ロボットくん/すていないと

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/14(火) 22:30:34.60 ID:NMclZV9GO
ロボットくんというのは名前です

その名のとおりかれは体がきかいでできているのです
ぎんいろのブロックをふたつくっつけて、そこに手足がはえただけのかんたんなつくりなのですが、あるとくしゅな技術によってまわりからはキチンとしたニンゲンに見えているのです

だからロボットくんは人間たちのなかにまぎれてせいかつできました
ロボットくんはまいにち決まったじかんにおきて、決まったにっかをこなし、よくものぞみもなくひたすらひとだすけの日々を送ります



「ロボットくん 。 ストーブがこわれたからなおしてくれないかい?」
「わかったよぼくにまかせて」

「ロボットくん。ぼくのかわりにこれやっといて」
「わかったよぼくにまかせて」

「おいロボット、そうじやっておけよ」
「わかったよぼくにまかせて」






「ロボットさんおねがいしますあの子をたすけてください。 あの子はわたしのたからなんです」
「わかったよぼくにまかせて」

「ロボットさんおねがいしますこのむらをたすけてください。 あなたにはなにもかえせるものがありませんが、わたしたちはしにたくないのです」
「わかったよぼくにまかせて」

「ロボットさんおねがいしますあいつを殺してください。 あいつのせいでわたしたちはこんなせいかつをしいられているのです」
「わかったよぼくにまかせて」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534253434
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/14(火) 22:56:24.92 ID:NMclZV9GO
ある日、ひとだすけの日々をおくるロボットくんにこんなことをきくひとがいました



「どうしてあなたはひとだすけをするのですか?」
「ボクをつくったハカセからそのように祈りをたくされました。 ハカセは正義の味方になりたかったのです」

「じゃああなたは、べつにひとだすけがしたくてやっているわけではないのですね」
「よくわかりませんそれはどういうイミですか」

「じぶんをすくうためにだれかをすくっているわけではないのですか」
「フム、だれかをすくうことがジブンをすくうことにつながるというのはざんしんなしてんだなぁ。
でも、ちがうとおもいます。 ただ、そのようにからだがうごくのです。 そのようにつくられたのです」

「それっておかしいです」
「おかしいですか?」
「はいおかしいです」




「でも―――
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/14(火) 22:57:25.78 ID:NMclZV9GO
>>2訂正します
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/14(火) 22:57:53.46 ID:NMclZV9GO
ある日、ひとだすけの日々をおくるロボットくんにこんなことをきくひとがいました



「どうしてあなたはひとだすけをするのですか?」
「ボクをつくったハカセからそのように祈りをたくされました。 ハカセは正義の味方になりたかったのです」

「じゃああなたは、べつにひとだすけがしたくてやっているわけではないのですね」
「よくわかりませんそれはどういうイミですか」

「じぶんをすくうためにだれかをすくっているわけではないのですか」
「フム、だれかをすくうことがジブンをすくうことにつながるというのはざんしんなしてんだなぁ。
でも、ちがうとおもいます。 ただ、そのようにからだがうごくのです。 そのようにつくられたのです」

「それっておかしいです」
「おかしいですか?」
「はいおかしいです」




「でも――― こういうふうにしか生きられないのです」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/14(火) 23:04:09.34 ID:NMclZV9GO
ロボットくんはじぶんをかえりみることがありません
いつでもだれかを助けることがさいゆうせんなので、しょっちゅううでやらあしやらがけいきよくとんでいきます

そのたびにだれかが泣いて、ロボットくんはおろおろしながらまとはずれなことばかりいうのです


「泣かないでください。 こわいものをおみせしました。 でもだいじょうぶです。 すぐなおります。 がんじょうだけがとりえなのです」
「ちがいますちがいます」

「ではどうして泣くのですか」
「あなたがジブンをたいせつにしないからです」

「だってそれではひとだすけになりません」
「ひとよりさきに救うものがあるでしょう」

「ごめんなさい。 それはどういうイミでしょう? あの、どうか泣かないでください。 あの、しょくじでもつくりましょうか?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/14(火) 23:13:35.62 ID:NMclZV9GO
ロボットくんはせかいじゅうを旅します。 もちろん、ひとだすけの旅です


さばくのまち
ごっかんのまち
ころしあいでひとがしにたえたまち

ロボットくんのやることはかわりません
うでやらあしやらをふっとばし、時にはないぶのパーツをぶちまけながら、なまえもしらないあかのたにんをすくっていきます

ロボットくんはなんのみかえりももとめません
はじめこそひとは、かれをキュウセイシュだと言いました。 かれをセイジンのうまれかわりだとほめたたえました

けれど、時がたつと、そのニンゲンばなれしたむよくさをかえってキミわるがりはじめました
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/14(火) 23:21:08.93 ID:NMclZV9GO
イノチをかけてたすけたあいてに、よけいなことをとにくまれたことがあった
トモとよびあったにんげんにうらぎられたことがあった
サイガイからすくいだしたむらのにんげんから、そうででいしをなげられおいやられたことがあった
イノチをねらわれるようなめにあったのはにどやさんどではきかない


いつしか、ピカピカだったロボットくんのからだはすっかりサビつき、ガラクタのようになっていきました


(もうヤめてしまえ)


ロボットくんがなにがしかのじゅなんにそうぐうするたび、かれはむねのなかでつぶやきました

もうヤめてしまえ
もうあきらめてしまえ
いっそのこともうシんでしまえ

しかしロボットくんはしぶとくいきのこり、こりもせずあきもせず、おなじことをくりかえします
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/14(火) 23:43:20.92 ID:NMclZV9GO
たびをつづけるロボットくんは、ある時ユメをみました
ロボットであるかれがユメなんてものをみるのはありえないのですが、なぜかきょうこのときだけはロボットくんはユメをみたのです


「わぁ、キレイだなぁ」

ユメのなかのせかいは、そらいちめんにホシが輝いています


『やぁ、キミがロボットくんだね』
「あなたはだれですか?」

『だれ、か。 フム、残念ながらまだ名前を明かすことはできないんだ。 ボクはつい我慢ができなくなってキミの物語に『夢』という形で割り込んだ迷惑なファンだからね。 夢である以上、キミにはなにも残せないんだよ』
『まぁそもそもボクは夢魔であり人でなしだからね、夢から何かを奪うことはあっても夢に何かを残すことはしたことがないしできないんだ』


インキュバス、となのるしろいせいねんのことばはロボットくんにはよくわからないものでしたが、ユメというものは整合性がないとききますし、それにこんなにキレイなホシゾラをみてたらそんなことはどうでもよくなりました


『ところでキミは、これからどこに行くんだい? あぁ、夢の中ではなく、キミが生きる現実の話だよ』
「それはもちろん、たすけをもとめるひとびとのところです。 そのつぎのもくてきちも、そのつぎのもくてきちもです」

『ハハハ。 キミの冗談は面白くないね。 そんな事をしていたらキミの旅は終わらないじゃないか』
「いえ、その、おはずかしいはなしなのですが、じつはボク、旅のおわりをさだめてはいないのです
なにをすればおわりなのか、どこにいけばゴールなのか、そういうのをきめずにでてきたものですから」

『オイオイ、何だいそれは? 普通そういう事は旅立つ前に決めておくものさ。 キミの旅は実のところ始まってすらいない。 始まっていないものには終わりもない
キミのやっている事はつまりーー」

しろいせいねんは、夜空のホシにゆびをさしてーーー


『歩いてあのホシまで行きましょうというようなものじゃないか』


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/14(火) 23:53:39.04 ID:NMclZV9GO
ロボットくんはいいます

「ホシはすきです」
『ボクだって好きさ。 だから良く知っている。 アレはおよそ人間の目指す場所じゃない』


ロボットくんはいいます


「ホシはすきです」


『目標にしてはいけないんだ。 ホシは眺めるものであって決して向かうべきものではない。 届くわけがないんだから
ーーどこにも辿り着けずに果てる人生なんて、虚しくはないのかい?」


それでもロボットくんはいいます。 まるで、コワれたロボットのように/まばゆいニンゲンのように


「ホシはすきです」

「いつか、ホシをながめたのです。 とどかないホシです。 しょうじきどんなホシであったのかおぼえていないのですけれど、あこがれたことだけはおぼえているのです。 それでじゅうぶんなのです

ーーーそれをおいかけているだけで、もう、この生は満足でーーー」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/15(水) 00:02:54.61 ID:U6hC9mgbO
ロボットくんはめをさましました

ユメのなか、さいごのしゅんかん。 しろいせいねんはこまったようなえがおを浮かべていたような気がしましたが、ロボットくんは気にせずまたあるきはじめます


ロボットくんはひとをたすけます/たすけられなかったひとがいた

ロボットくんはひとをたすけます/たすけて、とひっしにさけぶこどもをみすててなんじゅうというイノチをすくった

ロボットくんはひとをたすけます/どうしてこのめにうつるすべてのにんげんをすくいたいというちいさなねがいがかなわないのだろう

ロボットくんはあるきます/それでもーーこのあしは、うでは、ブリキのこころはうごくのをヤめてくれない
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/15(水) 00:14:16.38 ID:U6hC9mgbO
ながたびをへてロボットくんはとあるふんそうちたいーーひととひとがころしあいちをながしあうばしょへやってきました

そして、ロボットくんはひさしぶりにまたユメをみました



『やぁ、キミはまだ終わりのない旅を続けているんだね。 キミがその無意味な旅を続けている間、ボクもキミに当てられて無意味な計算をやっていたんだよ』
『キミが歩き続けてあの一等輝く蒼いホシのもとへ辿り着くには、実に千五百年とんで三十五年という時間が必要なんだ』
『キミがいくら人間ではないといっても千年稼働し続けるのは無理だ。 ーーまぁ、こんな事キミに言ったって、キミが諦めるわけがないって事は分かってるさ』
『別にキミを説得しようなんて思っちゃあいない。 ぜひ、キミにはあのホシを目指してもらいたい
ホシというものは届かないものであるということを、ぜひ、証明してくれ』
『ちろちろと瞬いては消える。 六等星のようなキミが、あの蒼い星に果たして届くのか。 ボクは全く期待しないでこの塔で待ってるよ』


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/15(水) 00:18:55.33 ID:U6hC9mgbO
「でも私は知っています」

「私はずっとあなたを見ていたから。 誰も知らない痛みを背負っても、私だけは、あなたの傷のぜんぶを知っていたから」

「どんなに擦り切れても、傷ついても、あなたは歩き続けた。 そうして、旅の終わりの向こう側でーー」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/15(水) 00:39:57.86 ID:U6hC9mgbO
ボロボロになったロボットくんが、草原に立っています
かつて夢見た理想郷。 澄み渡った青空と、果てもないみどりの草原
夢のそのままのように描き出した場所


ひとつの人影が、ロボットくんを迎えるようにやってきました
美しい少女です。 美しい空色のドレス。 剣を持つにはあまりにも頼りない華奢なからだ。 風にたなびく、忘れようもないその金の髪

ロボットくんは足を動かします。 とうに錆びついたその足は、ブリキの心は本来もう動くはずがありません
でも、ここで彼の足が動かないはずはないのです
何故なら、彼はいつもそうだったから、錆びついた足を、ブリキの体を、動かし続けてきたのは、理想を美しいと思うその心だったのですから



「ーーー」

彼は少女の前に辿り着きました
終わらないと思っていた旅の終着地
そこに辿り着いた彼は、でもまさか本当に終わるとは思っていなかったのか、少女に何と言葉をかければ全く考えていなかったようなのです

いえ、考える必要はなかったのです。 何故なら、彼はずっとその言葉を大切に胸の奥にしまっていたのですから

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/15(水) 00:41:23.48 ID:U6hC9mgbO





「ただいま、セイバー」
「はいーーーーおかえりなさい、シロウ」




15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/15(水) 00:42:32.64 ID:U6hC9mgbO
終わりです
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/15(水) 11:02:59.54 ID:iS/ut3nDO

これってFate/snのラストエピソードだよな?
涙出て来ちゃったよ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/15(水) 11:43:33.13 ID:L0ciGIt40
ぬあああああ
凄かった!
12.30 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)