【アイマス】P「キチガイゲージ解放!!」春香「!?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:06:04.09 ID:tb3rA4eXo
すまない、スレタイ詐欺なんだ

色々とガバガバで駄文だけどそれでも良い人は↓にスクロールして読んでくれ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1533733563
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:09:53.11 ID:tb3rA4eXo
P「春香ぁぁぁぁぁあああ! ああぁぁ、可愛いよ春香っ!」

P「他の皆に比べたら個性で劣るかもしれないけどそこも可愛いよいよおおおぉぉぉぁぁあああ!!」

P「あの天真爛漫な笑顔とポジティブ思考は反則だろっ! 可愛すぎるんだよ! あああああ!!」

春香「」

春香「あ、あの……プロデューサーさ」

P「!! 春香、いたのか! 甘えさせてくれぇぇぇ!!」

春香「な、何があったのか分かりませんけどクッキー食べます? 思わずたくさん焼いてきちゃったんで……」ヨシヨシ

P「食べりゅうううう!!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:10:48.78 ID:tb3rA4eXo
〜数分後〜


P「すまなかった春香。いきなり……」サクサク

春香「いえ……あの、どうかしたんですか? 私、プロデューサーさんの力になれるなら……」

P「いや、なんでもないんだ。普段は家でやるんだが抑えきれなくてな。事務所でやってしまっただけだ」

春香「そうですか……。疲れたら言って下さいね? 力になれるか分かりませんけどお菓子たくさん作ってきますから!」

P「悪いな、春香。頼むよ」

春香「はいっ!」

春香(それに、ああいうプロデューサーさんも可愛かったし……)

P「幸せ者だなぁ、俺は」サクサク

P(母性って女性には結構大切かもな……。甘えるってのは思ってた以上に気分が良いぞ)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/08(水) 22:12:04.31 ID:+ywkL3Rz0
P「幸せ者ぁぁぁぁぁあああ! ああぁぁ、可愛いよ幸せ者っ!」

P「可愛いよいよおおおぉぉぉぁぁあああ!!」

P「あの幸せ者な笑顔と幸せ者思考は反則だろっ! 可愛すぎるんだよ! あああああ!!」

春香「幸せ者」

春香「あ、あの……プロデューサーさ」

P「!!幸せ者、いたのか! 甘えさせてくれぇぇぇ!!」

春香「な、何があったのか分かりませんけどクッキー食べます? 思わずたくさん焼いてきちゃったんで……」ヨシヨシ

P「幸せ者べりゅうううう!!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:13:04.92 ID:tb3rA4eXo
〜数日後〜


P「ふぅむ……、千早の売り出し方でこの番組はキツイかもな。ここはやはりあずささんかやよい、春香辺りを……」ブツブツ

P「いや、それでは成長に繋がらない。一度本人に聞いておくべきか? こういう番組に出演するのも今後のためと考えたら悪くない……」

ガチャ

千早「おはようございます、プロデューサー」

P「おっ、良いところに来たな千早」

千早「はい?」

P「いや、とある番組から765プロにオファーが来ててな。俺的には千早を出したいと思ってるんだけど」

千早「はぁ。どんな内容の番組なんですか?」

P「最近ゴールデンに昇格した番組でな。『家族になろうよ 〜一日お母さん体験〜』っていうんだけど」

千早「あぁ、知ってます。女性芸能人が毎度違うお宅に訪問して一日だけお母さんを務めるという……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:14:44.21 ID:tb3rA4eXo
千早「しかし、何故私なんですか? あずささんや高槻さん、春香みたいに他に適任はいるでしょうに」

P「いや、なんと言うかそれじゃ面白味に欠けるというか……。それに、俺は千早だからこそと思ってるんだよ」

千早「私だからこそ……?」

P「765プロのアイドルの中でも千早には絶望的に足りないものがある」

千早「足りないもの……くっ!」

P「違う違う。千早に足りないもの、それは母性だよ」

千早「母性……」

千早「しかし、こう言ってはなんですが、母性が足りない人など私以外にも……水瀬さんや亜美・真美はどうですか?」

P「伊織はやよいの家に行った時に意外とお姉ちゃんしてたぞ」

P「亜美真美は最年少だしまだお母さん役にはなれないんじゃないかな。やよいみたいに特別な環境で育った訳でもないしな」

千早「なるほど……」

千早「分かりました。この仕事引き受けさせてください」

P「千早……! よし、それじゃあ早速企画さんに伝えてくるよ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:16:12.01 ID:tb3rA4eXo
〜撮影から数日後〜


小鳥「今日は千早ちゃんの出演した『家族になろうよ』オンエアーの日ですね!」

P「そうですね。それにしても……」

春香「千早ちゃんがお母さんしてるところ楽しみだな〜」

亜美「想像できないよね→」

真美「ね→」

美希「ミキ的には千早さんの意外なところが見れそうで楽しみだなー」

響「自分もあの番組出てみたかったぞ〜!」

真「普段からハム蔵たちのお世話してるし、もうお母さんみたいなものじゃないかな?」

響「そ、そうか? 真にそういうこと言われると照れるぞ///」

あずさ「お母さん……私も体験してみたかったわ〜」

貴音「三浦あずさ、あなたならきっと機会は巡ってきますよ」

雪歩「私はまだ早いかな……お母さん」

伊織「庶民のお母さんってどんな感じなのかしら……」

やよい「うっうー! この番組好きなので楽しみですぅー!」

千早「これはなんの公開処刑ですか……。皆で観るなんて聞いてない……」ブツブツ

P「よく全員揃いましたね……」

律子「午前だけ仕事の子が多かったですから。早めに終わらせてきたって子もいますけど」

響「自分、今日はオフだったぞー!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:17:00.38 ID:tb3rA4eXo
社長「いやー、全員揃うなんて久しぶりだね。折角だしこの機会を楽しもうじゃないか! ハッハッハッ」

小鳥「みんな静かに! 始まりますよ」

ナレ『なんと今回如月千早が送り込まれたお宅は男の子七人、女の子三人を抱える大家族!』

ナレ『いきなりハードルの高いご家庭だが、果たして彼女は立派なお母さんになれたのか!』

響「えぇ!? 大丈夫だったのか?」

やよい「お子さんが10人って……私の家より多いですねぇ……」

千早「だから大変だったのよ……」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:18:21.51 ID:tb3rA4eXo
ナレ『何やら騒がしいぞ? おぉっと、早速兄弟喧嘩だぁーっ!』

次女『なんで勝手にゴージャスセレブプリン食べてんのよ!』

五男『冷蔵庫の目立つ所に置いてあったから、かな?』

六男『プリンあったのか!? なんで教えてくれないんだー!』

次女『楽しみに取っておいたのに……!』

長男『ほらほらそんなに騒がしくしちゃ駄目だろ? 今日は如月さんも来てるんだし』

次女『うるさい! ニートは黙ってて!』

長男『なっ! 俺はニートじゃなくてブログ管理人と何度言ったら……』

子どもたち『ギャーギャー!!』

ナレ『さぁ、この兄弟喧嘩を如月千早はどのように収めるのかっ!? 気になる方法はCMの後!』
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:19:23.32 ID:tb3rA4eXo
P「長男えぇ……」

真「なんというか、色々問題がありそうなご家族ですね……!」

美希「千早さんのことだから歌で収めちゃいそうなのー」

千早「ギクッ」

亜美「なんかこの兄弟亜美たちに似てな→い?」

律子「確かに。次女なんて伊織そのものね」

伊織「私、あんな感じなの!?」

ナレ『さぁ、序盤にして迎えた修羅場! 如月千早、一体どう収めるのか!』

千早『泣くことならたやすいけれど〜♪』

長男『!!』

次女『この歌声……』

千早『群れを離れた鳥のように〜♪』

五男『綺麗……』

六男『すげぇー……』

千早『蒼い鳥〜♪』

次女『もうプリンなんてどうでも良くなってきたわ……』

五男『姉ちゃん、ごめん……』

次女『良いのよ。私こそ小さいことで怒ってごめんね?』

千早・子どもたち『窓から見る光る海より〜♪』
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:20:26.61 ID:tb3rA4eXo
春香「え、えぇ……?」

美希「なんか強引なの……」

伊織「台本でも用意されてるの?」

千早「いえ……そんな事はないけれど」

P「まさかずっとこの調子で……」

千早「ギクッ」


そして、その後も……


次男『三女が部屋でサッカーして婆ちゃんの仏壇壊した!』

千早『ねえ今 見つめているよ〜♪』

子どもたち『歩こう 果てない道〜♪』
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:20:58.38 ID:tb3rA4eXo
男『長女さん、結婚して下さい!』

長女『はい……喜んで!』

千早『目と目が逢う瞬間好きだと気付いた〜♪』

子どもたち『あなたは今どんな気持ちでいるの〜♪』


父『四男のサッカーの試合の応援に行ってくれないか!』

千早『風は天を翔けてく〜♪』

子どもたち『遥かな空を舞うそよ風〜♪』

四男『翔べ 海よりも激しく〜♪』ゴォォォーーール!!!
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:22:00.49 ID:tb3rA4eXo
〜放送終了後〜


765プロ「「「「「これはひどい」」」」」

P「ち、千早……今回の収録で何か得られたものは……」

千早「ないです。ないに決まってます」ズーン

P「は、ははは。そうか……」

やよい「で、でも歌でなんでも解決しちゃう千早さんはかっこよかったですぅー!」

あずさ「そ、そうよね。普通はできない事よね!」

千早「今はその励ましの言葉さえ私を傷つける……良いわねこのフレーズ」

小鳥「ピヨヨッー! 案の定ネットの反響が酷いことになってますー!」

P「しばらく忙しくなりそうだ……」


結局千早の母性が育まれることはなかったとさ
めでたしめでたし
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/08(水) 22:23:37.78 ID:tb3rA4eXo
うーんこの駄SS

一応別に構想あるけど需要ありますかね。書き溜めてないんで遅くなりますけど
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/09(木) 06:32:25.91 ID:DFdU8gWto
駄SSだと自分で思ってるような奴の書いたもの追加で読みたいと思わないし
プロでもないのに需要から聞くような奴の構想にも大して期待できない
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/09(木) 14:40:48.19 ID:AaSb7wvCO
母性なら真にはないだろ
母性さえ勘違いしていつものアレがでそう
千早は母性あると思うがね、ああみえて面倒見もいいし
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/09(木) 16:00:10.28 ID:MJEB+Rteo
それじゃあ終わり!閉廷!

HTML申請してきますが一切の転載を禁止します
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/09(木) 22:00:12.42 ID:QUL8NSCFo
キチガイゲージかんけいないじゃん!
おつ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/09(木) 22:51:21.68 ID:4ljae76MO
>>17
そりゃこんな糞つまらんのまとめられたらフルボッコなるもんな
10.57 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)