ココア「チノちゃん!? 何その可愛い子!!?」チノ「バウンシーさんです」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:02:15.37 ID:LuRuXFuHO
バウンシー「もう……バウでしょ?///♪」

チノ「あ、そうでした」

ココア「うわーー!! 可愛いね!!! ピンク色でリボンしてる!!」

バウンシー「ほえ〜/// そんな事ないわよ///」

ココア「どこで出会ったの?」

チノ「起きたら私の部屋にいました」

バウンシー「はふ〜///♪」












バウンシー『初めまして。気になったから声をかけてみたわ、もし良ければ繋がってもいいかしら?』

チノ『……』

チノ(どうしていきなり部屋から……)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1542031335
2 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:03:10.68 ID:LuRuXFuHO
チノ『は、はい。 よろしくお願いします』

バウンシー『はふ〜///よかったわ///♪』

チノ(思わず許可してしまいました……)

チノ(不審者ですから通報したい所ですが……人かどうかも分からないですからね)

バウンシー『あたしはバウンシー、バウって呼んでほしいわ♪』

チノ(しかしなんなんでしょう彼女は……私のどこを気になって……)

バウンシー『……』

チノ『?』

バウンシー『お返事してほしいわ……』

チノ『!』
3 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:03:44.21 ID:LuRuXFuHO
チノ『は、はい。 すいません、考え事を…』

ココア『チノちゃんおっはよー!!』

チノ『! おはようございます』

バウンシー『はふ、おはよう///♪』

ココア『チノちゃん!? 何その可愛い子!!』

チノ『バウンシーさんです』
4 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:04:16.37 ID:LuRuXFuHO











チノ(この子は一体何者なんでしょうか……)

バウンシー「はふ♪//あ、そうだわっ」

ココア「? なになに?」

バウンシー「向こう向いて?」

チノ「? はい」

バウンシー「〜♪」←自分のリボンを解くと結んで

ココア「わぁ!!?」

チノ「!!!?」
5 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:04:48.39 ID:LuRuXFuHO
バウンシー「…っと」←結び終え

ココア「リボンくれるの!? ありがとう!!」

バウンシー「うん♪ もちろんよ♪」

チノ「……」

ココア「みてみてチノちゃん!! バウちゃんにリボンつけてもらったよ!!」

チノ「……ココアさんは驚かないんですか?」

ココア「へ?」

チノ「今、リボンをつけてもらいましたけど……」












チノ「バウさん、手ないのにどうやって結んだんですか……?」
6 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:05:22.43 ID:LuRuXFuHO
ココア「そんなのどうでもいいよ!! 可愛いんだから!!」

チノ「え」

ココア「バウちゃん!! 私達と遊ぼ!!」

バウンシー「はふ///♪いいわよ♪」

チノ「……」

チノ(これは……嫌な予感がします)

チノ(彼女がいきなり現れた事と……)














チノ(リゼさん達が行方不明なのとは関係があるんでしょうか……)
7 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:05:51.64 ID:LuRuXFuHO
バウンシー「あっ、そうだわ」

ココア「? なにー?」

バウンシー「あたしの家案内したいわ/」

ココア「ええ!? いいの!!?」

バウンシー「もちろんよ♪」

ココア「行きたい行きたい!! 行こうチノちゃん!!」

チノ「は、はい……」

ココア「じゃあバウちゃん!! 案内して!!!」

バウンシー「抱っこされたいわ//」

ココア「抱っこ? 分かった!! 私もバウちゃん抱っこしたい!!!」

バウンシー「はふ〜///♪」
8 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:06:21.04 ID:LuRuXFuHO
バウンシー「では出発♪」

ココア「出ぱーーーーつ!!!」

チノ「……」

バウンシー「んぅ……」ぎゅぅ

ココア「も〜バウちゃんは甘えん坊さんで可愛いな〜///」

バウンシー「ほえ〜そんな事/// ココアの方が可愛いわ///」

ココア「いやいやそんな〜///」

ココア(リゼちゃん達がいなくなって落ち込んでたけど……)

ココア(バウちゃんと出会えたお陰で……少し元気になれた気がする!!)
9 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:06:55.31 ID:LuRuXFuHO
チノ「……」

バウンシー「……チノ?」

チノ「は、はい。 なんでしょう」

バウンシー「お返事してほしいわ……」

チノ「え」

ココア「そうだよチノちゃん!! さっきからバウちゃんと全然話せてないよ!! 話そう!!?」

チノ「は、はい。 すいません」

チノ「えっと……バウさんの家はどこにあるんですか?」

バウンシー「森の中よっ♪」

ココア「森!? 凄いねー!!」

バウンシー「あ、見えてきたわ♪」(目の前には木の家らしき建物)

チノ「!!?」

ココア「うわーーー!!! 木の家だーーーーー!!! 凄い所に住んでるんだねーーーーー!!!」

チノ「コ、ココアさん?」

ココア「何チノちゃん?」

チノ「私達、さっきまで街道歩いてたのに……」













チノ「一瞬で森の中に来ませんでした?」
10 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:07:34.24 ID:LuRuXFuHO
ココア「そうかな? そんな事ないと思うけど」

チノ「え」

ココア「バウちゃんバウちゃん!! 中に入っていい!!?」

バウンシー「もちろんよ♪」←(鍵を開けて)

ココア「お邪魔しまーーす!!!」

チノ(手がないのにどうやって鍵を……というかどこから鍵を……)
11 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:11:23.38 ID:LuRuXFuHO
バウンシー「ようこそ♪」

カービィ「……」

チノ「!!!!?」

12 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:11:57.26 ID:LuRuXFuHO
ココア「うわー!! 中は凄い広いねーーー!!」

バウンシー「はふ♪ はしゃいでるココア可愛いわね♪」

チノ(この足の生えてるピンクの球体は……?)

チノ(これはツッコムべきなのでしょうか……)

バウンシー「料理作るわね♪」

ココア「ええ!? バウちゃん料理作れるの!? 凄い凄い!! 何作れるの!!?」

バウンシー「はふ♪簡単な物ならなんでも♪」

チノ(手が……いや、ツッコムのはもうやめましょう)

ココア「バウちゃん!! 私もバウちゃんと料理一緒に作りたい!!」

バウンシー「はふ♪ いいわよ♪」

チノ「……」チラ

カービィ「……」
13 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:12:35.75 ID:LuRuXFuHO
チノ「……」

カービィ「……」

チノ「……」

カービィ「……」

チノ「……」ポン

ドドドドドドド!!!

チノ「!!!!?」

チノ(吐き出した!!!?)

シャロ「ど、どうして外に!!?」

リゼ「はぁ……はぁ……やっとでれた……」

千夜「狭かったわ〜……」

バウンシー「ほえ!!?」
14 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:13:10.11 ID:LuRuXFuHO
ココア「リゼちゃん!! 千夜ちゃん!! シャロちゃん!!」

リゼ「ココア!! それにチノも……」

ココア「今までどこにいたの!!? 心配したんだよ!!!?」

リゼ「……あいつが……バウンシーが……いきなり私の部屋に現れて……それでリボンをもらって……家に案内されたかと思ったら……この球体に吸い込まれて……」

シャロ「わ、私も……」

バウンシー「はわわ……」

ココア「バウちゃん!! 本当なの!!?」

ココア「リゼちゃん達を攫ったのは……本当にバウちゃんなの!!?」

バウンシー「……」

パッ

千夜「あら、消えちゃったわ」

チノ「……皆さん怪我は?」

シャロ「大丈夫だけど……精神面はボロボロかも」

ココア「ええ!!?」

シャロ「ハグの強要ばっかりで……疲れたわ……」

チノ「……」
15 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:13:37.23 ID:LuRuXFuHO














タカヒロ「……バウンシー……またの名を焼き芋……」

チノ「はふはふ言うからですか?」

タカヒロ「ああ」

タカヒロ「部屋にいきなり押しかけ、リボンをあげ、その後家に案内し束縛する」

タカヒロ「連れて行く子は全員女の子だ」

タカヒロ「そしてその女の子とイチャイチャする……キスをされた人もいるそうだ」

タカヒロ「チノ達が無事に帰ってこれて本当によかった……」

チノ「……ターゲットにされるのは女の子だったら誰でもなんですか?」

タカヒロ「そうだな……話によると……奴は今度は浦の星女学院の生徒を狙っているという噂もある」
16 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:14:16.77 ID:LuRuXFuHO












千歌「曜ちゃーーーーーーーん!! おはよーーーーーーー!!!」

曜「おはよう千歌ちゃん!」

千歌「見て見て!! この子、朝起きたらわたしの部屋にいたの!!」

曜「……!!」












バウンシー「はふ〜///♪」
17 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:14:48.43 ID:LuRuXFuHO
曜「何この子!!? 可愛い!!!」

バウンシー「ほえ〜///そんな事ないわ///」

千歌「バウちゃんって言うんだって!! それでね!! リボンももらったんだよ!!」

曜「うわあ凄い!! 似合ってるよ千歌ちゃん!!」

バウンシー「あっ、そうだわ」

二人「?」

















バウンシー「あたしの家案内したいわ/」

終わり
18 : ◆LYNKFR8PTk [saga]:2018/11/12(月) 23:15:29.72 ID:LuRuXFuHO
※このSSは一部ノンフィクションです

※元ネタは別に知らなくてもいいです
9.63 KB Speed:0.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)