【モバマスSS】雪美「千秋……おねえちゃん……」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 22:10:09.16 ID:B1+eKGaM0
――事務所

P「しまったなー……」

ちひろ「どうしたんですか?」

P「雪美のお仕事とこずえのお仕事の時間が丸被りしちゃいまして」

ちひろ「ええ、そうでしたね。でも、それがどうかしたんですか?」

P「どっちか見てやれる人、今いないんですよ」

ちひろ「……え」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535461808
2 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 22:10:49.20 ID:B1+eKGaM0
P「友紀に来てもらうよう頼んでたんですけど、あいつ、昨日キャッツが惨敗したからってヤケ酒しちゃって」

ちひろ「あー、目に浮かびますわ……。それで二日酔いで倒れているんですね?」

P「その通りです。33-4とかいうアホみたいな点差だったので怒るに怒れず……」

ちひろ「阪神は関係ないですよ?」

P「他の子は軒並み学校で今頼めないし、ちひろさんもここを留守番してもらわないといけない……となると……」

ちひろ「電話すればすぐに駆けつけてくれそうな人、心当たりありますけどね」

P「ですよね。なのでちょっと電話を……」


ガチャ

千秋「その必要は無いわ!!」

P・ちひろ「「!!??」」
3 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 22:15:55.56 ID:B1+eKGaM0
千秋「話は聞かせてもらったわ。私が雪美の付き添いをしましょう」

P「お前……大学はどうしたんだ?」

千秋「こんなピンチに暢気に出ていられる訳ないじゃない!」

P「さては自主休講したなお前! というかタイミング良すぎだろ!」

千秋「ふふっ……たまたま昨日の野球の結果を目にして、雪美がピンチになる予感を感じてね……」

P「なるほど、納得した」

千秋「ふふふふふふ……私は、この時を待ち望んでいたのよ……」

P「……分かりきってるけど聞いてやろう。"この時"って?」

千秋「雪美とのデートよ!!!!」

P「デートって言い切りやがった!」
4 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 22:20:07.07 ID:B1+eKGaM0
千秋「今まであなたや森久保さんに雪美の隣を奪われてきたけど……」

P「言い方に悪意がありすぎる」


(※関連作…【デレマスSS】森久保「雪美さんが一日だけ妹になったんですけど」
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534861615/
 内容読まなくてもこのSSの内容に支障ないです)


千秋「とうとう!私が!このポジション!」

P「説明ッ! じゃなくて!」

千秋「ふふふ……ごめんなさい、ちょっと興奮してしまって……」

ちひろ「千秋さんって、雪美ちゃんのことになると人が変わりますよね……。そんなに雪美ちゃんのこと、好きなんですか?」

千秋「ふっ、どれだけ雪美のことを好きか、教えてあげるわ」

ちひろ「あっ、やっぱいいです」

千秋「雪美は私にとっては水や空気と同じで、必要不可欠な存在よ。いえ、水や空気はそこにあるだけでも幸せは感じないから、少し語弊があるわね……この想いは筆舌に尽くしがたいわね。あ、なんでこんなに私が雪美を想っているか、まず水端から話すべきだったわね、失礼。最初に私が雪美のことを気になったのは……」

P「あーあスイッチ押しちゃった。これは長いですよ」

ちひろ「本当に申し訳ない」
5 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 22:24:14.48 ID:B1+eKGaM0
こずえ「おはよー」

雪美「……おはよう……」

千秋「あら雪美さん、こずえさん、おはよう」キリッ

ちひろ「さっきまで延々と語ってたのに、この人はまた、すごい変わりようね……」

P(どっかのオフ会で見たことある光景だ)

雪美「来る前……声……聞こえた……。お話……してた……?」

こずえ「ゆきみがすきって、きこえたよー」

千秋「え、ええ。雪美さんについてお話してたの」

雪美「ほんと……? ふふ……うれしい……」

千秋「はあ尊い、すき」

ちひろ「さっきまで語彙豊富に喋っていたのに……」
6 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 22:29:04.81 ID:B1+eKGaM0

P「ああ、今日は友紀が来れなくなってな。その代打だ」

雪美「そう……ちょっぴり……ざんねん……」

千秋「でも今日は私がいるから大丈夫よ。一緒についていてあげるわ」

雪美「千秋……来てくれて、よかった……」

P「じゃあさっそく行くか。車に乗るぞ」

千秋「やはり車か……いつ出発する? 私も同行する」

P「千秋院。って今出発するの知ってるだろ! 同行するのも承知だよ!」

ちひろ「しかしこの二人、ノリノリですね

P「んじゃ行ってきます」

ちひろ「では気を付けて、いってらっしゃーい」

こずえ・雪美「いってくるー」「いってきます……」
7 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 22:34:52.09 ID:B1+eKGaM0
P「ちょっと申し訳ないけど、助手席が今ちらかってるから、3人とも後ろに座ってくれ」

千秋(GJ)

こずえ「まんなか、しーとべると、あったっけー?」

千秋「この車、古いから無いのよね。危ないから私が真ん中に座るわ」

雪美「……だめ……私……座る……」

千秋「いえ、ダメよ。雪美さんが座るくらいなら、助手席をなんとか片付けてもらってでも……」

雪美「……ちがう……」

千秋「え?」

雪美「千秋の……膝……座る……」

千秋「…………え……」

P「お、それがいいんじゃないか?千秋も(当然)いいよな?」

千秋「よ、よろしくてございますわよ」

P「動揺しすぎて口調変になってるぞ」
8 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 22:37:51.80 ID:B1+eKGaM0
――移動中

P「今日は雪美は写真撮影で、こずえはライブだからな。二人とも、大丈夫だよな?」

雪美「うん……任せて……」

こずえ「おうたもおどりも、おぼえたよー……たのしみー」

P「それは頼もしいな」

千秋(シートベルトで体が密着して……顔の近くに……髪が……)

P「そういえば千秋、さっきから静かだけど、大丈夫か?」

雪美「……息……熱い……。千秋……大丈夫……? 暑くない……?」

千秋「……大丈夫よ……」
9 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 22:41:56.05 ID:B1+eKGaM0
――到着後

P「ごめんな、さすがに暑かっただろ?」

千秋「しあわせ」

P「は?」

千秋「雪美の体温を感じられて、しあわせだったわ」

P「そう……心配して損したわ……」

千秋「髪がね、匂いが良くて、触りごこちも良くて、最高だった」

P「分かったから。報告しなくていいから」

千秋「胸いっぱいで誰かに言わないと辛いのよ、分かって!」

P「……頼むから仕事中はちゃんとしてくれよ?」

千秋「当然よ。雪美のサポートは完璧にやってみせるわ、見てなさい」

P「いや現場違うから見れないけどな?」
10 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 22:46:02.14 ID:B1+eKGaM0
雪美「千秋……早く……」袖クイクイ

千秋(あら、ごめんなさい。行きましょう)「袖クイクイするの可愛すぎでしょ」

P「括弧が逆になってるぞ。じゃあ俺らはこずえの会場の方に向かうから、頑張ってな」

雪美「がんばる……こずえも……がんばって……」

こずえ「……すぅー」

千秋「寝てるけど、こずえさんなら大丈夫でしょうね」
11 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 22:50:15.47 ID:B1+eKGaM0
――楽屋

雪美「衣装…………着にくそう…………」

千秋「そうね、ちょっと一人じゃ着るの難しそうね。私が手伝ってあげるわ」

雪美「ふふ……ありがとう…………お姉ちゃん、みたい……」

千秋「おねえちゃん」

雪美「うん……ちあき、おねえちゃん……よろしくね……」

千秋「」

雪美「……おねえちゃん……?」

千秋「」

雪美「……きれいな顔して……しんでる……」

千秋「……はっ。ごめんなさい、ちょっと尊さと幸せを噛みしめてたわ」

雪美「……?」

千秋「それより、早く着替えちゃいましょうか」
12 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 22:58:02.03 ID:B1+eKGaM0
雪美「……んしょ……」スルスル

千秋(雪美さんの体……綺麗……名前の通り、雪のように美しいわ」

雪美「……ありがとう……」

千秋「ご、ごめんなさい、声に出てたわね……」

雪美「……?」

千秋「え、えっと、それじゃあ、バンザイして」

雪美「うん……」

千秋(わき! お腹!! へそチラ!!!)

スルスル

千秋「これ、なかなか重いわね……どう、大丈夫かしら?」

雪美「……ちょっと……重い…………フリフリ……かわいい……」

千秋「そうね、雪美と合わさって最強に可愛いわ」
13 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 23:04:04.83 ID:B1+eKGaM0
雪美「髪……結んで……?」

千秋「髪さらさら! 何食べたらこんな美しい髪になるの!? あぁ〜好き!」シュルシュル


雪美「靴ひも……結んで……?」

千秋「足も綺麗よね……はぁ……良い……」ナデナデ

雪美「……むぅ……靴ひも……」

千秋「ご、ごめんなさい」シュルシュル


雪美「……着れた……どう……?」クルクル

千秋「女神」

雪美「……たくさん……褒めてくれて……うれしい……ありがとう……」

千秋「」

雪美「……無言で……拝まないで……」
14 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 23:09:29.95 ID:B1+eKGaM0
――写真撮影時

カメラマン「はい次はこのポーズとってー!」

千秋「そのポーズも可愛すぎ! 顔もっとキメて!」

雪美「……」ドヤ

カメラマン「いいねいいねー」パシャパシャ

千秋「決め顔……最高……私も写真に撮らなきゃ」パシャパシャパシャパシャ

カメラマン「次はこう、ちょっと切なそうな顔してもらえるかい」

雪美「……うん……」

千秋「……あぁ、その表情……良い……見てるだけで私も切なくなるわ……」

カメラマン(なんかコメント奪われてるような)パシャパシャ
15 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 23:10:53.13 ID:B1+eKGaM0
――写真撮影時

カメラマン「はい次はこのポーズとってー!」

千秋「そのポーズも可愛すぎ! 顔もっとキメて!」

雪美「……」ドヤ

カメラマン「いいねいいねー」パシャパシャ

千秋「決め顔……最高……私も写真に撮らなきゃ」パシャパシャパシャパシャ

カメラマン「次はこう、ちょっと切なそうな顔してもらえるかい」

雪美「……うん……」

千秋「……あぁ、その表情……良い……見てるだけで私も切なくなるわ……」

カメラマン(なんかコメント奪われてるような)パシャパシャ
16 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 23:11:20.80 ID:B1+eKGaM0
連投ミス失礼
17 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 23:28:04.89 ID:B1+eKGaM0
――写真撮影後、楽屋

雪美「……うまく撮れた……お姉ちゃん……ありがとう」ニコ

千秋「」

雪美「……また……しんでる……」

ポスッ

雪美「ひざ……借りるね……」


〜〜〜〜


ガチャ

P「お疲れ様。どうだった?」

雪美「……すぅ……」

千秋「……あぁ……」

P「千秋が雪美に膝枕しながら天に召されてる……ゆきみを摂取しすぎたんだ……」

こずえ「ふたりとも、なかよし、ねー。ぷろでゅーさーも、ひざまくら、してー」

P「おう、帰ってからなー」
18 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 23:34:07.31 ID:B1+eKGaM0
――後日、事務所

P「千秋、この前の写真撮影で、カメラマンさんめちゃくちゃ褒めてたぞ。なんだか、名アシスタントぷりを発揮したとか」

千秋「ええ、当然よ」

P「んで雪美もめちゃくちゃ褒めてたぞ。写真バッチリだったみたいだ。良かったな」ナデナデ

雪美「ふふ……千秋……たくさん……ほめてくれたの……」

千秋「だって、美しすぎたもの」

雪美「…………いい表情…………たくさん……できた……」

P「そうかそうか、褒められてめちゃくちゃ自信がついたんだな」

こずえ「ゆきみー、ちょっといいー?」コショコショ

雪美「……? やってみる……千秋……ちょっと、しゃがんで……?」

千秋「?」


雪美「おねえちゃん、ありがとう……」ナデナデ


千秋「……ュ……」パラパラ……

P「消滅してる……だと……」


おわり
19 : ◆qTT9TbrQGQ :2018/08/28(火) 23:36:11.46 ID:B1+eKGaM0
千秋のキャラ崩壊させすぎた感がさすがにすごい。千秋Pごめんなさい。でもこういうの書くのすげえ楽しい。

HTML化依頼出してきます(した)
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/29(水) 01:14:15.13 ID:4dLhjcCXo
おつー
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/29(水) 04:36:28.57 ID:CbYp0QJDO
なんだ。いつもの黒川さんか
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/30(木) 20:16:03.81 ID:yp8UOxf0o
森久保と雪美の時のは微笑ましい姉妹って感じだったのにどうしてこうなったwwww
11.91 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)