有咲「香澄、ギュってして」【バンドリ・ガルパ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 19:09:45.70 ID:qFAu+YP+0
放課後、蔵


りみ「お邪魔します。遅れてごめんね、有咲ちゃん」

有咲「おー…あれ?りみだけ?」

りみ「うん。香澄ちゃんは日直、おたえちゃんは学校のうさぎ小屋の掃除、沙綾ちゃんは家の用事を済ませてから来るって」

有咲「そっか…どうする?2人で始める?」

りみ「そうだね。ちょうど有咲ちゃんと合わせたいところもあったし…あっ、その前に有咲ちゃんに先に試してもらっちゃおうかな…?」

有咲「試す?それ…チョコレート?」

りみ「私は大好きなんだけど、みんなの口に合うかわからなくて…」

有咲「どれどれ?りみおススメのチョコレートがみんなの口に合わないなんてこと、ないと思うけど…って、ごほっ!…こ、これ…ウイスキーボンボンか!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1540634985
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 19:19:16.70 ID:qFAu+YP+0
りみ「あ、有咲ちゃん大丈夫!?ごめんね、先に言えばよかったよね…」

有咲「いや、だ、大丈夫…でもけっこう強くない?これ…」

りみ「やっぱり有咲ちゃんもそう思う?実はこれ、ひなちゃんが私のためにって外国から取り寄せてくれたものなんだけど、一緒に食べたお姉ちゃんも一口でもうたくさんって…」

有咲「あの人が外国から取り寄せたって…ぜってーやべーやつだろ…平気なりみがすごいよ」

りみ「たしかに独特の味だけど、それが癖になるっていうか…ウイスキーボンボンなんてなかなか食べる機会がないからみんなと一緒に食べたかったんだけど、これは私一人で食べることにするね。有咲ちゃん、本当にごめんね?」

有咲「りみ……も、もう一個だけ食べてみてもいい?」

りみ「え?でも…」

有咲「その…りみの好きなもの、共有したいっつーか…ほ、ほら!私がじゃなくて、この前ホラー映画の鑑賞会をしたときに香澄がそんなこと言ってたろ…?」

りみ「ありがとう、有咲ちゃん。その気持ちだけで十分だよ。だから無理して食べなくても…」

有咲「む、無理なんてしてない!あむっ…!う、うん。りみが言うように癖になる味わいだよ。何個でもいけちゃうってやつ?あむっ…はむっ…!」

りみ「有咲ちゃん…!……あ、有咲ちゃん…?」

………
……


有咲「……ひっく」ポワン

りみ「あわわわわ…」

ガチャ

香澄「やっほー有咲ぁー!遅れてごめんね〜!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 19:22:56.88 ID:qFAu+YP+0
有咲「……かすみ」

りみ「か、香澄ちゃ…!」

香澄「あ、りみりんも!おたえとさーやはまだ?」

りみ「う、うん…!それよりも香澄ちゃ…」

有咲「…遅い!!」

りみ「ひぅっ!?」

香澄「ご、ごめんって有咲〜、なかなか日誌が書き終わらなくてさ…というかそんなに怒らなくても…」

有咲「…久しぶりに一人で学校から出た…寂しかったっ…」

香澄「え?今何て…」

有咲「罰として!!」

香澄「罰!?まさか宿題手伝わないなんて言わないよね!?お願い有咲ぁ〜!今日の数学は強敵…」

有咲「私のこと、ギュってして…」

香澄「……」

香澄「…え?」

りみ(あ、有咲ちゃん…酔っ払っちゃってるーーー!!!?)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 19:24:26.78 ID:qFAu+YP+0
香澄「…ごめん有咲。もう一回言ってくれる?」

有咲「練習に遅れた罰として、私のこと抱きしめろって言ってんの!!何度も言わせるな!!」

香澄「有咲!?有咲だよね!?自分が何言ってるかわかってる!?」

有咲「う、うるせー!やるのか!?やらねーのか!?」

香澄「りみりん!?どうなってるの!?」

りみ「じ、実は今日、みんなで食べようと思ってウイスキーボンボンを持ってきたんだけど…」

香澄「箱が空っぽ…も、もしかして有咲、酔っ払ってるの!?」

有咲「酔ってなんかないれすー!!」

香澄「絶対酔っ払ってるよ!ね、りみりん!」

りみ「うん…そう思う、な…」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 19:29:01.67 ID:qFAu+YP+0
有咲「なんだよ…いつもはやめろって言っても抱き付いてくるのに…私のこと、嫌いになったのか…?」

香澄「えっ!?そ、そんなわけないじゃん!わかった、抱き付く!抱き付くから!ね?」

有咲「そ、そっか…ならいいけど……ん」

香澄「じゃあ…失礼して…」

ギュ

香澄「どう…?」

有咲「……いつもは、もっとつよい」

香澄「は、はい!」

有咲「…もっとぉ!!」

香澄「ぎゅ、ぎゅぅぅぅ〜〜〜〜!!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 19:33:08.60 ID:qFAu+YP+0
有咲「……ん」

香澄「い、痛くない?」

有咲「…痛い」

香澄「わぁ!?だ、だよね…ごめんね、力入れすぎちゃ…」

有咲「でも!!」

有咲「……その方が、うれしい…」ギュ

香澄(りみりん助けてーーー!!!有咲が変ーーーーー!!!)

りみ(ああっ、香澄ちゃん…そんな目で見られても、私にはどうすることも…!)
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 19:37:09.46 ID:qFAu+YP+0
10分後


香澄「あの…有咲?」

有咲「なに?」

香澄「そろそろ腕が限界なんだけど…」

有咲「ギタリストだろ、もっと頑張れるだろ」

香澄「ギターは関係な…そ、そうだ!有咲、練習!練習始めないと!」パッ

有咲「あ…」

香澄「おぉ〜よしよし、今日も私のランダムスターはかわいいねぇ〜たくさんいい音奏でようねぇ〜(り、りみりんお願い!)」

りみ「(う、うん!)あ、有咲ちゃん、とりあえずお水でも飲んで落ち着こう…?」

有咲「…なんだよ、それ。腕が限界とか言って、ギターは弾くのかよ…」

香澄・りみ「え」

有咲「練習練習って!!私とギター、どっちが大切なんだよっ!?」

香澄・りみ「えええ〜〜〜〜っ!?」



たえ「…修羅場だ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 19:42:33.34 ID:qFAu+YP+0
香澄「おたえーーー!!」

りみ「おたえちゃーーーん!!」

たえ「うわっびっくりした。どういう状況?」

りみ「じ、実はねおたえちゃん…!」

たえ「…なるほど。有咲って酔っ払うとこんな風になるんだ」

有咲「酔ってなんかないれすー!!」

香澄「酔っ払ってるよ!だっていつもなら絶対言わないこと…」

有咲「うるせー!つーか質問に答えろ!私とギター、どっちが大切なわけ!?」

香澄「それは……そんなの比べられないよ!だって私、有咲とギターどっちも大好きだもん!」


シーン


香澄「…あれ?」

たえ「あーあ」

りみ「か、香澄ちゃん…その答えは…」

香澄「え?私、何か間違ったこと…」

有咲「うえええええん…そんなことが聞きたいんじゃないも〜〜〜ん…!!!」ポロポロ

香澄「あ、有咲ぁ!?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 19:49:00.62 ID:qFAu+YP+0
香澄「ど、どうして泣いて…」オロオロ

たえ「今のは、香澄が悪い」

香澄「私のせい!?じゃあおたえはオッちゃんとギターどっちが大切か聞かれたらなんて答えるの!?そんなの比べられないでしょ!?」

たえ「比べられない。香澄に聞かれたらどっちも大切って答える」

香澄「ほら!やっぱりおたえだって…」

たえ「でも、オッちゃんに聞かれたらオッちゃんの方が大切だよって答えるし、ギターに聞かれたらギターの方が大切だよって答える」

香澄「!!お、おたえ…なんか…オトナだね…!」

りみ「オッちゃんにもギターにも聞かれることはないと思うけど…有咲ちゃんは香澄ちゃんの考えを聞きたかったんじゃなくて、ただ自分のことの方が大切だって言ってほしかっただけなんだと思うよ?」

たえ「複雑な有咲心」

香澄「そっか…」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 19:56:23.43 ID:qFAu+YP+0
有咲「うええええん…」

香澄「有咲…その、ごめん…私、有咲の気持ちをわかってあげられなくて…」

有咲「ぐすっ…いいもん…私なんて…私なんてっ…」

香澄「あ、有咲っ!」ダキッ

有咲「!!かす…み…?」

香澄「……」

有咲「なんか…言えよ…」

香澄「…あのときと一緒だよ。私の気持ち、全部こうして伝えるから…!」

有咲「香澄…」

香澄「私の想い…有咲に伝われっ…!」ギュゥゥ

有咲「ふ、ふふ…なん、だよ…さっきより…全然いてぇじゃんっ…」



香澄「……」チラ…

りみ(いい!いいよ!香澄ちゃん!)

たえ「有咲の顔、すごいことになってるね。写真撮っておこう」パシャー

りみ「じゃあせっかくだから私も…」パシャー
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 20:01:53.72 ID:qFAu+YP+0
15分後


香澄「……」

有咲「……」

香澄「あの…有咲?」

有咲「……」

香澄「そろそろ…」

有咲「は?」

香澄「な、なんでもない!」ギュー

有咲「ふふ…♪」

たえ「……」

りみ「……」

たえ「…『修羅場だ』と『さらばだ』って、似てる」

りみ「ま、待っておたえちゃん!帰らないでね…?」

たえ「『サラダバー』も似てる」

りみ「ファミレスに行こうとしないで〜!」

有咲「…ったく、仕方ねーな。これくらいで勘弁してやる」

香澄「!よ、よかったぁ〜。ホントにもう腕が…」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 20:08:08.80 ID:qFAu+YP+0
たえ「よし。それじゃあ練習、始めようか」

香澄「う、腕がつる…コードが押さえられない…」

りみ「有咲ちゃん、キーボード弾けそう?沙綾ちゃんもまだだし、もうちょっと休憩してた方が…」

有咲「あ〜?余裕だしぃ…ひっく。私の音を聞けー!あは!」

りみ「な、なんだか香澄ちゃんの元気を吸い取ったみたいになってる…?」

たえ「酔った勢いで演奏なんて、なかなかロック。新しい発見があるかも」

有咲「ほら香澄、しっかりしろー!はい1!2!1、2、3、4!!」



たえ「…うん。ボロボロ」

香澄「だはー!今日は無理かもー!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 20:18:42.40 ID:qFAu+YP+0
りみ「あはは…大丈夫?香澄ちゃん」

香澄「大丈夫じゃないー!腕がぁ〜」

たえ「でも有咲は良かった」

有咲「そうかぁ?『いつも通り』だろ…ってこれじゃAfterglowか!あははは!」

りみ「ぜ、全然いつも通りじゃないよ有咲ちゃん…でも楽しそうだしいいのかな…」

香澄「うーん…腕が疲れてるっていうのもあるけど、さーやがいないとどうしても調子が狂うっていうか…」

有咲「あは…は…」ピクッ

りみ「!?そ、それめっちゃわかる!やっぱり『ドラム』がいないと!ね?そういうことだよね?」

たえ「気持ちはわかるけど、自分でテンポキープできないとだめだよ」

香澄「わかってるよ〜!でもさ、私っていっつもさーやに助けてもらってるから、そういうのが演奏にも出ちゃうのかもしれないな〜」

りみ「か、香澄ちゃ…!ストッ…」

香澄「さーやってホント頼りになるし、普段の私にとっても、ポピパの私にとってもなくてはならない存在っていうか!あ、もちろん誰が欠けても…」

有咲「っんだよ!!そんなに沙綾が好きなら、一生沙綾ともしもじゃない今を抱きしめてろよっ!!!」

香澄「」

りみ「あ、ああああ…」ガクッ

たえ「りみ、どうしたの?」



沙綾「わ、修羅場だ。しかも私が原因っぽい」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 20:25:08.72 ID:qFAu+YP+0
たえ「あ。沙綾だ」

りみ「沙綾ちゃ〜〜〜ん…」

沙綾「りみりん大丈夫?どういう状況?」

りみ「実は…」

沙綾「ははーん…面白いことになってるねぇ」

香澄「面白くないよ!しかもタイミング最悪!」

沙綾「あ、傷つくな〜。せっかく早く香澄に会いたいって思って走ってきたのに…」

香澄「ちょっ…さーやそれ絶対嘘…」

有咲「んがあぁ〜〜〜〜〜っ!!!イチャつくなぁ〜〜〜〜〜〜っ!!!」

香澄「ち、違うって!そんなんじゃないよ!そうだ有咲、ほら、ぎゅー…」

有咲「ええい!もうそれには騙されねーぞ!!」

たえ「騙してたの?」

香澄「騙してない!」

有咲「この際だから聞いちまうけどな…!お、お前、ポピパの中で誰が一番好きなんだよ…!?」

香澄「えええ〜〜〜〜っ!?」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 20:31:47.97 ID:qFAu+YP+0
沙綾「うわぁ…返答によってはバンドが崩壊するやつだ」

たえ「ポピパ解散の危機、再び」

香澄「そんなの比べられ…」ハッ

香澄(そうだ、さっきおたえからこういうときの答え方を教えてもらったんだった!ありがとうおたえ〜!)

香澄「フッ…何言ってるの有咲。私が一番好きなのはもちろん…」

沙綾「ドキドキするな〜。たぶん私だと思うけど、そうじゃなかったらショックだな〜」

香澄「え」

たえ「え?私だよね?香澄は私のこと、かなり好きだと思うよ」

香澄「ええ〜〜〜!?ちょっと2人ともー!?」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 20:40:04.84 ID:qFAu+YP+0
有咲「どうなんだよ香澄!?誤魔化そうとすんじゃねーぞ!?」

香澄「ど、どうすればいいの〜〜〜っ!?」

沙綾「あはは!香澄が振り回されてるのって新鮮で楽しいな〜!ほら、りみりんも何か一言!」

りみ「わ、私?私は…一番は、ちょっと自信ないかな…」

香澄「!!」

沙綾「お」

たえ「あ…」

香澄「…何言ってるのりみりん!!全然自信持っていいよ!!私、りみりんのこと大!大!!大好きだよっ!!!」ガシィ

りみ「…!!香澄ちゃ…!!」ウルッ…

香澄「……」

りみ「……」

香澄・りみ「あ」

有咲「うわぁぁぁん!!!香澄はりみのことがポピパで一番好きなんだぁぁぁぁ〜〜〜〜〜っ!!!」ダーッ

香澄・りみ(ああーーーーーーっ!!!)
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 20:45:04.96 ID:qFAu+YP+0
沙綾「あ、有咲ー!?」

たえ「行っちゃった…」

香澄「さ・あ・や〜〜〜!!」

沙綾「ご、ごめんごめん、この展開は予想外…ってそんなことより早く追いかけないと!」

たえ「未成年飲酒で補導されちゃう」

香澄「えっ!?有咲逮捕されちゃうの!?」

沙綾「そこまではいかないと思うけど…」

りみ「でも、あの状態だとやっぱり心配だよ…!みんなで手分けして探そう!」

香澄「待って!私、有咲がどこに行ったかわかる!きっとあそこだよ!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 20:49:17.30 ID:qFAu+YP+0
公園


有咲「……」

香澄「…有咲っ!!」

有咲「!?か、香澄…なんでここが…」

香澄「…なんとなく。有咲のこと、わかるんだよ」

りみ「この公園…初めてみんなで歌った…」

たえ「沙綾が言ってた通り、香澄と有咲は感覚が似てるんだね。逃げる先がいっしょ」

沙綾「おたえ、言い方」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 20:54:49.58 ID:qFAu+YP+0
香澄「有咲…」

有咲「ばっ…こ、こっち来んな!」

香澄「やだ!私、有咲といっしょにいたいよ!これからも、ずっと…!!」

有咲「いやだから…そういうことじゃなくて…うっ」

香澄「?有咲?」

有咲「おええ…気持ちわりいぃぃ…」

香澄「わぁ!?大丈夫、有咲!?」

りみ「わ、私、自動販売機でお水買ってくる!」

たえ「元から運動苦手なのに、そんな状態で急に走るからだよ」

沙綾「もっとこう…感動のシーンが待ってるかと思った」

有咲「うるせぇ…香澄ぃ、ベンチで膝枕ぁ〜…」

香澄「は、はい!どうぞ!」

沙綾「うーんまだ酔いは醒めてないね…」

たえ「これも記念に写真撮っておこう」パシャー

沙綾「じゃあせっかくだから私も…」パシャー
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 21:00:48.70 ID:qFAu+YP+0
香澄「有咲、落ち着いた?」

有咲「…うん。りみもありがと…それから、ごめん…急に飛び出したりして…」

りみ「ううん、いいんだよ有咲ちゃん。私の方こそごめんね?えっと、その…」

たえ「香澄の一番で?」

りみ「ちゃ、ちゃう!!」

香澄「違くはないよ、りみりん!」

りみ「あぅ…香澄ちゃん、気持ちはうれしいんだけど、そうじゃなくて…!」

有咲「…ぷっ…!あは…あはははは!」

りみ「あ、有咲ちゃん…?」

有咲「はははは…はぁ……あーあ、香澄、りみにフられてやんの」

香澄「え!?私フられたの!?」

りみ「えっと…!ご、ごめんね、香澄ちゃん…!」

香澄「がーん…」

有咲「…りみ、もういいって。私さ、香澄のこういうところも含めて好きなんだよ、きっと」

香澄「!!」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 21:05:21.01 ID:qFAu+YP+0
香澄「有咲…今、私のこと好きって…!」

有咲「な、なんだよ今更…そんなのわかり切ってんだろ…?」

香澄「わかってる!わかってるけど、ちゃんと言葉にしてくれたらうれしいよ!!」

有咲「ちゃんと言葉に、か…。そっか、そうだよな。私はずっと言わせてばっかりで、一人でうれしくなってるだけだもんな…」

有咲「…あのな、香澄」

有咲「私…好きだよ、香澄のこと…」

香澄「…有咲ぁ〜〜〜っ!!私も有咲のこと大好き〜〜〜っ!!」

有咲「ぐえっ…ふ、ふふ…だからぁ、いてぇっつーの…!」

沙綾「一件落着…ってことでいいのかな?」

りみ「はぁ〜よかったよ〜」

たえ「●REC」

有咲「つーか、お前らも他人事じゃねーからな…?」

沙綾「え?」

有咲「りみ、おたえ、沙綾…みんなのことも好き…だから…」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 21:11:49.93 ID:qFAu+YP+0
沙綾「有咲…」

りみ「有咲ちゃん…!」

たえ「…すごいものが撮れた」

有咲「…う〜〜〜〜〜っ!!」グリグリグリ

香澄「あ、あはは!ちょっと有咲〜!そんなに動いたらくすぐったいって〜!」

沙綾「うわぁ。有咲欲望に忠実すぎ」

りみ「た、たぶん照れ隠しじゃないかな…?」

たえ「どっちもだと思う」

有咲「………かすみ……す…」

香澄「…有咲?」

有咲「………Zzz」

りみ「有咲ちゃん、寝ちゃった…?」

沙綾「みんなを巻き込んで大騒ぎしたっていうのに、この安らかな寝顔…まるでいつもの香澄みたいだね」

香澄「ちょっとぉ!いつもじゃないでしょ!?」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 21:17:09.49 ID:qFAu+YP+0
たえ「いつの間にかこんな時間。そろそろ帰らないと」

りみ「そうだね。ごめんねみんな、元はと言えば私があのチョコレートを持ってきたのがいけなかったんだよね…明日有咲ちゃんにもちゃんと謝らないと…」

沙綾「まぁまぁ。面白いものが見れたし、気にすることないよ」

香澄「そうそう!有咲もこれをきっかけに素直になってくれるかもしれないし!」

沙綾「それは…どうだろう」

たえ「ところで、有咲が起きる気配全くないけど、どうするの?」ツンツン

りみ「あ…ど、どうしよう…!?」

沙綾「よし。香澄、おんぶだ」

香澄「ここから有咲の家まで!?絶対無理だよ〜!」

沙綾「大丈夫大丈夫。私たちもちゃんと支えるからさ。ね、おたえ?」

たえ「あ、ごめん。私は撮影係」

沙綾「おっと。それも重要だね」

りみ「お、おたえちゃんの分は私ががんばるね…!」

香澄「もう、仕方ないなぁ…有咲はホントに世話が焼けるんだから!…帰ろ、有咲!」

有咲「…ん……かす…み……Zzz」

………
……
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 21:22:00.53 ID:qFAu+YP+0
翌朝


有咲「う…うぅ…頭いてぇ…なんだよこれ…?」フラフラ

有咲「やっぱ休むべきだったか…?つーか昔の私ならぜってーサボってた…なんでこんなに必死に…」

有咲(……まぁそれは…みんなが…)

香澄「あ〜り〜さ〜〜〜っ!!おっはよ〜〜〜っ!!」ダキッ

有咲「うわっ!?か、香澄!?急に抱き付くな…っていててて!?いってえ!!!は、離せー!!」

香澄「そんなこと言ってぇ〜ホントはこれぐらいがうれしいくせにぃ〜」ギュゥゥ

有咲「いやいやいや、いくらなんでも限度ってもんが…ちょ、マジでギブ!ギブギブギブ!!」

りみ「か、香澄ちゃん、有咲ちゃんホントに顔色悪いみたいだよ…!?」

香澄「えっ、嘘!?」パッ

有咲「ぐぇぇ…し、死ぬかと思った…ありがと、りみ…」

沙綾「あはは、おはよう有咲。やっぱり本調子じゃなさそうだね?」

有咲「え…?やっぱりって…?」

たえ「二日酔い」

有咲「はぁ!?二日酔い!?なんで…!?」

りみ「もしかして有咲ちゃん、昨日のこと…?」

有咲「う、うん…放課後、家に帰ってからの記憶がなくて…」

香澄「ええ〜〜〜っ!?」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 21:26:29.11 ID:qFAu+YP+0
有咲「ちょ…耳元で叫ぶなって…」

香澄「そんなぁ〜!あんなに愛を叫び合ったのにぃ〜!!」

有咲「ぶっ…あ、愛!?おま、適当なこと言ってんじゃ…りみ、どうなってんの…?二日酔いって…!?」

りみ「えっとね…有咲ちゃん、私が差し入れに持って行ったウイスキーボンボンを食べて、それで…」

有咲「よ、酔っ払っ…た…?」

沙綾「それはもう、べろんべろんに」

有咲「べろんべろん!?」

たえ「べろんべろんと言うより、でれんでれんだった」

有咲「で、でれんでれん!?なんだよそれ!?怖い怖い、マジで何も覚えてねーんだけど…!?」

たえ「そうなると思って、ちゃんと写真も動画も撮ってあるよ」

有咲「は?」

沙綾「そういえば、写真は私も何枚か撮ったけど、動画っていつから撮ってたの?」

たえ「このあたりから」

有咲「…え?え?」



有咲『…あのな、香澄』
有咲『私…好きだよ、香澄のこと…』



有咲「は、はぁぁぁ〜〜〜〜!!!???なんだよこれ〜〜〜〜っ!!!???」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 21:31:28.66 ID:qFAu+YP+0
香澄『…有咲ぁ〜〜〜っ!!私も有咲のこと大好き〜〜〜っ!!』


香澄「さっすがおたえ!ほらね、有咲!愛を叫んでるでしょ!」

有咲「ち、違う…これは何かの間違いで…つか再生を止めろ!!」

たえ「ここからがいいのに…」

有咲「まだ続くのか…!?」

香澄「おたえ、後で写真と動画私に送ってね!」

たえ「もちろん」

有咲「送るな!!今すぐ消せ!!じゃねーと…う…!?」クラッ

沙綾「ああほら、二日酔いでそんなにはしゃぐから…」

有咲「はしゃいで、ねぇ…沙綾、お前も写真…消せよ…?」

沙綾「あ、聞いてた?」

りみ(私も撮ってたんだけど…言った方がいいのかな…?)
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 21:35:14.99 ID:qFAu+YP+0
香澄「でも私、今回のことで思ったことがあるんだ!」

りみ「思ったこと…?」

香澄「うん!私、みんなと一緒にいるときとか、ライブしてるときとか、ずっとこの時間が続けばいいのにって考えてたけど…みんなと一緒に大人になるのも楽しみだなって!」

沙綾「香澄…ふふ、そうだね。いつかこの5人で本物のお酒を飲んだりする日がくるのかな…?」

りみ「大人になった自分か…なんだか想像できないな…」

たえ「私は想像できるよ。りみはゆりさんみたいな素敵な大人の女性になってる」

りみ「お姉ちゃん、まだ高校三年生だけど…でも、ありがとう、おたえちゃん」

有咲「私は酒なんて一生飲まねー…」

香澄「そんなこと言わないでさぁ〜!はぁ〜早くまたあの素直な有咲に会いたいなぁ〜」

有咲「絶対…ぜっっったい飲まないからなーーーーーーっ!!!」

………
……
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 21:40:40.15 ID:qFAu+YP+0
沙綾『あああ落ちそう落ちそう!りみりんお尻持って!』

りみ『は、はい!』

香澄『もう…腕が…限界…』

沙綾『有咲の家見えてきたから!もう少しだよ香澄!』

りみ『がんばって、香澄ちゃん!』

香澄『ふぬぬぬ…!』

たえ『がんばれー。あ、待って。有咲今何か…』

沙綾『やっぱりおたえも手伝って〜!!』



有咲『かす、み…みんな…だいす…き…』ギュ



おわり
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/27(土) 21:47:01.26 ID:qFAu+YP+0
読んでくださった方ありがとうございます。HTML化依頼出します
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/28(日) 11:04:57.81 ID:JuNY+Q0to
よかった
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/10/28(日) 11:12:14.63 ID:AqGLXK/CO
悪くない…
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/28(日) 11:35:02.11 ID:yrznp8Dho
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/28(日) 14:43:04.23 ID:FewvEBHDo
>有咲「っんだよ!!そんなに沙綾が好きなら、一生沙綾ともしもじゃない今を抱きしめてろよっ!!!」

ここすき
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/29(月) 02:04:05.56 ID:5DYCWT5Jo
色々手を出すけどやっぱりかすありに戻ってきちゃうんだよなー
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 10:29:35.72 ID:Ra5ZCuMaO
おたえが完全におたえですごいと思う
24.27 KB Speed:0.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)