秋月「Seventeen Girls Swinging」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

99 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/13(水) 21:03:35.23 ID:ZWHgg9EW0
秋月「さ! みんな起きて! 朝だよ!」

涼月「おはようございますねえさ... すう」スヤァ

照月「涼月しっかり!」

初月「おはよう」

秋月「おはよう! みんなも顔洗っておいで!」

涼月「すう...」

照月「起きて〜!」
100 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/13(水) 21:04:06.24 ID:ZWHgg9EW0
午前6時10分
卯月と弥生の部屋

弥生「卯月、起きて...」

卯月「うーん後3時間ぴょん...」

弥生「バカなこと言わないで... 今日本番でしょ」

卯月「うーん...」

卯月「...」

卯月「そうだったぴょん!!」ガバッ

弥生「着替えたら朝ごはん食べに行こ」

卯月「わかったぴょん」

101 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/13(水) 21:04:32.78 ID:ZWHgg9EW0
午前6時30分
間宮さんの食堂

秋月「おはようございます! A定食大盛りで!」

初月「僕はB定食で」

涼月「A定食を」

照月「C定食お願いします! 照月も大盛りで!」

間宮「おはよう、あら 今日は気合入ってるわね」

初月「今日は演奏本番なんだ、元気をつけなきゃな」

間宮「あらそうなの! 頑張ってね!」

秋月「はい!」




暁「ついにきちゃったわ本番...」

響「暁、お箸が止まってるよ」

雷「そんなんじゃダメよ! 大丈夫! うまくいくわ!」

電「はわわ...」

暁「定期演奏会の時と同じくらいドキドキしてきたわ」

電「なのです」




江風「姉貴ー なンか飲むかー? 取ってくるぜー」

山風「あ、じゃ、じゃあ コーヒー 砂糖3つにミルク入りで...」

夕立「お茶が飲みたいっぽい!」

江風「あいよー」




朝霜「楽しみだな! 今日!」

巻雲「自信満々ですねー!」

朝霜「早く吹かせろー!」

神風「そわそわ」
102 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/13(水) 21:05:00.80 ID:ZWHgg9EW0
朝潮「おはようございます!」

朧「おはよ」

吹雪「おはよう朝潮ちゃん」

朧「気合入ってるね」

朝潮「5時に目が覚めました!」

吹雪「そ、それはすごい入りようだね...」




天津風「今日が本番かあ...」

島風「あっという間だったねー」

天津風「ま、いつも通りやりましょ それだけの事はやってきたんだから」

島風「スカしてるねー」

天津風「な、なによ!」

島風「へへーん」





谷風「いやーこの谷風さんがジャズフェスたあ驚いたね」

白露「いっちーばーん目指すよ!」

秋雲「あんまり気合い入れすぎんなよー」

雪風「楽しみです!」キラキラ



卯月「...ご飯が喉を通らないぴょん」

弥生「...」もぐもぐ

卯月「こんな時でも平常心なのはさすがだぴょん...!」
103 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/13(水) 21:05:30.40 ID:ZWHgg9EW0
午前10時00分
ジャズフェス会場

秋月「本番は15時から、集合はDホール裏に14時40分! 皆さんそれまで自由行動です! 一旦解散!」


「なンか急に緊張してきたぜ!?」 「いつも通りに、ですよ〜」

「あっち行くっぽい!」 「わ、まって」


秋月「...」

秋月「ふう...」

秋月「後五時間か...」

秋月(長いようで、短い)

朧「どこか行く?」

秋月「え? ああどこも決めてなかったかな」

秋雲「...静かなとこ、行かない?」

朧「会場出るの?」

秋雲「そ」

秋月「うん、別にいいよ」

104 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/13(水) 21:05:58.34 ID:ZWHgg9EW0
午前10時20分
河川敷

秋雲「悪いね、なんかこんなとこまで付き合わせて」

朧「別にいいよ」

秋雲「なんか本番前だってのに思い出話したくなっちゃってさ」

秋月「思い出かあ...」

朧「確か最初は秋雲がジャズやろうって持ちかけたんだっけ」

秋雲「そうそう」

秋月「そういえばずっと聞いてなかったけどどうしてジャズやろうって持ちかけたの?」

朧「あ、そういえば」

秋雲「そこ聞く?」

朧「そりゃ気になるよ、聞いてもなんとなくとしか言わなかったし」

秋雲「あー...」

秋雲「実を言うとね...」

秋雲「どんな気持ちなのか知りたかったから」

朧「気持ち...?」

秋月「それってどういう...」

秋雲「...」
105 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/13(水) 21:06:23.17 ID:ZWHgg9EW0
艦娘になる前にね、すごく仲よかった子が居たのさ

その子父親がトランペットやってて母親はジャズシンガー、ライブハウスも持ってた それに影響されてその子もトランペットやってた

その子の家に遊びに行くといろんなCD貸してくれたっけなあ、アートブレイキーにジョンコルトレーン、マイルスデイヴィス 今思うとその時もうちょっとちゃんと聴いておけばよかったかな... はは

自分がが艦娘になるって言った時、別れる前に演奏してくれたのも懐かしいね

その子、本当にジャズが好きでね プロになる日も近かったんじゃないかな 海外の音大に行くって言ってたから英語も一生懸命やってた

離れてからはメールとかたまに手紙でやり取りしあってたかな

でもある日からメールが来なくなった

しばらくしてから手紙が秋雲宛に届いてさ、その子 ガンで亡くなってた

その子死ぬ間際までトランペットを離さなかったらしいんだよ

だから知りたかった

どうしてジャズにそこまで熱中できたんだろうって
106 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/13(水) 21:06:51.63 ID:ZWHgg9EW0
秋月「...」

朧「...」

秋雲「だから気持ちを知りたかったんさ」

秋雲「そこまで夢中になれるものを持ってたのが、少し羨ましかったのかもしれない」

秋雲「やってみれば気持ちが少しは理解できるのかなって、思ったんさ」

秋月「そうだったんだ...」

朧「こんな事聞くのもあれだけど...」

秋雲「ん?」

朧「理解、できたの? その気持ちは」

秋雲「...まだ理解するには遠いけど」

秋雲「好きだって言えるさ、ジャズは」
107 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/13(水) 21:07:19.84 ID:ZWHgg9EW0
午後2時40分

Dホール 舞台裏


秋月「みんな集まりました!? 楽器出してチューニングします!」

天津風「いよいよね...!」

朝潮「はい!」

江風(平常心平常心...)

雪風「頑張ります!」キラキラ

吹雪「サックス集まって下さーい! チューニングしまーす!」

巻雲「はーいトロンボーンやりますよー」

秋雲「はいしゅーごー」
108 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/13(水) 21:07:46.01 ID:ZWHgg9EW0
午後2時55分
Dホール


白露「舞台袖から覗いたけど人結構いるね〜...」

卯月「緊張してきたぴょん...」

秋月(いよいよ本番...!)

秋月(大丈夫! いつも通りにやる!)

初月「姉さん」

秋月「初月、どうしたの?」

初月「火をつけよう」

秋月「え?」

初月「客の心に火をつけるぞ」

初月「僕たちはそれができるほどの腕は持ってるはずだ」

初月「やろう」

秋月「...そうね! やろう!」

初月「ああ!」
109 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/13(水) 21:08:25.83 ID:ZWHgg9EW0
午後2時59分

ザワザワザワザワ

「艦娘のバンドかー どんなんだろ?」 「さあな、まそんな期待はしないほうがいいぜ」

「次のバンドが本命だしね」 「ま、ちょっとだけ期待かな?」



初月「...」

初月(好きに言え、見てろよ)

初月(客の心に)

初月(火をつける)

Chapter 6
終わり
110 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/13(水) 21:09:28.01 ID:ZWHgg9EW0
一応艦娘は元人間ってことでウチの鎮守府はなっていますがどうぞよろしくお願いします

ありがとうございました
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 01:12:41.49 ID:lbF8W9Cy0
おつ
初月リベンジなるか!?
112 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 21:53:24.03 ID:ZEl43gq80
Chapter 7
The Heat’s on

午後2時57分
Dホール 後方席

社長「確か彼女たちの番はこの時間だったはず...」

社長「...」

社長「見させて貰うよ」
113 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 21:54:03.38 ID:ZEl43gq80
午後3時00分

吹雪(!! 時間だ!)

夕立(突撃っぽい!)

雪風(頑張ります!)

秋月「...」

秋月「よし!初月!」

初月「ああ!」

初月「...」スッ




Caravan/Duke Ellington
https://youtu.be/TS-G4UQTfUo



ドンツドドドン ドンツドドドン


社長「...」


秋月(よし! いい感じ!)

秋月(ここで入る! 1、2、3、4!)


バーンボーンババーンボーンババーンボーンババーンボーンバ


照月(この感じ... 乗れる! うん! いける!)


ポンパンポンポンポンパポンポン


客A(な、なんだこいつら...)

客A(もうリズムセクションだけでわかる)

客A(上手いぞこいつら)
114 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 21:54:34.09 ID:ZEl43gq80
吹雪(みんな行くよ!)

秋雲(さー行くよー!)

巻雲(入ります!)


バーバーバーバーバーバララララ!!



社長(!!)

客B「あいつら...艦娘なんだよな...」

客C「次バンドの前座どころじゃねえぞこれ...」

客B「トリいけるだろ...」




バララー バーバッババーラバラッバー
バラッババーラッバラッバー
バララバラバラッバー


社長「...」
115 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 21:55:06.59 ID:ZEl43gq80


秋月(巻雲! ソロ!)

巻雲(行きますよ〜!)



バッバラバーババババーラーラー

バッバラッバーバーバーバーバーバーバ

巻雲(いつも通り、練習通りに)

巻雲(そうすれば)

巻雲(最高のパフォーマンスが出来る!)

客D(このトロンボーン何者だ...?)

客E(トロンボーンってこんな色あざやかにできる楽器だったんだな)

客A(おい艦娘って楽器も出来んのか!?)



ヒューッ! パチパチパチパチ


照月(うん! ナイスソロ!)

秋雲(こっちも負けてらんないね)
116 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 21:55:34.96 ID:ZEl43gq80
初月「...」

初月(僕の仕事はバンドを支える事)

初月(もう独り歩きはしない)

初月(みんなで一つの音を作る!)

バーラーラーバーラーラーバー!


吹雪(初月ちゃんのソロだ!)

秋月「...」

秋月(初月... きっと出来るよ)

秋月(あなたは一人じゃない)

社長「...」

社長(さあ、見せてもらうよ)
117 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 21:58:09.36 ID:ZEl43gq80
初月「...っ!」


ドンドンドコツドドド チチチチチ



「まるで面白くなかった」



初月「...!(集中しろ...!)」



チチチドンツツツドドド



「 君だけなんだ、バンドみんなが作った雰囲気に乗ろうとしてない」



初月(迷うな...! ソロは迷っちゃいけない...!)



ドコツドンドドンチチン



「バンドというのはみんなでやるものじゃないのか?」



初月(僕はもう...)



「みんなで一つの曲を創り出す、それがビッグバンドじゃないのか?」



初月「独りじゃない」





118 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 21:58:35.46 ID:ZEl43gq80
ドンドドドドドコドコドコドコチンチチチ

ドンカカカカッカ

ドコドコドコドコドコ


社長(ああ、そうだ きっとそうだ)

社長(私は...)

社長(こんな)

社長(こんなバンドに出会うために会社を建てたのかもしれない)





ツガン!


バーーーー!!!






119 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 21:59:17.03 ID:ZEl43gq80
ウォーッ! ヒューッ! イエー!
パチパチパチパチ





秋月「皆さんこんにちは! 本日はこのジャズフェスに足を運んでいただき誠にありがとうございます! 私たちは艦娘だけのビッグバンド! Swing Girlsです! 」


ヒューッ! パチパチパチパチ


秋月「さて、先程お送りさせていただいた曲はDuke EllingtonのナンバーでCaravanでした!ソリストの紹介をします!」

秋月「トップバッターを務めてくれたのはオントロンボーン巻雲!」


パチパチパチパチ


秋月「そして熱いドラムソロを轟かせてくれました! オンドラムス初月!」


パチパチパチパチ


秋月「続いてお送りします曲は先程とは打って変わって静かな曲をお送りしたいと思います、最近これを聴きながら夜散歩するのが趣味ってひとがうちのバンドにもいるんですよね...」

秋月「っと...ちょっと転換がまだですね、この曲トランペットではなくフリューゲルホルンを使うんですよ それでちょっと時間が... あ、終わりました? それじゃあ演奏の方参りたいと思います!」

秋月「Rob Partonのナンバーで On a Misty Nightです、どうぞ」

120 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 21:59:49.79 ID:ZEl43gq80
初月「ワン、ツー ワンツースリーフォー」


On a Misty Night/Rob Parton’s Jazztech Big Band
https://youtu.be/9xWzjWJIqWk


ポンポロロン ポンポンポポンポポン

客A(やっぱリズムの子達上手いな)

客B(4ビートはいいねえ)




吹雪(よし! テーマ!)

夕立(みんなで支えるっぽい!)

朧(行け! 吹雪!)

パーラララー パーラッパラー パラー
パラー パラ パララー


社長(あのリードアルト、申し分ない技量だ)

客C(痺れるねえ)
121 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:00:20.06 ID:ZEl43gq80
雪風(雪風の出番です!)

パパーララー パラーララー

パパーパララー パララーパーラララーララー

客C(フリューゲルの柔らかい音、好きだな)

客F(いいソロだ)

秋雲(...立派に育ったね、ホント)

秋雲(前に音楽が大好きって言ってたけど、あれはホントだったみたいだね)

パチパチパチパチ
122 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:00:52.18 ID:ZEl43gq80
朧(さ、出番だよ 吹雪)

バッバーラ バーバー!

吹雪(よし!)

バーラーバラーラーラー

バーラーラー


ーーーーーーーー
ーーーーーーーー

「えーっと... あ、あの朧ちゃん」

「どうしたの」

「On a Misty Nightなんだけど私だけがずっとテーマ吹いてなおかつ長い尺のソロとってるみたいなんだけど...」

「そうだね」

「そ、そうだねって!」

「行けると思ったから、選んだ」

「この曲選んだのってまさか...」

「アタシ」


ーーーーーーーー
ーーーーーーーー



吹雪(そうだ、この曲は朧ちゃんが選んでくれた曲なんだ)

吹雪(その期待に応える!)

吹雪(みんなが支えてくれてるんだ!)

バーララーララーララー バーラーララララーララー

客G(!! 最高潮になった!)

客H(すごいもん聞けたな、こりゃ)

朧(一緒にやれてよかったよ、本当に)

パチパチパチパチ
123 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:01:21.46 ID:ZEl43gq80
吹雪(テーマに戻る!)

バーラーラーラーララーララ

バラーバラ バララー

客I「...」

客I(いつか)

客I(こういう人たちをうちのライブハウスに呼びたい)

客I(こんな音が出る店にしたかったんだよなあ...)

バララーバラララ バララバッラッバー

バララー パー...
124 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:01:47.95 ID:ZEl43gq80
パチパチパチパチ ヒューッ!


秋月「ソリストの紹介をします」

秋月「実に繊細なソロを披露してくれました、オンフリューゲルホルン雪風!」

パチパチパチパチ イエー!

秋月「そして艶のあるテーマとソロを披露してくれました、オンアルトサックス吹雪!」

ヒューッ! パチパチパチパチ ウォーウ!

秋月「さて、ここまでラテン4ビートとやってきて次はなんだろう? と思ったら、またラテンをやらせていただきます!」

「おっ!」 「やれやれー!」

秋月「先程はしんみりとした夜の情景が浮かんできましたが... 次はそうですね、夏! 夏の炎天下が浮かんできたらいいなと思います!」

秋月「ではそんなわけで次行きましょう、転換大丈夫ですか?」

秋月「ではBuddy RichのナンバーでNuttvilleです、どうぞ」
125 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:02:17.68 ID:ZEl43gq80
初月「ワンツースリー」カンカンカン

Nuttville/Buddy Rich
https://youtu.be/XDLAxkZ-lLs

カッ

ボッボーバ ボッバーバ ボッボーバ ボッボーバ
ボッボーバ ボッバーバ ボッボーバ ボッボーバ
バラララー バッバーバララー ララー!


客A(おお初っ端から飛ばすね)


バッババララー バーラー バッババララー バーララー


朝霜(やったるぜー!)

江風(よっしゃー!)
126 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:02:46.80 ID:ZEl43gq80
秋月(さ、朧! ソロだよ!)

吹雪(頑張れ朧ちゃん!)

ババッババッババッバーバ ババッババッババッバーバ ババッババッババッバーバ ババッババッババッバーババ!

朧(ここだ!)

バラララララララララバララーラ

社長「!!」ゾクッ

客D(なんだこのテナー!?)

客C(なんなんだこいつら一体!?)

朧(よし! いける!)

朧(ありったけを! ぶつける!)

朧(自分の内面をさらけ出すようなソロを! 全力で!)

客J(もう完全にあの子の世界だ!)

客K(すごい...)


127 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:05:15.32 ID:ZEl43gq80
朧(ソロが終わる! 秋雲! パス!)

ババッババッババッバーバ ババッババッババッバーバ ババッババッババッバーバ ババッババッババッバーババ!

パチパチパチパチ

秋雲(よしきた!)

パラパララララララ

秋雲(さ、せっかくこの空気作ってくれたんだから頑張って維持しないとね!)

パラパラパラパラララララ

客C(こいつらすげえぞ!?)

客L(すごい...)

客L(僕もいつかこんなプレーをやってみたい!)

秋雲(うっし! 悪くない出来!)


パチパチパチパチ

128 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:05:45.41 ID:ZEl43gq80
谷風(さ、お次は谷風さんだよ〜!)

ポポロポロポロポロ

客D(流れるようにフレーズが飛び出してくる!)

照月(うん! いい感じ!)

初月(全くこれで楽器1年目っていうんだから恐ろしい)

照月(練習した甲斐があったね)

照月(自分の部屋にちっちゃいキーボード持ち込んで演習や作戦がない時間は毎日毎日コード、スケール、フレーズ練習してたの、知ってるよ)

照月(実ったね、努力)

パチパチパチパチ


129 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:06:15.39 ID:ZEl43gq80
初月(僕のドラムソロでシメだ!)

ドコドコドコドコドコツトントトン

カッ

バーーーー!!
130 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:06:43.48 ID:ZEl43gq80
イエー! パチパチパチパチ
ウォーッ! パチパチパチパチ ヒューッ!




秋月「ありがとうございました! ソリストの紹介をいたします!」

秋月「力強いソロを見せてくれました! オンテナーサックス朧!」

パチパチパチパチ

秋月「それに負けず劣らずの素晴らしいソロでした、オントランペット秋雲!」

パチパチパチパチ

秋月「華麗に魅せてくれましたね、オンキーボード谷風!」

パチパチパチパチ

秋月「そしてまたまたやってくれました! オンドラムス初月!」

パチパチパチパチ
131 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:08:41.84 ID:ZEl43gq80
秋月「さて、続いてが最後の曲となってしまいました 最後の曲は私たちが一丸となって演奏するにふさわしいパワーのある曲をお送りしたいと思います!」

秋月「あ、最後ですので先にソリスト紹介をしますね オンテナーサックス朧!」

パチパチパチパチ

秋月「オントロンボーン山風!」

パチパチパチパチ

秋月「オントランペット秋雲!」

パチパチパチパチ

秋月「それでは最後の曲です!Count BasieのナンバーでSixteen Men Swinging! Swing Girlsでした!」

ヒューッ! イエー!
パチパチパチパチ
132 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:09:11.74 ID:ZEl43gq80
初月「ワン! ツー! ワンツースリー!」

Sixteen Men Swinging/Count Basie
https://youtu.be/Pog2XGNvlS8

バッバッババッバッバッバ! バッバッババッバッバッバ!
バーラッバッバーバ! バーラッバラー

客G(イントロからすげーぞ!)

客M(れ、練度高え...)
133 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:09:49.28 ID:ZEl43gq80
バーラバラバラバラバラバラバラッババラバラ

朧(よし! いけてる!)

夕立(最高っぽい!)

卯月(やるぴょん!)

神風(いけるわ!)

秋月(みんなで... 最高の音を!)
134 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:10:42.79 ID:ZEl43gq80
朧(アタシのソロ!)

バッバララバララララ

客D(かっこいい...!)

吹雪(朧ちゃん、今度は私たちがバッキングで支える番だよ!)

朝潮(支えます!)

朧(やってやる!)

朧(ぶちかます!)



パチパチパチパチ
135 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:11:08.73 ID:ZEl43gq80
巻雲(さ、山風ちゃん 見せてもらいますよ〜!)

山風(アタシの番...!)



「いつもやってる事を当たり前にやる、これで大丈夫!」

「いつもできてる事なら、本番でだってきっとできちゃうんです!」


山風(いつも通りに! 冷静に!)

バッババララー

バッバ ババー


社長(そうだきっと、こんなバンドが)

社長(こんなバンドが未来を担ってくれるんだ)

巻雲(よく出来ました!)


パチパチパチパチ
136 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:12:23.47 ID:ZEl43gq80
朧(さ、秋雲 出番だよ)

パッパパララパラララー

客N(いいぞ!)

客O(ハイノートヒッターだなあの子)
137 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:13:44.08 ID:ZEl43gq80
秋雲(ねえ、向こうで見てる?)

秋雲(気持ちが知りたくて始めたけど)

秋雲(やっとわかったよ、気持ち)

秋雲(ああ)

秋雲(ジャズっていいんだね)

パーラー! パーッラパー! パーッラパーー!

初月(よし!)ドンドンツドン ドンドンドン

ヒューッ! パチパチパチパチ


バーッラバーララ
バラッバーババッババー

朧(みんなで!)

秋雲(一つの音を!)

秋月(一つの世界を作る!)


バッババラッババッババー
バッババラッババッババー

バーバラバーバララーバララー
バーバラバーバララーバララー
バーバラバーバララーバララー

バッバーーー!!



ヒューッ! イエー! ウォーッ!
パチパチパチパチ
パチパチパチパチ


秋月(や、やりきった...!)

パチパチパチパチ ナイスプレー!
ヒューッ! パチパチパチパチ

社長「...」ウルッ

社長「演奏で泣くなんて、いつぶりだろう...」

138 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:14:39.89 ID:ZEl43gq80
初月「やったな! 姉さん!」

秋月「うん! やったね」

ウォーウ! パチパチパチパチ

朧「ずっとこの拍手、聴いてたいね」

秋月「ふふ、そうね でももうおわり、さ撤収!」


139 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:15:27.84 ID:ZEl43gq80
午後3時20分
Dホール控え室

江風「おっしゃー! やりきったぜー!」

夕立「やったっぽい!」

山風「うん...!」


電「つ、疲れたのです...」

暁「緊張の糸切れちゃったわ...」


吹雪「朧ちゃんおつかれ!」

朧「おつかれ」

吹雪「やりきったね!」

朧「ねえ吹雪」

吹雪「何?」

朧「一緒に演奏してくれてありがとう」

吹雪「へ...?」

朧「それだけ」

吹雪「え、ええーっ!? な、なんか朧ちゃんどうしたの」

朧「いいから、素直に受け取っておくの」

吹雪「ま、まさか朧ちゃんがデレたなんて」

朧「やっぱり取り消す」

吹雪「あっ! ごめんって!」
140 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:16:01.40 ID:ZEl43gq80
社長「...初月君、いるかな」

秋月「あ、あなたは...」

社長「彼女に謝罪しなければいけないんだ」

初月「...僕ならここです」

社長「...初月君、私は君にひどいことをーーー」

初月「ありがとうございました」

社長「!!」

初月「あの言葉が無かったら、僕はビッグバンドのドラムとしての仕事は出来なかったと思うんです」

初月「だから、感謝させてください」

社長「...今日の演奏と君の成長したドラムを聴いて私は」

社長「このバンドが未来を引っ張ってくれる、そう思ったんだ」

初月「ありがとうございます」

社長「そこでなんだ、君たちのCDの件を考えさせてほしい」

初月「!!」

秋月「えっ!?」

社長「詳細な日程とかは後々連絡させていただきます 君たちにBlue Noteのチャンスを与えたい」

初月「ほ、本当ですか!?」

社長「本当です、私は君たちにかけたい」

社長「今後のジャズの未来を」

初月「...ご期待に添えるようにやらせていただきます」

秋月「やったね初月!」

初月「ああ!」

初月「これは...」

初月「大きな一歩だ」
141 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:16:57.30 ID:ZEl43gq80
Epilogue
Giant Steps


某日午前10時00分
レコーディングスタジオ

朝霜「す、すげー...」

吹雪「こんなところ来たことないよ...」

江風「マイクとか一本いくらすンのこれ? すげー高そうだぜ!?」

照月「ひええ...」

吹雪「そういえばCD出すっていうけどタイトル決まってるの?」

朧「さあ? 聞いてないけど」

夕立「夕立も知らないっぽい」

朧「秋月、どうすんの?」

秋月「あっ、まだ決まってなくて...」

朧「じゃあ今考えなよ」

秋月「えっ!? うーんとねじゃあ...」

秋月「...」

秋月「Seventeen Girls Swinging」

秋月「なんてどう?」

夕立「でも今バンドメンバー17人より多いっぽい」

秋月「で、でも演奏する時は17人だし!」

朧「ふふ、いいんじゃない? それで」

スタッフ「じゃあレコーディング始めまーす!」

「「「はーい!」」」

秋月(初月が言ってたBlue Noteに立つ夢)

秋月(まだまだ小さな一歩かもしれない)

秋月(でもこれは)

秋月(巨人の一歩だ)

初月「ワン、ツー ワンツースリーフォー」


THE END
142 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:17:27.05 ID:ZEl43gq80
Ending

Rise Up/Pat Metheny
https://youtu.be/Z4VxFi4lY44


STAFF ROLE

Rhythm

Bass:Akizuki
Pianoforte:Teruzuki
Pianoforte. Keyboard:Tanikaze
Drums:Hatsuzuki
Guitar:Suzutsuki
Guitar:Shiratsuyu

Saxophone

Altosax:Fubuki
Altosax:Shimakaze
Tenorsax:Oboro
Tenorsax:Amatsukaze
Tenorsax:Asashio
Baritonesax:Yuudachi

Trombone

Tenortrombone:Makigumo
Tenortrombone:Yamakaze
Tenortrombone:Kawakaze
Tenortrombone:Kamikaze
Basstrombone:Asashimo

Trumpet

Trumpet:Akigumo
Trumpet:Uzuki
Trumpet:Yayoi
Trumpet:Yukikaze
Trumpet:Akatsuki
Trumpet:Inazuma

THANK YOU FOR JOINING US
SEE YOU NEXT STAGE...


143 : ◆0rjCWOlcd8we [sage]:2019/02/15(金) 22:27:27.01 ID:ZEl43gq80
以上で終わりとなります
艦これビッグバンドが実現したのは本当に驚きでした年明けの方を観に行きましたが伊東たけしさんとToshlさん来たことにもびっくりしました

このお話の続きはおそらく書きません、というか書けないのでこのお話はここでおしまいです
ですがもしかしたら彼女たちはBlue Noteに立ってるかも、立ってないかも...

ここまで読んでくださってありがとうございました
144 : ◆0rjCWOlcd8we [saga]:2019/02/15(金) 22:40:28.05 ID:ZEl43gq80
おまけ

各話タイトルの元ネタ曲一覧

It’s oh so Nice/Count Basie
https://youtu.be/TS-UNkdyyvg

Anxiety/Marshall Gilkes
https://marshallgilkes.bandcamp.com/track/anxiety-part-1

All Alone/Frank Sinatra
https://youtu.be/pimnpW_OHx4

Basie-Straight Ahead
https://youtu.be/S5EIAWUuhBU

Madcap/Chuck owen
https://youtu.be/wT_ffHhpL9k

Countdown/John Coltrane
https://youtu.be/lJ7QTRzV9RM

The Heat’s on/Count Basie
https://youtu.be/Zm3W2k7IWW0

GIant Steps/John Coltrane
https://youtu.be/30FTr6G53VU

My Favorite Things/John Coltrane
https://youtu.be/qWG2dsXV5HI

145 : ◆0rjCWOlcd8we [sage]:2019/02/15(金) 22:46:19.43 ID:ZEl43gq80
(´-`).。oO(一応渋とかの方に地の文ありの形式にしてまとめると思いますのでお時間のある方はそちらもよろしくお願いします)
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 14:38:24.11 ID:iJwC99BVO
完走乙です
良いものありがとうございました
ジャズ聞きたくなったわ
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 09:32:19.59 ID:lU6EUMNT0
乙です
読んでて楽しい気分になるssでした
渋にまとめるとのことなので、できたら誘導して頂けると嬉しいです
148 : ◆0rjCWOlcd8we [sage]:2019/02/17(日) 16:28:50.79 ID:md8qWcfC0
>>147
多分そこそこ先の話になると思うのでまだ誘導は出来ないですね...
出来たら多分ここに貼ります
96.00 KB Speed:2.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)