なのは「は、はうあっ!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 05:21:09.53 ID:CI1HOkGS0
次元震とその乱流に飲み込まれた一人の少女。

これは、魔法少女リリカルなのは×ミトコンペストロイカの物語。

はじまります!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534450869
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 05:22:05.80 ID:CI1HOkGS0
―どっかの神社―

ヌスミ「うーん……はっ!」

ばっ キョロキョロ

ヌスミ「なんやここ……。あれ?お汁ちゃんと姫は……?」

思念体「グルルルル……」

ヌスミ「うわっ!な、なんやお前!」

思念体「グオオオオー―――ッ」

ヌスミ「あぶねっ!」ババッ

ドーン ガラガラガラ

ヌスミ「オラー――――ッ!」

バキッ

思念体「ぶべらっ!!!」

ヌスミ「いきなり何をするんじゃこのボケー――ッ!」

ガンッ ガンッ ガンッ

ユーノ「なのは!あそこ!」

なのは「あれ?既に戦ってる人がいるよ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 05:23:44.64 ID:CI1HOkGS0
ユーノ「まさか!?」

なのは「ひょっとしてあの子も魔法少女?」

ユーノ「いや、そんな風には見えない。とにかく今の内に封印しよう!」

なのは「うん!リリカルマジカル、ジュエルシード、シリアル20……封印!」

ユーノ「ここは僕たちに任せてください!」

ヌスミ「な、なんやお前ら急に!?」ビクッ

なのは「ふう、間に合った……」

ユーノ「お疲れ様、なのは」

ヌスミ「さっきのバケモノが跡形もなく……。お、お前ら何者や!」

なのは「あ……。え、えっと……」

ヌスミ「ま、まさか……お前らがお汁ちゃんと姫をさらったんか!?」

なのは「お汁ちゃんと姫……?い、いえ、違います」

ヌスミ「嘘つくなオラー――ッ!」

ガンッ

なのは「ぶべらっ!!!」

ユーノ「な、なのはー!ちょ、お、落ち着いてください!」

……

…………
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 05:25:17.98 ID:CI1HOkGS0
ヌスミ「ごめんなさい!魔法少女とはつゆ知らず、殴ってしまいまして!なにとぞお許しを!」ドゲザッ

なのは「い、いいよ!私は大丈夫だから!」

ユーノ「ところで、ヌスミさんはどうしてこんな所に?」

ヌスミ「それがうちにもよくわからんのや。いつの間にかこんな所にいて……」

なのは「さっき言ってたお汁ちゃんと姫って、ヌスミちゃんの友達なのかな?」

ヌスミ「そりゃもう!マブダチみたいなもんや!」

ユーノ「でも、その二人とはぐれてしまい、今自分がいる所もよくわかってないと言う事ですね」

ヌスミ「その通りや。おそらくここは、うちがいた世界やない。そこまではわかる」

ユーノ「……ヌスミさんがここに来る前に、何か不思議な現象がおきませんでしたか?」

ヌスミ「不思議な現象……?あっ!そういや確かに起こったわ」ポンッ

ユーノ「差し支えなければ、教えていただきたいのですが……」

ヌスミ「なんやろうな。こう、空間がバチバチと音を立てたと思ったら、ぽっかり穴を開けてな……。で、そのまま穴に吸い込まれてしもうたんや」

ユーノ「やっぱり。それはおそらく、次元震、または時空乱流かと思われます」

ヌスミ「次元震?時空乱流?」

ユーノ「時空や次元の乱れのことです。滅多に起きないことなんですが、時空や次元はたまに歪みが発生し、ワープホールを生成してしまうんです」

ヌスミ「そうか、うちはそのワープホールちゅーのに巻き込まれたわけか!」ポンッ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 05:27:34.11 ID:CI1HOkGS0
ユーノ「はい、おそらくは……」

ヌスミ「テメー――ッ!何しくさっとんじゃ、このボケーッ!」

ゴンッ

ユーノ「ぶべらっ!!!」

なのは「!?」ビクッ

ヌスミ「お前のせいでお汁ちゃんや姫と、離れ離れになっちまったじゃねーかーっ!」ガシッ

ユーノ「ま、待ってください!僕が次元震や時空乱流を引き起こしたわけじゃありません!」フルフル

ヌスミ「え?お前が引き起こしたんちゃうの?」

ユーノ「は、はい……。次元震や時空乱流を意図的に引き起こして、ましてやワープホールを生成するなんて力、僕にはありません」

ヌスミ「な、なるほど……確かにお前のようなイタチには無理な話やな」

ユーノ「とにかく貴方がこの世界に来てしまった原因は、次元震もしくは時空乱流と考えて間違いないと思います」

ヌスミ「それで、どうやったら元の世界に戻れるんや?」

ユーノ「時空管理局の人に頼めばなんとかなると思うのですが……」

ヌスミ「時空管理局?」

ユーノ「えーと、次元世界の平和維持をする人たちのことです。簡単に言うと警察や軍隊のようなもので……」

ヌスミ「つまり公務員ってことか!」

ユーノ「は、はい……まあ、似たようなものです」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 05:30:04.62 ID:CI1HOkGS0
ヌスミ「で、その人たちが何とかしてくれるわけやな」

ユーノ「元の世界に戻れる確証はありませんが、一番頼りになるのは間違いないと思います」

ヌスミ「で、その時空管理局ってのは一体どこにあるんや?」

ユーノ「そ、それが……この世界には存在しません。でも、管理局の時空航行船がこの世界にきてくれれば……」

ヌスミ「よくわからないけど、そのナントカ船に拾ってもらえばええんやな!」

ユーノ「はい。近い内にこの世界にもやってくると思うので、その時に僕たちと一緒にいれば、拾ってもらえると思います」

なのは「なら、ヌスミちゃんも私の家に来るといいよ!行くアテもないんでしょ?」

ヌスミ「そんな。迷惑かかるし、うちは野宿でもええんやで」

なのは「だめだよ!女の子が一人で野宿なんてあぶないよ!ねえ、ユーノくん」

ユーノ「うん。僕も居候の身だから偉そうなことは言えないけど、なのはが良いなら、その方がいいと思うな」

ヌスミ「なんか気が引けるわ……。あ、ところでお前たちはここで何をしてたんや?」

ユーノ「先ほど、あの巨大な思念体から小さな石が出てきたのですが……覚えてますか?」

ヌスミ「思念体……?ああ、あのバケモノのことか。そういえば変に尖った石が出てきてたわ!」ポンッ

ユーノ「あの石はジュエルシードと言って、僕たちはそれを集めているのです」

ヌスミ「ジュエルシード?なんやそれ」

ユーノ「僕の世界にある古代遺産です。本来は手にした者の願いを叶える魔法の石なんですが……」

ヌスミ「な、なんやて!?つ、つまり……ドラゴンボールっちゅーことか!」ドキドキ

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 05:31:18.38 ID:CI1HOkGS0
ユーノ「い、いえ……ドラゴンボールとは違います。ジュエルシードは単体で暴走して、周りに危害を加えることがありますから」

ヌスミ「なんや、つまりドラゴンボールの出来損ないか。期待して損したわ……」

なのは(ドラゴンボールってなんだろう……?)

ユーノ「僕はその石を発掘して、保管しようとしたのですが……輸送途中の時空艦船が事故か何かで、大爆発」

なのは「……それで、私のいる世界に散らばってしまったみたいなの」

ヌスミ「なるほどなぁ……。で、一体どのくらいばら撒かれてしまったんや?20個くらいか?」

ユーノ「そ、それが……120個です……」

ヌスミ「えー――――ッ!!?」

ユーノ「しかもまだ、5個しか集められていません……」

ヌスミ「えー――――ッ!!?」

なのは「私はそのジュエルシード集めを手伝ってるんだけど、中々集まらなくて困ってるんだ」

ヌスミ「おまえ、なんちゅー事をしてくれたんや!」ガシッ

ユーノ「ひぃっ!す、すみません!」

ヌスミ「お前のせいで、ドラゴンボールもどきが120個もばら撒かれてしまったんやで!下手すりゃこの世界の終わりや!」

なのは「ま、待ってヌスミちゃん!時空艦船の事故は別にユーノ君のせいじゃないよ!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 05:33:30.88 ID:CI1HOkGS0
ユーノ「ありがとうなのは。でも、ヌスミさんの言うとおり、ジュエルシードを発掘してしまった僕の責任だよ」

ヌスミ「そうや、お前のせいや!責任とって100年掛かってでも120個全部集めるんや!」

ユーノ「も、勿論そのつもりです!」

ヌスミ「な、なんやて!?本当に人生全てをジュエルシード探しにあてる覚悟なんか!?」

ユーノ「はい。全て集めるまでは、そのつもりです」

ヌスミ「なんやお前!イタチの癖に根性あるやないか!気に入ったで!うちも元の世界に戻るまでは、そのジュエルシード探しに協力したるわ!」ガシッ

なのは「ふえぇ!?ほ、本当に?」

ユーノ「その、お気持ちはありがたいのですが、危険も多いのでヌスミさんまで巻き込むわけには……」

ヌスミ「なんやお前ー―――ッ!うちが頼りないとでも言うつもりかー――ッ!」

ユーノ「い、いえ!決してそう言ったつもりはありません!ですが……」

ヌスミ「ごちゃごちゃうっさいちゅーねん!それなら、うちが強いって証拠みせたるわ!」ババッ

なのは「わっ!け、剣が出てきた!」

ヌスミ「ふんっ!」

ズバー ゴトン

ユーノ「す、すごい!岩がバターのように綺麗に切断されている!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 05:36:14.83 ID:CI1HOkGS0
なのは「ふぇぇ……ヌスミちゃんって強いんだね」

ヌスミ「当たり前や!こう見えても、うちはパパン二世やからな。そらそらーっ!」ズバー

なのは「すごいすごい!」

ヌスミ「どうや!これでもまだ、うちが頼りないというんか!」ズバズバー

子供「きゃっきゃっ」

ユーノ「あ……!ヌ、ヌスミさん!後ろ後ろー――ッ!!」

ヌスミ「えっ」ズバー

ポロッ…… ゴトンッ ゴロゴロゴロ……

子供「」ブシュー

ユーノ「あ、あわわわわわ……!こ、子供の首がポロッ……。え、えらいこっちゃ……」ガクガクブルブル

なのは・ヌスミ「「えー――――ッ!!?」」


―第二話に続く―

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/17(金) 11:09:45.09 ID:emx3KDqK0
ペストロイカじゃなくてペレストロイカだったり
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 19:05:15.29 ID:CI1HOkGS0
>>10
よく見たら間違ってたじゃねーか!
題名間違えるとか、作者は救いようがねーゆとりだな、バカヤロー!!

というわけで、次元震とその乱流に飲み込まれた一人の少女。

これは、魔法少女リリカルなのは×ミトコンペレストロイカの物語。

―第二話・前途多難―

改めてはじまります!
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 19:06:05.30 ID:CI1HOkGS0
>>10
よく見たら間違ってたじゃねーか!
題名間違えるとか、作者は救いようがねーゆとりだな、バカヤロー!!

というわけで、

次元震とその乱流に飲み込まれた一人の少女。

これは、魔法少女リリカルなのは×ミトコンペレストロイカの物語。

―第二話・前途多難―

改めてはじまります!
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 19:06:54.82 ID:CI1HOkGS0
子供「」ブシュー

死 〜 ん

ヌスミ「ど、どないしよう……!とんでもない事をしてもーた……」ガクガク

なのは「ど、どないしようって……どうにもならないよ……」ブルブル

ユーノ「す、素直に警察に出頭するしか……」ガクガク

ヌスミ「!!?」

なのは「ど、どうしたの?ヌスミちゃん」ドキドキ

ヌスミ「さ、さっきの子供の死体が……ない!」

ユーノ「あっ……!ほ、本当だ……!」キョロキョロ

なのは「そ、そんな!?確かにヌスミちゃんが無邪気な子供の首を残虐に落としたのに……」

バリバリ……ボリボリ……

なのは「は、はうあっ!」ドキーン

ヌスミ「あ、あいつや!あいつが子供の死体を食っとるんや!」

思念体「もぐもぐ」

ユーノ「あれは思念体!?」

なのは「ジュエルシードはさっき封印したはずなのに!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 19:08:19.40 ID:CI1HOkGS0

ユーノ「いや、あれは違う個体だよ。ジュエルシードはもう1個あったんだ!」

ヌスミ「そ、そうか……!そういうことだったんか……!」

なのは「な、何かわかった事でもあるの?」

ヌスミ「あいつが子供を殺した真犯人やー――ッ!」ビシッ

なのは・ユーノ「「えー――――ッ!!?」」

ヌスミ「あいつが子供をここまで連れてきて、そしてうちが剣を振った時に命中するよう仕向けたんや!」

なのは・ユーノ「「えー――――ッ!!?」」

ヌスミ「つまり、子供を殺したのはあいつや!」ビシッ

ユーノ「い、いや、あの、ヌスミさん……。そう解釈するのは若干というか、かなり無理があるような……」

なのは「そ、そうだったんだ……。ゆ、許せない!」

ユーノ「え。何で納得してるの……なのは正気?」

ヌスミ「あんな小さな子供の命を奪う奴は生かしてはおけん!うちがぶっ殺してやる!」スタタタタ

なのは「私も協力するよ!あの無邪気な子を返してー!」

ユーノ「えぇ……」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 19:09:43.62 ID:CI1HOkGS0
ヌスミ「オラーッ!」ザクッ

思念体「ギャアアアア!」

なのは「子供のカタキー!」ズキューン

思念体「ギョエアウアウアウアウ……」

ドスンッ ビチャッ

ヌスミ「よーし、なのはちゃん、今や!」

なのは「リリカルマジカル、ジュエルシード、シリアル115……封印!」

ユーノ「お、お疲れ様……」

ヌスミ「ユーノくん。子供の仇はキッチリと討っといたで!」

ユーノ「あ、うん……。いや、でもやっぱりあれは……」

なのは「肉体が残ってないから、どこの誰かもわからないなんて……あんまりだよ……」シクシク

ヌスミ「これ以上、ジュエルシードの被害を出さないためにも、うちらが頑張らないと……」キリッ

なのは「うん、これ以上被害を出さないためにも、絶対に頑張ろうね!ユーノくん、ヌスミちゃん!」

ユーノ「なんだか凄く腑に落ちない……」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 19:11:45.44 ID:CI1HOkGS0
―翌日・すずか邸―

ヌスミ「うめー―――っ!」バリボリ

すずか「そんなにおいしい?」

ヌスミ「めっちゃ美味しい!最近ロクなもん食ってなかったし」バリボリ

アリサ「クッキーが美味しいのはわかるけど、もう少し上品に食べなさいよ。こぼれてるわよ」

すずか「ヌスミちゃんってひょうきんな子だね」ホンワカ

なのは「そういえばヌスミちゃん、その帽子ずっと被ってるんだね」

ヌスミ「え?これ帽子やないで、胞子や。まあカビみたいなもんやな」

なのは・すずか、アリサ「「えー――――ッ!!?」」

なのは「え、ええ……?じゃ、じゃあお風呂に入るときとかどうしてるの?」

ヌスミ「うちは風呂なんて、生まれてから一度も入ったことないで」

なのは・すずか、アリサ「「えー――――ッ!!?」」

アリサ「ちょ、不衛生じゃない!」

ヌスミ「あー、その点は大丈夫や。この胞子は、全身を浄化してくれる役割を持っとるからな」

すずか「べ、便利なんだね」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 19:15:26.82 ID:CI1HOkGS0
なのは「!」

ユーノ「!」スタタタタ

なのは「あ、ユーノくん!」

ヌスミ「ユーノ!どこ行くんやワレ!」

アリサ「ユーノがどうかしたの?」

なのは「何か見つけたのかも。ちょっと探してくるね」

ヌスミ「よっしゃ、うちも一緒に探すわ」

なのは「ありがとう。二人はここに居ていいから」

すずか「気をつけてね」

……

…………

ヌスミ「いきなり走りだしてどうしたんや」

なのは「近くにジュエルシードがあるの!えっと、たぶんこっち……あ、発動した!」

ユーノ「ここだと人目があるし、結界を作るね」

ドクミ「きゃっほー!」タタタタ

ヌスミ「は、はうあ!」

なのは「」ポカーン

ユーノ「きょ、巨大なねずみ……?あれがジュエルシードを……」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 19:18:32.63 ID:CI1HOkGS0
ヌスミ「あ、あれはドクミや!生きとったんかワレ!」

なのは「ドクミ?」

ヌスミ「うちのマブダチや!おーいドクミー!うちや!ヌスミや!パパン二世や!お前のマブダチやー!」フリフリ

ドクミ「きゃっほー!」タタタタ

ヌスミ「あかん……うちの言葉が全く届いてないみたいや……」

ユーノ「たぶん、元気に走りたいという想いが叶えられて、暴走してるんだ。とにかく封印して元に戻そう」

ヌスミ「よっしゃ!なのはちゃん、変身して封印頼むで!」

なのは「うん!」

ピカー シュンッ

ヌスミ「な、なんや!?」

ユーノ「あれは魔法の光!?」

ドクミ「!!?」チュドーン

ピカー シュンッ シュンッ シュンッ

ドクミ「うぎゃあああああー―――ッ」チュドーン

ヌスミ「ドクミー―――ッ!だ、誰や!ドクミを攻撃しているのは!」

ユーノ「あそこだ!あそこにいる金髪の女の子が攻撃してるんだ!」

なのは「これ以上はやらせない!」カキンッ

ヌスミ「おお、バリアみたいので攻撃を防いどる!その調子や、なのはちゃん!」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 19:27:01.66 ID:CI1HOkGS0
フェイト「魔導師?」ズドンッズドンッ

なのは「きゃっ!」

ちゅどーん

ドクミ「うぎゃー――っ!も、もう許して……」ピクピク

ヌスミ「あ、あの女ー!うちのマブダチになんてことするんや!」

ユーノ「間違いない、あの子は僕と同じ世界の住人だ」

ヌスミ「同じ住人やて!?ってことは……奴はお前の仲間かー!」ガシッ

ユーノ「えー――っ!?」

ヌスミ「テメー!うちらのこと裏切ったんかー!」ブンブン

ユーノ「ち、違います!この世界の住人じゃないってことです!仲間という意味ではありません!」

ヌスミ「何!?お前の仲間とちゃうんか!?」

ユーノ「は、はい。僕と同じ魔法使いみたいですが、全く知らない子です」

ヌスミ「そ、そうか。だからなのはと同じように魔法が使えるんやな。それで、なんであいつはドクミを襲うんや?」

ユーノ「おそらく、彼女は僕たちと同じくジュエルシードを集めているんでしょう」

ヌスミ「なにー!何のためじゃー!吐けぇー――ッ!」

バキーッ

ユーノ「ぶべらっ!」

ヌスミ「吐けぇー――ッ!一体何が目的じゃー――ッ!!」

ユーノ「ぼ、僕じゃなくて、彼女に聞いてください……。もうやだこの人……」

なのは「」フラフラ

ユーノ「あっ!なのはがやられてる!ヌスミさん、僕はなのはを助けに行くから、貴方は彼女を見張っててください!

ヌスミ「よっしゃ!任せとき!」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 19:30:17.93 ID:CI1HOkGS0
フェイト「ロストロギア、ジュエルシード、シリアル100……封印!」

ドクミ「」ピクピク……

フェイト「……」

ヌスミ「オラー―――ッ!」

フェイト「!?」ガキンッ

ヌスミ「てめー!うちのマブダチに何をするんじゃー!」

フェイト「さっきの子にも聞かれたけど……。答えても……多分、意味がない……」

ヌスミ「うるせー!スカしてんじゃねーぞ、このボケェー――ッ!」

ガキンッ ドカッ

フェイト「仕方がない……」

ブンッ ドゴォ!

ヌスミ「ぶべらっ!」

キーン……ちゅどーん

ユーノ「ああ!今度はヌスミさんが吹き飛ばされた!」スタタタタ

フェイト「……」スタスタ

ガラガラガラ……

ユーノ「ヌスミさん、大丈夫ですか!?」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 19:32:39.34 ID:CI1HOkGS0
ヌスミ「今のは痛かった……。痛かったぞー――――――っ!!!」

バキーッ

ユーノ「ぶべらっ!」

ヌスミ「もうここまでだ!この星もろとも貴様を宇宙のゴミにしてやるぞー――ッ!!」

ユーノ「ひー――っ!お、落ち着いてくださいヌスミさん!ぼ、僕です!」ガクガク

ヌスミ「なんや、ユーノかいな。おい、あのスカした女はどこに行った!?」

ユーノ「それが……どこかにワープしたみたいで」

ヌスミ「何ぃ!?見逃したっちゅーんかこのボケェー――ッ!」

ユーノ「す、すみません……」

ヌスミ「それで、ジュエルシードはどないしたんや」

ユーノ「あの女の子に持っていかれてしまいました……」

ヌスミ「テメー―――ッ!やる気あんのかー―――っ!」バチーン

ユーノ「ぶべらっ!!!」

ヌスミ「一体、どう責任とるつもりやー―――っ!」

ユーノ「だ、大丈夫です。まだチャンスはあります。彼女は僕たちと同じようにジュエルシードを回収してるみたいです。ということは……」

ヌスミ「あ、そうか!ジュエルシードが見つかれば、また奴が現れるっちゅーことか」

ユーノ「そういうことです。上手くすればその時に取り返すことも……」

ヌスミ「冴えてるなユーノ!さすがフェラペットやな!ただのイタチとは違うわ!」

ユーノ「フェレットです!!!」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/17(金) 19:36:59.14 ID:CI1HOkGS0
ヌスミ「あれ?そういえば、なのはとドクミは?」キョロキョロ

ユーノ「なのはは、気絶してしまったみたいです。怪我が殆どなかったことが幸いでした」

ヌスミ「そうか。そりゃほんまに不幸中の幸いやな。ドクミは確かこの辺りに……」

ドクミ「うぅ……」

ユーノ「どうやら無事のようですね」

ヌスミ「よかった、元に戻ってる!おーい、ドクミー!うちや!パパン二世やー――っ!」フリフリ

猫「にゃーん」ガブッ

ユーノ「あっ」

バリバリボリボリ

ドクミ「ぎゃあああああー―――っ」

猫「ゴクンッ」ペロペロ

死 〜 ん

ユーノ・ヌスミ「「ドクミー―――ッ」」

―第三話に続く―
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/25(土) 20:13:39.62 ID:myixIa3OO
20.70 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)