春香「プロデューサーさんの様子がおかしい」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:10:13.75 ID:koFgzvKL0
事務所

千早「春香。おはよう」

春香「おはよう千早ちゃん。今日も早いね」

千早「春香こそ。家が遠いのにいつも先にいるんだもの」

春香「えへへ、早くみんなに会いたくなっちゃうからかな? そうだ、クッキー焼いてきたんだけど食べる?」

千早「ありがとう、頂くわ」サクッ

千早「…うん、美味しい」

春香「ふふっ、良かった♪」

千早「こういうのを食べていると、何か温かい飲み物でも欲しくなるわね…」

春香「そうだね…甘い食べ物に温かい飲み物…あっ、千早ちゃんってこの近くに出来たカフェ知ってる?」

千早「ごめんなさい、カフェはあまり興味がなくて…」

春香「えー…あそこ気になってたんだけどなぁ…じゃあプロデューサーさん誘ってみようかな」

千早「ふふっ、プロデューサーならきっと喜ぶと思うわ」

春香「えっ、そうかな? えへへ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1543306213
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:14:26.33 ID:koFgzvKL0
春香「よーし…それじゃあここの休みの時に…」

千早「あ、ごめんなさい。そこは予定があるの…」

春香「え?」

千早「その日は私がプロデューサーにボイスレッスンの練習に付き合ってもらう日だから」

春香「そうなの!? あ、いや別に良いんだけど…休みの日までレッスンって凄いなぁ…」

千早「休みの日なんて特にやることもないし…」

千早「それに、プロデューサーと一緒なら尚更やる気が出るというか…」

春香「…じゃあまた今度の休みにしておこ」

千早「ありがとう。そうしてくれると助かるわ」

春香「いいよ。私のボイスレッスン手伝ってくれたら」

千早「気が向いたらね」

春香「えー」

ガチャ

春香「あ、おはようございま…」



Pヘッド「…」スタスタ

2人「!?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:19:35.90 ID:koFgzvKL0
千早「……えっ?」

Pヘッド「…」スッ

春香(えっ…だ、誰!? あの奇妙な頭の形をした物体!)

千早(躊躇なくプロデューサーのデスクの前に座ったわ…え、プロデューサー? えっ?)

美希「…あふぅ…ハニー…遅かったの…!?」ムクリ

春香(あ、寝てた美希が固まった)

美希「…」

美希「…zzz」スヤァ

千早(また寝た! 寝ぼけてるんだと思ってまた寝たわ! でも悲しいけどこれ現実なのよね)

春香(ど、どうしよう…千早ちゃんちょっと話しかけてみてくれないかな…)チラッ

千早(や、やめて! 私に目を向けないで! あれ私にどうこう出来る問題なわけないでしょ!)プイッ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:24:09.73 ID:koFgzvKL0
千早「あー…そういえば春香、さっきの話の続きなんだけど…」

春香「な、何かな千早ちゃん。私ったら相当混乱してるようでさっきの話なんて飛んだんだけど…」

千早「私は覚えているわ。ほら、カフェの話…プロデューサーの事誘うんでしょ…?」

春香「…ヴァイ!? ななな何言ってるの千早ちゃん! 私そんな事言ってたっけ!? あはは、ドジっ子だからかなー忘れちゃった!」

千早「……」

春香「待って待って。千早ちゃん、まず考えてみよ? あれって本当にプロデューサーさんなのかな…」

千早「プロデューサーのデスクの前に座ってるじゃない」

春香「…じゃあプロデューサーさんって事でいいの…?」

Pヘッド「……」

春香「…いやいや、もう普通にやばいやつでしょ。真っ暗なスクリーンを微動だにせずただ凝視してるし…そもそも顔の正面が分からないから実際には何を見てるのかすら分からないし…」

千早「…春香、何か話しかけてみて」

春香「い、嫌だよ! 千早ちゃんが話しかけてよ!」

千早「私だって嫌よ!」

春香「何で!? 千早ちゃん今さっきプロデューサーさんにボイストレーニング付き合ってもらうんだってウッキウキで私に言ってたじゃん!」

千早「…いえ、もういいの」

春香「えっ?」

千早「考えてみたら今まで休日は一人で練習してきてたし、今更ボイストレーニングなんて見てもらう必要はないわ」

春香(千早ちゃんが狂犬時代と同じような事言ってるー!)

春香(こうなったのもあのプロデューサーさんもどきのせい!)ギロッ

Pヘッド「……」

春香(…って怒ってみたいけどやっぱり怖いよぉ!)

ガチャ

やよい「おはよーございまーす!」

春香・千早(天使きたー!!!)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:27:52.38 ID:koFgzvKL0
やよい「あ、春香さんに千早さん! おはよーございますー!」

春香「おはようやよい。今日も相変わらず天使だね」

千早「高槻さんとってもかわいい」

やよい「? 2人してどうしたんですか? あっ…」チラッ

春香(あ、やよいがプロデューサーさんに気付いた)

やよい「プロデューサー! おはよーございまーす! 今日も頑張りましょう!」ガルーン

春香(躊躇なくいったー!)

千早(流石高槻さん! だけどこれってもうあれをプロデューサー前提として話を進める事に決定したのね)

Pヘッド「……」

やよい「…? 元気ないんですかー?」

Pヘッド「……」チラリ

春香(あっ、首が動いた! 真っ平らの方が正面なのか!)

やよい「じゃあ…プロデューサーに私の元気を分けちゃいます! うっうー! ハイ、ターッチ!」スッ

Pヘッド「……」

春香(無視したーッ!)

千早(高槻さんのハイタッチを無視するなんて…そんなの大罪よ…!)ギリッ

Pヘッド「……」

やよい「…」

春香「や、やよい…?」

やよい「…グスッ…」

春香「やよいぃぃぃぃぃ!!!」

千早「高槻さぁぁぁん!!!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:29:56.09 ID:koFgzvKL0
昨日

千早の部屋

千早『…すみません、プロデューサー。日頃のお礼にと予てから挑戦していた料理なんですが…』

お料理『』ドジャーン...

千早『む、無理に食べなくても気にしませんから…』

P『いただきます』パクッ

千早『!』

P『……』モグモグ

P『…米が少しボソボソだな…あと野菜もあまり火が通ってなくて生っぽい…だがそれに反して魚はちょっと焦げすぎてる感じだな…』

千早『…ご、ごめんなさい。今下げますね』

P『うん、美味しいよ』

千早『えっ…?』

P『確かにこの料理には改善点が沢山ある…けど、そんなものは今からいくらでも変えられるさ』

P『大事なのは千早が俺の為に頑張って料理を作ってくれたっていうところだよ。それを考えるだけで自然と美味しいと感じる。作ってるところを見ていたら尚更な』

千早『プロデューサー…』

P『こんな料理を下げるなんてとんでもない。全部食べるよ』モグモグ

千早『…ありがとうございます…!』

P『んぐっ…あ、あとお水くれたら嬉しい…』

千早『あ、今持ってきますね!』

千早『おかわりも沢山ありますから!』

P『』

ポワワーン
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:32:32.54 ID:koFgzvKL0
千早「…っていう事があったんだけど…」

やよい「わぁ、千早さんの家でお料理を食べていたんですね」

春香「うん、その点に関してはあとでみっちり聞かせてもらうとして…」

千早「や、やっぱりあれが原因かしら…!?」

春香「…アウトかなぁ」

やよい「アウトかなーって」

亜美「アウトですなぁ」

真美「謝ったほうがいいよー千早お姉ちゃん」

千早「…やっぱりね…」

千早「って真美と亜美!?」

やよい「い、いつの間に来てたのー!?」

真美「いやー、ねぇ…今日はどんなイタズラを仕掛けたら面白いかなーって亜美と話してたんだけど…」

亜美「とりあえず兄ちゃんと遊びながら考えようと思ったところであれを見ちゃいまして…」

千早「…じ、じゃあ真美と亜美はプロデューサーがああなった原因は分からないという事なのね?」

亜美「そーゆーことー」

真美「それより千早お姉ちゃんは元凶の可能性があるんだから早く行ってきた方がいいよー?」

千早「うっ…い、言われなくても行くわ…」スタスタ

春香「き、気をつけてねー…」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:35:32.46 ID:koFgzvKL0
千早「あの、プロデューサー」

Pヘッド「…」

千早「えっと、昨日はすみません! やっぱり、あの後お腹が痛くなったりしちゃいました…?」

Pヘッド「……」ゴゴ

千早「そ、そうですよね…すみません…」

千早「まさか私の料理が顔面をアルファベットに変えてしまう程のゲテモノだと思ってもいなくて…」

Pヘッド「……」ゴゴゴ

千早「それにあの時、褒めてくれた事が嬉しくてついおかわりまで全部食べさせて…」

千早「迷惑をかけた償いは近いうち必ずしますので…だから…その…」

千早「…良ければこれからも、よろしくお願いします…」

Pヘッド「…………」ゴゴゴゴ

千早「…」


千早「…グスッ…」スタスタ

真美「あっ、泣きながら戻ってきた」

亜美「千早お姉ちゃんのレアな泣き顔…」

春香「千早ちゃん、よく頑張ったよ」

千早「ショックで胸が萎んじゃいそうだわ…」

春香「…うん」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:38:47.48 ID:koFgzvKL0
真美「…どうしよっか」

千早「もうレッスンに行ってそのまま逃げちゃえばいいんじゃないかしら…」

やよい「うー、だけどあのままプロデューサーを放っておくのも何だか嫌かなーって…」

亜美「じゃあやよいっち、今ちょっと兄ちゃんのとこ行ってみる?」

やよい「それも嫌ですー」

真美「素直でよろしい」

春香「…よし」

春香「みんな、今度は私が行ってくるよ」

千早「…えっ?」

真美「えぇ…」

亜美「おおぅ…」

春香「って何その反応!?」

亜美「だ、だって…ねえ?」

真美「はるるん、よく考えてみて。千早お姉ちゃんが泣かされて帰ってくるんだよ? はるるんが行った時にゃもう…」

春香「なにその私が千早ちゃんより涙脆いみたいな言い方!?」

千早「ま、まあ私からは頑張れとしか…」

春香「私がプロデューサーを元に戻してくる! だって私はメインヒロイン、天海春香だから!」タッタッタ

千早(どうしよう、不安しかないわ)
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:42:07.32 ID:koFgzvKL0
春香「プロデュー…きゃっ!」ステーン

真美(おっとはるるんいきなり転んだ!)

千早(何がすごいってあれが素な所よね…)

春香「えへへ、また転んじゃいました…」

春香「私ったらドジなところは全然治りませんね〜」

春香「でも、プロデューサーさんはその度に春香らしいって言ってくれましたよね。褒めているのか、呆れているのかは分かりませんが」クスッ

Pヘッド「……」

春香「そういえば、この近くにとってもお洒落なカフェが出来たんですよ! 今度の休日、一緒に行きませんか?」

Pヘッド「……」

春香「あぅ…そ、そうですよね! 忙しいですよね!」

Pヘッド「……」シーン

春香「…」

春香「……」ジワァ

亜美(あっ、もう顔歪んできてる! メインヒロインがファンに見せられない表情してる!)

春香「…そうそう! 私、今日クッキー焼いてきたんです! プロデューサーさんも、どうぞ♪」

春香「今日のは自信作なんですよ! 千早ちゃんも褒めてくれたんで、ほら! 遠慮なさらず!」

Pヘッド「……」

千早(悉く春香を無視するわね…アレ感情というものがないのかしら)

真美(でも、はるるんもよく喋れるなぁ…)

春香「…あらら〜? お口開けませんねぇ…もしかして、食べさせてほしいとか?」

春香「えへへ、プロデューサーさんったら甘えん坊さんなんですから! もうっ、今だけ特別ですよ? はい、あーん…」スッ

千早(いや、あーんて言っても口どこか分からないんじゃ…)

春香「…」グイグイ

Pヘッド「……」ポロッ

真美(いやいやPの穴の部分通り抜けたよはるるん! そこ口だと思ったんだろうけど普通に空洞だったよ! クッキーも床に落ちちゃった!)

春香「ほっぺがとろけちゃうほど美味しかったんですか〜?」

千早(何上手いこと言ったつもりになっているの!? というか元々ほっぺなかったでしょ多分…)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:49:54.99 ID:koFgzvKL0
春香「…グスッ」スタスタ

千早「春香、思ったよりもよく頑張ったわ」

やよい「とっても自然な会話でしたよ!」

春香「…残るは…」チラッ

真美「…あ、やっぱり真美たちも行く感じ!?」

亜美「正直あの流れで亜美たちが話しかけに行くのは無理があると思うよ!?」

千早「でも元々はプロデューサーと遊ぶつもりだったんでしょう?」

真美「…いやだってあれ兄ちゃんじゃないでしょ。少なくとも真美たちが一緒に遊ぼうとしていた兄ちゃんじゃないよ」

千早「もしかしたら遊んでくれるかもしれないじゃない」

亜美「……」

真美「……」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:55:53.16 ID:koFgzvKL0
Pヘッド「……」

亜美「やっぴょーん! はい、今目隠ししてるのは亜美と真美どちらでしょーか!」

千早(あ、すごい。今までのブラックな空気を一気に変える明るく元気な声にちょっとしたイタズラ…でも1番すごいのはあの得体の知れない頭に手を出せたことね)

春香(…でもあれ実は触ってないんだよね。横からだとよく分かるようにあれ必死に触らないようギリギリの所で目隠し攻めてるよ)

亜美「さーん、にー…いーち…はいブッブー!」

亜美「正解は亜美でしたー!」

Pヘッド「……」

亜美(あ、これは泣く!)

亜美(のっぺらぼうより怖い! 真美助けて、可愛い妹がアルファベットに泣かされそうだよ!)

真美「Hey兄ちゃん! そんな画面ばっかり見るんだったら真美たちと一緒にゲームの画面を見よーよ!」

Pヘッド「……」

真美「…ほら、こっちこっち!」グイグイ

亜美(手を引っ張った! 流石真美! それだけでもすごいよ!)

Pヘッド「……」

真美(うっわ、動かない…てか本当に真美たち何やってんのこれ!?)
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 17:57:28.44 ID:koFgzvKL0
真美「…に、兄ちゃん。暇ならいつもみたいに遊ぼー?」

亜美「ほら、千早お姉ちゃん達もいるし、ゲームしよ?」

千早「!?」

真美「やよいっちの家でもやしパーティどう?」

やよい「!?」

Pヘッド「……」

亜美(うっ…もう、限界…)ウルッ

真美「…」ジワァ


春香「いい加減にしてください!!」


亜美真美「「!」」

千早「春香…」

やよい「春香さん…」

春香「…さっきから、ずっと座ったまま…何を考えてるのか知らないけど私たちの事を無視して…何回も無視して…!」

春香「その一方でクッキー頬張ってて!」

Pヘッド「…」モグモグ

全員(い、いつの間に! というかあれ本当に口だったんだ!)

春香「…あなたは、私たちの知っているプロデューサーじゃ…ありません」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 18:00:01.76 ID:koFgzvKL0
すいません!
書き溜めしてたのが飛びました!
>>5の続きから
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 18:01:30.40 ID:koFgzvKL0
やよい「わ、私…プロデューサーに何かしちゃったのかなーって…」ションボリ

千早「大丈夫よ。プロデューサーにもきっと、何か事情があったのよ」

春香「そうだよ…きっとプロデューサーさんの顔が変形するくらい重い事情があったんだよ…」

千早「…ハッ…!」

春香「千早ちゃん…ど、どうかした?」

千早「何か事情…となると…」

春香「ち、千早ちゃん! 何か心当たりが…!?」

千早「…もしかしてだけど、そういえば…」

ポワワーン

>>6
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 18:04:26.16 ID:koFgzvKL0
>>13 続きから

千早「…そうよ。あなたはプロデューサーじゃない…私たちのプロデューサーはもっと優しくて、顔だってそんなへんてこじゃないわ…!」

やよい「そ、それにプロデューサーは私が挨拶をしたらちゃんと返してくれるはずですー!」

亜美「この人は兄ちゃんじゃないよ!」

真美「いつも遊んでくれる兄ちゃんを返して!」

美希「ハニーを返すのー!」

春香「ぐすっ…うぅ…プロデューサー、さん…!」


Pヘッド「…」ガタッ!


全員「!」ビクッ

Pヘッド「……」スタスタ

春香「…えっ?」

Pヘッド「…」ガシッ

春香「!?」

千早「春香!」

やよい「春香さん!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 18:05:10.36 ID:koFgzvKL0
春香「……」

真美「この、兄ちゃんもどき! はるるんを離せー!」ゲシゲシ

亜美「変態ー! 通報ー! 律っちゃん連れてきてやる!」

千早「離してください! お湯かけますよ!?」

春香「ま、待って!」

Pヘッド「……」ナデナデ

春香(…この撫で方…感触…)


P『春香、今日もお疲れ様。よく頑張ったな』ナデナデ

春香『えへへ♪』


Pヘッド「……」ナデナデ

春香「…プロデューサー…さん…」

Pヘッド「……」ヨシヨシ

千早「えっ…ど、どういう事…?」

春香「…プロデューサーさんだ……この人は…本当の、プロデューサーさんだよ…!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 18:07:58.16 ID:koFgzvKL0
千早「な、何言ってるの春香!? ちゃんと顔見てみなさい!? 顔ないけど!」

春香「ううん、分かるの…この撫でる感じ…ライブが終わった後、いつもしてくれる…プロデューサーさんの温もりが…」

美希「…」クンクン

千早「み、美希?」

美希「…!」ギュッ

Pヘッド「……」

美希「この匂い、抱き心地…ハニーなの…!」

千早「…ぷ、プロデューサー…?」

やよい「私たちの、プロデューサーなんですかー…?」

Pヘッド「……」コクリ

真美「本当だ…なんだか、兄ちゃんの匂いがする…!」

亜美「兄ちゃん…!」

Pヘッド「……」ミンナ ナデナデ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 18:08:44.80 ID:koFgzvKL0
春香「…ぷ、プロデューサーさん…その、さっきはごめんなさい…」

千早「私も、ごめんなさい…」

やよい「うー…ひどい事を言ってしまいましたぁ…」

美希「ミキもなの…」

真美「ごめんね兄ちゃん…」

亜美「ごめん…」

Pヘッド「……」

春香「許して…くれませんよね…みんなしてあんな言い方をして…」

Pヘッド「…」フルフル

春香「えっ…?」

Pヘッド「…」

春香「許して、くれるんですか…?」

Pヘッド「…」コクリ

春香「プロデューサーさん…!」ポロッ

千早「ぐすっ…ありがとうございます…」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 18:13:08.14 ID:koFgzvKL0
やよい「えへへ、良かったです! プロデューサー、今度私の家でもやし祭りどうですかー?」

真美「真美も行きたーい!」

亜美「その時みんなでゲームしようよ!」

千早「待って、その前にプロデューサーは私のボイスレッスンに付き合ってもらう約束が…」

美希「えー千早さんずるいの! じゃあ美希もハニーとデートの約束する!」

春香「ちょっ、プロデューサーさん! カフェの件ちゃんと考えておいてくださいね!」

Pヘッド「……」コクリ コクリ

ワイワイ ガヤガヤ ワイワイ

春香(…うん、これだよ)

春香(このみんなで騒がしくも楽しい事務所は…やっぱりプロデューサーさんがいてこそなんだ)

春香(頭の形が変わっても、そこにいてくれるだけで…)

春香(ふふっ、後で雪歩達も呼んであげないと…!)


ガチャッ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/27(火) 18:14:32.50 ID:koFgzvKL0
バタン!

P「はぁ、はぁ…遅れてすまない!」

P「いやぁ、今日は朝からあずささんを探し回っててな…見つけてこっちまで来るのに時間がかかっちゃったよ」

全員「…………」

P「…って、俺のデスク囲んで何やってんだ…? それに随分と賑わっていたようだが…」キョロキョロ

P「ま、騒ぐなら程々にな。ふぅ、急いできたから喉が渇いた…水飲んでこよ」スタスタ

春香「…えっ?」

千早「プロデューサー…いやでも、ここに…」チラッ

シーン......

美希「ハニー…?」

やよい「今のはいつもの、プロデューサーでした…」

真美「じゃあ……」

亜美「さっきまで、亜美たちと一緒にいたのは…」

春香「…………誰?」



おしまい
22 : ◆hMixaXO7ealz [saga]:2018/11/27(火) 18:58:37.05 ID:e0FNi3zZo

おかしくないプロデューサーっていたっけ?
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 01:25:32.73 ID:ng1Ndb9Zo
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 03:19:51.19 ID:Cy+Q6Sf4O
ギャグかと思ったらホラーでござった
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 01:10:29.71 ID:n575YIP0o
こええよwwwwww
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 23:35:09.88 ID:eiOxOwq20
「そう、僕だ」
20.37 KB Speed:1.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)