天羽斬々「手作り弁当だ、食べるが良い」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 13:16:19.58 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「……は?」

亀鶴城「……え?」

天羽「ふはは」

天羽「この私が、自ら丹精込めて作った弁当だ」

天羽「ノムラ、受け取るが良い」


納村「いや、要らんよ」

断固拒否!


天羽「……」

天羽「ぐはぁっ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1540613779
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 13:19:16.29 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「……おい、ノムラ」

亀鶴城「……少しは、話を聞いてあげるべきでは?」

天羽「……ふはは」

天羽「ノムラよ、強がりは見苦しいぞ」

天羽「栄養バランスも考えてある、食べるが良い」


納村「いや、要らん」

断固拒否!


天羽「……」

天羽「ぐはぁっ!?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 13:22:40.14 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「……なあ、少しは」

亀鶴城「……中身位は、見てあげてもよろしいのではなくて?」

天羽「……ふはは」

天羽「よくぞ、少し栄養バランスが悪いと見抜いたな」

天羽「唐揚げが三つも入っている、大きめのがな」


納村「要らんと言ってるんだが」

断固拒否!


天羽「……」

天羽「ぐはぁっ!?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 13:25:52.62 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「……なあ、ノムラ」

亀鶴城「……少し、冷たすぎますわ」

天羽「……ふはは」

天羽「冷めても美味いぞ、安心するが良い」

天羽「さあ、ノムラ……弁当箱を受け取れ」


納村「オレぁ、もう昼メシは食い終わった」


天羽「……何?」


鬼瓦「まだだろう」

亀鶴城「まだですわね」


納村「……」

断固拒否!


天羽「……」

天羽「ぐはぁっ!?」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 13:29:23.80 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「……ノムラ」

亀鶴城「……受け取ってさしあげては?」

天羽「ふはは!」

天羽「ピーマンの肉詰め、絶品だぞ!」

天羽「さあ、存分に食すが良い!」


納村「焼きそばパンってなぁどうしてこんなに美味いかね」

もぐもぐ!


天羽「……」

天羽「ぐはぁっ!?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 13:34:10.57 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「……まだ、パン一個だろう」

亀鶴城「……お弁当、食べれられますわよね」

天羽「……ふはは」

天羽「ノムラよ、お前はまだ育ち盛りだ」

天羽「さあ、この弁当を食べて大きくなるが良い」


納村「カレーパンは揚げたてが食いたいもんだぁな」

もぐもぐ!


天羽「……」

天羽「ぐはぁっ!?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 13:38:43.68 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「……天羽、自分は応援するぞ」

亀鶴城「……あたくしも、斬々さんの味方でしてよ」

天羽「……ふはは」

天羽「天下五剣の二人が、この私の背につくとはな」

天羽「ノムラよ、素直になるが良い」


納村「メロンパンは美味いねぇ」

もぐもぐ!


天羽「……」

天羽「ぐはぁっ!?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 13:42:05.57 ID:lRZksJzDO
武装少女マキャヴェリズムのSSとか初めて見たわ……
期待
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 13:42:26.67 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「……ノムラ」

亀鶴城「……さすがに、あんまりですわ」

天羽「……ふはは」

天羽「パンは前菜、私の弁当が主菜のつもりか?」

天羽「がっつく事の無いようにとは、良い心がけだ」


納村「げふぅ……っと、悪ぃね」

満腹!


天羽「……」

天羽「ぐはぁっ!?」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 13:45:25.38 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「天羽!」

亀鶴城「斬々さん!」

天羽「……ふはは……ちょっとタイム」

天羽「……」

天羽「ノムラ、この弁当――夕食にするつもりか」


納村「いんや、要らんよ」

断固拒否!


天羽「……」

天羽「ぐはぁっ!?」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 13:49:21.64 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「ノムラぁ!」

亀鶴城「ノムラさん!」

天羽「……ふはは」

天羽「こここまで私の弁当を拒むとは」

天羽「嫌われたものだな」


納村「アモウ、変なもん入れてないか?」


天羽「……」

天羽「…………」


天羽「入れてないよ」


鬼瓦・亀鶴城「間!! 口調!!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 13:55:20.60 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「天羽! 一体、何を仕込んだ!?」

亀鶴城「斬々さん! 正直に答えてくださいな!」

天羽「何も入れていないと言っただろう」

鬼瓦「ノムラ、絶対に食べなくていいぞ」

亀鶴城「危険ですわ、あたくしも食べるのに反対です」


天羽「待て、話を聞くが良い」

回し受け――


天羽「それからでも、判断するのは遅くないだろう」

――否! 大慌て!


鬼瓦・亀鶴城「……」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 14:00:53.83 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「……良いだろう、自分に聞かせてみろ」

亀鶴城「……斬々さんは、何を入れたんですの?」

天羽「ふはは」

天羽「……」チラッ


納村「……」


天羽「……」モジモジ


鬼瓦・亀鶴城「……」

鬼瓦「――ノムラの耳を塞げば良いんだな?」

亀鶴城「――ノムラさん、ちょっと失礼しますわ」


納村「おたくら仲良いな」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 14:07:16.02 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「……さあ、話してみろ」

亀鶴城「……聞かせてくださいまし」

納村「……両手に花というか」

納村「花の両手に挟まれちまって、まあ」


天羽「ふはははは!」

天羽「鬼瓦輪、亀鶴城メアリよ、聞くが良い!」

天羽「私が、この弁当に仕込んだものとは――」


鬼瓦・亀鶴城「……とは?」


天羽「美味しくなれ、食べて喜べという――呪いだよ」ニヤリ!

真心!


鬼瓦・亀鶴城「……」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 14:14:13.51 ID:tpe1QzXHo
鬼瓦「……なるほど、そうか」

亀鶴城「……それは、何ともまぁ」

天羽「ふはは」

天羽「人体には、いくつもの急所が存在する」

天羽「私は、ノムラの――男の胃袋を狙ったまでだ」


納村「……あー……あぁ、そうかい」


天羽「何っ?」


納村「こう、手と頭に隙間があってだな?」

納村「全部聞いてたってぇわけなんだが……」


天羽「……」

天羽「ぐはぁっ!?///」

羞恥!
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 14:21:45.84 ID:tpe1QzXHo
天羽「お前達、この私を謀ったな……!?///」

鬼瓦「い、いや!」亀鶴城「の、ノン!」


鬼瓦「そんなような理由だと思ったが!」

鬼瓦「まさか、ここまでだとは思わなくてだな!?」


天羽「ここまで、だとっ!?///」


亀鶴城「聞いているあたしくまで、恥ずかしくなりましたわ!」

亀鶴城「だって、その……ねえ?///」


天羽「ぐはぁっ!?///」

回し受け――

天羽「ぐっ……く……!///」

――否! 大慌て! 超大慌て!
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 14:31:16.30 ID:tpe1QzXHo
天羽「ふはは……聞いての通りだ、ノムラ!」クルクルッ!

納村「アモウ、手のクルクルを止めた方が良いぜ」

天羽「ノムラよ、お前は私のものだ」クルクルッ!

天羽「私が作った弁当を食べる、義務が存在する」クルクルッ!

天羽「受け取り、存分に食すが良い」クルクルッ!


納村「……あのなぁ、アモウ」

納村「そこまで照れんでも良いだろう」

魔弾!


天羽「ぐはあっ!?///」


納村「それに、そんなに振り回しちゃあ台無しだ」

納村「オレに、グチャグチャの弁当を食べさせるつもりか?」

魔弾!


天羽「ふひぃっ!?///」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 14:40:07.74 ID:tpe1QzXHo
天羽「ふ……ふはは……!////」

ヨロヨロッ…


鬼瓦「! あの女帝が……天羽が、弱っている!?」

亀鶴城「ノン、違いますわ! 照れてるだけでしてよ、あれは!」


天羽「解説はやめるが良い」


納村「ほら、さっさと寄越せってぇの」


天羽「……」

天羽「……いや、機会を改めようではないか」

ヘタレ!


鬼瓦・亀鶴城「ヘタレ!!!!」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 14:49:02.12 ID:tpe1QzXHo
納村「おたくはなぁにを言ってンだぁ?」

天羽「この弁当は、振り回しすぎた」

天羽「お前に食べさせるなら、相応しい状態のものを」


鬼瓦「確かに……あれだけクルクルしたら、中身は……」

亀鶴城「ええ……クルクルの影響は避けられませんわね……」


天羽「クルクルという言い方はやめるが良い」

天羽「だが、故に、この中身をお前に見せるわけにはいかない」

天羽「見えないものを食べる事は、お前でも出来まい?」


納村「……へぇ」

納村「んな事を言われちゃぁ、是非とも食いたくなっちまうねぇ!」


天羽「……何だと?」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 15:00:22.43 ID:tpe1QzXHo
  ・  ・  ・

納村「――うん、美味いじゃぁないの!」

納村「ほれほれ、次は何だぁ?」


天羽「くっ……ノムラぁ!///」


納村「オレぁ目隠しされててなぁんも見えないんだ!」

納村「おたくが食わせてくれないと、パクパク出来んのだよ!」


天羽「だ、だし巻き卵だ……食べるが良い!///」

自動食事(あーん)!


納村「……う〜ん、こいつもデリシャス!」


天羽「ノムラ!/// 次の機会は、自分で食べろ!///」


納村「……はっ!」

納村「いやだね、断る!」



おわり
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/27(土) 15:51:07.11 ID:A0fJcRT4O
スゲー強いけど本編で五剣相手の大立ち回りの原因が同衾写真(偽)の恋愛初心者だもんな
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/11(日) 00:52:37.84 ID:lnKYa0xtO
タイトル見て「こんな名前のキャラ他にいるか?でもマキャヴェリズムのSSなんてないだろうしなあ…」とか思いながら開いたらまさかのだった。おたくやるねぇ
10.66 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)