問題でもあったりとか…」

ナナミ「お店の方じゃふつーに問題なく働いてるけどねぇ。お客さんとトラブルとかもないし」

リク「じゃあやっぱりGBNの方なのかもしれませんね。他の人たちにも聞いてみましょうか?」

ナナミ「や、そこまでしてもらわなくてもいいよ? どうせお兄ちゃんのことだから、しょうもないことだろうし」

リク「それこそ分からないじゃないですか。俺たち、コウイチさんの仲間だし、何かあったならできることしたいですよ」

ユキオ「いつもいつも、ミッションとかバトルのためにいろいろ準備してもらってますし」

モモカ「たまにはこっちが助けてあげなきゃ!」

タタタッ…
8 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:34:36.23 ID:39nipEd50
アヤ「……えーっと、そういうことみたいです。私も、手伝ってきますね。ちょっと、気になりますし」

ナナミ「ええっと、変に早とちりとかしないように見てあげてね? それと、ありがと」ニコリ

アヤ「いえいえ。いつも、皆お世話になってますから、コウイチさんには」ニコリ

タタッ…

ナナミ「……慕われてるんだねぇ、お兄ちゃん」フーン

コウイチ「今のリクくんたちか?」スッ

ナナミ「へ!? あっ、えっと、うん。ちょっとお話してたの、ええと…そう! ほら、例の新しいフォースネストのこと! 私も行きたいなぁ、って」

コウイチ「ふぅん……」
9 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:35:36.20 ID:39nipEd50
GBN ロビー

リク「さて、と。誰に聞いてみようか?」

ユッキー「ここでコウイチさんに関係ありそうな人というと…」

モモ「シャフリさんとか?」

アヤメ「あとは…マギーとかかしら。よく絡まれてるわよね、コウイチさん」

リク「じゃあ別れて聞いてこようか。俺とユッキーがマギーさんのところに…」

モモ「じゃあ私とアヤメさんでシャフリさんのところに行くね!」

ユッキー「それじゃあ、後でここにまた集合しよう!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/03(金) 22:35:53.02 ID:XgcMIiEH0
どうでもいいけど、コウイチって東方の霖之助に似ているよね
見た目とか枯れている所とか
11 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:36:41.65 ID:39nipEd50
GBN カフェエリア

マギー「こんにちは、二人とも、元気してたかしら!」ギュー

リク「あ、あはは。まぁ、それなりに」

ユッキー「マギーさん、苦しいですって…」

マギー「あらやだ。ごめんなさい。それで、聞きたいことって?」

リク「実は……」


マギー「まぁ、コーちゃんが!?」

リク(コーちゃん…)「ええっと、そうなんです。何か知りませんか。マギーさん、よくコーイチさんに話しかけるって聞いたから」

マギー「うーん…そうねぇ。……いえ、何もないわねぇ。いつもいつも、コーちゃん、何かと照れて逃げちゃうし」

ユッキー「(照れてるわけじゃないと思いますけど…)」

リク「(ユッキー!)」
12 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:40:59.52 ID:39nipEd50
マギー「それにしても悩みねぇ…もしかして……」

リク「? もしかして?」

マギー「それって、恋の悩みじゃないかしらッ!?」

リク・ユッキー「ええーっ!?」

リク「コーイチさんが…」フーム

ユッキー「恋……」ウーン


女性プレイヤー『あの、ケイワンさんですよね! あのシャフリヤールと並ぶビルダーだって最近噂の…私、ファンなんです! スクショ一緒にお願いできますか?』

コーイチ『へ!? え、えっと、あの…ええっと……』シドロモドロ

リク『? コーイチさん、なんであんなに慌ててるんだろ?』

ユッキー『さぁ?』

アヤメ『……放っておいてあげなさい。その、慣れてないのよ、たぶん。女の人に』


リク「うーん…」

ユッキー「なんか違うような…」
13 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:44:04.03 ID:39nipEd50
マギー「あらそう。でも、悩みなんて本人に聞いてみなきゃ分からないわよ?」

リク「本人に…」

マギー「情報をたどったり推測したりしたって、結局は直接聞くことには敵わないものよ。はっきりぶっちゃけちゃいなさい。相手に遠慮なんて、することないわ。遠慮せずに気持ちをぶつけ合う、それが仲間ってものなのよ。お姉さんからは、アドバイスできるとしたらそれくらいね」

ユッキー「確かに……」

リク「……ありがとうございました、マギーさん」

マギー「いーえ。気にしないでちょうだい。あっ、そうだ」

リク「はい?」

マギー「コーちゃん、本当に何か悩んでるようなら私のところに連れてらっしゃい。たっぷり相談に乗って、ア・ゲ・ル」

ユッキー「ええっと…」

リク「か、考えておきます…」ア、アハハ…
14 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:45:01.58 ID:39nipEd50
GBN ペリシア

シャフリヤール「それで? ケイワンがどうかしたのかい?」

モモ「ええっと、最近何か悩んでるみたいで…心当たりとかありませんか?」

シャフリヤール「彼がかい? いや、知らないなぁ」

アヤメ「そう…」

シャフリヤール「大方ガンプラのことだろう。彼は根っからのビルダーだし。深刻に悩むとすればそれくらいしか、同じビルダーとして、私には考えつかないよ」

モモ「うーん…そうなのかなぁ」

シャフリヤール「あいにくだが、それ以上は知らないよ。私が知っているのは、ケイワンとしての彼だしね。コーイチとしての彼なら、君たちの方が詳しいんじゃない?」

モモ「う、確かに…」
15 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:47:03.09 ID:39nipEd50
タイガーウルフ「っつーかよぉ、面と向かってぶちまければいいじゃねーか。なーに悩んでんだ、ってよ。あいつ、どう見たって自分から言うタイプじゃねーし、そういうやつは我慢して黙ってばっかだからよ、はっきり聞いてやった方がいいってもんだぜ?」

シャフリヤール「聞かれているのは私であって、君じゃない。というか、何故こんなところにいる」

タイガーウルフ「うるせぇ。弟子の一人が何やら聞き込みしてるなんて聞いちゃ、気になるに決まってんだろ」

シャフリヤール「…ふぅ。まぁいい、とにかく。気になるなら直接聞いてみたらいい。そこの脳筋と同じ意見なのは癪だが、仲間なのだろう? 遠慮をすることもないさ」

タイガーウルフ「んだとこの野郎! ……まぁ、いい。モモ、あんまうじうじしてるようならウチのフォースネストに連れてこいよ。気合入れなおしてやる」

モモ「うん、ありがと! シャフリさん、タイガーくん!」

アヤメ「それじゃあ、私たちは失礼するわ」

スタスタ…

シャフリヤール「ふっ、ケイワンも羨ましいものだね。彼らからあれだけ心配されて」

タイガーウルフ「ま、当然だがな。……俺の弟子はいいやつらだからな」

シャフリヤール「はっはっは。…面白いことを言うな、彼らは私の弟子だ」

タイガーウルフ「あん? 何を寝ぼけたこと言ってんだおめーは。決着つけるか?」

シャフリヤール「はっ、その思い上がった頭に、ようく思い知らせてやろうじゃないか。どちらが上なのかを」ギラリ

タイガーウルフ「上等!」バチバチ
16 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:50:41.35 ID:39nipEd50
GBN ロビー

リク「えっと、それじゃあ、聞いてきた意見を統合すると…」

ユッキー「コウイチさんはガンプラに悩んでて…」

モモ「恋に悩んでる…」

アヤメ「……」フー

リク「明らかなため息つかないでくださいよ、アヤメさん」

アヤメ「ため息をつきたくもなるわ。バカバカしすぎて。あのコウイチさんよ? あるわけないでしょそんなこと」

ユッキー「うーん…否定できないですねぇ」

モモ「……あのさ、やっぱ、面と向かって聞いてみない? タイガーくんたちにも言われたんだけど、仲間なんだし、遠慮しなくてもいいんじゃないかな」

リク「…そうだね。マギーさんにも言われたよ、それ。仲間だから、正面から話せって」

アヤメ「……まぁ、変に勘ぐるよりはいいんじゃないかしら。確実性があって。あの人、自分から話そうとはしないでしょうし」

リク「うん、それじゃあ――」

ユッキー「あ、りっくん。時間だよ」

リク「っと、そっか。じゃあ、抜けようか。それから、コウイチさんに聞いてみよう」
17 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:51:32.76 ID:39nipEd50
サラ「――リク?」

リク「あ、サラ」

サラ「今来たけど…今日は、もう終わり?」

モモ「うー…ごめんね、サラちゃん。また明日遊ぼ、ね、ね!」

サラ「うん。それはいいけど…コーイチ、どうかしたの?」

ユッキー「なんか悩んでるっぽいって話でね、皆でいろいろ聞きまわってたんだ」

リク「あ、そうだ。サラはコーイチさんのこと、何か知らない?」

サラ「……うーん」ウーン

アヤメ「…分からないなら、それでいいのよ? 本人に聞いてみるつもりだし」

サラ「そう? …ごめんね」

リク「いいよ、謝らなくて。それじゃあサラ! また明日ね!」

ユッキー「じゃあね!」

モモ「バイバイ、サラちゃん! また明日ー!」

アヤメ「…さようなら」

『リク ユッキー モモ アヤメ がログアウトしました』

サラ「……」フム
18 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:53:07.17 ID:39nipEd50
お台場 ガンダムベース

リク「コウイチさーん! …って、あれ?」

ナナミ「お兄ちゃんなら、今日はもう仕事終わりだよ? たまには早めに帰してあげないとね。私も、もう今日は帰るし」

リク「そうですか…どうしよう?」

ユッキー「さすがに今から家まで聞きにいくわけにはいかないよ。遅くなっちゃうし」

モモカ「明日来たときに聞こうよ」

アヤ「そうね、それがいいと思うわ」

ナナミ「何々? なんか分かったの?」

リク「いえ、何も分からなかったから。直接本人に聞こうと思って。仲間だし、遠慮なんかすることないって、教えてもらったんです」

ナナミ「うーん…そっかぁ。仲間…うん、そうだよね。それじゃあ、お願いしてもいい? こんなこと、本当は家族として私が聞いてあげるべきことなんだろうけど。リクくんたちの方が、たぶん話しやすいだろうから」

リク「はい。任せてください!」ニコリ
19 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:56:42.06 ID:39nipEd50
夜 コウイチの自宅

コウイチ「……」ジッ

コウイチとツカサ、昔の仲間たちの写真「」ニコリ

コウイチ(……昔は、あんなに単純だったのにな。どうして、こんなことになったんだろう。ただ、俺は仲間と、友達とガンプラバトルがしたかっただけなのに)


リク『ユッキー!』

ユキオ『りっくん!』


コウイチ(……リクくんたちが、羨ましいな)ハァ

コウイチ(…っと、そうだ。今日は時間あるし、たまにはランク上げしておこうかな)ガサゴソ
20 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 22:59:55.45 ID:39nipEd50
GBN ロビー

コーイチ「さて、と。何からやろうか――ん?」

サラ「こんにちは、コーイチ」クイクイ

コーイチ「え、っと。サラちゃん? どうしたの? …服引っ張るのは、やめてくれると助かるんだけど…」ハハ…

サラ「何か悩んでるの?」

コーイチ「へ?」



コーイチ「リクくんたちがそんなことを……」

サラ「うん。コーイチ、最近悩んでるみたいだ、って」

コーイチ(ナナミだな、さては…)

サラ「コーイチ、悩みがあるなら話してみて?」

コーイチ「ええっと…いや、あの、悩みなんて、ないよ? というか、仮に悩んでても、わざわざ聞いてもらうことないよ? その、聞かされても迷惑だろうと思うし」

サラ「ううん。仲間だから、遠慮なんかしちゃダメなんだって。リクたち、言ってたよ?」
21 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 23:01:41.98 ID:39nipEd50
コーイチ「遠慮…ってわけじゃ……」

サラ「ウソ」

コーイチ「え?」

サラ「コーイチ、何か後ろめたく思ってる。自分の悩み、何か、悪いことだって思ってる。そんな感じがするの」

コーイチ「……」


コウイチ『ごめんリクくん! 僕の友達が君のガンプラを…』

リク『大丈夫ですよ、気にしないでください』ニコリ


コーイチ「……バレバレ、か」

サラ「うん。だってコーイチ、すごく辛そうだから。サラには分かるよ、何となくだけど」

コーイチ「…昔、友達がいたんだ。一緒にガンプラバトルして、楽しく遊んできたやつなんだけど」

サラ「うん」

コーイチ「そいつとこないだ、ケンカ別れしちゃって。あのとき、僕はどうすればよかったんだろうな、って。考えちゃうんだ。もう遅いことだけど。元に戻せないのかな、って。つい考えてしまうんだよ」
22 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 23:07:57.60 ID:39nipEd50
サラ「…コーイチはどう思う?」

コーイチ「どう、って…」

サラ「その人と、仲直りできないと思う? もう一緒に、楽しくガンプラバトルできないと、思う?」

コーイチ「それは…」

サラ「その人は、今もガンプラバトル、好き? ガンプラ、大好き?」


コウイチ『ツカサ!』

ツカサ『コウイチ! やれるぞ、全国大会、俺たちで優勝だ!』



ツカサ『闘うさ! …闘うに決まってんだろ!』

コウイチ『……なら、なんでお前は、泣いてるんだ?』
23 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 23:09:37.02 ID:39nipEd50
コーイチ「………大好きだよ、たぶん。何となく、分かるんだ。あいつは、誰よりもガンプラバトルが、ガンプラが大好きだったから。でも、その気持ちのせいで、あいつはたくさんの人を傷つけた」

サラ「だから、仲直りできない?」

コーイチ「……どうだろう、分からない。あいつの気持ちも分かるし、もしかしたら、僕も何か間違えたら同じことをしていたかもしれない。非難しきれないんだ。でも、やっぱりあいつのしたことは――」

サラ「コーイチ。友達って、そんなに難しいもの?」

コーイチ「……」

サラ「サラは、モモちーが大好き。だから、友達になったの。他に理由なんてないよ? リクもユッキーもアヤメもコーイチも、大好きだから」

サラ「あの人、苦しんでた。サラには分かるの。だから、助けてあげて。コーイチが、友達だって思うなら」

コーイチ「僕は…」

サラ「あの人のこと、嫌い?」

コーイチ「……ううん。そんなことないよ。あいつは、僕の友達だった。いつもいつも、楽しい時間を一緒に過ごしてきたんだ。……そうだね、僕は、あいつともう一度、遊びたい」

サラ「それじゃあ、もう一回友達になろう? 大丈夫、あの人がまだ、ガンプラが好きだって、そう思えるなら」

コーイチ「うん。……はは、僕は、なんでこんな簡単なことが分からなかったんだろう」
24 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 23:13:40.57 ID:39nipEd50
サラ「……もう、大丈夫?」

コーイチ「ああ、大丈夫。…ありがとう、サラちゃん。また、君に気付かせてもらったよ。大切なことを」

サラ「ううん。気付いたのはコーイチ自身だから。気にしないで、仲間でしょ?」

コーイチ「うん。…リクくんたち、心配してた?」

サラ「うん」

コーイチ「そっか。謝らないとな。心配かけちゃって」

サラ「謝ったら、たぶん皆怒るよ?」

コーイチ「え?」

サラ「仲間だもん。心配するのは当たり前でしょ?」

コーイチ「…そっか、ごめん。仲間だったね、僕たち」

サラ「うん。だから、コーイチは――」

コーイチ「お礼を言わなくちゃ、ね」

サラ「」ニコリ

コーイチ「」ニコリ
25 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 23:16:26.49 ID:39nipEd50
翌日 お台場 ガンダムベース

リク「こんにちはー!」

ユキオ「こんにちは!」

モモカ「ナナミさん、コウイチさん、こんにちはーっ!」

アヤ「こんにちは」

ナナミ「いらっしゃーい」

コウイチ「いらっしゃい、皆」

リク「あ、コウイチさん! 俺たち聞きたいことが…!」

コウイチ「あぁ……。えっと…ありがとうね、リクくん、皆」

リク「へ?」
26 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 23:20:05.07 ID:39nipEd50
コウイチ「昨日サラちゃんに聞いたよ。心配かけたんだってね。ありがとう、心配してくれて」

リク「サラから?」

コウイチ「うん。いろいろ話したおかげで、すっきりできたよ。もう気にしなくていいからね。ありがとう、リクくんたちがいてくれてよかった」ニコリ

リク「そうですか…解決したなら、よかったです!」ニコリ

ユキオ「(え、いいのりっくん? 何に悩んでたのか聞かなくて)」コソコソ

モモカ「(ナナミさんも、いいんですか?)」コソコソ

ナナミ「(まぁ、本人がもういいならいいかなーって。お兄ちゃんも、別に子供じゃないし)」コソコソ

アヤ「(…それもそうですね、確かに。コウイチさん、だいぶすっきりした顔してるし。大丈夫じゃないかな)」コソコソ

リク「(サラがいろいろ話してくれたなら、大丈夫だよ、きっと)」コソコソ

モモカ「(んー…まぁ、皆がそう言うなら、いっか。コウイチさんなら、大丈夫だよね、たぶん)」コソコソ

コウイチ「? どうかした、皆?」

リク「いえ、何も! 今日もよろしくお願いします、コウイチさん!」

ユキオ・モモカ「よろしくお願いしまーす!」

アヤ「よろしくお願いします」

コウイチ「…うん。よろしく、皆!」

ナナミ「……ふふっ」
27 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 23:29:04.63 ID:39nipEd50
GBN ロビー

マギー「コーちゃーん! 悩みがあるならお姉さんに話してみなーい?」タタタッ

コーイチ「だ、大丈夫ですからーっ!」ダダッ

リク「あー…」

ユッキー「……どうしようか、あれ」

モモ「まー、いいんじゃない。大丈夫だよ、たぶん」

アヤメ「…さすがにかわいそうなような……」

サラ「…ふふっ」ニコリ

コーイチ「笑ってないで助けてーっ!」

シャフリヤール「一つの愛だね、あれは」フッ

タイガーウルフ「愛ねぇ…」

マギー「コーちゃーん!」

コーイチ「勘弁してくださーい!」
28 : ◆jZl6E5/9IU [sage saga]:2018/08/03(金) 23:33:43.45 ID:39nipEd50
以上 また勢いだけの話でした 正直シバさんにはもう尺は割かせられないだろうけれどこういう因縁の関係好きなので
今週はかなりユッキー回で満足 次は水着回とタイガー回だそうで楽しみです
読んでくれる人がいればありがとう
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/04(土) 14:59:55.60 ID:mRsDIII/O

悲報
クソまとめサイトあやめ速報、あやめ2nd
創作活動への冒涜続行


・SSちゃおラジシリーズの盗作が発覚
作者も自白済み


・各まとめサイトにちゃおラジの盗作が伝えられる
真っ当なまとめサイトはちゃおラジシリーズを削除


・まとめサイトあやめ2ndはちゃおラジの削除を拒否
独自の調査により盗作に当たらないと表明


・あやめ2ndが荒れる
あやめ管理人は盗作だというちゃんとした証拠をもってこいと言う


・かと思いきやあやめ管理人、盗作に当たらない発言も証拠を求めた発言も寄せられたコメントもなにもかも削除
全部もみ消してなかったことにする気かとあやめ2ndもっと荒れる


・あやめ2nd、ちゃおラジシリーズは盗作ではないがこのままではサイト運営に不都合なためと削除


・後日あやめ2nd、ちゃおラジが盗作ではない独自の理論を公開
ちゃおラジシリーズ再掲載


・あやめ2nd、多数のバッシングにあい数時間後ちゃおラジシリーズ全削除
自らの非を全て認める謝罪記事を掲載


・謝罪記事掲載から5日後、あやめ2nd謝罪記事削除
サイトは謝罪時から通常通りの運行だった
またもみ消して逃げるのかと荒れる


・あやめ2ndに迷惑だから釈明するなり謝罪するなりしろとの訴えが出される


・あやめ管理人釈明なし
責任を逃れ私欲に走る

この間、あれだけちゃおラジへのコメントを削除したにも関わらず以下のようなコメントの掲載を承認
ダブルスタンダードは健在
http://ayamevip.com/archives/52295361.html#comments


ご意見はこちらまで
ayamevip@gmail.com


あやめ管理人は謝罪記事の再掲載を行え

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 18:19:57.00 ID:uCOGTWbn0

ツカサは何かのラストバトルで復活ワンチャンあると思ってる
23.00 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)