音村「いい試合だったね、鬼道」鬼道「ああ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:35:28.81 ID:iamaEjsgO
音村「少し向こうで話さないか?」

鬼道「そうだな、キャプテン同士積もる話もあるだろう」

音村「……ちょっと席を外す」

鬼道「何かあったら呼んでくれ」

円堂「ああ!!」

綱海「おう!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1540906528
2 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:36:15.89 ID:iamaEjsgO













音村「こうして天才ゲームメーカーと二人きりで話せるなんて……夢にも思わなかったよ」

鬼道「……お前達のリズム戦法も中々のものだったな。 早く気づかなければこちらが負けていた」

音村「そう言ってもらえるなんて光栄だね」
3 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:36:41.53 ID:iamaEjsgO
鬼道「音村……お前のそのリズム戦法……もう少し詳しく教えてもらえるか?」

音村「いいよ、と言っても……」

音村「あの帝国学園でかつてキャプテンを務め、更に今では雷門イレブンのブレーン……」

音村「そんな君にとってはこんな話知ってて当たり前だろうけどね」

鬼道「……」

鬼道(やたらと俺を持ち上げているな)
4 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:37:21.99 ID:iamaEjsgO
音村「例えば0ビートの状態だとどうなる?」

鬼道「……は? 0ビート?」

音村「……ああごめん、簡単過ぎてびっくりしちゃった?」

鬼道「いや、そういう訳ではn音村「そりゃそうだよね、天才ゲームメーカーにとっちゃこんな問題簡単だよね?」

音村「……答えられない訳ないよね」

音村「寧ろ答えられるから天才ゲームメーカーって呼ばれるんだよね」

鬼道「」
5 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:37:47.26 ID:iamaEjsgO
鬼道(なんだ……この知ってて当たり前のような空気は)

鬼道(これは……当てないとまずいんじゃないのか?)

鬼道「……」

鬼道「0ビートだと……」

音村「0ビートだと……?」

鬼道「……ボールを捕られる」

音村「そうだね」

鬼道(何!?)
6 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:38:15.91 ID:iamaEjsgO
鬼道(完全に勘だったが……当たったのか!?)

音村「そ、だから捕られないように6ビートにするんだ。 だろ?」

鬼道「あ、ああ……そうだったな」

音村「だから6ビートの状態で左サイドを責めるんだ。 これが基本だね」

鬼道(6という数字はどこから来たんだ……)

音村「でも……君達雷門イレブンは6じゃ無理だった」

音村「……まぁ見れば分かったと思うけどね。 僕らが何ビートだったか」

鬼道「……6ビートじゃなかったのか?」

音村「あっはっはっ! 面白い冗談を言うね!!」

音村「あれはどう見ても6ビートじゃなかっただろ?」

鬼道「……」

鬼道(自分の勘を信じろ……鬼道有人!!)

鬼道「8!!」

音村「ああ!!」

鬼道(よし!!)ガッツ!!
7 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:38:43.64 ID:iamaEjsgO
鬼道「成る程、そこに2ビートが加われば8ビートになる。 面白い考え方だ」

鬼道(兎に角知ってるフリを装わなければ……)

音村「でしょ。 でもそこに16ビートが加われば……」

鬼道「……」

音村「……」

鬼道「……」

音村「……」

鬼道「……右の守りがあまくなる」

音村「ビンゴ!!」

鬼道(ナイスビンゴ!!)ガッツ
8 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:39:26.00 ID:iamaEjsgO
鬼道(自分の勘が怖い……選択肢はいくらでもあるはずなのにこんなに的中するとは……)

音村「この世はみんな……リズムの調和でできてるんだ」

音村「鬼道……君だったらどうやって勝ってた?」

鬼道(ここまできたら……やってやる!!)

鬼道(見ててくれ春奈……俺はやるぞ!!)

鬼道「そうだな、俺だったら左右で4ビートずつ刻みながら……」















音村「凄いや!! 流石鬼道有人!! とても参考になるよ!!」

鬼道(知ったかぶりだと一切疑われていない……)

鬼道(やった……やったぞ!! 春奈……お兄ちゃんは天才だ!!)
9 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:40:02.60 ID:iamaEjsgO
音村「そうだ鬼道、僕の頼みを聞いてくれないか?」

鬼道「いいだろう、お前の力になれるならなんでもする」

音村「君の20ビートドリブルを生で見たいんだ」

鬼道「なに!?」

鬼道(実技披露だと!!?)

音村「この目で見てみたいんだ。 いいかな?」

鬼道「……」

鬼道「お、音村。 その前にお前の20ビートドリブルを生で見てみたい」

鬼道「比較をしたいからな」

音村「……あれ? もしかして鬼道……」

音村「天才ゲームメーカーなのに……20ビートドリブルを知らないのかい?」

鬼道「!!!!」
10 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:40:30.96 ID:iamaEjsgO
鬼道「し、知らない訳ないだろう」

音村「じゃあ今ここで見せてくれよ」

鬼道「いや、だが俺もお前のを見……」

円堂「見せてくれよ鬼道!!」

鬼道「円堂!!?」

綱海「俺もお前の20ビートドリブルを見たいぜ!!」

音村「綱海ならそう言ってくれると信じてたよ」

壁山「俺も見たいっス!!」

栗松「音村のなんか見たくないでヤンス!!」

鬼道「栗松!? 離脱したはずじゃ!?」

春奈「お兄ちゃんお願い!! 今すぐここで20ビートドリブルを見せて!! 今すぐ!!」

鬼道(くっ……春奈に言われたらやるしかない)

鬼道(大丈夫だ……知識だけじゃない……技術もきっと当たる筈だ)
11 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:41:20.24 ID:iamaEjsgO
鬼道「じゃあ……やるぞ、20ビートドリブル」

音村「ああ」

円堂「ワクワクするな!!」

鬼道「……」

鬼道「……」トゥントゥクトゥントゥクトゥントゥク

鬼道「……」トゥントゥクトゥントゥクトゥントゥクトゥントゥク

鬼道「……以上だ」

鬼道(春奈、お兄ちゃんはやり遂げたぞ)

シラー……

鬼道「……ん?」
12 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:41:57.51 ID:iamaEjsgO
音村「いや……今のはどう見ても違うでしょ」

円堂「鬼道……お前もしかして知らないのか?」

綱海「知らないわけ……ないよな?」

鬼道「あ、ああ。 勿論だ。 今度こそちゃんとやろう」

鬼道「……」トゥントゥクトゥントゥク

鬼道「……どうだ?」

春奈「お兄ちゃん……全然違うよ?」

鬼道「何!!?」
13 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:42:34.98 ID:iamaEjsgO
春奈「ねぇお兄ちゃん、嘘だよね……? 知ってるよね?」

鬼道「春奈……」

春奈「知ってるって……言ってよ……」ウルッ

鬼道(泣く程か!!?)

円堂「鬼道!!」

鬼道「!!!」

円堂「20ビートドリブルは……こうだ!!」トゥントゥクトゥントゥクトゥントゥクトゥントゥクトゥントゥクトゥントゥク

鬼道「!!!」

綱海「おお!! すげーじゃねーか円堂!!」

塔子「やっぱ円堂の20ビートドリブルは最強だね!!」
14 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:43:00.96 ID:iamaEjsgO
鬼道「お前達……20ビートドリブルを知ってるのか?」

立向居「はい!! 知ってます!!」

小暮「あれ〜? 鬼道さんやっぱ知ったか? ニシシ……」

土門「天才ゲームメーカーの名が……聞いて呆れるぜ」

栗松「ただのゴーグル野郎でヤンス」

鬼道「……」

鬼道「……すまなかった!!」ガバッ

円堂「鬼道!!?」

一ノ瀬「ど、土下座!!?」
15 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:43:37.50 ID:iamaEjsgO
鬼道「俺は……知ったかぶりをしていた!!」

鬼道「リズム戦法なんて……これっぽっちも分からなかった!!」

鬼道「円堂……音村……騙してすまなかった!!」

鬼道「俺は……ゲームメーカー失格だ!!」

円堂「鬼道……」

パーン!!

鬼道「!! クラッカー……?」

瞳子「そこまでよ」

鬼道「監督!?」
16 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/10/30(火) 22:44:05.26 ID:iamaEjsgO
円堂「悪い鬼道、実は……」

『ドッキリ大成功!!』

鬼道「何!!?」

瞳子「貴方のメンタルを鍛える為に全員がグルになったのよ」

瞳子「全員に責められて発狂しないようにする為にね」

音村「ごめんよ鬼道、僕らも協力させてもらった」

鬼道「じゃあ……俺がなんと言おうと……合ってると言うつもりだったのか?」

音村「ああ」

春奈「お兄ちゃん!! ゴメンね!! 私、お兄ちゃんを騙して……」

鬼道「……もう終わった事だ。 謝る必要はない」

瞳子「この雷門イレブンにはすぐ闇堕ちするクソザコメンタルの子ばかりいるの」

瞳子「だから今回、少しでも成長する為に貴方をターゲットにしたのよ」

鬼道「……俺よりも鍛えるべき奴がいたのでは?」

瞳子「いいえ、貴方はチームの要だからこそ鍛える必要があったの」

瞳子「けど……余計な心配だったみたいね」

鬼道「……全くです」

栗松「無能監督でヤンスね」

円堂「よしみんな!! 鬼道のドッキリも終わった事だし……」

円堂「今度こそエイリア学園を倒しに行くぞ!!」

一同「おーーー!!!」

鬼道「……」

鬼道「フッ……このチームは強くなるな」ニヤッ

終わり
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/10/30(火) 22:53:26.27 ID:oxKMMM2Y0
乙 イナイレssもっとはやれ
9.15 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)