真美「ひびきんとドッキリ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/18(木) 21:16:23.23 ID:sYwv3Xnr0

真美「ひびきんが奇声をあげながら倒れたら」

響「うん?」

真美「事務所のみんなはどんな反応をするんだろうね?」

響「………」

真美「心配するか慌てふためくかそれとも止めを刺しにくるか……気にならない?」

響「………」ソッ

真美「熱とかないから真美のオデコに手を当てなくてもいいよ」

響「真美……アイス食べるか?」

真美「哀れみの目で見ながら優しくしないでよ……まあ食べるけど」モグモグ

響「ガリガリ君ナポリタン味、美味いか?」

真美「くっそマズイ」ペッ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1539864982
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:17:25.54 ID:sYwv3Xnr0

響「それでなんだっけ?頭の悪いことを言ってたけど?」

真美「いや、ひびきんが奇声を発しながら大往生をしたらどうなるかな〜って」

響「微妙に内容変わってないか?主に悪い方向に」

真美「まあまあ細かいところは気にしないでさ、早速やってみようよ」

響「いや、やらない」

真美「わんぬ生涯んかい一片ぬ悔いやねーらん!って叫びながら倒れるだけでいいからさ」

響「それって倒れたらダメじゃないのか?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:18:16.82 ID:sYwv3Xnr0

真美「やろうよ→ひ→び→き→ん!やろ→よ〜〜」

響「そんなにやりたかったら真美が自分でやったらいいだろ?」

真美「もう真美はやったんだよ」

響「あ、もうやったのか」

真美「うん、お姫ちんとミキミキの前でやったんだけどさ」

響「その二人か……」

真美「なんかね……ガン無視でちた……」

響「ああ……うん……」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:19:17.43 ID:sYwv3Xnr0

真美「無反応ってさ……一番こたえるよね」

響「そうだろうな……」

真美「ミキミキは本を読んでて、お姫ちんは一人でジェンガをやっててさ」

響「一人でやってたんだ……」

真美「こっちも意地になって、床の上でず→→っと倒れたふりをしてたらさ」

響「うん」

真美「いつの間にか寝ちゃってたんだよね」

響「………」

真美「やよいっちの『お掃除するからどいてくれる?』っていう声で起きまちた」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:20:06.98 ID:sYwv3Xnr0

響「まあその二人じゃ相手が悪かったな」

真美「そうだね、やよいっちに声かけてもらえた時は嬉しくて涙が出そうになったよ」

響「決して真美を気遣った言葉じゃないんだけどなあ、まあ気持ちはわかるけど」

真美「そんなわけで心に深いキズを負った真美はギブアップ、後はひびきんに任せた!」

響「任されても困るぞ」

真美「そんなこと言わないでよ、ちょっと叫んで倒れるだけでいいから」

響「そういう悪趣味なイタズラには付き合わない!」

真美「特別にそこにある飲みかけのお茶をあげるからさ」

響「そんなのいるか!人の飲みかけのものなんて――」

真美「やよいっちの飲みかけなんだけど」

響「なんくるないさあぁーーーー!!」バタンッ!
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:20:54.19 ID:sYwv3Xnr0

真美「おお、迷いなく倒れたね!ありがとうひびきん!…………でも正直引くわあ……」

??「今こっちから叫び声が聞こえなかった?」

??「我那覇さんの声だったわね、なにかあったのかしら」

真美「あ、誰か来た。隠れとこ」サッ


伊織「響どうかしたの?」

千早「我那覇さん?」

響「………」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:21:47.41 ID:sYwv3Xnr0

伊織「あら?いないわね……」

千早「そうね……ってあれは!?」

響「………」

千早「み、水瀬さん!大変よ!!」

伊織「え?ど、どうしたのよ千早?」

千早「あ、あれを見て!」ビシッ

伊織「あれって……」


伊織「可愛らしいマグカップね」

千早「間違いない……あれは高槻さんの飲みかけのお茶よ!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:22:33.19 ID:sYwv3Xnr0

伊織「は、はあ?やよいの?」

千早「そうよ!ああ、なんて珍しい……高槻さんが物を残すなんて滅多にあることじゃないのよ」

伊織「なんでやよいのってわかるのよ……」

千早「ふふ、水瀬さんにもいずれ分かる時がくるわ」

伊織「いずれもわかりたくないんだけど……」

千早「ふふふひ、このマグカップは私が責任を持って回収……いえ、片付けておくわ!」

伊織「いえ、これは私が片付けとくわ」ヒョイ

千早「ああ!水瀬さん何をするの!?」

伊織「いや、千早が何かをしそうだから……」

響「………」

千早「ナニもしない!ナニもしないから返して!」

伊織「片仮名でナニとか言うな!!」

響「………」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:23:46.95 ID:sYwv3Xnr0

千早「くっ!水瀬さんもその聖杯で、あんなことやこんなことをするつもりね!」

伊織「ただのマグカップを聖遺物扱いするな!そしてどんなことするつもりよ!」

千早「ナニモシマセンヨ?」

響「………」

真「2人とも、何騒いでるのさ?」

伊織「真!ちょうどいいところに来たわ!」

真「え?な、なに?……って響?床に寝転がってどうした……」

響「………」

伊織「そんなことはどうでもいいから!このカップをもって早く逃げて!」

真「どうでもいいって……うわ!?」

千早「逃がすかああぁぁぁ!!」ダダダッ!!

真「ひ、ひぃぃ!?」タッタッタッ

伊織「千早!待ちなさい!」タタタ

響「………」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:24:38.99 ID:sYwv3Xnr0

響「………」

響「………………」

響「………………………」グスッ


真美「ひびきん……」

響「………真美……」

真美「………」

響「無視されるのって…辛いな……」

真美「アイス食べる?」

響「……うん」シャクシャク

真美「ガリガリ君シチュー味、美味しい?」

響「クソ不味い!」ペッ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:25:33.44 ID:sYwv3Xnr0

響「敗因はアレだな、相手が悪かったな!」

真美「相手というかタイミングが悪かったね」

響「あとは、ただ倒れてるっていうシチュエーションもイマイチだと思うぞ」

真美「ふむふむ」

響「というわけで……」


真美「ひびき〜ん、血ノリの量はこんなもんでいい〜?」

響「うん!いい感じだぞ!ふっ……自分が血まみれで倒れていたら、さすがに見て見ぬふりはできないだろ!」

真美(ひびきん ノってきたな〜……)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:26:31.19 ID:sYwv3Xnr0

響「それじゃあ自分は うつ伏せで寝転がるから後頭部あたりに血糊をぶっかけてくれ」

真美「りょうか〜〜い」ダバーーー

響「おおう……つ、冷たいな〜」

真美「うひゃ〜床も血溜りになって……血ノリを加えただけで犯罪臭がハンパない〜」

響「あとは誰か来るのを待つだけだな……」

真美「うん……あっヤバッ服に血ノリがついちゃった……」

響「なにやって――」


<ガチャ


響「!?」

真美「!?」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:27:12.02 ID:sYwv3Xnr0

雪歩「ただいま戻りました〜」

真美「あ、あっ…ゆ、ゆきぴょん」アセアセ

雪歩「ただいま、真美ちゃん……ん?」

真美「お、おかえり〜」

雪歩「……真美ちゃん、その服の赤いの……柄じゃないよね?」

真美「え?ええ?あ〜……その〜」

雪歩「……それってもしかして……」


響「………」


雪歩「……響……ちゃん……」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:27:53.03 ID:sYwv3Xnr0

雪歩「………」

真美「あ〜ゆきぴょん……これはね……」

雪歩「……真美ちゃん」

真美「は、はい」

雪歩「理由はわからないけど、私は真美ちゃんの味方だからね……」

真美「う、うん……うん?どういうこと?」

雪歩「とりあえず、コレだけど……」


響「………」


雪歩「………どこに埋めに行こっか?」

響「!?」

真美「!?」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:28:46.21 ID:sYwv3Xnr0

真美「ゆ、ゆきぴょん!?」

雪歩「大丈夫だよ真美ちゃん……そう簡単に……バレない場所とか……知ってるから……」

真美「全然大丈夫じゃないよそれ!」

響「……ッ……ッ…ッ…」ガタガタガタ

雪歩「………」


雪歩「ふふ、な〜んちゃって〜」

真美「へ?」

響「ふぼ!?」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:29:49.30 ID:sYwv3Xnr0

雪歩「2人ともダメだよ?こんな悪質な悪戯しちゃあ」メッ

真美「え?……もしかしてバレてた?」

雪歩「うん、最初からバレバレだったよ?」

雪歩「ん〜、ちょっと驚かせすぎちゃったかな?」

響「う、うん……ガチで埋められると思ったぞ……」

雪歩「ほ、本気でやらないってば!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:30:47.90 ID:sYwv3Xnr0

雪歩「それじゃあ、私は次の仕事に行ってくるね。2人とも悪戯は程々にね」

響「うん……反省してる……」

真美「は〜い……あ、ゆきぴょん」

雪歩「ん?なに?」

真美「ちなみにさっきのだけどさ、なんでイタズラってわかったの?」

雪歩「ん〜色々あるけど……一番は臭いかな?」

響「におい?」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:31:58.23 ID:sYwv3Xnr0

雪歩「血の臭いがしなかったからね、それで「あ〜偽物だ〜」って思ったの」

真美「あ〜なるほどね〜」

響「それはバレるなあ」

雪歩「ふふ、それじゃあ今度こそ行ってきま〜す」

真美響「いってら〜」


<バタン


真美「………」

響「………」

真美「…ひびきん……血の臭いって……」

響「…真美、なにも言うな……」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:33:13.66 ID:sYwv3Xnr0

真美「とりあえず、この床の赤いの拭こうか……」

響「だな……」

真美「………」フキフキ

響「………」フキフキ

真美「なんかさ……はしゃぎすぎたね……」フキフキ

響「うん……」フキフキ

真美「ごめんね、付き合わせちゃって……」フキフキ

響「いや……自分も悪ノリしちゃったから……」フキフキ

真美「……なんかさ……ドッキリとか…上手くいかないもんだね……」フキフキ

響「だな……」フキフキ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:34:14.08 ID:sYwv3Xnr0


<ガチャ


春香「たっだいま戻りましたー!」

真美「はるるん……」

響「おかえり〜……」

春香「あ、2人ともただいま〜……って服ぅ!頭ぁ!赤ぁ!?どどどどどうしたの2人とも!?」

真美「ん?」

響「ああ、これは……」

春香「え?え?ええぇ?それもしかして血?血なの!?」

真美「………」

響「………」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:34:50.13 ID:sYwv3Xnr0

春香「ちっちちちちちいっぱい!出てる!」

真美「………」

響「………」

春香「けいさつ!しょうぼうしゃ!ちがっ……びょういん!病院だよぉ!!」

真美「………」

響「………」

春香「は、早く救急車呼ばないと……あれ?何番だっけ?115?117??」アセアセ



真美「………」ニコニコ

響「………」ニコニコ

春香「ってなんで2人とも笑ってるのーー!?」




おわり

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/18(木) 21:35:58.62 ID:sYwv3Xnr0
終わりです
ありがとうございました
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/18(木) 22:28:40.31 ID:Ocg4tpobo
春香さんは純粋だなぁ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/22(月) 03:35:41.28 ID:cYfBLplm0

言いたい事は分かるが血って普通に生臭いだけだと思うから知っててもおかしくはないだろう
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/24(水) 18:04:58.07 ID:ISds0vmco
女ならおまんこ生えとるやろ
12.28 KB Speed:0.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)