【ガルパン】みほ「今日は拷問に耐える訓練をしようと思います」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:25:29.11 ID:HTDsUyxq0
沙織「はい?」

みほ「あれ?大洗じゃまだやったことなかったっけ」

麻子「まだも何も、初耳なんだが」

みほ「そっかあ。なら困惑してもしかたないね」

優花里「…………」

みほ「えっとね、みんなも戦車道大会を勝ち抜いてきて情報の重要さが分かったと思うんだけど。情報を集める方法

っていうのは色々あるんだ」

みほ「まあ、優花里さんみたく相手方に潜入してくるってのが一般的なんだけど。人によっては懐柔してきて情報をさぐったり、暴力で情報を聞き出すこともあるの」

華「ぶっそうな話ですね」

みほ「うん。でもこれは決して他人事じゃないんだよ?私だって黒森峰に居た頃……」

沙織「え?」

みほ「あ、いや。なんでもない。なんでもない。あはは」

沙織・優花里・華・麻子「…………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535459128
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:26:49.69 ID:HTDsUyxq0
みほ「とりあえず監禁を体験してみよっか」

華「は、はあ……」

みほ「まずは両手両足を縛って……」ギュゥウウウウ

沙織「痛っ!みぽりん、痛いって!」

みほ「……優花里さん。手をずらして縄抜けの準備するのやめてくれないかな?」

優花里「はい……」

みほ「ふふっ。優花里さんは他にも色々準備してそうだから特に念入りにやってあげるね」

麻子「(指を組ませてガムテでぐるぐる巻きか……あれじゃ何もできんな)」

みほ「ん?麻子さんは目隠しが欲しいのかな?……はい!」スッ

麻子「…………」

みほ「まあ、逃げるために色々考えるのは悪くないんだけど……今回は趣旨が違うから」

沙織「みぽりん!こんなのおかしいって!」

みほ「ごめんね……私だって本当はやりたくないんだよ?でも、このことがいつかみんなをきっと助けると思うから」

沙織・華・麻子・優花里「…………」

沙織・華・麻子・優花里「(ホントに……?)」

みほ「それじゃ、今回は今履いてる下着の色を言わないように頑張ってね!」

華「はい?」

みほ「拷問に耐える練習なんだから"言っちゃダメなこと"を設定しないとね」

みほ「それじゃ、スタート!頑張ってね」バタン

沙織「ちょ、え?」

優花里「どうやら我々、このまま放置されるみたいですね……」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:27:23.80 ID:HTDsUyxq0
1日後

沙織「おなか減ったー……のど乾いたー……」グゥー

ガチャ

みほ「やっほー」

華「み、みほさん!何か食べ物をいただけませんか?私達、昨日から……」

みほ「…………」

華「み、みほさん?」

みほ「…………」シラー

沙織「白だよ白!私が履いてるのは白い下着!もういいでしょ!?こんなのもうやめてよ!」

みほ「一番は沙織さんかあ……うん。じゃあ終わり」スッ

沙織「え?」

みほ「部屋の外にご飯あるから」ニコッ

沙織「う、うん」スタスタ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:27:51.90 ID:HTDsUyxq0

華「やはりちょっとした冗談だったんですね。良かった」ホッ

華「すみませんが私の縄もお願いします」

みほ「で?」

華「あ、ああ!その、とても恥ずかしいのですが……白です」

みほ「そっかそっか。それじゃ華さんも終わりっと」ニパッ

みほ「向こうでくつろいでてね」

華「はい」スタスタ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:29:19.81 ID:HTDsUyxq0


麻子「私も白だ」

みほ「え?」

麻子「だから白い下着だと言ってる」

みほ「ふーん。そっかそっか」

麻子「そら、とっとと縄を解いてくれ。痛くてかなわん」

みほ「だーめ」

麻子「っ!?」

麻子「な、なぜだ。終了条件は満たしたはずだろう?」

みほ「だって麻子さん、下着の色違うでしょ?」

麻子「…………」

みほ「あ、麻子さんやっぱり頭いい。そうそう、こういうときは黙るのが良いんだよ。カマをかけてるだけのことも

あるし、否定のしすぎも過度な暴力を受けやすいからね」

みほ「嘘の答えを言うタイミングもばっちりだったし、うん。70点あげる」

麻子「…………」

みほ「だからペナルティは2日にしておいてあげるね?」

麻子「待て、待ってくれ頼む」

みほ「ふふ、それじゃあまた二日後」

麻子「青だ!今日は薄い水色の……!」

みほ「麻子さん嘘つきだからなあ」バタン

麻子「っ…………」

優花里「zzz……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:30:13.24 ID:HTDsUyxq0

2日後

麻子「西住さん!水色!水色です!」

みほ「あはは、別にそんなに必死にならなくても……」

みほ「でもあれだね。麻子さんは寝て過ごせたのか結構元気だね。さすがに3日絶食は倒れるかなとも思ったけど」

麻子「…………」グッタリ

みほ「そうでもないか。さっきのは最後の気力だったのかな?お疲れ様」

みほ「点滴用意してあるから、とりあえずベッドに横になってて?後で私が刺してあげる」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:30:47.90 ID:HTDsUyxq0



みほ「さてと……優花里さんも終わりにしよっか」

優花里「…………」

みほ「頑張ってくれるのは嬉しいけど、ホントに死んじゃいそうだし……」

みほ「よくできました!100点あげちゃいます!」

優花里「あ、ありがとうございます」フラフラ

みほ「おおー!?歩けるんだ?すごい!」

みほ「でも、麻子さんと一緒にベッドで寝ててね?」

優花里「…………」チラリ

みほ「逃 が さ な い よ ?」ニコ

優花里「(これだけ衰弱してる相手にも警戒心マックスですか……流石は西住殿)」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:31:27.86 ID:HTDsUyxq0
数日後

みほ「それじゃあ今日は私の奢りで焼肉です!みなさん一杯食べてくださいね?」

沙織「もー!みぽりんったら酷いんだから!」プンプン

華「本当です。とても辛かったんですからね?」

みほ「あはは。ごめんごめん。高いの頼んでいいから、許して?」

沙織「もう!しょうがないなあ」

華「ふふっ、お会計は覚悟しておいてくださいね?」

みほ「ええー?怖いなあ。あはは」

………



麻子「…………」

優花里「…………」

みほ「ん?どうしたの二人とも?」

みほ「あんまり食べてないね」

麻子「いや、十分食べてるさ。元々小食だしな」

優花里「ええ。私も十分いただいてます!」

みほ「……もしかして警戒してるの?」

麻子・優花里「ビクッ」

みほ「『ただ今より毒ガス訓練を開始する!!』って?あはは、しないって」

みほ「あんな技術がそもそもないし。今回は本当に労いだから」

みほ「ねっ?」

麻子「そ、そうか」

優花里「あ、安心しました」

みほ「ふふっ」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:33:29.27 ID:HTDsUyxq0
次の日

みほ「じゃあ続きやろっか」

沙織・優花里・華・麻子「…………」

みほ「今回は、前回の順位を参考にして個別訓練にするね」

みほ「1位の優花里さんは単純な暴力」

みほ「2位の麻子さんも、単純に痛みに耐えてもらえばいいかな」

みほ「3位の華さんはウォーターボーディングね」

みほ「最下位の沙織さんは…クスッ…」

みほ「言っちゃいけないことは"今日の朝食"でいいや。分かりやすいし」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:34:55.10 ID:HTDsUyxq0
みほ「まずは優花里さん!向こうの部屋まで行こっか!」

優花里「ぱ、パンと目玉焼きとサラダとコーヒーですぅ!」

みほ「ええ?詰まんない……」

麻子「きょ、今日はクッキーをかじっただけだ!」

華「わ、私は、ご飯と、アジの開きと、お味噌汁と、キャベツの千切りと、茶碗蒸しと、お漬物でした!」

沙織「私はパンとスクランブルエッグ!」

みほ「はぁ……みんなそういうことしちゃうんだ。しかも全員本当のこと言ってるし……」

みほ「ふ〜ん」クスクス

優花里「(ト、トラの尾を踏んだかもしれませんね……)」

みほ「それじゃあ、この練習は終わりしよっか。みんながそこまで嫌がってるとは思わなかったよ。ごめんね?」

華「い、いえ」

みほ「今日はもうビデオでも見てすごしてよ」

沙織「ビデオ?」

みほ「うん。私がこの前つくった、戦車道精神を説いたビデオ」

麻子「わ、悪いんだが今日は用事が……」

みほ「突然、用事ができたの?クスクス…ダメだよそんな嘘?」

みほ「私、みんなの生活ルーティンとここ数週間の予定全部押さえてあるんだから」

麻子「…………」

みほ「みんなで仲良く、ね?」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:35:28.22 ID:HTDsUyxq0
みほ「ささ、みんな視聴覚室に入って!」

沙織・優花里・華・麻子「…………」タジタジ

みほ「ほら入る!」ドン

バタン

みほ「まずはみんなを清めてあげるね」

みほ「このL○Dの原液をっと」ピチャ

沙織「っ!?」パチャ

みほ「このドラッ……液体はね、経口摂取する必要すら無くって、皮膚からの吸収で十分に効果があるんだよ」

みほ「ちなみに致死量が未だによく分かってないぐらいには安全な(?)液体だから、心配しないでね」パシャ

沙織「うぇ……なんか目が回る」

みほ「これはオ○○心理教が使ってたっていう拷も…洗の…ゴニョゴニョ…なんだけどね」

みほ「トリップさせた状態で、死ぬほど大音量で教えを説くの。そうすると、みーんな素直になるんだって…クスクス…ホントかなあ?」

みほ「後で結果教えてね!」ニコッ

バタン

麻子「ま、待てっ……!」



スピーカー『そ れ で は 西 住 み ほ に よ る。戦 車 道 講 座 を 始 め ま す』ガンガンガンガン



華「っ!なんて音なんでしょう!」

沙織「うるさいよお!誰か止めてよお!」

麻子「くっ……眠ってしまおうとしても、この音じゃ眠れん!」

優花里「即席の耳栓をつくってはみましたが、何の意味もありませんね……」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:36:27.83 ID:HTDsUyxq0
半日後

ガチャ

みほ「お疲れ。ビデオ面白かった?」ニコ

沙織「あ……、え?」キーン

みほ「ああ、耳が聞こえづらいか」

みほ「ふふ、でもみんな恍惚とした顔してるし、良かったのかな」

麻子「うぁ……」

みほ「あはは、何言ってるか分かんないや」

みほ「あはははは」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:36:58.51 ID:HTDsUyxq0


―――――
―――


エリカ「――みたいなことしてんでしょ?」

みほ「してませんっ!」

エリカ「じゃなきゃ、あんたが友達なんて作れるわけないものね?」クスッ

みほ「もう!」

エリカ「ふふっ」

みほ「クスクス…ほんと、逸見さんは意地の悪い冗談が好きなんだから」

クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス
 クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス
クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス 
 クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス
クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス クスクス 

み    エ       同
   「  リ カ も  じ  と してあげるね ?」ニコッ
 ほ     さん      こ


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:38:40.52 ID:HTDsUyxq0

………………
………


エリカ「ひっ!?」ガバッ

エリカ「ゆ、夢……?」

みほ「あ、おはよーエリカさん」

エリカ「う、うわあああああ!!こ、来ないで!来ないで!」ブンブン

みほ「ど、どうしたの?落ち着いて?私は何もしないよ」

エリカ「はあ……はあ……」

みほ「大丈夫?」

エリカ「え、ええ。ごめんなさい」

みほ「朝ごはんできてるから、食べれそうなら食べて」

エリカ「ありがとう」

蛆  蛆  蛆
 蛆 蛆 蛆
   蛆
蛆蛆蛆蛆蛆蛆蛆蛆
  蛆蛆蛆
 蛆 蛆 蛆
蛆  蛆  蛆

エリカ「ああああ!!」バンッ

みほ「きゃっ……」ビクッ

エリカ「蛆じゃないの!白米じゃなくって!蛆!蛆!うじ!」

みほ「ち、ちがうよぉ。ちゃんとご飯だよ?」

エリカ「嘘つき嘘つき嘘つき!」ガンガンガンガン

みほ「やめっ、殴らな…あぅ……痛いよ……」

エリカ「ああああああ!!!!」ガンッガンッガンッガンッ

みほ「…………」シーン

エリカ「え?」

エリカ「み、みほ?」

みほ「」

エリカ「ち、違う!違う!私じゃない!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:42:56.38 ID:HTDsUyxq0

―――――
―――


エリカ「――みたいなことしてんでしょ?」

みほ「してませんっ!」

エリカ「じゃなきゃ、あんたが友達なんて作れるわけないものね?」クスッ

みほ「もう!」

エリカ「ふふっ」

みほ「クスッ…でも、逸見さんとこんあ風に話せる日が来るとは思わなかったなあ」

エリカ「ん?」

みほ「軽口言い合って、笑い合ってさ」

エリカ「何いきなり恥ずかしいこと言ってんの?」

みほ「あはは
    は  は」

エリカ「ったく」

みほ「こうなれたのも全部、神様おかげだね」

エリカ「神さま……?」

みほ「うん。そうでしょ?戦車道大会の決勝で、私達の目の前に神さまが現れてさ」

エリカ「は、はあ?」

みほ「伽藍 の中で 五戒の 欠片 を拾って」

みほ「お姉 ちゃん が それを 神さま に ささげ て」

みほ「きせ き輪廻 が 曼荼羅 の 中から 逸見 さん と 私 が」

みほ「それ で 解脱 それ から 仲良く」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/28(火) 21:43:35.71 ID:HTDsUyxq0

………………
………


エリカ「…………」パチッ

エリカ「(何か変な夢見た気がする)」

エリカ「まあ、いっか!今日はみほと遊ぶ日なんだし、楽しまなきゃ」
















クスクス…みんなホントに馬鹿なんだから

ふふっ

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/28(火) 21:48:37.31 ID:NEOiVCfQ0
ヒエッ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/28(火) 21:58:09.91 ID:xCrIff890
なんで西住殿は病んでしまうん?
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/29(水) 01:23:22.24 ID:w9bIwGxSO
すぐ病むも何も原作通りだしなぁ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/29(水) 03:38:41.96 ID:aSYQn8I6O
まーた大洗とエリカ
なんなんみほss書くやつって大学選抜編とか見てないの?
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/29(水) 08:21:36.06 ID:lFZveBp+0
君が物語を作れば万事解決だよ。
こういうのはまともなSSの合間にたまに読むくらいなら
いい刺激なんだが、最近はそういうのが少ないからな。
まあ乙
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/03(月) 01:49:54.24 ID:nlrL2jpDO
転載じゃねーか!
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/03(月) 02:10:28.08 ID:nlrL2jpDO
すまねえ誤爆した
15.03 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)