【モバマス】留美「幼児退行するスイッチ……?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/22(水) 20:04:38.80 ID:e2MM20i00
ありす「プロデューサーさん」

P「お、ありす。レッスンお疲れ様」

ありす「はい。頑張りました……」

P「偉いぞ」ナデナデ

ありす「……♡」


留美「プロデューサー君」

P「あ、留美さん。レッスンお疲れ様です」

留美「うん……その、頑張ったわ」

P「はい。お疲れ様です」

留美「……」

P「……?何か?」

留美「……いや、なんでもないの。気にしないで」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534935878
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/22(水) 20:05:00.29 ID:e2MM20i00
留美「若い娘は良いわよね……」

留美「撫でたくなる容姿、性格。撫でても許されるようなオーラ。どれも、私にはないものだわ」

留美「でも、私もプロデューサー君に頭を撫でられたいの。甘え上手になりたいの」

晶葉「うむ。ではこのスイッチがいいだろう!」ペッペカー

留美「……これは?」

晶葉「名付けて『若返りスイッチ』だ」

留美「若返り!?」ビクッ

晶葉「あ、いや、多分留美が想像してる物とは違う。容姿は若返らず、精神だけが若返るんだ」

留美「何だ……そうなのね」ガッカリ

瑞樹「あら……そうなの」ガッカリ

菜々「あっ、そうなんですね……」ガッカリ

晶葉「瑞樹と菜々はどこから入って来たんだ?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/22(水) 20:05:56.15 ID:e2MM20i00
晶葉「今の留美を否定するつもりはないが、留美には年相応の厳格なイメージがある」

晶葉「大の大人の留美さんの頭を撫でるなんて失礼だろう……と、助手は考えてしまうのだろう」

晶葉「そこでこのスイッチを使い、留美の精神年齢を下げる」

晶葉「そうすれば厳格なオーラは緩和され、助手も留美を撫でやすくなるだろう」

留美「確かに……成人組の中でも、楓ちゃんはよくプロデューサーに甘やかされているわ」

楓「五歳児の誤差、維持してます♪」

晶葉「だからどこから入って来たんだ?」

晶葉「……まぁ、とにかく。このスイッチはあくまで補助にすぎん。ある程度は留美の甘えんぼスキルに左右されるぞ?」

留美「構わないわ。このスイッチ、借りるわね」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/22(水) 20:06:23.07 ID:e2MM20i00
留美(まず、出力を設定するのね)

留美(念のため、出力全開で行きましょう)ポチッ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/22(水) 20:06:51.85 ID:e2MM20i00
留美「プロデューサー君♡」

P「あれ、留美さん。もう帰ったんじゃ……」

留美「プロデューサー君好き♡」ムギュッ

P「!?!?!?」

留美「好き好き♡大好き♡」スリスリ

P「る、留美さん!?これは一体……!」

晶葉「くっ、一足遅かったか!」ダッ

P「やっぱりお前か!」

晶葉「留美に出力の話をするのを忘れていた!その様子では、全開で使ったようだな……!精神年齢三才と言った所か!」

P「ス、スイッチってこれか!?これのリセットボタンを押せば……!」ポチッ

留美「ぎゅー♡」

晶葉「ダメだ!全開で使ったせいで燃料が残っていない!」

P「何だと!?」

晶葉「くっ!急いで菜々、心、瑞樹からウワキツニウムを採って、燃料に加工してくる!助手は明日まで耐えておいてくれ!」

P「燃料源多いなウチの事務所は!っていうか明日までこのままなの!?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/22(水) 20:07:22.96 ID:e2MM20i00
留美「えへへぇ♡」ムギュムギュ

P「と、とにかく!留美さんは一旦離れて!」グイッ

留美「えっ」

P「えっ」

留美「……うぅっ」プルプル

P「あっちょ」

留美「やだやだやだ!ぎゅーってしたいぃ!」ブワッ

P「う、噓だよ!ほーら、俺も留美さんだーい好き!」ギュッ

留美「うぅっ、本当?私のこと好き?ぎゅーってしても怒らない?」

P「おうともよ」

留美「じゃあ……なでなでしてぇ……?」ギュッ

P「よ、喜んで……」ナデナデ

留美「……♡」ギューッ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/22(水) 20:07:54.51 ID:e2MM20i00
P「さて、じゃあ俺のおうちに帰ろうか」

留美「うんっ♡」

P(本来なら、留美さんは留美さんの家へ、一人で帰らせるべきなんだろう)

P(しかし、ここでまた突き放してしまえばさっきのように泣かれちゃうのは必至)

P(……晶葉は『明日まで』と言った。つまり俺がすべき行動は……)

留美「車まで抱っこして♡」

P「いいぞ」ヨッコイショ

P(なるべく留美さんの言う通りにして、さっさと寝てもらう!)
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/22(水) 20:08:31.46 ID:e2MM20i00
P「カレーライスできたぞー」

留美「わーい!」

P「いただきます」

留美「あー」

P「……どうした?」

留美「あー」

P「あーんしろ。ってことか?」

留美「あー」コクコク

P「あ、あーん」スッ

留美「んー♡」パクッ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/22(水) 20:08:43.77 ID:wqHFsI800
ウワキツニウムワロタwwwwww
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/22(水) 20:09:01.67 ID:e2MM20i00
P「お風呂の準備できたぞ!」

留美「わーい!」

P「じゃ、入っといで」

留美「……うぅっ」プルプル

P「嘘嘘嘘」

留美「えへへぇ……プロデューサー君と、一緒にお風呂……♡」


楓(お風呂のシーンはバスっとカットです♪)

ちひろ(見たければ金を払え)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/22(水) 20:09:28.05 ID:e2MM20i00
P「それじゃあ、そろそろ寝ようか」

留美「うんっ♡同じベッドで、ぎゅーってして寝よ♡」

P「そ、そうだね……」


留美「ぎゅーっ♡」

P(ふぅ……後はこのまま、留美さんが寝るのを待つだけだな)

P(しかし、ドツボにはまるので今まで考えないようにしていたが……幼児退行留美さん可愛いなぁ……)

P(……晶葉の話を聞いた所、あのスイッチはあくまで精神年齢を下げるだけ)

P(つまり、留美さんは本当に、俺に甘えたかったってことなんだよな)

P「……留美さん」ギュッ

留美「なぁに?」

P「今日が終わって幼児退行が治っても、また今日みたいに、俺に甘えてくださいね」

P「もう留美さんが寂しくならないよう、いくらでも甘やかしますから」

留美「……本当?」ウルウル

P「はい。本当です」

留美「えへっ、えへへぇ。プロデューサー君大好きぃ……♡」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/22(水) 20:09:57.59 ID:e2MM20i00
留美「プロデューサー君。その、お願いしても、いい?」

P「お?早速だな。なんだい?」

留美「あのね、えっとね、一緒に裸でお風呂に入った時からなんだけど……♡何か、お腹の下がむずむずしてぇ……♡」

P「!?」

留美「さっきので我慢できなくなっちゃったぁ……♡だから、ね♡チューして♡チューしよ♡」

携帯「ピロピロピロ」

P「ん?誰からの電話だ?」

晶葉『燃料を無事確保!今スイッチを押した!留美の様子はどうだ!?』

留美「う、うーん。ここはどこかしら……?」

P「お!何か戻ったっぽい!」

晶葉『それは良かった!』

留美「うーん。レッスンを終えた後の記憶がないわ……」

P「あ、記憶なくしちゃう系の奴か」

P(良かったような。残念なような)

晶葉『いや、記憶はバッチリ残るはずだが』

留美「……」

P「……」

晶葉『……』

留美「死゛な゛せ゛て゛っ!」ガバッ



この後めちゃくちゃ鬼ごっこした。終わり。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/22(水) 20:10:24.96 ID:e2MM20i00
以上になります。

『幼児退行』で検索してもキモオタがバブバブ喘いでる気持ち悪いのしか見つからなくて誠に遺憾。
いい年したお姉さんが甘えてくるのを読みたい。いいのがあったら教えてください。

ありがとうございました。

過去作↓
晶葉「できたぞ!ユルフワニウム可視化眼鏡だ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503573254/
藍子「お兄ちゃん」P(心臓を撃ちぬかれる音)【モバマスSS】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502716431
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/22(水) 23:33:31.71 ID:3zv/ACOIo


で、いくらドリンク買えばお風呂シーン見られるんだ?
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/23(木) 00:59:47.18 ID:494AoTD80

念の為にフルスロットル
8.40 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)