【シャニマス】となりの大崎

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 07:13:18.93 ID:4DRcBPkiO
大崎甜花。

17歳、高校生。

同じ学校。同じクラス。一番左後ろの窓際の席。

その隣の席で授業を受けながら、ちらりとその席に目をやる。

その席の主人、大崎は…





机に突っ伏し、授業そっちのけでお昼寝を謳歌していた。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1542665598
2 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 07:19:18.29 ID:4DRcBPkiO
正直、気持ちは分かる。

定期試験が終わった直後の授業だ、気も抜けるというものだ。

現に、クラスの3分の1くらいは同じように寝ており、残りのクラスメイト達も集中して授業を受けている様子でもない。

かくいう自分も、頬杖をついて堪えきれずに漏れ出したあくびを教科書で隠したりしていた。




ただ、この大崎に至っては始業直後の授業から大体こんな感じだったわけだが。

3 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 07:27:57.75 ID:4DRcBPkiO
大崎と話したことはない。

基本授業中は寝ているし、休み時間も起きてこそいるものの、ある事情から話しかけることがはばかられた。

ただ、そういう云々は抜きにしても、大崎は人と話すのが苦手なようだった。

だから隣の席の住人として、この教室が大崎にとって少しでも居心地の良い場所であるようにと、極力話しかけないように努めていた。


実際は、話しかける理由もきっかけも話題もないだけだけど。

4 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 07:40:02.83 ID:4DRcBPkiO
チャイムが鳴り、授業が終わる。教員が教室を後にし、昼休みが始まった。

寝ている人間を含めて(大崎以外の)全員がノソノソと動き出す。

弁当を取り出しながら、もう一度大崎の様子を伺うが、やはり机に突っ伏したままピクリとも動く気配が無い。

こちらには友人が2、3人こちらの席に集まってきて、各々適当に弁当箱やらパンやらを食べ始める。

いつもなら、そろそろ彼女がやって来る時間だが…

5 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 07:44:25.13 ID:4DRcBPkiO
「甜花ちゃん!!」

やってきた。

バン!と教室の机を元気に開け放ちながら。

その瞬間、ここまでピクリとも動かなかった大崎が、モソモソと動き始める。



大崎甘奈。

大崎の姉妹で、隣のクラス。

休み時間の度にこちらの教室にやってきては甜花と談笑し、帰っていく。

大崎甘奈は大崎の前の席の椅子に座り、手に持っていた2人分の弁当を机に置いた。
6 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 07:53:48.60 ID:4DRcBPkiO
「……なー…ちゃん…」

「おはよ、甜花ちゃん!お昼ご飯食べよ!」

「うん……」

大崎は眠そうに目をこすりながら小さくあくびをする。

寝ている時はどんな轟音がしようが目を覚まさない大崎だが、休み時間の度に訪れる大崎甘奈の声を聞くといつもすぐに目を覚ました。

「はい、あーん!」

「あー…ん…」

大崎が口を開け、そこに大崎甘奈がお弁当を放り込む。

初めて見た時は度肝を抜かれたが、もう見慣れた光景だった。

7 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 08:01:39.57 ID:4DRcBPkiO
よく眠り、起きてても眠そうで、他人と話すのが苦手。

それ故に大崎甜花はこのクラスでは孤立気味だったが、本人は気にしていない様子だった。

実際、ハブられているわけでもないし、これくらいの環境が本人的には一番楽なのかもしれない。

「甜花ちゃん、午後の最初の授業は移動教室だから、寝過ごしちゃわないようにね」

「あ…うん…ありがとう、なーちゃん」

ただ、隣のクラスの大崎甘奈が大崎よりもこちらの時間割まで詳しいのは、少しどうかと思う。

8 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 08:16:50.24 ID:4DRcBPkiO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー


その日も、いつもと同じだった。

少しだけ怪しい雲行きに、静かな教室。

カツカツと、先生が黒板に数式を書いていく。

ノートに写しながら、隣の席を見るとやはり突っ伏した大崎。

一つだけ、いつもと違う点があったとすれば。

「………スゥ…スゥ…」

おそらく隣の席の自分にしか聞こえていないが、大崎は寝息を立てていた。

9 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 08:23:02.65 ID:4DRcBPkiO
大崎も呼吸するんだ、なんて意味のわからないことを考えたが、それだけ普段は静かなのだ。

「それじゃあここを…大崎ー」

先生が名前を呼ぶ、大崎は反応しない。

これはいつものことだ。


ただ、やはりいつもとは何かが違った。

耳が少し赤い。いつもはピクリとも動かない肩がほんの少し上下している。
緋色の長い髪のせいで表情は見えない、起きているのか寝ているのかさえ分からない。

でも、これはもしかして…

10 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 08:28:53.79 ID:4DRcBPkiO
「大崎ー。また寝てるのか、大崎甜花ー」

先生が教壇から大崎を呼ぶ。

大崎の反応はない。



…………いや。

「………なー…ちゃん……」

隣の席ですら集中しないと聞こえない、消え入りそうなほど小さな声。


「あ、あのっ!…えと、大崎、体調悪いみたいです!」

思わず、立ち上がってそう声を上げた。

11 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 08:40:16.62 ID:oWf9HBCI0
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー

その後、大崎を保健室に連れて行くと言い、眠いせいなのか体調が悪いせいなのかフラフラと足元のおぼつかない大崎を介護しながらなんとか目的地までたどり着いた。

どうやら大崎は本当に体調が悪かったらしい。今日は早退した方がいいかもしれないと、保健室の先生に言われていた。

大崎がベッドで落ち着いて寝息を立てるようになるまで待っているうちにチャイムが鳴り、昼休みになった。

何となくそのままボーッとしていると、保健室のドアが静かに開いた。

12 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 08:49:03.67 ID:I7YQrzkxO
「甜花ちゃん、大丈夫!?」

息を切らしながら駆け込んできたのは、大崎甘奈。

ここまで走ってきて、大崎を気遣ってドアを静かに開けるところまではいいが、声を抑えることは出来なかったらしい。

「甜花ちゃんが倒れたって聞いて、それで…!」

保健室の先生に詰め寄り、周りを見渡し、ベットの上の大崎を見て、涙目で駆け寄ってきて。

よほど心配だったんだろう、二人の仲が良いのは普段から見ているから気持ちは分かる。

13 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 08:53:16.04 ID:I7YQrzkxO
「あ、ねえ!」

邪魔をするのも悪いと思い、教室に戻ろうとしていると大崎甘奈に呼び止められた。

「えっと、その…ありがとね!」

「あー…うん、どういたしまして」

大崎甘奈と話すのは初めてで、向こうはこちらの名前も知らないだろうからたどたどしい会話になる。

「キミって、甜花ちゃんの隣の席の人だよね?」

「あ、知ってたんだ」

14 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/20(火) 09:24:21.51 ID:oWf9HBCI0
話を聞くと、いつも昼休みに弁当を食べていると必ず隣の席にいるから覚えていたそうだった。

いつも一緒に食べている二、三人の友人たちについて覚えているか聞くと、流石にそこまでは覚えていないと笑われた。

大崎甘奈に近付きたいという一心であの席に近い俺と一緒に昼食を食べているのにと思うと、少しだけ彼らがかわいそうだった。

今度こそ、保健室を出ようとすると、

「確認だけど…甜花ちゃんに、変なことしてないよね?」

とだけ聞かれた。笑顔で。でも圧があった。

苦笑いしながら保健室を出る。



これが、となりの大崎との最初の接点だった。
15 : ◆30lx83ehPU [sage]:2018/11/20(火) 09:24:51.19 ID:oWf9HBCI0
ひとまずここまで、続きます。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/20(火) 15:58:24.50 ID:WTj+LMVYO
期待
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/20(火) 17:10:53.61 ID:N+cwxF1kO
大崎姉妹ほんっと好き大好き
18 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/21(水) 07:15:14.98 ID:Km70SAEhO
大崎甘奈は校内では有名人だ。

明るい性格、整った容姿、その上成績まで優秀。

その人気は学年トップクラスで、しばしば告白しては玉砕したという男子どもの報告があがる。

保健室の一件から甘奈とはたまに話すようになったが、なるほどこれは男女問わず人気な訳だと納得していた。

その整った容姿という意味では、となりの大崎もその双子。間違いはないはずだが……。

「じゃあ教科書のこの部分を…大崎ー。…何だ、大崎はまた寝てるのか」

「………………」

(…赤いダンゴムシ…)

悲しいことに、クラスメイトですらその顔を拝むことはあまり多くなかった。

19 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/21(水) 07:24:54.18 ID:Km70SAEhO
「俺、甘奈ちゃんに告白する!」

「…………」

「…あっそ」

放課後の会話、友人と三人で帰っていると一人が突然そう言い出した。

「いつも隣で昼飯食べてるじゃん!?もう名前くらいは覚えられてると思うんだよ!」

(顔すら覚えられてないぞ)

「………それは…」

「お前もそう思うだろ!?」

(顔すら覚えられてないぞ)

「……僕もそう思う」

「やっぱか!?よし!!」

(顔すら覚えられてないぞ)

「お前もそう思うだろ!?」

「顔すら覚えられてないぞ」
20 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/21(水) 07:37:12.20 ID:Km70SAEhO
そういえば、結局大崎とは話したことがない。

保健室へ連れて行った時も。

『大丈夫か?』

『……………』

『吐き気とかないか?』

『…………』

『階段あるから気をつけて』

『……なーちゃん…』

と、こんな具合で少なくとも会話ではなかった。

大崎甘奈とは少し話すようになったとはいえ、休み時間に話している二人に割って入るほど空気を読めないわけでもない。

何か大崎と話すきっかけは無いものかと考えながら廊下を歩いていると、ある物を拾った。

(…これ、さっき大崎甘奈が持ってたマニキュアだ)
21 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/21(水) 07:42:29.90 ID:Km70SAEhO
さっきの休み時間、大崎甘奈が隣の席で大崎と話しながら取り出していた物だった。

ゆるい校風とは言え、先生に見つかったら没収は免れないだろう。

(…大崎に預ければいいよな)

話しかけるきっかけにもなるし。そう思いながら教室へ戻った。

「大崎、さっきこのマニキュアが廊下に落ちてたんだけど…」

「………………」

「…このマニキュアって大崎の姉ちゃんの…」

「……………」

「…もしもーし……」


諦めて隣のクラスの大崎甘奈に次の休み時間に直接渡した。

22 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/21(水) 07:53:10.87 ID:Km70SAEhO
ある日の朝、大崎甘奈が大崎を連れて登校してきた。

これ自体は珍しいことじゃなくて、大崎甘奈は毎日眠そうに目をこする大崎の手を引いて一緒に登校してくる。

そうやっていつものように大崎をこのクラスに運んできた後、教室を出るときにこちらにヒラヒラと手を振ってきた。

これには一緒に話していた友人も騒然。

「いっ、今、甘奈ちゃんがこっちに手を振ったぞ!俺に手を振ってきた!!」

「いやいやいや!僕に手を振ったんだよ!ちゃんと見てなかったのか!」

(…俺なんだよなぁ)

そう呆れながらヒラヒラと手を振り返す。挨拶するだけでこの騒ぎようとは、人気者は大変そうだなと改めてそう思う。





30分後、隣の席の大崎に手を振っただけだったことに気付いて顔を真っ赤にしながら大崎と同じように机に突っ伏して寝た。


23 : ◆30lx83ehPU [sage]:2018/11/21(水) 08:02:28.55 ID:Km70SAEhO
今朝はここまで。
メイン進行の間あいだにこんな感じのオムニバス形式でやっていきたいと思います。
あと>>21

>「…このマニキュアって大崎の姉ちゃんの…」

に関してはわざとです。
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/21(水) 10:30:07.64 ID:IEabOnADO


まぁ普通は姉が世話を焼くからな
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/22(木) 18:06:59.38 ID:aiSaD4g20
期待してる
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/22(木) 19:42:28.71 ID:Dh/vhOFmo
面白い
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/23(金) 13:01:38.47 ID:b8xNo7yuO
期待
こういうモブ視点すき
28 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/27(火) 15:34:37.54 ID:BNLHW+1zO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー

ある日の昼休み、大崎甘奈は教室に来なかった。

そんな日もある。具体的には2週間に1度くらいある。

理由は様々だが、そのうちの半分くらいが…

「今日はアイツは?」

「甘奈ちゃんに告白しに行った」

「マジで行ったんだ…」

自分の席でパンを食べながらいつもの友人と話す。

いつも一緒に昼食を摂るもう一人の友人が、どうやら本当に大崎甘奈に告白しに行った…らしい。

29 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/27(火) 15:38:19.15 ID:BNLHW+1zO
大崎甘奈は人気者だ。

端的に言えばモテる。

彼女が休み時間に大崎の元を訪れない時は、大抵男に告白されている時だということには最近気付いた。

「んぐんぐ…よし、ご馳走さまでした」

「えらく急いで食べてるけど何かあんの?」

「僕も見に行ってくる、気になるし」

「……ふーん」

「お前は行かないの?」

「俺パス」

野暮な友人を見送り、2つ目のパンの袋を開く。

30 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/27(火) 15:44:27.04 ID:BNLHW+1zO
大崎甘奈は彼氏を作らない。

曰く、「他にやりたいことが沢山ある」だそうだ。

やりたいこと…ねぇ。

傷心で帰ってくるであろう友人になんと声を掛けようかと考えていると、隣の席からゴソゴソと物音が聞こえた。

「……なーちゃん…?」

目をこすりながら周りを見回す大崎。

昼休みに入って10分、ようやく目を覚ましたらしいが第一声がそれとは。

「………いない…」

ただそれだけ呟くと、大崎は再び机に突っ伏した。

まぁ、弁当も普段から大崎甘奈が持ってくるし、大崎本人は昼食を持っていないんだろう。

31 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/27(火) 15:52:26.84 ID:BNLHW+1zO
「………………」

くぅ

と、小さな音が聞こえた。

大崎からだ。寝息ではない、大崎の声でもなかった。

「…………」

くぅ

また聞こえた。

「……………」

「……大崎?」

「……なーちゃん…?」

なーちゃんではない。

32 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/27(火) 16:00:20.44 ID:BNLHW+1zO
「…パン、食べる?」

「…えっと…なーちゃんが、知らない人からは…物をもらっちゃ、ダメって…」

お前は小学生か、大崎。

「2ヶ月も隣の席なんだから、知らない人じゃないと思うけど」

「……それ、は……」

「………………」

「……………」

「……………」

くぅ

沈黙に耐えかねたように、また小さく音が鳴った。

「…やきそばパンとメロンパン、どっちがいい?」

「…じゃあ…メロン、パン…」

33 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/27(火) 16:07:04.13 ID:BNLHW+1zO
大崎にメロンパンを渡し、残りのやきそばパンの袋を開く。

バイトの給料が入ったばかりだからと贅沢して沢山買っていたのはラッキーだった。

それにしても、「知らない人」か…。

確かによく考えれば、大崎と話すのはこれが初めてだ。そう考えれば妥当な評価なんだろう。

保健室の一件については、本人はもはや覚えているのかどうかすら怪しかった。

「なあ、大崎…」

せっかくの機会だ、少しくらい話しかけてもバチは当たらないだろうと思い、隣の席を見ると。

「………………」

大崎は、未開封のメロンパンの袋を持ったまま固まっていた。

34 : ◆30lx83ehPU [saga]:2018/11/27(火) 16:24:24.93 ID:BNLHW+1zO
「…大崎?」

「…………」

大崎は神妙な顔で、一つ小さく息を吸うと。

「…えいっ…」

と、小さな掛け声とともに腕に力を込めた。

ぐっとメロンパンの袋が両側に引っ張られる…が、数秒しても開く様子はなかった。

「…えいっ……えいっ…」

何度か挑戦するも、やはりメロンパンの袋は固く閉ざされたままだった。

そのうち、大崎は未開封のメロンパンの袋を机に起き、虚ろな目でそれを眺め始めた。

「…………なーちゃん…」

「開けるから。俺が開けるからそんなこの世の終わりみたいな顔しないで」

大崎から袋を受け取り、破いてから大崎に返す。

メロンパンを再び受け取ると、大崎はにへへと小さく笑った。




35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 03:27:43.28 ID:iVw+Ps2ao
甜花ちゃん...
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 06:19:35.52 ID:VVEWjkIDO
どんなけ握力ないんや
16.17 KB Speed:1.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)