若松「好きです結月さん!!」瀬尾「え」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:50:59.51 ID:NNoSgjL9O
若松「……あっ、すいません!! 挨拶しなきゃいけないのに可愛いからつい……」

瀬尾「え」

若松「ほら、手繋いで行きましょう結月さん!!」

瀬尾「え、ちょ……なんで急に」

若松「『なんで』……? だって俺、結月さんの事好きですから!!」

瀬尾「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1539784259
2 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:51:57.68 ID:NNoSgjL9O
瀬尾「……若、落ち着け。 一旦落ち着け///」

若松「……? 俺は落ち着いてますけど……」

瀬尾「……いいか? お前が私を好きなのは分かる」

若松「はい! 大好きです!!」

瀬尾「お、おう///」←『好き』という言葉に弱い

瀬尾「そ、そりゃまぁ私は性格もいいしさ、スタイルもいいし、運動もできる。 完璧だ」

瀬尾「けどな? いくら魅力的だからと言ってもその……なんだ、好きってあんま言わないでほしいって言うか……」

若松「……あ!! さては照れ隠しですね!! 俺、結月さんのそういう所も好きです!!」

瀬尾「///」













御子柴「……」

御子柴「……」

御子柴「……なんだあれ」
3 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:52:33.18 ID:NNoSgjL9O
野崎「……」スタスタ

御子柴「野崎いいいいいいいい!!! 大変だああああああああ!!!」

野崎「どうした。 ギャルゲーのデータでも壊れたのか?」

御子柴「そんなんじゃねえ!! あれ見ろ!!」

野崎「『あれ』……?」

野崎「……!!」














若松「好きです結月さん!! 歩いてる結月さんも好きだしバスケしてる結月さんも好きです!!」

瀬尾「うん分かった、分かったから///」

若松「そうやって恥ずかしがってる結月さんも好きです!!」

瀬尾「わ、分かったから……もう『好き』って言うのやめよう、な?///」
4 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:53:19.33 ID:NNoSgjL9O













野崎「……」

御子柴「な!!? ヤバイ光景だろ!!?」

御子柴「こりゃ近いうちに悪天候になるに違いねぇよ!!」

野崎「……御子柴」

御子柴「な、なんだよ?」

野崎「……そういえば今日は若松と瀬尾を見ていないな」

御子柴「現実逃避!!!?」
5 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:53:49.08 ID:NNoSgjL9O
御子柴「ありゃ演劇部の変装でもない限り、間違いなく若松と瀬尾だろ!!」

野崎「……そうか!! 演劇部の変装か!!」

御子柴「……?」












堀「若松と瀬尾の変装?」

鹿島「知らないよ?」

野崎「じゃあアレは若松と瀬尾本人だと言うのか……」

堀「『アレ』?」

若松「あ、堀先輩!! 鹿島先輩!! おはようございます!!」

鹿島「あ、若松少年」

若松「どうですか!! 今日も俺の結月さん、可愛いでしょ!!?」

堀・鹿島「!!?」
6 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:54:21.36 ID:NNoSgjL9O
瀬尾「お前ら、こいつなんとかしてくんね?」

野崎「あの瀬尾が若松を拒絶してるだと!!?」

鹿島「先生何があったの!!?」

瀬尾「こっちが聞きたいんだけど」

若松「俺、結月さんの事が大好きです!!」

瀬尾「知ってる///」

野崎「若松!! お前はローレライの事が好きじゃなかったのか!!?」

若松「ローレライ……? 誰ですかそれ?」

野崎「!!??」

若松「……!! そうだ、俺日直だった!!」

若松「すいません、先行ってます!!」タッタッタッ

瀬尾「……」

鹿島「……」

堀「……」

御子柴「……」

野崎「……よし、本物の若松を探しに行くぞ」

御子柴「だからあれが本物だっつーの!!」
7 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:55:00.41 ID:NNoSgjL9O
瀬尾「あいつ、朝会った時からああなんだけど」

堀「というか瀬尾、お前若松気に入ってるんだろ? だったらあんなに懐いてくるんならよくないか?」

瀬尾「いや、私に懐くのは全然いいんだけどさ」

瀬尾「ただ、『好き』って連呼するのはやめてほしいわ。 調子狂う」

御子柴「もしかして……日頃の恨みじゃねーのか?」

鹿島「あー……若松少年なりの仕返しって事?」

野崎「それはないな……あいつにとって瀬尾に『好き』と言うのは自殺行為に等しい」

瀬尾「あいつ、頭打っておかしくなったんじゃねえの?」














数十分前

若松『早く学校に行かないと!!』タッタッタッ

若松『……はー、でも朝から瀬尾先輩に会ったらどうしよう……』

ツルッ!!

若松『!!!』

ガン!!!

若松『いてて……』

若松『……!!』

若松『こうしちゃいられない!! 早く結月さんに会いに行かないと!!』

瀬尾のカンは当たっていた。
8 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:55:27.83 ID:NNoSgjL9O
野崎「そうだな……正直瀬尾にゾッコンな若松を見てるのは正直気持ち悪い、俺達もなんとかしないとな」

鹿島「そうだ!! だったらアレ使わない!!?」

御子柴「なんかあるのか?」











若松「休み時間だ!! 結月さんに会いに行くぞ!!」

野崎「若松!!」

若松「! 野崎先輩!!」

野崎「これをつけろ!!」ガバッ

若松「うわっ、ちょ、何を!!?」
9 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:55:58.17 ID:NNoSgjL9O
御子柴『眼帯をつける?』

鹿島『そ。 彼、眼帯つけると人格変わるんだよね』

堀『成る程な、あの人格は瀬尾を好きな訳じゃねえしな』

野崎『しかしつけた所で人格は変わるとしても……外した時にさっきの人格は消えるのだろうか……』










若松「……」

野崎「大人しくなったな……」

若松「俺の女に……会いに行かねえと」ダッ

野崎「え」
10 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:56:29.17 ID:NNoSgjL9O
若松「よお先輩」

瀬尾「お、若」

若松「会いに来てやったぜ……俺の大好きな結月先輩」

瀬尾「お前もかよ///」

若松「……あんた、そんなに好きって言われるの苦手なのか?」

瀬尾「///」コクリ

若松「じゃあある条件を飲んだら言わないでやるよ」

瀬尾「条件……?」

若松「俺を下の名前で呼べ」

瀬尾「え」
11 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:57:02.83 ID:NNoSgjL9O
若松「俺が下の名前で呼んでるんだ。 だったらあんたも下の名前で呼ぼうぜ結月先輩」

瀬尾「え……今更『博隆』って呼ぶのなんか気持ち悪いんだけど」

若松「好き」ボソッ

瀬尾「!!!///」

若松「好き……好き……好き……」

瀬尾「分かった!!/// 下の名前で呼ぶから耳元で言うのやめろ!!///」

若松「言ったな……苗字で呼んだらまた好きって言うからな、結月先輩」

瀬尾「わ、分かったよ……博」

若松「……悪くねえ響きだな」












野崎「……」

御子柴「……」
12 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:57:53.57 ID:NNoSgjL9O
御子柴「もうあの好きだって言ってる人格……治らないんじゃねえのか」

野崎「ああ……かもしれないな」

野崎「……待てよ、若松が瀬尾を好きになったという事は……」

野崎「ローレライの事を隠す必要がなくなる!!」

御子柴「!! そうか、そうなるな!!」

野崎「つまり俺達が裏であれこれやる必要もなくなるわけだ」

御子柴「それにローレライの事も忘れてたっぽいしな」

野崎「……」

御子柴「……」

野崎「そのままにしよう」

御子柴「おう」
13 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:58:24.66 ID:NNoSgjL9O
部活

若松「今日も部活来てくださいね!!」

瀬尾「お、おう」

瀬尾(眼帯外しても全然人格変わんねぇじゃん)

瀬尾(まぁいいや、今までやられた分、バスケで思いっきりぶっ飛ばしてやろう)











瀬尾「おっしゃあああああ!! 行くぜーーーーーー!!!」

部員「来るぞ若松!!」

若松「……好きです!!」

瀬尾「なっ!?///」ポロッ

部員「!!?」

若松「よし、もらい!!」パッ
14 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:58:52.28 ID:NNoSgjL9O
休憩中

若松「すいません約束破っちゃって、戦略的告白です」

瀬尾「……嘘つき、好きって言わないって約束したじゃんか」

瀬尾(つーかあっちの人格と記憶共有してんのかよ)

部員「よっ!! 学校一のベストカップル!!」

部員「ヒューヒュー!!」

瀬尾「!!!」ササササ

若松「やめてくださいよ先輩達!! 結月さん、こういうの苦手なんですから!!」

部員「悪い悪い」

部員「んじゃ、イチャイチャ邪魔しちゃいけねーから向こう行ってるわー」

若松「……全く」

瀬尾「……」

若松「……」
15 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 22:59:55.77 ID:NNoSgjL9O
若松「……結月さん」

瀬尾「……なんだよ」

若松「……俺達、まだ付き合ってないじゃないですか」

瀬尾「……そりゃそうだろ」

若松「俺……結月さんの返事、まだ聞いてません」

若松「俺の事……どう思ってるんですか?」

瀬尾「若の事……?」

若松「……好きです」

瀬尾「わっ!!?///」

若松「ちゃんと下の名前で呼んでください」

瀬尾「わ、分かったよ……博」

瀬尾「……」
16 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 23:00:26.67 ID:NNoSgjL9O
瀬尾「私はさ……博の事、可愛い後輩だとしか思ってなかった」

瀬尾「お前といると凄い楽しいし……お前をぶっとばすの気持ちいいし、からかい甲斐もあるし」

瀬尾「けど……男だとか……異性だとか……全然考えてなかった」

瀬尾「だから……お前の事……好きかどうかは……分かんねえ」

若松「でも……俺が『好き』って言ったら赤面しますよね?」

若松「それって俺の事意識してるって事じゃないですか?」

瀬尾「!!!」

若松「だって普通、嫌いな人に『好き』って言われて赤面します? しませんよね?」

瀬尾「ま、まぁな……」

若松「はっきり言ってください、結月さん」

瀬尾「……」
17 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 23:01:06.04 ID:NNoSgjL9O













佐倉『結月、また若松くんと出かけたの!?』

鹿島『まるでカップルみたいだね!!』

瀬尾『普通そんなもんじゃね?』

佐倉『そんな事ないと思うよ?』

瀬尾『私は普通にあいつといると楽しいからあちこち出かけてるだけだって』

佐倉『いると楽しいってのが『恋してる』って事じゃないかな?』

瀬尾『……ふーん』
18 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 23:01:33.36 ID:NNoSgjL9O













瀬尾(じゃあ私は……博の事を……?)

瀬尾「……」

瀬尾「……博」

若松「?」

瀬尾「私の返事、ちゃんと聞いとけよ」

若松「! はい!!」

瀬尾「私は博の事が……」

ガン!!

若松「いっ!!?」バタッ

瀬尾「!!!」

部員「すまん若松!! ボールそっち行った!!」

若松「……」ムクッ

瀬尾「だ、大丈夫か博」

若松「……は?」ギロッ

瀬尾「ん?」
19 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 23:02:10.72 ID:NNoSgjL9O
若松「なんでいきなり下の名前で呼んでるんですか……馴れ馴れしいですよ」

瀬尾「いや、お前が下の名前で呼べって……」

若松「いや、言ってませんよ!!?」

瀬尾「は?」

若松「……あれ、そういえば数時間前の記憶がごっそり抜けてるような」

瀬尾「!!!」

若松「……!! ていうか今日も部活来たんですか!!? 帰ってくださいよ!!」

瀬尾「……いや」

若松「……?」

瀬尾「絶対帰らねえ」ニヤッ
20 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 23:02:39.98 ID:NNoSgjL9O












野崎「若松!! その怪我どうした!!?」

若松「いや……なんか瀬尾先輩の攻撃がいつも以上に激しくて……」

野崎(『瀬尾先輩』……? 『結月さん』じゃなくて……?)

若松「そういえば聞いてくださいよ!! 今日の朝からの記憶が全くないんです!!」

野崎「!!!」

若松「野崎先輩……俺、何やってたか覚えてますか?」

野崎「……言ったらお前が死にたい衝動にかられるから言わない」

若松「そんなにヤバい事したんですか俺!!?」
21 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 23:03:06.01 ID:NNoSgjL9O
数日後

瀬尾「ほら!! 次あれ買いに行こうぜあれ!!!」

若松「ちょっと!! 荷物沢山持ってる俺の身にもなってくださいよ!!」

瀬尾「うるさいなー。 ちょっと重いの持っただけでそんな事言うなんてだらしねー」

若松「ちょっとどころの量じゃないですよ!! 買い過ぎです!!」

瀬尾「ワガママ言うなよー。 この私とお出かけできるんだぜ? 有り難く思えよ」

瀬尾「それにお前……私の事、好きだろ?」

若松「大っっっっっっ嫌いです!!!!」

終わり
22 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/17(水) 23:03:37.01 ID:NNoSgjL9O
逆verはこちら

瀬尾「おはようございます、博隆くん」若松「!!!???」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445949478/
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/17(水) 23:46:34.62 ID:m7eVJoMy0
おつ
すばら
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/18(木) 02:30:28.11 ID:RwWkurK10

攻めに回られて弱い結月かわいい
13.49 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)