【ガヴドロ】ガヴリール「タプリスの手料理?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:37:59.16 ID:yA9Bke2G0
※ガヴリール・ドロップアウト短編

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534610278
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:39:30.56 ID:yA9Bke2G0
ガヴリール「」


プルルルルル プルルルルル


ガヴリール「」


プルルルルル プルルルルル


ガヴリール「」


プルルルルル プルルルルル


「せんぱーい! 天真せんぱーい!」ドンドン

「なんで3日も電話に出てくれないんですかー! 返事してくださーい!」ドンドン

「どうせ部屋に引きこもってるんでしょう? 開けてくださいよー!」ドンドン


ガヴリール「」


プルルルルル プルルルルル
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:40:24.96 ID:yA9Bke2G0
「あれー? おかしいな……」

「天真先輩! こうなったら神足通でお部屋に入っちゃいますからねー!」


シュン


タプリス「うわ、前にもましてすごいにおい……」ケホケホ

タプリス「先輩! なんで電話に出てくれな」


ガヴリール「」シーン


タプリス「え」

タプリス「せ、せんぱいが死んでるううううう!?」ガーン
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:41:10.06 ID:yA9Bke2G0
タプリス「あわわわどうしよう!」

タプリス「と、とりあえず落ち着いて救急車を……」ピポパ

『ただいま 午後4時37分20秒を お知らせ致します』

タプリス「あああっ! 間違えて時報(117)にかけてしまいました!」


ガヴリール「」ピクッ

ガヴリール「う……あ……」

ガヴリール「たぷ……りす……」


タプリス「ひゃあああ死体がしゃべったああああああ!」

ガヴリール「し、死んでない……」

タプリス「ひぃぃ成仏してください! お盆はもう終わってますよっ!」ビビビビ

ガヴリール「ギャーッ! いたいいたい! 変な光線を浴びせるな!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:41:38.82 ID:yA9Bke2G0
☆☆

ガヴリール「んく……んく……」ゴクゴク

ガヴリール「あー生き返った……」ツヤツヤ

タプリス「大丈夫ですか、先輩?」

ガヴリール「いやー、助かったよ……サンキューな」

タプリス「いえいえ、そんなとんでもない!」

ガヴリール「まあ謎光線を浴びせられたときはマジでとどめを刺されるかと思ったが」

タプリス「す、すみません……」

ガヴリール「まったく、生きてるっつったのになんで死体扱いするかね」

タプリス「いやいやだってガリッガリになってましたし!」

ガヴリール「あー……」

タプリス「一体何があったんですか、もう!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:42:06.24 ID:yA9Bke2G0
ガヴリール「折角の夏休みで時間が惜しくてさ」

ガヴリール「飲まず食わずでネトゲをやりこんでたんだけど……」

ガヴリール「『そろそろ何か口にしないとまずいかな』って思ったときにはもう、栄養不足で身体が動かなくて……」

ガヴリール「そのまま気絶? みたいな?」

タプリス「……3日間も?」

ガヴリール「今日って何日?」

タプリス「19日です」

ガヴリール「……6日間だわ」

タプリス「……」

タプリス「なーにやってんですかあなたは!」カッ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:42:49.56 ID:yA9Bke2G0
タプリス「何で動けなくなるまで飲食ガマンしちゃうんですか! ちょっとは自分の身体も気遣ってください!」

ガヴリール「だってネトゲって死ぬほど面白くてさぁ」

タプリス「文字通り死にかけてますよ!」

ガヴリール「へへっ」

タプリス「笑い事じゃないですっ!」

タプリス「もう、先輩の身に何かあったら……私……」ジワッ

ガヴリール「おいおい泣くなって……」

タプリス「だ、だって……」グスグス

ガヴリール「ネトゲに打ち込んで死ねるなら本望なんだ、分かってくれタプリス」ポンポン

タプリス「そんなもん本望にしないでくださいよ!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:43:36.76 ID:yA9Bke2G0
タプリス「もう、そんな無茶しててよく今まで無事でしたね」

ガヴリール「いや、いつもならマジでヤバくなる前にヴィーネが差し入れに来てくれるんだよ」

ガヴリール「それが今回は……」

ガヴリール「あれ? 何で来なかったんだろ、ヴィーネ」

タプリス「はぁ……月乃瀬先輩は今帰省中ですよ」

ガヴリール「あー、そういやそんなこと言ってたっけ」



ヴィーネ『いい? 私は魔界に帰っちゃうけどちゃんとごはん食べるのよ?』

ガヴリール『わぁーってるって』

ヴィーネ『宿題も少しずつでいいから進めておくこと! いいわね!』

ガヴリール『あーい』



ガヴリール「忘れてたわ」

タプリス「えぇ……」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:44:27.75 ID:yA9Bke2G0
ガヴリール「っていうかタプリス電話くれてたの? 何か用だった?」

タプリス「ああ、宿題でわからないところがあったので教わろうと思ったんですよ」

タプリス「けど全然先輩電話出てくれないので、月乃瀬先輩と白羽先輩にお願いしてみたんです」

タプリス「そしたらお二人とも『帰省中』とのことで」

タプリス「仕方ないので無理やり天真先輩のところに乗り込んで教えてもらおうと思った次第です」

ガヴリール「そうだったのか……」

タプリス「ええ」

ガヴリール「まあ教えないけど」

タプリス「教えてくださいよ!!」ガーン

ガヴリール「一年生の内容なんか忘却の彼方だわ」

タプリス「わかりましたよ……先輩方が下界に戻ってきてから教わります……」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:45:18.80 ID:yA9Bke2G0
タプリス「それより天真先輩! なんですかこの体たらくは!」

ガヴリール「なんだよ」

タプリス「もはや月乃瀬先輩がいないとまともに生きていくことすら危ういじゃないですか!」

ガヴリール「かもな……もうあいつと結婚しようかな」

タプリス「んなっ!? だ、ダメですよ!」アタフタ

ガヴリール「冗談だっての」

タプリス「はぁ……びっくりした」

ガヴリール「それより腹減ったなぁ……」グゥー

ガヴリール「あー、ヴィーネの手料理が恋しいよ……」

タプリス「……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:45:48.01 ID:yA9Bke2G0
タプリス「あの、先輩!」

ガヴリール「ん?」

タプリス「私でよければ手料理を用意しますが!」

ガヴリール「タプリスの?」

タプリス「はいっ」

ガヴリール「手料理?」

タプリス「はいっ」

ガヴリール「んー……」

タプリス「何か食べたいものありますか?」

ガヴリール「じゃあ棚の中からカップ麺とってお湯入れてくれる?」

タプリス「ちょ、ちょっと! そういうのじゃなくてですね!」

ガヴリール「いいって……それ以上のレベルはお前には高すぎる」

タプリス「ええっ!? 過小評価しすぎですよ!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:46:32.69 ID:yA9Bke2G0
ガヴリール「過小評価だと?」

ガヴリール「覚えてないのか? 天界学校時代の出来事を……」


─────
──


タプリス「天真せんぱーい!」トテトテ

ガヴリール「タプリス、どうしましたか?」

タプリス「先輩のためにクッキーを焼いたんです! どうぞ召し上がってください!」

ガヴリール「私のために……ありがとうございます!」

ガヴリール「では遠慮なく……」

サクッ




                          __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´

─────
──



ガヴリール「当時の私は笑って許したが、あの『クッキー・ビックバン事件』はまだ忘れちゃいないからな」

タプリス「そ、そんなこともありましたね……」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:47:38.83 ID:yA9Bke2G0
ガヴリール「てか、何を入れたらクッキーが爆発するんだよ」

タプリス「あ、あれは『食べると心臓がドキドキする魔法』に失敗して『ニトログリセリンの魔法』をかけてしまったからでして……」ゴニョゴニョ

ガヴリール「お前そんな媚薬みたいな魔法かけようとしてたの?」

タプリス「と、とにかくクッキー自体の味は悪くなかったはずです! 多分……」

ガヴリール「一口目で爆発したから味なんか分からんかったわ」

タプリス「うぅ……」

ガヴリール「それだけじゃない、『クリスマス七面鳥の惨劇』、『ハニエル怒りの黒こげケーキ事件』、『天界学校フルーツポンチ・パニック』、『ハニエル怒りの黒こげケーキ事件エピソード2』……お前のメシマズエピソードは数を上げればキリがない」

タプリス「人の失敗に映画みたいなタイトル付けないでください!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:48:15.00 ID:yA9Bke2G0
ガヴリール「まあそういうわけでペヤングを作る作業に入れ、タプリス」

タプリス「で、でも!」

タプリス「あれから私もいっぱい練習したんです! 天界学校時代の私とは違いますから!」

ガヴリール「……」ジトー

タプリス「ああっ! 全然信じてませんねその目は!」

ガヴリール「まあな」

タプリス「もう、口で説明するよりも実際に食べてもらったほうが早いです!」

タプリス「買い出しに行ってくるので先輩は大人しく……」

ガヴリール「待て」ズイッ

タプリス「な、なんですか」

ガヴリール「ここを通すわけにはいかん……部屋が爆発しちゃ困る」

タプリス「しませんよ!」

ガヴリール「どうしてもというなら……」

ガヴリール「私を倒していけ!」バーン

タプリス「なんでそうなるんですか!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:48:47.85 ID:yA9Bke2G0
ガヴリール「いくぞオラァ!」バッ

タプリス「ひぃっ」ツン

ガヴリール「あぁっ……」フラフラ

タプリス「よわっ! 先輩よわっ!」

ガヴリール「く、栄養不足で力が……」ポテン

タプリス「……」

タプリス「な、なんかすみません」

ガヴリール「……いっそ殺せ」

タプリス「何言ってるんですか……」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:49:35.47 ID:yA9Bke2G0
タプリス「まあ、精のつくものを作りますからおとなしくしててください」

ガヴリール「お、おい待て」

タプリス「『神足通』!」


シュン


ガヴリール「……クソ、阻止できなかった」

ガヴリール「……何とかして劇物を食わされる展開だけは避けないと」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:50:04.83 ID:yA9Bke2G0
ガヴリール(料理が下手な奴はやたらと凝った材料とか妙な隠し味を入れたがる傾向がある)

ガヴリール(ここは材料選びから私がついていってやるのが最善か)

ガヴリール(面倒だが仕方ない……命には代えられん)


ガヴリール「……」コオオ

ガヴリール「『神足通』!」

バシュン

ガヴリール「……」

ガヴリール「……」

ガヴリール「……あー」


プルルルルル

ピッ


ガヴリール「……もしもし」

タプリス『あの、なんかパンツが神々しい光とともに舞い降りてきたんですけど……これもしかして先輩のですか?』

ガヴリール「……さ、さぁ?」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:50:54.55 ID:yA9Bke2G0
タプリス『何のつもりですか?』

ガヴリール「いや、最近神足通がバグっててさー」

タプリス『ついてくるつもりだったんですか? 大丈夫だって言ってるのに』

ガヴリール「でもさー……」

タプリス『立つのもおぼつかない先輩に来られても、逆に困りますよ』

ガヴリール「それはそうだけど……」

タプリス『もう、心配しなくてもちゃんとした料理を作りますから、先輩は大人しく待っててください』

ガヴリール「……わかったよ」

ガヴリール「あと、パンツなんだけど……送り返してくんね?」

タプリス『……』

タプリス『私を信用しなかった罰で没収ですっ』


ピッ


ガヴリール「……え、没収? パンツ没収?」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:51:33.19 ID:yA9Bke2G0
☆☆


シュンッ


タプリス「ただいま戻りました!」ツヤツヤ

ガヴリール「……えらく遅かったな」

タプリス「えっ!! い、いや……先輩に食べてもらう料理なのでじっくり材料を吟味しててですね……」

ガヴリール「ふーん?」

ガヴリール「あとパンツなんだけどさ……」

タプリス「ぼ、没収って言ったじゃないですか! だ、ダメですよ、返してあげませんっ!」

ガヴリール(マジで没収なんだ……)
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:52:04.46 ID:yA9Bke2G0
ガヴリール「ちなみにさ、今日は何を作る予定なの?」

タプリス「ハンバーグです! 私の得意料理なんですよー」

ガヴリール「へー」ガサゴソ

タプリス「ちょ、ちょっとなに袋の中探ってるんですか」

ガヴリール(ひき肉、玉ねぎ、玉子、パン粉、牛乳……)

ガヴリール(材料は普通か……)

ガヴリール(いや、まてよ……)

ガヴリール「実は玉ねぎが敵の能力で爆弾に変えられてるってことはないよね?」

タプリス「何ですか敵って! ありませんよそんなこと!」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:52:35.51 ID:yA9Bke2G0
タプリス「さてと、早速作り始めましょうかね」

ガヴリール「うし、じゃあ何か手伝うぞ」

タプリス「え? 私一人で大丈夫ですよ」

タプリス「一応、『私の手料理』をふるまうってことになってましたし」

ガヴリール「いやいや手伝うって」

タプリス「でも……先輩今は体調が」

ガヴリール「せっかく久しぶりに2人きりなんだ、ここは会話でもしながら共同作業といこうじゃないか」

タプリス「きょ、共同作業……」ジーン

タプリス「せ、せんぱいがよければぜひお願いします……!」ドキドキ

ガヴリール(……よし)
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:53:05.20 ID:yA9Bke2G0
ガヴリール「じゃあ私は玉ねぎを切ってくから」

タプリス「え、いいんですか? 結構めんどうな作業ですけど」

ガヴリール「いいっていいって」

ガヴリール(切る、混ぜる、火を通す……)

ガヴリール(この辺の重要作業さえしっかりできてればまあ、変なもんはできないはずだ)


トントン トントン


ガヴリール「くぅ……目に染みるな」ポロポロ

タプリス「大丈夫ですか?」

ガヴリール「うぅ……泣けるわ」ポロポロ

タプリス「や、やっぱり私も手伝いますよ……交代しましょう」

ガヴリール「いやいや、いいってば」

タプリス「でも……」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:54:38.28 ID:yA9Bke2G0
ガヴリール「大丈夫だって」ポロポロ

タプリス「いえ、先輩が涙を流しているのをこれ以上見てられません!」

タプリス「包丁を貸してくださいっ!」

ガヴリール「いやいや」

タプリス「いやいやいや」

ツンッ

タプリス「あ、すみません肘が」

ガヴリール「あぁっ……」フラフラ

タプリス「肘が当たっただけでふらふら!? やっぱりダメじゃないですか!」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:55:06.19 ID:yA9Bke2G0
タプリス「料理中にふらふらされちゃ危ないです! 先輩は隣の部屋で休んでてください!」

ガヴリール「ちょ、だ、大丈夫だって!」

ガヴリール「さっきのはくすぐったくて脱力しちゃっただけだから!」

タプリス「本当ですか?」

ガヴリール「も、もちろん」

タプリス「えいっ」

ツン

ガヴリール「あぁっ……」フラフラ

タプリス「ダメじゃないですか!」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:56:42.15 ID:yA9Bke2G0
タプリス「もう、隣の部屋で大人しく待っててください!」


ガララッ ピシャッ


ガヴリール(キッチンから追い出されちまった……)

ガヴリール(タプリスだけに任せたらどんな劇物が出来上がるか……)ゾゾゾ

ガヴリール(けど、今の私ではもうタプリスの反対を押し切る体力がない……)

ガヴリール(っていうか体力切れで何だか……眠く……)ウトウト

ガヴリール(……)

ガヴリール(…………)


────
──


『は、はじめまして! 千咲=タプリス=シュガーベルともうしましゅ!』


『天真先輩! 今日もお綺麗ですね!』


『あ、あの……天真先輩、ご相談がありまして……』


『うぇえええん! てんましぇんぱああい!』


『て、天真先輩! あ、あ、あの! お誕生日ということで、ぷ、プレゼントを……!』


『先輩……何だか元気ありませんか?』


『しぇ、しぇんぱい! げ、下界に行っても、お、お元気で……!』ズビスビ



────
──
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:57:46.82 ID:yA9Bke2G0
「──ぱい!」

「天真先輩!」


ガヴリール「……!」

タプリス「お待たせしました、ごはんの準備ができましたよ」

ガヴリール「し、しまった! 寝ちまってたか!」ガバッ

タプリス「気持ちよさそうに寝てらっしゃいましたよ……ふふ」

タプリス「どんな夢を見てたんですか?」

ガヴリール「昔の……天界にいたころの夢」

ガヴリール「あー……もしかしたら走馬燈だったのかな」

タプリス「走馬燈!? だ、大丈夫ですって! 死ぬような料理は作ってませんから!」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:58:16.71 ID:yA9Bke2G0
タプリス「ほら、自分で言うのもなんですが渾身の出来ですよ」

コト

ガヴリール「うん……」

ガヴリール(一応見た目はちゃんとしたハンバーグ……)

ガヴリール(匂いは……)クンクン

ガヴリール(……美味そうな、香り)

ガヴリール「……」グー

タプリス「おなかなってますよ、先輩」クス

ガヴリール「う……//」

ガヴリール「ええい、いただきます!」

パク

ガヴリール「……!」



ガヴリール「う、美味い……」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:58:50.30 ID:yA9Bke2G0
タプリス「えへへ、よかったです……お口に合って」

ガヴリール「うん、うん」モグモグ

ガヴリール「はぁ……これだけ美味けりゃ、時間差で爆発したとしてもなんか許せるわ」

タプリス「し、しませんよ! 爆発ネタ引っ張りすぎですって!」


☆☆


ガヴリール「あー食った食った」ポンポン

タプリス「お粗末さまでした」

ガヴリール「しかしまあ……いつの間にあんなに美味いハンバーグが作れるようになってたんだ」

タプリス「そりゃあ、去年1年間でいっぱい練習しましたから」

タプリス「天界に留学したら、先輩においしい料理をいっぱい作ってあげたいって」

タプリス「そう、ずっと思ってたので」

ガヴリール「……そうだったんだ」

タプリス「ええ」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:59:18.40 ID:yA9Bke2G0
タプリス「先輩が下界に留学してから、勉強とか、お料理とか、いっぱい身に着けようと頑張ったんです」

タプリス「いっぱい勉強してかしこくなって、おいしい料理なんかも作れるようになれば、もっと先輩の近くにいられるようになるのかなって」

タプリス「先輩の背中をずっと追いかけてましたけど……いつか隣にいられるようになれるのかなって、思ったんです」

ガヴリール「……そっか」

タプリス「まあ、今でもすぐにドジっちゃうところは直せてませんし」

タプリス「我ながらまだ『ポンコツ天使』って感じですけど」

タプリス「天界で先輩に御迷惑ばかりかけてたあのころよりは、マシにはなれたのかなって思います」

タプリス「ただ……」

タプリス「実際下界に行ってみたら、私なんかよりずっとかしこくて料理上手な方が先輩の隣にいたんですけどね……」

ガヴリール「……」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 01:59:54.31 ID:yA9Bke2G0
タプリス「あの、聞いてもいいですか?」

ガヴリール「ん?」

タプリス「今日のハンバーグ、なんですけど……」

タプリス「月乃瀬先輩のと、どっちが美味しかったですか……?」

ガヴリール「……」

ガヴリール「……」

ガヴリール「……あー」

タプリス「い、いえ! やっぱりやめときます! 今の質問は無しで!」ブンブン

ガヴリール「……そうだな」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 02:00:47.62 ID:yA9Bke2G0
タプリス「はぁ……」

タプリス「まだまだ私は、月乃瀬先輩には追い付けませんか」

ガヴリール「まあ、ヴィーネの料理スキルは半端ないからな」

タプリス「私のほうが、先にスタートしてたのに……」

ガヴリール「? ヴィーネの方が年上じゃん」

タプリス「いえ、そうではなくてですね……」

ガヴリール「……?」

ガヴリール「……」

ガヴリール「……ああ、そういう」

タプリス「……」

ガヴリール「タプリス、あのさ」


ギュ


タプリス「……!?」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 02:01:18.11 ID:yA9Bke2G0
ガヴリール「今日は悪かったな、お前の料理の腕前をずっと疑ってて」

タプリス「い、いえ……そんな」

ガヴリール「タプリスの作ったハンバーグ、すっごく美味しかったよ」

ガヴリール「ありがとな」

タプリス「は、はひ……!」


ガヴリール「あとさ、ヴィーネに追いつくとか追いつかないって話」

ガヴリール「私は別に、ヴィーネとタプリスどっちが上だとか、どっちが私に近いとか考えてないから」

ガヴリール「確かに、ヴィーネは同期だし……今はあいつによく世話してもらってる」

ガヴリール「でも、まあ、その……何ていうかな」

ガヴリール「うーん……」

ガヴリール「まあ要するにだ」

ガヴリール「タプリスのハンバーグはタプリスにしか作れない!」

ガヴリール「また今度食べさせてくれ!」

ガヴリール「ってことだな」

タプリス「……!」

ガヴリール「……どうかな?」

タプリス「……」

タプリス「……もちろんですっ!」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 02:01:56.36 ID:yA9Bke2G0
タプリス(今はまだまだ未熟な天使ですが)

タプリス(これからもいっぱいかしこくなって、もっとおいしい料理も作れるようになって……)

タプリス(いつか天真先輩の信頼と、ハートを勝ち取ってみせます!)


ガヴリール「なあタプリス」

タプリス「はい?」

ガヴリール「ついでに部屋の掃除もしてくんないかなー、なんて」

ガヴリール「今のゴミ部屋をヴィーネが見たら怒りそうだし……」

タプリス「仕方ないですね……先輩も手伝ってくださいよ?」

ガヴリール「へいへい」

タプリス「まずは散らばったゴミをゴミ袋に……っと」


カサカサ


タプリス「ん?」


G「カサカサカサ」



タプリス「」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/19(日) 02:02:40.82 ID:yA9Bke2G0
タプリス「ぴゃあああああああっ!?」

タプリス「な、なんですかこの生き物!? 気持ち悪い!」

ガヴリール「ああ、それはGだな……っておい! 何やってんの!?」

タプリス「こ、この世のものとは思えません! は、早く浄化を……!」ゴゴゴゴ

ガヴリール「は、はやまるな! タプリスやめろー!」

タプリス「うわあああああ攻撃魔法おおおお!」


カッ


ガヴリール「はぁ……結局爆発するのか」





                          __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´






END
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/19(日) 05:35:53.47 ID:ZAOo81rzo
爆発オチなんてサイテー!

でも好き
27.06 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)