提督「第六駆逐隊の計画」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/28(水) 19:59:32.49 ID:khDdOzvK0
暁「……レディになりたい」

響「……」ぺらり

雷「……」くるり

電「……」ちらり

暁「レディになりたい」

響雷電「「「……」」」ぺらりくるりちらり

暁「レディになりたい! レディになりたーい!! あのー! レディーになりたいんですけどー!!」

響「……聞こえてなかったわけじゃないよ暁」ぱたん

暁「じゃあなんで誰も返事しないのよ!?」

響「みんな無視してただけだよ暁」

暁「なんでよ!?」

響「さあ? 面倒だからじゃないかな?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1543402772
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/28(水) 20:01:14.61 ID:khDdOzvK0
雷「……私はあみもので忙しかったから、別に無視したわけじゃないわ」

暁「あみものしてても返事はできるじゃないの!」

電「なのです」

暁「あなたは特になにもしていなかったじゃない!」

響「まあまあ落ち着いて暁。みんな悪気があったわけじゃないのは分かってもらえたと思うんだ」

暁「今ので何か分かった気になんてなれないわよ!」

雷「それで何の話だっけ?」

暁「私がレディになりたいって話よ!」

響「でも、暁って既に一人前のレディじゃないのかい?」

電「なのです」

暁「そうね! もう私は一人前のレディ! それは自他ともに認めるものであるけれど、まだ二人前のレディじゃないわ!」

雷「レディに二人前ってあるの?」

暁「バカね雷は! 一人前があるなら二人前もあるに決まっているでしょ! そして一人前よりも二人前の方がいい! なぜなら数が大きいから!」

雷「ええ……」

響「そうだね。暁の言っていることは論理的に考えて明らかだ。知的だね。さすがレディ」

電「なのです」

暁「ふふん!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/28(水) 20:02:55.06 ID:khDdOzvK0
雷「……まあいいわ。それで暁は二人前のレディ? になりたいのよね?」

暁「そうよ!」

雷「それって具体的にどうするつもり?」

暁「分からないから相談しているんじゃない!」

雷「あ、これ、相談だったのね」

響「単純に何かを二倍にすればいいんじゃない?」

電「……」すっと差し出す

暁「……なによこれ?」

電「明日出す遠征報告書」ぼそ

響「なるほど。それはいい。じゃあ暁、私のもあげよう」すっ

雷「あ、じゃあ私も」すっ

暁「……」どっさり

響「すごいじゃないか。二人前どころかひとっ飛びに四人前だ暁」

雷「私たちにわざわざ相談した甲斐があったわね」

電「なのです」

暁「……うー!! ちがう! ちがーう!!」ばさああ 
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/28(水) 20:04:33.80 ID:khDdOzvK0
雷「ちょっとなにするのよ!」

暁「ちがうの!!」

響「なにが?」

暁「これだとただ仕事に追われている人じゃない! レディってのは常に余裕があるものなの!」

響「なるほど」

暁「だから、ちゃんと返すわね」さささ

響「……しかたない」

電「なのです」

雷「あのー、ちょっとー、私のだけ厚さ二倍くらいで返ってきたんだけど?」

暁「さて! それでいかにレディになるかなんだけど……」

雷「ちょっと!」

暁「……なによ?」

雷「この余分な書類お返しするわ。私は忙しいの」

暁「忙しいってなにしているのよ?」

雷「これよ」

暁「あみものじゃない」

雷「クリスマスにむけて司令官のために作っているのよ」

響「……それがいいかもしれない」

暁「え?」

響「暁も何か手作りで司令官にクリスマスに贈り物をすればレディらしさも上がるんじゃない?」

雷「あら。じゃあ暁もあみものやってみる?」

暁「いやよ。おばあちゃんみたいじゃない」

雷「お、おばあちゃん……そ、そう……」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/28(水) 20:05:59.07 ID:khDdOzvK0
暁「でも、司令官に何かプレゼントするというのは良い案ね。何を贈ればいいかしら?」

響「……手料理とか」

暁「いいわね! またカレーでもつくる?」

響「いや、クリスマスにカレーは……」

雷「……私はなにも案ないわ。だって、おばあちゃんですもの、最近の若い娘のトレンドなんてわからないわ」

暁「もう! すねないでよ!」

電「暁をあげればいいのです」

暁「え?」

雷「」

響「ん? ……ああ、そういうことか」

暁「どういう意味よ」

響「なにも贈り物は物質的なものに限らないという話さ」

響「例えば、一緒に映画を見たり、イルミネーションに輝く夜道を共に歩いたりと思い出の時間を贈るということだよ。ね? 電」

電「……なのです」

暁「つまり、司令官とでーとすれば良いわけね!」

雷「ちょ、ちょっと不健全よ! そんな」

暁「大丈夫よ! なんたって私は一人前のレディだからね」

電「うまくいけば二人前になれるのです」

雷「それどういう意味!?」

電「そのままの意味なのです。雷おばさん」

雷「おば……!? ちょっとあんた暁になにさせるつもり! というか私がおばさんになれば、あんたもおばさんなんだからね!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/28(水) 20:08:04.41 ID:khDdOzvK0
暁「じゃあクリスマスに私は司令官とでーとして何かプレゼントを渡せばいいわけね!」

響「二つともやるき?」

暁「そうよ! プレゼントは多ければ多いほど司令官も喜ぶからよ!」

響「なるほど」

雷「で、デートはどこに行くつもりなの?」

暁「え? そんなのまだ全然決めていないわよ」

雷「……ほ、ホテルとか?」

暁「どうしてホテルに行くの? そこまで遠出する気はないんだから日帰りでいいじゃない?」

雷「ほら! 電! ほら!」ばしばし

電「叩くんじゃないなのです」ぺしり

響「最低限ディナーは行きたいところだから、レストランだけでも早めにリサーチしておいた方がいいと思う」

雷「……そうね。クリスマスなんて人でごった返すもの」さすさす

電「なのです」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/28(水) 20:08:53.07 ID:khDdOzvK0
暁「そんなことよりもっと優先しないといけないことあるでしょ!」

響雷「「え?」」

響「デートだと食事はほとんど必須の外せない要素だと思うけれど……」

暁「そうじゃくて! 予定! 司令官に当日の予定を尋ねるのが一番大事でしょ!」

雷「……あー。そうだったわね。それはとても大事ね」

暁「まったくあなた達って女子力なさすぎない?」

響「……暁に女子力うんぬん言われてるぞ」こそこそ

雷「……いや、でも今回は暁が正しいし……」こそこそ

電「まったくお笑い草なのです」

雷「……言っておくけど、この中でぶっちぎって女子力低いのはあんただからね?」

電「そんな」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/28(水) 20:11:49.12 ID:khDdOzvK0
暁「……聞いてきたけれど、ダメだって」

響「それは残念だったね」よしよし

雷「そ、そう……」ほっ

電「それで司令官はなんて言ってたのです」

暁「なんか電と約束したクリスマスパーティーが先約であるとか」

響「おい」

雷「うわぁ」

電「ふぁー」

暁「ぐすん」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 00:17:32.50 ID:jIZHFM3bo
ぷらずまじゃねーかw
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/11/29(木) 13:44:08.79 ID:nanBucOdO
電が一番女子力高かったか
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 15:26:17.91 ID:FwZYNqqPO
雷「電あんたエグいことするわね……」

電「ちょ、ちょっと待つのです。電にそんな記憶ないのです!」

響「でも、司令官はそう言ったんだよね?」

電「司令官の妄想という可能性も考えるべきなのです!」

暁「でも、司令官とても楽しみにしてそうだったわよ……?」

電「司令官だって可愛い女の子とクリスマスを過ごす妄想を楽しみたいのです……」

雷「自分で自分を可愛い言いよった」

電「電が可愛いのは事実なのです。下手に謙遜する方が鼻につくのです」

雷「さいですか」

響「うん。電は可愛いよ。それで本当に約束していないのかい?」

電「なのです……いえ、もしかしたら」

響「何か心当たりが?」

電「そういえば、夏の終わりにあったお祭りで司令官が楽しそうにいていたから、『なら今度はみんなでクリスマスパーティーをするのです』みたいなことを言った記憶があるのです」

雷「それじゃない! なんで忘れてんのよ!」

電「普通半年も前に立てた予定なんて忘れるものなのです!」

雷「普通は十年前二十年前の約束でも覚えているものよ!」

電「重すぎなのです。やべー地雷臭」

響「雷だけに地雷臭……」

雷「さむい」

電「さむい」

暁「え? 暖房の温度上げる?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 15:43:35.03 ID:FwZYNqqPO
暁「それで結局どういうことなのよ!?」

電「電は司令官に愛されているということなのです」

雷「なんで? どうして? 理解できない」

電「そんな昔の約束を覚えているということはそういうことなのです」

電「電も約束を覚えてくれていて嬉しいのです」

雷「司令官の妄想で片付けようとしたくせによく言うわね……」

響「まあ、電が司令官を独り占めするような内容じゃなくて良かった」

電「電はそれでも一向に構わないのです」

雷「ダメよ」

電「でも、恐らく一番妥当な線での約束を電は取り付けたのです!」

電「もし仮に、暁が司令官と単独デートの約束を取り付けていたら、暁に明日の命は無かったのです」

響「大袈裟な」

電「なら、電が暁を亡き者にしていたのです」

雷「なんでよ!」

響「電はヤンデレだね」

電「なのです」

雷「ちょっとあなたたち会話適当すぎない?」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 15:53:10.97 ID:FwZYNqqPO
電「まあ、というわけで暁は電に感謝すべきなのです」

暁「そうね。電ありがとう!」

電「…………」

雷「くくっ……なにか言ったら、どう……?」

電「雷おばあちゃん」

雷「はいはい」

電「……こうなったら雷の司令官隠し撮りアルバムを白日のもとに晒すしか……」

雷「やめて」


雷「ね?」


雷「やめて?」


電「はい」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 16:05:16.28 ID:FwZYNqqPO
暁「まあ、二人きりじゃないだけで、クリスマスに会うことはできるのだから良いわ」

響「いいのかい?」

暁「別にいいわよ。好きな人と一緒に過ごせるだけありがたいわ」

雷「す、すごい直球ね……驚いたわ」

暁「なにがよ? 雷は司令官好きじゃないの?」

雷「いっ、いや! それは、まあ、そう、なのだけど……」ごにょごにょ

響「響も司令官好きだよ」

雷「!?」

電「けらけら」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 19:19:05.60 ID:tZtl3NMe0
雷「暁のそういうところはほんとレディっぽいわね」

暁「ぽいってなによ! 私はれっきとしたレディよ!」

響「パーティーの内容とかって決まっている? 電」

電「電に聞かれても分からないのです」

暁「聞いた感じだと、何も決まってなさそうだったわよ!」

響「じゃあ私たちでクリスマスケーキを作るっていうのはどうだろう?」

暁「いいけど、でも、あんな難しそうなもの私たちで作れるの?」

雷「基本は単純作業の積み重ねだから、プロ顔負けってのは無理でもどうにかなるんじゃない?」

響「困ったら間宮さんや鳳翔さんを頼りにすればいい」

電「雷が変なもの入れなければいいのです」

雷「え、え? どういう意味よ!」

響「雷はこの中で一番料理出来るからその心配はいらないと思うけど」

電「自分の血とか入れそうなのです」

雷「入れないわよ! あんた私を何だと思っているのよ! 司令官が食中毒になったら、どうするのよ!」

響「そういえば艦娘の血液は人間のと組成が違い、何故か水のようにきれいらしい」

雷「え! ほんと!」

電「その話題にくいつく時点で相当ドン引きなのです」

雷「ああ! もう! 違うから! 違うから!」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 20:22:39.36 ID:tZtl3NMe0
暁「ケーキを作るのはいいけど、どんなのが司令官の好みなのかしら?」

雷「昔調べてみたことがあるわ!」

電「は?」

雷「結論から言うとホイップクリームを極力なくしたショートケーキね。司令官の幼年期から青年期において食べたケーキと言えば誕生祝などの場での家族内に限られていたわ。種類に関してもお母さまが色々なものを買ってきたようなのだけど、司令官は特に文句や注文を付けなかったそうよ。つまり、司令官はケーキの種類に関しては余り執着しない性格のようね。そもそも甘味類そのものを司令官がとりわけ意欲的に食すること自体少なかったわ。この鎮守府に着任してからも、最初の数か月は確認の意味合いも含めてデザート類を食堂で注文していたようだけど、全種類その一度だけを食べたきり再び頼むことはなかったそうね。プライベートでの外食時のレシートを見てもデザートは頼んだ形跡はないわね。だから、甘さは控えめなものが良いわけね。だとするとバターケーキ系なんかも候補に挙がるのだけど、確かそこら数日の司令官の予定は大本営のお偉方と会食が重なっているわ。だから、当日司令官の胃腸コンディションは保証できない。なので、油分の多いバターケーキ系は候補から外さしてもらったわ。だから、私たちの目指すケーキの方針は『食べやすくてまずくない』この辺りね。味を追求して余り凝ったものを作っても意味はないし、そもそも私たちにはそんな技術はない。だから、私たちに出来る範囲で司令官を喜ばしてあげましょう?」


「「「……」」」


電「おい、なんかやべーのいるのです」

暁「ふ、ふーん。よく調べられているじゃない」

響「このレシートの束ってどうしたの? まさかゴミ袋でもあさったの?」

雷「失礼な! そんなの着任初期だけよ! 何度かゴミ袋漁った後に自然と司令官の方からレシートくれるようになったのよ! ふふん、ほんと司令官ったら甘えん坊さんなんだから、これってつまり体調管理は雷に任せるという信頼の意思表示よね?」

電「あ、話通じなくなっているパターンなのです」

響「とりあえず落ち着かせよう」

暁「知ってるわ! こういう時って素数を数えるのよね!」

電「自分を落ち着かせてどうするのです、このおたんこなすぅ!」

暁「なによナスって! ナスは嫌いよ! ぐにぐにしてるもの!」

電「ああああ!!! 電もナスは嫌いなのです!!!」

暁「あら奇遇ね!? じゃあ仲直りのキスする!?」

電「やってやるです!!!」ぶちゅうう

暁「んっ……!」

電「……っんちゅ!」

響「ほら、早く落ち着かせよう」

雷「ああ……司令官……!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 22:53:07.61 ID:WE9jXzmp0
おい、大丈夫かこれ
こいつらだんだんおかしくなってきてるぞ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/30(金) 09:56:59.07 ID:rL5rbu8HO
雷「落ち着いたわ!」

響「よかった」

電「大変だったのです」

暁「まあファーストキスを失った甲斐はあったわね」

雷「悪かったわね。なんか手間かけさせたみたいで」

電「ほんとうなのです!」

暁「気にしないで私たちは姉妹なのだから」

響「君たちは何もしていなかったんだけどね」

暁「というか、ケーキの好みくらい司令官に直接尋ねればよかったんじゃない?」

雷「そんな恥ずかしいことできるわけないじゃない!」

電「もっと恥じらうべきことがなかったか振り返れなのです」

雷「直接そんなの聞いたら好きなの司令官にばれちゃうじゃない!」

電「やべーやつってのはとっくにばれているのです」

暁「じゃあ、私が聞いてくるわよ!」

雷「ずるい!」

暁「ずるいってなによ!?」

響「らちがあかないから、暁、聞くなら聞いてきて」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 10:06:00.54 ID:Ni/QdtvC0
響以外危ないじゃねーか…
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 07:30:05.57 ID:moLelBks0
いいぞもっとやれwwww
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 19:04:38.25 ID:1npF6vNB0
暁「聞いてきたわよ! ケーキは私たちの好きなもので良いって!」

雷「司令官ならそう言うだろうと思っていたわ!」

電「なら、どうしてわざわざ司令官の所まで行ったのです」

雷「うるさいわね! あんたもついてきてたじゃない!」

電「電は雷の監視役としてついて行ったのです!」

響「電は後ろで恥ずかしがり縮こまっていただけじゃないか」

雷「ほんと電って内弁慶よね!」

電「TPOを弁えていると言うことなのです!」

暁「今この場でやることは言い争いじゃないわ!」

響「今のレディっぽいよ暁」

暁「ふふん! でしょう!」

響「ファーストキスして成長したんだね」

暁「……ねえ、その件は一度忘れて無かったことにしない?」

響「いーやっ」

響「ほら、写真も撮ってある」

電「ぎにゃああああ! 消せなのです!」

響「いーやっ」

雷「あははは! 電は減らず口より悲鳴を上げている方が可愛いわよ?」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/01(土) 19:22:58.38 ID:1npF6vNB0
暁「ケーキはとりあえず雷の言ったような方向でいいんじゃないかしら?」

雷「あら? いいの? こっちの好きなもので良いんなら、暁の好きな甘いチョコレートケーキでも良いのよ?」

暁「そもそも司令官に食べてもらうために作るのよ? 司令官に合わせたものにしないと」

響「そうだね」

暁「それで今回に関して雷以上に司令官に合わせた案を出せる人はどうやらこの中にいない」

暁「なので、雷の案を採用するわけ! わかった!?」

雷「そこまで言われると私も悪い気はしないわね」

電「日頃の行いには悪い気を持てなのです」

暁「電も良い?」

電「……構わないのです」

響「やっと一つ決まったね」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 01:25:36.59 ID:k5G/5uk/0
ほのぼのとしてきましたね〜
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/12/02(日) 22:05:17.54 ID:xJPeLht10
仲が悪い四人好きだな
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 16:08:30.51 ID:MLsEtiai0
響の高みの見物感…
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 01:04:08.98 ID:ljgX4xzO0
暁「会場ってどうなっているのかしら?」

響「おそらく決まっているだろうね。特に海外艦達が張り切るイベントだから」

雷「それじゃあ大丈夫そうね」

暁「詳しく聞きたかったら、ウォースパイトさんとかアイオワさんに聞けばいいのかしら?」

雷「……えー、本当に聞きに行くの?」

暁「いやなの?」

雷「……ウォースパイトさんやアイオワさんて何かオーラあるじゃない? 話すの緊張するというか……」

電「後ろからこそこそストーカーしかできない女には自信に満ち溢れたオーラは眩しすぎるらしいのです」

雷「なによ! あんただって最初出会った時は瀕死の金魚みたいな顔してたでしょ!?」

電「……ああして外国人外国人しているのはダメなのです!」

暁「言葉が通じないならまだしも、日本語で話してくれるじゃない?」

電「むしろ日本語話してくれるからダメなのです!」

雷「そうよ! なんか、こう、申し訳ないじゃない!」

暁「あなた達めんどくさいわね!?」

響「じゃあ、英語で話せばいいじゃないか」

雷「無理」

電「無理」

暁「ちょっと! 普段はいがみ合ってるくせに、外国人コンプレックスで意気投合するのやめてくれる!? なんか惨めになるから!」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/12/04(火) 01:25:34.15 ID:c4I08jIi0
メールとかLINEとかで聞けばいいのに
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 01:30:52.89 ID:ljgX4xzO0
響「気乗りはしないけど、私がガングートに探りを入れてこようか?」

暁「ガングートさん?」

響「どうせこういうイベントごとだから、バカみたいに騒いで一枚噛んでいると思う」

暁「余り気乗りしないの?」

響「ほんとバカみたいに騒ぐから……こういう時期に絡まれたくない」

電「バカみたいに騒ぐなら、それはバカみたいではなくバカなのです。徒然草にもそう書いてある」

響「そうだ。私がガングートと話し終わってもし帰ってきたら、みんなで間宮アイスを食べに行こう」

暁「死地に赴く気持ちなの!? ならいいわよ無理しなくて!」

雷「というか海外艦の人たちにオーラ持ち多すぎるのが悪いのよ!」

響「少なくとも自国代表として送られるのだから相応のエリートだよね」

電「言葉もペラペラなのです」

暁「でも、こっちが遠慮するようなオーラがない親しみやすい海外艦もいるじゃない!」

暁「ビスマルクとかイタリア艦とか!」

響「ビスマルクが個人として挙がるのを嘆くべきかイタリア艦が一括りで挙がるのを嘆くべきか迷うね」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 02:21:28.34 ID:ljgX4xzO0
ぱすん!

雷「な、なに!?」

電「はわわ……外から矢が飛んできたのです!」

暁「これは矢文ね」ずぽっかさかさ

響「『LINEやメールで聞けばいいじゃん』だって」

暁「たしかに!」

電「むしろこれをLINEかメールで届けろなのです」

暁「矢文なんて珍しくないでしょ?」

雷「初めて見たわよ!」

響「加賀さんが初海外艦のビスマルクに用件を伝える際に部屋に数発矢文を打ち込んだのはここでは有名な話」

暁「あの時は大変だったわよね。深海棲艦の奇襲だーなんて騒いで」

雷「加賀さんなにしているのよ……」

響「なんでも直接会って話すのに気が引けたとからしいよ」

電「それで矢を放つのもやべーのです」

暁「でも五航戦の人たちはそれを奥ゆかしい! 大和撫子の鑑! と褒めちぎっていたわよ?」

響「瑞鶴さんなんかは『手紙ではなく爆弾を付ければより過激なのでは?』と思ったらしく、それが今に続く」

暁「あ、瑞鶴さんの定期テロってやっぱり加賀さんの影響だったのね」

雷「そんな歴史知りたくもなかったわ」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 02:50:33.74 ID:ljgX4xzO0
響「それでLINEの連絡先って知ってる?」

電「電は知らないのです」

雷「私は司令官のだけ登録されているわ」

暁「私たちのは!?」

雷「まあ、いいかなーって」

暁「いいかなーってなによ!」

響「私はグループ経由でなら連絡はつけれそうだ」

暁「……私は今回の場合ならジャービスに連絡はつけれそうね」

雷「ああ……あの娘いい子そうよね。知らないけど」

電「外面だけの優等生ぽいのです。絶対裏ではおじさんに放尿でもしているのです」

雷「あ、わかる」

暁「わかるってなによ! ちょっと陰口ひどすぎない? おじさんは電柱じゃないのよ!?」

響「まあジャーヴィスがジャーヴィスのジャーヴィスをおじさんにジャーヴィスしてても、私たちにとって良き友人であることに変わりないよ」

雷「そうね。些細なことだったわね」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/12/04(火) 05:46:12.74 ID:RWsPIEHS0
より過激なのでは? の「だから何」感、嫌いじゃない
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 07:22:47.83 ID:ljgX4xzO0
暁「よし! とりあえずジャービスにLINE送ったわ!」

響「じゃあ、少しどうでも良い話をして時間をつぶそうか」

雷「どうでも良い話ねー……?」

電「どうでもよくなかったら電はキレてもよろしいのです?」

暁「いいわよ」

電「なのです」

響「ならどうでも良い話題を提供していこう」

雷「暁、何かない?」

暁「なんで私なのよ! ええと……じゃあ、ダンゴムシの交替性転向反応ってみんな知ってる?」

響「ダンゴムシがT字路に連続で差し掛かると、右左と交互に曲がっていく習性のことだよね?」

暁「そうそれ。で、これの理由って単純に足を疲れさせないためなんだって」

響「へえ、それは」

暁「内輪差ってあるでしょ? あれと同じで外側の方が移動距離が長くなって片側だけ疲れるから、疲労のバランスを取るためにああやってジグザグに動くんだって!」

暁「試すとT字路間に距離があると交替性は認めずらかったようだし。確かbilateral asymmetrical leg movementsを略してBALM説だっけ?」

「「「……」」」

暁「どう? どう?」

響「素晴らしいよ、暁。そこから話題がまるで広げられる気がしない」

雷「紛れもないクソ話題よ! 誇っていいわよ!」

電「でも、少し学術的見地が含まれているので微妙にムダ知識が増えるのは減点なのです」

響「そうだね。そこは少し改善の余地があると思う」

暁「ええ……?」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 07:49:14.08 ID:ljgX4xzO0
雷「……それでジャーヴィスから返信あったの?」

暁「まだ既読もついてないわよ」

雷「ねえ、それ通知だけみるだけで無視されているわけじゃないでしょうね?」

暁「ええ? まだ五分経ってないわよ?」

雷「1、2、3。もう五分よ? 五分もLINEの通知に気付かないなんてことある?」

暁「普通にあると思うけど」

雷「おかしい! 私なんてLINE通知が来た瞬間、くる瞬間から見ているわよ!?」

電「それは雷のLINE通知は司令官確定だからなのです」

電「他のどうでも良いやつからも届く可能性、むしろそっちが高い、のを考慮すればスマホの通知なんて気にしないのは当たり前なのです!」

響「私もメッセージが司令官確定ならば、ずっとスマホに張り付いちゃうかも……」

暁「え? ちょ、ちょっと、なにそれ私がみんなにLINE送った時って、いつもそんな感じなの!? がっかりしてるの!?」

電「それどころか舌打ちしてるのです」

暁「そこまで!? ご、ごめんね! もう送らないわ!」すす

ブブブ

電「LINE通知……?」

『ばか』

電「……」すす

ぴこん

暁「……」

『くたばれ』

暁「ぬうううううんんんんんっ!」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 07:51:16.27 ID:5Xd8j34pO
もう提督以外通知offにすればいいんじゃないかな
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 07:59:01.49 ID:ldXrq6lnO
また仲直りしなきゃ…
25.42 KB Speed:2.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)