七海やちよ「屋上の魔女の手下の攻撃で乳首を突かれるのが気持ち良くてやめられない」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 12:18:18.34 ID:BN4QHYxw0
※キャラ崩壊注意

※時間軸設定はメインストーリー6話より前






やちよ「どうしましょう……困ったわ……」

やちよ「こんな事、鶴乃や環さん、ももこにだって相談なんか出来ないし……」

やちよ「乳首を突かれてるところなんて誰かに見られる訳にはいかないし……」

やちよ「でも最近は皆で行動する事が多いから、チャンスもないし……」

やちよ「そのせいか、今日の講義も全然頭に入らなかったわ……」

やちよ「はぁ……困ったわ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1542338297
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/16(金) 12:40:13.69 ID:49k4P5+h0
(R板で見たい……)
3 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 12:41:00.11 ID:BN4QHYxw0
やちよ「あっ、そういえば確か、牛乳が切れてたのよね。買って帰らなくちゃ……」スタスタ

やちよ「……! これは魔女の……!」キュピーン

やちよ「……! この魔力は屋上の魔女の……」

 ズズズズ……

屋上の魔女の手下「……」

やちよ「来た……!」

やちよ(今この場は私一人だけ……これは……)

やちよ(……チャンス!!)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/16(金) 12:42:02.31 ID:tW/YM1mmO
やちよさんの乳首つんつんしたい
5 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 12:49:01.08 ID:BN4QHYxw0
屋上の魔女の手下「縺薙l縺ァ蜒輔b鬲泌・ウ縺ョ莉イ髢灘?繧翫〒縺吶?」ポイッ

やちよ「違う! それじゃないっ!」スッ

屋上の魔女の手下「縺薙l縺ァ蜒輔b鬲泌・ウ縺ョ莉イ髢灘?繧翫〒縺吶?」ポイッ

やちよ「違うのよ!」カキンッ

屋上の魔女の手下「縺薙l縺ァ蜒輔b鬲泌・ウ縺ョ莉イ髢灘?繧翫〒縺吶?」テテテーッ

やちよ「……! 来た!!」バッ





   ツン

やちよ「あぁっっ!!」ビクンッ
6 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 13:00:56.97 ID:BN4QHYxw0
やちよ「はぁ……はぁ……久しぶりだからか、かなりの気持ち良さね……」

屋上の魔女の手下「縺薙l縺ァ蜒輔b鬲泌・ウ縺ョ莉イ髢灘?繧翫〒縺吶?」テテテーッ

やちよ「……! もう一度!」バッ



  ツン

やちよ「んんぅっ!!」ビクンッ

やちよ「はぁ……ふぅ……あまりヤられるとグリーフシードが濁っちゃう……でも、最後にもう一度だけ……!」

屋上の魔女の手下「縺薙l縺ァ蜒輔b鬲泌・ウ縺ョ莉イ髢灘?繧翫〒縺吶?」テテテーッ

やちよ「来なさい!!」バッ





   「やちよさん!!!」

やちよ「!?」
7 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 13:12:57.03 ID:BN4QHYxw0
いろは「やぁっ!」バシュッ

屋上の魔女の手下「ッッ!!?」ドスッ



 シュウゥーー……

やちよ「結界が……」

いろは「やちよさん、大丈夫ですか!?」

やちよ「環さん……どうしてここに……?」

いろは「え? あ、えっと……牛乳が切れてるのを思い出して、買いに出掛けて……そこで魔力を感じて……」

やちよ「そう……それで、さっきのは見てたのかしら……?」

いろは「……? え、はい……やちよさんが使い魔に攻撃されていて、それで……」

やちよ「そう……」

いろは「……?」

やちよ「……」

いろは「……あの、やちよさん?」

やちよ「……環さん……」

いろは「はい」

やちよ「……チームは、解散よ……」

いろは「!?」
8 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 13:58:40.19 ID:BN4QHYxw0
いろは「あの……へ? かい、さん……?」

やちよ「そうよ」

いろは「な……何で急にそんなこと言うんですか!? 説明して下さい!」

やちよ「……答える必要はないわ」

いろは「ありますよ!」

やちよ「……そう。なら、全部聞かせてあげる……」

やちよ「その理由を聞けば、あなたも私から離れたくなるわ……」

いろは「どういう……事ですか……?」

やちよ「……私の性癖が、皆を引かせてしまうかも知れないからよ……」

いろは「せい、へき……?」
9 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga sage]:2018/11/16(金) 14:02:13.29 ID:BN4QHYxw0
訂正

>>6のやっちゃんのセリフの、グリーフシードはソウルジェムの間違いでした、すみません
脳内補完しておいて下さい
10 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 14:43:46.38 ID:BN4QHYxw0
やちよ「私は乳首がとても弱いのよ」

やちよ「でもいくら自分で弄っても、全く気持ち良くなかったわ」

やちよ「そんな時、屋上の魔女の手下の突進攻撃を避け損なって」

やちよ「それがたまたま乳首に当たった時、とても気持ち良かったわ」

やちよ「……恐らく、他者からの刺激でないと感じないんだと思うわ」

やちよ「だけど、乳首をつついて欲しいなんて誰かに頼める訳ないし」

やちよ「使い魔の攻撃では回復に魔力も使うし、ソウルジェムを悪戯に濁して貴重なグリーフシードを無駄に消費してしまうわ」

やちよ「こんなの皆の迷惑にしかならないし……そもそも誰かに乳首をつつかれないと感じないなんて普通じゃないわ」

やちよ「今回、環さんにバレてしまったように、こんな事を続けてたら、いずれ皆にもバレてしまうわ」

やちよ「そうしたら皆に引かれちゃう……そんなのイヤ……」

やちよ「だから……皆に引かれてしまう前に……」

やちよ「チームを……解散させて……」

やちよ「お願い……」
11 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 14:57:37.64 ID:BN4QHYxw0
いろは「そんなの……」

いろは「全部想像じゃないですか……絶対って言えないじゃないですか」

いろは「そんな理由で解散だなんて、納得出来ません!」

やちよ「お願い、納得して……! 私の身にもなってよ!」

いろは「……わかりました」

やちよ「ごめんなさい……」

いろは「そんなやちよさんの想像、私が有り得ない事にします!」

やちよ「!?」
12 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 15:09:23.82 ID:BN4QHYxw0
いろは「やちよさんの性癖を聞いた時、ちょっと驚きはしましたけど、私は別に引いたりなんてしてません」

いろは「鶴乃ちゃんやさなちゃんやフェリシアちゃんだって大丈夫です。私はそう信じてます」

いろは「だから、皆に言いましょう」

やちよ「やめて! もしそれで、誰か一人にでも引かれたりなんてしたら……!」

いろは「やちよさん! 私は怒ってるんです!」

いろは「自分の想像で勝手にチームを解散させて、みんなを振り回そうとしてるやちよさんに」

いろは「怒ってるんですよ!!」

やちよ「環さん……」
13 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 15:23:40.87 ID:BN4QHYxw0
いろは「私は鶴乃ちゃんもさなちゃんもフェリシアちゃんも……ももこさんやかえでちゃん、レナちゃんだって」

いろは「やちよさんにちょっと変な性癖があったからって、引くような人だなんて思いません」

いろは「絶対にやちよさんの事を受け入れてくれます」

いろは「やちよさんはみんなの事を、ちょっと変な性癖を知ったぐらいで引いちゃうような」

いろは「そんな人だと思ってるんですか?」

やちよ「それは……でも……」

やちよ「それでも、私は……!」

いろは「……それじゃあ、こうすれば良いんですよ」

やちよ「今度はなに……?」

いろは「これからは……私がやちよさんの乳首をつつきます!」
14 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 15:35:42.08 ID:BN4QHYxw0
やちよ「えっ……」

いろは「そうすれば、二人でこっそりやれば良いだけですし」

いろは「私は引いたりなんてしてないですし、みんなにもバレないから、みんなから引かれるなんて事もありません」

いろは「だから、チームを解散させる必要もない」

いろは「これなら、大丈夫ですよね?」

やちよ「あなたは……」

やちよ「……す……ぐすっ……」

やちよ「ほんと、頑固なんだから……」

いろは「ごめんなさい頑固で」

やちよ「私も、ごめんなさい……」

いろは「やちよさん……一緒に帰りましょう……」

いろは「そして、二人でこっそり乳首をつつきましょう」

いろは「やちよさんの家で……」

やちよ「えぇ……」

やちよ「ありがとう……いろは……」
15 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 15:37:29.54 ID:BN4QHYxw0
いろは「えい」ツン

やちよ「あぁんっ!!」ビクビクンッ
16 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 16:07:11.41 ID:BN4QHYxw0
いろは「わっ! 凄い反応!」

やちよ「はぁ……はぁ……急に何するのよ……」

いろは「ご、ごめんなさいっ! その……とても弱いって言ってたから、どれぐらいなのか気になっちゃって……つい……」

やちよ「もうっ、いろはったら……」

いろは「……ふふっ……」

やちよ「……? どうしたの、いろは?」

いろは「あ、いえ……その、やちよさんていつもクールだから、なんだか今の反応がスゴく新鮮で……」

いろは「それで、なんだかその……なんかかわいいなって……」

やちよ「あら、いろはにもそんな一面があったのね」

やちよ「ふふ……これは、今夜こっそり二人きりになったとき楽しめそうね」

いろは「ふふっ、そうですね!」

やちよ「じゃあ、帰りましょうか」

いろは「はい!」



このあと滅茶苦茶乳首ツンツンした










おわり
17 : ◆fgRR/uuXwXs1 [saga]:2018/11/16(金) 16:19:07.00 ID:BN4QHYxw0
という訳で終わり

「これからは……私がやちよさんの乳首をつつきます!」ってセリフが突然不意に頭に浮かんでから、メインストーリー6話のあのシーンを使うしかないと思い書きました。
6話はとても良い話なのにこんな事に使ってしまい申し訳ない。反省はしていない。


お米とか白いのが好きだから肌も白いとか言っちゃうやっちゃんかわいい
食べるの大好きなやっちゃんかわいい
「私のドーナツがないわね……私の……」とか言って怒ってるやっちゃんかわいい
おっぱいがあんま大きくないのを気にしてるっぽいやっちゃんかわいい
鶴乃のバレバレサプライズに一生懸命のってあげるいろはちゃんかわいい

結論 やっちゃんかわいい

やっちゃんかわいいです
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/16(金) 18:11:33.26 ID:tW/YM1mmO
ひでえスレだww
おつんつん
9.73 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)