【艦これ】龍驤「もう少し、足りないもの」その8【安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆I4lwDj9Dk4S2 :2019/02/16(土) 18:09:10.05 ID:Exc2vNMi0
立ったでしょうか

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550308149
2 : ◆I4lwDj9Dk4S2 :2019/02/16(土) 18:12:59.10 ID:Exc2vNMi0
立ちました


前スレ
【艦これ】龍驤「もう少し、足りないもの」その7【安価】
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1549461880/
3 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 18:14:19.61 ID:Exc2vNMi0
登場人物の簡易まとめ


駆逐艦
・暁
・雷
・電
・響
・清霜
・霞
・黒潮
・不知火
・陽炎
・卯月 (弥生)
・朝霜
・叢雲
・皐月
・潮
・朝雲
・山雲
・初雪
× S朝潮 自殺

軽巡
・阿武隈
・夕張
・神通
・川内
・龍田
・天龍
・多摩
・北上
・大井
・球磨
・由良

重巡
・加古
・羽黒
・那智
・愛宕

潜水艦
・伊401
・伊168
・伊8
・伊58
・呂500
・伊19 鎮守府外
・伊26 鎮守府外
・伊13
・伊14

戦艦
・金剛
・ガングート 現在戦力外
・榛名
・アイオワ

空母
・雲龍
・天城
・葛城
・加賀
・瑞鶴
・翔鶴
・隼鷹
・飛鷹
・千歳
・ガンビアベイ
・龍驤

その他
・秋津洲
・明石
・駆逐棲姫
・提督

深海派遣組
・レ級
・潜水棲姫
・漣(重巡棲姫)
・潜水新棲姫

ここに挙げている以外のキャラも出てきますので、よろしくお願いします
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 18:26:37.78 ID:Vqfuc4Tao
たておつ
5 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 18:57:23.05 ID:Exc2vNMi0
ーー

アイオワ「ガンビー!アーユーハッピー?」


ガンビアベイ「アイオワさん…」


アイオワ「やっと話せる時間ができたわね!」


ガンビアベイ「いつも出撃お疲れ様です」


アイオワ「頼ってくれるのはハッピーだし、戦闘はエキサイティングよ!」


ガンビアベイ「私は出撃できないので、アイオワさんが羨ましいです…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 18:58:57.61 ID:Vqfuc4Tao
ガンビーも頑張ってるじゃない!活躍聞いてたわよ?
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:00:13.41 ID:1fwBGJhro
前線に出るだけがbattleじゃないわ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:02:15.51 ID:4oAzgcG1O
ハッピーハッピー言われすぎて流石にウザくなってきた
9 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 19:15:16.61 ID:Exc2vNMi0
アイオワ「ガンビーも頑張ってるじゃない!活躍は聞いてるわよ!」


ガンビアベイ「そんなこと無いです…」


アイオワ「こっちに来てから弁護した案件は全部うまくいってるのよね!」


ガンビアベイ「違います!全部じゃありません!」


アイオワ「ワッツ?」


ガンビアベイ「朝潮ちゃんを……救えなかったんです…」


ガンビアベイ「私が未熟だったから再審でも勝てなくて…朝潮ちゃんが………」


アイオワ「それはガンビーは関係ないわよ」


ガンビアベイ「あります!朝潮ちゃんが自殺したのは私のせいなんです!」
10 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 19:20:02.11 ID:Exc2vNMi0
アイオワ「貴女はその事を気にしてるから、その後の裁判が頑張れているのね」


ガンビアベイ「もう私のせいで誰も死なせたくないんです!もう二度とあんなことは…!」


アイオワ「気にしすぎるのは良くないわよ。もし裁判で勝てても朝潮はああなっていたわ」


ガンビアベイ「なにを証拠に!」


アイオワ「朝潮の気持ちは良くわかるの。ミーもそうだったのよ」


アイオワ「生きてるだけで辛い。明日が来ることが絶望でしか無かったの」


アイオワ「朝潮はそこで諦めてしまった。それが早かったが遅かったかだけの違いよ」


ガンビアベイ「違います…違うんです……」


アイオワ「そんな落ち込んだままじゃよくないわ。一緒に食堂に行ってハッピーになりましょう!」


ガンビアベイ「あ、ちょっと…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:22:47.10 ID:1fwBGJhro
朝潮の悪夢に睡眠不足でご機嫌斜めになっているさみだれ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:23:14.95 ID:1YlngsAs0
間宮さんがボーっとしている
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:24:06.18 ID:M/hODGg8O
皐月「おっぱい!」
おっぱいビンタを耐えれるようになってきてしまってる
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:24:11.06 ID:3RVx1QkNo
アイオワ「ミスマミヤ!バケツパフェ二人前ね!」
間宮「えぇ……つくりますけども」
15 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 19:30:14.00 ID:Exc2vNMi0
ーー食堂


アイオワ「マミーヤ!とびきりのスイーツをお願い!」


間宮「……」


ガンビアベイ「間宮さん?」


間宮「あ、ごめんなさい……」


アイオワ「ボーっとしてどうしたの?」


ガンビアベイ「何か上の空だったみたいですけど」


間宮「ううん、なんでも無いの。すぐに作るから待ってて」
16 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 19:32:02.11 ID:Exc2vNMi0
アイオワ「ひゃっとしてマミーヤは何か悩みでもありますか?」


間宮「そんなんじゃないのよ…」


アイオワ「トラブルならガンビーが解決してくれます!」


ガンビアベイ「もし誰かと揉めているなら力になりますよ?」


間宮「そう……」


アイオワ「提督に話せないことならミー達に相談してみて下さい!」


間宮「安価」


下1〜3高コンマ 間宮の台詞や行動などを
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:32:59.63 ID:GT16/FgA0
見てくれが悪くなるかも
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:35:33.59 ID:xQVL21tUO
甘味の材料の補給が最近滞ってるみたいで
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/16(土) 19:37:37.98 ID:unovyyFDO
自分よりも美味しいものを作る子がちらほらいてちょっと自信喪失の間宮さん
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:38:39.33 ID:rSigAffJO
ちょっとだけ、料理したくなくなっちゃって
21 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 19:40:55.73 ID:Exc2vNMi0
間宮「これは私の問題なの。提督さんや貴女達に言っても、どうにかできるのは私だけ」


ガンビアベイ「どういうことですか?」


間宮「私よりも美味しいものを作る子がちらほらいるじゃない?」


アイオワ「イェー!多摩のスイーツは美味しいらしいですね!」


ガンビアベイ「由良さんの料理…と言えるかどうか分からないものも、美味しいのは美味しいらしいですね」


間宮「でしょ……それなのよ…」
22 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 19:47:52.13 ID:Exc2vNMi0
間宮「私なんかいなくてもいいんじゃないかって思っちゃう時があるの」


ガンビアベイ「そんな事をありません!間宮さんが居ないとこの鎮守府は大変なことになりますよ!」


アイオワ「皆んなマミーヤには感謝してるわよ?」


間宮「そうですか…はぁ…」


ガンビアベイ「間宮さんは自信が無くなってるみたいですね」


アイオワ「料理ができるだけなら良かったんだけど、マミーヤより美味しいっていうのがダメなのね」


ガンビアベイ「間宮さんは色んな料理を作れるのが凄いんです!」


アイオワ「毎日毎日本当に凄いと思うわ」
23 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 19:49:47.05 ID:Exc2vNMi0
間宮「はぁ……」


ガンビアベイ「このままじゃ心の病気になってもおかしくないかもしれません」


アイオワ「そこまで落ち込んでしまっては遅いわ。今のうちからハッピーにしてあげるのがベストね!」


ガンビアベイ「そんな簡単にできますか?」


アイオワ「ミーに考えがあるの!任せておいて!」


ガンビアベイ「この根拠のない自信はどこから来てるんでしょう…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:50:57.21 ID:1fwBGJhro
マミーヤの為に感謝のパーティを開こうと呼びかけるアイオワ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:51:47.68 ID:ZkKgFOnFo
兎に角ハッピー言っとけば解決すると思ってた模様
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:51:56.54 ID:x3z2COsOo
いっぱい体を動かして、美味しいものを作って、そして食べるのよ!
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:52:31.78 ID:R2CwQrTbO
色々提案するが根本的解決に至らない
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 19:53:56.66 ID:3RVx1QkNo
リフレッシュでどこか観光につれてく
(で、間宮さんがいない間どんな事になるか撮影しておいて自分の必要性を再確認させたげる)
29 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 20:09:21.69 ID:Exc2vNMi0
アイオワ「マミーヤ!貴女はハッピーなんですよ!」


間宮「ええ…」


アイオワ「ハッピーハッピーハッピー!」


間宮「……」


ガンビアベイ「ちょっとアイオワさん…」コソッ


アイオワ「ワッツ?」


ガンビアベイ「まさか考えって…」


アイオワ「ハッピーと言えば自然とハッピーになるんです!ミーもそうでしたからね!」


ガンビアベイ「あぁ……もう少し何か考えがあると思ったのに…」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 20:11:43.19 ID:3RVx1QkNo
頭ハピハピなるわ
31 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 20:12:43.67 ID:Exc2vNMi0
ガンビアベイ「今の間宮さんがハッピーに見えますか?」


間宮「……」


アイオワ「これからハッピーになるのよ!ハッピーマミーヤ!」


間宮「はぁ……」


ガンビアベイ「間宮さんはなんとかしてあげたいけど、私じゃどうにもできないし…」


ガンビアベイ「きっと、その内元気になってくれますよね…?」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 20:14:28.82 ID:x3z2COsOo
なかなか元気にならないので次の手段として>>26
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/16(土) 20:15:38.85 ID:unovyyFDO
出来たら腕を上げる為に何処かに研修に出たいけど食堂を預かる身としてはここを空ける訳には…と間宮さん打ち明ける
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 20:16:07.89 ID:/VPF2/hP0
確かに貴女より美味しい料理を作る人はいます!でも貴方の料理じゃなきゃだめな理由があるんだとおもいます!
とガンビー
35 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 20:29:57.10 ID:Exc2vNMi0
間宮「私の料理なんて…」


ガンビアベイ「確かに間宮さんより美味しい料理を作る人はいます。でも貴女の料理じゃなきゃだめなんです!」


間宮「そんな事無いわ…」


ガンビアベイ「そうなんですよ間宮さん!」


アイオワ「あ、なら食堂を臨時休業させてみたら?そうすれば皆んな困り果てるわ!」


間宮「そうなったら由良ちゃんや多摩ちゃんが料理を作るわ…そうしたら余計に私の存在意義が…」


ガンビアベイ「余計に落ち込んだじゃないですかぁ!」


アイオワ「そんなつもりは無かったのよ!」
36 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 20:32:22.53 ID:Exc2vNMi0
提督「何を騒いでいるんだ?」


龍驤「えらい賑やかやから気になってしもたわ」


ガンビアベイ「良いところに来てくれました!」


龍驤「なんやなんや?」


アイオワ「Admiral!間宮がいかに大切か思い知らせてあげて!」


ガンビアベイ「間宮さんは今落ち込んでるんです!」


龍驤「なんかよう分かれへんけど、間宮に言うたらええんか?」


提督「言うくらいいくらでも言えるが…」


間宮「無理に大丈夫ですよ…」


下1〜3高コンマ 提督や龍驤の台詞などを
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 20:35:11.06 ID:ZkY55Ef9O
鎮守府で温かくみんなを迎えてくれる間宮さんがいないとここは成り立たないと
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 20:35:46.80 ID:3RVx1QkNo
だれがいつなにを食べてるか、どのくらいの頻度か、それを把握して時々メニュー提案してるやろ?
それ司令官でも把握できてへんのやで、ホンマ頭あがらんわ
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 20:44:56.90 ID:1YlngsAs0
暁の為に少し少しメニューを変えてくれたりして周りをよく見てくれている
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 20:45:12.86 ID:x3z2COsOo
>>37

>>38
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 20:45:35.15 ID:mSvj7bFlo
以前>>33をつぶやいていた事を思い出し提督が許可を出す
42 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 21:07:36.03 ID:Exc2vNMi0
提督「そうだな…暁の為に少しメニューを変えてくれたりしてるじゃないか。あれは凄く助かっている」


龍驤「ウチらの分を作るのだけでも大変やのに、特別に作ってくれるのはほんまに有り難いで」


間宮「それが私の仕事ですから…」


提督「他にもあるぞ、伊14の禁酒を手伝ったりしてくれたじゃないか」


龍驤「禁酒って言うんやったら隼鷹もやろ?」


提督「そうだったな」


龍驤「皆んな間宮には感謝してんねん。何も落ち込むことは無いんやで?」


間宮「はい……」
43 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 21:09:37.80 ID:Exc2vNMi0
龍驤「それにウチも何回も助けてもらってるやん。一人で料理を作るのは危ないからっていうて、休憩してるのに付き合わせたこともある」


間宮「あれは龍驤さんが心配でしたから…」


提督「そういう心遣いが有り難いんだ。ここには間宮が居なくちゃいけない」


龍驤「頼りにしてるんやで?」


間宮「ありがとうございます…」


ガンビアベイ(表情が少し明るくなった…)
44 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 21:12:35.34 ID:Exc2vNMi0
ガンビアベイ(アイオワさん、ここは龍驤さん達に任せておいた方が良さそうですよ)


アイオワ(そうかもしれないわね)


ガンビアベイ(どうせここに居てもアイオワさんはハッピーを連呼するしか無いじゃないですか)


アイオワ(貴女…言うわね……)


ガンビアベイ(私達は静かに去りましょう)


アイオワ(下手な事は言わない方がいい…ね)


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったこと
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 21:15:22.82 ID:HPgu2qYAO
ガンビア・ベイがアイオワの自室にお邪魔することに
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 21:17:05.37 ID:1fwBGJhro
皐月あらわる
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 21:17:09.86 ID:SMIuKxEBo
ベイちゃん、ガンちゃん、アイオワちゃんでだべる
48 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 21:38:50.81 ID:Exc2vNMi0
ーーガングートの部屋


アイオワ「ガングート!調子はどう?」


ガングート「順調だ」


ガンビアベイ「もうすぐお腹の中に居るのが分かるんですよね?」


ガングート「そうらしいが検査はしない」


アイオワ「どうして?」


ガングート「双子が中にいるんだ。艦娘ならすぐに大きくなる」


ガンビアベイ「そっか、それなら検査をしなくても大丈夫ですね」
49 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 21:41:45.59 ID:Exc2vNMi0
アイオワ「体調に変化はない?」


ガンビアベイ「つわりとか辛いって聞きますよ?」


ガングート「そうらしいな……」


アイオワ「困った時は先輩に聞くのが一番じゃない?」


ガングート「……」


アイオワ「ワッツ?」


ガンビアベイ「アイオワさんはまだ知らなかったんですね…」


アイオワ「ここの知り合いの艦娘がママになったって聞いたわよ?」


ガングート「…お前から話した方がいいだろう」


ガンビアベイ「はい……」


下1〜3高コンマ 五月雨達の話を聞いたアイオワの反応などを
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 21:47:16.29 ID:/e0px8ZmO
向こうのadmiralがやらかした事はともかくとして…島風って娘はアンハッピーじゃないの?
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 21:49:43.16 ID:x3z2COsOo
ちょっと事情が特殊すぎるわね…と
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 21:51:06.76 ID:ZkY55Ef9O
会いに行くわ
53 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 21:56:33.90 ID:Exc2vNMi0
ーー


アイオワ「ミーが会いに行ってくるわ」


ガンビアベイ「無理です!この鎮守府には接近禁止が出てるんです!」


アイオワ「それは鎮守府に対してよね?最近来たミーはまだその中に含まれていないはずよ」


ガンビアベイ「これ以上ことを荒げるのは朝潮ちゃんの為にはなりません!」


アイオワ「止めないで。どうしても直接話を聞きたいの」


ガングート「アイオワが行った所で揉め事は起こらないだろう」


ガンビアベイ「でも……」


アイオワ「貴女達はミーを止めた。それでいいのよ」
54 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 21:58:15.92 ID:Exc2vNMi0
ーー島風提督の鎮守府


アイオワ「ここがその鎮守府なのね」


アイオワ「朝潮を苦しめた事をどう思っているのか、今なにを思っているのかを直接聞きたい」


アイオワ「ミーの行為に意味があるかは別。私がそうしたかったからなのよ」


アイオワ「親になる資格がないというなら…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/16(土) 22:00:05.10 ID:unovyyFDO
島風鎮守府はホラー映画状態になっていた
なんのホラーかは…
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:00:53.77 ID:x3z2COsOo
なんかさみだれは夢の中で朝潮と勝負するようになってて五分五分の戦績
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:01:18.23 ID:/VPF2/hP0
楽しそうなさみだれを肩車しているにこやかな五月雨を肩車するS提督を肩車する武蔵を遠目に発見する


58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:03:07.50 ID:1YlngsAs0
摩耶「そこのあやしいやつ!名前と所属を言え!」
59 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 22:06:17.34 ID:1c7IttMSO
すいません安価の出し方を失敗しました


再安価 下1〜3高コンマ 鎮守府の状況や島風提督達の様子などを
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/16(土) 22:08:30.37 ID:1fwBGJhro
朝潮が五月雨やさみだれを惨殺する様子を夢に見るようになった島風提督
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:10:14.65 ID:1YlngsAs0
さみだれが産まれた日から元気のない大鳳をどうしようか思案中
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:10:27.57 ID:6ID7KedM0
五月雨と島風提督は無理心中していた
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:10:34.68 ID:x3z2COsOo
夢に朝潮が出てくるのが治らず心配している提督五月雨と、朝潮とコミュニケーションをとろうとしてるさみだれ
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:11:13.09 ID:3RVx1QkNo
島風が応対に出てきた
アイオワは素直にいってしまい足りないもの鎮守府から来たことがバレる
帰った方がいいよと静かだが有無を言わさない表情で告げる島風
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/16(土) 22:11:17.18 ID:unovyyFDO
>>55
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:11:31.43 ID:ZkY55Ef9O
流石に即死安価放り込んでくるのは草生える
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:12:57.23 ID:/e0px8ZmO
大鳳よりもっと深刻な問題が転がっていると思うんだけど
68 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 22:19:05.60 ID:1c7IttMSO
ーー


アイオワ「なるほど、大鳳を元気付けようとしてるのね」


大淀「さみだれちゃんが産まれてから元気が無いんです…」


アイオワ「よーく分かったわ。ここの人達は見てみない振りをしているのね」


大淀「何が…ですか?」


アイオワ「朝潮」


大淀「う…うぅぅぅぅ……」


アイオワ「余計な事は考えようとしないって所?」


大淀「仕方ないじゃないですか!その話はこの鎮守府では禁句なんです!」


アイオワ「ある意味ハッピーな人達なのね」
69 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 22:22:14.45 ID:1c7IttMSO
大淀「本当は貴女を応接室にあげるのも無理なんですよ!?」


アイオワ「そんなのミーには関係ないわ」スッ


大淀「どうなっても知りませんよ!!」


アイオワ「ミーはAdmiralの鎮守府の艦娘としてでは無く、アイオワとしてここに来てるの」


アイオワ「書類がどうなっているかは分からないけど、まだ受理されていないならミーはまだ鎮守府所属になってない」


アイオワ「ここのAdmiralに直接話を聞きましょう。一人の艦娘を殺した事をどう思っているのか…」


下1〜3高コンマ 島風提督や五月雨の反応や台詞などを
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:24:16.48 ID:6ID7KedM0
五月雨「夢の中で何度も殺されて…私は衰弱しきってるわ」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:24:51.96 ID:1fwBGJhro
>>60
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:24:56.24 ID:FOiUy3LJ0
眠るたびに悲鳴を上げて跳ね起きるさみだれへの対応に追われていてそれどころではなかった
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:25:05.76 ID:ZkY55Ef9O
帰れと言う五月雨と話をしようと言う島風提督
過去の事はどうやっても償えない、だが守るものがある以上朝潮に殺されてやる訳には行かなかったと話す
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:25:19.24 ID:RkQAJpokO
五月雨
こちらからあなたにする話はありません
即刻帰らなければ接近禁止を破ったと大本営に通達します
75 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 22:37:35.58 ID:SHICpfgC0
ーー執務室


アイオワ「お邪魔するわよ」ガチャ


五月雨「あれ?どちら様ですか?」


島風提督「まさかまたドロップか?」


さみだれ「おっぱいでっかい!」


アイオワ「随分と楽しそうな執務室ね」


島風提督「なんだ……?」


五月雨「お客さんですか?そういえばさっき応接室に誰か来てたような…」


さみだれ「背もおっきい!すごーい!」
76 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 22:40:18.56 ID:SHICpfgC0
アイオワ「貴女達に話があるのよ。朝潮…」


島風提督「やめろ!!その話はするな!!」


五月雨「テメェ…あの鎮守府から来やがったのか」


アイオワ「一人の艦娘を殺しておいて、随分と…」


島風提督「やめろやめろやめろぉ!!あぁぁぁ!!」


五月雨「この事は大本営に報告するからな。ザマァみやがれ」


アイオワ「あいにくミーの所属はまだ鎮守府に無いのよ?」


五月雨「チッ……」


さみだれ「え?ええ?」キョロキョロ
77 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 22:43:43.15 ID:SHICpfgC0
島風提督「夢の中でアイツが……!五月雨とさみだれを…!!」


アイオワ「夢で済むだけハッピーじゃない。現実では朝潮はアンハッピーなことになったのよ」


五月雨「やめろ!無理矢理にでも黙らすぞクズ!」


アイオワ「やれるものならやってみたらいいわ!」


五月雨「クソ戦艦が……!!」


さみだれ「おかあさん……?」


五月雨「……武蔵!!!!コイツを消せ!!」


アイオワ「!!」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:44:51.76 ID:x3z2COsOo
武蔵がバァンと入ってくるが五月雨が乱暴しちゃだめだよと言うと止める
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:46:20.62 ID:3RVx1QkNo
壁壊して映画みたいにルームインした武蔵とがっつり組み合うアイオワ
島風提督が苦しんでいるのを介抱する五月雨
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:46:36.32 ID:/e0px8ZmO
>>78は多分さみだれの間違いかな?
安価なら某バーサーカーよろしく執務室をぶっ壊しながら武蔵が上から降ってくる
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:46:42.96 ID:ZkY55Ef9O
>>78
これはさみだれかな?
+で取り返しのつかない事をしてしまったことはわかっている、だが俺は殺されれば良かったのかと提督が話す
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:47:47.26 ID:x3z2COsOo
さみだれです…
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:48:35.27 ID:FOiUy3LJ0
流石に敗北するアイオワ追い返される前に島風提督からここ数日のさみだれの首元の写真を見せる
さみだれが悪夢を見るようになってから首元に痣ができ始め
日々を追うごとに少しずつ色が濃くなってきている と
84 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 22:54:16.59 ID:SHICpfgC0
武蔵「てきか!!」バァンッ


五月雨「このクソ戦艦が敵だ!!」


アイオワ「この戦艦の強さは何…!オーラみたいなのが溢れてる…!」


武蔵「かくごしろ!」


さみだれ「だめだよ武蔵ちゃん!」


五月雨「なに言ってやがるさみだれ!」


さみだれ「武蔵ちゃん暴れちゃだめ!」


武蔵「あばれたらだめなんだな、わかったぞ」
85 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 22:56:45.72 ID:SHICpfgC0
五月雨「武蔵!俺の言うことを聞け!」


さみだれ「おかあさんは静かにして!」


アイオワ「どういうこと…?」


さみだれ「おとうさん!朝潮ちゃんって誰なの!?」


島風提督「やめてくれ!もう忘れたいんだ!」


さみだれ「それって忘れていいことなの!?」


島風提督「忘れなきゃ俺は生きていけない!」


さみだれ「なんでそんなこと言うの!朝潮ちゃんは…」


島風提督「やめろ!やめてくれぇ!!」
86 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 22:58:49.54 ID:SHICpfgC0
随分と都合が良いんですね


島風提督「ひぃ!?」


忘れられるものならどうぞ忘れてください


島風提督「あ…が……っ!」


アイオワ「なに?どうしたの?」


五月雨「まさか……」


私は貴方にされたことは一度だって忘れたことはありませんよ


島風提督「来るな!こっちに来るなぁ!!」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:01:10.14 ID:3RVx1QkNo
怨潮ちゃん……
88 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 23:01:35.67 ID:SHICpfgC0
呪ってやる


島風提督「ひ……!」


お前も五月雨も子どもも。全員呪ってやる


島風提督「やめてくれ……!」


アイオワ「見えていないものに怯えている?」


五月雨「目を瞑れ!そうすればなにも見えねぇ!」


武蔵「このすけたのはなんだ…?」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:04:24.73 ID:KzyWvw0d0
霊体でも接近禁止ですよ
90 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 23:05:09.53 ID:SHICpfgC0
お前達が忘れようが呪ってやる


島風提督「やめてくれ……頼む…!」


地獄の炎は永遠の苦しみなんです。それをお前達にも味あわせてやりますから


島風提督「ぐぁぁぁ……!」フラフラ


五月雨「おいそっちは…!」


アイオワ「窓に近づいてる!?」


さみだれ「おとうさん!?」


お前に生きる価値はありません


島風提督「うわぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:06:31.00 ID:6ID7KedM0
島風提督が五月雨さみだれ共々ナイフで一突き、自身も首を裂いて死ぬ
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:07:29.23 ID:ZkY55Ef9O
島風が窓に近づく提督を止める

で、安価はありなの?手元にナイフはないけど
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:07:49.48 ID:3RVx1QkNo
五月雨とさみだれが必死にひっぱって止める
五月雨「これでわかっただろ!?もう帰ってくれ!!」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:08:02.74 ID:1fwBGJhro
死んではいけない!
と武蔵が島風提督を押さえつける
心なしか言葉がしっかりしていた
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:08:59.89 ID:KzyWvw0d0
もう負け確じゃないですかwwネタに走ろう

アイオワが謎の必殺技ハッピー成仏で全てを救う
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/16(土) 23:09:16.15 ID:unovyyFDO
その状況を見ていた2人
大元の朝潮の魂は彼岸で八島と一緒に現世を眺めていた
分離した怨念が一人歩きしていて放っておいたらもっと酷い事になる、それを何とかしたい朝潮
島風提督は植え込みに落ち骨折だけで済んだ
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:09:21.07 ID:x3z2COsOo
展開無視して即死させる安価は無理でしょ
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:10:08.87 ID:/e0px8ZmO
変改行の人もう追放でいいんじゃないかな
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:13:21.51 ID:1fwBGJhro
乱暴は武蔵阻止するんじゃね?
100 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 23:14:16.10 ID:SHICpfgC0
五月雨「死なせるかよ…!!」ガバッ


島風提督「来る…な……!!」ヒュッ


ドスッ


五月雨「……」


アイオワ「彼の動きが止まった?」


さみだれ「おとうさん!」


島風提督「あ…あぁぁ………?」


五月雨「が…………」ドロッ


アイオワ「五月雨にナイフが……」


武蔵「きゅうしょにささってるぞ」
101 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 23:18:01.41 ID:1c7IttMSO
五月雨「お前……なんで…こんなもん……持ってんだ…よ………」


私を殺す為の護身用だそうですよ


五月雨「あぁ……!?」


先に貴女がこっちに来るみたいですね


五月雨「ふざ…けん……な…」


ふざけてませんよ


五月雨「俺は…さみだれと……コイツを…」


幸せな家庭なんて築けるはずありません。私を殺したんですよ?


五月雨「お前は……自殺したんだ…ろ………」


させたのはお前達です
102 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 23:19:48.44 ID:1c7IttMSO
五月雨「こんなところで…死んで……」


残念ですがもう手遅れかと


五月雨「ふざ…け……」


なぜ貴女と私が会話できてると思いますか?


五月雨「あぁ……?」


そこに転がってるのは何でしょう?


五月雨「なに…って………」


五月雨「」


五月雨「はぁ…?」
103 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 23:22:40.47 ID:1c7IttMSO
貴女の魂は地獄へ連れて行きます


五月雨『おい…やめろ……!』


やめろ……?私が売られた時は止めなかったじゃないですか


五月雨『ぐ……!』


この先は地獄でやりましょう。貴女には死だけではまだまだ足りませんからね


五月雨『離…せ……!』


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:22:48.57 ID:sGFIyWw1O
刺すところから島風提督の見た夢
目覚めたら窓から落ちて怪我をして医務室で寝ていた
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:22:55.51 ID:OvNesFO2O
知識のあった大鳳による救命処置の後、病院に搬送されて二人は一命をとりとめる
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:23:12.17 ID:x3z2COsOo
>>105
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:23:41.40 ID:3RVx1QkNo
八島の部屋にて(S朝潮に対し)
このままでいいの?彼らを連れてくるのならもう戻れないよ
命の話じゃないよ、物語の立ち位置の話だよ
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:23:45.92 ID:1fwBGJhro
モチヅキの見た夢
ああこりゃヤバイネ…
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:24:25.14 ID:FOiUy3LJ0
自分の受けたを延々と与え続ける朝潮と泣きじゃくりながらやめてくれと泣き叫ぶ五月雨
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:24:27.55 ID:afsBsZbd0
漣は五月雨の精神世界に入れるんだっけ?

無理だったら安価上
可能だったら2人とも病院搬送
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:25:04.93 ID:JGjVecYy0
即死安価出す奴も出す奴だが、夢オチ安価出す奴も出す奴だな
都合が悪い事全部夢オチで無かった事にするのはクソ過ぎるぞ
3回目は流石にしつこいわ
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:25:24.09 ID:1YlngsAs0
複数の赤ちゃん(浜風の水子)によって引き離される五月雨とS朝潮
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:25:31.92 ID:p5HtpiUYO
いいやん
糞安価には糞安価で返してやれ
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:26:01.70 ID:x3z2COsOo
>>111
提督は五月雨さみだれが殺される夢を見るようになってるって安価はあったから特におかしくないと思うけど?
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:26:32.87 ID:zGbY4e0do
先にやられたんで
>>91はもう一回書き込んでみ?できるならな
116 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 23:31:24.88 ID:1c7IttMSO
ーー病院


島風提督「はっ!?」


島風提督「ど……どこから夢なんだ…?」


五月雨「お前が窓から落ちたのは現実だぜ」


島風提督「五月雨…!!」


五月雨「自殺にしちゃあお粗末だな。二階から飛び降りても死ねる訳がねぇ」


島風提督「お前が生きてくれているなら…!」


五月雨「…またあの夢か」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:32:01.95 ID:afsBsZbd0
他スレで例えるのあれだけどもうどっかのラ!安価SSみたいに希望勢と絶望勢分けたらいいんじゃないかな
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:34:24.05 ID:3RVx1QkNo
(すーぐ助けて八島さんするより滑らかに進んだな…反省)
119 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 23:37:50.20 ID:SHICpfgC0
五月雨「今日はどんなだ?」


島風提督「錯乱した俺がナイスを振り回して…お前を殺すんだ…」


五月雨「とうとうお前が殺しやがったか」


島風提督「その後…朝潮がお前の魂を地獄に……」


五月雨「もういい。お前が見たのはただの夢だ」


島風提督「そう…だよな」


五月雨「幻覚に幻聴を聞いただけだ。何も気にすんな」
120 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 23:40:27.79 ID:SHICpfgC0
ドスッドスッドスッ


武蔵「いきてたか」ガラッ


五月雨「お前は帰れ。呼んでねぇんだよ」


武蔵「すこしきになってききにきた」


島風提督「なにをだ…?」


武蔵「あのすけたかんむすはなんだ?」


五月雨「透けた?」


武蔵「まどからおちかけたていとくをつきおとしたやつだ」


島風提督「…!!」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:41:19.49 ID:1YlngsAs0
武蔵漢字使えなくなったのか……?
122 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 23:42:57.11 ID:SHICpfgC0
武蔵「あれはなんなんだ?」


五月雨「…気にすんなよ」


島風提督「……」


武蔵「…?」


五月雨「何も起こっちゃいねぇ。お前は事故で窓から落ちただけだ」


島風提督「……」


五月雨「何も無かったんだよ……!!」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/16(土) 23:43:10.84 ID:unovyyFDO
その状況を彼岸で見ていた朝潮と八島
分離した怨念が一人歩きしていて放っておけばいずれ誰彼構わずになると八島
それを何とかしたい朝潮が現世に向かおうとする
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:43:15.47 ID:zGbY4e0do
朝潮の事を聞きたがるさみだれ
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:44:04.33 ID:OvNesFO2O
>>123
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:45:32.07 ID:1YlngsAs0
島風提督が入院中に指揮をとる人として、前に五月雨にサンドバッグにされた後任提督が来る
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:45:34.52 ID:3RVx1QkNo
アイオワ、島風提督鎮守府で聞き込み
邪険にされるが一応朝潮の幻影がそこかしこに現れていることを知る
帰って提督に報告
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:48:34.56 ID:3RVx1QkNo
>>121
ひらがなだけが通常モードというかそんな感じ
雑すまん
129 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 23:52:53.98 ID:SHICpfgC0
ーーーー

「見た?」


S朝潮『あれが私……』


「貴女の怨念が一人歩きしているの」


S朝潮『殺してしまえばあいつらと同じになってしまうのに…』


「あの三人で済めばいいけど、放っておけばその内誰彼構わずやり始めるよ」


S朝潮『そんなのは望んでいないのに……』


「貴女が強く不幸を願った結果だから仕方ないよ」


S朝潮『当然です!!なぜアイツらが幸せにならないといけないんですか!』


「負の感情はあの怨念を育てるよ」


S朝潮『……』
130 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/16(土) 23:58:21.95 ID:SHICpfgC0
「あれを止められるのは貴女。自分自身だけ」


S朝潮『なら私が現世に戻って!』


「簡単にできると思う?貴女をここに連れてくるだけで結構大変だったんだよ?」


S朝潮『ありがとうございますハ島…』


「その名前はまだ呼んじゃだめ」


S朝潮『…失礼しました』


「こっちもどうにかしてあげたいけど、そんな簡単に生き返せないし、一つ前例ができると調子に乗ってポンポンやっちゃうからね」


S朝潮『何の話を…?』


「いい?わざわざここに引っ張り出してきたんだから、飛びっ切りのをお願いね」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 23:59:58.31 ID:zGbY4e0do
怨霊も島風提督家族も読んでお説教
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:01:03.14 ID:zINMNdRlo
夕張の烏が山雲に羽を返す
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:01:50.36 ID:UhyM/vSL0
夢に介入して安心させる
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:03:02.37 ID:mh6PMboIO
からっぽになった綾波に朝潮インストール
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/17(日) 00:03:45.77 ID:leuOkULDO
なるほど…やっぱり幽霊状態では出番は与えられないか…映画のゴースト的な
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:03:56.13 ID:hJwoQQWto
島風提督と五月雨に
私をなかったことにするのは許さない、貴方達が私を忘れて幸せになるのは許さない…足りないもの鎮守府にある私の遺灰に参って下さい、今はそれで怨霊の方を抑えてあげます
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:04:32.90 ID:+xklzF5m0
無かったことにする安価が始まったのいつだったかと思ったら最初のスレの龍驤が提督死んじゃう悪夢を見たやつだったか?
イッチいわく夢落ちだからもう何でもいいや的な感じだったみたいだが

そう考えると夢落ちありきの死亡安価が飛び交うのはわりとイッチの自業自得と言われても仕方ない気がしてきた
138 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 00:09:43.70 ID:W409ZFs70
「あいつらの夢に介入して安心させるのはどう?」


S朝潮『それは無理です』


「だよねぇ…」


S朝潮『殺してしまうのはいただけませんが、あの男達が不幸になるならこれ以上の幸せはありません』


「あんたも怨念なんじゃないの…?」


S朝潮『貴女が私をここに連れて来たんですよね?』


「そうなんだよねぇ……」
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:11:19.55 ID:cEMHlrswO
彼岸とか死後の世界とか登場させるの個人的には気に入らないなぁ
一気に死が安っぽくなる
140 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 00:13:34.97 ID:W409ZFs70
「…もう一回だけ聞いてみる?」


S朝潮『だから誰にですか?』


「いいよね、一回だけって言ってないもんね」


S朝潮『あの……』


「じゃあもう一回!お願いしよっかな!」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:13:35.48 ID:hJwoQQWto
LIGTH-CHAOS的な
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:14:07.14 ID:zINMNdRlo
>>132
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/17(日) 00:14:36.43 ID:leuOkULDO
生き返らなくてもいいので何とか私を現世に送ってください
怨霊には幽霊です、私が倒してきます
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:15:31.99 ID:fqpBeOXc0
>>109
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:16:15.64 ID:hJwoQQWto
ごめん
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:16:34.27 ID:390PZZqbO
>>143
それができないから聞いてるんでしょーに
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:17:40.26 ID:cNSuxOxco
朝潮の目的を達成するための安価だよ?
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:18:33.87 ID:7Y+rZhZr0
八島「あの提督がこの事を知ったらS朝潮のことをどう思うだろうね?」
S朝潮が日進の夢枕に立って、怨霊のお祓いをお願いしてもらうことを提案
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/17(日) 00:19:35.34 ID:leuOkULDO
>>146
そこを何とか…いやごめん無理なものは無理だよね
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:19:53.42 ID:mh6PMboIO
>>144
それをやるのと怨霊を止めるのになんの関係が…?
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:20:53.78 ID:EXkivK4OO
頭武蔵しかいないのかよこの体たらくはよ
152 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 00:21:01.14 ID:W409ZFs70
ややこしいので再安価

下1〜3高コンマ お願いします
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:21:13.80 ID:aBr04fgi0
>>148
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:21:27.78 ID:mh6PMboIO
一度だけ日進の枕元に立ってお祓いをお願いする
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:21:34.43 ID:zINMNdRlo
>>132
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:24:12.61 ID:WvvD/C+aO
朝潮が現世に行けないならこっちに来てもらおうって感じ?
後、怨霊を止められるかどうかはS朝潮次第かな?
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:24:49.82 ID:fqpBeOXc0
微妙にズレた安価出してしまった手前こんな事言うのも恥ずかしいが、
>>139も言う通り死後の世界とか死者の亡霊、幻影とか安易に出すものじゃないわ。ドラゴンボールもかくやと死が軽くなる
どうかこれっきりにして欲しいところ
158 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 00:28:03.97 ID:W409ZFs70
「あの提督がこの事を知ったら朝潮のことをどう思うだろうね?」


S朝潮『それは……』


「あの怨念はこっち側からじゃもう止められないレベルになってる」


S朝潮『どうしようもできないんですか?』


「こっちで無理なら向こうでどうにかしてもらうしかないでしょ?」


S朝潮『……?』
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:31:30.84 ID:+xklzF5m0
すでに突然の死亡安価が飛び交い八島さんを引っ張り出してる時点で死が安直になるもくそもないよ
安価下
160 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 00:31:56.06 ID:W409ZFs70
ーーーー

S朝潮『貴女にお願いがあります』


S朝潮『今から伝える鎮守府でお祓いをして欲しいんです』


S朝潮『その鎮守府には怨念がいます』


S朝潮『貴女ならそれを祓えます』


S朝潮『どうか…よろしくお願いします』


ーーーー
161 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 00:34:02.67 ID:W409ZFs70
ーー


日進「なんじゃあ今日の夢は……」


日進「あんなけったいな夢は初めてじゃ……」


日進「とりあえず服を着て…」ゴソゴソ


日進「うぅむ……あれだけはっきりと住所を言われると気になるのぉ…」


日進「調べるだけ…調べてみるかえ……」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:35:52.73 ID:aOo73AdK0
すぐに除霊せねば危険とみなし
すぐさま除霊を行うも怨念があまりに強力すぎて失敗に終わる 
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:35:53.96 ID:9Q6oyunQO
島風提督の鎮守府を訪ね、禍々しい気配を感じる日進
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:36:43.54 ID:fqpBeOXc0
日進到着時点で島風提督、五月雨以下鎮守府メンバーはいずれも怨霊の影響で心身ともに重傷
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:36:56.63 ID:hJwoQQWto
色々調べて感付いた日進、先に足りないもの鎮守府の方に事情を相談
(日進くん君寝るとき素っ裸かい…?)
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:37:15.07 ID:zINMNdRlo
島風提督鎮守府でヒトガタを作って海に流しお祓いをする日進
武蔵には透明な深海日棲姫が島風提督達から何かを抜き取るビジョンが見えた
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:41:52.81 ID:7Y+rZhZr0
●REC
168 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 00:43:45.68 ID:W409ZFs70
ーー


日進「なんじゃあこの雰囲気は……」


日進「ここまで禍々しい気配はそうそう無い…」


日進「よっぽどの因果が……何をしたらこうなるんじゃ…」


日進「中に入るのも重い…こんな空気の中よく生活できるの…」


日進「道具を一式持ってきてよかったけ…」
169 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 00:48:24.35 ID:W409ZFs70
ーー執務室


五月雨「大本営からの艦娘が何の用だ?」


日進「わしは艦娘の死についての仕事をしておる」


五月雨「それがどうしたっていうんだよ」


日進「この鎮守府には怨念がついとる。それも相当なものじゃけ」


日進「今祓っておかんと大変なことになる。許可がもらえるなら今からでも始めるけ」


五月雨「安価」


下1〜3高コンマ 五月雨の台詞や行動などを
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:49:21.45 ID:UhyM/vSL0
それがいなくなれば…苦しまずに済むなら
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:49:26.95 ID:mh6PMboIO
…どうか頼む
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:50:03.13 ID:hJwoQQWto
誰から聞いたァ!またあいつらか、そうなんだな?!
掴みかかる五月雨
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:50:11.49 ID:9Nr50wKdO
さみだれと提督だけは…どうか
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:50:12.38 ID:aOo73AdK0
無駄だよ 多分あいつはあたしら家族が死ぬまで悪夢を見せ続けるだろうさ……
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:50:12.96 ID:+xklzF5m0
目を逸らしつつ

何だか知らねえが気になるなら好きにしろよ
あとは知らねえ
176 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 01:00:16.53 ID:W409ZFs70
五月雨「…どうか頼む」


日進「分かった、わしの全てを賭けてこの因果を祓うけ」


五月雨「そこまでのものなのか……」


日進「よく正気を保ててると感心できるくらいじゃ」


五月雨「……」


日進「わしに任せとけばええ。もう安心じゃけえの」


ーー
177 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 01:01:12.56 ID:W409ZFs70
日進は下も濃くて真っ裸就寝派です


コメントなどあればお願いします
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 01:02:58.03 ID:9Nr50wKdO

なんつー事を言い出すんじゃお主
まあbob艦は濃いの多そうだけど
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 01:03:34.68 ID:hXZxSv95O

どうかいい結果に終わりますように
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 01:07:08.39 ID:cNSuxOxco

ちゃんと毛が生えてるのすき
思考停止無毛はすきじゃない
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 01:09:40.29 ID:hJwoQQWto
長時間おっつ
まずねえ、今日一番被害(しかも流れ弾で)を受けた日進ちゃん、つよく生きて
間宮さんはどこの人もある程度は有能なイメージ
朝潮ちゃんの忘れ形見を良好に着陸させればガンちゃんの子方面でも良い影響出せそうだが…
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/17(日) 01:09:43.67 ID:leuOkULDO
お疲れ様でした
あっはい

にしても都合よく除霊出来そうな日進が登場していたのは運命だったのだろうか
死者視点ならその無情感を出すとかは可能かな、例えばよくある誰からも認識されないとか
生者視点でならホラー展開も出来るし、ただ解決可能なのがほとんど居ないから今回みたいな事に…
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 01:16:02.99 ID:7Y+rZhZr0

●REC●REC●REC●REC<台数増やしましたぁ!
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 01:25:36.92 ID:pWe38gIjO
お疲れ様でした
日進が死とか除霊担当ってしっくり来ちゃう感すごいよね
深海の姿がメ○テンにいそうとかそういうつながりかね
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 03:11:13.53 ID:tZNaG4xXo
争いって同じレベルの者同士でしか発生しないって有名なAAあるけど今回のレスバトルでつくづく思ったわ
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 05:43:24.95 ID:qr22w7LQ0
起き抜けで読んだが……普段通りの誤字なのは分かるがナイス振り回すでもうウルトラマンナイス振り回す画面になって爆笑禁じ得ずww
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 10:15:32.69 ID:/4Zvbl/R0
今回のMVP
「ナイス振り回す」と「頭武蔵」
もうひらがなしかしゃべれないねぇ…
188 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 20:24:04.88 ID:W409ZFs70
ーー


日進「わしは艦娘を弔うだけやのうて、悪いもんを祓う仕事もしとる」


日進「これは大本営は関係ない。わし個人でやっとることじゃ」


日進「なんでわしがこんなことができるのかは知らん。じゃができる以上わしがせんといかんと思っとる」


日進「わしは戦いでは力になれん。じゃからこうやって力になれることが嬉しいんじゃ」


日進「これからそういうことがあったらわしを頼ってくれたらええけ」
189 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 20:29:29.05 ID:W409ZFs70
日進「今日ここに来たのは報告も兼ねてなんじゃ」


日進「わしはある鎮守府で悪意のあるもんを祓ってきた。それは強くて歪んが感情が基になっとったんじゃ」


日進「それを祓うことには成功した。しかしあの様子じゃとその内また悪いもんが悪さをするやろうね」


日進「お主らはその悪いもんの正体は分かっとるやろ?」


提督「……」


龍驤「朝潮が……」


日進「あれはもう朝潮とは呼べん。因果そのものじゃった」


日進「あんなもんに取り憑かれたら例え因果を祓ってもいいことは起こらんじゃろ」
190 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 20:33:07.70 ID:W409ZFs70
提督「…お前は朝潮が怨霊になったと知らせに来ただけか?」


日進「違う。怨霊にはなっとらん」


龍驤「どういうこと…?」


日進「わしにその鎮守府を祓えというて来たのは朝潮なんじゃ」


提督「…意味が分からない」


日進「朝潮の骨と灰は持っとるね?」


龍驤「勿論大事に置いてあるよ」


日進「少し確認させて欲しいことがあるんじゃ」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 20:34:08.80 ID:08LN/BMeO
いろいろ悩んだ結果ちゃんと墓へ謝罪しに行くことを決めた島風提督
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 20:34:56.32 ID:UhyM/vSL0
灰が黒くなってないから朝潮自身とは無関係とわかる
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 20:35:26.06 ID:oy5pdBRuO
霊気に溢れている
まるで何かの誕生に備えているかのように
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 20:35:58.11 ID:7Y+rZhZr0
>>191
S朝潮の墓は作っていないよ
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 20:37:09.65 ID:hJwoQQWto
ここにはなにもおらんな…
やっぱり墓というか朝潮がここにきちんと眠っとるっていう標しは作った方がええな、こういうのは生きとるもんの認識の問題じゃき
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 20:37:54.66 ID:08LN/BMeO
あ、そうだっけ
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 20:43:02.84 ID:cNSuxOxco
島風提督視点だと墓が存在しないことを知らないんじゃないかな
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/17(日) 20:52:16.80 ID:leuOkULDO
ところで祓うというのは消滅させたという認識でいいのかな
199 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 20:54:37.48 ID:W409ZFs70
ーー

憲兵「何をしに来た」


島風提督「朝潮の墓に……謝りに来たんだ…」


憲兵「ここは墓地じゃないぞ」


島風提督「分かっているが…」


憲兵「ならとっとと帰れ」


島風提督「調べても分からなかったんだ…俺は朝潮に謝りたくて……」


憲兵「接近禁止を一方的に叩きつけてきたのはそっちだろう。随分と都合が良いんだな」
200 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 21:04:37.75 ID:W409ZFs70
島風提督「そうしないと俺と五月雨は…」


憲兵「俺の知ったことか。とっとと帰れ」


島風提督「頼む…朝潮の墓はどこにあるかを……」


憲兵「それ以上近付くな。どうなるかは分かってるな?」


島風提督「頼む……」


憲兵「自分のやったことを後悔するんだな」


島風提督「……」トボトボ


憲兵「朝潮の墓は無い事はアイツらは知らせる必要は無いからな」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:06:23.03 ID:UhyM/vSL0
島風提督その後も悪夢を見続け精神病院で治療を続ける
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:06:39.89 ID:4hfQ3Nyx0
完全に心因性の問題でS朝潮の幻影に悩まされる様になる島風提督
幻影から逃れるために自傷行為を繰り返す
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:07:00.93 ID:cNSuxOxco
>>195
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:11:36.38 ID:zINMNdRlo
五月雨が大激怒
「お前が売ったのは朝潮だけじゃないだろうが。めちゃくちゃにされた全員分背負わなきゃいけねぇだろうが」
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/17(日) 21:13:48.24 ID:7Y+rZhZr0
埋葬、納骨は許可のある墓地でないと出来ないからそこら辺はこう、上手くいくと良いね
206 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 21:25:49.81 ID:W409ZFs70
ーー執務室


日進「ここにはなにもおらんな…やっぱり墓というか朝潮がここにきちんと眠っとるっていう標しは作った方がええ」


龍驤「そういうもんなん?」


日進「こういうのは生きとるもんの認識の問題じゃき」


提督「標しを作れば朝潮は救われるのか?」


日進「…それは分からん」


提督「なら作る必要は無いだろう」


日進「そう言わんと……なぁ?」
207 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 21:30:40.67 ID:W409ZFs70
龍驤「骨を入れたり墓にする必要は無いん?」


日進「ほうじゃ、木の板でもええ。これが朝潮の標しじゃって分かればええんじゃ」


龍驤「それやったらええんと違う?」


提督「……」


龍驤「あかんの…?」


提督「……」


日進「わしが標しを建てることはできる。じゃがお主がやった方がええ」


日進「思うことはあるのは分かっとる。朝潮の事で後悔があるならちゃんとやったるのはどうじゃ?」


提督「安価」


下1〜3高コンマ 提督の台詞や行動などを
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:32:45.66 ID:UhyM/vSL0
俺の中で区切りが付くまで出来ない
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:35:13.27 ID:08LN/BMeO
墓を作ると朝潮が助けられなかったことを自分自身が受け入れてしまうと思っていたんだ
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:36:33.77 ID:zINMNdRlo
時々考える事があるんだ
もしもあの時、朝潮を全て受け入れたら朝潮が死ぬ事はなかったんじゃないか
ここは、朝潮にとってももういたくない場所だから死を選んだんじゃないのか、と
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/17(日) 21:38:05.23 ID:leuOkULDO
生きている者の為の慰めなら俺には必要無い
だが皆がそうしろと言うのなら…
212 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 21:46:57.20 ID:W409ZFs70
提督「時々考える事があるんだ。もしもあの時、朝潮の全て受け入れたらあいつは死ぬ事はなかったんじゃないか…」


提督「ここは朝潮にとってももういたくない場所だから、死を選んだんじゃないのか……」


龍驤「それは無いで司令官。朝潮の遺書にはそんなこと書いてなかったやろ?」


提督「俺が朝潮を受け入れていれば……心の支えになってやれれば…」


日進「提督はずっとそれを気にしとったんじゃね」


提督「…朝潮は俺が殺したのかもしれないんだ」


龍驤「司令官…それは違うんやって……」
213 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 21:51:43.71 ID:W409ZFs70
日進「これはわしらがどうこう言うても解決せん。じゃから本人に聞くのが早いかもしれん」


龍驤「何を言うてんの?」


日進「ここに書いてあるもんを至急用意してくれん?」スッ


提督「なにをするつもりなんだ?」


日進「ここに朝潮を呼ぶんじゃ」


龍驤「呼ぶって……」


日進「わしに任せとき。なんとか頑張るけ」
214 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 21:55:29.06 ID:W409ZFs70
ーー


日進「〜〜〜〜」


龍驤「日進がイタコみたいなこともできるやなんてなぁ」


提督「朝潮に……合わせる顔が無い…」


龍驤「そんな事言うたらあかん」


日進「〜〜〜〜!」


龍驤「そもそも成功するんかな…うまくいくかどうかは半々やって言うとったけど」


提督「朝潮……」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:57:13.91 ID:naTT9O0rO
日進が用意した黒い球に朝潮の魂が宿る
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:57:51.15 ID:UhyM/vSL0
朝潮が語りかける 「これから私のような人が出ないためにしてください」
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:58:02.81 ID:cNSuxOxco
日進に降りてきたS朝潮が時間は少しだけですと前置きして
気に病まないでくださいここにいる間、私は救われましたと話す
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:59:12.37 ID:hJwoQQWto
日進:すまんの…掴めんかった…
提督:やっぱり朝潮は俺の事を…
日進:それは違うよ!
そういった悪い気があるならここも無事やないき(島風提督鎮守府の様子を詳しく説明)
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:59:34.06 ID:4hfQ3Nyx0
えぇ…そんな簡単に死人生き返らせちゃだめでしょ……
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:01:08.52 ID:08LN/BMeO
生き返っては無いんじゃない?
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:02:30.77 ID:7Y+rZhZr0
黒い玉って荒潮と日進ってつながりがあったのか
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:02:58.13 ID:zINMNdRlo
如月玉と同じ?
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/17(日) 22:03:26.03 ID:leuOkULDO
現世に行かせなかった理由もここにあるんだねきっと
動かせてしまうと復活の可能性が出るから
球から傀儡へととかで
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:06:00.66 ID:hJwoQQWto
富士再インスコとか傀儡に富士インストールも可能になってしま


あっメリットほぼないから大丈夫か
225 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 22:06:26.94 ID:W409ZFs70
日進「ううううううう〜〜〜〜!!」ガクッ


龍驤「失敗したんか!?」


日進「はぁぁぁ……はぁ……成功…した…」


提督「朝潮が…」


日進「この球に…朝潮の魂が……おる…け…」


龍驤「朝潮がそこにおるんやね」


日進「わしが……声を聞く…聞きたいことが…あるなら……今のうちじゃ…」
226 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 22:10:57.05 ID:W409ZFs70
龍驤「ほな司令官が…」


日進「早よう……して………時間は…限られとる………」


提督「朝潮……すまなかった」


提督「俺のせいで朝潮は死を選んでしまった」


提督「いくら謝ってももう遅いのは分かっている」


提督「だが…それでも謝らせてくれ」


提督「本当にすまなかった……こんな俺を許してくれ…」


日進「安価」


下1〜3高コンマ 日進(朝潮)の台詞などを
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:12:06.38 ID:H9cYbhKI0
何故謝られるのかわからない
貴方は、私に幸せを分けてくれました
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:12:29.03 ID:cNSuxOxco
>>217
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:12:55.96 ID:UhyM/vSL0
ほんの一瞬でも幸せでした
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:13:08.68 ID:hJwoQQWto
許すも何もないです

私は私が選んで死という結果になったんです
むしろ恨まれてしかるべきなんです…
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/17(日) 22:14:48.08 ID:leuOkULDO
司令官は悪くありません、私は自分を止める為にああするしかなかったんです
あのままだったらどうにかして脱獄してでも殺しに行っていました、邪魔する者を全て傷付けて…だから…そんな風に自分を責めないで…
232 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 22:22:20.58 ID:W409ZFs70
龍驤「朝潮はなんて言うてんの?」


日進「ほんの一瞬でも……幸せでした……」


日進「司令官は悪く…ありません……」


日進「私は……生きることに疲れたんです………」


提督「俺が朝潮を受け入れればそんな考えは無くなったんじゃないのか!?」


日進「司令官…は……龍驤さんを…幸せにしなければ…ならないんです……」


日進「龍驤さんを裏切る…なんて………許しま…せん……」
233 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 22:28:50.96 ID:W409ZFs70
日進「日進さんには…お世話をかけてしまいました……」


日進「私の怨念が……アイツらを殺そうと…してるんです……」


日進「あれは…私の負の感情……私ではもう…どうすることも……できません…」


日進「謝なければならないのは…私です………」


日進「アイツらが死ねばいい……と…まだ…思ってるんです………」


日進「また……迷惑をかけてしまうかも…しれません……」


日進「そうなったら…また……司令官とお話しができる……なんて…思ってしまうのは…いけませんよね………」
234 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 22:33:20.05 ID:W409ZFs70
日進「司令官…私は……………」


龍驤「日進?」


日進「う……うぅぅぅぅーーーー!!」ガクッ


提督「大丈夫か!?」


日進「ひ…ひっ…………」ビクビク


龍驤「もう限界やったんやね……」


提督「球も霞んでしまったな…」


日進「…………」


龍驤「気絶してしもうた…そこまで頑張ってくれたんや」


提督「医務室に運んで寝かせておこう」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:34:01.85 ID:08LN/BMeO
幻覚や幻聴に悩まされる事が無くなった島風鎮守府
せめてもの罪滅しで島風提督は犠牲にした艦娘達の墓を作って念仏を唱えるようになる

普段の指揮も尻に敷かれた状態から支配域の拡大と維持のために大本営に艦娘の派遣も依頼するように
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:36:57.57 ID:hJwoQQWto
龍驤:やっぱり朝潮はええ娘やったね…
提督:ああ、俺の、俺達の事を考えてくれているんだな…
骨や遺灰は持っておくが墓標は作ろうという事に
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:37:36.21 ID:4hfQ3Nyx0
>>202
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:37:38.47 ID:cNSuxOxco
>>236
目覚めた日進に感謝する提督
それとあの鎮守府には定期的に伺ってほしい、朝潮に朝潮自身が望まないことはさせたくないと話す
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/17(日) 22:38:08.82 ID:leuOkULDO
島風鎮守府から祓われ今は海を漂う朝潮の怨念
力を強める為に取り憑く先を探し始める
240 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 22:48:34.53 ID:W409ZFs70
ーー


島風提督「五月雨、大本営に頼んだ支援の件はどうなった?」


五月雨「申請が通れば派遣されてくんだろ。それよりお前は…」


島風提督「この後の出撃はこの艦隊で行ってきてくれ」スッ


五月雨「……わかったよ」


島風提督「宜しく頼む」
241 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 22:52:22.34 ID:W409ZFs70
ーー

さみだれ「お父さんなにしてるの?」


島風提督「せめてもの罪滅ぼしだ」


さみだれ「ほろぼすの?」


島風提督「そうじゃない。お前にも全てを話す時が来る」


さみだれ「んん…?」


島風提督(俺がしたことは覆らない。だな償うことはいくらでもできる)


島風提督(この墓標は俺が勝手に作ったものだ。ここに朝潮の骨が入っているわけではない)


島風提督(だがそれでも……俺は祈り続ける。意味の無い行動だとしても……)
242 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 22:56:52.70 ID:W409ZFs70
ーー足りないもの鎮守府、医務室


日進「はぁ、はぁ、はぁ……」


龍驤「日進の体調は良くならんみたいやね」


千歳「酷い発熱が続いてるの」


提督「口寄せの影響か…」


龍驤「一回あれをやるとこんな状態になってしまうんやね」


提督「それなのに日進は朝潮を呼んでくれたのか…」


千歳「どうしても提督に朝潮ちゃんの声を届けたかったのね」
243 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 22:58:50.16 ID:W409ZFs70
日進「うぅぅ……はぁ…はぁ……」


龍驤「熱が酷いだけで問題は無いんやね?」


千歳「意識もあるみたいだし、熱が高いだけよ」


提督「俺達の為にここまでしてくれたんだ。何か礼を考えておかないといけないな」


龍驤「早くよくなって欲しいわ…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 22:59:47.94 ID:UhyM/vSL0
タシュ「貸しを覚えてるかい?手伝ってほしいんだ」
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/17(日) 22:59:58.41 ID:leuOkULDO
島風鎮守府から祓われた怨念はもはや人類や世界を呪うものになっていた
力を付ける為に憑代を探し始める
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:00:25.32 ID:hJwoQQWto
服……あつい……ぬがせぇ……とうなされている日進
千歳、察して提督を退室させる
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:00:44.96 ID:cNSuxOxco
熱も下がって元気になった日進に全員で料理も振る舞って感謝する
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:01:24.68 ID:7Y+rZhZr0
黒潮「礼と言えば司令はん、まだ貸し返してもらってないな〜」
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:01:50.83 ID:cNSuxOxco
久しぶりにたしゅけんと
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:06:16.39 ID:naTT9O0rO
この展開でタシュケント?
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/17(日) 23:07:53.01 ID:leuOkULDO
貸し…あれか…
タシュの手伝いって非合法な予感しかしない…
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:12:35.11 ID:08LN/BMeO
漣はタシュが生きてますって提督に報告してたんだっけ?
253 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 23:14:34.40 ID:W409ZFs70
ーー

ピピピピピ…


漣「非通知……誰からでしょう。こういう電話は出ない方が得策ですな」


漣「でも…漣の個人的なケイタイの番号を知っている人といえば……」


漣「…出てみましょう」ピッ


タシュケント『やぁ久しぶり。覚えてる?』


漣「……ええ、覚えてます」


タシュケント『よかった、なら話は早いよ』
254 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 23:18:28.33 ID:W409ZFs70
漣「漣になにかありますか?」


タシュケント『貸してた借りを返して欲しいなって思ったんだ』


漣「……」


タシュケント『断ったらどうなるか、わかってるよね?」


漣「なにを……すれば宜しいんでしょう?」


タシュケント『えっとね…』


下1〜3高コンマ タシュケントの依頼などを
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:19:49.08 ID:cNSuxOxco
組織がこちらの技術を狙ってきたんだよ
知ってるだろう、あの組織さ
奴らと組んだ深海忍者には流石に手を焼いてるからどうにかして欲しいんだ
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:19:59.22 ID:7qENIIj+O
高速修復材が大量に必要なんだけどこっちで用意できる量でも足りないから、いくらか用意してほしい
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/17(日) 23:21:15.97 ID:leuOkULDO
>>256
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:21:25.23 ID:zINMNdRlo
なに、簡単な事さ
鎮守府に君あてに荷物が届くから、それをこっちの言う海域でタシュケントに渡してほしい
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:21:34.73 ID:hJwoQQWto
タシュケントを何個か預かっていてほしいんだ
まだタシュケントの入ってないタシュケントだからタシュケントみたいに怖いモノじゃないから大丈夫
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:21:55.15 ID:y+2riAIlO
ずっと昔に死んだ提督のね、帽子を彼の実家から盗んできて欲しいんだ
261 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 23:31:07.19 ID:W409ZFs70
タシュケント『高速修復材が大量に必要なんだけど、こっちで用意できる量じゃ足りないんだ』


タシュケント『どうにも困ってね、だから君に足りない分を用意して欲しいんだ』


漣「よりにもよって修復剤を…」


タシュケント『君ならできるよね?昔に修復剤を誤魔化してたのはこっちも知ってるからね』


漣「……いくつですか」


タシュケント『ほんの100個で大丈夫だよ』


漣「100……」


タシュケント『こっちが指定した海域に持ってきてね。じゃあ楽しみに待ってるよ』
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:32:41.95 ID:hJwoQQWto
地味に怖い要求、けど突っぱねた時の事を考えると応じられるレベル…?
やっぱコイツ営業上手いわ悪魔
263 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 23:37:37.00 ID:W409ZFs70
漣「修復剤を誤魔化していたのは漣が居ない時の話です。色々ブラックな事をしていたと聞いています」


漣「漣でも当時知らなかった事をアイツがなぜ知っているんでしょう…」


漣「それに高速修復剤を無断で持ち出す……」


漣「もしバレれば…とんでもないことに……なる」


漣「100個も誤魔化せる訳が無い……」


漣「でも…やらないと………」


漣「…………」


漣「……やってやる」


漣「それしか無いんですよ…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:39:47.15 ID:naTT9O0rO
潜水新棲姫
悩み事のある顔をしている。何かあるなら抱え込まずに言ったほうがいい
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:40:14.83 ID:7Y+rZhZr0
深夜に目が覚める日進
熱は下がったが喉が渇いたので水を求めて鎮守府内をうろうろしているとがさごそしている漣を発見
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:40:30.00 ID:5BOLJeDkO
後日、秘書艦練習をしていた葛城が気付く
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:40:32.10 ID:LIWUrZ4EO
夜に漣が決行しようとすると潜水新棲姫が起きて
どこへ行くんだ?と
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:41:18.49 ID:zINMNdRlo
新棲姫が夜戦のおねだりからの様子がおかしい事に気づく
269 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 23:45:06.98 ID:W409ZFs70
ーー後日


漣「やってしまった……」


漣「借りは返すことに成功しました…」


漣「修復剤は漣が秘書艦になった時に誤魔化しておきました」


漣「書類上では問題は無くとも………バレないとは限りません」


漣「どうか誰も気付かないで下さい……」
270 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 23:49:38.87 ID:W409ZFs70
葛城「いた!漣〜!」


漣「葛城さん…今日は秘書艦の練習をしてますよね」


葛城「そうそう!それで変な所を見つけたの」


漣「変……?」


葛城「高速修復剤の所有数なの。100の桁がおかしいの」


漣「!!」


葛城「書類を遡っても問題のある所が分からなくて…よかったら教えてくれない?」


漣「あ…の」


葛城「この書類通りなら誰かが100個くらい無駄で持ち出してることになるの。そんなのあり得ないでしょ?だから教えて欲しかったの!」


漣「安価」


下1〜3高コンマ 漣の台詞や行動などを
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:51:14.24 ID:7Y+rZhZr0
え、え〜っとアケボノ達が欲しいって言ってて
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:51:15.57 ID:hJwoQQWto
墓場まで持っていく秘密と念押ししてすべて打ち明ける
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 23:51:24.55 ID:zINMNdRlo
新棲姫が葛城の間違いをでっち上げて指摘する
「何があったか言って欲しい、ワタシじゃ力になれないか?」
274 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 23:57:23.18 ID:W409ZFs70
漣「葛城さん、今から話すことは墓場まで持って行ってくれますか」


葛城「そこまでのものなの!?」


漣「葛城さん」


葛城「……わかったわ、絶対誰にも言わない」


漣「それでは全てをお話しします」
275 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/17(日) 23:59:56.64 ID:W409ZFs70
ーー


葛城「ちょ…ちょっと待って……全部本当なのよね……?」


漣「はい」


葛城「そんな事になってたなんて……」


漣「他言無用だと言った意味が分かってもらえましたか?」


葛城「そうね……この話が広まれば、消されるわね」


漣「漣と葛城さんで済めばいい方です。下手をするとこの鎮守府が全滅します」


葛城「由良さんでも勝てるかどうか…」


漣「プロの殺し屋には勝てないですよ」
276 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 00:02:17.75 ID:MTo3SDYk0
葛城「私はどうすればいいの?」


漣「葛城さんは何も気付いていません。何も知らなかったんです」


葛城「そうね…」


漣「それと高速修復剤に関する資料を破棄して下さい」


葛城「そんなことしていいの?」


漣「全ての資料とは言っていません。ある期間の資料が無くなればそれで構いません」


葛城「…やるわ」


漣「ありがとうございます。これでなんとか…誤魔化せるはずです」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 00:04:41.03 ID:XhIAzWa30
日進回復して提督たちが感謝
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/18(月) 00:05:16.28 ID:/PDwfvTDO
何とか資料も破棄が完了し証拠となる物は全て処分する事に成功した
今度から何かするならちゃんと提督に事前に相談してからにしてよねと葛城
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 00:06:01.95 ID:+qorNOwoo
葛城が間違って破棄したと思い込み龍驤が説教
漣「葛城さんごめんなさい、あとでパフェ奢ります…」
280 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 00:11:36.93 ID:MTo3SDYk0
ーー

龍驤「葛城〜〜!よりにもよって修復剤の資料を破棄したんやな!」


葛城「ごめんなさい!!」


提督「資料の破棄は俺を確認してくれと言ったじゃないか…」


葛城「本当にごめんなさい!!」


龍驤「これはまだまだ修行が必要やね」


葛城「うぅぅ……」
281 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 00:14:52.75 ID:MTo3SDYk0
葛城「怒られちゃったなぁ…」


漣「葛城さん」


葛城「漣ちゃん!」


漣「漣の代わりに………感謝の気持ちしかありません」


葛城「これで修復剤の事は完璧に誤魔化せたのよね?」


漣「それはもう……」


葛城「じゃあこれで良かったのよ。私は何も気にしないわ!」


漣「葛城さんごめんなさい、あとでパフェ奢ります…」


葛城「じゃあ一番美味しいのを頼もっかな!」


漣「いくらでもどうぞ。命に比べれば安いものです……」


ーー
282 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 00:15:32.66 ID:MTo3SDYk0
修復剤を誤魔化す話もちょうど良かったので外伝から持ってきました


コメントなどあればお願いします
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 00:18:14.91 ID:+qorNOwoo
乙でした
タッシュの借りが返しきれたのかそれとも更に何か要求してきそうなヤクザスタイルなのか…
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/18(月) 00:19:55.56 ID:/PDwfvTDO
お疲れ様でした
漣今日は出ないと気を抜いていたら不意討ち
最近漣関連は怖い…
相変わらず突っ走る癖は直らないよね…

殺し屋に手を貸した事がバレたらむしろ大本営から消されそうだけど殺し屋側も信用に関わるのかな
285 : ◆lxd9gSfG6A [sage]:2019/02/18(月) 00:24:16.60 ID:ruJTBa8v0
おつです
外伝の修復材ネタ、使っていただきありがとうございます。
まだ忙しくて再開できないですが、何とか来月には続きをはじめられるよう頑張ります
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 00:24:23.82 ID:wgOM3LiRO
お疲れ様です
朝潮の件はこれで一段落ついたのかな
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 00:24:43.13 ID:MTOUlPpMo
乙おつ
もさもさという(一部に)大ダメージを負いながら色々尽くしてくれた日進ちゃん、提督達は頭上がらんな
島風提督はそのうち頭剃りそう
タシュケントはタシュケントを代替わりさせる事によってとても長い時間タシュケントとして存在しているのかも…
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 00:44:22.80 ID:MsAxHUkdO
タシュケントが高速修復必要ってどう言う事なんかねぇ
部下の深海とかつながりのある艦娘と協同でなんかするとか?
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 00:48:34.22 ID:7+91HneT0
そら艦娘相手限定だけど拷問→死にかけたら掛けて延命→さらに拷問 

なんてループが修復材が尽きるまでできるからいくつあっても多すぎることはないね
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 12:58:05.72 ID:Wg830LgJO
朝潮を苦しめていたときに艤装展開させないようにしていたから拷問用にバケツ欲しいって感じてはなさそうな?
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 13:49:23.22 ID:eoKGe80Ho
転がして金稼ぐ説
292 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 19:49:39.06 ID:MTo3SDYk0
ーー


日進「世話になってしもうたの。もう大丈夫じゃ」


龍驤「何を言うんよ、お礼を言うのはウチらやで」


提督「朝潮の声を届けてくれてありがとう」


日進「死者の声を聞くのはわししかできんことじゃからな。他にできる奴がおるんかは知らんが」


龍驤「一回あれをやると倒れてしまうやなんて、知ってたら断ってたで?」


日進「それはいかん。朝潮の声はお主らに届けるべきじゃった」


提督「その事については感謝している。もう一度話せただけでも凄く気分が楽になった」


日進「うんうん、そりゃあ良かった」
293 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 19:51:51.29 ID:MTo3SDYk0
龍驤「元気になったし大本営に帰るんやんな?」


日進「帰ったら仕事はあるやろうからね」


提督「よければ送っていくぞ」


日進「いんや、その前にお礼をしとこうと思ってな」


龍驤「礼をするのはこっちやって言うてんのに…」


日進「わしがそうしたいんじゃ。ええやろ提督さん?」


提督「断る理由は無いな」


日進「ほなわしに任せとき!」


下1〜3高コンマ 日進の行動などを
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 19:53:53.74 ID:kS1XWWwsO
とっておきのお好み焼きを間宮に伝授
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 19:57:19.02 ID:MTOUlPpMo
広島料理伝授&披露
間宮「あっ広島焼き「あ゛?」すみません…」
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:00:52.12 ID:TfQhkuhjO
>>292
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:01:56.52 ID:TfQhkuhjO
>>295と言いたかった……
どちらにせよ選ばれなかったが
298 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 20:17:15.40 ID:MTo3SDYk0
ーー食堂


間宮「お好み焼きのレシピを教えてくれるんですね」


日進「わしのお好み焼きは皆んな喜んでくれるんじゃ!特別にあんたにも伝授するけぇ」


間宮「レパートリーが増えるのは嬉しいですから、ぜひ教えて下さい!」


日進「ほなちゃんとメモするんやで!」


龍驤「本場のお好み焼きって美味しそうやなぁ」


提督「皆んなが喜ぶということはそれなりに美味いんだろう」


龍驤「ウチもちょっと聞いてこよかな。片手でも作れるかもしれんし」
299 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 20:22:47.27 ID:MTo3SDYk0
日進「……どうじゃ?」


間宮「なるほど…」


龍驤「レシピは分かってもその手際は真似できそうに無いわ」


日進「これはわしが慣れとるからじゃ。味には関係ないけぇの」


間宮「本当にお上手ですね」


龍驤「これが本場の技術なんやろうね」
300 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 20:26:39.09 ID:MTo3SDYk0
ーー

日進「できた!わし特製のお好み焼きじゃ!」


間宮「これが本場の味…!」


龍驤「ほんま美味しいわぁ」


日進「せやろ?どんどん食べてええけぇ」


提督「美味そうだな、俺も少し…」


黒潮「……」


提督「黒潮?いつのまに……」


黒潮「司令はん、先にうちに食べさせてな?」
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:27:17.42 ID:MTOUlPpMo
あっ
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:33:05.20 ID:+qorNOwoo
うっ
303 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 20:33:58.17 ID:MTo3SDYk0
黒潮「ちょっとごめんなぁ」


間宮「黒潮さん?」


龍驤「黒潮も食べるん?これ美味しいで〜」


黒潮「……」


日進「……」


龍驤「な…なんなんこの雰囲気……」


間宮「龍驤さん、この世にはお好み焼きは二つあるの。そしてどちらも自分の方がお好み焼きだと主張してるの」


龍驤「譲れない戦いがあるんやね…」


黒潮「一口…もらうで」


日進「…どうぞ」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:36:20.66 ID:3AMnTFgi0
黒潮、絶賛
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:36:23.22 ID:MTOUlPpMo
完食
無言で自分も作り始める黒潮
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:37:05.87 ID:+qorNOwoo
ういまーーーー(パアアア)
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/18(月) 20:38:36.83 ID:/PDwfvTDO
黙って持参した白飯をかっ込む黒潮
機会があったらうちが作ったのも食べてもらうで
308 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 20:43:57.18 ID:MTo3SDYk0
黒潮「う……」パクッ


日進「……」


黒潮「ういま〜〜!」パァァぁ


日進「じゃろ?」


黒潮「美味しなかったらけちょんけちょんにしたろ思っとったのに…」


日進「残念じゃったのう。わしのお好み焼きは世界一じゃ!」


黒潮「それは言い過ぎやろうけど…美味いのは確かやわ」
309 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 20:48:38.80 ID:MTo3SDYk0
黒潮「お好み焼きは大阪のもんやのに…!」


日進「違う。広島のものじゃ」


黒潮「広島焼きのくせに!」


日進「なんとでも言い。美味しいお好み焼きは広島にしか無いんじゃ」


黒潮「なんやって!?」


日進「豚玉やらモダンやらややこしいのが多過ぎる。大阪のはお好み焼きや無い」


黒潮「聞き捨てならんな…!」
310 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 20:51:50.06 ID:MTo3SDYk0
提督「何か険悪な雰囲気になってきてないか?」


龍驤「美味い言うて食うてたはずやのに…」


間宮「これは譲れない戦いなの」


龍驤「間宮さん?」


間宮「阪神と巨人。セレッソとガンバのように永遠のライバルなのよ!」


龍驤「よう分からんけど、間宮さんがこんなに興奮してるのは珍しいで」


提督「食に関する事では熱くなってしまうんだな…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:53:13.81 ID:kS1XWWwsO
もんじゃ参戦っ…!
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:53:13.85 ID:3AMnTFgi0
参戦、もんじゃ焼き勢(誰かはお任せします)
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:53:53.91 ID:qwVwZE4b0
お好み焼きは東京のものでしょ?ってメモと共にいつの間にか厨房に置かれている神戸風お好み焼き
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:54:05.46 ID:b8k+GXGRO
日進「演習じゃコラァ!」
黒潮「上等やボケェ!」
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/18(月) 20:54:56.77 ID:/PDwfvTDO
大判焼きでも食べて落ち着こう
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:56:28.96 ID:kS1XWWwsO
東京で神戸風ってどゆこと?
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 20:58:28.10 ID:12rbwSsaO
いつもの変改行の人のズレた安価でしょ
318 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 21:02:39.10 ID:MTo3SDYk0
霞「なにつまらない言い争いしてるのよ」


黒潮「あぁん!?」


日進「これは譲れない戦いなんじゃ!」


霞「譲るもなにもお好み焼きの起源は東京よ。縁日か何かで出してたんですって」


黒潮「そういう話をしてないんや!」


日進「わしらはプライドを掛けた戦いをしとる!」
319 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 21:06:38.17 ID:MTo3SDYk0
霞「よく分からないわね。美味しかったらなんでもいいじゃい。私が作ったの食べてみる?」スッ


黒潮「いつのまに…」


霞「アンタ達がやいやい言ってる間に作ったのよ」


日進「どう見ても普通のお好み焼きやね…」


霞「多目に作ったから少しなら食べていいわよ」


日進「ほんなら…」


黒潮「一口……」パクッ
320 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 21:11:55.77 ID:MTo3SDYk0
日進「う……!!」


黒潮「ういまぁぁー!」


霞「でしょ?」


日進「なんの変哲もないお好み焼きやのに…」


黒潮「何か秘伝のソースでも使ってるん!?」


霞「確かにあるものは混ぜたわね」


日進「なんじゃ!?」


霞「愛情」


黒潮「そんな…ベタな……」


霞「榛名お姉さまの為に作った料理なのよ。当たり前じゃない」


日進「それを堂々と言えるんかえ…」


霞「好きって気持ちを隠す必要は無いでしょ?じゃ、私は行くから」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 21:15:33.95 ID:MTOUlPpMo
黒潮も作る→日進:うまい→提督:皆うまい、それでいいじゃないか

所で俺にも食わせて…
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 21:16:02.99 ID:Fiy01E48O
料理の腕が愛情に比例するならワタシは愛情が足りないと言うのだろうか…
バレンタインデーの事でちょっとおセンチになってる潜水新棲姫
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 21:16:28.09 ID:hXtMHcwbO
その日以降間宮さんの料理が他の追随を許さない程美味しくなる
間宮「愛情をたっぷり込めてますから」
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/18(月) 21:18:24.16 ID:/PDwfvTDO
周りの皆も霞のお好み焼きを食べてみる
いいえ私は遠慮しておきますと間宮さん
あの霞ちゃんが何も入れてない訳は無いわよね…とボソッと
325 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 21:27:18.98 ID:MTo3SDYk0
潜水新棲姫「料理の腕が愛情に比例するなら、ワタシには愛情が足りないと言うのだろうか… 」


龍驤「びっくりしたぁ!どこにおったんよ」


潜水新棲姫「間宮に料理を教わろうとしてたんだ…」


提督「漣から潜水新棲姫が落ち込んでいると聞いていたが、料理が原因か」


潜水新棲姫「バレンタインにチョコを作れなかったんだ……」


龍驤「そういうことやったんやね」
326 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 21:33:38.45 ID:MTo3SDYk0
潜水新棲姫「漣の事は好きなはずなのに……ちっとも料理が上手くならないんだ」


龍驤「皆んながそうとは限らんで?どんなんにも例外はあるんや」


提督「気にし過ぎるのはよくないぞ」


潜水新棲姫「ワタシは……漣に尽くしたいんだ…」ぶつぶつ


龍驤「センチな潜水新棲姫って珍しいでな」


提督「変に暴走するよりこっちの方が大人しくて良いかもしれないな」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 21:38:08.81 ID:VsYmp3h8o
話を聞いた漣、キュンとくる
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 21:38:13.87 ID:MTOUlPpMo
新姫にも何か得意料理を作ればええんや!
鎮守府皆でそれぞれの得意料理を新姫に教える会開催
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 21:38:14.73 ID:3WL8LRw4O
俺だって子供の頃に初めて作ったお菓子、クッキーはボソボソで焦げててとても食べられたものではなかったからな
まだ時間が足りないだけじゃないかと提督
330 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 21:47:28.16 ID:MTo3SDYk0
ーー

多摩「この集められたメンバーは何にゃ?」


龍驤「潜水新棲姫に得意料理を作ったろうと思ってな!」


霞「だから司令官もこっち側なのね」


提督「俺はスイーツなら作れるからな」


黒潮「うちらも教える側や!」


日進「お好み焼きを教えるんじゃ!」


龍驤「日進はまだおったんやね…」
331 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 21:50:31.60 ID:MTo3SDYk0
潜水新棲姫「ワタシの為に…ありがとう」


多摩「多摩の作れるものなら教えてあげるにゃ」


黒潮「お好み焼きはうちや!」


日進「そっちはお好み焼きやない!」


提督「今ある材料で作れるスイーツは…」


霞「お姉さまにだけ作るなら秘密のハーブも入れるんだけど」


龍驤「……人選ミスったかもしれんな」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 21:51:09.00 ID:QFNlRVYC0
船頭多くして船山に上るもかくや
どっちらけになってしまう
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 21:53:18.96 ID:+qorNOwoo
意見が衝突しあってしっちゃかめっちゃか
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 21:56:39.00 ID:37T8rTr3O
とりあえず多摩のオススメを教えてもらう
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 21:57:19.50 ID:Fiy01E48O
なんつー高コンマの戦いじゃ
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 22:04:30.63 ID:qxwXOTl60
そういえばいつだったかに提督も美味しいお好み焼きともんじゃ作ってなかったっけ
337 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 22:06:14.12 ID:MTo3SDYk0
潜水新棲姫「じゃあとりあえず多摩の得意料理を…」


黒潮「リベンジや!うちが作るお好み焼きの方が美味いんやからな!」


日進「受けて立つけ!」


霞(お姉さまに会いたいなぁ)


提督「チョコが余ってるし、チョコケーキでも作ろう。まずはチョコを湯煎して…」


多摩「ええっとフライパンは…黒潮が使ってるにゃ」


龍驤「なんやこのカオスは…」
338 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 22:11:49.52 ID:MTo3SDYk0
潜水新棲姫「もう…いい……」トボトボ


多摩「行っちゃったにゃ…」


龍驤「この状況やったら仕方ないわ…」


提督「この時の温度がな…」


霞(今日はお姉さまとどんなプレイをしようかしら)


日進「むむむ…」


黒潮「どうや!?これが大阪のお好み焼きや!」


龍驤「……」
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 22:14:38.98 ID:MTOUlPpMo
残当
340 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 22:16:33.64 ID:MTo3SDYk0
ーー

潜水新棲姫「はぁ…」


漣「どうしたんですか、そんな暗い顔して」


潜水新棲姫「ワタシは漣を好きなんだ…」


漣「…はい、告白されましたので知ってます」


潜水新棲姫「お前を好きだという気持ちをもっと伝えたいんだ。だが料理は上手くいかない…」


潜水新棲姫「どうすればお前に気持ちが伝わる?ワタシはどうしたらいいんだ?」


漣「安価」


下1〜3高コンマ 漣の台詞や行動などを
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 22:17:28.82 ID:kS1XWWwsO
一緒にのり巻きおにぎり作って食べる
別に凝ったものじゃなくていいんですよ、とってもおいしいですからと
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/18(月) 22:17:49.62 ID:/PDwfvTDO
もう伝わっています…だけど私はやっぱりご主人様の事が…ごめんなさい…
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 22:18:33.37 ID:VsYmp3h8o
一人でできないなら二人でやりましょうかと一緒に料理
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 22:19:04.07 ID:MTOUlPpMo
ちょっと漣感極まってしまう
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/18(月) 22:19:49.14 ID:/PDwfvTDO
ふふ…包囲網…
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 22:21:26.46 ID:+qorNOwoo
漣の人の気持ちは分からんでもないが、その答えはもう誰にとっても残酷な答えになる
347 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 22:49:37.35 ID:MTo3SDYk0
ーー


潜水新棲姫「これでいいのか?」


漣「もちろんです」


潜水新棲姫「白米を握るだけだなんて…」にぎにぎ


漣「別に凝ったものじゃなくていいんですよ。貴女の気持ちがこもっていればそれでいいんです」


潜水新棲姫「気持ち……」


漣「漣も貴女のために握りますよ。それで二人で一緒に食べましょう」


潜水新棲姫「うん……」
348 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 22:51:25.00 ID:MTo3SDYk0
ーー埠頭


潜水新棲姫「なぜわざわざ外で食べるんだ?」


漣「その方が美味しいからですよ」


潜水新棲姫「ただのおにぎりなのに…」


漣「ま、騙されたと思って下さい。これが漣が作ったおにぎりです」スッ


潜水新棲姫「これがワタシの……」スッ


漣「有難く頂戴します」


潜水新棲姫「……」
349 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 22:53:48.44 ID:MTo3SDYk0
潜水新棲姫「漣の…綺麗に握れてるな」


漣「自分で作って食べたりとかもしてましたから」


潜水新棲姫「それに比べてワタシのは……」


漣「おにぎりなんてのはこれくらい不恰好なのが一番なんですよ。それでは頂きますと」


潜水新棲姫「…美味しい」モグモグ


漣「こっちも美味しいですよ。よく頑張りましたね」


潜水新棲姫「握るくらい誰でもできる……」
350 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 22:56:26.46 ID:MTo3SDYk0
漣「だからぁ〜貴女に握ってもらったから美味しいんですよ」


潜水新棲姫「……」


漣「漣はこれ気に入りましたよ。また作って下さい」


潜水新棲姫「……あぁ」


漣「料理が下手だって構いません。貴女には変わりないんですよ」


潜水新棲姫「そうか……」


漣「安価」


下1〜3高コンマ 漣の台詞や行動などを
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 22:57:17.43 ID:Fiy01E48O
漣は、ありのままの貴女が好きですよ
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/18(月) 22:57:22.11 ID:/PDwfvTDO
忘れさせてください…今まで積み重ねてきたこの気持ちが全部吹き飛ぶくらいに
ご主人様以上に私を惚れさせてください、そうしたら…多分私はやっと楽に…と静かに泣く漣
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:01:33.41 ID:DB6fkQyto
>>352 +膝枕
354 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 23:12:16.26 ID:MTo3SDYk0
漣「漣はありのままの貴女が好きですよ」


潜水新棲姫「……」


漣「あの人がこうしてたから自分もこうしないといけないなんて、漣はそう思いません」


漣「とりあえず今は漣の側に居てくれませんか?」


潜水新棲姫「…ありがとう」


漣「どういたしまして、ってとこですかね」


潜水新棲姫「お前を好きになって…よかった」
355 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 23:16:26.13 ID:MTo3SDYk0
ーー


日進「どうじゃ!お好み焼きは広島のもんなんじゃ!」


黒潮「いーや、大阪や!」


漣「この対決はまだやってたんですねぇ…」


龍驤「漣か。決着が着くどころか余計に悪化してな」


漣「どっちも譲れないんでしょうな」


龍驤「ん?漣と潜水新棲姫が手繋いでる?」


潜水新棲姫「ん…」ギュッ


漣「可愛い彼女から求められたら断る訳にはいきませんから」


龍驤「…そういうことなんやね」
356 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 23:20:24.01 ID:MTo3SDYk0
漣「漣のことはどうでもいいんですよ。それよりこの二人をいい加減どうにかしないといけません」


龍驤「日進もええ加減帰らなあかんやろうしな」


漣「漣達が拘束してると思われたら厄介ですしね」


龍驤「どうにかできたらええんやけど、どっちも譲らんのよ」


漣「もういっそのこと料理からは離れもらうのがいいかもしれませんね」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:23:41.24 ID:qxwXOTl60
提督が自室で朝潮の件で一息しつつのんびりしておると龍驤が日進の服装で入ってきた

龍驤「ど、どうやろ?」
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:24:04.11 ID:VsYmp3h8o
相手を負かそうという気持ちが相手がどういう味を好んでいるかという考えになって最終的に友情が芽生えて一緒にひとっ風呂浴びてから帰る事になる
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:24:23.00 ID:+qorNOwoo
>>314
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:24:29.96 ID:XhIAzWa30
アイオワ「喧嘩じゃなくてハッピーにならなきゃ!」で仲直り
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:24:39.07 ID:MTOUlPpMo
>>358
362 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 23:29:54.22 ID:MTo3SDYk0
龍驤「それでいこか。二人とも、もうええ加減にしとかなあかんで?」


漣「日進さんも仕事があるんですよね?ここは料理以外で勝負してみてはどうですか?」


日進「ほな演習じゃぁ!」


黒潮「上等や!」ダダダッ


龍驤「走って行ってしもた…」


漣「漣が追いかけますので龍驤さんはゆっくり来て下さい」
363 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 23:32:29.34 ID:MTo3SDYk0
ーー演習場


漣「水上機母艦と駆逐艦という異種格闘技が今始まろうとしている」


黒潮「恨みっこ無しやからな!」


日進「その言葉そっくり返したるけぇ!」


漣「相性的にはどうでしょう?水上機を搭載している日進さんが有利でしょうか」


漣「しかし黒潮さんは改二。改の頃に比べて大幅に性能が上がっています」


漣「この対決はどちらが勝ってもおかしくありませんね」


下1〜3高コンマ 演習の結果などを
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:32:55.30 ID:MTOUlPpMo
黒潮、大人気なくボッコボコに
日進がキャラ崩壊して泣きじゃくってるので我に返ってやり過ぎ、意固地になり過ぎたとあやまる
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:33:24.06 ID:XhIAzWa30
日進の圧勝
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:33:51.42 ID:kS1XWWwsO
拮抗する二人
367 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 23:45:51.63 ID:MTo3SDYk0
ーー


龍驤「演習の様子はどうや?」


漣「まさかの拮抗ですな。めちゃくちゃいい勝負してます」


龍驤「まさかまた決着つかんとか?」


漣「その可能性はありありです」


龍驤「そこまでやったんか……」


漣「あ、引き分けで終わっちゃいましたね」


龍驤「うーん……どないなったら納得するんやろ…」
368 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 23:49:50.85 ID:MTo3SDYk0
黒潮「仕切り直しや!後でもう一回やからな!」


日進「望むところじゃ!」


漣「あの〜…一旦休憩にしませんか?」


龍驤「汚れとるやろうしお風呂にでも入ったらどうや?」


黒潮「…そうしよか」


日進「休憩は大事じゃからね」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:50:41.58 ID:TNkzdZDf0
お風呂でもどちらが長く浸かっているかで我慢比べ
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:51:23.20 ID:Fiy01E48O
黒潮「もさもさ…」
日進「ほっとけ!」的な
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:52:08.93 ID:7+91HneT0
ありとあらゆる勝負事で対決するも(ガチからイロモノ系まで)何度も引き分けになってしまい決着がなかなかつかない
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:52:21.74 ID:VsYmp3h8o
お互いに背中を流してさっぱり
お腹が空いたのでお好み焼きで再勝負
相手を負かそうという気持ちが相手がどういう味を好んでいるかという考えになって最終的に友情が芽生える
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/18(月) 23:52:55.40 ID:/PDwfvTDO
背中を流し会う2人
日進の身体に謎の紋様
黒潮が聞くと生まれつきらしい
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/18(月) 23:53:07.23 ID:MTOUlPpMo
黒潮も日進に負けず劣らすジャングル
謎の一体感が二人をつつむ!
風呂上がりにはすっかり気心の知れたやり取りをする二人を不思議そうに見る龍驤たちであった
375 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/18(月) 23:56:26.91 ID:MTo3SDYk0
ーー

日進、黒潮「「へぇぇぇぇぇ……」」


提督「風呂で我慢比べをしていたらこうなったと…」


漣「お風呂でも引き分けだったらしいですな」


龍驤「大阪と広島ってそんなに仲悪いん?」


漣「ここまできたらもう意地の張り合いなんですよ」
376 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 00:01:04.29 ID:Dq7pYd640
龍驤「どないしたらええんやろ?」


漣「このパターンは一生対決してるってオチじゃないですか?」


提督「なら黒潮と日進は別の部屋に運んでおくか」


漣「これなら目を覚ましても対決することも無いですね」


龍驤「日進がここに頻繁に来る未来が見えるわ…」
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 00:03:03.89 ID:/+cikFj0o
漣メタやめー
378 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 00:05:34.73 ID:Dq7pYd640
漣「健全な対決だったら別にいいんですけど、あんな事を頻繁にやられるのはあんまり良くありません」


提督「なにをしていたんだ?」


龍驤「あのな、黒潮と日進が……毛の抜き合いしててん」


漣「髪の毛では無い下の毛ですよ」


提督「それは……」


龍驤「日進の方が量が多くて不利やったけど、黒潮は短めやから痛さは同じくらいやったみたいやで」


漣「風呂場の掃除が大変でした」


提督「対決のガイドラインを決めておく必要があるか…」


龍驤「そのうち裸で抱き合って対決とかやりそうで怖いわ…」


ーー
379 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 00:06:27.28 ID:Dq7pYd640
黒潮は黒い潮みたいな…磯の感じで……


コメントなどあればお願いします
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 00:07:24.72 ID:aiPQtmbGo

濃い子って嫌いじゃないわ
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 00:11:13.51 ID:kbTtYR7do
乙でした
つまり磯風は濃いとな?
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/19(火) 00:12:10.27 ID:qCBMiglDO
お疲れ様でした
確定した事で自分も何か解放された気分になってしまったなあ…
>>346のおかげで目が覚めたというか少し救われたというか、どうも思考が凝り固まっていたようで

最後に気になるのはじゃあ村雨とのやり取りは結局やせ我慢だったんだろうかというくらい
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 00:14:56.20 ID:/+cikFj0o
乙です
広島が好きです
抜毛プレイとかレヴェル高いな…
味覚なんて気持ちの影響デカいしつまり愛さえ入れれば、そしてそれを感じてもらえりゃええねん
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 00:26:16.19 ID:v61hrCHRO

毛の抜き合いって勝敗はどうやってつけるんですかね…?
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 00:27:46.36 ID:lphqIzn9O

重巡棲姫「…」
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 04:58:11.39 ID:JAkGRPuO0


>そのうち裸で抱き合って対決
にちか氏っぽいww
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 07:01:18.82 ID:ia7WwBNnO
日進と黒潮がおっぱい押しつけあってぐぬぬするのか…

はよ
388 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 19:53:05.20 ID:Dq7pYd640
ーー


翔鶴「お"はよ"う瑞鶴…」


瑞鶴「その声どうしたの翔鶴姉?」


翔鶴「ぢょっど…ね…」


瑞鶴「声ガラガラの翔鶴姉って不安になるわね…」


翔鶴「な"にも無いがら…大丈夫よ…」
389 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 19:56:15.83 ID:Dq7pYd640
ーー


雷「ふわぁ…」


電「おねむなのですか?」


暁「寝不足は体によく無いわ」


響「もしかして私の叫び声がうるさかったのかい?」


雷「そんなんじゃないから…大丈夫……ふぁ…」


電「こんな眠そうな雷ちゃんは初めて見るかもしれないのです」


暁「雷も心配だけど響も心配よ。夜中に不安定になったら知らせてって言ってるのに!」


響「心配をかけたくなかったんだ。次からはそうするよ」


電「雷ちゃんも困ったことがあったらなんでも言って欲しいのです!」


雷「もちろんよ……ふわぁぁぁ…」
390 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 20:03:18.46 ID:Dq7pYd640
ライ(3、2、1……キュー)


ピッピッピッ…パーン


〜〜〜〜(軽快なBGM)


白鶴「さぁ始まりました白鶴の時間(仮)。この時間は私白鶴が担当させていただきます」


白鶴「本日も収録放送でお送りしております。どうかご了承下さい」


白鶴「収録場所は某所となっております。今日もどうか宜しくお願いします」


白鶴「それではまずは提供をご紹介させて頂きます」


ライ(マイクオフ、提供読み上げスタート)カチッ


この放送はツクダオリジナルの提供……
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:05:54.70 ID:kbTtYR7do
!?
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:07:41.16 ID:/+cikFj0o
霊圧消えたと思ったらDJやっとんたんかワレェ!?
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:09:13.50 ID:Aw4sbwXYO
!?
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:12:07.00 ID:ZfgG5sjbO
さすがツクダオリジナルw
395 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 20:14:47.37 ID:Dq7pYd640
白鶴「はい、というわけで私がラジオをやらせて頂くようになって二回目の収録なんですが、前回の時よりかは上手くできているのでは無いでしょうか?」


白鶴「放送は二回目では無いのは知ってます。私達のスケジュール的に一回の収録で三本撮りや四本撮りになってしまうので、そういう話になっているんです」


白鶴「一回目の収録の時は大変でした。タイムキーパーやその他の仕事は全て相方のライさんにやって頂いてもらって…」


ライ(……!)


白鶴「これくらい平気よ…そういうポーズを取ってくれています。本当にありがとう」


白鶴「そうだ、この説明をしなくてはいけないんでした。この放送はどこかの鎮守府にいるどこかの艦娘が主役でお送りしております」


白鶴「この放送局では朝から晩まで艦娘がDJとして放送しております。なにをするのかはその艦娘に任されるというスタイルです」


白鶴「私達は平日の月、水、金と放送枠を頂いておりますが、中にはほぼ毎日放送されている方もいらっしゃるそうです」


白鶴「凄いですね…私には真似できそうにありません」
396 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 20:19:43.53 ID:Dq7pYd640
白鶴「流行りの音楽をひたすらかける艦娘さんもいれば、ずっとひたすら喋り続けている艦娘さんもいるそうですね」


白鶴「この放送局のプロデューサーにDJをやらないかと言われた時はなんで私なんだろうと思いました」


白鶴「人の前に出るのは苦手なんですが、私には目立った特技も無く、鎮守府でも地味な存在でした」


白鶴「そんな私を是非DJにというプロデューサーに感動して、こうやってやらせていただくことになりました」


白鶴「相方のライさんも一人で不安だった私を手伝ってくれて本当にありがとうございます」


ライ(…)パチパチパチ


白鶴「拍手の効果音…そんなものまで用意してくれていたんですね」
397 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 20:22:04.79 ID:Dq7pYd640
ライ(そろそろコーナーにいきましょう)スッ


白鶴「…はい。それでは先ずはお便りを紹介していきます」


白鶴「この放送は収録ですので、事前に届いたメールのみの紹介となります。電話やファックスは募集しておりませんのでご了承下さい」


白鶴「それではまずは最初のお便りにいきましょう」


下1〜3高コンマ ラジオネームやお便りの内容を。足りないもの鎮守府のメンバー以外で大丈夫です
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:24:45.63 ID:H7n3ehvd0
ラジオネーム「アブドゥル」

まるでお酒ね
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/19(火) 20:25:16.80 ID:qCBMiglDO
ラジオネーム ぬい

白鶴さんの朝の血圧は何スパッツですか
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:27:16.69 ID:ZfgG5sjbO
ラジオネーム 翼なし鶴

ファンです。親近感を感じます。
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:29:00.32 ID:/+cikFj0o
ラジオネーム:夢は海外展開
妻が双子を妊娠しました
私も彼女も仕事が忙しく、ちゃんと支えてあげられるだろうか、夫として親としてきちんとやっていけるかどうか不安になってきています
最近は妻の仕事の関係でなかなか会えずやきもきしています
どうしたらいいでしょうか
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:37:08.49 ID:mBlGQOaSO
>>398が分からない
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:38:14.25 ID:Aw4sbwXYO
いつもの人でしょ
404 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 20:42:17.67 ID:Dq7pYd640
白鶴「ラジオネーム、ぬいさんからのお便りです」


『白鶴さんの朝の血圧は何スパッツですか?』


白鶴「何スパッツ……聞いたことの無い単位ね」


白鶴「普通だとmmhgとかよね?それを何スパッツで聞いてくる…きっと私の知らない世界があるのね」


白鶴「スパッツと言えば私の鎮守府にも執念を燃やしている艦娘が居ますよ」


白鶴「ライさんの方が詳しいんだけど…」


ライ(私はスタッフだから!)


白鶴「……裏方さんを表には出せません。そういう人がいるということでよろしいでしょうか?」
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:42:47.00 ID:H7n3ehvd0
>>402-403
ポーラ=アブドゥルて
名歌手を知ってるか?
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:45:23.84 ID:mBlGQOaSO
>>405
お便りの内容が分からん
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:47:44.52 ID:R4yAWlYm0
白鶴 日本酒 で検索よー
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:47:46.06 ID:ZfgG5sjbO
>>406
白鶴って日本酒
409 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 20:49:18.31 ID:Dq7pYd640
白鶴「次のお便りは…そう、お悩み相談のやつね」


白鶴「人生相談なんて大それたものはできないけど、こうやってお話しを紹介させてもらうことはできます」


白鶴「日常のどうでもいい悩みや人には言えない悩み。もっと言えば提督や姉妹艦には言えない悩みをここで打ち明けるのはいかがですか?」


白鶴「溜め込むのは体によくありません。匿名なら誰かに知られることは無いので、是非私達を活用して下さい」


白鶴「それではお悩み相談のお便りを紹介します」


下1〜3高コンマ ラジオネームやお便りの内容などを
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:49:42.26 ID:kbTtYR7do
ラジオネーム 5月のメイちゃん
おっぱいが好きで好きでたまりません
寝ても覚めてもおっぱいの事が頭から離れないほどおっぱいが好きです
白鶴さんの思う至高のおっぱいはどんなおっぱいですか
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:50:08.16 ID:/+cikFj0o
ラジオネーム 鉄道員
イベント ユウウツ……
誰ニモ見ツカラナイ 場所ニ行キタイ……
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:51:34.00 ID:RDBJLSmS0
クラウドドラゴン 最近サークルメンバーにしてもらうマッサージが怪しい気がする
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:51:56.63 ID:tCZ30xC+0
ペンネーム 天才雀士
大切な人にネコミミは好きじゃないと言われました
次は何を試せば良いでしょうか?
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:53:07.63 ID:kUnnzjHMO
雲龍はあのメンバーとの関係は切っててマッサージは皐月のでグンバツボディになってるんじゃなかった?
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:54:06.56 ID:vLaZr1zFO
足りないもの鎮守府の雲龍とは限らない
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:55:58.35 ID:18TSYsj3O
別鎮守府から雲龍引っ張ってきたのか…AUTOだな
417 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 21:03:31.86 ID:Dq7pYd640
白鶴「ラジオネームクラウドドラゴンさんからです」


『最近サークルメンバーにしてもらうマッサージが怪しい気がするの。傷付けないで注意するにはどうしたらいいのかしら?』


白鶴「マッサージが怪しいということは性的なものということかしら?それならピーーーーーとか」


ライ(ちょっと!下ネタ禁止よ!)


白鶴「あ、すいません…またやってしまいましたね。ライさんの手間を増やしてしまって申し訳ないです」


ライ(放送ではピー音入れるわよ!)


白鶴「修正ご苦労様です…」
418 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 21:10:11.45 ID:Dq7pYd640
白鶴「それで…お悩みに対する答えですが、やはり本人に直接言うしか無いと思います」


白鶴「クラウドさんとマッサージさんがどういう関係なのかは知りません。でもマッサージが嫌ならちゃんと言うしか無いの」


白鶴「マッサージさんは性的な意図は無いかもしれない。愛情の延長線上かもしれないのはわかるわ」


白鶴「それでも言わないと解決しない問題があるの」


白鶴「もし気まずくなっても大丈夫。それくらいで切れる縁なら続けていく必要は無いわ」


白鶴「クラウドさんの納得のいく答えじゃないかもしれないけど、私の答えはこれになります」
419 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 21:13:46.46 ID:Dq7pYd640
白鶴「クラウドドラゴンさん、これからもこのラジオを聴いて下さいね」


ライ(次はこのコーナー)スッ


白鶴「あ!次はこのコーナーですね!」


白鶴「題してこのラジオのタイトルを決めよう!です」


白鶴「タイトル欄には白鶴の時間(仮)となっておりますが、実はこれは正式なタイトルでは無いんです」


白鶴「私もライさんもいい番組タイトルが思い浮かばなかったので、プロデューサーさんに仮のタイトルをつけてもらったんです」
420 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 21:16:12.54 ID:Dq7pYd640
白鶴「前回の放送でこの番組のタイトルを募集したところ…」


ライ(こんなに来たのよ!)


白鶴「100通も!?本当にありがとうございます!」


白鶴「今日はその100通の中から選りすぐったものを紹介します。もしかしたらこの中から正式タイトルが出るかもしれませんよ」


白鶴「それでは紹介していきます」


下1〜4 ラジオのタイトル案を
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:17:03.39 ID:vLaZr1zFO
翔べ白鶴
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:17:09.96 ID:eokmMpil0
白鶴、まる。
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:17:59.52 ID:H7n3ehvd0
白鶴で一杯いこう!
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/19(火) 21:18:39.70 ID:qCBMiglDO
ホワイトクレインのオールナイト鎮守府
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:20:20.61 ID:tCZ30xC+0
幻ラジオ カデクル
426 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 21:27:19.97 ID:Dq7pYd640
白鶴「翔べ白鶴。白鶴で一杯いこう!」


白鶴「ホワイトクレインのオールナイト鎮守府、白鶴、まる」


白鶴「随分と個性的なタイトルですね。皆さんありがとうございます!」


白鶴「これが生放送ならアンケートを取って決定…ということができますが、収録ですので私達で決めさせてもらいます」


白鶴「きっと次回の収録からタイトルは変更になっています。タイトル欄にもどうかご注目下さい」
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:32:18.18 ID:/+cikFj0o
酒関係多いんだぁ…
428 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 21:34:40.03 ID:Dq7pYd640
ーー

白鶴「次はプレゼントコーナーです」


ライ(カンペよ)スッ


白鶴「えぇっと…このコーナーはまだ始まったばかりのこの番組を人気番組にしよう!という裏心丸出しのコーナーです」


白鶴「前回のプレゼントもそうですが、プレゼント当選者は発送と引き換えにさせてもらいます」


白鶴「さて、今回のプレゼントは…」


下1〜3高コンマ プレゼントの中身を
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:36:17.48 ID:eokmMpil0
パートナーと熱い夜を過ごせる凄い媚薬
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:36:48.01 ID:3NaATEH7O
艦娘ブロマイドセット
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:37:16.92 ID:ZfgG5sjbO
翔○さんのパンツ
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:39:14.70 ID:kbTtYR7do
いろんな意味で裏心丸出しですわぁ
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:40:35.79 ID:tCZ30xC+0
その時まで体が清らかであれば下着なぞくれてやるという心意気
434 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 21:46:22.23 ID:Dq7pYd640
白鶴「今回のプレゼントは翔◯さんの下着となっています」


ライ(大胆!)パチパチパチパチ


白鶴「下着を提供してくれた翔◯さんの話によると、相手も居ないのに買ってしまった勝負下着の処分をしたかったらしいです」


白鶴「安いものでは無いので、是非お楽しみ下さい」


ライ(お楽しみ下さいって凄くえっちな感じがするわ)


白鶴「これでリスナーの方が増えれば私達も嬉しいです。それでは今回のプレゼントコーナーでした」
435 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 21:52:21.38 ID:Dq7pYd640
白鶴「そういえば前回のプレゼントの応募数って凄かったのよね?」


ライ(1000通超えてたわ)


白鶴「ええ!?1000通!?」


ライ(この世界にはロリコンが多いのよ…)


白鶴「ライさんのスポーツブラプレゼントは凄かったんですね…」


ライ(私は声出して無いのに、スポブラでバレたわね)


白鶴「ライさんの記録は超えたいですね。皆さんどしどし応募して下さい!」
436 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 21:54:23.44 ID:Dq7pYd640
ライ(確実に超えれる方法はあるわよ)


白鶴「確実に1000通を超える方法があるんですか?」


ライ(脱ぎたてをプレゼントすれば…)


白鶴「そんなのできるわけありません!私はまだ純潔なんです!」


ライ(純潔じゃなかったらやるの?)


白鶴「やり………ますん」


ライ(どっちなのよ…)


白鶴「その話はもういいの!次のコーナーいきましょ!」


下1〜3高コンマ 次のコーナーを
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:56:17.72 ID:vLaZr1zFO
幸せお便りコーナー
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:58:03.45 ID:kbTtYR7do
マイブームのススメ
自分だけのブームを皆さんに紹介するコーナー
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 22:01:37.70 ID:H7n3ehvd0
モーレツ! とんち教室

一発ギャグのコーナー
440 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 22:18:12.00 ID:Dq7pYd640
白鶴「次は幸せお便りコーナーです」


白鶴「このコーナーは日常のほんの小さな幸せから、恋人ができたりなど皆さんで幸せを感じようというコーナーです」


白鶴「まずは私の体験談からいきましょうか。これは私の鎮守府であったことです」


白鶴「あまり詳しく言ってしまうと特定されてしまいますので誤魔化しながら言うとですね…ある二人が結ばれたんです」


白鶴「その二人は相反するというか、本当なら仲良くしてはいけないような二人なんです」


白鶴「ですがこの前その二人が仲睦まじく手を繋いでいる所を見たんです!」


白鶴「全てのピーーーーとピーーーーが仲良く…」


ライ(翔鶴さん!)バンバン


白鶴「あ……また修正ですか」


ライ(もう話はいいから!CMいくわよ!)


白鶴「じゃあここでCMです…」


バトルドォォォォム!!相手のゴールに……
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 22:20:15.38 ID:/+cikFj0o
この世界のツクオリは大企業なんだろうなぁ
442 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 22:21:27.22 ID:Dq7pYd640
ーー


白鶴「さぁ気を取り直して参りましょう。次はリスナーの皆さんの幸せお便りを紹介します」


白鶴「こちらのコーナーにも沢山のお便りありがとうございます。メッセージは全て拝見させてもらいました」


ライ(プレゼント応募に比べると送られてきたメールが少な過ぎたものね)


白鶴「さまざまなメッセージがあったなか、今日はのよお便りを紹介させてもらいます」


下1〜3高コンマ ラジオネームとお便りの内容を
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 22:25:15.86 ID:/+cikFj0o
ラジオネーム K
信じて送り出した部下達が全員無事帰ってきた、こんなに嬉しいことはない
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 22:29:36.64 ID:tCZ30xC+0
ラジオネーム リバーサイド
失踪扱いにした部下について上の者と根気よく話を続けた結果、自分は減給処分を受けることになったが、部下は無事退役扱いになった
本当に良かった
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 22:31:41.20 ID:kbTtYR7do
ラジオネーム アイランドウィンド
最近まで鎮守府全体が重苦しい雰囲気だったけど、今は良くなってる
皆が元気を取り戻したみたいで嬉しい
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/19(火) 22:32:37.74 ID:qCBMiglDO
ラジオネーム マアム

わ、私の住んでいる場所の近くの海に野生のアザラシが来ました
み、皆の気分が少しは和んだみたいで私も嬉しかったです
447 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 22:42:00.84 ID:Dq7pYd640
白鶴「私はある組織の上司なのですが、うちの部下が遠くに遠征することになったんです」


白鶴「そこはここから遠いだけでは無く、危険を伴うような場所だったんです」


白鶴「私は部下達の死を覚悟しました。それほど苦しいものだったんです」


白鶴「私はなんとか部下を引き留めようとしました。ですが部下はそれを拒否したんです」


白鶴「私を信じてるから。私を守るのは自分達の仕事だと言ってくれたんです」


白鶴「その時の部下の目は忘れられません。あれほど真っ直ぐな目を見たのは初めてです」
448 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 22:48:51.57 ID:Dq7pYd640
白鶴「そして部下達がどうなったかというと…全員帰ってきたんです!」


白鶴「無事に私の所に帰ってきてくれた。これ以上の幸せはありません」


白鶴「私が生きている限り、部下の面倒は一生みるつもりです」


白鶴「ラジオネームKさんからのお便りでした。部下が無事だった。それ以上の幸せは無いんじゃないかと思います」


白鶴「文字だけでは伝わってこないKさんの感動もよく分かりました。幸せなお便りありがとうございます」
449 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 22:56:50.45 ID:Dq7pYd640
ーー

白鶴「早いものでエンディングのお時間です。次回は二日後の放送となります」


白鶴「このラジオへのお便りはいつでも募集してます。生放送ではないので時事ネタは多少の遅れが出るかと思います。いつでも話せる内容のお便りなら嬉しいです」


ライ(ジングルスタート)


〜〜〜〜(エンディングテーマ)


白鶴「それでは皆さん今日も良い一日をお過ごし下さい。以上、DJは私白鶴でお送りしました」


ライ(マイクオフ、提供スタート)


この番組は夢を見る企業、ツクダオリジナルがお送り……
450 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 23:01:48.89 ID:Dq7pYd640
ーー

翔鶴「ふぅーーーー終わったぁ…」


雷「お疲れ様!あと二本頑張って!」


翔鶴「一回の収録で三回分は少し無茶かもしれないわね…」


雷「でもこうするしか無いわ。鎮守府の皆んなには内緒なんだし」


翔鶴「せめて収録回数を増やさないと…」


雷「その辺は色々調整していきましょ!まだ始まったばっかりなんだもの!」


翔鶴「そうするしか無いわよね…」
451 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 23:07:07.81 ID:Dq7pYd640
雷「翔鶴さんは少し休憩してて!私は放送機器の調整してるから」


翔鶴「雷ちゃんも大変よね…」


雷「こうやって頼ってもらえるのは好きだから全然問題無いわ!」


翔鶴「凄いわね…流石は雷ちゃんだわ」


雷「編集もできる所はしとこうかしら。あぁそれと新しい効果音とか…」


翔鶴「雷ちゃんのおかげでこのラジオはなんとかできてるわね」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/19(火) 23:12:06.81 ID:qCBMiglDO
ひとりでは大変だと思い掛け合いの相手を探してみる翔鶴
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:12:10.48 ID:ZfgG5sjbO
ゲスト 金剛さんが遅れてきた
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:12:23.95 ID:kbTtYR7do
翌朝
鎮守府内での評判がちらほらと耳に入ってくる
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:13:12.08 ID:tCZ30xC+0
この放送をお茶とおせんべいを食べながら聞いている伊19伊26
456 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 23:18:41.14 ID:Dq7pYd640
ーー食堂


翔鶴「ふわぁぁ……」


電「翔鶴さんも寝不足なのですか?」


翔鶴「私も…?」


響「最近面白い番組を見つけたんだ。それは夜遅くに放送してるんだけど、つい聞いてしまうんだよ」


暁「夜更かしはレディの敵だけどあれは仕方ないわ」


翔鶴「そんな面白い番組があるのね…私のはそれが原因じゃないけど…今度聞いてみるわ…」


電「凄くおススメなのですよ!」
457 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 23:21:24.43 ID:Dq7pYd640
翔鶴「それってどんな番組なの…?」


響「翔鶴さんは色んな艦娘がDJをやってるラジオ局を知ってるかい?」


翔鶴「……えぇ、聞いたことがあるわ」


暁「その局でやってる白鶴さんが司会のラジオが面白いの!」


電「そういえば最近タイトルが変わったのです」


響「白鶴、まる。になったんじゃないかな」


暁「そうそう!それってメールで募集したのを採用したのよね!」


翔鶴「…………」
458 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 23:23:58.14 ID:Dq7pYd640
電「電もいつかメールを読んで欲しいのです!」


暁「私だってそうよ!」


響「当面の目標はそれだね」


翔鶴「ねぇ…その番組って面白いのよね?」


暁「もちろんじゃない!レ級と一緒に楽しみに聞いてるわ!」


翔鶴「それってどこが面白いの?貴女達の感想を聞きたいわ」


下1〜3高コンマ 誰かの台詞などを
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:28:57.57 ID:3NaATEH7O

お悩み相談ね!白鶴さんはいつも真剣に相談にのっているわ
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:29:02.69 ID:RDBJLSmS0
響 あの若干無理した清楚系キャラが良いね
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:29:14.48 ID:aiPQtmbGo
響 白鶴さんの必死な感じかな
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:29:50.12 ID:/+cikFj0o
DJさんとの距離感…かな
ラジオはだいたいそうだけど、白鶴さんの番組は特に知ってる人が頑張っている感じがして応援したくなるんだ
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/19(火) 23:29:54.79 ID:qCBMiglDO

不意に飛び出す禁止用語とか放送事故を恐れないスタイル
パンツをプレゼントって初めて聞いたわ…
464 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 23:35:50.92 ID:Dq7pYd640
響「あの若干無理した清楚系キャラが良いね。聞いててクセになるよ」


暁「あとは攻め方も好きだわ。放送中ほぼ必ずピー音が入るラジオなんて聞いたことが無いもの」


電「あとは下着プレゼントなのです。取ってつけたような色気要素も良いのです」


響「あれって本当に送ってるのかな?」


暁「白鶴さんとスタッフさんならやりそうじゃない?」


電「スタッフさんとのバタバタも聞いてて面白いのです!」


翔鶴「そう……」
465 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 23:37:56.19 ID:Dq7pYd640
翔鶴「皆んなの意見は…参考にさせてもらうわね…」


電「参考?」


暁「面白いかどうか判断するってことでしょ!」


響「雷にも聞いて貰おうじゃないか。変なことで夜更かしするよりそのラジオを聞いた方がいいからね」


電「そうするのです!」


暁「翔鶴さんも是非聞いてみて!じゃあ私達は行くわね!」ダダダッ


翔鶴「面白い……か」
466 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 23:41:09.39 ID:Dq7pYd640
翔鶴「身近に面白いって言ってくれる人がいるなら、もう少し頑張ってみようかしら」


翔鶴「今度やる三回目の収録…頑張りましょう」


翔鶴「…よし!ご飯を食べたら送られてきてるメールのチェックよ!」


翔鶴「それと、プレゼントの下着を送る準備もしないと…」


翔鶴「今までは趣味らしい趣味も無かったし、有意義に時間を使えるようになったと思えばこれも良いわ」


翔鶴「私も楽しいし、聞いてる皆んなも楽しいって言ってくれる。こんなに良いことは他には無いものね」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:42:34.13 ID:eokmMpil0
和平派提督が何人か失踪 裏で大きな影が動いている?
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:43:49.86 ID:aiPQtmbGo
放送を終えて増えるお便り
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:44:15.77 ID:/+cikFj0o
一放送で半分近くピー音が入る伝説回を放送して大反響&上から大目玉
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:44:36.80 ID:oFAA8elNO
何かわからないけれど姉が楽しそう雰囲気なので、自分も嬉しくなる瑞鶴
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/19(火) 23:44:56.36 ID:qCBMiglDO
翔鶴の負担を減らす為に誰か掛け合いが出来る相方が居ないかそれとなく探してみる雷
472 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 23:50:05.21 ID:Dq7pYd640
ーー

雷「翔鶴さん!見て、このメールの数!」


翔鶴「こんなに沢山…!」


雷「私達のラジオが人気になってきてる証拠よ!」


翔鶴「嬉しいわ…この仕事を引き受けて良かった」


雷「私もそう思うわ!これだけの人に応援してもらってるんだもの!」


翔鶴「雷ちゃん、これからも頑張りましょうね!」


雷「もちろんよ翔鶴さん…いいえ、白鶴さん!」


翔鶴「うふふ…頼りにしてるわよ、ライさん?」


ーー
473 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/19(火) 23:50:32.60 ID:Dq7pYd640
ツクダオリジナルは永遠なれ


コメントなどあればお願いします
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:54:01.38 ID:kbTtYR7do
唐突に始まったラジオ番組に吃驚
乙でした
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:56:10.71 ID:/+cikFj0o
おつー
バトルドォォォォム!の世界大会が続いてそうな世界観いいっすねぇ〜
翔鶴主役回よかったなぁ、これで安価にどうやってねじ込もうかなんて考えなくてよくなるな!
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/19(火) 23:58:01.34 ID:qCBMiglDO
お疲れ様でした

魚雷を放て
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 00:04:48.83 ID:xQiUi00EO
翔鶴の安価はことごとくコンマの壁に阻まれてたもんなぁ
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 10:38:08.14 ID:fphNV5tJ0
深海エリアに魚雷をシューーーッ!
超☆エキサイティン!!
479 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 19:20:42.78 ID:+/YXD43A0
ーー医務室


龍驤「飛鷹!!大丈夫か!?」ガチャ


千歳「…今はこんな状態よ」


飛鷹「……」


龍驤「なんでや…悩んでるんやったらウチらに言うてくれたらええやないか……」


千歳「私の責任でもあるわ。本当なら月一回くらいの頻度でいいからカウンセリングをするべきだった」


千歳「でも飛鷹は自分の中で気持ちの整理がついたって言ってた。もう大丈夫だからって…その言葉に甘えてしまったのよ」


龍驤「響とか叢雲とかに時間使ってくれた方がこっちとしては有り難いんや。そこまで自分を責めんでええよ」


千歳「ダメよ…飛鷹をこんな目に遭わせてしまったらカウンセラーとして失格よ……」
480 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 19:27:49.38 ID:+/YXD43A0
龍驤「司令官にも報告はしてある。この後飛鷹の治療をどうするかも含めて会議やわ」


千歳「本当にごめんなさい…飛鷹が自殺する程追い込まれていたなんて……」


龍驤「飛鷹の部屋の前を偶然通りかかった隼鷹が、飛鷹の部屋から不審な物音を聞いた」


龍驤「中から飛鷹の苦しむ声も聞こえてきた。ただ事では無いと感じた隼鷹が飛鷹の部屋に突入。そこで目にしたものは…首を吊ってる飛鷹やった」


龍驤「部屋の中は荒れてて、服とかが散らばってたらしいわ。散々苦しんだあげく、首を……って感じやろうね」


龍驤「皆んなのフォローはできてると思ってたけど、ウチらもまだまだやね。ほんまに反省せなあかんわ」


千歳「飛鷹に怪我は無いの。隼鷹が見つけたのが首を吊ってすぐだったから、後遺症も何も無くて済んだのよ」
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 19:29:15.05 ID:+d46Ct1+O
清霜へのあれはこの前兆だった…?
482 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 19:30:08.41 ID:+/YXD43A0
龍驤「ごめんな飛鷹…もう謝っても遅いのは分かるけど、それでも謝らせて欲しいねん」


飛鷹「……」


千歳「龍驤さん…飛鷹は話せる状態じゃ…」


龍驤「わかってるよ。それでも謝らな気が済まんねん」


千歳「後は私が見ておくわ。だから龍驤さんは提督さん達と…」


龍驤「頼むわな。飛鷹、ウチらはあんたの味方やからな」


飛鷹「……」


飛鷹(まずいことになったわね……)
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 19:30:47.14 ID:NxDFHT/CO
ん?
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/20(水) 19:30:50.54 ID:Qh2+GSqDO
おい…?
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 19:31:22.22 ID:mfHIexSAO
コメディの予感…!
486 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 19:34:23.31 ID:+/YXD43A0
ーー数時間前


飛鷹「明日は清霜とデートなのに服が乾かないなんて!!」


飛鷹「ほかの服にする!?でも私の勝負服はあれしか無いのよ!」


飛鷹「ずっと仕舞いっぱなしで匂いが気になったから洗ったのはいいけど、まさか二日連続で雨だなんて!」


飛鷹「まずい…これはまずいわ!明日のデートは私にとって勝負だったのに!!」


飛鷹「今更服を買いに行ってもどうにもならない…今日中になんとかするしか無いわね」


飛鷹「鎮守府のどこかで乾かすのがいいかもしれないけど、もし清霜の目に入ったら勝負服の意味が無くなるわよね…」
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 19:36:28.16 ID:jdO3M5Juo
まだ分からんぞ(棒)
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 19:37:41.23 ID:FFGVJFQ3O
あんなに嫌がられてたのにデートの約束取り付けられたんか
489 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 19:39:09.92 ID:+/YXD43A0
飛鷹「…そうだわ!部屋で乾かせばいいのよ!」


飛鷹「紐くらいどうにでもなるし、家具と家具を繋ぐようにして……いけるわ、これでいきましょう」


飛鷹「紐…ええっと確かこの辺に……」ゴソゴソ


飛鷹「無い……ここじゃ無かった…」


飛鷹「…あったわ!これを使って室内干しよ!」


飛鷹「とりあえず紐を通して……あ、でも室内干しって変な匂いが着くって聞くわ」


飛鷹「いやでもそれを回避する方法があったわ。一旦服は回収して…」


グラッ


飛鷹「あ……!こけちゃ…………うぐ!?」


飛鷹「く……首に……!紐…が……!!」


飛鷹「ぐる……し…!!」


隼鷹「おい飛鷹!どうした……うわぁぁぁぁ!!」
490 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 19:43:52.81 ID:+/YXD43A0
ーー

飛鷹(私は椅子から落ちそうになって、紐が首にかかってしまってたの。でも見ようによっては首を吊ってるようにしか見えないわよね)


飛鷹(すぐに誤解を解けば良かったんだけど、隼鷹が大騒ぎしてしまったから言う暇が無かったの)


飛鷹(大ごとになる前に訂正しなきゃいけないけど……)


飛鷹(どうやって説明したら納得してくれるのかしら?部屋干ししようとしてたら紐が首に…そんな事言っても信用されないわよね)


飛鷹(皆んなに迷惑をかけない為に嘘をついてるって思われて終わりよ)


飛鷹(一体どうすればいいのかしら…)


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/20(水) 19:44:12.08 ID:jdO3M5Juo
清霜が飛鷹に突っ込んでくる
バカ!バカ!死んだら本当に嫌いになるから!!
怒ってるけど泣きそう
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 19:44:29.65 ID:NxDFHT/CO
ごめんね飛鷹さーん!気付いてあげられなくて…と抱きついて頬を擦り付けたりしながら身を案じる清霜
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/20(水) 19:44:40.45 ID:Qh2+GSqDO
これは自殺に見せかけた何かだとか言い出す誰かが現れる
誰かはお任せ
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 19:45:09.79 ID:FFGVJFQ3O
いやこれは自殺に見せかけた他殺だとトンチンカンな事を言い出すのが出てくる
495 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 19:58:44.73 ID:+/YXD43A0
ーー

清霜「飛鷹さん!!」


飛鷹(私を心配して来てくれたの!?)


清霜「気付いてあげられなくてごめんね…」ダキッ


飛鷹(清霜のスメルが!!んぁぁぁ!!)


清霜「ごめんね…あたしに甘えてくるのも不安定な証拠だったんだね……」スリスリ


飛鷹(はぁぁぁぁぁぁ…!清霜の頬擦り……!)


清霜「ごめんね…元気になったら、ちゃんとデートしようね……」


飛鷹(あ"……昇天しそう…喋れないし…動けない……)


清霜「飛鷹さんの反応が無い……本当に…」


清霜「……絶対元気になってね」ガチャ
496 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 20:01:57.75 ID:+/YXD43A0
飛鷹(なに今の夢じゃないわよね!?)


飛鷹(清霜が抱き着いてきて私の胸に頬擦り……夢が叶ったかと思ったわ)


飛鷹(普段ならこんなことしてくれる筈無いのに…)


飛鷹(…ひょっとしてこの状況って凄くいいんじゃないの?)


飛鷹(皆んなが勘違いしてるのを利用すれば清霜と!)


飛鷹(いやいや、皆んなを騙すなんてそんな事…でも清霜とは仲良くなりたいし……)


飛鷹(うーーん……)


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/20(水) 20:05:31.92 ID:Qh2+GSqDO
メガネ新棲姫
あれれーおかしいぞ?
最近なんかの漫画を読んだらしい潜水新棲姫が現れた
そして>>494
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 20:05:47.31 ID:jdO3M5Juo
珍しく飲んでない隼鷹が色々世話してくれる
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 20:09:21.11 ID:czixU32Ko
この謎は全て解明してみせますじっちゃんの名にかけて!と漣
500 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 20:18:52.83 ID:+/YXD43A0
ーー

潜水新棲姫「皆んな聞いてくれ、飛鷹は他殺の可能性がある」


龍驤「なんやて!?」


潜水新棲姫「ワタシなりに調べた結果だ」


漣「コイツの話を聞いたんですが、誰かが飛鷹さんを殺そうとしてたって説は無下にできないんですよ」


提督「どういうことだ?」


潜水新棲姫「あの状況は不自然過ぎるんだ。飛鷹が自分の意思で首を吊ったとは考えにくい」


龍驤「その不自然やっていうのを教えてくれへん?」
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/20(水) 20:20:01.14 ID:Qh2+GSqDO
なんやて!?でもう…
502 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 20:24:52.82 ID:+/YXD43A0
潜水新棲姫「まずは部屋の状況だ。服が散乱していたというが、服だけが散らばっていた。精神が不安定で暴れていたとするならおかしくないか?」


響「そうかもしれないね。私が暴れてしまった時は見境なく部屋を暴れるからね」


叢雲「特定のものとか場所だけを荒らすっていうのはほぼ無いわ」


潜水新棲姫「それと飛鷹のタンスやクローゼットの中を見てみたが、何か物色したような後があったんだ」


龍驤「まさか……強盗…」


漣「飛鷹さんって色々アクセサリー持ってましたよね?詳しくは知りませんが、もしかしたら宝石が着いた高いやつとかもあったかもしれません」


潜水新棲姫「犯人が強盗目的だったかは分からない。だが飛鷹は自殺でない最大の証拠があるんだ」
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 20:28:25.25 ID:jdO3M5Juo
確かに自殺「では」ないよな
504 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 20:29:03.62 ID:+/YXD43A0
潜水新棲姫「清霜、明日は飛鷹とデートだったんだよな?」


清霜「うん…飛鷹さんがどうしてもって何度も何度も言うから、一回くらいならって……」


潜水新棲姫「明日デートを控えた飛鷹が自殺という道を選ぶと思うか?」


龍驤「……他殺の線で決まりやね」


提督「衝動的に自殺してしまう時というのは虚無感や無力感に襲われた時だ。俺も龍驤もそういう経験がある」


龍驤「でも飛鷹は明日という近いうちに希望があった。その中で自殺という選択はせぇへんはずや」


隼鷹「ちょっと待てよ!じゃあこの鎮守府の中に犯人がいるってことかぁ!?」


潜水新棲姫「その可能性は高い。強盗殺人か飛鷹に恨みがあったのかまでは分からないがな」


隼鷹「嘘だろ……」
505 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 20:32:30.89 ID:+/YXD43A0
提督「…俺は皆んなを疑いたくない。外部犯の可能性を調べる」


龍驤「ウチかってそうや…ここの皆んなを疑うなんてできへんよ……」


潜水新棲姫「なら調査はワタシに任せろ」


漣「確かに貴女なら皆んなを調べられる…」


潜水新棲姫「ワタシは飛鷹の部屋をもう一度調べた後色々と動く。誰かに話を聞いたからと言ってそいつが犯人じゃないとは予め言っておくぞ」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 20:33:26.49 ID:CpXJXlrN0
霞の薬で容疑者は
頭を混乱させたとか
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 20:37:24.59 ID:czixU32Ko
もう一度飛鷹の様子を見てみる
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 20:41:14.85 ID:jdO3M5Juo
部屋に散乱したアクセサリー類がダイイングメッセージに見えてきた迷探偵新姫
509 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 20:48:20.65 ID:+/YXD43A0
ーー飛鷹の部屋


潜水新棲姫「飛鷹の部屋には服が散乱していて、アクセサリーも少しだけ落ちている」


潜水新棲姫「これは服に比べて不自然だ。アクセサリーだけが散らばったというより置いた感じがする」


潜水新棲姫「……これは飛鷹のダイイングメッセージだった?」


潜水新棲姫「本当はもっとアクセサリーがあったんだ。だが大半は犯人が持ち去ってしまった」


潜水新棲姫「飛鷹は残ったアクセサリーを使ってワタシ達に何かを伝えようとした……」


潜水新棲姫「……その可能性が高いな」
510 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 20:50:56.76 ID:+/YXD43A0
潜水新棲姫「このアクセサリーの様子は写真に撮っておこう。何かの役に立つかもしれない」パシャッ


潜水新棲姫「アクセサリーの種類に意味があるのか、装飾として着いている宝石に意味があるのか……」


潜水新棲姫「現時点では何もわからない。だが飛鷹が残した痕跡は手にすることができた」


潜水新棲姫「飛鷹はいつ喋れるようになるかは分からない。その間に犯人が証拠を消すかもしれないんだ」


潜水新棲姫「急いで犯人を捜す必要があるな…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 20:51:53.57 ID:F1P/TypV0
偶然にも鎮守府外部で空き巣が頻発
関連性を調べる事に
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 20:52:25.23 ID:Hk4SYgtkO
偶然入った夕立が拘束される
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 20:52:30.14 ID:czixU32Ko
もう一度飛鷹の様子を見に行く
争った痕や傷などがないか確かめる
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 20:53:27.05 ID:gGnN13iVO
誰かは任せるけど足りない鎮守府所属の艦娘が偶然侵入
515 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 21:02:00.48 ID:+/YXD43A0
ーー

龍驤「潜水新棲姫、そっちはどうや?」


潜水新棲姫「飛鷹が残したと思われるダイイングメッセージを見つけた。今はそれを解析中だ」


龍驤「ここの艦娘がやった証拠は出てないんやね?」


潜水新棲姫「今のところは見つけられていないな」


龍驤「そうか…実はな、外部犯の可能性が高まってんねん」


潜水新棲姫「何があった?」


龍驤「鎮守府近くの街で空き巣が頻発してるらしいねん。しかも連中が狙ってんのは貴金属や」


潜水新棲姫「ほおぉ……」
516 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 21:04:48.79 ID:+/YXD43A0
龍驤「連中の手口は巧妙でな、まだ何も証拠が無いんやって」


潜水新棲姫「アクセサリーも貴金属だな」


龍驤「そいつらがここに盗みに入って、偶然飛鷹の部屋に入ったら本人がおって…」


潜水新棲姫「姿を見られたから殺そうとした」


龍驤「この話の方が現実的やと思えへん?」


潜水新棲姫「…ワタシもその方向で調べ直すのもいいかもしれないな」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 21:05:47.55 ID:czixU32Ko
>>513
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 21:08:22.27 ID:CpXJXlrN0
路地裏にダイヤの指輪が落ちている
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 21:15:11.38 ID:pbTed1EgO
第一発見者の隼鷹に話を聞きにいく
520 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 21:18:10.88 ID:+/YXD43A0
ーー飛鷹の部屋


潜水新棲姫「仮に外部犯だとして、犯人はどこから入ってきた?」


潜水新棲姫「飛鷹の部屋は二階だ。よじ登ることは可能か」


潜水新棲姫「だが窓の鍵はどうやって外した?いや、窓から入ってきたのなら中に飛鷹が居たことに気付くか…」


潜水新棲姫「違う。部屋を物色している時に飛鷹が帰ってきたんだ」


潜水新棲姫「窓の鍵を外側から外す方法がある。犯人はそれを知っていたとしたら侵入は可能だ」
521 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 21:21:59.41 ID:+/YXD43A0
潜水新棲姫「指紋を調べようにも分かりやすく証拠を残す犯人では無いだろう」


潜水新棲姫「……一度原点に戻ってみるか。飛鷹がどういう状況だったか改めて検証だ」


潜水新棲姫「飛鷹の部屋の家具と家具を繋ぐように紐が結ばれていた。これは飛鷹を自殺に見せかける為だろう」


潜水新棲姫「紐はこことここに繋がれてて……ん?これなんだ?」


潜水新棲姫「……紐を固定したフック?じゃあここにも紐がかかっていたのか?」


潜水新棲姫「どういうことだ……意味が分からなくなってきたぞ」
522 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 21:24:27.19 ID:+/YXD43A0
潜水新棲姫「ここに紐をかけたとして、何の意味がある?こんな無駄なことをしていたら誰かに見つかる可能性があるぞ」


潜水新棲姫「一度再現してみるか。ここにも紐をかけて……」


潜水新棲姫「…そうだ。やはりこの紐に意味は無い。だがここには紐がかかっていたんだ」


潜水新棲姫「散乱した服にアクセサリーのダイイングメッセージ。それに意味の無いフック……これが何を意味するんだ?」


潜水新棲姫「分からない……こんな状況どんな本にも無かった…」
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 21:25:21.71 ID:jdO3M5Juo
こっちのセリフだよ
524 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 21:28:13.50 ID:+/YXD43A0
潜水新棲姫「この紐に無理やり意味を持たせるなら……漣の部屋で似たものを見たことがある」


潜水新棲姫「雨が続いていて洗濯物が乾かないと嘆いていた。仕方ないので部屋に洗濯物を干す為に紐を…」


潜水新棲姫「…んんん?」


潜水新棲姫「散乱した服…これはちょうど紐の下にあるとも見える」


潜水新棲姫「アクセサリーは落ちたのでは無く地面に置いただけ……?」


潜水新棲姫「まさか……事件でもなんでも無いのか?」


潜水新棲姫「待て待て、そうだとしたらなぜあんな状況になった?意味が分からないぞ」


潜水新棲姫「このフックから紐を外せば何かわかるのか…?」
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 21:28:16.80 ID:pbTed1EgO
なまじっか頭が良いとドツボにハマるパターン
コナ○にもたしかそんなエピソードあったよな
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/20(水) 21:29:40.02 ID:Qh2+GSqDO
あっ
527 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 21:32:11.89 ID:+/YXD43A0
潜水新棲姫「む……ここからだと少し遠いな…」


潜水新棲姫「こけてる椅子を使うか。これを立てて、その上に立って…」


潜水新棲姫「よし、これで届くな。これで紐を外せば飛鷹と同じ状況に…」グラッ


潜水新棲姫「おっとと……足場が悪…」ズルッ


潜水新棲姫「な……ぐ!!」


潜水新棲姫「くび…に………紐が……!!」


潜水新棲姫「そう……か…!飛鷹も……同じ状況…に………!!」


潜水新棲姫「これは……ただの事故…だ………!」
528 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 21:40:42.95 ID:J7FEVP+QO
潜水新棲姫「腕も……足も……何も…届かない……物音を…出せない……!」


潜水新棲姫「ワタシは…飛鷹より……背も…低……腕も…短……か……」


潜水新棲姫「こんな……アホな理由で……死ね…る……か……」


潜水新棲姫「息が………意識…が…ぁ……」


潜水新棲姫「…………」


潜水新棲姫「……」


潜水新棲姫「…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 21:42:14.48 ID:oWy4ak/Z0
意識を失う潜水新棲姫
連続障害事件として大騒ぎ
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 21:43:24.24 ID:XoG7Ub/iO
深海潜水艦の艤装を展開
重みと潜水用の空気タンクでどうにか助かる
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 21:43:26.88 ID:jdO3M5Juo
また隼鷹が間一髪発見してしまう
二人と発見者隼鷹までダウン
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 21:43:48.70 ID:sbvMDgDkO
二人目には耐えきれなかったのか紐が切れて助かる
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 21:45:03.03 ID:h5cgUgWD0
この部屋呪われてるとか思われそう
534 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 22:00:20.27 ID:J7FEVP+QO
隼鷹「なんだ…?また物音がしたような気がするけど……」ガチャ


潜水新棲姫「」


隼鷹「ひっ……!!ま、また…!!」


潜水新棲姫「」


隼鷹「は…早く助け!あ、あぁぁ…!!」


隼鷹「なんでだよ……!またなのかよぉぉ!!」
535 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 22:04:09.99 ID:J7FEVP+QO
ーー


龍驤「事態は最悪や。二人目の犠牲者が出た」


提督「また第一発見者になってしまった隼鷹も心労で倒れた。それも含めるなら三人だ」


龍驤「もうウチらだけでどうにかできる問題やない。この研は陸の警察に介入してもらうことになったで」


提督「ただの陸の警察じゃない。由良が個人的に繋がりがある警部補に頼んでもらった」


由良「まるゆに解決できない事件は無い。すぐに解決してくれる」


龍驤「犯人捕まえてハイ終わり、ちゅう話では済まんレベルの話なのは皆んな分かってるわな?」
536 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 22:07:32.44 ID:J7FEVP+QO
龍驤「ウチは絶対無いと思ってるけど、万が一身内の犯行やとしたら早い内に自首しとき」


龍驤「ウチらの目の前で捕まって欲しくないっていうのもあるし、命の保証もできん」


龍驤「この場に漣がおらん理由分かるやろ?薬で眠らせな暴れ回っとんねん」


龍驤「ウチは外部犯やと確信してる。せやからほんまはこんな事言いたく無かったんや!」


龍驤「でも…ウチの立場上言わなあかんねん!皆んなごめんなぁ……」


提督「…後はその警部補に任せておけばいい。皆んなは何も心配しなくていいんだ」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 22:09:44.09 ID:oWy4ak/Z0
まるゆがあっさり見破りお説教タイムに
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/20(水) 22:09:47.16 ID:Qh2+GSqDO
どういう訳か2人と同じ状態で発見されるまるゆ
発見者は清霜
医務室の住人が増えていく中やばい汗をかく飛鷹さん
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 22:10:27.73 ID:sPKTNqraO
>>537
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 22:10:48.29 ID:CpXJXlrN0
霞から「自分の薬が
盗まれた」との情報
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 22:14:30.74 ID:jdO3M5Juo
やっぱり探偵モノより刑事モノだな!
542 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 22:28:36.60 ID:J7FEVP+QO
ーー

まるゆ「飛鷹さん!!貴女のせいでとんでもないことになってるんですよ!」


飛鷹「私だってこんな事件になるとは思ってなかったのよ!」


まるゆ「まるゆが調べたらあれは事故だってすぐ分かりましたよ!警察が来ることは考えなかったんですか!?」


飛鷹「だって……!」


まるゆ「飛鷹さんが何かの罪に問われることはありません。しかし責任は取らないといけませんよ!」


まるゆ「飛鷹さんのせいで深海棲艦と隼鷹さん。それに漣さんも大変なことになったんですよ!」


飛鷹「うううう…!」
543 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 22:35:01.46 ID:J7FEVP+QO
まるゆ「最初から事故だって言ってたらこんな事にはなってません!」


まるゆ「部屋干しの紐で首を吊ってしまっただけですって言えば良かったんですよ!」


飛鷹「言えるわけないじゃない!」


まるゆ「ここの隊長や秘書艦さんには全部報告しましたからね!もう!」


飛鷹「提督や秘書艦ってことは龍驤さんとか…漣にも……」


飛鷹「…ほとぼりが冷めるまで逃げた方がいいかもしれないわね」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 22:38:20.18 ID:czixU32Ko
意識が戻り漣に思いっきり抱きしめられマンザラでもない潜水新棲姫
(怪我の功名とはこのことか…)
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/20(水) 22:38:57.81 ID:Qh2+GSqDO
むしろ事故で良かった、犯人なんて居なかった、自殺でもなかったと胸を撫で下ろす提督と龍驤と危うく死ぬかもしれなかったんですよと不機嫌な漣
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 22:40:45.18 ID:jdO3M5Juo
清霜に冷たくなじられる飛鷹さん
でもあんまり聞いてない、いややっぱり効いてる
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 22:40:57.91 ID:h5cgUgWD0
冷えた視線を発する清霜
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 22:41:04.38 ID:NxDFHT/CO
バカバカバカと清霜に胸板を叩かれる飛鷹
549 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 22:49:55.08 ID:J7FEVP+QO
ーー

龍驤「飛鷹らのは事故で良かったなぁ。やっぱり犯人なんておらんかったんや」


提督「自殺でも無かった。本当に安心したよ」


漣「……」ブスッ


龍驤「まぁ漣は納得できへんわな」


漣「当たり前です、危うく死ぬかもしれなかったんですよ?」


提督「あと一分遅れていたら命が危なかったそうだな」


漣「飛鷹さんのせいであの子が死にかけたんです!簡単には許せません!」
550 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 22:55:11.97 ID:J7FEVP+QO
提督「漣の気持ちも分からんでも無い。だが恨むのはやめておけよ?」


漣「ふんっ!暫く口聞いてやりませんから!」


龍驤「飛鷹も恥ずかしかったのは分かるけど、事故やってすぐに言うてくれたらなぁ…」


提督「まるゆ警部補にも謝っておかないとな」


漣「本当にもう…!簡単には許しませんから!!」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 22:55:45.57 ID:czixU32Ko
>>547
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 22:57:15.68 ID:NxDFHT/CO
>>548
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 22:58:34.63 ID:XoG7Ub/iO
>>546
554 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 23:04:58.19 ID:J7FEVP+QO
ーー

清霜「飛鷹さん……」ガチャ


飛鷹「う…清霜!」


清霜「全部聞いたよ」


飛鷹「ご……ごめんなさい!!」


清霜「バカ!飛鷹さんのバカ!」


飛鷹「その通り…私はバカよ……」
555 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 23:09:36.41 ID:J7FEVP+QO
清霜「バカバカバカ!あんなことで死ぬなんて許さないから!」ポカポカ


飛鷹「ごめんなさい……」


清霜「約束!」


飛鷹「え…?」


清霜「あたしとデートに行くんでしょ!それすら忘れたとは言わせないよ!」


飛鷹「…ええ!もちろん覚えてるわ」


清霜「今度こそちゃんとデートだからね!もう変なことはしないでよ!」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 23:11:28.16 ID:MEasfCQn0
和平派提督達が何人か失踪 事態がなかなか進まないと不満も出てきてる
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 23:14:10.12 ID:XoG7Ub/iO
潜水新棲姫、しばらく漣の目の届かない場所に行かせて貰えなくなる
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 23:14:12.48 ID:h5cgUgWD0
隼鷹
良かった……本当に良かった!
559 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 23:27:42.63 ID:J7FEVP+QO
ーー後日


隼鷹「良かったな飛鷹、本当に良かった!」


飛鷹「隼鷹には感謝してるわ。私と潜水新棲姫を見つけてなかったら二人とも死んでてもおかしくなかったもの」


清霜「飛鷹さん!お礼を言う前に謝らないといけないでしょ!」


飛鷹「あ、そうよね…ごめんなさい……」


隼鷹「こうやって元気になってくれたらもういいんだよ!」
560 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 23:30:45.02 ID:J7FEVP+QO
隼鷹「二人はこれからデートなんだよな?」


飛鷹「そうよ!前に行けなかった分思いっきり楽しむんだから!」


清霜「流石にあの時の服は着てこなかったね」


飛鷹「あれは…ねぇ。縁起も悪いし、もう処分するわ」


隼鷹「だったら清霜に服を選んでもらったらどうだ?」


飛鷹「それいいわね!!清霜!まずは服を見に行きましょう!」


清霜「調子が良いんだから全く…」


下1〜3高コンマ デートの様子やその他起こったことなどを
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 23:32:11.43 ID:RJiZX3YC0
服屋に行く
飛鷹が清霜を着せ替え人形にしたがるので
清霜も負けじと飛鷹を着せ替え人形にする
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 23:32:17.03 ID:MEasfCQn0
>>556
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 23:33:09.66 ID:NxDFHT/CO
楽しくデート
2つのあ〜んとかストローで飲む様なドリンクくらいまでならOKしてくれる
>>561
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 23:35:14.89 ID:h5cgUgWD0
やはり清霜は天使なのでは?
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 23:36:48.66 ID:jdO3M5Juo
大天使キヨシモエル
566 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 23:40:23.15 ID:J7FEVP+QO
ーー

飛鷹「清霜!この服絶対貴女に似合うわ!」


清霜「飛鷹さんの服を買いに来たんでしょ?」


飛鷹「試着するだけでいいから、ね?」


清霜「じゃあその代わりに飛鷹さんはこれとこれを着てみて!」


飛鷹「清霜が選んだ服なら何着だって着ちゃうわよ!!」
567 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 23:43:27.70 ID:J7FEVP+QO
ーー

清霜「この後はどこに行くの?」


飛鷹「次はスイーツのお店に行こうかと思ってるの」


清霜「またケーキ食べるの!?いまも喫茶店で食べてるよ!」


飛鷹「これはケーキ。後で行く所のはスイーツなの」


清霜「違いが分からないよ…」


飛鷹「それより清霜のケーキって美味しそうね」


清霜「一口食べる?」


飛鷹「いいの?じゃあ一口…」


清霜「はい、あーん」


飛鷹「ひゃあ!?」


清霜「あーーん」


飛鷹「あ……ん…」


清霜「どう?美味しいでしょ!」


飛鷹「しゅごく…美味しいわ」
568 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/20(水) 23:47:09.72 ID:J7FEVP+QO
ーー


清霜「今日は楽しかったよ飛鷹さん!一日があっという間だったよ!」


飛鷹「……」


清霜「どうしたの?疲れちゃった?」


飛鷹「ねぇ清霜……無理を承知で聞くわね…」


飛鷹「この近くに…休憩できる建物があるんだけど……その…」


飛鷹「一緒に……入らない…?」


清霜「安価」


下1〜3高コンマ 清霜の台詞や行動などを
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 23:48:07.44 ID:jdO3M5Juo
調子に乗っちゃダメー
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/20(水) 23:49:50.25 ID:Qh2+GSqDO
あっ!入っていった!と走り出す清霜
先の話に出た空き巣が民家に
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 23:55:20.13 ID:czixU32Ko
もしもしまるゆ警部さんですか(嘘電話)
あっ逃げちゃった……でもこう言うのってお互いよく知ってから、だよね?
572 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 00:05:00.30 ID:N5az5kbdO
清霜「飛鷹さん?」


飛鷹「はい」


清霜「調子に乗っちゃダメ」


飛鷹「……はい」


清霜「まだ一回目のデートなんだよ?いくらなんでもそれは無いよ」


清霜「こういうのはもっとよくお互いを知ってから、ね?」


飛鷹「はい…その通りです……」


清霜「鎮守府でもデートしても、ちゃんと我慢してくれるなら飛鷹さんの事真面目に考えるから頑張って!」


飛鷹「耐えるのよ私…!!清霜を手に入れるその日まで!」


ーー
573 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 00:05:37.60 ID:N5az5kbdO
ギャグサスペンス的なサムシングを


コメントなどあればお願いします
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/21(木) 00:09:55.23 ID:FBkDcM+DO
お疲れ様でした
飛鷹さんも中身中高生か
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 00:17:39.91 ID:iLlmtQ+4O
飛鷹頑張れ
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 00:31:08.96 ID:PSZGiTC0O
龍驤・霞ペアに飛鷹・清霜ペア共に何らかの関係性が生まれてるから残りは隼鷹・不知火ペアだっけ?こっちも何か話題を期待したい
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 00:42:28.10 ID:olsQIx54o
おつかれさまでした
飛鷹さんはちゃんと潜水新棲姫・漣にお詫びしとくんだぞ
清霜のガードがすこーし緩んでる気がするのは長門さんの件もあるのかなと邪推
578 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 18:14:51.36 ID:DnkyJu3o0
ーー


陽炎「……」ぶつぶつ


黒潮「陽炎はどないしたんよ?」


不知火「最近誰かに見られていると言ってるんです」


黒潮「あー……」


不知火「恐らく精神的なものが原因かと思われます。最近色々とありましたし、不知火と陽炎の共通の悩みのかもしれません」


黒潮「自分は艦娘やないってやつやな」


不知火「この世界を引っ掻き回そうとしている連中が使っているものと、同じ素材でできていますからね」


黒潮「そんなん関係ないやん…不知火も陽炎も…言うたら潮も体は傀儡やけど誰も気にしてないのに……」


不知火「自分だけが仲間外れというのは精神的に負担になります」
579 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 18:17:46.75 ID:DnkyJu3o0
不知火「司令はこのままではいけないと陽炎に休みを与えてくれました」


黒潮「それでええんと違うかな。一日あったらリフレッシュもできるしなぁ」


不知火「本当なら不知火もついて行こうとしましたが、陽炎が一人にしてくれと言うのでその意見を尊重しました」


黒潮「一人で考えたいことがあるんやな…そっとしといたろか」


不知火「早く元気になって欲しいものです」


陽炎「……」


下1〜3高コンマ 休日の陽炎の行き先など
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 18:20:29.53 ID:IvdpwPy8O
山にのぼる
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 18:21:09.97 ID:0qD1CYlWO
滝行
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 18:38:20.78 ID:olsQIx54o
金沢
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 18:38:42.23 ID:DlJxB/F60
水族館
584 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 18:43:08.50 ID:DnkyJu3o0
ーー某日某所


陽炎「ここが川内さんも滝行に来てる場所…」


ドォォォーー


陽炎「激しくて大きい滝……これに打たれれば私の迷いも…」


陽炎「…………」


陽炎「やって…みましょう」


陽炎「ここまで来たんだもの。何か掴んで帰らないと……」
585 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 18:45:09.34 ID:DnkyJu3o0
陽炎「着替えは用意してきた。これに着替えて滝に入っていくのよね」


陽炎「その前に水温は…」チャプッ


陽炎「ひっ!!冷た……!」


陽炎「こんなに寒い中川に入って滝に打たれるの!?」


陽炎「こんなの…無理よ………」


陽炎「でも…やらないと………」


陽炎「……」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 18:46:18.57 ID:IvdpwPy8O
由良と川内が倒したという深海軽巡達が滝に打たれていた
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 18:49:36.71 ID:ckuLB6hCo
少しずつ時間を伸ばしながら挑戦
だんだん心が洗われる気がする
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 18:53:41.72 ID:olsQIx54o
はじめ1時間は頑張ったつもりが1分持ってなくて愕然
悔しくて何度も挑戦
589 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 19:07:13.46 ID:DnkyJu3o0
ーー

陽炎「ううううっ!もうダメ!!」バシャッ


陽炎「今のでどれくらいできてたの…?」


陽炎「は……一分…?あれだけ……頑張って……?」


陽炎「こんなに辛いこと…川内さんは一時間以上……」


陽炎「それに比べて…私は………」


陽炎「……もう一回よ!」
590 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 19:09:54.62 ID:DnkyJu3o0
ーー町


陽炎「結局……無理だった…どうやっても……三分が限界…」


陽炎「私……何もできないんだ………」


陽炎「水の中に入るなんて……動物でもできるのに…」


陽炎「私は艦娘じゃないのに……これくらいできないといけないのに…」


陽炎「やっぱり私って…………」


陽炎「……」
591 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 19:12:49.43 ID:DnkyJu3o0
いらっしゃいませー


陽炎「…………ご飯…」


陽炎「こんな時でも…お腹が減るなんて……」


陽炎「本当に私って…クズ………」


陽炎「もう……どうしたら…」


キラッ


陽炎「あ……金色の………ストラップ…」


陽炎「これ…売り物よね………」


陽炎「……」チラッ


陽炎「誰も…見て………無い…」


陽炎「……」


陽炎「どうせ……バレても…いいわよ…もう…………」スッ


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 19:15:09.74 ID:JAINDcdI0
すぐバレる
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 19:15:17.96 ID:T1AfeVmo0
「ミーのストラップ知りまセン?」
と金剛に聞かれ大弱りの陽炎
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/21(木) 19:15:27.98 ID:FBkDcM+DO
だ、駄目だよ…と車椅子の浜波が止める
視点が低かったので居るのに気付かなかった陽炎
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 19:15:34.70 ID:mObC1vsHO
その時お店に強盗が
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 19:15:35.94 ID:ZmPz5IME0
不知火たちを思い起こし、ギリギリで止める
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 19:18:13.03 ID:+oXfaRhn0
黄金の精神を身につけよと謎の声が聞こえる
598 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 19:32:54.74 ID:DnkyJu3o0
浜波「だ、駄目だよ……」


陽炎「ひっ!!」


浜波「だ、大丈夫…あ、あたしは……お店のひ、人じゃない…です…」


陽炎「あ、あ、ぁぁぁ…」ガタガタ


浜波「く、車椅子だから…あ、あたしが見えなかった……ですね…」


陽炎「私……また…!!」


浜波「と、とにかく…外に…出ましょ……ま、まだ…何も…してません……よ…」


陽炎「…………」
599 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 19:36:09.62 ID:DnkyJu3o0
ーー


浜波「あ、貴女は…例の鎮守府の…か、艦娘ですよね……あのあ、明石が…居る……」


陽炎「…知ってたの」


浜波「じ、自分の格好…み、見て下さい……目立ち…ます……」


陽炎「そうよね……全身金色で………目立って当然よ…」


浜波「そ、それなのに…万引きを……」


陽炎「……最低でしょ」


浜波「な、何か…ありました…か?」


陽炎「何も無いわよ。私は元々こんななのよ」
600 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 19:40:02.28 ID:DnkyJu3o0
陽炎「前の鎮守府では何度も万引きをして捕まって注意もされた。でも司令達がもみ消してくれてたのよ」


陽炎「あの日も万引きをしてしまった。でもお店側が警察沙汰にするって言って示談には応じてくれなかった」


陽炎「それでも司令達がなんとかしてくれて……それからはやってなかった…」


陽炎「でも…心の中ではずっとそういう欲求があったのよ」


陽炎「とうとう抑え切れなくなって盗もうとした時に……貴女に見つかった」


陽炎「…笑えるでしょ?本当に私って……最低のクズよ…」


浜波「安価」


下1〜3高コンマ 浜波の台詞や行動などを
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 19:42:13.15 ID:r/JnJxEsO
金色を求めるようになったきっかけとか、考えられる理由はありますか?
考え方の根元がわかれば、なにか解決できるかもしれません
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 19:42:55.83 ID:mObC1vsHO
ううん、誰にでも弱い心はあるよ
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 19:43:57.67 ID:UW/q7gWcO
あ、貴女は自分が悪い、悪いことしたって、そう、気づいてるから
かわれます、きっと…!
604 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 19:53:16.79 ID:DnkyJu3o0
浜波「違う…だ、誰にでも弱い心はあるよ…」


陽炎「……」


浜波「あ、貴女は……クズなんかじゃ…」


まるゆ「ええ、まるゆもそう思いますよ」


陽炎「!!」


浜波「だ、誰…?」


まるゆ「こういうものです」スッ


浜波「け、警察手帳…!」


まるゆ「どうです、三人でお話しでもしませんか?」
605 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 19:59:45.71 ID:DnkyJu3o0
ーー


陽炎「……私をつけてたの」


まるゆ「え〜結果的にはそうなります」


陽炎「浜波が止めてしまったから私を捕まえられなかった。残念でしたってところ?」


浜波「ちょっと…」


まるゆ「大丈夫ですよ、まるゆも止めるつもりでしたから」


陽炎「嘘ばっかり……」


まるゆ「本当ですよ。本音を言うならたかが万引きを捕まえた所で点数稼ぎになんかなりませんからね」


陽炎「……」


浜波「じゃ、じゃあなんで…陽炎さんを…尾行……?」


まるゆ「…陽炎さんの過去を少し聞いてしまいましたし、まるゆの昔の話も聞いてもらいましょう」
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 20:03:41.38 ID:olsQIx54o
書類作るのも面倒らしいしね…
607 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 20:04:58.90 ID:DnkyJu3o0
まるゆ「まるゆが陸の警察に入ったのは艦娘としてはダメダメだったのと、自分で言うのもあれですが頭が良かったんです」


まるゆ「艦娘とは違う形で皆さんを助けたい。そういう気持ちからだったんです」


まるゆ「艦娘が刑事になるっていうのは前例も無くて、陸の警察の人達も扱いに困った感じでした」


まるゆ「厄介払いをしたかったんでしょうね。まるゆは全国各地に飛ばされたんです。書類上は視察や研修とかになってましたけど、まるゆは全て分かってました」


まるゆ「まるゆが飛ばされたのは国内だけじゃありません。北の極寒の地や米国なんかも飛ばされましたね」


まるゆ「それでもまるゆは挫けませんでした。飛ばされた所で数々の事件を解決していったんです」


まるゆ「そんな中で、唯一解決できなかった事件があるんです」
608 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 20:18:55.37 ID:DnkyJu3o0
まるゆ「その事件はある鎮守府の提督が不審な死を遂げた事件でした」


まるゆ「明らかに殺意を持って殺されたいたのに何故か犯人は捕まらず、そもそも事件として取り扱われていなかったんです」


まるゆ「そこの地元の警察が捜査しなかっただけではありません。病院も診断書を誤魔化していたんです」


まるゆ「事件は昼間に起こったはずなのに誰も目撃者も出なかった。これがどういうことか分かりますか?」


まるゆ「その提督は町の皆さんに殺されたんです。町人全員がグルならばアリバイなんてあってないようなものですからね」
609 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 20:22:29.87 ID:DnkyJu3o0
まるゆ「しかしまるゆは諦めませんでした。僅かに残された痕跡から犯人を辿っていったんです」


まるゆ「監視カメラの映像は消去されてましたから、かなり苦労しました…」


まるゆ「それでもまるゆは犯人と思われる二人の人物に辿り着いたんです」


まるゆ「この二人がその提督を殺したんだとまるゆは今でも確信してます」


まるゆ「明日にでも逮捕状を取ろう。そう思っていた日の夜に事件が起こったんです」
610 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 20:28:58.32 ID:R5k4BkCrO
まるゆ「まるゆが何をしようとしていたのか、町の皆さんは気付いたんでしょうね」


まるゆ「まるゆは拐われて町から遠く離れた場所に連れらたんです」


まるゆ「そこの場所には男の人達が五人くらいは居ましたかね」


浜波「そ、それって…」


まるゆ「想像した通りですよ。まるゆは襲われました」


陽炎「……」


まるゆ「行為も終わってその男達は最後にこう言いました。これ以上教祖様に迷惑をかけるなら殺すと」


まるゆ「…その町はカルト宗教に侵されていたんです」
611 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 20:35:51.79 ID:R5k4BkCrO
まるゆ「きっとその提督が殺されたのもそういう関係です。だから町の皆さんが協力したんです」


浜波「そ、それでまるゆさんは…?」


まるゆ「まるゆはそのまま意識を失いました。気付くと病院のベッドでした」


まるゆ「襲われたくらいで諦めるつもりはありませんでした。回復すればその二人の逮捕状を請求するつもりだったんです」


まるゆ「でも…それはできませんでした」


浜波「どうして……?」


まるゆ「その町が消えてしまったからです」


陽炎「……」
612 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 20:38:15.13 ID:R5k4BkCrO
まるゆ「後の調べで分かりましたが、その町はよそ者に対してとても厳しかったそうなんです」


まるゆ「ということは当然鎮守府もそうです。その町はあろうことか鎮守府を追い出してしまったんです」


まるゆ「深海棲艦が出るから鎮守府を置く必要があったのに……」


まるゆ「まるゆが襲われた次の日に、その町は深海棲艦の侵攻により壊滅しました」


まるゆ「生存者は…ゼロです」


まるゆ「本当ならまるゆも死んでてもおかしくなかったんです」
613 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 20:41:19.14 ID:R5k4BkCrO
浜波「か、解決できなかったのは…容疑者が…し、死んでしまったから…」


まるゆ「…そうです」


まるゆ「そして今の話を聞いて、陽炎さんなら分かりますよね?」


陽炎「……」


浜波「ど、どういうこと…?」


まるゆ「その殺された提督と深い関係があった艦娘が、陽炎さんの鎮守府には居ますね?」


陽炎「…………響」


まるゆ「そうです。当時はヴェールヌイと呼ばれていましたね」


浜波「う、そ…………」
614 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 20:53:01.70 ID:R5k4BkCrO
まるゆ「飛鷹さんの事件を調べるついでにそちらの鎮守府の事を少し調べさせてもらいました。まさかその時の艦娘が居ただなんて…」


陽炎「…誰かに見られてる気配がしたのは気のせいじゃなかった」


まるゆ「そうだと思います。貴女の事も調べましたから」


浜波「なんで…?」


まるゆ「…まるゆは響さんに謝りたかったんです」


まるゆ「もう一日早かったら、犯人を捕まることができたんです」


まるゆ「それを…まるゆのせいで……」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 20:55:16.78 ID:ckuLB6hCo
陽炎が響にはデリケートな話題だからもし謝るつもりでもタイミングは考えたほうが良いわと
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 20:55:25.31 ID:T1AfeVmo0
浜波の脳裏に響がフラッシュバック
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 20:55:49.59 ID:wUup8Tu7O
>>615
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/21(木) 20:56:06.17 ID:FBkDcM+DO
陽炎が視線を感じて振り返ると、周辺の通行人、お店の店員、車のドライバー、皆こちらを見ている
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 20:56:23.31 ID:olsQIx54o
世の中どう繋がってるか分からないものね…
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 20:57:29.31 ID:mObC1vsHO
>>616
いつもそうだけど浜波と響に関係はないぞ
621 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 21:12:06.25 ID:DnkyJu3o0
陽炎「響にはデリケートな話題だから、謝るタイミングは考えたほうが良いわ」


まるゆ「ですよね…」


浜波「そ、そもそも謝る必要なんて…あ、ありません……」


まるゆ「そういうわけにはいきません。まるゆは響さんを知ってしまったんです。彼女に謝らないとこの先生きていけません」


陽炎「…凄いわ。他人の為にそうやって……そこまで…」


まるゆ「まるゆからすれば陽炎さんが羨ましいです。まるゆではどうやっても深海棲艦と戦えません」


浜波「あ、あたしも…そう…思う………」
622 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 21:14:14.53 ID:DnkyJu3o0
陽炎「やめて…私は艦娘じゃないの……」


浜波「違う…?」


まるゆ「陽炎さんは何を言ってるんですか?」


陽炎「それが私が悩んでる一つの原因よ……」


浜波「な、なにが…ありました…か?」


まるゆ「まゆる達でよければ話を聞きますよ」


陽炎「……」


下1〜3高コンマ 陽炎の話を聞いたどちらかの台詞や行動などを
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:16:47.27 ID:pWFlQ8tco
浜波
き、聞いたことがある、どっかの鎮守府で、な、仲間がすり替えられたって暴れた艦娘がいるって
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:17:27.82 ID:T1AfeVmo0
まるゆ「明石や間宮の仲間に
     なればいいのでは?」
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:17:35.71 ID:c7CDCGRnO
まるゆ
陽炎さんは怒るかもしれませんが、それは重要な事でしょうか
こうやって話せて自分のことを省みて他人の事も気づかえるのに
陽炎さんは陽炎さんであることに変わりはないです
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:18:42.07 ID:DlJxB/F60
朝霜一人の話だけでは信用出来ないし
不知火さんの筋肉のつきかたが違うだけでは確信が持てないと二人とも懐疑的
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:18:47.09 ID:ckuLB6hCo
変な改行の人がマジで意味不明すぎる
628 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 21:20:12.79 ID:DnkyJu3o0
再安価 下1〜3高コンマ お願いします
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:20:30.42 ID:pWFlQ8tco
>>623
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:20:38.72 ID:DlJxB/F60
>>626
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:20:41.94 ID:c7CDCGRnO
>>625
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:23:10.32 ID:olsQIx54o
浜風は本気でなんの問題が?あの明石が改心してる(ように浜風は見えるだろう)鎮守府ですし
、と
まるゆはあなただけの問題ですねそれは、貴方でしか解決できませんが、貴方の気持ちだけで解決できますと
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:23:55.13 ID:UW/q7gWcO
>>632
浜風じゃなくて浜波やで
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:25:14.27 ID:olsQIx54o
全然違うのに…(一部みつつ)すまない
635 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 21:30:07.50 ID:DnkyJu3o0
まるゆ「陽炎さんは怒るかもしれませんが、それは重要な事でしょうか?貴女は他人を気遣うことができる素晴らしい人だと思いますよ」


浜波「か、艦娘じゃなくても…陽炎さん…は…陽炎さんで…あることに…変わりはない……です…」


陽炎「……違うのよ」


まるゆ「気にし過ぎだと思います。よければ良いカウンセラーさんを紹介しますよ?」


陽炎「いいわよ……鎮守府には千歳さんがいるし…」


まるゆ「合う合わないというものがあります。結構有名な人ですから、おススメですよ」


陽炎「……そう」
636 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 21:35:15.89 ID:DnkyJu3o0
まるゆ「…今日はこれくらいにしておきましょうか。お二人とも、送っていきますよ」


浜波「そ、それって…パ、パトカー…」


まるゆ「個人的な車ですから大丈夫ですよ」


陽炎「私は…」


まるゆ「陽炎さんは風邪を引いてはいけません。浜波さんは車椅子からは降りれますか?」


浜波「あ、あたしは…迎えに来てくれるから…」


まるゆ「付き合わせたのはまるゆです。どうか送らせてください」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:36:52.09 ID:pWFlQ8tco
浜波を降ろし、例のカウンセラーのもとへ向かうまるゆと陽炎
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:36:59.24 ID:r/JnJxEsO
事情を聞いた不知火

もし以前のあなたなら、動けない浜波を無視して盗んでいたかもしれません
やっぱりあなたは成長しているんですよ
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:38:00.02 ID:DlJxB/F60
陽炎ちゃん風邪引いちゃった
640 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 21:48:34.89 ID:R5k4BkCrO
ーー

不知火「そういうことがあったんですね。まるゆさんと帰ってきたから何事かと思いました」


陽炎「……」


不知火「以前の陽炎なら動けない浜波を無視して盗んでいたかもしれません。やっぱり貴女は成長しているんですよ」


陽炎「……」


不知火「滝行だってそうです。初めてで三分もできれば上出来です」


陽炎「……」


不知火「陽炎は以前とは違います。それだけははっきりと言えますよ」


陽炎「……」
641 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 21:50:47.30 ID:R5k4BkCrO
陽炎「今度……まるゆさんが言ってた…カウンセラーに…会いに行こうと思うの」


不知火「それが良いと思いますよ」


陽炎「私……」


不知火「陽炎は考え過ぎです。もっと心に余裕を持ってもいいかもしれません」


陽炎「なんで不知火は…私と同じ傀儡なのに……」


不知火「ここの皆さんに教えてもらいましたから」


陽炎「……」
642 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 21:52:39.77 ID:R5k4BkCrO
不知火「…そういえばまるゆさんはまだ帰ってないみたいですね。車が停まったままです」


陽炎「え…?」


不知火「響と何の話があるんでしょう?」


陽炎「まるゆさん…響の所…行ったの?」


不知火「そう聞いてますが…」


陽炎「ダメ…止めないと……響が…」


不知火「…ただ事ではなさそうですね。不知火が様子を見てきます」


下1〜3高コンマ 部屋の様子や響の状態などを
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:54:17.40 ID:ckuLB6hCo
猫先生を撫でながら落ち着いた様子で話を聞いている
話を聞き終わるとまるゆにありがとうと
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:55:56.56 ID:olsQIx54o
錯乱した響がそれでも堪えてまるゆを部屋から蹴り出した所(に不知火くる)
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/21(木) 21:56:24.44 ID:FBkDcM+DO

その容疑者の二人は確かに死んでいるんだよね?遺体は確認した?
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:56:29.61 ID:c7CDCGRnO
涙を浮かべて鼻水をグジュグジュさせながらもしっかりと話を聞いてる響
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 21:56:37.38 ID:UW/q7gWcO
響を雷と電が必死に押さえつけている
暁が怒り心頭
648 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 22:02:55.22 ID:R5k4BkCrO
ーー響の部屋


まるゆ「響さん…」


不知火「まるゆさん、どういうことですか?」


まるゆ「たった今…響さんに部屋を追い出された所です…」


うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!


不知火「…その響は暴れているようですね」


まるゆ「まるゆのせいで…」


不知火「一体どんな話をしたんですか?」


まるゆ「実は……」
649 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 22:05:37.70 ID:R5k4BkCrO
ーー

不知火「響が暴れるのも無理はありません。響はこの鎮守府で一、二を争う程精神が不安定なんですよ?」


まるゆ「分かってはいました…でもどうしても彼女に謝りたかったんです!」


不知火「その結果がこれでは笑えません」


まるゆ「……」


不知火「とにかく響を落ち着かせて、最悪の事態を防ぐのが重要です」


まるゆ「まるゆもお手伝いさせてもらいます!」


不知火「当然手伝ってもらいますよ」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 22:07:58.66 ID:r/JnJxEsO
暁マジギレ
謝りたかったってそれはあんたのエゴじゃないか
気持ちはわかるけどそれならもっとタイミングとやり方を考えろ
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 22:08:55.97 ID:ckuLB6hCo
ガンちゃんの包容力と猫達が落ち着かせる
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 22:10:01.08 ID:pWFlQ8tco
>>650+響はレ級が抑えてる
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/21(木) 22:10:33.62 ID:FBkDcM+DO
まるゆと不知火が何かするまでもなく響は自力で落ち着いていく
本人からしても何度も繰り返してきてコツを掴んできたと
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 22:11:23.18 ID:DlJxB/F60
響の声で電錯乱
655 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 22:22:25.39 ID:R5k4BkCrO
ーー

にゃあ〜にゃあぁぁ〜〜


ガングート「どうだちっこいの、猫は癒されるだろう」


響「先生とうすしおは可愛いからね」


ガングート「私に抱きついてきても良いんだぞ?」


響「それは孫さんだけの特権だよ」


ガングート「…そうか」
656 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 22:29:30.68 ID:R5k4BkCrO
ガングート(なんとか落ち着いてくれたようだな。これならもう安心だろう)


響「ほらうすしお、餌をあげるよ」


にゃあ〜〜ん


ガングート(まるゆとか言う刑事も反省しているようだし、これ以上混乱は起きないだろう)


響「……」
657 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 22:31:51.71 ID:R5k4BkCrO
ーー深夜


響「……」ごそごそ


にゃあん…?


響「起こしてしまっかい。ごめんよ先生」


にゃ…?


響「これかい?この格好をするのは久しぶりだからね。先生には見せたことは無いんじゃないかな」


響「ここでは私は響さ。でも本当はそうじゃない」


響「私はヴェールヌイ。これが私の本当の姿なんだ」


にゃ…にゃあ……


響「ごめんよ、もう行かないと。元気にしてるんだよ」
658 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 22:33:28.92 ID:R5k4BkCrO
にゃ……にゃあ…!


ガングート「んん…なんだ………」


にゃあ〜〜!


ガングート「響の…猫……どうした…?私が鎮守府に泊まるのが久しぶりだからか…?」


にゃ……!!


ガングート「ついて来いというのか……?」
659 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 22:34:55.86 ID:R5k4BkCrO
にゃあ〜〜!


ガングート「響の部屋…?まさか……」


ガングート「響!早まるんじゃない!!」ガチャ


…………


ガングート「誰も…居ない……」


ガングート「居ない…だと」


ガングート「響……!!」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 22:36:13.07 ID:r/JnJxEsO
鎮守府から少し離れた海岸で
行くか行かぬか迷っている響をガンちゃんが見つける
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 22:40:15.20 ID:c7CDCGRnO
>>660
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 22:41:05.91 ID:pWFlQ8tco
壊滅した街に向かうヴェールヌイ
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 22:42:36.88 ID:DlJxB/F60
深夜にシャドーボクシング中の黒潮が響を見つける
664 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 22:51:58.74 ID:R5k4BkCrO
ーー某所


響「この町に戻るのはいつ以来かな…覚えてないな」


響「ここはすっかり変わってしまった。この町にあるのはこの慰霊碑しか無い」


響「後は全て更地さ。当然だよね」


響「宗教に支配されて全員死んだ町の跡地なんて需要が無いからね」


響「…………」
665 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 22:55:08.85 ID:R5k4BkCrO
響「この慰霊碑には死んだ人の名前が刻まれている」


響「この町で死んだ……人間の…」


響「…この中に司令官を殺した犯人がいる」


響「それが確定しただけでも意味があるんだ」


響「今までは本当に町に殺されたのかは分からなかった。他の町の人間がやった可能性があったからね」


響「でもそうじゃなかった。司令官はこいつらに殺されたんだ」
666 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 22:59:02.58 ID:R5k4BkCrO
響「……」バッ


ヴェールヌイ『よくも司令官を殺したな』ジャキッ


ヴェールヌイ『お前達はもう死んだ。でもそれじゃ私の気がすまないんだ』


ヴェールヌイ『……くらえ!!』バァンッ


ガシャーーーン……


ヴェールヌイ『お前達に慰霊碑なんて必要無い。誰にも悲しまれることなく、一生冷たい地面の中にいろ』


ヴェールヌイ『……終わったよ司令官』
667 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 23:02:53.28 ID:R5k4BkCrO
ヴェールヌイ『司令官の名前はここには無い。当然だよね』


ヴェールヌイ『でも司令官はあの鎮守府があった場所に眠ってる。ここから良く見えるよ』


ヴェールヌイ『司令官……また貴方と話したい』


ヴェールヌイ『私はやったんだ。その事も報告したいな』


ヴェールヌイ『今……そっちに行くよ』ジャキッ


ヴェールヌイ『司令官……』


ヴェールヌイ『…………』ガチャッ


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
668 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:03:49.73 ID:olsQIx54o
前司令官との思い出が次々浮かんでくる響
と…声はそのまま前司令官との記憶ではない励まし、引き止めの言葉も聞こえてきた
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:04:41.91 ID:c7CDCGRnO
出撃してから補給してなかったのでさっきのが最後の一発だった+
>>668
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:04:59.20 ID:r/JnJxEsO
ガングートぎりぎり間に合って銃口を抑える
何も言わずに響が撃った死者の慰霊碑を撃つ
ついでに犯人や主犯格が住んでいたはずの場所を割り出して撃ちまくる
2人で泣きながら朝まで撃ち続ける
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:05:02.19 ID:30CLZaQb0
後に暁が響の遺体を発見する
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:05:12.89 ID:wUup8Tu7O
>>668+ガングートが駆けつける
673 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 23:17:42.60 ID:R5k4BkCrO
『やぁやぁ初めまして!こんな鎮守府だけど頑張ってくれ!』


ヴェールヌイ『そうだ……司令官とは最初は親密ななかったではなかったんだ』


ヴェールヌイ『お調子者で言うことに説得力が無くて……変な人だって思ってたんだ』


ヴェールヌイ『でも私はそんな司令官を…』


『ヴェールヌイ覚えてるか?』


ヴェールヌイ『司令官…………?』


『俺だよ俺!俺だってぇー!』


ヴェールヌイ『その…言い方………』


『分かってくれたか!』


ヴェールヌイ『司令官……!!』
674 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 23:20:35.56 ID:R5k4BkCrO
『久しぶりだな。元気にしてたか?』


ヴェールヌイ『司令官…私も今そっちに……」


『それはダメだ。お前はまたまこっちに来るんじゃない』


ヴェールヌイ『どうして!?私は司令官を…!!』


『ヴェールヌイはまだ生きているじゃないか。お前までこっちに来る必要は無い』


ヴェールヌイ『嫌だ!司令官に会いたい!もう一度私を抱きしめてくれ!』


ヴェールヌイ『司令官の居ない世界なんて…私には必要無い!!』


『安価』


下1〜3高コンマ 台詞や行動などを
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:22:46.98 ID:r/JnJxEsO
お前が死んだら困る
この悲劇や、俺たちが生きていた歴史を後世に残してくれるやつがいなくなってしまう
他の誰でもない、すべてを知っているお前だからこそ託したい
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:23:22.23 ID:D5y787T30
お前が必要な人はそっちにもいるだろほら呼んでるぞ
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:23:39.45 ID:ckuLB6hCo
ヴェールヌイを待つ人達がいるだろう
こっちに来るのはその人達としっかり生きてからにしてほしい
ずっと待っているから
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:23:42.90 ID:DlJxB/F60
でもお前を必要とする人たちがいる 応えてあげてくれないか?
679 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 23:32:45.88 ID:4imi7rZc0
『ヴェールヌイには死なないで欲しい。この悲劇や、俺達が生きていた歴史を後世に残してくれるやつがいなくなってしまうだろう』


『俺はお前を好きだった。この事実も他の誰でもないく、全てを知っているお前だからこそ託したい』


ヴェールヌイ『生きていた……歴史…』


『…どっちみちヴェールヌイは死ななかったぞ。残弾を見てみろ』


ヴェールヌイ『E……エンプティ…』


『残弾の計算ができないとはお前もまだまだだな』


ヴェールヌイ『。そうみたいだね』
680 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 23:36:55.24 ID:4imi7rZc0
『お前が今いる鎮守府は悪い所ではなさそうだな。その仲間に俺達の話をしてみたらどうだ?』


ヴェールヌイ『なんで…知ってるんだい…?』


『ほら、あれを見てみろ』


響ちゃ〜〜ん!!

ちっこいの!無事だったか!


ヴェールヌイ『みんな…』


(こんな所まで来てくれる仲間がお前にはいるんだ)


ヴェールヌイ『司令官…声が……』


(俺は…お前の活躍を……無事を……祈っ…て……)


ヴェールヌイ『…ありがとう司令官。もう少し頑張ってみるよ』


(それで……こそ…ヴェール……ヌイ…だ……!)


ヴェールヌイ「……ありがとう」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:37:22.68 ID:ckuLB6hCo
響「今日からヴェールヌイだよ」
電「かっこいいのです!」
雷「もう大丈夫なの?」
暁「わ、私より先に…負けてられないんだから!」
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:39:02.14 ID:30CLZaQb0
迂闊な行為を響をはじめとした鎮守府の皆に謝罪するまるゆ
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/21(木) 23:39:31.03 ID:FBkDcM+DO
探しに来た皆に謝り一緒に帰ろうとする際壊れた慰霊碑の中に記録媒体があるのを見付ける響
684 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 23:46:22.37 ID:4imi7rZc0
雷「響ーー!!心配したんだから!」


ヴェールヌイ「ごめんよ皆んな」


暁「困ったことがあったら私に相談しなさいっていつも言ってるでしょ!」


電「響ちゃんが無事で本当に良かったのです!」


響「いや、私は響じゃない。今日からヴェールヌイだ」


電「ヴェールヌイ!かっこいいのです!」


雷「もう大丈夫なの?」


ヴェールヌイ「あぁ、問題ない」


暁「私より先に…レディーとして負けてられないんだから!」
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:48:41.19 ID:pWFlQ8tco
暁まだ改二じゃなかったのか
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:51:14.75 ID:DlJxB/F60
まぁ響はここに来る前からヴェールヌイだったから比べるのは酷よ
687 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 23:51:29.45 ID:R5k4BkCrO
ガングート「姉妹愛は美しい…か。貴様はこれを見てどう思う?」


まるゆ「結果オーライだっただけで、一方間違えれば響さんは…」


ガングート「そういうことだ。自分の欲求を満たすことだけを考えるからこういう事が起きる」


まるゆ「響さんに謝りたいというのはまるゆのエゴ…」


ガングート「いい勉強になっただろう。私も鎮守府で学んだことだ」


まるゆ「はい……勉強させてもらいました…」


ガングート「残るは砕け散った慰霊碑か。こればかりは…」


まるゆ「いえ、それはまるゆがなんとかします」


ガングート「できるのか?」


まるゆ「ここの周辺には監視カメラもありません。まるゆの立場を使えばどうだってできます」


ガングート「随分と気前のいい警察だな?」


まるゆ「…これは今回の授業料ですから」


ーー
688 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/21(木) 23:52:18.42 ID:R5k4BkCrO
ヴェールヌイが生き残って良かったです


コメントなどあればお願いします
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:53:06.68 ID:DlJxB/F60
いやまて、暁改二じゃね?
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:59:09.63 ID:r/JnJxEsO
おつ
日進さんお疲れさまでした
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 23:59:55.06 ID:ckuLB6hCo
おー忘れてた
先に改二になってたなんてとかでなんとか…
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/22(金) 00:13:34.20 ID:SnJIYLXSo
おつおつ
別府の成長回やったぜ。
と思ってたら〆でヒェッとするじゃん!
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/22(金) 00:15:06.81 ID:H758v5+qo
怖い…怖い
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/22(金) 00:16:07.14 ID:6PXZWT0d0
おつつ
暁は色んな意味でかなり早くレディになったし‥
695 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/22(金) 00:39:51.62 ID:l/nr9eODO
お疲れ様でした
最初はまるゆが二人にそんな話をするから金ピカだから教祖、もしくは浜波がみたいな事になるのかと思った
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/22(金) 01:46:52.06 ID:CpIkiFn/0
途中の安価にもあったが陽炎には金ピカの外見に相応しい『黄金の精神』も身に着けてもらい、心身ともに光り輝く艦娘になるべき。
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/22(金) 13:47:42.29 ID:iIXFLnKsO
確か暁は素質面は問題ないが体のせいで改二になれなかった筈
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/22(金) 15:29:05.87 ID:GyIQ+vJRO
>>697
鎮守府の艦娘の中で改二が来ている勢で現在の状況を書いておこうと思います
暁 改二 素質はあったが内蔵が弱く、前鎮守府から厄介払いされこの鎮守府へ

だからすでに暁は改二 体が弱いから改二になれなかったって話はない
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/22(金) 18:28:49.35 ID:l/nr9eODO
そういえば天城は今どうなっているんだろう
もうとっくに式も挙げて結婚1年くらいは時間が経ってる気がする
700 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 18:10:18.35 ID:1jkQ2Lbz0
ーー


愛宕(今日の出撃はイマイチだったわ…演習場で訓練をしておきましょう)スタスタ


提督(漣に少し聞きたいことがあるんだがどこにいるんだ?)スタスタ


愛宕(ここには重巡も戦艦も少ないの。私が頑張らないいけないのはわかってるのに…提督が男の人だってだけで気分は良くないのよ)


愛宕(こんな私の面倒を見てくれるだけでも感謝しないといけないのに、今でも提督の指示を直接聞くことはできないのよ…)


愛宕(カウンセリングを受けても良くならないし……)


提督(漣は何処にいるんだ……?)
701 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 18:14:00.44 ID:1jkQ2Lbz0
愛宕(いつ改二が来てもいいように練度をもっと上げておかないと…)


提督(演習場にいるのか?一度そっちも見ておくか)


愛宕「う!」
提督「愛宕……まずい!」


愛宕「き……キャアァーーーーーーー!!」


提督「しまった…!愛宕と鉢合わせてしまったか……!」


愛宕「助けて!!誰か助けてぇーーーー!!」


提督「俺ではどうすることも出来ない…!誰か来てくれ!誰か!」


愛宕「ひぃぃぃーーーー!!嫌嫌嫌嫌嫌!!いやぁーー!!」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/23(土) 18:17:16.32 ID:IxYtk+ER0
悲鳴をたまたま聞きつけたアイオワ登場
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 18:17:36.68 ID:e6v5nZ9Zo
アイオワが腰が抜けて立てない愛宕と周りであたふたしてる提督を見て何をやってるの?と
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 18:21:27.11 ID:EXCZIoq8o
>>703
705 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 18:37:31.81 ID:1jkQ2Lbz0
アイオワ「アターゴ?へたり込んで何してるの?」


愛宕「あぁぁぁーーー!!」


アイオワ「提督?」


提督「愛宕は男性恐怖症なんだ!早く俺から引き離してくれ!」


アイオワ「オーゥ……」


愛宕「ひ!ひ…ひぃ……!」
706 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 18:40:47.21 ID:1jkQ2Lbz0
アイオワ「ミーが運んであげるわ。もう大丈夫よアターゴ」


愛宕「触らないで!!」バシーン


アイオワ「アゥッ…!」


提督「大丈夫か?」


アイオワ「ミーは平気!それより貴方はここから離れて!」


提督「…了解した」


アイオワ「大丈夫、大丈夫よ……」


愛宕「……」ガタガタ


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 18:48:02.74 ID:0hVz6haSO
提督が離れて落ち着いた愛宕
叩いた事をアイオワに謝り提督に対して叫んだお詫びを考える
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 18:52:01.76 ID:X13+5HP40
多少抵抗されるがなんとか無理やり救護室へ
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 18:52:14.77 ID:MAJRXMTU0
>>707+アイオワにお詫びの相談
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 18:53:12.74 ID:6JsM+ey2o
すごい僅差コンマ
711 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 18:58:11.97 ID:1jkQ2Lbz0
ーー

愛宕「叩いたりしてごめんなさい…」


アイオワ「あれくらい平気よ!ノープロブレム!」


愛宕「男の人があんなに近くに……それだけで無理なの…」


アイオワ「Admiralが無理ならどんな男の人でも無理よね」


愛宕「提督にも謝らないといけないわね…」


アイオワ「Admiralは貴女の事はわかってるのよね?それなら大丈夫よ!」
712 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 19:01:51.10 ID:1jkQ2Lbz0
愛宕「アイオワさん…私はどうすればいいのかしら?」


アイオワ「恐怖症を治したいの?」


愛宕「だってそうしないと……またこんな事になってしまうわ」


アイオワ「気をつけていればアンハッピーなことにならないんじゃない?」


愛宕「…私も変わりたいの。ちゃんと提督の目を見て指示を聞けるようになりたい」


愛宕「響がヴェールヌイを受け入れたように、私だって…!」


アイオワ「そういうことならミーも協力するわ!」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 19:03:49.70 ID:slPHsvvBo
イケメン艦の男装から慣れていこう作戦
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 19:05:45.90 ID:OshXVwROO
>>713
那智がおっぱいのついたイケメン役をやってくれる
715 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 19:08:28.07 ID:zV2b5W/z0
似顔絵から慣れていく
716 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 19:27:02.87 ID:1jkQ2Lbz0
ーー

那智「私に男装をしろと言ったのはそういう理由か」


アイオワ「似てるのから少しずつ慣れていけばハッピーよ!」


愛宕「これなら大丈夫だけど……」


那智「これが本当に愛宕のためになるのか?」


アイオワ「なるなる!ハッピーにもなるわ!」


那智「そこまで言うなら協力してやるが…」
717 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 19:30:40.96 ID:1jkQ2Lbz0
アイオワ「愛宕はこれなら大丈夫なのね?」


愛宕「ええ…」


アイオワ「次は本物の男性の服を使いましょう!」


那智「私が司令官の服を着るのか?」


アイオワ「ハーイ!」


那智「……仕方ないな。愛宕の為だ」


愛宕「これを繰り返せば本当に良くなる……そう思い込めば…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
718 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 19:32:00.37 ID:zV2b5W/z0
なんとか一言二言提督と会話できるようになったが
男装那智にガチで恋してしまった
719 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 19:35:32.35 ID:6JsM+ey2o
やっぱり何かが違うみたいで効果は薄い
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 19:35:40.54 ID:FHFuvCih0
提督とのびのび触れ合う愛宕ちゃん
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 19:35:45.05 ID:e6v5nZ9Zo
キュンと来ちゃう愛宕
722 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 19:36:21.49 ID:OshXVwROO
そこまで展開が飛ぶのか…
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 19:36:54.91 ID:6JsM+ey2o
さすがに飛躍しすぎじゃ?
724 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 20:11:00.43 ID:1jkQ2Lbz0
ーー工廠


秋津洲「これなら問題ないかも?」


愛宕「そうね…のびのびできるわ」


明石「提督くん…一号……」


夕張「喋ったりすることはありませんが、背丈や顔は全て提督と同じです!」


那智「これがあるなら最初から使え!」


アイオワ「だって〜知らなかったのよ」
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 20:12:53.94 ID:IXtPdvDLo
(すまんなんか先行者が連想されるすまんな明石)
726 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 20:13:56.68 ID:1jkQ2Lbz0
T1「」


秋津洲「提督くん一号には提督の服を着せてるかも。それでも問題ないかも?」


愛宕「今のところは…」


夕張「なら匂いがダメってことじゃないんですね」


那智「声はどうなんだ?」


愛宕「私に話しかけられた時点で無理ね…」


アイオワ「男性の声を聞くだけからオッケーなのね」


愛宕「なんとかテレビは少し観れるようになったの。でも声を大きくしたり、男の人がアップになるとちょっと……」
727 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 20:17:55.74 ID:1jkQ2Lbz0
明石「提督くん一号から…提督の声を出そうとしたんですけど…」


愛宕「無理ね……」


那智「だがこれで慣れていくのは良いんじゃないか?」


秋津洲「見た目だけは男の人と変わらないかも!」


夕張「これなら動き出すなんてことありませんからね」


アイオワ「レッツトライよ愛宕!」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 20:21:19.88 ID:yAVQFvw7O
数日後、そこには見るも無残な一号の残骸が
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 20:21:54.48 ID:CDGRprIDO
>>719
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 20:22:51.51 ID:6JsM+ey2o
>>728+どうやら艤装を使用したみたいだった
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 20:23:53.02 ID:5ZOIQjemo
報告上がるうちに提督がくさいと伝わってしまい、提督、香水選び出す
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/23(土) 20:37:03.69 ID:RROEtd8DO
未来には改良を重ねてT800とかになりそう
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 21:03:39.84 ID:d97Yj/KRO
T800の前にシュワちゃん作んないと
734 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 21:04:09.13 ID:1jkQ2Lbz0
ーー

T1「」ボロッ


秋津洲「提督くん一号が大破してるかも!」


夕張「何かあったんでしょうか?」


明石「愛宕さんが…心配です…」


陽炎「金色にしなかったからじゃない?」


北上「はーい陽炎は大人しくしてましょうね〜」
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 21:04:18.72 ID:6JsM+ey2o
T800がシュワちゃんじゃ?
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 21:07:11.17 ID:5ZOIQjemo
陽炎おばあちゃんかな?
737 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 21:11:13.76 ID:1jkQ2Lbz0
夕張「何があったか聞きに行きますか?」


秋津洲「改良して2号を作るかも!」


明石「聞き取り…調査ですね…」


北上「リアル過ぎたのが良くなかったのかな?」


陽炎「関節を金メッキにすれば動きやすくなるわよ!」


北上「動かなくていいし、それは別モノになっちゃうよね〜」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 21:12:20.29 ID:zV2b5W/z0
鎮守府に貨物船座礁
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 21:13:17.14 ID:YWhhQb0oO
和平派深海棲艦たちが鎮守府で地上生活体験会をすることに
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 21:13:21.65 ID:6uXcQpebo
身近に男性(の人形)をなまじ置いてしまったためトラウマが再燃していた。
トラウマ克服は振り出しに
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 21:13:31.79 ID:6JsM+ey2o
夜中に動いてるのを見たと愛宕が言う
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 21:14:36.18 ID:5ZOIQjemo
表情が動かないとずっと見てるときつくなって…と申し訳なさそうに謝る愛宕
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 21:17:12.74 ID:d97Yj/KRO
T800がシュワちゃんでT1000がロバートか、変な勘違いしてた
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 21:20:32.96 ID:kj0ZZsRl0
提督くん一号に使った提督の服は私服か制服か
745 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 22:03:01.13 ID:wfmDwGd7O
ーー


愛宕「……」ぶつぶつ


那智「おい愛宕…」


愛宕「!!」キッ


那智「な、なんだ?どうしたんだ?」


愛宕「……ごめんなさい。後ろから話しかけられただけで警戒しちゃって…」


那智「症状が悪化してしまったのか」


愛宕「そうみたいなの……」
746 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 22:06:05.09 ID:wfmDwGd7O
那智「何が原因だ?」


愛宕「身近に男の人の人形があったのが良くなかったわね…」


那智「それがトラウマを刺激してしまったんだな」


愛宕「今度提督と鉢合わせてしまったら、手を出さない自信が無いわ…」


那智「それはマズイな。いくら気をつけていてもこの前と同じような事は起こる可能性がある」


愛宕「今でも十分気をつけてくれてるけど……はぁ…」


那智「なんとかしてやりたいが下手な事をすると逆効果か。これは厄介だな」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 22:07:42.86 ID:utCa2zvZO
やっぱり那智が男装でケア
格好はだんだん男らしくなる感じで
すると少しづつ調子が良くなって来ると同時に男装の那智にキュンと来るように
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 22:08:33.77 ID:zV2b5W/z0
那智「いっそ男装の艦娘を増やせばどうか?普段から鎮守府をその格好で歩いてもらうとか」
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 22:11:36.49 ID:e6v5nZ9Zo
>>748
750 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 22:23:56.47 ID:wfmDwGd7O
那智「私が男装するのは大丈夫なんだな?」


愛宕「そうね…」


那智「ならここからもっと男らしくなるのはどうだ?」


愛宕「もっと?」


那智「ここにはメイクやファッションに敏感なのが多いだろう?そいつらに協力してもらうんだ」
751 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 22:28:33.99 ID:wfmDwGd7O
ーー

那智「どうだ?」キラッ


愛宕「あ……」


那智「ヅカ風のメイクにファッションらしい。私はサッパリ分からないが、男っぽくなっただろう?」


愛宕「そう……ね…」


那智「一緒に居ても問題無いならこのまま一緒に食堂に行こう」


愛宕「えぇ……」
752 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 22:34:42.08 ID:wfmDwGd7O
ーー食堂


那智「どうだ、気分は悪くないか?」


愛宕「ええ……むしろ良いくらいだわ」


那智「それは良かった」


愛宕(そうなのよ…むしろ気分は良いの。こんな気持ちになったことなんて……)


愛宕(私は那智にときめいているというの?よりにもよって男装した那智に…)


那智「……」キラッ


愛宕(ご飯を食べてるだけなのに……綺麗ね…)


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 22:36:17.34 ID:zV2b5W/z0
愛宕が男装那智を襲い新しい扉を開く
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 22:37:37.69 ID:TG06eceZO
次の段階として漣には反応するのか試してみる
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 22:37:44.72 ID:NcY3DYO30
愛宕、百合堕ち
「女の子は女の子同士で恋愛すべきだと思うの」
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 22:38:04.69 ID:e6v5nZ9Zo
口元が汚れているのを那智に拭かれて頭がフットーしちゃう愛宕
757 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 22:39:55.82 ID:e6v5nZ9Zo
普段の那智に反応しなくて男装に反応するのは単純な百合とはちょっと違うんじゃないかなぁ
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 22:40:56.09 ID:5ZOIQjemo
ぬいぬいや天龍も男装してくれるがキュンとはしない
やっぱり…と気づく愛宕
759 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 22:51:50.96 ID:wfmDwGd7O
ーー


榛名「榛名達と話したいことですか?」


霞「私だけなら薬関係だって分かるけど、そうじゃないのよね」


愛宕「私…目覚めたかもしれないの」


榛名「何にですか?」


愛宕「百合に…」


霞「そうなの。良かったわね」


榛名「もしかして百合の先輩としてアドバイスが欲しいとかですか?」
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 22:51:54.02 ID:kj0ZZsRl0
変装の程度にも夜と思うのだけれど、男装した女性が大丈夫ならば、女装した男性は大丈夫なのだろうか?
761 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 22:55:43.36 ID:wfmDwGd7O
霞「それなら瑞鶴さん達の方がいいんじゃない?私とお姉さまって姉妹愛の延長線だもの」


愛宕「分かってるわ。私が目覚めたきっかけが普通じゃなかったから貴女達に相談してるの」ら


榛名「どういうことですか?」


愛宕「私…男装した那智を見て目覚めたかもしれないの」


霞「確かにそれは普通じゃないわね」


榛名「だから普通の百合ではない榛名達に相談しに来たんですね」
762 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 22:58:33.12 ID:wfmDwGd7O
霞「何が気になるの?普段の生活は見てるわよね?」


榛名「あの、もしかして……」


愛宕「貴女達が……愛し合ってる所が見たいの」


榛名「やっぱり…」


霞「それくらいいいわよ。ね、お姉さま」


榛名「少し恥ずかしいですけど…霞ちゃんが良いっていうなら榛名は大丈夫です!」


愛宕「ありがとう二人とも…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 22:59:55.19 ID:5ZOIQjemo
生々しいのは…ちょっと違うかなぁってなる
(ヅカファンってそういうのらしいし)
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:01:18.47 ID:sVyihOHQO
ちょっと違和感を感じる
女同士であればよいというわけではなさそう
765 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:02:09.37 ID:e6v5nZ9Zo
>>764
766 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 23:15:22.41 ID:eKWReR/Z0
ーー


榛名「う……」ビクッ


霞「ふぅ…どうだった?」


愛宕「何か違うわ。違和感があったのよ」


霞「愛宕さんは純粋な百合じゃないのね。それが分かっただけでもいいじゃない」


愛宕「わざわざごめんさないね…」


霞「こっちは大丈夫よ。ね、お姉さま」


榛名「榛名は……大丈夫で…」
767 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 23:19:25.64 ID:eKWReR/Z0
愛宕「私は百合に目覚めたと思ったけどそうじゃなかった。でも男装した那智にときめいたのは事実…」


愛宕「まさか那智を好きになってしまったの!?いや、でも私が誰かを好きになるなんて…」


愛宕「もしかしたら男装した女性が好きなだけかもしれないわ!まずはそれを確かめましょう!」


愛宕「ところで……こういうのが好きな子ってここに居るのかしら?」


愛宕「ファンがいるなはその子にDVDか何かを貸してもらえば良いし、無かったらネットで買えば良いのよね」


愛宕「私はどっちにときめたのか……」


下1〜3高コンマ DVDの入手方法などを
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:21:37.64 ID:kj0ZZsRl0
瑞鶴と加賀の式の映像を見せてもらおうか
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:21:44.64 ID:X13+5HP40
普通にDMMアダルト等のネット通販で手に入った
770 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:22:11.74 ID:6JsM+ey2o
夕張がそういうのに詳しいと聞いた
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:22:16.75 ID:6uXcQpebo
ガチの裏ビデオ
772 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/23(土) 23:25:26.35 ID:RROEtd8DO
ヅカDVDの事ではないかな
773 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 23:28:21.08 ID:eKWReR/Z0
ーー


愛宕「ちょっといい?」


夕張「なんですか愛宕さん?今提督くん三号の調整で忙しいんですけど…」


愛宕「貴女がヅカ系に詳しいって聞いたんだけど…」


夕張「!!」ガシッ


愛宕「あ、あの?」


夕張「……誰から聞きましたか?」


愛宕「潜水新棲姫ちゃんから…」


夕張「くそ……!伝票を見られたか…!!」


愛宕「あのぉ…?」
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:28:49.05 ID:5ZOIQjemo
バリさんなかなか雑食な趣味をお持ちで
775 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 23:30:27.50 ID:eKWReR/Z0
夕張「…何が望みなんですか」


愛宕「試しにDVDを貸してもらおうと思っただけよ?」


夕張「……分かりました。今夜マルヒトマルマルに愛宕の部屋にブツを届けます」


愛宕「ここで渡してくれても良いのよ?」


夕張「できるわけないじゃないですか……!!」


愛宕「ヅカ系のDVDの話よね?なんでそこまで隠したいのかしら…」
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:32:05.02 ID:9FNQyQXHO
おいおいまさかヅカの舞台を映画泥棒よろしく盗撮したんじゃなかろうな
777 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 23:32:58.42 ID:eKWReR/Z0
ーー深夜


愛宕「そろそろ夕張が来る頃ね」


ブゥーーン


愛宕「あら?あれは夕張のドローン?」


ブゥーーーーン


愛宕「窓を開ければいいの?」ガラッ


ポイッ


ブゥーーン


愛宕「これはDVD…ここまでして渡さなくても……」


愛宕「…とにかく見てみましょう。話しはそれからね」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:34:33.03 ID:zV2b5W/z0
ヅカの濃厚いらやしいDVDだった、愛宕には合わなかったが
那智のそのままの姿でもときめくようになる
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:35:00.24 ID:utCa2zvZO
確かにドキドキするけど那智を見たときのキュンとくる感じがない
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:37:06.06 ID:e6v5nZ9Zo
エッチなのじゃない!と一度目をそむけるけどチラチラ見ちゃって頭に浮かんでた相手の顔は那智だった
781 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 23:52:06.83 ID:eKWReR/Z0
ーー翌日、工廠


愛宕「ありがとう夕張、参考になったわ」スッ


夕張「!!」パシッ


愛宕「そこまで必死にならなくても大丈夫よ」


夕張「これは表に出せないんですよ!ファンクラブ限定の超限定版です!」


愛宕「そうだったの?」


夕張「そうだったのって…特典マル秘映像まで見たんですよね!?」


愛宕「?」


夕張「見て……ない…?そ、それなら良いんですよ!いやー良かった良かった!」
782 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 23:54:21.99 ID:eKWReR/Z0
夕張「危なかった……自滅する所だったわね…」ボソッ


愛宕「どうしたの?」


夕張「あ、いえこちらの話しで……それよりどうでしたか?キュンとくるものはありましたか?」


愛宕「良いなとは思ったわ。でも那智を見た時みたいな気持ちにはならなかったの」


夕張「ということは那智さんの事を…」


愛宕「まだ分からないわ。でもその可能性は高くなったわね」
783 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/23(土) 23:56:32.75 ID:eKWReR/Z0
夕張「こうなったらもう一度那智さんに男装してもらいますか?それではっきりさせましょうよ!」


愛宕「その方がいいわよね…」


夕張「中途半端でモヤモヤするよりは良いと思います!」


愛宕「そう…ね」


夕張「じゃあ私那智さんに言ってきます!愛宕さんは食堂で待ってて下さい!」


愛宕「えぇ、待ってるわね」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:57:42.29 ID:zV2b5W/z0
那智への恋心が確信に変わり那智もまんざらでもなさそう
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 23:59:22.50 ID:sVyihOHQO
漣が食堂に来る
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:00:44.75 ID:sitiUx7co
見とれてぽーっとしてしまってるところに大丈夫か?と那智に顔を覗き込まれてびっくりして倒れ込んでキスしちゃった
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:01:13.73 ID:Oe6ua5jp0
男装した那智と女装した提督がくる
788 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 00:11:31.55 ID:1Z2LShgw0
ーー食堂


那智「またこの格好か。愛宕も慣れてきたんじゃないか?」キラッ


愛宕「……」ぽーー


那智「どうした?」


愛宕「あ、いえ……なんでも…」


那智「変な奴だな」


愛宕(この気持ち……やっぱり私…)
789 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 00:13:55.32 ID:9Uj78KqOO
那智「愛宕、顔が赤いぞ」


愛宕「そ!そうかしら…?」


那智「熱でもあるんじゃないか?どれ…」スッ


愛宕「おでこを!?おでことおでこがこっつんこ!?」


那智「なにバカな事を言ってるんだ。顔をこっちに持ってこい」


愛宕「そんなのまだ早いわ!私はそんなつもりじゃなくて!」ジタバタ


那智「おい暴れるな!危ないだろう!」
790 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 00:15:54.84 ID:1Z2LShgw0
愛宕「顔が近……!」グラッ


那智「愛宕!」


愛宕「あはぁ……」バタッ


那智「ぬぁっ!!」バタッ


ちゅっ


愛宕「!?」


那智「む……?」


愛宕(い、今那智と……キス…?)


那智「今の感触は……?」


愛宕「安価」


下1〜3高コンマ 愛宕の台詞や行動などを
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:17:43.32 ID:c7r4Estr0
くぁwwせdrftgyふじこlp;@
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:22:17.94 ID:oQQL6ZFWo
頭から熱排気後その場で卒倒
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:23:30.12 ID:yVEbijSKO
頭バグったまま長めのキッスをする
794 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 00:30:29.60 ID:1Z2LShgw0
愛宕「」プシューーーー


那智「な!?」


愛宕「パンパカパーーーーーン…」ドサッ


那智「どうした愛宕!?しっかりしろ!」


愛宕「私…私………」


那智「くそっ!工廠組はどこだ!?どこにいる!?」


ーー
795 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 00:30:56.04 ID:1Z2LShgw0
愛宕回はもっと早くやっても良かったかもしれません



コメントなどあればお願いします
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:36:01.75 ID:yVEbijSKO
少女漫画みたいな愛宕いいゾ〜
797 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/24(日) 00:45:22.47 ID:nM/COKdZo
お疲れ様です
お目々キラキラな愛宕ん
しれっと提督くんのナンバリング重ねられてる、工廠組の魔改造受けないといいが…
夕張のブツは合法なんですかね
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/24(日) 00:49:33.75 ID:+uQBzutDO
お疲れ様でした
これが恐怖症克服の取っ掛かりになる…のかなあ?
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 09:41:16.94 ID:LLQsRAZ00
さ、最終手段で催眠術かけて慣らすとかあるから…
800 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 09:47:43.30 ID:keHvxyTlO
どこからがボーダーなんかね
いわゆる男の娘とかは大丈夫なのか
801 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 19:49:20.42 ID:1Z2LShgw0
ーー


潜水新棲姫「ワタシと漣が留守番してればいいんだな」


龍驤「ウチらは和平派の会合に参加してくるから、その間業務とかお願いな」


漣「安心してお任せ下さいご主人様!」


提督「頼んだぞ二人とも」


潜水新棲姫「ワタシ達に任せておけば心配ないぞ」


龍驤「頼もしい二人やわ。ほな頼んどくで」
802 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 19:56:20.30 ID:1Z2LShgw0
潜水新棲姫「行ってしまったか」


漣「大人しく仕事して待ってますよ」


潜水新棲姫「何か面白いものでも無いか?」ゴソゴソ


漣「こら、なにやってんですか」


潜水新棲姫「何って見たらわかるだろ」


漣「やるなってんですよ。ほら、早く仕事しますよ」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 19:58:00.88 ID:jCep3L250
漣の仕事姿に見惚れる新棲姫
ちっとも仕事がすすまない
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 19:58:14.18 ID:oQQL6ZFWo
終わった後なら良くないか?と説得を試みる潜水新棲姫
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 19:59:23.92 ID:yVEbijSKO
順調に執務が進んで午前分は早めに終わりそうなので少しちょっかいを出してみる漣
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 19:59:46.89 ID:+5gMXvXO0
遠征から帰って来たみんなと談話しつつも仕事は続く
807 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 20:17:01.95 ID:1Z2LShgw0
ーー


漣(やっぱりコイツは優秀ですね。お昼前なのに午前の分が終わりそうです)


潜水新棲姫「……」


漣(書類仕事がパズル感覚でやれるって意味が分かりませんでしたが、このスピードを見たら説得力がありますよね)


潜水新棲姫「よし、これはもう終わり…」


漣(かなり余裕がありますね。これなら少し遊んでも大丈夫でしょう)


潜水新棲姫「漣、次の書類はどれだ?」


漣「少々お待ちください。次はですね……」
808 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 20:21:56.59 ID:1Z2LShgw0
漣「次はこれですな。お願いします」


潜水新棲姫「ん?この書類は午後の遠征についてじゃないか。まだ昼前だぞ?」


漣「……」


潜水新棲姫「おい漣?」


漣(何かイタズラでもしてやろうかと思いましたけど何が良いでしょう?色々ありますが、ここは…)


下1〜3高コンマ 漣の行動などを
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 20:25:19.23 ID:Sg8vI98wO
椅子に座った漣の膝に座らせて繋がりながら執務させる
810 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 20:25:47.26 ID:nM/COKdZo
誰かと過剰なスキンシップして反応を見る
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 20:29:49.30 ID:sitiUx7co
膝の上に乗せてさわさわ
してたら自爆してしまう
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/24(日) 20:29:50.22 ID:+uQBzutDO
ドッキリを仕掛ける
突然苦しみだしたり仕掛け人に拐われそうになったら新棲姫はどんな対応をするか
813 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 20:37:29.71 ID:1Z2LShgw0
漣「それはちょっと置いといて、漣の膝の上にでも乗りませんか?」ポンポン


潜水新棲姫「お前の膝の上…」


漣「どうですか?仕事もひと段落しましたし」


潜水新棲姫「仕事をしないわけにはいかないだろう」


漣「では今やったのを見直して下さい。それならいいですよね?」


潜水新棲姫「……」
814 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 20:40:57.68 ID:1Z2LShgw0
漣「はぁ〜お前は可愛いですねぇ〜〜」ナデナデ


潜水新棲姫「んぅ……」


漣(効いてますね。白い肌が紅くなってます)


潜水新棲姫「やめてくれぇ……んん…」もじもじ


漣(もじもじしちゃって可愛い奴ですね。ちょっかい出すのも中々面白いですね)


潜水新棲姫「漣…恥ずかしい………」


漣「ふふ〜〜ん」


潜水新棲姫「うぅ……」
815 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 20:45:21.57 ID:1Z2LShgw0
潜水新棲姫「ん……」もじもじ


漣(ちょっと……そんなに激しく動かれると…)ムクッ


潜水新棲姫「!?」


漣(やっちまいました……漣の主砲が…)


潜水新棲姫「漣……?まだ…昼にもなってないんだぞ……?」


漣「……」


潜水新棲姫「ひゃっ!また…大っきく……」


漣「……」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/24(日) 20:47:44.22 ID:+uQBzutDO

机の下をやってみましょうか
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 20:48:13.16 ID:oQQL6ZFWo
まずいと思っててもやめられない止まらない
そうこうしている内に潜水新棲姫の方もスイッチが入ってしまう
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 20:48:14.65 ID:jCep3L250
漣誘うが
新棲姫に仕事を放棄するわけにはいかないと拒否される
819 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 21:00:08.13 ID:1Z2LShgw0
漣「あの……どうですか?」


潜水新棲姫「今は仕事中だろ……」


漣「そうですよね……」


潜水新棲姫「せめて…昼まで待て……」


漣「はい…………」
820 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 21:01:46.33 ID:1Z2LShgw0
潜水新棲姫「……」


漣「……」


潜水新棲姫「ぁ……」ビクッ


漣「ちょっと……動かないで下さいよ………」


潜水新棲姫「お前が動かしたからだろ…!」


漣「これは整理現象です…」


潜水新棲姫「……」


漣「……」
821 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 21:04:42.08 ID:nM/COKdZo
仕事は真面目な新姫ちゃん……?
822 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 21:05:16.18 ID:1Z2LShgw0
ーー


漣「あ、お昼のチャイム…」


潜水新棲姫「漣……」


漣「……」クイッ


潜水新棲姫「座ったまま…か?」


漣「もう我慢できねぇんですよ……!!」


潜水新棲姫「……漣、挿れる前にワタシのに触ってみろ」


漣「……」スッ
823 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 21:07:22.71 ID:1Z2LShgw0
漣「これ……」ネチャッ


潜水新棲姫「限界なのはワタシもだ……」


漣「糸引くほど…よく我慢できましたね」


潜水新棲姫「仕事は放棄できないだろう……」


漣「腰が抜けるくらいのをやってやりますから」


潜水新棲姫「んふ……」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
824 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/24(日) 21:08:37.32 ID:+uQBzutDO
執務室なので当然誰かが訪ねてくる
扉がノックされ慌てる二人
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 21:09:29.06 ID:PwZ2yPuf0
愛宕、那智に本気で惚れて積極的にアプローチ
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 21:09:33.67 ID:1HDTeiCDO
入れた状態で>>824
必死に乗り切る二人
827 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 21:16:56.85 ID:1Z2LShgw0
ーー

潜水新棲姫「あぁぁぁぁ……!!」


漣「執務室だから興奮してるんですか?いつもより締まりが凄いですよ?」


潜水新棲姫「そん……な…のっ!言う……なぁ!!」


漣「まぁ漣も興奮しまくってますけどね。そろそろ一回目…」


コンコン


漣「!?」
潜水新棲姫「!?」


葛城「提督、少し聞きたいことがあるんだけど?」
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 21:17:58.92 ID:oQQL6ZFWo
また葛城かwww
829 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 21:19:32.46 ID:1Z2LShgw0
漣「い、いまご主人様は居ません!」


葛城「もうご飯行っちゃったの?」


漣「違います!今日は和平派の会合です!」


葛城「それって今日だったんだ…そっかぁ…」


潜水新棲姫(漣……!!)


漣(わかってますよ!やり過ごすしかありません!)


潜水新棲姫(せめて服を着ろ!下半身はどうとでも隠せる!)


漣(わかってますって!!)
830 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 21:23:28.10 ID:1Z2LShgw0
葛城「別に漣でもいいから入るわよ〜」ガチャ


漣「……」


潜水新棲姫「……」


葛城「ちょっとぉ、提督が居ないからって自由にやり過ぎじゃない?膝に彼女を乗せるなんて…」


漣「いいじゃないですか……ご主人様も…龍驤さんも居ませんし……」


潜水新棲姫「……」


葛城「仕事はちゃんとしなさいよ、もう」
831 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 21:27:40.95 ID:1Z2LShgw0
漣「あの…用事というのは……?」


葛城「そうそう!午後の出撃の海域を確認したかったの」


漣「それでしたら…こちらです……」スッ


葛城「ありがと!ええっと、支配海域を維持するから……」


潜水新棲姫「ぅ……!」ブルッ


漣「ちょっ……!なに締めてんですか………!!」ヒソヒソ


潜水新棲姫「ふ〜……ふ〜……!!」


漣「そうか…奥まで挿入しっぱなしだから……ずっと気持ちいい所に当たり続けて……!」


潜水新棲姫「も………ダメ…!!」


漣「耐えて下さい……!!」
832 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 21:31:20.97 ID:1Z2LShgw0
葛城「やっぱり装備換えた方がいいと思うけど…漣はどう思う?」


漣「ご主人様の……考えですから…何か……意図があるんですよ…」


葛城「そうよねぇ……提督が居ればどんな理由なのか聞けたのになぁ」


潜水新棲姫「ィ………!イィィ…………!!」


漣「ぐっ…………!!」


葛城「…どうしたの漣?何震えてるの?」


漣「さ…む…………!」


葛城「寒い?今日はあったかいくらいじゃない」


漣「ぁっ………!!」


潜水新棲姫「〜〜〜〜!!」


葛城「……?」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 21:33:37.07 ID:oQQL6ZFWo
葛城「調子悪いんなら休んどきなさいよー」と葛城が執務室を出ていった後に盛大に注いでしまう漣
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 21:33:43.46 ID:PwZ2yPuf0
葛城膝に乗せる新しいストレッチと勘違いし部屋を出る
続けて4回戦までやってしまう
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 21:33:51.77 ID:nM/COKdZo
葛城気づかず
やり過ごした二人はさらに盛り上がる
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 21:33:59.96 ID:jCep3L250
一度イッテしまい吹っ切れる二人は葛城に見せつけるように2〜4ラウンド致してしまう
葛城は顔を真っ赤にして途中で逃げ出した
837 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 21:45:04.26 ID:1Z2LShgw0
葛城「寒いってことは風邪引いてるんじゃないの?体調には気をつけなさいよ」


漣「は……い…」


葛城「じゃあ私は出撃の準備してくるわ。そっちも頑張って」ガチャ


潜水新棲姫「漣……あっ……!」


漣「葛城さんは…もう行きましたし……手加減しませんよ……!!」
838 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 21:50:38.61 ID:1Z2LShgw0
ーー


潜水新棲姫「あっ!あっ!あぁぁっ!!」


漣「二、三回で済むと思わないで下さいよ…!」


潜水新棲姫「もう…お腹いっぱい……入らない……」


漣「……ぅぐ…!」ビクン


潜水新棲姫「あ"っ…!!」


漣「ふぅ………まだ入るじゃないですか」


潜水新棲姫「お…っ!!あ"………ぁぁっ…!」


漣「まだまだいきますからね……!」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 21:51:20.43 ID:PwZ2yPuf0
ガングート産気づく
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/24(日) 21:52:44.69 ID:+uQBzutDO
いつもはそうでもないのに今日に限って千客万来
続いてのお客様は…
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 21:53:00.81 ID:wLP6N/2V0
思い出した事があって執務室に引き返して来た葛城、見事に目撃
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/24(日) 21:56:34.87 ID:+uQBzutDO
戻って来るまで何分あったのか判らないけどもう二、三回…漣ってもしかして早…
843 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 22:03:43.80 ID:1Z2LShgw0
葛城「そうだ、思い出したことがあったんだけど…」ガチャ


漣「あ」


潜水新棲姫「ぉぉぉぉぉ……」プシッ


漣「潮…吹きやがりました……」


葛城「な……なにしてんのよぉーー!!」


漣「ええっと……性行為を…」


葛城「そんなの見れば分かるわよ!」
844 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 22:07:48.51 ID:1Z2LShgw0
葛城「ここは執務室なのよ!?」


漣「すいません…我慢できなかったんです……」


葛城「入ってる所を見せないで!いいから早く抜いてよ!」


漣「はい、今すぐに……」


潜水新棲姫「ひぅ……」ゴボッ


葛城「う……!!」


漣「え〜っとティッシュティッシュ……垂れてきてますね…」


葛城「な、な、な……!」
845 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 22:10:11.13 ID:1Z2LShgw0
潜水新棲姫「おしっこ……でた…」


漣「大丈夫ですよ、臭い消しは準備してます」


葛城「ああああああああ貴女達…!」


漣「はい?」


葛城「う……うぅん……」バタッ


潜水新棲姫「葛城が倒れたぞぉ……」


漣「嘘ぉ……婚約者いるんですよね…?」


潜水新棲姫「刺激が強かったのか……?」


漣「このままじゃいけませんね…どうにかしないと……」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:11:46.36 ID:PwZ2yPuf0
>>839
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:13:15.83 ID:1HDTeiCDO
とりあえず葛城は部屋の隅に寝かせて掃除
掃除しながらそういえば漣が私に答えてくれてからナアレの形が変わって大きくなった気がすると
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/24(日) 22:13:41.71 ID:+uQBzutDO
ソファで目を覚ます葛城
思い出して食って掛かるも何の話ですか?ずっと仕事してましたよ、葛城さんは貧血大丈夫ですか?と
849 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:17:22.45 ID:1HDTeiCDO
ナは忘れてください
850 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 22:19:41.53 ID:1Z2LShgw0
ーー

葛城「うーーん…」


漣「葛城さんは隅に寝かせておきましょう」


潜水新棲姫「うまくいけばさっきのは夢だと思うだろう」


漣「そううまくいきますかねぇ…」


潜水新棲姫「いかなくても大丈夫だろう」
851 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 22:24:23.89 ID:1Z2LShgw0
潜水新棲姫「そういえば一つ気になっていたことがあるんだ。初めてワタシを抱いてからアレの形が変わってないか?」


漣「…気付いてましたか」


潜水新棲姫「ナカに入れられるんだから気付いて当然だ」


漣「そうなんですよ…明らかに大きくなったんですよねぇ」


潜水新棲姫「ワタシは今の大きさが気持ちいいから好きだぞ」


漣「だからでしょうね。そっちに適応したと考えるのが筋ですな」
852 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 22:29:21.79 ID:1Z2LShgw0
潜水新棲姫「人間は大きさを変えられないらしいな」


漣「普通はそうなんですよ。漣みたいなのが特例なんです」


潜水新棲姫「そうなんだな…」


漣「さて、掃除も終わりましたね。トイレは大丈夫ですか?」


潜水新棲姫「大丈夫だ。それより漣」


漣「?」


潜水新棲姫「お前の事は好きだぞ」


漣「また……このタイミングで…」


潜水新棲姫「これから抱かれるたびに言うからな。気持ちを伝える意味もあるし、好きでもない奴に抱かれたくないという意思の表れでもある」


漣「さいですか……」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:30:37.52 ID:nM/COKdZo
>>848
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:32:43.90 ID:VLZffR9B0
和平派の会議の結果、和平派深海棲艦たちが鎮守府で地上生活体験会をすることに
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:32:51.57 ID:PwZ2yPuf0
和平の集まりが最近悪くなって急進派が台頭してきた
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:32:59.55 ID:oQQL6ZFWo
潜水艦新棲姫「でも欲をいうならもっと優しくシテ欲しい…」
恥じらいながらの発言に漣砲の仰角が上がり始めて…
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:33:38.46 ID:sitiUx7co
午後も順調に終わらせてお昼抜きだったので早めに食堂へ
858 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 22:45:11.21 ID:1Z2LShgw0
ーー


幹部「会議の結果和平派の深海棲艦を一度地上で生活させてみようとなったわけだが、中々リスクはあるね」


提督「私もそう思います」


龍驤「でも決まってしもうたもんは仕方ないし、やるしか無いで」


幹部「レ級君達が何人も和平派の深海棲艦を集めてくれた成果でもある。多少のリスクは無視しても良いかもしれないね」


提督「そう言ってもらえるなら嬉しいですが…やはり不安が大きいですね」


龍驤「ウチにおる連中見とったら安心やけど、人間の言葉がわからん深海棲艦もおるんよなぁ」
859 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 22:49:38.56 ID:1Z2LShgw0
提督「それに人間に対して友好的でないのも居ると聞いている」


龍驤「和平には賛成やけど、人間とは仲良くする気はないで〜って感じやね」


幹部「不安がありそうな深海棲艦は私が面倒を見る。提督君達は引き続き和平派の深海棲艦を集めて欲しい」


龍驤「レ級らもその内出発するし、また仲間を集めてきてくれるで!」


提督「海に出ればほぼ毎回仲間を見つけてきてくれる。やはり和平派は一定数いるんだ」


幹部「早く和平を結ぶことが目標だね」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:51:14.28 ID:sitiUx7co
>>825
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:51:58.92 ID:OS7fjNkDo
生活中のタイミングで徹底侵略派の深海が偶然攻めてくる
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:52:40.03 ID:Sg8vI98wO
暁、レ級のあの約束が気になる
練習してきてくれてるのかどうか
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:52:59.51 ID:XCESw1Sp0
あからさまに間違った日本語で話すヲ級が来た
864 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/24(日) 22:54:55.65 ID:+uQBzutDO
幹部さんが比較的人間にも友好的な離島棲姫をこの鎮守府で面倒を見てほしいと不安そうな面持ちで
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/24(日) 22:57:36.73 ID:+uQBzutDO
考えてみたら人間の生活体験にこの鎮守府はちょっと向いてないよね

ちょっと?
866 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 23:01:53.07 ID:1Z2LShgw0
ーー後日


提督「もしもし?」


幹部『提督君緊急事態だ!』


提督「何かあったんですか?」


幹部『深海棲艦が攻めてきたんだ!』


提督「それが…緊急事態ですか?」


幹部『攻めてきた場所が問題なんだ!前の会合の決定は覚えているだろう!?』


提督「深海棲艦を地上で生活させるものでしたね」
867 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 23:06:03.70 ID:1Z2LShgw0
幹部『深海棲艦を生活させている鎮守府を狙うように深海棲艦が攻めてきたんだ!』


提督「それは一大事ですね…」


幹部『戦力的に厳しい鎮守府がいくつかある!提督君の所から増援は無理かい!?』


提督「……厳しいですね。うちはガングートの影響でただでさえ戦力が落ちてます」


幹部『そうだったね……』


提督「主力は防衛で置いておきたいです。それにこちらにも攻めてくる可能性も捨てきれません」


幹部『そうだね……』


提督「駆逐艦や軽巡ならなんとか出せます。それでも大丈夫ですか?」


幹部『とにかく数が必要なんだ…ありがとう』


提督「それでは今すぐ増援を送ります」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 23:07:57.25 ID:oQQL6ZFWo
撃退はしたが決して少なくはない損害が出る
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 23:10:51.70 ID:sitiUx7co
和平派の深海棲艦も応戦してなんとか撃退
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/24(日) 23:11:45.00 ID:+uQBzutDO
それぞれの鎮守府に被害が出て和平深海もかなりの数が殺されてしまう
生き残りを和平派の本拠地で匿う事に
871 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 23:26:39.50 ID:1Z2LShgw0
ーー某鎮守府


川内「酷い……」


暁「深海棲艦を狙ってるみたいに被害が出てる…」


川内「戦いたくないからって地上に来たのに。こんなのって無いよ」


暁「これじゃあ意味が無いじゃない……」


川内「鎮守府の方にも被害が出てるみたいだね…」
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 23:27:22.70 ID:nM/COKdZo
もしかして寝返った同胞の処分が主目的…いや考えすぎか…
873 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 23:33:00.93 ID:1Z2LShgw0
「わざわざ来てもらって悪いが、もう終わった後だ」


川内「ここの憲兵さん…」


「こっちは予期しない大規模な侵攻により鎮守府は半壊。艦娘にも被害が出た」


暁「あれ……」


「あの肉塊は艦娘だったものだ。艤装の展開が間に合わなかったんだろう」


川内「酷い……」


「ここで保護した深海棲艦は全員死亡。死体も確認済みだ」


暁「うぇ……」


川内「暁」


暁「大丈夫…大丈夫よ……」
874 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 23:39:20.01 ID:1Z2LShgw0
「ここに居た深海棲艦は全滅だが、生き残っている深海棲艦もいるらしい」


「そいつらはまとめて本部で面倒を見ると言っていたぞ」


川内「和平派の本部って幹部さんの所だよね?」


暁「どれくらい残ってくれたのかしら…」


「こっちはもういい。その本部とやらに向かった方がいいんじゃないか?」


川内「そうだね…幹部さんにも会っておきたいし」


暁「急いで行きましょう!」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 23:40:36.86 ID:1HDTeiCDO
戦艦の二人が深海側のまとめ役をしてる
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 23:41:41.92 ID:VLZffR9B0
生き残った深海棲艦たちは抗戦派への復讐を叫んでいる
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 23:41:52.73 ID:wLP6N/2V0
その本部に向けても深海棲艦が襲撃する
和平派深海棲艦を優先的に攻撃しており、深海棲艦の内乱ないし反乱分子の粛清の可能性が浮上
878 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 23:42:28.06 ID:nM/COKdZo
生き残った子たちがトラウマに震えてる
879 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/24(日) 23:55:17.15 ID:1Z2LShgw0
ーー

ガヤガヤ


川内「皆んな騒いでるみたいだね」


暁「当然よ……仲間がやられたんだもの」


幹部「川内君、暁君、わざわざ来てもらってありがとう」


川内「様子はどうですか?」


幹部「仲の良かった艦娘をやられてしまった子も居てね。復讐してやるって騒いでるんだ」


暁「気持ちは分かるけど、それをしてしまったら向こうと同じになっちゃうのに…」
880 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/25(月) 00:00:43.89 ID:dsYWwMkq0
幹部「何日かすれば落ち着くと思うよ。だからこっちは大丈夫さ」


川内「復讐は何も生まないんだよ……それが分からないなら…」


暁「川内さん、帰りましょう」


川内「……」


幹部「ここに深海棲艦が攻めてきたとしても平気さ。だから君達は提督君に報告を頼む」


川内「……了解しました」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/25(月) 00:02:10.18 ID:l8mCVYODO
老幹部から提督へ資料が送られてくる
深海棲艦の研究報告書
今和平に賛同している深海棲艦は原種であり繭由来の新種は地球上の生物ではない可能性があると書いていた
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:03:07.92 ID:JSHw4CRfO
もうだめかと思っていたら穏健派の深海棲艦が寄生して助かった艦娘がちらほらいると報告が上がってくる
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:03:13.44 ID:7fBMUx+50
和平派が足並みが揃わない 悲観的になる
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:04:06.90 ID:xNXAEmHbo
クキが生き残った深海棲艦が感情の起伏が激しいことに気づく
コイツら普通の深海とは違う種類かもしれないな
885 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/25(月) 00:10:56.98 ID:dsYWwMkq0
ーー

提督「今日はどういった要件なんですか?」


漣「漣をご指名という事はそっち関係で?」


幹部「そうなんだ。先日の大規模襲撃によって何人もの艦娘が被害に遭ったのは知っているね?」


幹部「死体も確認されて安置所で保管していた所…その死体が動き始めたんだ」


漣「寄生…!」


幹部「そうだ、彼女達は和平派の深海棲艦に寄生されて助かったんだ」


提督「死んだと思われていた深海棲艦も寄生したことによって、艦娘の体の中で生きているんですね」


幹部「そういうことになるんだ」
886 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/25(月) 00:15:25.81 ID:dsYWwMkq0
漣「それで漣は何をすればよろしいですか?」


幹部「喋れない艦娘や意識が混濁している艦娘がいるんだ。それは寄生によるものだと思う」


幹部「体の中に深海棲艦がいる漣君なら意識の保ち方やコツなんかが分かるだろう?」


漣「なるほど……」


幹部「寄生されたと思われる艦娘は大部屋に集めてある。一度様子を見てくれないかい?」


漣「了解しました!漣にお任せを!」


提督「どれくらいの艦娘が寄生されていたんですか?」


幹部「死んだと思われた艦娘の八割から九割だね」


提督「九割も……」


幹部「本当は全員助かって欲しかったんだがね…」


下1〜3高コンマ 寄生された艦娘の様子などを
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:17:12.63 ID:7fBMUx+50
上手く体が動かせず言葉もつたない
888 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/25(月) 00:19:37.85 ID:l8mCVYODO
>>887+寄生するにも相性というものがある、緊急避難的に寄生してその後どうなるかは解らないと重巡棲姫
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:20:00.31 ID:xNXAEmHbo
漣みたいにどっちの意識も保ってる子はいない
深海の方が残ってる子に状況を説明して落ち着かせたり宥めたり
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:20:04.84 ID:fibctr28o
みんな状況がよく飲み込めていない
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:20:31.67 ID:u0K0s0vMo
殆どが怯えたり、深く心に傷を負っている
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:21:19.95 ID:Cn1P8LRc0
意識がはっきりしてくると自分のなかに自分でないもの、寄生した深海棲艦がいるとわかりパニックを起こしたりする艦娘が出てくる
893 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/25(月) 00:33:55.13 ID:dsYWwMkq0
「えげ……げ……」

「オ…ぉ………」


漣「上手く喋れない子が殆ど…こんな症状見たことありません」


重巡棲姫(寄生するにも相性というものがある。緊急的に寄生してもその後どうなるかは解らないんだ)


漣「そうか……貴女は私を選んで寄生した…漣なら大丈夫だからと選んで…」


重巡棲姫(死ぬ事は無くなったが普通に生きていくのは辛いかもしれないな)


漣「それでも死ぬよりかはマシなんです。死んでしまえば命が終わってしまいます」


重巡棲姫(このままだと死んだ方がマシだと思うかもしれないぞ)


漣「……そんな事はさせませんよ」


ーー
894 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:34:11.09 ID:taOgh/An0
寄生からの蘇生系だとヒドゥンという超傑作SF映画を思い出すわ。
人を助けるための寄生って尊いよね…。
895 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2019/02/25(月) 00:34:32.55 ID:dsYWwMkq0
このスレはここまでです


次スレでもよろしくお願いします
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:38:38.44 ID:Cn1P8LRc0

由良さんがまだ和平を見限りませんように
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:38:53.77 ID:AkNQZCBT0
おつです
次も宜しくお願いします
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:38:58.35 ID:xNXAEmHbo
おつです
深海棲艦の行動に免疫の過剰反応を連想してまう
それはそうと葛城はちっとも情事慣れできないねえまあ遭遇するシーンがシーンではあるけどもww
899 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/25(月) 00:40:32.74 ID:l8mCVYODO
お疲れ様でした
扉の恩恵ないしは影響を受けるのはこの星で生まれ育った者だけで今の世界になっても繭が残ってるはこの星の生物じゃないからとか前から考えてたり
900 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:42:49.17 ID:JSHw4CRfO
いつもの悪い癖がでてるよ
901 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:43:38.47 ID:u0K0s0vMo
まだ確定してない設定の押し付けはやめような
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:45:44.70 ID:Cn1P8LRc0
>>899
それだとNAMELESSもこの星の生物じゃないということにならんか?
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:47:29.95 ID:taOgh/An0
さっきは変なタイミングで書き込んですみません…。
お疲れさまでした。
 
わざわざ遺体に寄生とか和平派深海勢の自己犠牲感ハンパない。リハビリという名の共同作業で心身一体になれたらいいね…。
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/25(月) 00:52:59.77 ID:l8mCVYODO
ごめん…
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/25(月) 01:05:44.80 ID:l8mCVYODO
こうじゃないかと思ってるというだけであって押し付けてるつもりは無いんですけどね…
アケボノ達は一応影響は受けていると認識してる
906 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 01:10:36.84 ID:fibctr28o
いや、そのまだ自分の中で思ってるだけの話されてもって感じなんだけれども…
吐き出すところは外伝スレがあるからそっちで書いてれば拾ってもらえるかもしれんよ
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/02/25(月) 02:27:58.48 ID:l8mCVYODO
>>906
そうですね
すみません…少し気が弛んでしまっていたようです
こうやって自分で自分のネタ潰ししてる馬鹿がいると思ってください
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 20:06:06.23 ID:u0K0s0vMo
【艦これ】龍驤「もう少し、足りないもの」その9【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1551092377/
誘導
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 20:06:54.03 ID:xNXAEmHbo
ダンケ!
260.38 KB Speed:28.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)