穂乃果「μ'sのラジオ」花陽「スクールアイドルラジオ放送局です」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 22:45:50.02 ID:zGvDQncQO
希×真姫×ことり
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1535031431/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535550350
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 22:52:07.11 ID:zGvDQncQO
プッ、プッ、プッ、ポーン

穂乃果「ラジオの前の皆んな!μ'sの高坂穂乃果だよ!今日も元気してるかな?私は今日も元気だよ〜」

花陽「あの〜…」

穂乃果「どうしたんだい?マイフレンド」

花陽「マイフレンド…。穂乃果ちゃん、テンション高いね」

穂乃果「当たり前じゃない。ラジオだからね」

花陽「そ、そっか…」

穂乃果「うん。でも、もうこのキャラに限界を感じて来たからいつも通りに行こうかな」

花陽「限界早いね…。まだ始まったばかりだけど」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 22:56:14.73 ID:zGvDQncQO
穂乃果「おっと!始めにタイトルコールやっておこうか?こないだ忘れちゃったからね」

花陽「うん。そうだね」

穂乃果「じゃあ、いくよ?μ'sの」

花陽「え?スクールアイドル放送局!」

穂乃果「イエーイ。始まり始まり〜」

花陽「なんか少し違う様な」

穂乃果「いや〜一気に喋ったら喉乾いちゃったよ。ちょっとごめんね」

花陽「開始早々既に飲み物がなくなりそうだね…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 23:02:46.57 ID:zGvDQncQO
穂乃果「うん。これ…なんか真姫ちゃんの差し入れみたいだね」

花陽「そっか。前回真姫ちゃんだったんだもね」

穂乃果「私が飲んでるのはグレープフルーツジュース…真姫ちゃんも凝った飲み物を選ぶよね」

花陽「凝ってるかな?」

穂乃果「花陽ちゃんの何?超神水?」

花陽「違うよ。りんごジュースだよ」

穂乃果「そっかぁ」

花陽「そうだよ。私、カリン塔に登った事はないよ」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/29(水) 23:08:11.09 ID:5d/V5usfO
お、新作待ってたよ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 23:08:37.41 ID:zGvDQncQO
穂乃果「実は今回二度目なんだよね?」

花陽「うん。前回私は海未ちゃんと。穂乃果ちゃんはにこちゃんとやったんだよね」

穂乃果「そうなんだよ〜。あの後海未ちゃんに怒られたんだよ」

花陽「そういえば怒られてたね」

穂乃果「前回のラジオで海未ちゃんについて喋ったからね〜。主ににこちゃんなのにさ。悪いのは」

花陽「それは…どうかな?」

穂乃果「でも、海未ちゃん聞いてるんだね。下手な事喋らないね」

花陽「普通の事を喋れば平気だと思うけど」

穂乃果「ん〜…そうかぁ。因みに花陽ちゃんはどうなの?他の人達のは聞いたの?」

花陽「うん。ちゃんと聞いてたよ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 23:14:11.44 ID:zGvDQncQO
穂乃果「へ〜。ことりちゃん達のも聞いた?」

花陽「うん」

穂乃果「そっか。誰が一番上手かった?」

花陽「え?上手い?」

穂乃果「いや…ラジオの話ね?」

花陽「そうだよね。ん〜…皆んな上手だったけど…絵里ちゃんと凛ちゃんは本当に初めてなのかなって思ったかな」

穂乃果「あ〜あの二人ねぇ」

花陽「ことりちゃん達も聞いてて可愛かったし」

穂乃果「あの回だけ三人でやったんだもんね」

花陽「人数の都合上ね」

穂乃果「まさに、女三人集まればやかましいって回だったよね」

花陽「かしましいだよ。穂乃果ちゃん」

穂乃果「あ〜そうそう。間違えちゃった」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 23:16:59.38 ID:zGvDQncQO
花陽「全然…なんか悪いイメージになっちゃうよ」

穂乃果「う〜ん。そっか」

花陽「うん」

穂乃果「あの、花陽ちゃん達はどうだったの?やってみて自分で」

花陽「私と海未ちゃんは…ちょっと緊張しちゃって上手く話せたか…」

穂乃果「今は結構普通に喋ってるけどねぇ」

花陽「う〜ん。初めてだったし…」

穂乃果「そっか。あっ!それで思い出した」

花陽「え?何?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 23:20:18.48 ID:zGvDQncQO
穂乃果「あのさ、前々から思ってた事なんだけどね」

花陽「うん」

穂乃果「ほら、精神力が弱かったりする事を豆腐メンタルって言うでしょ?」

花陽「うん。言うね」

穂乃果「あれ?どうなの?豆腐メンタルって。豆腐別に弱くないよね?あれって筋肉に凄い良いらしいよ?ほら、食物繊維が豊富だからさ」

花陽「食物繊維?」

穂乃果「そう。だからね」

花陽「タンパク質じゃなくて?」

穂乃果「うん。だからさ、豆腐メンタルって言うのはあまり…どうかなって思うんだけど」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 23:23:35.93 ID:zGvDQncQO
花陽「あの…穂乃果ちゃん…」

穂乃果「何?」

花陽「今日のラジオ…穂乃果ちゃんの悪い所が前面に出てるよ…」

穂乃果「え?私の悪い所?」

花陽「うん」

穂乃果「花陽ちゃんがそんな事言うなんて…私、よっぽどなんだね!」

花陽「なんで嬉しそうなの…」

穂乃果「まあ、と言う事でさ」

花陽「え?どう言う事?」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 23:29:44.40 ID:zGvDQncQO
穂乃果「なんと今日はゲストが来ています」

花陽「あっ、そうだね。このタイミングで登場するのもなんだか申し訳ないね」

穂乃果「さっ、それでは登場して頂きましょう。一体誰が登場するのか〜この人だぁ!ワンツースリー」

花陽「懐かしフレーズだね」

英玲奈「こんばんは。統堂英玲奈だ。チャームポイントは泣きぼくろだ」

穂乃果「わ〜英玲奈さん。こんばんは」

英玲奈「今日はよろしく頼む」

花陽「こ、こちらこそ。よろしくお願いがしまふぅ」

穂乃果「しまふって…」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 23:36:12.44 ID:zGvDQncQO
穂乃果「英玲奈さんはどうなんですか?ラジオは初めて何ですか?」

英玲奈「そうだな。初めてだな」

穂乃果「そっか、そっか。でも大丈夫ですよ!誰でも最初は初心者だからねぇ」

花陽「大御所感が凄い…」

英玲奈「そうか。じゃあ、今日は胸を借りるつもりでよろしく頼む」

穂乃果「任せて下さい。二つありますから片方貸せますよ」

花陽「穂乃果ちゃん…それは…」

英玲奈「あははは。高坂穂乃果は面白いなぁ」

穂乃果「え?そうですか?まあ、実は私もまだラジオ二回目なんで初心者みたいなものなんですよね」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 23:39:19.95 ID:zGvDQncQO
英玲奈「全然そうは見えないけどな」

穂乃果「そうですか?元々お喋りな方ですけど。それがいいんですかね?」

英玲奈「そうかもしれな。生まれ持った才能があるのかもしれない」

穂乃果「そうかなぁ」

花陽「うん。きっとそうだよ。それだけスラスラ喋れて羨ましいよ」

穂乃果「そっかぁ。じゃあ、今度から面接で特技はお喋りって書こうかな」

花陽「もうちょっと書き方があると思うけど」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 23:48:59.34 ID:zGvDQncQO
穂乃果「そっか」

花陽「あの、せっかくだしもっと英玲奈さんの事を…」

穂乃果「あっ、そうだね」

英玲奈「私の事?」

花陽「あっ…ダメ…ですか?」

英玲奈「いや、全然構わないが」

花陽「本当ですか!」

英玲奈「あぁ…特に面白い話はないかもしれないが…」

花陽「あの!英玲奈さんの髪って凄い綺麗ですよね!ロングヘアでお手入れとか大変そうなのに。何か特別気をつけていたりするんですか?トリートメントとかシャンプーとか…」

穂乃果「水を被るとアヒルになっちゃう奴だね!」

花陽「それはムースだよ、穂乃果ちゃん…」

英玲奈「特別何かに拘ったりはしていなけど…まあ、それなりに手入れはしているかな」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/29(水) 23:51:23.34 ID:zGvDQncQO
花陽「そうなんですか。なんか、凄い綺麗な髪だから」

英玲奈「ありがとう。私は小泉花陽の髪も綺麗だと思うぞ。もちろん、高坂穂乃果のも」

花陽「え?本当ですか?」

英玲奈「私は嘘が嫌いだ」

穂乃果「いやぁ…これは嬉しいね?」

花陽「うん!」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/30(木) 00:48:44.98 ID:ymAPTfhHO
今度はいつ飛行機ぶんぶんして自演してID変えまくるのか期待してるよww
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/30(木) 17:46:38.08 ID:Uf3Hnvcwo
それで?
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 21:25:56.85 ID:8jzzS9c50
穂乃果「髪もそうですけど…英玲奈さん背も高いですよね?」

英玲奈「ん?あぁ…そうかな」

穂乃果「何センチあります?」

英玲奈「163だっかな…確か」

穂乃果「わ〜私より6センチでかい」

花陽「高身長…憧れます」

英玲奈「そうか…あまり気にした事なかったけど」

穂乃果「絵里ちゃんとどっちが大きいかな?」

花陽「あっ、絵里ちゃんも大きいもんね」

英玲奈「同じくらいじゃないか?」

穂乃果「う〜ん。絵里ちゃん何センチって言ってたかなぁ」

花陽「意外とあんじゅさんも大きいですよね?」

英玲奈「そうだなぁ。私より少し小さいくらいじゃないか」

穂乃果「じゃあ、やっぱりツバサさんが一番小さいのかな」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 21:31:42.78 ID:8jzzS9c50
英玲奈「そうだな。ツバサが一番小さいな」

穂乃果「は〜そうなんですね」

英玲奈「本人は身長の事は気にしてないって言うんだがな…多分本心では気にしてるぞ。あれは」

花陽「それ…ラジオで言っちゃっていいんですか?」

英玲奈「問題ないだろ。ツバサはそんな事で怒ったりはしないだろうし。はっはっはっ」

穂乃果「やっぱり仲良いですよね。喧嘩とかするんですか?」

英玲奈「私達が?」

穂乃果「はい」

英玲奈「そうだなぁ…これと言って喧嘩はないかなぁ」

穂乃果「あ〜やっぱり」

花陽「でも、過去にした事はあるんですか?」

英玲奈「そりゃあな。なんだかんだ言って私達もまだ高校生だしなぁ」

穂乃果「え?どんな事で?」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 21:38:57.00 ID:8jzzS9c50
英玲奈「本当に些細な事だぞ。私があんじゅのケーキを間違えて食べてしまったりあんじゅが読んでる本をツバサがネタバレしてしまったり」

穂乃果「基本的にあんじゅさんは被害者なんですね」

花陽「あんじゅさんが怒ってる姿とかあまり想像出来ない」

英玲奈「まあ、昔の話だしな」

穂乃果「へ〜。でも、少し安心したよね?A-RISEでも喧嘩するんだね」

花陽「そうだね」

英玲奈「μ'sはどうなんだ?」

穂乃果「しますよ〜喧嘩。真姫ちゃんとにこちゃんなんてしょっちゅうしてますし」

花陽「あの二人のは喧嘩って言うか…いつものやつだよね」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 21:48:02.74 ID:8jzzS9c50
穂乃果「まあ、喧嘩する程仲が良いってヤツです」

英玲奈「なるほどな」

穂乃果「でも、花陽ちゃんと凛ちゃんは喧嘩しないよね?幼馴染コンビ」

花陽「そうだねぇ。あまりした事ないかも」

英玲奈「幼馴染ってそう言うものなのか?」

穂乃果「いえ、私と海未ちゃんなんか小さい頃からずっと一緒にいますけどしょっちゅう喧嘩してますよ?」

英玲奈「園田海未と?」

穂乃果「はい」

英玲奈「意外だな。園田海未が喧嘩するのか」

穂乃果「全然意外じゃないですよ。ねえ?」

花陽「え、えっと…」

穂乃果「仲は凄く良いですけどね!喧嘩はしますよね〜」

英玲奈「そうなんだな」

穂乃果「怒られるんですよ。こないだもピーマン残すなとか。自分だって炭酸飲まないのに言ってくるんですから」

英玲奈「ほ〜」

穂乃果「まあ、でも好き嫌いは仕方ないじゃないですかね?こればっかりは。個人差ありますからね。夏がダメだったりセロリが好きだったり」

花陽「なんか聞いた事あるけど…」

英玲奈「私はセロリはダメだなぁ。あまり好きじゃない」

穂乃果「私もです〜」

花陽「穂乃果ちゃんダメなんだ…」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 22:26:38.71 ID:IrwjlrqUO
穂乃果「うん。あまりにも好きじゃない」

花陽「あまりにも…」

穂乃果「だって食べれる訳がないじゃん。ピーマンの苦いのが嫌なのにさセロリなんて食べれる訳がないじゃん」

花陽「そっか…。ピーマンと言うより苦いのが嫌なんだね」

穂乃果「そう。苦くなければ食べれるんだよ。ピーマンだって」

花陽「それは最早ピーマンじゃないよね」

英玲奈「パプリカだったら食べれるんじゃないか?」

穂乃果「パ〜プリカですか?きっとダメですね。明るい未来が見えないです」

英玲奈「そうなのか?パプリカはピーマン程苦くはないけどなぁ」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 22:33:47.83 ID:IrwjlrqUO
穂乃果「って言うか花陽ちゃんは嫌いな食べ物とかないの?聞いた事ないけど」

花陽「ないよ」

穂乃果「ないの?」

花陽「うん」

英玲奈「それは割と凄いな…」

穂乃果「ですよね?」

花陽「そうかなぁ」

穂乃果「そうだよ。幸せな事だよ?」

花陽「うん。それは私もそう思うよ」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 22:45:05.98 ID:IrwjlrqUO
英玲奈「本当になんでも食べれるのか?」

花陽「食べ物なら…」

穂乃果「激辛の料理とかでも?」

花陽「常識の範囲内でなら」

英玲奈「まあ、度がすぎると最早食べ物ではないからな」

穂乃果「劇薬ですよね。武器として使えそう」

花陽「程々が良いですよね。辛いのも」

英玲奈「そうだな」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 22:53:49.74 ID:IrwjlrqUO
穂乃果「あっ!こんな話知ってます?」

英玲奈「ん?」

穂乃果「女の子は砂糖とスパイスで出来てるんですよ」

花陽「へ〜そうなんだ」

穂乃果「そうなんだって。要するに女の子は甘〜くてちょっと刺激的って事かな?」

花陽「なるほど」

英玲奈「マザーグースだな」

穂乃果「え?マザー…なんて言ったんですか?」

英玲奈「マザーグースさ。砂糖とスパイスと素敵な何かで出来ているが正解かな」

穂乃果「は〜そうなんですね。絵里ちゃんそう言ってたのかなぁ」

花陽「絵里ちゃんに教えて貰ったんだ。絵里ちゃん好きそうだもんね。そう言うの」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 23:07:12.37 ID:IrwjlrqUO
穂乃果「そう言うの?」

花陽「え?」

穂乃果「いや、今絵里ちゃんが好きそうって」

花陽「え?あぁ…その話ね。まさかそこにくいつくとは思わなくて」

英玲奈「絢瀬絵里は好きなのか?マザーグースとか」

花陽「いえ…そう言う事ではなくて。こう言うちょっとお洒落な感じの名言と言うか…あの…流してください」

英玲奈「そうか」

穂乃果「と言うかマザーグースって誰なのかな?教会の人?」

英玲奈「違う違う。マザーグースと言うのは人の名前ではなくて童謡の総称だ」

穂乃果「へ〜童謡の…」

英玲奈「有名どころではハンプティダンプティとか」

穂乃果「あ〜…なるほど」

花陽「穂乃果ちゃん…」

穂乃果「まあ、あれですよね?アンデルセンとかイソップ物語的な奴ですよね?」

英玲奈「そうだな」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 23:10:28.34 ID:IrwjlrqUO
穂乃果「って…おっと。ここら辺で一曲紹介しなきゃいけないみたいだな」

花陽「あっ、もうそんな…」

穂乃果「え〜それでは聞いてください。A-RISEでPrivate Warsです」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/30(木) 23:16:47.74 ID:8LPQiGfgO
なぜか英玲奈は激辛料理でも平気でたいらげそうなイメージある
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 23:16:59.73 ID:IrwjlrqUO
穂乃果「はい。今お聞きいただいた曲はA-RISEでPrivate Warsでした」

花陽「良い曲だよね」

穂乃果「実はこの曲を聴いてスクールアイドルの事を知ったんだよね」

花陽「そうなの?」

穂乃果「うん。そう…あ〜そう言えば!あの時花陽ちゃんも居たでしょ?」

花陽「え?あの時?」

穂乃果「そう。今思い出したよ。多分居たよ。なんか初めて話した時どこかで見た事あるなぁって感じてたんだよね。今繋がったよ」

花陽「穂乃果ちゃん、ごめん。ちょっと覚えてないかも」

穂乃果「え〜そう?」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 23:24:36.52 ID:IrwjlrqUO
穂乃果「で…リスナーの皆は気づいてるのかな?英玲奈さん帰っちゃいました」

花陽「挨拶して行きたいって言ってたんだけどね。時間の都合で…」

穂乃果「また機会があったらね。英玲奈さんにも来てもらいたいね。ツバサさんとあんじゅさんにも」

花陽「うん」

穂乃果「どう?英玲奈さんと一緒にやって緊張した?」

花陽「少し…緊張しました。でも、なんか思ったより話せたかな」

穂乃果「そっかぁ。それは良かった」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/31(金) 04:20:07.22 ID:+qlrC8asO
早く飛行機飛ばしてお得意の自演見せてよ
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/31(金) 07:27:31.91 ID:mPyGUdmuo
キュウケイチュウヨ
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/31(金) 15:52:36.52 ID:wXw3P3cr0
イッチくん結局ことり「穂乃果ちゃん、海未ちゃん。久しぶり」はエタ?
やっぱりシリアスは苦手なのかね…
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/31(金) 22:18:24.58 ID:KozSmhXNO
ある意味始まりの曲なんだなぁ…
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/01(土) 22:57:49.23 ID:XEWvScEM0
花陽「うん」

穂乃果「んふふ…さて、お便りが来ているので紹介しましょう」

花陽「なんか、穂乃果ちゃん本当にラジオの進行がそれっぽくなって来たね」

穂乃果「そう?」

花陽「うん」

穂乃果「そっか。え〜ラジオネーム、えっと…なんて読むのかな?」

花陽「どれ?えっと…む…は…え?いちじくって読むんですか?」

穂乃果「あ〜これでいちじくって読むんだ…どうやって読めばそうなるんだろ」

花陽「難しいね」

穂乃果「出来れば平仮名にして欲しいね。ラジオネーム無花果大好きさんからのお便りです。穂乃果ちゃん、花陽ちゃんこんばんは」

花陽「こんばんは〜」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/01(土) 23:09:25.44 ID:+vhcwomiO
穂乃果「こないだ久々に動物園に行きました。社会人になってから動物園に行く機会はなかったのでとても楽しかったです。中でもやはりライオンは迫力がありました。さすが百獣の王!でも、一緒に行った子はゴリラが一番強いと言っていました。僕はライオンが一番強いと思うんだけどな〜。お二人はどの動物が一番強いと思いますか?」

花陽「え?一番強いと思う動物?好きなじゃなくて?」

穂乃果「うん。一番強い動物だってさ。好きだよね〜男の子はそう言うの。何が一番強いとかさ。小学校の時もクラスの子が一番強い漫画のキャラクターは何かとか相撲とボクシングどったが強いとか話してたよ」

花陽「うん。私達はあんまり話さないかな?」

穂乃果「やっぱりライオンじゃないの?ゴリラも強そうだけどさ」

花陽「なんかね。前にテレビでやってたけど…カバさんも結構強いって…」

穂乃果「カバが?」

花陽「うん。足とかも物凄く早いんだって」

穂乃果「え〜のんびりしてるイメージがあったなぁ」

花陽「ライオンとかワニも返り討ちにしちゃうんだって」

穂乃果「え〜そうなんだ。まあ、普段温厚そうな見える人も怒ったら怖かったりするもんね」

花陽「そうだね」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/01(土) 23:17:53.84 ID:+vhcwomiO
穂乃果「まあ…後は像とかは強いと言うか…でっかいもんね」

花陽「陸上じゃ圧倒的かもね」

穂乃果「ね!水中も含めるとさシャチとかクジラもいるじゃん?強いとはまた別かもしれないけど圧倒的にデカイ動物は手の出しようがないから。ん〜難しいね。最強の動物って言っても」

花陽「想像の域を出ないもんね」

穂乃果「そう言う事だよね。結論が出ないんだよね。結局この手の話って…。なんで男の子はこう言う話が好きなのかねぇ」

花陽「ロマンなのかな?」

穂乃果「ねえ。さっ、次のお便り行こうか」

花陽「うん」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/01(土) 23:29:39.13 ID:+vhcwomiO
穂乃果「ラジオネーム、ラーメンマンさん。穂乃果さん、花陽さん、こんばんは。は〜い、こんばんは」

花陽「こんばんは」

穂乃果「聞いてください。なんと、来週の休みの日に好きな子をデートに誘う事が出来ました。なんとしても成功させたい所ではありますが女の子とデートするのは初めてなのでどこに行けばいいか悩んでいます。穂乃果さんと花陽さんは理想のデートコースはどこですか?参考までに教えて下さい」

花陽「わ〜初デートなんだぁ。おめでと〜」

穂乃果「ねえ?凄いね!花陽ちゃんは…あるの?」

花陽「ないよぉ。まだ一回もした事…ありません。穂乃果ちゃんは?」

穂乃果「男の子とはないねぇ」

花陽「そうだよねぇ」

穂乃果「え?やっぱりそう見える?」

花陽「あっ、違うの。ほら?一応アイドルだし女子校だからって意味でね」

穂乃果「そんな本気でフォローしないでよ。ちょっと傷付くよ…」

花陽「ご、ごめん…」

穂乃果「いや…うん…えっと…ある?理想のデートコースとか」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/01(土) 23:32:18.49 ID:JJwQEV9LO
カバ最強説は定番やね
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/01(土) 23:34:45.43 ID:+vhcwomiO
花陽「そうだなぁ…ん〜…私は…遊園地とかかな?」

穂乃果「お〜遊園地デート!」

花陽「うん。水族館とか…それこそ動物園とかもいいかなぁ」

穂乃果「あっ!さっきの無花果さんもデートで行ったのかな?」

花陽「あ〜どうかな?」

穂乃果「花陽ちゃんは結構アウトドア志向なんだね」

花陽「した事ないから…思い浮かぶのがそれしか…穂乃果ちゃんはどうなの?」

穂乃果「私?」

花陽「うん」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/01(土) 23:40:36.04 ID:+vhcwomiO
穂乃果「まあ…マリンルージュ行って〜大黒埠頭で虹を見てそれでシーガーディアンに行くかなぁ」

花陽「うん…穂乃果ちゃんはそこがどこだか知ってるの?」

穂乃果「知らない。全部歌情報」

花陽「そっか…」

穂乃果「まあ…でも、本音言っちゃうと好きな人となら何処に行っても楽しいんだろうね。ちょっとあざといかな?」

花陽「ううん。そんな事ないよ。その通りだよ」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 00:03:40.94 ID:lE9pV8dX0
穂乃果「あっ!グルメデートかしたい!」

花陽「え?凄い楽しそう!」

穂乃果「だよね、だよね?商店街食べ歩きとかさ」

花陽「わ〜凄い楽しそう」

穂乃果「今度行く?」

花陽「私と穂乃果ちゃんで?」

穂乃果「うん」

花陽「楽しそう」

穂乃果「お肉屋さんのメンチカツとかさ〜考えただけでヨダレが出ちゃう」

花陽「話してたらお腹が空いて来ちゃったよ〜」

穂乃果「だね。食べ物の話はここら辺でお終いにしておこうか」

花陽「はい。じゃあ、次は私がお便りを紹介します」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 00:21:08.85 ID:lE9pV8dX0
花陽「え〜ラジオネーム、恋したハニカミさんからのお便りです。穂乃果さん、かよちゃんこんばんは」

穂乃果「こんばんは〜」

花陽「こないだ好きな子に思いを伝えようと夜な夜なラブレターを書きました。次の日の冷静になって読み返すと歯の浮くようなセリフの羅列に思わず布団に顔を埋めてしまいました。ラブレターを渡す前に気がついて良かったです」

穂乃果「あ〜あるよねぇ。ラブレターは書いた事ないけどさ。夜中に考えた事って次の日冷静になってみるとね」

花陽「うん」

穂乃果「夜中思いついた面白い事とか次の日学校でやるとだいたいすべるし」

花陽「穂乃果ちゃん…すべるんだ…」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 00:27:51.89 ID:lE9pV8dX0
穂乃果「うん。まあ、私もそうなんだけど海未ちゃんもそうなんだよ」

花陽「海未ちゃんが?あんまり想像出来ないけど…」

穂乃果「まあ、基本的に海未ちゃんが夜更かしとかあまりないけどね。なんか夜中に考えたポエムを次の日学校で披露して…なんかこのラジオ海未ちゃんのエピソードトークが多いね」

花陽「そうだね。全体的に…海未ちゃんの話多いかも…」

穂乃果「まあ、でも深夜のテンションって変になるからね」

花陽「私もあまり夜更かしはしない方だから…でも、眠い時って変になるよね」

穂乃果「そう。あとさ、今のお便りで気になったのが」

花陽「うん」

穂乃果「あっ!このご時世にラブレターなんだって!ほら、今時ってメールとかで済ませる事が出来るじゃん?」

花陽「そうだね」

穂乃果「なのに手書きでって結構ポイント高いんじゃないかな?」

花陽「思いは伝わるよね」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 00:45:35.79 ID:lE9pV8dX0
穂乃果「でしょ?まあ、どんな内容のラブレターを書いたのかは分からないけどさ。出してみたら成功してたかもしれないよね?」

花陽「そうかもしれないね。もしかしたら…もう成功してたりして」

穂乃果「さて、続いてのお便りは…え?次でラスト?」

花陽「あれ?もうそんな時間?」

穂乃果「じゃあ、今日最後のお便りです。ラジオネーム、ワトソンさんからのお便りで〜す。μ'sの皆さん、こんばんはー」

花陽「こんばんは」

穂乃果「最近、私はドーナツにハマっています」

花陽「美味しいよね?ドーナツ」

穂乃果「中でもオールドファッションドーナツが大好きで最近は自分でも作ったりしています」

花陽「え?自分で?」

穂乃果「昔はクルーラードーナツなどが好きだったのですが今はオールドファッションのあのサクサク感が最高です」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 00:48:01.77 ID:lE9pV8dX0
花陽「オールドファッションって…あのサクサクしてる奴だよね?」

穂乃果「うん。そうだよ」

花陽「穂乃果ちゃんはドーナツは…好きだよね?」

穂乃果「大好きだよ!基本的にパン大好きだからね」

花陽「そっかぁ。どうしてプロフィールに好きな食べ物はパンって書かなかったの?」

穂乃果「え?」

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 01:34:18.77 ID:lE9pV8dX0
花陽「だって…これだけパンが好きって話を…」

穂乃果「あー、それはね。うん。ぶっちゃけて良い?」

花陽「うん。いいよ」

穂乃果「いちごって言った方がアイドルっぽくない?」

花陽「ぶっちゃけたね」

穂乃果「花陽ちゃんがぶっちゃけろって言うからさ」

花陽「私がいけないの?」

穂乃果「まあ、何も悪くはないと思うんだよ。ほら?いちごも好きは好きだしね」

花陽「そうなんだ」

穂乃果「ただ、パンの方が食べる機会が多いし。だから特に優劣はつけられないけどね。パンもいちごも好きだもん」

花陽「そっかぁ」

穂乃果「うん。それにしても…今回は食べ物の話多いね。これ聞いてる人深夜だもんね?お腹空いちゃわないかな」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 05:53:30.29 ID:R/aB5vHeO
花陽「ん〜そうだね。深夜ってなんかお腹すくよね」

穂乃果「そうなの。寝ないでテスト勉強しよう!とか思ってもさお腹が空いて夜食食べるでしょ?そんでね、お腹いっぱいになって眠くなっちゃうんだよ」

花陽「あはは…気持ちは分かるけど」

穂乃果「と言う事で勉強しながら聞いてる人はごめんなさいでした」

花陽「勉強しながらラジオは…本当に聞く人っているのかな?」

穂乃果「さあ?どうだろうね?一旦CM」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 06:00:21.20 ID:R/aB5vHeO
穂乃果「さ〜いやぁ。そろそろお別れの時間となってしまいました」

花陽「あっという間だったね」

穂乃果「ねえ?今回は英玲奈さんも来てくれたしさ。楽しかったね」

花陽「うん。えっと…次回は…あっ…」

穂乃果「え?何?次回がどうしたの?」

花陽「次回は希ちゃんと海未ちゃんと凛ちゃんだって」

穂乃果「え?そうなの?」

花陽「うん」

穂乃果「なんかよく見る三人だね」

花陽「そうだね。ユニットも組んでるしね」

穂乃果「そっかぁ。次回はあの三人か」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 06:04:21.78 ID:R/aB5vHeO
花陽「うん。と言う事で次回はLilly Whiteの三人でお届けしますね」

穂乃果「今日のパーソナリティーを担当したのは。和菓子屋、穂むらの看板娘!高坂穂乃果と」

花陽「お相手役は穂むらのほむまん大好き!小泉花陽でした」

穂乃果「あれ?まだ時間余ってるって」

花陽「そうなの?」

穂乃果「それじゃあ、next μ's the hint!」

花陽「へ?」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/09/02(日) 06:04:52.16 ID:R/aB5vHeO
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/09/02(日) 15:55:05.70 ID:pQqc+LutO
今回も面白かった乙
28.01 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)