【安価】勇者「くっ……」魔王「トドメだ!」>>2「待て!!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 18:53:47.99 ID:9H53Wmak0
魔王「ん? 誰だ!」

勇者「……お前は>>2! 助けに来てくれたのか!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1543658027
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 18:55:39.97 ID:xGi7VLcX0
戦姫
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/01(土) 18:55:40.29 ID:Lj9/H5E10
巴マミ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 19:16:32.53 ID:9H53Wmako
戦姫「どりゃあああああ!!!」

ガキィン!

魔王「ぬう! いきなり攻撃してくるとは」

戦姫「今の攻撃を防ぐなんて、さすがは魔王ってところね」

戦姫「というわけで、助けに来たわよ勇者!」

勇者「お前は戦姫!」

勇者「旅の道中、魔物に襲撃された王国を助けた時、兵士達の先頭に立って果敢に戦っていたその王国の姫様じゃないか!」

戦姫「その節はお世話になったわ、あなたのおかげで王国は救われたのだから」

魔王「ほう、貴様勇者の仲間か」

姫様「ええそうよ、今度は私が勇者を助ける番よ!」

魔王「面白い! かかってくるがいい!」

戦姫「ええ! くらいなさい! おどりゃあ!」ブンッ

魔王「……むっ!」サッ

ドッゴォ!

勇者「ぎゃああああ!!?」

魔王「なんと凄まじい一撃……まともにくらえば例え防御していてもかなりのダメージになりそうだ」

戦姫「この戦斧の威力、ご覧になったかしら?」

勇者「げっ……げふっ……」

魔王「巨大な斧を振り回す腕力も大したものだが……」

戦姫「どっせえい!」ブンッ

魔王「大振りかつ遅い! 避けるのは容易だ!」サッ

魔王「ふん!」

ドゴッ!

戦姫「ぐはっ!?」

勇者「せ、戦姫……!」

魔王「俺に戦うには実力不足よ、引っ込んでいることだな」

戦姫「くっ……勇者、ごめんなさい……」ガクッ

魔王「さて……こいつの前に勇者にトドメを刺さねばな」

勇者「うっ、ぐぐ……」

魔王「(あれ? さっきより死にそうになってるな、まあいいや)」

魔王「トドメだ!」

>>5「待て!!」

魔王「んん? 今度は誰だ!」

勇者「お、お前は……>>5!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 19:19:08.65 ID:chV5JviLo
王子
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 19:44:24.16 ID:9H53Wmako
王子「勇者クン! このボクが! 華麗に助けに来てやったぞ!」

勇者「お前……もしかして、王子か!」

勇者「旅の道中、戦姫の王国と険悪な関係で戦争一歩手前で、でも魔王の差し金で険悪になっていた事が判明したから仲直りした王国の王子!」

王子「魔物が大臣になりすまして裏工作していたことを君が暴いてくれなかったら、戦争に至るのは免れなかっただろう」

魔王「ふむ、貴様も勇者の仲間か!」

王子「ああそうさ、だがそれより……」

王子「今はボクと婚約関係にある戦姫を助けるためにここに馳せ参じた!」

戦姫「いやそれ、なりすました大臣が私の王国を吸収するために無理やり取りつけた婚約で、それが原因で険悪になったんじゃないの」ムクリ

戦姫「大臣の正体判明の後、婚約は破棄されたはずでしょ」

王子「魔王! 戦姫を傷付けたこと、ボクは絶対に許さないぞ!」

戦姫「話聞きなさいよ」

王子「くらえ!」シュバ!

魔王「……ふふ」

ザシュザシュザシュ!

勇者「ぐわあああああ!?」

王子「くっ!? 手応えを感じない!」

魔王「蜂のように刺すレイピアの連撃、これを見るにそれなりの手練と見た」スゥ

王子「今のは幻影か! 道理で刺さった感触が無かっわけだ」

勇者「ぐぐぐ……ぜ、全部俺に刺さった……」

王子「ならばもう一度!」

魔王「このまま腕を磨けばかなりの達人になっただろう」

魔王「……この俺と対峙さえしていなければな!」

ドゴッ!

王子「ぐはあ!?」

勇者「お、王子……!」

戦姫「あら、やられちゃった」

王子「せ、戦姫、勇者……面目無い……」ガクッ

魔王「さて、次は勇者にトドメを刺す番だな」

勇者「うう……げふっ」

魔王「(なんかさっきよりダメージ増えてるな、まあ別にいいか)」

魔王「トドメだ!」

>>7「待て!!」

魔王「今度は誰だ!」

勇者「お前は……>>7!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 19:45:01.02 ID:pymzB1oW0
ピクル
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 19:47:29.16 ID:2x89RhDDO
大魔王
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 20:16:41.82 ID:9H53Wmako
刃牙は知らんので安価下で


勇者「お前は……まさか大魔王か!?」

大魔王「久しぶりだな、魔王よ」

魔王「大魔王……俺に魔王の称号を与えた後、姿をくらましていた元魔王か」

大魔王「元魔王ではない、大魔王だ」

魔王「なるほど! 俺に魔王の称号を与えたのは、既に大魔王の称号を得ていたからか!」

魔王「して、その大魔王が俺に何の用だ?」

大魔王「俺は魔王の座を退いた後、世界の様子を見届けてきた……」

大魔王「そして魔王、お前の行いは悪逆非道が過ぎる!」

大魔王「これはお前に魔王の座を与えた俺にも責任がある……よって、俺がお前を倒さねばならない!」

魔王「つまり……そこの勇者の味方につく、ということかな?」

大魔王「結果的にはそうなるな……」

戦姫「えーと、大魔王って魔王の父さんに当たるのかしら?」

勇者「いや違う、弟子と師匠みたいなもん」

王子「へえ」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 20:18:20.08 ID:9H53Wmako
大魔王「俺は大魔王だ、ただの魔王である貴様が勝てると思うのか?」

魔王「ふん、そう思うのならかかってくるがいい」

大魔王「ならばその通りにさせてもらおう」

大魔王「くらえ! 極大核熱魔法!」ゴッ!

王子「なんて魔力だ!」

戦姫「あれだけの魔力を詠唱無しで撃ち出すだなんて!」

大魔王「これで、消し飛ばす!」

魔王「む! さすがは大魔王なだけはある! だが!」

ガキィン!

大魔王「何! 反射魔法だと!」

魔王「この魔法、そのまま貴様に返してくれるわ!」

大魔王「くっ!」サッ

ドゴオオオオン!

勇者「あぎゃあああああああ!!?」

戦姫「なんて威力なの……辺り一面が消し飛んだわ」

王子「まともにくらったら、まず無事じゃいられないだろうね」

勇者「かっ……かはっ……」

大魔王「俺の魔法を跳ね返すだけの魔力……貴様いつの間に」

魔王「俺の魔力は今や貴様のそれを凌駕している! くらえ! 圧縮閃光魔法!」

バシュン!!

大魔王「がはあ!?」

勇者「……だ、大魔王が、一撃で……」

魔王「老いぼれがしゃしゃり出てくるでないわ、さっさと隠居しろ」

大魔王「ぐっ……もはや俺でも止められないほどに強くなっているとは……」ガクッ

魔王「さて、トドメトドメっと」

勇者「……かふっ……」

魔王「(なんかもうほぼ死んでるけど息してるから早くトドメ刺さなきゃ)」

魔王「トドメだ!」

>>11「待て!!」

魔王「次は誰だよ!」

勇者「お、おま、えは…………>>11!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 20:20:18.40 ID:xGi7VLcX0
ライバル
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 20:20:35.35 ID:jOFunwe2O
全裸で頭にパンツ被ってるマン
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/01(土) 20:25:16.25 ID:Lj9/H5E10
回復キャラ出したほうが良いんじゃないかな
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 21:12:04.36 ID:9H53Wmako
ライバル「なんでザマだ勇者! お前はそれでも俺がライバルと認めた男か!」

勇者「ら、ライ、バル……!」

ライバル「あの日の激闘を忘れたか! ちっぽけな闘技場で敵無しだった俺を初めて跪かせて、世界の広さを教えてくれたお前はどこへ行った!」

ライバル「立ちやがれ! お前の力はそんなもんじゃなかったはずだ!」

勇者「そ、そうだ……! 俺は、ここで負けちゃいけないんだ……!」ヨロッ

魔王「ほう……」

戦姫「ゆ、勇者が立ち上がった……!」

大魔王「あれだけのダメージでなお立ち上がれるとは、さすがは勇者よ」

勇者「行くぞライバル! ふた、二人で魔王を、倒すんだ!」ヨロヨロ

ライバル「勘違いする前に言っておくが、お前を倒すのはこの俺だ! 味方するわけじゃねえ!」

ライバル「魔王を倒したら、お前との決着をつけてやる!」

勇者「望むところだ、ゲホッ!」フラフラ

魔王「二人がかりか、面白い」

勇者「行くぞライバル! くらえ魔王!」

ライバル「必殺! クロススラッシュ!」

魔王「むう!」

ガキィン!

ライバル「何!?」

王子「ダメだ! 二人の攻撃が片手で防がれている!」

戦姫「やっぱり勇者に蓄積したダメージが影響して……!」

魔王「勇者が万全な状態であれば危なかったが……この程度であれば!」

ライバル「しまった!?」サッ

ドゴッ!

勇者「ぐはああああ!!?」

ライバル「ゆ、勇者! まさかお前、俺をかばって……」

勇者「い、いや、お前が、俺を盾に……ぐふっ」

魔王「勇者に助けられたか、幸運だったな」

ライバル「……魔王おおお! お前だけは許さねえええ!!」ブンッ

魔王「怒りで剣筋にブレが出ているぞ、それでは俺を捉えることはできん!」サッ

ドゴッ!

ライバル「がっは!?」

勇者「ら、ライバル……」

ライバル「すまねえ勇者、お前の仇、取れなかった、ぜ……」ガクッ

王子「ああそんな、彼までやられるだなんて」

大魔王「もはや魔王を止められる者はいないのか……」

魔王「さ、トドメといこうか」

勇者「……ゲホ……」

魔王「(なんかもう放っておいても死にそうだけど、勇者だから俺がトドメ刺さないとな)」

魔王「トドメだ!」

>>15「待て!!」

魔王「まだ来るのかよ!」

勇者「…………>>15……」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:13:16.68 ID:xGi7VLcX0
僧侶
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/01(土) 21:16:15.79 ID:xuRdNA+w0
ロム・ストール
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 21:50:39.60 ID:9H53Wmako
勇者「そ、僧侶……!」

僧侶「すみません勇者様、我慢できずにここまで来てしまいました」

勇者「俺が勇者として旅に出る前、私もついて行くと詰め寄ってきて、危険だから待っててくれって言っても全く聞く耳持たないから当て身で気絶させた、俺の幼馴染……」

勇者「あれだけ、待ってろって、言ったのに……」

魔王「はいはい勇者の仲間ってことでしょ」

僧侶「今回復させます! 全体回復魔法!」パァァ!

戦姫「……! 怪我が治った!」

王子「これならボク達もまた戦える!」

大魔王「ふむ、お前達との共闘も悪くは無いな」

ライバル「これで6対1だ! 勝負あったな!」

勇者「……あの、もうちょっと回復魔法かけてほしいんだけど……」

勇者「僧侶のレベルが低すぎて、回復量が、追いついてない……ゲホッ」ヨロヨロ

僧侶「行きましょう皆さん! 今こそ魔王を倒す時です!」

魔王「ちっ、これだけの数を相手にするのは厄介だな……」

勇者「ねえ、回復魔法、かけて……」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 21:53:12.01 ID:9H53Wmako
大魔王「俺が突破口を作る! 皆は追撃を頼む!」

大魔王「束縛魔法!」バシュッ

魔王「くっ!? 小癪な……!」

大魔王「俺の魔力でも、貴様を少しの間動けなくするだけなら可能だ」

大魔王「さあ行け!」

王子「うおおお!」バババ

ライバル「くらええ!」ブンッ

魔王「ううっ! だがこの程度、防御で凌げる!」

戦姫「だったら私が、その防御を打ち崩す! くらいなさい!」ドゴォン!

魔王「うわっ!?」フラッ

僧侶「今です勇者様! トドメを!」

勇者「い、いや、回復魔法……わ、わかった! トドメ、だな!」フラフラ

勇者「おりゃあ!」ブンッ

魔王「……うおおお!」ブチブチィ!

大魔王「束縛魔法が!?」

魔王「そんな攻撃、当たらぬ!」サッ

ザシュ!

ライバル「痛ぇ! テメー何しやがる!」ブンッ

ザシュ!

勇者「ぎゃあああああああ!!?」

僧侶「ああ! 勇者様!!」

王子「勇者クンがまたやられた!」

ライバル「くっそー! 魔王、よくも勇者を!」

勇者「こ、攻撃したの、お前だろ…………」

魔王「小煩いハエどもめ! 今すぐ黙らせてやる!」

魔王「極大落雷魔法!」

大魔王「まずい! みんな俺の後ろに来い!」

ササッ

勇者「ま、待って」ヨロヨロ

大魔王「防御魔法!」ガキィン

勇者「ちょ、このままだと、俺まともにくらう」

魔王「消え去れぇ!!」

ズガガガガガッ!

大魔王「くうっ!!」

勇者「うぎゃあああああああ!?」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 21:55:26.33 ID:9H53Wmako
大魔王「な、なんて威力……防いでもこのダメージとは……」ガクッ

戦姫「そ、そんな、全員でかかっても勝てないなんて……」ガクッ

僧侶「うう、み、皆さん……力が及ばす申し訳ありません……」ガクッ

魔王「魔法で防いだおかげで命拾いしたか。だが今は勇者にトドメを刺さねばな」

勇者「…………」

魔王「(ええと、こいつが勇者だよね? んー……うん、勇者以外はあっちにいるし、こいつが勇者だな)」

魔王「トドメだ!」

>>20「待て!!」

魔王「ええい、何人来るんだよ!」

勇者「おまえ、は…………>>20
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:55:39.08 ID:fl5fjeKdO
ノルウェージャンフォレストキャット
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:55:41.51 ID:FTuSGuDo0
勇者の母
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:59:56.63 ID:oyQc1dGLO
この勇者、死んでも蘇らせて攻撃受けそう
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 22:44:02.79 ID:9H53Wmako
ノル「にゃあ」

魔王「なんだ猫か」

ノル「ただの猫だと思ってもらっては困るにゃ」

魔王「猫が喋った!」

勇者「お前は……もしかして、あの時空腹で行き倒れていたところを保護したスコティッシュフォールドか」

ノル「違うにゃ」

勇者「じゃあ、野良犬に襲われていたところを助けたアメリカンショートヘアか」

ノル「それも違う」

勇者「ええと、だったらお魚咥えたところを裸足で追っかけた……」

ノル「違うつってんだろ。私が川で優雅に泳いでいたところをお前が溺れていると勘違いして川に飛び込んで逆にお前が鎧の重さで溺れたあの時のノルウェージャンフォレストキャットだよ」

勇者「あ、ああ、あの時のあいつか、溺れてる俺を横目にお魚咥えてそそくさと立ち去って行ったあいつか……」

ノル「つか見ればわかるだろ。毛並みでわかるだろ」

勇者「す、すまん、ダメージ受けすぎて、目が霞むんだ……」

ノル「そこまでダメージを追っていたとは……魔王、許さんにゃ!」

魔王「ふん、喋れると言ってもただの猫が俺に敵うとでも?」

ノル「言ったはずにゃ、ただの猫と思っては困るとな!」

ノル「私の実力、しかとお見せしよう」

魔王「面白い、かかってくるがいい!」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 22:46:28.16 ID:9H53Wmako
ノル「……」

ノル「ごろにゃあーん♪」スリスリ

魔王「!?」

ノル「ふにゃああ♪」ゴロゴロ

魔王「な、なんてことだ」

魔王「この俺が……ナデナデモフモフしたい欲望に駆られている!!」ウズウズ

勇者「…………」

ノル「(今にゃ!)」

勇者「(えっ! お前テレパシー使えんの!?)」

ノル「(私にかかれば軽いもんにゃ)」

ノル「(しかしこの魔王、かなりの実力者にゃ、普通はあっという間に私をモフモフしてくる所を、ああやって自制しているとは)」

ノル「(魔王が自制心と戦っているうち早くトドメを刺すんだにゃ! でないと……)」

戦姫「……」ウズウズ

僧侶「……」ウズウズ

ノル「(味方が私をモフりに来てしまう!)」

勇者「(わ……わかった!)」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 22:49:10.47 ID:9H53Wmako
勇者「魔王! 覚悟しろ!」ダッ

魔王「はっ!? いつの間に!」

勇者「うぐっ」ヨロッ

ゲシッ

ノル「ぎにゃあああ!?」

勇者「あ、しまった、尻尾踏んじゃった……」

戦姫「こらああああああ!!!」

ドゴォッ!

勇者「げっふうう!?」

戦姫「あなた、何猫ちゃんいじめてるのよ!」ドゴドゴ

勇者「いや待って、これは事故……」

僧侶「勇者様! なんて酷いことを!」ドゴドゴ

勇者「ぎひぇっ!?」

僧侶「あなたは、そんな弱いものいじめするような人では無いと思っていましたのに!」ドゴドゴ

勇者「まって、ふたりとも、たたくのやめて、しぬ」

魔王「……」

ノル「……」

勇者「」

戦姫「……はっ!? 勇者、その怪我は一体どうしたの!?」

僧侶「まさか魔王に……くっ、なんてことを!」

勇者「お前ら…………」

魔王「危ないところだった、猫の魅力がこれ程とは」

魔王「だがそれも打ち破った! 同じ手は何度も効かぬ!」

ノル「くう……魔王の実力を見誤っていたにゃ……」

大魔王「魔王は強敵だ……そんな色仕掛けで倒せるほど甘くはない」

ライバル「くそぉ! 何か、何か打つ手は無いのか!」

僧侶「くう、私にもう少しMPがあれば回復魔法が使えるのに……」

魔王「……さ! トドメだな!」

勇者「俺の前に、あいつらを殺せ……」

魔王「(なんか物騒なこと言ってるけど、まあどうでもいいや)」

魔王「トドメだ!」

魔王「って言ったら……」

>>26「待て!!」

魔王「来ると思ったよ、で、誰?」

勇者「>>26……」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 22:49:26.44 ID:1ovGUB6ro
本郷猛
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 22:53:27.47 ID:2x89RhDDO
超魔王
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 23:12:59.96 ID:9H53Wmako
本郷猛「ついに見つけたぞ!」ブロロロロ

ゴシャッ

勇者「がはっ!?」

本郷猛「貴様、ショッカーの一味だな!」

勇者「い、いま、バイクで俺を轢いた」

魔王「ショッカーって何」

本郷猛「悪は許さん! 行くぞ!」

本郷猛「ライダー、変身っ!」カッ

仮面ライダー「ふんっ!」

魔王「何、変身しただと!」

仮面ライダー「くらえ、必殺!」

仮面ライダー「ライダー、キィーーーック!!」

ドゴォッ!

魔王「ぐっ……」

仮面ライダー「……!? 爆発しない、だと!」

魔王「その程度の飛び蹴り、躱すまででも無いわ」

仮面ライダー「なんという事だ……!」

魔王「解除魔法、くらえ!」ブオッ

仮面ライダー「うわああ!?」ドサッ

フッ

藤岡弘、「……な!? 変身が解けている!?」

大魔王「あれは……いかなる強化も打ち消す解除魔法!」

王子「まだそんな隠し玉を持っていたのか!」

ノル「魔王の実力、計り知れない……にゃ」

魔王「貴様この世界の人間ではないな」

魔王「元の世界へ還れ! 次元魔法!」カッ

藤岡弘、「うああああ! セガサターンシローーーー!!!」

バシュン!!

魔王「……さて、邪魔者は消えたな」

勇者「うっ、ぐぐ……」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 23:31:31.13 ID:9H53Wmako
魔王「……」チャキッ

勇者「あ、あれ、待って」

勇者「あのセリフ、言わないの?」

魔王「いや、言ったらまた誰かが来るだろ」

勇者「いやまあ、来たら来たで俺がやられるだけだから別にいいけど……」

魔王「だろ? じゃあそういうことだから……死ね!」

勇者「!!」

ドゴォン!

魔王「がはっ!?」

王子「なんだ!? 魔王の身体が爆発した!」

魔王「こ、これは、一体!?」ガクッ

大魔王「……そうか! 仮面ライダーのライダーキックだ!」

戦姫「ライダーキックの効果が、今効いてきたのね!」

ドゴォン ドゴォン

魔王「ば、馬鹿な、この俺が!」

僧侶「まずいです! 魔王の魔力が暴走し始めています!」

ライバル「おいおい、このままだと大爆発を起こすぞ!」

大魔王「皆俺に掴まれ! 飛翔魔法で離脱する!」

ノル「わ、わかったにゃ!」

ササッ

勇者「ま、待って、俺も」

大魔王「飛翔魔法!」

ヒュウン

勇者「おぉうい!! 俺を置いていくなあああ!!」

魔王「ぐわあああああああ!!」

勇者「ひいいいいいいいい!!」

カッ
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 23:34:01.59 ID:9H53Wmako
こうして世界は救われた。勇者の命と引き換えに。

後日、勇者を称えるために仮面ライダーの銅像が立てられた。

仮面ライダーの偉業は後世まで語り継がれていくだろう。

ありがとう、仮面ライダー!



おわり
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 02:40:04.41 ID:IcQRvRA6o
仲間がどんどん出てくると友情マンを思い出す

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 12:06:26.87 ID:lQfvG9XrO
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 00:08:17.52 ID:7I440YnA0
面白かった
こういうシンプルなごり押し好き
20.87 KB Speed:2.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)