ご主人様「メイドのくせに生意気だ!」メイド「ご主人様こそすぐ叩く!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 03:14:01.53 ID:cjA61pvqo
ある日

ご主人様「おい、目玉焼きにはソースだっつってんだろぉ!何回言やぁ分かんだバカメイド!」スパーン

メイド「いたーっ!なんでそーやってすぐ叩くんですか!?野蛮人!!」

ご主人様「んだとてめぇオイ!」

メイド「あんですかぁ!?事実でしょお!!??」

ご主人様「ガルルルルル」

メイド「グルルルルル」


次の日

ご主人様「トマト食えねぇからお前にやるよ」ペイッ

メイド「ちょっと!いらないからってそんなぞんざいに扱わないでくださいよ!」

ご主人様「いいじゃねぇかよ、お前好きだろトマト」

メイド「そーじゃなくて!人のお皿に投げるのはよくないでしょう!」

ご主人様「あーん?ご主人様のお恵みだぞありがたく受け取れや」

メイド「チッ…どんな生き方したらこんなクズができあがるんですかねぇ」ボソッ

ご主人様「なんじゃその態度」ペチッ

メイド「…なんやとコラッ!」ガタッ

ご主人様「あぁ!?やるかぁ!?上等やないか!!」ガタタンッ

メイド「ガルルルルル…」

ご主人様「グルルルルル…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1543428841
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 03:22:17.14 ID:cjA61pvqo
ご主人様「だいたいな、お前メイドのくせに生意気なんだよ!」

メイド「そんなこと言ったらご主人様だってすぐ叩くじゃないですか!」

ご主人様「俺はいいんだよ!偉いんだから!」

メイド「偉いんだったら暴力振るっていいってんですか!やーっぱり野蛮人ですね!」

ご主人様「そういう言い方が腹立つんだよォ!」ツネー

メイド「いたたたた!ほらまた暴力!」

ご主人様「無駄にもちもちなほっぺだからなあ、よく伸びるておもしれぇや!」ムイムイ

メイド「やーめーてーくーだーさーいー!!」

ご主人様「おっぱいもこのくらい柔らかかったらもっと可愛がってやったのになぁ!」

メイド「なぁっ!!!!ぜ、絶対に言ってはいけないことを!!!!!」

ご主人様「ゲヘヘ」

メイド「うっ…」

メイド「ひぇ〜ん…いくらなんでも酷すぎますぅ…」シクシク

ご主人様「え、おい、泣くなよ!!悪かったよ、言いすぎた!!」

メイド「なんちゃって〜」バァ

ご主人様「あっテメーこの野郎!!!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 03:29:49.51 ID:cjA61pvqo
ご主人様「なぁメイド、あとでアレ買ってきてくれねぇ?」

メイド「アレってなんですか?」

ご主人様「アレはアレだよ…分かるだろ?」

メイド「???ぜんぜん分からないんですけど…」

ご主人様「なんだっけな…ほら、アレに使うやつだよ」

メイド「いや、ノーヒントじゃないですか!」

ご主人様「ここにこーしてあーやって使うやつ!!」

メイド「だからそれじゃ分かりませんって!!」

ご主人様「つっかえねーな!もういいわ!この無能メイド!」

メイド「なっ…誰が無能ですか!!ご主人様のアタマが空っぽなのが悪いんでしょう!」

ご主人様「あぁ!?お前よりかは上質な中身が詰まっとるっちゅーの!!脳みそこねてやるわ!」コネコネ

メイド「あうぁ、こねこねするのはやめ…やめ…」

メイド「あ!!?」キュピーン

メイド「もしかしてアレってコレのことですか?」サッ

ご主人様「それ!!!お前マジ有能!!!!!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 03:35:50.63 ID:cjA61pvqo
メイド「今日は焼きそばですよ〜」

ご主人様「お前さぁ、ナチュラルに焼きそばとご飯をセットで出すんじゃねぇよ。この組み合わせはまずいだろ…」

メイド「え?美味しいですよ?」

ご主人様「味の問題じゃなくて…。炭水化物と炭水化物の組み合わせだぜ。ダメだろそれは」

メイド「でもご主人様ラーメンライス大スキじゃないですか」

ご主人様「あれはいいんだよ!」

メイド「一緒じゃないですか〜」

ご主人様「違う!じゃあお前、お好み焼きとご飯一緒に食えるか?」

メイド「食べますよ!なんだったらそこに焼きそば加えてもらってもいいですよ!」

ご主人様「加えねぇわ!なにが『なんだったら』だよ」

メイド「まぁ、ご主人様がそこまで言うなら…」

ご主人様「おっ、今日は素直だな?」

メイド「この焼きそばは私がひとりで食べて、ご主人様はご飯のみということで…どうしてもというならしょうがないです」スッ

ご主人様「違うそうじゃない!!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 03:43:57.25 ID:cjA61pvqo
メイド「ご主人様この靴下穴が空いてますよ」

ご主人様「捨てとけ捨てとけ」

メイド「でもどうしたら靴下に穴なんて空くんですか?」

ご主人様「知らねーよ」

メイド「ご主人様ちゃんと爪切ってます?」

ご主人様「切ってるよ」

メイド「かかとの皮膚とか荒れてません?」

ご主人様「別に普通だよ」

メイド「おかしいですねぇ」

ご主人様「その靴下の素材が悪いんじゃねぇの」

メイド「じゃあご主人様も性根が悪いからそのうち胃に穴とか空いちゃうかもしれませんね」

ご主人様「ハハハ、確かに…」


ご主人様「お前マジで一回シメたほうがいいな」

メイド「い、今のはついうっかりってやつでして〜…」

ご主人様「尚更だわ」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 03:54:31.63 ID:cjA61pvqo
ご主人様「おいメイド、フリスビー出てきたからこれで遊ぼうぜ」

メイド「はぁ…ご主人様、もういい歳なんだからそんな子供みたいなことしないでくださいよ」

ご主人様「は?フリスビーは健全なスポーツ競技だが??子供っぽいイメージしか持ってないお前の方が子供なのでは???」

メイド「くっ…」

ご主人様「まぁでも確かにお前には向いてないかもな。どんくさそうだし」

メイド「は?ナメてもらっては困りますね…私はそこいらの犬よりフリスビー取るのはうまいと自負してますよ」

ご主人様「フッ…目に闘志の炎が灯ったな?いいだろうなら受けてみな…俺の渾身の一投!」ブンッ

メイド「えっ!?」

ズコッ

メイド「………」プルプル

ご主人様「おいおいどーしたぁ!顔面直撃かよ!犬よりうまいんじゃなかったのかぁ!?」

メイド「ふ…フリスビーの向きが違います。正しくは縦じゃなくて横です…」

ご主人様「!?」

メイド「健全なスポーツがどうとか言ってましたけどもしかしなくてもご主人様フリスビーエアプでしょ…」ゴゴゴゴゴ

ご主人様「ごめん今のはマジでごめん」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 04:08:49.00 ID:cjA61pvqo
ご主人様「おいメイド、歯が痛い」

メイド「はぁ…虫歯ですか?」

ご主人様「分からん。だがすごく痛い。なんとかしてくれ」

メイド「じゃ、とりあえず見せてください…」

ご主人様「明らかにおかしいところがあったら教えてな」あーん

メイド「うーん…あ、ここかな?」つんっ

ご主人様「〜〜〜〜〜〜〜ッッッッ」ガブッ

メイド「ぎゃーーーーー!!!??」

ご主人様「お前、痛いっつってんだからいきなり触るんじゃねぇよ…」ズキンズキン

メイド「それは悪かったですけど、そんな噛まなくてもいいじゃないですか〜」シクシク

ご主人様「反射的に閉じちゃったんだよ…」ハッ

ご主人様「そういえばハズレの歯を押すと口を閉じるワニのおもちゃがあったよな!あれやりたくなってきた、買いに行こうぜ」キャッキャ

メイド「いやまず歯医者でしょう」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 04:26:05.49 ID:cjA61pvqo
メイド「ご主人様その服どうしたんですか?」

ご主人様「買った」

メイド「変ですね!」

ご主人様「てめーコノヤロウ!!!」ボカッ

メイド「ぎゃう!!」

ご主人様「ったく、最近大人しいと思ったらいきなり暴言とは…」

メイド「だ、だってそれ、後ろ前逆ですよぅ…」

ご主人様「え?あ…ホントだ…」

ご主人様「……」

メイド「ご主人様がぶったー…私なんにも悪いことしてないのにぶったー…」チラチラ

ご主人様「な、なんか甘いもの買ってやろうか!?」

メイド「まぁそれで勘弁しといたるわ」

ご主人様「そーいうとこだぞコノヤロウ!!」ギュウウウ

メイド「いたたたたゴメンナサイ!!!!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 04:34:22.19 ID:cjA61pvqo
ご主人様「お前もたまには違う服着てみたらどうだよ」

メイド「うーん、別に私はメイド服があればそれでいいんですけどねぇ」

ご主人様「もっとオシャレしようぜ。せっかくいい…っ」

メイド「『せっかくいい』?…なんですか?その続きは??顔?スタイル??」

ご主人様(いかん!ここで褒めたら調子に乗るぞコイツは…逆にビビらせるくらいのこと言わないと)

ご主人様「せ…せっかくいい感じの背後霊憑いてるのにな!!!」

メイド「!?」

メイド「やっぱり私くらいいい子だと背後霊もいい感じなんですね〜」エヘヘ

ご主人様「なに言っても調子乗るわけ?」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 04:41:54.34 ID:cjA61pvqo
ご主人様「おい!餃子にはポン酢だって言ってるだろ!!」バシッ

メイド「……はぁー。ご主人様ほんとすぐ叩きますね」

ご主人様「…ふん、叩かれるようなことするお前が悪い!」

メイド「はいはい。ま、ぜんぜん痛くないからいいですけど。こんなんじゃ虫1匹殺せませんよ」

ご主人様「本気で叩いたからかわいそうだろが」

メイド「かわいそう?」

ご主人様「ハッ…!」

ご主人様「勘違いすんなよ!お前じゃないぞ!そう…かわいそうなのは虫さんだ!」

メイド「ふーん。虫さんがね。確かにそうですね。かわいそうだ虫さんが…」ニヤニヤ

ご主人様「くっ……」

メイド(というかまず叩くなや…)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 08:05:54.62 ID:2O+60hRI0
好き
主人を殺そうとする奴隷書いてる人?
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 11:54:44.48 ID:i9oWmOpYO
面白い
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 12:34:52.88 ID:cjA61pvqo
ドザァアアアアアアア

ご主人様「すっげぇ雨。当分はこんな天気だってよ」

メイド「これじゃ洗濯物干せませんね…」

ご主人様「よし乾燥機買うか」

メイド「…あのねご主人様。この雨の中だれがどうやって乾燥機を持って帰るんですか?」

ご主人様「バッカおめー今どきはゾンアマに頼めばなんでもかんでもすぐに持ってきてくれんのよ」

メイド「はぁー出た出た通販サイト。配送業者がつらいつらいと嘆いてるのはご主人様みたいなのがたくさんいるからなんですね」

ご主人様「はぁ?そんなん俺の知ったこっちゃねーわ!」

メイド「私もそう思います」

ご主人様「…?」

メイド「?」

ご主人様「今のはケンカする流れじゃないのか」

メイド「あれ?そういう感じでした?」

ご主人様「ま、でも…乾燥機買うのは晴れてからにするかぁ」

メイド「知ったこっちゃないのでは?」

ご主人様「うるせーバカ」

メイド「きゃー!…あれ?」

ご主人様「?」

メイド「…今のは叩くパターンじゃないんですか?」

ご主人様「なんやねん」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 19:36:40.40 ID:cjA61pvqo
メイド「あらーかわいいワンちゃんですねぇ!」


メイド「というわけで飼い主さんにお願いしてワンちゃんの写真を撮らせてもらったんですよ!」

ご主人様「ふーん」

メイド「ふーんじゃなくて!見てください!見て!」

ご主人様「あー鬱陶しい!」

メイド「…ご主人様って犬キラいなんです?」

ご主人様「犬じゃなくて、『犬をカワイがってる私カワイイ〜!』と思ってるお前がキラいだ!」

メイド「むっ!なんですかその言い方!?犬カワイイ〜で終わりですよ私カワイイ〜なんて思ってないですよ!」

ご主人様「どーだかな」チラッ

ご主人様「なぁんじゃこの犬!?くっそかわええ!!!」

メイド「『犬をカワイがってる俺カワイイ〜!』ってやつですか?」ニヤニヤ

ご主人様「うっせ!うっせ!!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 19:50:09.81 ID:cjA61pvqo
メイド「今日はご主人様の好物・大ハンバーグですよ!」

ご主人様「おう」むしゃむしゃ

メイド「美味しいですか?」

ご主人様「おう」むしゃむしゃ

メイド「…ほんとに?」

ご主人様「おう」むしゃむしゃ

メイド「…なんか反応薄いなぁ。頑張って作ったのに…」

ご主人様「いやうめぇよ。超うめぇ」

メイド「何かもう少し気の利いたリアクションが欲しいなぁ〜」チラッ

ご主人様「気の利いた…」むしゃむしゃ

ご主人様「えー…口の中が肉汁で溢れて…溢れて………」

ご主人様「にっ肉汁のぉ!!帰省ラッシュやぁ!!!! 」

メイド「……」

メイド「フッww」

ご主人様「おまえがやれっちゅーたやんけ!!!」バシッ

メイド「ごめんなさい!!」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 20:00:47.18 ID:cjA61pvqo
ご主人様「いけっピカピー!よけろピカピー!」

メイド(ご主人様またゲームやってる…ポコモンLet's Goピカピー…何がそんなに面白いんでしょうね)

メイド「ご主人様ゲームばっかりやってちゃダメですよ〜」

ご主人様「あん?なんだぁ?構ってもらえなくて寂しいのか?」

メイド「はぁ?なに言ってんですか」

ご主人様「お前は素直じゃないからな〜こっちのピカピーのほうがよっぽど素直でカワイイぜ」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 20:08:31.04 ID:cjA61pvqo
メイド「なんですか!こんなねぇゲームのキャラなんてねぇ!」ツカツカ

メイド「こうしてやる!」ブチッ

バツンッ

ご主人様「てめぇコンセント抜きやがったな!」

メイド「ふふーんだ。ピカピーより私の方が優れてますね!」

ご主人様「くっそ…!お前だって昔、親にゲームやってるの止められて悔しい思いしたことくらいあるだろ!?」

メイド「……いや、うち、テレビゲームとかなかったんで…」

ご主人様「………」

メイド「………」

ご主人様「今日はもうやめにしとくけどな、次やったらお前の鼻の穴にコンセント刺して10まんボルトしてやるからな」

ご主人様「ところでおまえ、ゲームがなかったなら当時何して遊んでたわけ?」

メイド「チラシの裏に迷路書いて遊んでました」

ご主人様「な、なんて不憫な…」ガーン

ご主人様「悪かったよもう二度とお前の見てる前でゲームやらねぇよ」

メイド「いやそこまでしなくても…」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 20:25:22.25 ID:cjA61pvqo
ご主人様「お前ゆうべ変なアイス食べてなかった?」

メイド「変なアイス?ああ『いちごトルコアイスチョコレートソースがけサイダー風味』のことですか」

ご主人様「多分それ。てか迷走しすぎだろ」

ご主人様「お前ああいうの俺に黙って買ってきてこっそり食うのやめろよな」

メイド「えー、ご主人様のアイスも買ったじゃないですか。こっそりじゃなくて堂々とご主人様の前で食べてたし…」

ご主人様「俺のはいつものアイスだったじゃん。俺もそういう変な新商品食いてぇよ」

メイド「うーん…でもご主人様のことだからなぁ…。たぶん違うの買ってきたら買ってきたで『こんなの食うか!いつもの買ってこいよ!』とか言いそうだしなぁ」

ご主人様「さすがにそんなワガママ言わねーよ」


後日

メイド「ご主人様、新商品のアイス買ってきましたよ!」

ご主人様「お、どんなのだ?」

メイド「じゃーん『アザラシアイス屍肉味』!!絶対ワガママ言わないんですよね?ちなみに私は普通のバニラアイス食べます」

ご主人様「そのチョイス悪意あるよな???」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 20:44:08.41 ID:cjA61pvqo
メイド「ふっ、ふっ、ふっ」

ご主人様「お、なんだ、腹筋やってんのか?」

メイド「筋トレがんばってます」

ご主人様「ダイエットかね。痩せてると思うけどな」

メイド「ご主人様にいくら叩かれても平気なように丈夫な体を作らないと」

ご主人様「えっ……いや、そんなさぁ、本気で殴ってないし、ましてボディとか殴った覚えないけど…」

メイド「でも何があるか分かりませんからね。しっかり鍛えておかないと」

ご主人様(やばい思いのほか真剣だ…このままメイドが強くなっちまったら立場が逆転しかねない!)

ご主人様「俺はメイドはちょっとか弱いくらいが可愛いと思うけどな〜」ボソッ

メイド「…今なんと?」ピクッ

ご主人様「オホン…俺は今のままのお前が一番好きだぜ」キリッ

メイド「もーご主人様ったらほんと私のこと大好きなんだからしょうがないですねぇ。まぁ今のご主人様がこのパーフェクトな私に釣り合うかと言われると微妙な気がするので?もう少し紳士的な言動ができるようになってくれないかなぁと思ったり思わなかったりするわけですけど?」ペラペラ

ご主人様「秒で調子乗るんじゃねぇよお前は!」スパーン

メイド「ひええ!ほら暴力!!こらやっぱ少しは鍛えとかなあかんっすわ!!」

ご主人様「くっ…」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 16:33:43.02 ID:03RnrLHdo
こんな関係の人が一人でも欲しかった
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/30(金) 22:48:04.74 ID:FdceLBMCo
テレビ『○○市△町の民家に刃物を持った男が押し入り、住人の女性ひとりと、騒ぎを聞いて駆けつけた近隣の男性ひとりが刺されるいう事件が〜』

ご主人様「△町っつったらここからそう遠くないじゃねぇか」

メイド「物騒ですね〜駆けつけた男性まで刺されちゃったなんて…」

ご主人様「なぁ、もしこの家に強盗が来たとして、当然メイドのお前は俺のことを守るんだよな?」

メイド「…いやぁ人のことボカスカ叩くご主人様ですからねぇ、強盗くらい簡単に撃退できるでしょう?」

ご主人様「無理。無理無理100パー無理。刃物持ってたら即逃げるわ」

メイド「じゃあ私も刃物を持てば叩かれなくなるってことですね!」

ご主人様「うーん………」


ご主人様(そんなもん持ってたら危ねーだろバカ!!!)ベシッ

メイド(ふぎゃ!!)


ご主人様「いや、たぶん叩く」

メイド「…私もそういうビジョンが見えました」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/01(土) 00:14:11.04 ID:q26kGqZ4o
メイド「なんてったってア〜イド〜ル♪私はアイドル…」

ご主人様「なにその歌?」

メイド「ええっ!?キョンキョンをご存知でない!?」

ご主人様「あ、小泉今日子?まぁ知ってるけど…知ってるだけだな…」

メイド「ご主人様はアイドルとかあんまり興味ないんですね〜」

ご主人様「いやそもそも世代が違うじゃん…俺とかお前みたいなアラサーはモー娘。とかだろ?」

メイド「あ、アラサー!?私が!?一緒にしないでくださいよ!ご主人様より4つ…あれ、3つだっけ…?」

メイド「とにかく年下ですから!まだピチピチですから!!!」

ご主人様「必死だな〜…つーかそのピチピチって言い方がもう古いわ」

メイド「ぐっ…あ、そういえば昔『福田明日香』に会ったことありますよ〜。LOVEマシーンの時かな〜」

ご主人様「へーマジで?」

メイド「ウソで〜す。その頃もう福田明日香は卒業してますから!」ケラケラ

ご主人様「なんだウソか!ハハハハハ!」

ご主人様「それ知ってるってことはやっぱアラサーじゃ…」

メイド「ちーがーいーまーすーーー!!!!!」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/01(土) 00:33:41.71 ID:q26kGqZ4o
メイド「甘納豆おいしい…最高…」むぐむぐ

ご主人様「はぁーこりゃまた渋いもん食ってるね」

メイド「し、渋いですか?甘納豆」

ご主人様「あんまり見ねぇけどな…」

メイド「えーおいしいのに…あと干し芋とかも好きですね」

ご主人様「…こないだアイドルのハナシしたときも思ったけど、お前の趣味とか好みってなんかちょっとズレてねぇか」

メイド「ズレてるって何と比較してズレてるんですか?というかそれって何か問題ありますか?」

ご主人様「別に問題はねぇけどさ」

ご主人様「なんかそのうち刺繍とか編み物とか始めそうだな」ボソッ

メイド「!!!」

メイド「そのうちじゃなくてもうすでに刺繍やってますよ!?ダメですか!?編み物も楽しいですよ!?」

ご主人様「わ、悪かったよ…」

メイド「ご主人様も盆栽とかやればいいのに…」

ご主人様「もうただの年寄りじゃねぇか」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/02(日) 21:39:54.03 ID:oUesEh5bO
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/03(月) 00:15:03.76 ID:nFxIbt/40
メイド「……」ヒロイヒロイ

ご主人様「あいつ…なに拾ってんだ??」

メイド「ご主人様!お庭に松ぼっくりがいっぱい落ちていましたよ!!」ドサッ

ご主人様「んな興奮気味に言われても…それ集めてどうすんだ?クリスマスの飾り付けでもすんのか」

メイド「なにバカなことを…松ぼっくりの使い道なんて一つしかないでしょう」

メイド「おやつに食べるんですよ!」

ご主人様「バカはおめぇだ!」バシッ

メイド「あ、知らないんですか〜?『かさ』を食べたあとの松ぼっくりってね、エビフライに似てるんですよ!」

ご主人様「リスかてめぇは!」バシッ

メイド「二度も叩くなんてひどい…まるで私が冗談言ってるみたいじゃないですか!!!」

ご主人様「え、マジなの??」

メイド「……」

メイド「もしかして、普通は食べない?」

ご主人様「食べない」

メイド「そうですか…そうか、そうだったんですね」

メイド「昔、焼き松ぼっくりを皿に乗せて出す母がいつも悲しい顔をしてたのは、そういうことだったんですね」

ご主人様「えぇ…」

メイド「じゃあもしかして、セミの抜け殻もふりかけにしない??」

ご主人様「嘘だと言ってくれよ…」

メイド「ふっ…何やってんでしょうね私。このゴミ捨てときますね」

ご主人様「よ、よし今日はおまえの好きなもん食いに行こう!な!?」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/03(月) 00:38:54.49 ID:nFxIbt/40
ご主人様「メイドぉ、爪切り」

メイド「…あのですね、そういう言い方するのやめてほしいんですけれど」

ご主人様「なんで」

メイド「私は爪切りじゃありません。爪切りがほしいなら『爪切り取って』って言ってください」

ご主人様「んなこと気にすんなよ、伝わってんだから問題ねぇだろ?」

メイド「……」ムッ

ご主人様「わかったわかった、『メイド爪切り取って』!」

メイド「最初からそう言えばいいんですよ」スッ

ご主人様「なぁーんだその態度!?」

メイド「態度が悪いのはそっちでしょう!」

ご主人様「ガルルルルル」

メイド「グルルルルル」

ご主人様「もういいよ!早くその爪切りよこせ!」

メイド「いーえ!せっかくだから私が切ってさしあげますよ!」

ご主人様「やだ!お前わざと深爪させるつもりだろ!」

メイド「そんなことしませんよ!というかご主人様に爪切りなんてもったいない!」ポイ

ご主人様「あぁ!?じゃあどうすんだよ!」

メイド「私がこの自慢の歯でガジガジに噛み切ってやります!!!」

ご主人様「ふーん。じゃあやってみな。跪いて、俺のこの指に口近づけてガブガブしてみろ」スッ

メイド「……///」

メイド「ごっご主人様のバカ!!変態!!!よくそんなエッチなこと言えますね!?」

ご主人様「おめぇがやるっつったんだろが!?」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/12/03(月) 00:49:57.07 ID:y30Ee38P0
盆栽って何十年もかかるらしいから若者向けの趣味なんじゃないだろうか
メイドかわいい
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/03(月) 23:05:33.35 ID:nFxIbt/4o
ご主人様「ぎゃあああ出たあああああああああ」

メイド「ど、どうしました!?」ガチャ

ご主人様「む、むむむ、む、むしむしむし…」

メイド「あ、青虫。お庭から入って来たんですかねぇ」ヒョイ

ご主人様「うわあああつまむなよぉおおお」

メイド「つままなきゃ逃がしてあげられないでしょう?」

ご主人様「ひいいいい…」

メイド「……」ニヤリ

メイド「ほらご主人様、青虫ちゃんはきっと挨拶しにきたんですよ?チューでもしてあげたらどうです??」グイグイ

ご主人様「まじやめろってええええええしぬ!くっつけたらショック死するしその前に舌噛んで死ぬ」

メイド「そんなに嫌ですか…」

メイド(弱点発見!)

翌日

メイド「……」ちょきちょき

ご主人様「メイドお前いったいなに作ってんだ?」

メイド「お面です」

ご主人様「お面?なんの?」

メイド「青虫」スチャッ

ご主人様「ふざけんな」スパーン

メイド「おぶぅ!!!えっなんで!!?青虫触れないんじゃないですか!?」

ご主人様「だからってそんな紙に貼っつけた青虫の写真なんかにビビるわけねーだろ!!」

メイド「そ、そういうものなんですか…」

翌日

ご主人様「ゾンアマでなんか買うのか?」

メイド「青虫の着ぐるみを作ろうと思って」

ご主人様「ガチじゃねぇか…」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/03(月) 23:46:21.77 ID:nFxIbt/4o
メイド「ペプシ!!!」

ご主人様「なに?ペプシがどーした?」

メイド「あ、今の私のくしゃみです」

ご主人様「くしゃみ!?いや絶対ペプシっつったよ!」

メイド「ふぁ、はっ……ペプシ!!!」

ご主人様「ほらまたペプシって!」ケラケラ

メイド「言ってませんって!そういうくしゃみなんですよ!!」

メイド「はぁ、は……ペプシッ!…」

ご主人様「あははははははは!!!」ゲタゲタ

メイド「うぅー…」ズズ

ご主人様「……」

ご主人様「ほれ寒いならこれ着てな」バサッ

メイド「……ありがとうございます」

ご主人様「あとでペプシ買いに行こうぜ」

メイド「えーこんな寒いのに…」

ご主人様「お前のせいで飲みたくなったんだからな」

メイド「いや、そう言われても」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/06(木) 19:38:47.53 ID:6cHnV0WRo
ご主人様「テレビの『通販アリジゴク』でやってた、よく眠れるっつー枕を買ったんだよ」ニコニコ

メイド「嫌な番組名ですね…」

ご主人様「さっそくこれ使って寝てみるから、俺がほんとによく眠れてるかどうか見ててくれ」

メイド「分かりました」

ご主人様「とか言って寝よう寝ようと意識しちゃうとなかなか眠れないんだよなぁ、昔からそうだったんだよイベントのたびに前日眠れなくて……zzz」スヤァ

メイド「秒で寝てるし」

ご主人様「……」ムニャムニャ

メイド(うーん、よく寝てるといえばよく寝てるけど、普段からこんな感じでは…)

ご主人様「……うへへ」モミモミ

メイド(枕を揉んでる!?今までになかった奇行だ!しかもなんか嬉しそう)

ご主人様「メイドおまえ…こんなにおっぱいあったかぁ?…最高じゃん…ムニャ」モミモミ

メイド「………」ピキッ

メイド「おはよぉおおおございまああああああす!!!グッモオーーーニン!ワンシャンハアアアアアオ!!!!起きてくださああああああああぁぁぁい!!」

ご主人様「なんだぁ!!!??」ガバッ

ご主人様「お、め、メイドか…ビックリさせんなよ…」ドキドキ

メイド「よく眠ってましたねぇ」

ご主人様「え?あ、そう?よく寝てた?そうかぁ、そう言われるとなんか楽しい夢を見てたような気がするぞ!」

メイド「私のおっぱいが大きくなったのがとても楽しそうでしたよ」ニコッ

ご主人様「そうそれ!手のひらにあの感触がまだ残って…」ハッ

ご主人様「もしかして俺、変な寝言言ってたか…?」

メイド「……」ニコニコ


ご主人様「しょうがねーじゃんそういう夢だったんだから!不可抗力だろ!」

メイド「そらふかふかの枕で寝たら素敵な夢が見れますわな…はん!」

メイド「でも現実はこれですから!厳しくて貧しいんですよねぇ!」ペタペタ

ご主人様「…いや待てよ、現実にできるかもしれん」

メイド「!?」

ご主人様「おまえの写真撮って、それ抱き枕カバーに加工してさ、おっぱいのところにこの枕詰めたら最強じゃね?」ニヤリ

メイド「それはいいアイデアですね!じゃあその枕にご主人様の面倒見てもらいましょう!私はもう何もしませんので!」

ご主人様「ごめんウソウソウソ!!!!」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/06(木) 19:52:44.44 ID:6cHnV0WRo
ご主人様「このあいだ買った枕あるじゃん。あれお前にやるよ」

メイド「えっ!?あんなに気に入ってたのに??」

ご主人様「よかったのは最初だけだな。体に合わないのか、だんだん肩とか首とか凝るようになってきて…前のに戻すことにした」

メイド「そうだったんですか…でも前の枕、こないだ捨てちゃいましたよ」

ご主人様「なにっ!?」

メイド「だってもう使わないって言ったじゃないですか〜」

ご主人様「ぐぬぬ…そうか、そうだな。じゃあやっあやっぱりこの枕で我慢するか…」

メイド「いっそ今度は、ちゃんと寝具屋さんに行って、ご主人様にピッタリ合うのを作ってもらいません?」

ご主人様「オーダーメイドか…メイドだけに」


寝具屋

ご主人様「…ダメだ!ぜんぜんしっくり来ない!」

店員「うーん、測定結果を反映して、素材もご自身で選んでいただいて、高さや幅も要望通りのはずなんですが…」

ご主人様「でもこれで眠れる気がしない…」

メイド「今回は諦めたほうがよさそうですね…」


その日の夜

ご主人様「……」

メイド「ご主人様、まだ寝ないんですか?」

ご主人様「もはや寝るのが嫌になっちまったよ…枕ひとつでこんな憂鬱な気分になるなんてなぁ」

メイド(なんだか不憫ですね…)

メイド「ご主人様、あのー………かなり、恥ずかしいんですが」

メイド「ひ、膝枕…とか?は…どうでしょう??」

ご主人様「お前なァ、ふざけたこと言ってる場合じゃないんだぞ?…やってみるか」


メイド「……ど、どうですか?」

主人様「なんか想像ほど柔らかくねぇし…普通に寝るより首痛くしそう…」

メイド「え!じゃあやっぱやめときましょう!」

ご主人様「でも、まぁ……気分は悪くねぇな」

メイド「……ふふ。それはよかったです」ナデナデ

ご主人様「………」

ご主人様「おいてめぇ調子のんなよ!!しれっと撫でてんじゃねぇ!!!俺ぁネコか!!!」ガバッ

メイド「あっ!人がせっかく優しくしてるのにそういう言い方する!!」

ご主人様「お前はじめてメイドらしいことしてる自分に酔いしれてるだろ!」グリグリ

メイド「酔いしれてません!てか『はじめてメイドらしいことしてる』ってどーいうことですか!!?」ギャー


結局、ご主人様が悩みに悩んでようやく新しい枕を手に入れたのは、一週間も経ってからでした…。
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/06(木) 20:08:50.17 ID:6cHnV0WRo
ご主人様「おいクソカラスども!うちの庭に居着くんじゃねぇ!!焼き鳥にして食っちまねぇうぞ!!」ブンブンッ

カラス「ギャー!ギャー!」バサバサ…

メイド「石なんか投げたら可哀想じゃないですか」

ご主人様「うるせぇ!」デコピンッ

メイド「そ、それにカラスって頭が良いから、このことをずっと覚えてて、いつかご主人様に復讐しにくるかもしれませんよ!」

ご主人様「はっ!もしそこまでしてくるんならカラスってのはお前よりよっぽど賢いな」

メイド「くっ…ごく自然にバカにされた…」


その夜

ご主人様「だからこれはあーしろって言っただろが!」ベシッ

メイド「……」カキカキ

ご主人様「…なんだ!?今日は言い返してこないのか?てか今なに書いたんだ」

メイド「私決めたんです。ご主人様に叩かれるのはだいたい私が悪いので、すぐに反抗的な態度取るのはやめます」

ご主人様「そりゃいい心がけだ」

メイド「でもこの『復讐ノート』に…ご主人様からの暴力1回=1ポイントで集計しておいて、10回超えたらそのときだけ本気で反抗します」

ご主人様「復讐ノート?ポイント??…反抗???」

メイド「ちなみに今日だけでもう3回叩かれてるので3ポイントです。あと6回まではどうぞ遠慮なく叩いてください」

メイド「ただし10回目は…」

ご主人様「うぅ…そうやってビビらせようってのか…!?」ゴクリ

メイド「…ちなみに反抗されるのが嫌なら、10ポイントを景品と引換するって手もありますよ」

ご主人様「はっ?景品???」

メイド「何か甘いものとか買ってくれたら10ポイント帳消しにします。シュークリームとかードーナツとかー」ニコニコ

ご主人様(やっぱバカだなコイツ…)
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/08(土) 23:36:10.14 ID:eikLR9Xy0
メイド「カーモンベイベーフフフフン♪」

ご主人様「なにそれ?」

メイド「えっUSA知らないんですか!?今めちゃくちゃ流行ってるのに!!」

ご主人様「ふーんそうなん?初めて聞いたわ。誰の曲?」

メイド「DA PUMPです」

ご主人様「はっ?DA PUMPが流行ったのって20年くらい前だろ、嘘つくんじゃねぇよ」ビシッ

メイド「いたー!嘘じゃないですよ!ほら今テレビ出てますよ!」

ご主人様「ああISSAだ!で周りのこいつらは誰??新ユニットか???」

メイド「これがDA PUMPなんですよ」

ご主人様「え…?KENは?SHINOBUは?YUKINARIは???」

メイド「とっくの昔に脱退しましたよ」

ご主人様「はっ!???!ふざけんなよお前、くだらねぇ嘘つくなよ!!!!」スパーン

メイド「だから嘘じゃないですって!!!ホラここ!!思いっきりDA PUMPって出てますよね!?」

ご主人様「違う…こんなのDA PUMPじゃない…ただの『ISSAと愉快な仲間たち』じゃん…俺の知ってる四人を返してくれ」

メイド(めんどくさいファン…)

ご主人様「ちなみにこの曲はm.c.A.Tが作ったのか?DA PUMPといえばm.c.A.Tだもんな??」

メイド「いえこれは洋楽のカバーです」キッパリ

ご主人様「嘘だぁああああもはやDA PUMP要素ないじゃんかあああああああ!!!」ギュウウウ

メイド「ちょっ首絞めはシャレにならな…」

ご主人様「返してくれ…俺の青春を返してくれぇえええええええ…」シクシク


翌日

ご主人様「カーモンベイベーアメリカ♪やっぱDA PUMP最高だわ!!」ピョンピョン

メイド「ご主人様、躁鬱病とかじゃないですよね?」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 00:01:45.00 ID:uc+PU1i40
あれ、DA PUMPってこんなにメンバーいたっけ? と思ってたけどやっぱそうだったのか。いや、かつてのブーム時もそれほど詳しく知ってたわけじゃないのだけど。
往年のDA PUMPファンからすると本当にどういう心境なんだろうか。
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:43:57.13 ID:oU6Pra5mo
モーニング娘。みたいなもので代替わりしたものだと思ってる
自分が好きなのは初代で今のは二代(三代)目という感じ
というか舞台が現代だったのねこれ
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 21:30:12.82 ID:i0pRQkK60
好き
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/09(日) 22:51:20.04 ID:h1Ug3ONn0
ご主人様「さっむ」ブルブル

メイド「確かに最近急に冷え込んできましたよね」

ご主人様「そういうわりにお前あんまり寒そうにしてないよな」ブルブル

メイド「私はまぁ…このくらいの寒さには慣れてますから」

ご主人様「あー寒風吹きすさぶ中、屋根のない家で暮らしてたんだっけ?」

メイド「そこまでひどくはないですよ!!!まぁ暖房器具はひとつもありませんでしたけど」

ご主人様「あーそう」ブルブル

ご主人様(そうは言ってもこいつだって普通の人間、暑さ寒さをまったく感じねぇってわけじゃないだろ)

ご主人様「おいメイド」

メイド「はい?」

ご主人様「そのメイド服脱げ!」

メイド「ええっ!?なに言ってるんですか!!嫌ですよ!!!」

ご主人様「そのメイド服すげー暖かい素材なんだろ!違うか!?」

メイド「違いますよ!」

ご主人様「じゃあなんだ…腹巻きでもしてんのか?」

メイド「してません!」

ご主人様「毛糸のパンツか??」

メイド「穿いてませんよそんなの」

ご主人様「いいから脱げ!こうなったら裸で暖め合うしかないだろ!」グイグイ

メイド「ちょっと!マジでやめてくださいって!!」グリッ

ご主人様「いだだだだ!わかった!わかったからやめろ!関節を極めるな!!」


ご主人様「なあメイド、動けないんだが」モコモコ

メイド「だって何するかわかりませんから。それにそれだけ厚着すればあったかいでしょう?」

ご主人様「いや限度ってのがあるじゃん!?これじゃ十二単だぞ」

メイド「でもあったかいでしょう?」

ご主人様「…あったかいよ!暖かいけれども!!!」ウゴウゴ

メイド「そうやって動いてるとなんか…新しいゆるキャラみたいですね」ニヤニヤ

ご主人様「テメー覚えてろよ!!!」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/09(日) 23:51:25.26 ID:h1Ug3ONn0
ご主人様「そろそろクリスマスだな」

メイド「そうですねぇ」

ご主人様「お前なんか欲しいものあるか?」

メイド「え?言ったらくれるんですか?」

ご主人様「バカ!俺がお前にくれてやるものなんてねぇよ。サンタさんに伝えといてやるってんだよ」

メイド「あーそういうことですか!じゃあ」

メイド「失敗しても怒らない、まして暴力なんて絶対に振るわない、とても理知的で優しいご主人様をください!」

ご主人様「あ゛!?」ピキピキ

ご主人様「いや…コホン、その願いはサンタのキャパを超えてるよ」

メイド「ああっ神龍みたいな言い訳を!」

ご主人様「よーし俺もサンタにお願いしちゃおっかなー!」

ご主人様「この生意気なメイドにお仕置きするための鞭をくれ!」

メイド「は!?」ピキピキ

メイド「…というかね、ご主人様みたいな極悪人にサンタさんがプレゼントくれるわけないでしょう!?」

ご主人様「さっきからなんだやんのかてめぇ!コラ!!!」ガルルルル

メイド「上等ですよ、五体満足でクリスマス迎えられると思わないでくださいよ!」グルルルル

ご主人様「…やめた。そもそも俺達みたいないい大人にサンタさんなんて来るわけねーわ」

メイド「そうですね。この歳になってのクリスマストークなんて虚しくなるだけです」

ご主人様「ていうかクリスマスまであと2週間もあるのにここでネタ消費しちゃって大丈夫なのか?」

メイド「それはちょっとよくわかりませんけども」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 22:15:51.32 ID:TzfEj/t/0
主従で楽しくクリスマス過ごすんだろうな!性の6時間ってな!ちくしょう!!
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 22:43:30.42 ID:NNuDYIe6O
一線越えたら歯止め効かなさそう
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/11(火) 01:07:51.72 ID:rLSo3kIwo
ご主人様「いってぇ!!!紙で指切った!!」

メイド「大丈夫ですかぁ?」

ご主人様「おおメイドいいところに!カットバン持ってきてくれ!」

メイド「カットバン???」

ご主人様「…そうか、地域によって呼び方が違うんだっけ…」

ご主人様「じゃあサビオ!!バンドエード!!!」

メイド「サビオ??バンドエード???新しいガンダムの名前ですか?」

ご主人様「このタイミングでガンダムの話するわけねぇだろ!これでも伝わらんのか!?正式名称は…えーと…」

ご主人様「絆創膏だ!ほらこれで分かっただろ!?」

メイド「ばん……そうこう???」

ご主人様「なんで初めて聞くみたいな顔してんだよ!!もういいわ!自分で取ってくる!」


ご主人様「ほらこれ!この傷口に貼るやつ!いくらなんでも見たことあるだろ!」

メイド「ああ…それキズバンですよね?」

ご主人様「どこの呼び方だそれ!?」

A.富山県
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/11(火) 01:11:14.54 ID:DgI23LTuo
キズバンって富山だったのか
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/11(火) 01:24:40.42 ID:rLSo3kIwo
ご主人様「わははははは!アッハハハハハハ!!!!」ゲラゲラ

メイド(ご主人様、またテレビ見てひとりで大笑いしてる…なにがそんなに面白いんですかね)

ご主人様「うはははゲホッ、ゲホッゲホッ!!ハハ、ハハハハハ!」

メイド(むせながら笑ってる…)

ご主人様「おいメイド!お前もこっち来て一緒に見ようぜ!超おもしれぇぞ!!」

メイド「えー私はいいですよ、洗い物しなきゃいけませんから」

ご主人様「いーよいーよそんなん俺があとでやっとくから!」ニコニコ

メイド「!?」

メイド(ご主人様の口から『俺があとでやっとくから』!?)

メイド(よっぽどテレビが面白いんですね…こんなゴキゲンなご主人様見たことない)

メイド「あと、洗濯物も畳まなきゃいけないんですよね〜」チラッ

ご主人様「それもやっとくって!ほら早くしないと終わっちまうぞ!」

メイド「……」ニヤリ

メイド「ついでにお風呂の掃除も…」

ご主人様「ハハ……」

ご主人様「…おい?てめぇ今なんつったコラ」

メイド(えっ急に素のご主人様に…)

ご主人様「さっきからなに調子こいてんだ!あぁん!?ぶっ飛ばすぞ!!」

メイド「ひいぃぃ!すんませんしたぁ!!」

ご主人様「おっCM明けた」

ご主人様「アッハハハハ!風呂掃除だっけ?いーよ任せとけよ!!」

メイド「……やっぱいいです自分でやります…番組終わったあとが怖いんで…」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/12(水) 18:16:42.02 ID:LC9ieaEJO
こういうのすこ。
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/12(水) 20:24:37.07 ID:a/dC99NYo
ご主人様「おいメイド!このカレーはどういうことだ!?」

メイド「え!なんか変ですか?」

ご主人様「野菜に対して肉の量が少なすぎる!」

メイド「……そ、それで…?」

ご主人様「逆に、お前のカレーは肉がゴロゴロ入ってる気がする!」

メイド「いや別に…同じくらいだと思いますけど…」

ご主人様「納得いかん!」

メイド「分かりましたよ、じゃあ肉足してきますから」

ご主人様「まったく…!」

メイド(ほんっとしょーもないことで怒りますね…)

メイド(しかし毎回こうもわがまま言われるといつか…)


メイド「はい、どーぞ!」スッ

ご主人様「おいおい、今度は肉しか入ってねぇじゃねぇか!!」

メイド「……」イラッ

ご主人様「こんなに肉食えねぇよ!」

メイド「じゃあ頼むなーーーっ!!」ドンッ

ご主人様「!?」ビクッ

メイド「多いだ少ないだゴチャゴチャ子供みたいなこと吐かして!だったら最初から自分でよそえばいーでしょうが!!!!」ガシッ

ご主人様「ひぃ!!!」

メイド「人にッ」ドガッ

メイド「ものをッ」バギッ

メイド「頼んでおいてッ」ボガッ

メイド「あとからッ!」グオオッ

メイド「文句言うなーーッ!!!」ドッガァァァン

ご主人様「こ…こんなカスみたいなメイドにこの俺がッ!」ボロボロ…
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/12(水) 20:27:20.95 ID:a/dC99NYo
メイド「…ってできたらどれだけ楽なんでしょうねぇ」ハァ

ご主人様「メイドまだかー!?早く肉マシマシカレー持ってきてくれよ!」

メイド「はい、どーぞ!」スッ

ご主人様「おいおい今度は肉しか入ってねぇな!」

メイド「……」ピクッ

ご主人様「これでいいんだよこれで!いただきます!」ガツガツ

メイド「ふぅ…」ホッ

ご主人様「ん?どした!?早く食おうぜ!」ムシャムシャ

メイド「いえ、ご主人様ってほんと子供みたいだなーと思って」

ご主人様「なんだとぅ!?」

メイド「ほら、口の端にご飯粒ついてますよ」ヒョイ

ご主人様「おっ悪い」

メイド(よくも悪くも子供みたいに素直で無邪気…だから怒るに怒れない)

メイド「優しいメイドさんでよかったですねぇ」ニコニコ

ご主人様「なにニヤニヤしてんだ?気味悪いわー」

メイド「気味悪いとはなんだコラッ!!」

ご主人様「やんのかコラ!なにコラタココラ!!」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/12(水) 21:57:07.64 ID:a/dC99NYo
ご主人様「メイドお前さぁ…ちょっと太った?」

メイド「とっ…突然なんてことを言い出すんですか!!」

ご主人様「いや…前はもっとスラッとしてた気ぃすんだけど…なんか今はそのメイド服とかキツそうだし」

メイド「これは違いますよ!最近寒くなってきたから、下にいろいろ着てるんです!」

ご主人様「あー着膨れしてるわけか」

メイド「そう!着膨れ!!」

ご主人様「ホントかぁ??重ね着っつってもせいぜい2枚くらいだろ?それでそんなに膨れるかぁ???」

メイド「膨れるんです!!なんだったら見せましょうか!?」

ご主人様「脱ぐの!?」キラキラ

メイド「…やめます」

ご主人様「チッ」

メイド(でも最近筋トレやってないしなぁ…それでいて食事量は変わってないから、太っていてもおかしくない…)

メイド「よし!決めました!ダイエットします!まずはおやつ抜き!」

ご主人様「おう、やれやれ」

メイド「ご主人様も一緒にやりましょうよ」

ご主人様「え!?なんでだよ!?俺は別に太ってないじゃん」

メイド「いいえ、今まで油断してた分いつの日か突然太り出すこと間違いありません!」

ご主人様「う、うーん…俺わりと炭水化物の掛け合わせとか大好きだし、確かにヤバいかもなぁ」

メイド「でしょう?まぁ安心してください! 買い物は私の仕事ですから、私がおやつを買いさえしなければ、ご主人様の口に入らないのは必定!」

ご主人様「そらそうだな…じゃとりあえずアレだ、まず今の体重測っとくか」

メイド「あのー記録とかそういうガチなのはやめときません???」

ご主人様「なんでだよ!!」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/12(水) 22:13:21.12 ID:a/dC99NYo
次の日

メイド「では買い物に行ってきます」

ご主人様「いてら」

バタン

ご主人様「……」


近くのスーパー

メイド「えーとあれとこれとそれと、ついでにこれも安いから買っておいて…」

メイド「あとは……」チラッ


メイド「ふふふ、買っちゃった〜」

メイド「いきなりおやつなしは現実的じゃないし、豆大福一個くらいなら平気でしょう!」

メイド「ご主人様に貰ったお金で必要な買い物を済ませたあと、私のお小遣いでこっそり豆大福だけを別個で購入!これでレシートからは足がつかない!!」

メイド「ではいただきまー…」アーン

ご主人様「おうバカメイド旨そうじゃねぇか」

メイド「………」ダラダラ

メイド「い、いつから…?」

ご主人様「最初から。絶対こういうことするだろうと思ってコッソリ着いてきた」

メイド「…こ、これはあれですよ!あのー帰りに、お地蔵さんにお供えしようと思って……」

ご主人様「黙らっしゃい!」スパーン!!

メイド「びゃああああああ!!!!」

ご主人様「嘘ついた罰とダイエットを兼ねて、走って帰るぞ!あとその大福は俺がもらっとく」モグモグ

メイド「うぅ…堪忍してつかあさい…」ヨタヨタ

ご主人様「次そういうことしたらマジで容赦しねぇぞ」


2週間後

メイド「ご主人様!やりましたよ!2キロも痩せました!!大成功でしょう!?」

ご主人様「ふーん……」

メイド「あれっなんですかその反応…」

ご主人様「いや別に…前のほうがムチムチしててよかったなぁって」

メイド「!」ガーン

メイド「なんでそーいうこと言うんですか!?っていうか別にムチムチはしてなかったでしょ!記憶を改竄されてますよ!!」

ご主人様「いーやムチムチしてた。歩く度にムチッムチッって音してたよ」

メイド「怪物ですか私は!!」

ご主人様「…まぁでも、お前のそういう真面目なところはすごく偉いと思うぞ」

メイド「…えへ。楽勝ですよ」

メイド「じゃ、これでいつでも痩せられることが分かったので、今日からはおやつ再開…しかも我慢してたぶん増量キャンペーンということで!」

ご主人様「言ったそばからこれだよ!なにがキャンペーンだバカ!!」グリグリ

メイド「いだだだだだ!!!」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/13(木) 00:14:34.12 ID:jPf1d8VL0
この主人、メイドの裸体に興味示すんだな
捗ります
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/13(木) 00:32:11.85 ID:/JifKZuC0
でもこのメイドひんぬーなんだろ?用はないかなぁ
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/13(木) 01:31:50.30 ID:xQBBLUhp0
>>50
なんだァ?てめェ......
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/13(木) 02:51:20.90 ID:wF1REjcLo
☆独歩、キレた……!
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/13(木) 22:43:44.96 ID:cPPhTirgo
メイド「ご主人様に、ひとつ謝ってほしいことがあります」

ご主人様「…謝る??俺が???」

メイド「まぁ聞いてください…私ここに来た頃は確か、身長が164cmあったんですよ」

ご主人様「……」

メイド「それなのに、こないだ久しぶりに測ったら、162cmになってました」

ご主人様「…??」

メイド「どういうことか分かります?」

ご主人様「壊れてたんじゃないのか…身長計が」

メイド「壊れるわけないでしょうあんなの!縮んだんですよ!私が!!」

ご主人様「なんで??」

メイド「なんでってそんなの…ひとつしかないでしょう!ご主人様のせいですよ!いつも私の事バンバンバシバシ叩くから…!」

メイド「少しずつ縮んでいったんです!間違いありません!塵も積もれば山となり!出る杭は打たれるものですから!」

ご主人様「ああ…そういう理屈か…」

メイド「謝ったところで身長が戻るわけではありませんが、まぁ私も鬼ではないので、とりあえずこの件は水に流しますよ」

ご主人様「…そうか、悪かったな。ごめん」

メイド「許します!」

ご主人様「……」

メイド「〜♪」スタスタ

ご主人様(いや、縮むわけなくね???)
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/13(木) 22:53:06.06 ID:cPPhTirgo
ご主人様「この映画、予告だけでもうむっちゃ怖いな…」

メイド「こんなのどうせ、いきなりでかい音出してビビらせてくるだけですよ。そういうのは人間の防衛反応につけ込んでるだけで、恐怖とはまた別です」

ご主人様「えらい得意げに語るじゃん」

メイド「私、ホラー映画とかぜんっぜん怖くありませんから」

ご主人様「お、俺だってそんな…めちゃくちゃ苦手ってわけじゃないぞ?」

メイド「ご主人様は下手なホラーより虫が怖いんですよね」

ご主人様「あれは別格!」

ご主人様「そういうお前は?なんか怖いものねぇの?」

メイド「うーーーん…」

メイド「………」

メイド「理不尽な暴力!」

ご主人様「やかましいわ」ゲシッ

メイド「ほらぁ!こういうのっ!こういうのが一番怖いんですよ!あー怖ろしい!夜も眠れない!!」

ご主人様「……」イラッ
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/15(土) 22:49:23.56 ID:flOtm9tgo
今日はいつもとちょっと雰囲気の違う(?)中編です…



ある日

チカチカ……

ご主人様「?」

パッ

ご主人様「電気が…おい、メイド?」

メイド「私じゃないですよ!停電です」

ご主人様「マジか」ガラッ

メイド「ブレーカー落ちたんですかね?」

ご主人様「いや…周りも真っ暗だ。なにかトラブルがあったっぽいぞ」

メイド「いつ復旧するんでしょう」

ご主人様「さぁ…結構かかるかもしれねぇな」

メイド「困りましたね。ご飯の用意ができない」

ご主人様「よし、このまま待っててもしょうがねぇし、ファミレスでも行くか」

メイド「ふぁ、ファミレス!?いいですね!行きましょう!すぐ行きましょう!」

ご主人様「お、おう?」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/15(土) 22:51:06.09 ID:flOtm9tgo
ファミレス

メイド「あの、えーとぉ……」ソワソワ

ご主人様「あん?」

メイド「どっドリンクバー!頼んでもいいですか!?」

ご主人様「…このクソ寒いのに?まぁいいけど」

メイド「へへ、やったぜ…」

ご主人様「そんな喜ぶことか?」

メイド「いやぁ…ほら、うちはお金なかったんで、ファミレスなんて滅多に行けなかったし……たまに行けてもドリンクバーなんて頼めなかったんですよね。水で我慢しろって」

ご主人様「ああそう…じゃあ今までの分も好きなだけ飲みゃあいい」

メイド「ご主人様はここのメニューで何が好きなんですか?」

ご主人様「いつも頼むのはドリア…あとトマトクリームパスタがうめぇ」

メイド「あれ?ご主人様トマト嫌いですよね?」

ご主人様「生のトマトは無理だけどトマトソースは行けるんだよ」

メイド「ふぅん…じゃあ私それにします」

ご主人様「それじゃ俺とかぶっちまうぞ」

メイド「味を覚えたいんです!」

ご主人様「…あーそういうこと。そんなら俺は違うの頼むかな」

メイド「あ…ボタン押していいですか?」ソワソワ

ご主人様「子供かおめーは」

ピンポーン

メイド「あれ?鳴ったかな??」

ご主人様「鳴った鳴った」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/15(土) 22:53:19.08 ID:flOtm9tgo
店員「ご注文お伺いします〜」

ご主人様「ドリアとトマトクリームパスタとパエリア…あと小エビのサラダを」

メイド「……」ワクワク

ご主人様「?…あ、そうか…ドリンクバーもお願いします。一人だけ」

店員「かしこまりました〜」スタスタ

メイド「……はぇ〜」ポカーン

ご主人様「なんだそのツラ」

メイド「ご主人様って…敬語使えるんですねぇ」

ご主人様「てめっナメてん…」バッ

ご主人様「チッ……あたりめぇだろうが。ここが店の中じゃなかったら引っぱたいてるからな」

メイド「ん?…あー、それで!」

ご主人様「あ?」

メイド「なんか今日のご主人様やけに静かで優しいなぁと思ったら、外だから大人しくしてるんですね!」

ご主人様「……うるせーバーカ」

メイド「いつもこうならいいのに〜」ニヤニヤ

ご主人様「ほら、さっさとジュース取りに行けよ!」

メイド「はーい」

ご主人様(いつもこうならいいのに、か)

ご主人様(…確かに…もうちょっと優しくしてやってもいいかもな…)

メイド「ご主人様!ジュース全部混ぜちゃいました!こういうのやってみたかったんですよね〜!」

ご主人様「…こいつがこんなんじゃ無理だな!」

メイド「えっ?えっ?なにが???」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/15(土) 22:56:30.30 ID:flOtm9tgo
メイド「ご主人様はなんか飲まないんです?」ゴクゴク

ご主人様「俺ぁ水でいいよ。つーかそんなヤベェ色したのよく飲めるな…」

メイド「ご主人様って、お家でもお酒は一切飲みませんよね」

ご主人様「ん?まぁ…飲めねぇわけじゃないんだけどな」

メイド「ここ、ワインとかありますよ?頼まないんですか?」

ご主人様「俺な、酔うと性格変わるらしいんだよ…だいたいは後から人に指摘されて分かるんだけど」

メイド「ふ〜〜ん…」

ご主人様「もしかしたらいつも以上に暴力的になって、お前をボコボコにしちまうかもしれねぇぞ」

メイド「そ、それはちょっとまずいですね」

ご主人様「だろ?だからいーんだよ」

メイド「……」

メイド「せっかくですから一緒に飲みません?一杯くらいなら平気でしょう?」

ご主人様「要するにおめーが飲みたいんだな?…いいよ、好きにしな。でもドリンクバーのそれは全部飲めよ」

メイド「赤にします?白がいいです?」

ご主人様「どっちでもいいよ」

メイド「じゃあ生ビール!グラスで」

ご主人様「ワインじゃねーのかよ」

メイド「ピンポン押していいですか?」

ご主人様「だから好きにしろって!なんでいちいち聞くんだよ」

メイド「ご主人様ってこういうボタン押したがりな感じだから…」

ご主人様「どんな感じだ」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/15(土) 22:58:44.23 ID:flOtm9tgo
メイド「ではカンパーイ!」スッ

ご主人様「おう」カチン

メイド「……」ニヤニヤ

ご主人様「なんだよ?」

メイド「ご主人様と乾杯するの初めてですねぇ」

ご主人様「…そーだな」グビグビ

メイド「お味はどうですか?」

ご主人様「うめぇよ」

メイド「どれどれ」ゴクゴク

メイド「ぷはぁー!久しぶりに飲んだ〜!」


店員「失礼します、小エビのサラダとドリアとパスタとパエリアです」

メイド「あじゃじゃーす!」ウイー

ご主人様(え?こいつまさかもう酔ってる!?)

メイド「食べましょ食べましょ」

ご主人様「お、おう」

メイド「……」ジーッ

ご主人様「?」

メイド「パエリアも美味しそうですね〜」

ご主人様「なに…欲しいのか?じゃあ一口やるよ」

メイド「食べさせてくださいよ〜」

ご主人様「は?ヤダ…」

メイド「なーにがヤダですか!たまにはいいでしょう!?前に私もアーンってやってあげましたよね?」

ご主人様「それ歯痛のときだろ!?…ちっ、これが最初で最後だからな!」

ご主人様「ほれ」スッ

メイド「あーん」パクッ

メイド「あっつ!!熱!!あっつ!!!」

ご主人様「バカ」

メイド「あ、でも美味しい〜」ニコニコ

ご主人様「…バーカ」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/15(土) 23:03:40.79 ID:flOtm9tgo
1時間経過…

メイド「ご主人様今日は食べるの遅いですね」

ご主人様「んー…?」クルクル

メイド「さっきからそーやってパスタくるくるしてぜんぜん食べてないじゃないですか」

ご主人様「……」ピタッ

ご主人様「……なぁ」

メイド「?」

ご主人様「このまま朝まで時間潰そうぜ」

メイド「…えぇ??停電、そんなにかかるんですか?」

ご主人様「いや、そうじゃねぇけど」

ご主人様「……」

ご主人様「なんでだろうなぁ」

メイド「???」

ご主人様「いつもと違う場所で飯食ってるだけなのに、初めて…幸せだと感じてるんだよ」

メイド「…へっ?」

ご主人様「だから…もうちょっとこのまま…」

メイド「もうちょっとこの幸せを噛み締めていたいって?乙女みたいなこと言いますねー!」ケタケタ

ご主人様「そんなこと言ってねーだろ!」

メイド「大袈裟ですよご主人様。ていうか初めてってなんです??私の方がもっと前から幸せでしたから!」

ご主人様「前からぁ?」

メイド「ご主人様と一緒にここまで歩いて来た時点で、相当幸せでしたから!」

ご主人様「そらぁなんだ、俺が普段より優しいからか?」

メイド「そうですねぇ…それでかなぁ。…それだけじゃない気もしますけどね」

メイド「確かになんででしょうね?いつも一緒にいるのに」

ご主人様「…いやそれ、俺と同じこと言ってるだけじゃねーか?」

メイド「え?そう…そうですかぁ?なんかよく分からないですけど、お酒のせいということにしてください」ヘラヘラ

ご主人様「…まぁいいや。食うぞ」ムシャムシャ

メイド「食べてますよぉ」パクパク
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/15(土) 23:05:55.88 ID:flOtm9tgo
ご主人様「メイドよぉ」

メイド「ふぁい?」モグモグ

ご主人様「お前そもそも…俺んとこでメイドやってて幸せか?」

メイド「…うーん??」

メイド「充実感はありますよ。でも幸せとは…ちょっと違うかなぁ。私はしょせん、ご主人様に雇われてる身ですから」

ご主人様「充実感かぁ。ま、そうだよな」

メイド「なんでそんなことを?」

ご主人様「いや…俺たちはしょせんどこまでいっても主人とメイドでしかないわけだろ」

ご主人様「それがこんな…ファミレスで酒飲んで楽しくおしゃべりって…いつもと違う、恋人ごっこみたいなことしてよ」

ご主人様「なんか変だなぁと思ってさ」

メイド「別に、悪い気はしませんけどね…ご主人様だってそうでしょう?」

ご主人様「……」

メイド「確かに私はあなたにお金で雇われてる。それだけですよ」

メイド「辛いことはあるし、理不尽な目にも遇うし、割に合わないと思うこともある…もういっそやめちゃおうか…ってときどき悩みます」

ご主人様(そらそうだろな)

メイド「でも…それ以上に楽しいんですよね。ご主人様って見てて飽きない」

ご主人様「!」

メイド「いっつも同じようなことで怒って、同じようなことで笑ってるのに…ぜんぜん飽きない」

メイド「これって好き嫌いで言えば好きってことだと思うんですよね〜…毎日幸せ!ってほどじゃないけど…嫌いにはなれない。でなきゃたぶん、やってらんないですよ?」

ご主人様「……」

ご主人様「お前はバカで生意気で、その上お人好しなんだな」

メイド「…まず、私いうほどバカじゃないと思うんですけど?」

ご主人様「いーやお前は自分で思ってるよりずっとバカだね」

メイド「そんなこたーないです」

ご主人様「あるんだなぁそれが」

メイド「ガルルルル…」

ご主人様「ま…そういうところがいいんだよ」

メイド「……」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/15(土) 23:10:23.36 ID:flOtm9tgo
ご主人様「分かった。あーわかったわかった」

メイド「なにがですか?」

ご主人様「今こうやって話してる俺たちはいつもとなにも変わらない。なにも変じゃない」

ご主人様「ただ…ちょっと素直になってるだけだ。ちょっとだけな」

メイド「えぇー?ご主人様もとから素直じゃないですか?自分の感情にものっすごい素直!」

ご主人様「いや、そうはいってもなぁ、普段はいろいろ気ぃ使ってんだぞ?」

メイド「えっ?私に遠慮してるってことですか?」

ご主人様「遠慮?…うん?そう言われると…どうなんだろうな??」

メイド「してないでしょう。してたらあんなベシベシ叩かないですよ」

ご主人様「それは違うぞ、本当はもっと強く叩いてもいいんだ、でもそれやるとお前がブチ切れてめんどくさいことになるだろ?」

メイド「じゃー叩くなっちゅーの」

ご主人様「そういうふざけた口利いてる限りは無理だっちゅーの」

メイド「フフっ…あーそうですかぁ。じゃあ私も少し気をつけますー…」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/15(土) 23:12:55.87 ID:flOtm9tgo
ご主人様「オイ大丈夫か?おめー顔真っ赤だぜ」

メイド「そうですか?ご主人様こそ結構酔ってんじゃないですか〜?」

ご主人様「もういいだろ。一通り食ったしよ、帰ろうぜ」

メイド「ん〜?さっき朝までいたい、とか言ってませんでした〜?」

ご主人様「…気のせいだ気のせい」

メイド「え〜?そうかなぁ?言ってなかったっけ〜」

ご主人様「うるせぇな、言うこと聞かねぇと置いてくぞ!」

メイド「そんな子供を叱る親みたいなこと言わないでくださいよ〜」

メイド「じゃ最後にもう一杯ドリンクバーだけ…」

メイド「ご主人様もお水いりますよね〜?」

ご主人様「おう、じゃあ持ってこい」

メイド「はーい……」ガタッ

ヨロヨロ

ご主人様「おいおい大丈夫かよ…あいつあの量でガチで酔っ払ってんな」


メイド「……」ヨロヨロ

メイド(恥っず!!!!!!)

メイド(ご主人様なに言ってるんだろう?と思ってたら私までつい変なことを…よりにもよって好きとか言っちゃったじゃないですか!)

メイド(いや酔ってたせいであって別に本気じゃなくて…でもご主人様はどこまで本気で聞いてたんだろう??)

メイド(まぁ…いいや。だって今、楽しいのは本当だし…)
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/15(土) 23:14:57.96 ID:flOtm9tgo
メイド「お水持ってきました…」

ご主人様「おうサンキュ」

メイド「……」ゴクゴク

ご主人様「おめーが飲むんかい」

メイド「ご主人様にはこちらをどうぞ」スッ

ご主人様「こ、この色はさっきの…」

メイド「私がブレンドしたドリンクですよ、酔い醒ましにピッタリ!」

ご主人様「嘘つけ!」

メイド「いりません?」

ご主人様「持ってきちゃったら飲むしかねーだろ…クソ…」ゴクゴク

ご主人様「あーやっぱ不味いじゃねーか!確かに酔いは覚めるわ!」

ご主人様「これでもういつもの俺とお前な!」

メイド「はーい…」ヨロヨロ

ご主人様「はぁ…ほら」ガシッ

メイド「なんですかもー、手なんて繋いじゃって…」

ご主人様「お前がフラフラしてるからだろが!メイドなんだからもうちょっとしっかりしてくれよな」

メイド「…ご主人様こそ、ご主人様なんだからぁ、私のこと、離しちゃダメですよ?」

ご主人様「……」スパーン

メイド「いたっ!」

ご主人様「調子乗んなよ…」

メイド「ひぃ…いつものご主人様に戻ったぁ…」アワワワ

ご主人様「ほれ財布、会計頼むわ」ポイッ

メイド「あ、はい」

店員「ありがとうございましたー」



ご主人様「停電直ってっかなぁ」

メイド「もし直ってなかったらハシゴしましょうよ!」

ご主人様「……」ジロッ

メイド「う、嘘ですスイマセン…」

ご主人様「ま…今度だな」

メイド「あ、じゃあ今度はス〇ロー連れてってください」

ご主人様「いいけど…あそこあんまり美味くねぇぞ」

メイド「…それは言っちゃダメです!!」
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/15(土) 23:18:10.71 ID:flOtm9tgo
次の日

メイド「頭痛い〜」フラフラ

ご主人様(こいつ酒弱すぎ……)


おわり

66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/15(土) 23:23:12.39 ID:xDLqEx3m0
その「終わり」は中編が終わりってことだろ?俺知ってるんだからな?
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/15(土) 23:33:04.76 ID:flOtm9tgo
>>66
紛らわしくてすみません
まだしばらくは続きます。相変わらずのスローペースですが
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/15(土) 23:35:58.15 ID:xDLqEx3m0
>>67
心配させんなよバカ野郎(ありがとうございます頑張ってください)
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 03:43:39.02 ID:Utcldfcj0
良かった終わりじゃないんだ
乙、続きも楽しみ
62.47 KB Speed:3.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)