学生男「のじゃロリ狐の神様?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/24(金) 02:31:05.98 ID:DvHMdcrl0
教授「えーー……はい…これで講義を終わります。はぁ…。あっ…夏休みの宿題ありますのでやってきてください…。提出するしないは自由ですが、提出しなかった者は単位はいらないんだなぁ…と。ええ、そういう風に判断しますので…ええ…。はい、良い夏休みを」

学生男(……相変わらずムカつく言い方するなあこの教授…。それならちゃんと宿題やってこいよ、でいいじゃねぇかよ…)

学生男「はーー…にしても…。まさか大学でも夏休みの宿題なんてあるのかよ…」

学生友「それな〜〜。クッソめんどうなんですけど〜」

学生男「そ、そうだよなー…」

学生友「つか〜これからダチと呑み行くんだけど〜お前も行く〜??」

学生男「の、のみ?」

学生友「そ。呑み。この辺にぃ〜500円でのみほなとこ出来たらしいんだ〜↑」

学生男「は、はぁ…」

学生友「部活の先輩達と行くんだけど〜?お前もどう?」

学生男「あーーー…いや俺は…これからバイトあるから…ごめんっ!」

学生友「は〜??バイトとかブッチでいいっしょ〜?俺とか既に3回はブッチしてっけど〜?そのうち一回は家まで凸られたからボコリかえしたったわw」

学生男「へ、へぇ…すげぇな…。いやまあ俺は…今金欠でバイトに出ないと遊ぶ金作れないし…ごめんな。また今度な…」

学生友「うぇぃ〜すっ…。了解。じゃあ今度俺んちで酒パしようぜ〜?そん時は女も呼んどくからw」

学生男「た、楽しみにしてるわ…じゃ、じゃあな…」

学生男(はぁ…こいつも中学の頃から随分変わっちまったな…。前は俺と同じ陰キャだったのによ…)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535045465
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/24(金) 02:42:33.41 ID:DvHMdcrl0
学生男「…呑み行くってなんだよ。呑みに行くだろ。腹立つなぁ。大体まだ20歳でもないのに酒なんか飲むなよ…」

学生男「…ってこと言ってるから俺は陰キャなんだろうな…。友達もアイツしかいないし…部活も入ってないし。なんか俺が思い描いてた大学生ライフとかかけ離れてるな…」

学生男「明日から夏休みか…。何するかな。特別趣味はないし、ゲーセンに通うくらいしか思い浮かばん…」

学生男「…とりあえず友達にはバイトがあるとか嘘ついちまったし今日は家に帰って引きこもるか…」

〜自宅〜

学生男「マジで自室最高だな。急にテンション上がってきたわ。とりあえずモン〇ターのんで動画漁るか」

母「ちょっと!!買い物行ってきてくれる?お豆腐買い忘れちゃって!」

学生男「えーーー」

母「お小遣いあげるから」

学生男「仕方ないなぁ…(ラッキー!)」

母「はい。これ買い物のリストね」

学生男「豆腐だけじゃないの!?」

母「いいじゃない。どうせ買い物に行くんだし色々買ってきてよ」

学生男「んー…まあ…わかったよ…」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/24(金) 02:58:04.62 ID:DvHMdcrl0
学生男「……」

学生男(……どこを見ても田んぼ田んぼ田んぼ田んぼ…。たまーに畑。ほんとクソ田舎だよなぁ…)

学生男(まあ、空気は美味しいし…せまっくるしい都会と比べたら住むには適してるかな…)

学生男(……いや、最寄りのスーパーまで自転車で20分はやっぱクソだな…)

〜スーパー〜

学生男「やっとついた!!!汗ダクダクだわ…。さっさと買って帰ろう…」

学生男(なになに…お豆腐、牛乳、卵、トイレットペーパー、歯磨き粉…などなど…って多いな!?これは帰りも大変だ…)

学生男(とりあえず豆腐売ってるところに……って…あ、あれは!?)

???「……」

学生男(うわっ…俺が高校生の頃好きだった子だ…。まあ結局告白できなかったけど…。なんか気まずいな…豆腐は後で買いに来よう)

惚れた女「…?あれ…男くん?」

学生男「…うぇっ…!?」

惚れた女「男君だよね?久しぶり!」

学生男「えっあっ…ひ、久しぶり…こ、こんなところでどうしたの?」

惚れた女「どうしたのって!買い物に決まってるじゃーん!」

学生男「あっ……そりゃそうだよね」

惚れた女「ははっ!相変わらず面白いね!」

学生男「はは…」

惚れた女「大学はどう?楽しい?」

学生男「あーー…うん…まあね」

惚れた女「サークルとか入ったの?」

学生男「あーーまあ…ね…。女ちゃんは?」

惚れた女「私も入ったよー!超楽しい!音楽サークルに入ったの!」

学生男「あー…そう言えば女ちゃん音楽やってたもんね。いいねー…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/24(金) 03:05:30.31 ID:DvHMdcrl0
惚れた女「うんっ!それでね!」

学生男「う、うん」

???「…あれ?友達?」

学生男「…?」

惚れた女「あっ!イケ君!」

学生男「え…」

イケメン彼氏「どうも…初めまして」

学生男(あっ…)

惚れた女「イケ君はサークル仲間なんだ〜」

学生男「そ、そうなんだ…。あ、どうも初めまして…」

イケメン彼氏「女ちゃんがすごく楽しそうに話してて…ちょっと嫉妬しちゃっな〜」

惚れた女「ええっ!高校の頃の友達で…テンション上がっちゃって」///

学生男「はは……。あー…なんか俺邪魔みたいだし…そろそろ行くね…」

惚れた女「えっ…そんな邪魔だなんて」

学生男「い、いやいや気にしないで…じゃあまた…」

イケメン彼氏「…」

学生男(………早く帰ろう…)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/24(金) 03:36:51.03 ID:DvHMdcrl0
学生男(……あの子とは住む世界が違うし、付き合えるとも思ってなかったけど…なんか悲しい…。別に寝とられたわけでもなし…なんで悲しんでるんだか…)

学生男(……くそっ…なんで泣いてるんだよ俺…。告白もできなかった俺に泣く資格なんかないだろ…)グスン

学生男(こんな顔かーさんに見せられねぇし…どっかで落ち着くまで座ってるか…)

学生男(どっか公園とか…ないか……?あれ?なんだ?あんな所に鳥居なんてあったか?)

学生男(………きったない鳥居と石段だ…。しかし…鳥居があるってことは…こんな鬱蒼とした場所に神社があるってことだよな?)

学生男(今までこんな場所があるなんて知らなかったな…。まあ草木が生い茂った場所には近づいたことないしなぁ…)

学生男「落ち着けるならどこでもいいや…行ってみるか」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/24(金) 03:42:09.13 ID:DvHMdcrl0
学生男「こんなところに本当に神社なんて……あっ…た…」

学生男(ぼろい神社だ…管理されてないのか?)

学生男(さっきまで悲しんでたはずなのに…今はもう…ワクワクしてしまっている…。隠されたお宝を見つけたような感覚…)

???「なんじゃ?お主こんなところに何のようじゃ?」

学生男「ひぇっっ!!!」

???「!?お、お主ワシが見えるのか!?」

学生男「うわぁぁぁ!!!あーー!!あーーーー!!!」ズテンッ

???「な、な、あーーーわーーーー!!!」ズテン

学生男「わーーーあーーー!!!おーー!!」

???「おおおおーーわーー!!!!」

学生男「た、たすけてくれー!!!」

???「ひえーーー!」

学生男「……はぁ…はぁ…」

???「はぁ…はぁあ」

学生男(な、なんだ!?あっちも驚いている!?あの子は…幽霊じゃないのか!?)

???「…はぁ…はぁ…。急に大きな声を出すなぁ!」

学生男「ええ!?……す、すんません…」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/24(金) 03:50:42.85 ID:DvHMdcrl0
???「しかし…ワシが見えるとは…初めてじゃ」

学生男「え、えっと…と、いうことは…やっぱりあなたは…幽霊…」

???「霊ではない!神じゃ!」

学生男「あっ…あー!」

神「分かってくれたか」フフン

学生男「夏休みだから。はっちゃけちゃって。小学生の女の子がまあ…。いやまあでもね、誰でも通るもんだしね」

神「お主わかっとらんな!?」

学生男「そろそろ帰った方がいいよ。ママが心配するよ」

神「ワシの話しを聞かんか!!!」

学生男「話?どうしたの?何か事情があるの?」

神「ワシは大昔からこの神社に祀られておる!豊穣の神じゃ!」

学生男「そうなんだ。そういう設定なんだね」

神「設定ではなーーーーい!」

学生男「とりあえずお家はどこ?おくってあげるよ」

神「舐め腐ったガキんちょめ…お主が顔を腫らしておるから心配して出てきてやったが…間違いじゃったかの!」

学生男「……」

神「……」

学生男「……はぁ」

神「…何かあったのか?」

学生男「…まあね…」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/24(金) 04:02:43.70 ID:DvHMdcrl0
学生男「なんかもうさ…全てが嫌っていうかさ…。いやまあ決定打は好きだった女の子に彼氏がいたってことなんだけどさ…」

神「なるほどな…。だいたい分かったわ」

学生男「分かったのか!?まだなんにも話してないぞ!?」

神「要は、思い通りにいかない人生に不満があると、そういう事じゃろう?」

学生男「んーーーそうだと言うのはすごく悔しいけど大体あってます…。はい…」

神「分かるんじゃよ。年の功と言うやつじゃ」

学生男「いや歳は俺の方が上かと」

神「わしの方が年上じゃ!!!神様じゃぞ!」

学生男「ん、んー…まあ確かに…小学生にしてはしっかりとしすぎている…。神様ってのは信用出来ないけど…分かった。とりあえずロリ神様ということで」

ロリ神様「ろ、ろり神様…?まあなんでも良いが…。生きておれば思い通りにいかないこともある。そしてそういった事で流してしまう涙もある…。良い事じゃ良い事じゃ。青春じゃよ。たんと泣けば良い」

学生男「青春…かぁ…。これが青春ねぇ…」

学生男(小学生女子に人生を語られる…これが青春かぁ…本当に泣けるな…)

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/24(金) 04:21:06.56 ID:DvHMdcrl0
学生男「…神様なら、なんでも思い通りに出来たりしないの?俺のこんな人生をなんとか出来たりとか…しないの?」

ロリ神様「ふむ…。そういうと思ったわ。無理じゃ」

学生男「はは…」

ロリ神様「ワシは本当に神じゃからな!しかしさっき言ったとおり、豊穣の神じゃ!そういうのはワシの専門ではないのじゃ」

学生男「…一つ聞いていい?」

ロリ神様「なんじゃ?」

学生男「まあ仮に豊穣の神だったとして、なんでそんな幼いの?しかも狐の耳と尻尾までつけて完全にコスプレ…」

ロリ神様「ふむ…教えてやろう。ワシは、生きていた時はただの狐だったのじゃ。そして死んだ後、気づいたらこの姿でな…。いつの間にやら神社に祀られて豊穣の神をすることになったのじゃ」

学生男「……」

ロリ神様「信じておらんな?」

学生男「はい。全く」

ロリ神様「…久々に他人と話すことが出来て嬉しかったが…失礼なやつとはもうこれ以上話したくないわ!ワシは帰る!」

学生男「えっあっ…すみません!なんかすみません!ちょっとにわかには信じ難い話だったので…信じます信じます!その話!」

ロリ神様「…まあ分かれば良いわ」フフン

学生男「…はは…。なんだかロリ神様と話してたら気分が楽になったよ」

ロリ神様「ふむ…そうか…。それは良かった」

学生男「…また会いに来てもいい?」

ロリ神様「…うむ。よいぞ。今度はゆっくり茶でも飲みながら話そうではないか」

学生男「はは。お願いします…ロリ神様」

ロリ神様「うむ」

学生男「……さすが豊穣の神様だ」

ロリ神様「ん?」

学生男「……心も豊かに出来るんですね…なーんて」

ロリ神様「はぁ?」

学生男「…………忘れてください」///

ロリ神様「え?何?なんじゃと?」ニヤニヤ

学生男「忘れてくださーーーい!!!!!」ダーッ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/24(金) 19:35:38.73 ID:AQAxNJP10
〜自宅〜

学生男「ただいま」

母「おかえり!ありがとね!」

学生男「別にいいよ」

母「…ちょっと…あんた…」

学生男「なに…?」

母「…なにニヤニヤしてるのよ気持ち悪い…」

学生男「えっ!?ニヤニヤ!?べ、別にニヤニヤなんかしてないし!」

母「してるわよ気持ち悪い」

学生男「何でもないよ!!部屋いくから!夕飯作っといてね!」

学生男(気持ち悪い気持ち悪いって失礼な…。でも俺…確かにニヤニヤしてるかも…)

学生男(でも仕方ないよな……。やっと面白いこと見つけたんだもんな)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/24(金) 21:16:59.61 ID:AQAxNJP10
〜次の日〜

学生男「………朝か…いや昼か?」

学生男「クソ寝てしまったな…。とりあえず…なんか食べるかな」

学生男「ん?書き置きだ…。『母さんは仕事に行きます。ご飯は適当になにか食べてください』か…」


学生男「インスタントでなにか食うか…いやコンビニまで何か買いに行くか…。あーー…遠いし面倒だな。パンでも食おう」

学生男「…食ったら……神社行くか…」

学生男(…ロリ神様になんか持ってってやろうかな…)

〜神社〜

学生男「…とりあえず来てみたものの…昼間でも会えるのだろうか?昨日は夕方だったしな…。神とはいいつつも霊みたいなもんだし」

ロリ神様「神じゃと言っておろうが」

学生男「うおぉっ!!急に現れないでくれよ…」

ロリ神様「その反応が見たくてな。すまんすまん」

学生男「…正直昨日のアレはすべて夢だったんじゃないかとか思ってたけど…夢じゃなかったんだな…」

ロリ神様「まだ疑っておったか」

学生男「そりゃあ。俺にしか見えないロリ神様なんて、夢か妄想かの二択だよ。普通」

ロリ神様「そう聞くと…確かになぁ」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/26(日) 05:28:58.82 ID:+d/wGd9S0
ロリ神様「しかし、こんな昼間から来るとは。仕事は良いのか?」

学生男「あー。俺はまだ働いてないんだ。大学に行ってる。大学って分かる…?」

ロリ神様「うむ。分かるぞ。そうか、大学生か。今は夏休みというわけじゃな」

学生男「そういうこと。って結構詳しいのね」

ロリ神様「まあな。ずーっとここから町を眺めておるからな。大体のことは分かるぞ」

学生男「なるほど」

ロリ神様「おっと、茶を用意せねばな。少し待っておれ」

学生男「あー。ありがと」

学生男(なんか…神様っていうかおばあちゃんかな…。仲のいいおばあちゃんと話してる感じ…)

ロリ神様「ほれ、茶菓子も持ってきてやったぞ」

学生男「おばあちゃんありがとう」

ロリ神様「誰がおばあちゃんじゃ!」

学生男「す、すみません…(完全におばあちゃんじゃん…)」

ロリ神様「しかしお前さん。まさか夏休みをずっとここで過ごす気じゃあるまいな?」

学生男「えっ……ま、まあ…特に考えてないけど…」

ロリ神様「若いんじゃから、夏休みを満喫せんとな」

学生男「……」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/26(日) 05:46:17.83 ID:+d/wGd9S0
学生男「……随分この神社…汚れてるみたいだけど掃除しないの?」

ロリ神様「……うむ…。したいんじゃがの。できんのじゃ」

学生男「えっ…?どういうこと?」

ロリ神様「掃除は人間がしてくれるのを待つだけじゃ」

学生男「…めんどくさいってこと?」

ロリ神様「ち、違うわ!この神社を建てたのは人間。ならばそれを管理するのも人間であるべきだと言うことじゃ」

学生男「……よく分からん…」

ロリ神様「ふむ…。まあ少しややこしい話になるな。なんと言えば伝わるかのう…。お前さんよ、もし…神様であるわしが死ぬ時がくるとすれば…それはどういう時じゃと思う?」

学生男「な、な、なんだよ急に…!」

ロリ神様「真剣な話じゃ。答えてみい」

学生男「し、死ぬ時…?病気とか…?いや神様だからそんなことはないか…。殺されちゃうとか…?」

ロリ神様「…まあ惜しいといえば惜しいか…。神であるわしが死ぬ時…。それは人間に完全に忘れ去られた時じゃ」

学生男「……へ…?」

ロリ神様「言ったじゃろう?わしは元々ただの狐じゃったと。それなのに人間が、豊穣の神だと言ってわしを祀った…。そうやってわしは神になったのじゃ。つまり人間が神をつくったということじゃ」

学生男「………」

ロリ神様「人間がわしを忘れ…神社の掃除も管理もしなくなり…神社が取り壊される時、それがわしの命尽きる時…という事じゃな」

学生男「……なるほど。そういうことか…。分かった…。俺、神社を綺麗にするよ!!」

ロリ神様「………う、うむ。あ、ありがとう…(こやつ…本当にさっきの話を理解しておるのだろうか…)」

学生男「綺麗になれば、ロリ神様が忘れられることなんかないもんな!!」

ロリ神様「そ、そうじゃな…?」

学生男「任せといてくれ!!!ピカピカにして、毎日人が拝みに来るような神社にするから!!」

ロリ神様(変なスイッチが入ってしまったようじゃな…)
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/09/01(土) 03:37:58.07 ID:BqmBBVEp0
学生男「まずは鳥居からだな…鳥居があんだけ汚いと誰も近寄らないしな!」

ロリ神様「むぅ…。まあ確かにのぅ。わしもさすがにあれはどうにかして欲しいと思っておったわ」

学生男「よしっ!じゃ、掃除道具持ってくるよ」

ロリ神様「な!?今からやるのか?」

学生男「ああ。やろうと思った時にやっとかないとな」

ロリ神様「お前さんなかなか行動力があるのぅ…」

学生男「そうかな?じゃ、一旦家に帰るから待っててね」

ロリ神様「う、うむ…まあわしはどこにも行かんが…」

学生男(……夏休みを有意義に過ごせそうな気がしてきた!)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/01(土) 05:20:51.08 ID:yH0rLV3mO
風花「副作用には気をつけて下さいね!…シモッチって何かしら?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530920009/
茜「不屈の魂、夢ではありません!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531525117/
摩美々「まみみのホーム・アローン、始まるよー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533339190/
のり子「青コーナー、キィィングティィレッスルゥゥゥ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533946743/
里美「お、お兄様…?里美はここにいますよ〜?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535154609/
17.19 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)