短編 異世界召喚

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/10/16(火) 12:23:52.79 ID:dzKTdEPYO
魔王城、玉座の間

魔王「フハハハハ!勇者一行の実力はこの程度か!」

勇者「ぐっ、強い…!」

僧侶「ダメです、このままじゃ勝てません」

勇者「魔法使い!一か八かの勝負だ!」

魔法使い「えっ!?でもあれは…」

勇者「だがここで負ければ世界が終わる!やってくれ!」

魔王「ほう…奥の手があるのか、面白い!その技、我に見せてみよ!」

魔法使い「…分かったわよ、やってやろうじゃない!」

魔法使い([召喚魔法:アナザーウェポン]、こことは異なる世界から、強力な助っ人を呼び出す魔法…)

魔法使い(だけどその強さはピンキリ…更に言う事を聞いてくれるとは限らない…)

魔法使い(でもうまくいけば勝てる…やるしかない!)

魔法使い(魔王よりも強く、硬く、そして従順な奴が出て来ますように!)

魔法使い「[召喚魔法:アナザーウェポン]!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1539660232
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/10/16(火) 12:24:54.01 ID:dzKTdEPYO
ある世界


幼女「ねこちゃんまてまてー」

ねこ「にゃー」

タンクローリー「」ブロロ

男子高生「はっ!あのままだと曲がり角でぶつかって幼女が死んでしまう!」

飛び出した男子高生!幼女に手を伸ばすがそれよりもタンクローリーの方が早い!
その瞬間、世界は光に包まれる!
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/10/16(火) 12:25:39.47 ID:dzKTdEPYO
魔王城


タンクローリー「」ブロロ

勇者一行「えええええええええええ!?」

魔王「なんなのだこいつは!?」

魔王「くらえ、[火炎魔法:インフェルノ]!!」

ガソリン「」

魔王城「」ド-ン


こうして世界は救われた
被害:勇者一行、運転手 死亡
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/10/16(火) 12:26:06.27 ID:dzKTdEPYO
おわれ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/16(火) 12:32:42.91 ID:yo06Iwy/O
感動した
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/16(火) 15:07:29.42 ID:wMKgdlvF0
素晴らしい
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/16(火) 15:28:52.35 ID:1OacSVxDO
これは予想外
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/16(火) 16:05:32.86 ID:8pNO6T8Zo
この勢い好きよ乙
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/16(火) 21:48:45.40 ID:YrqaqZvOO
この運転手元の世界に異世界転生してそう
2.48 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)