高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「暖房の効いたカフェで」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:33:19.67 ID:f9yJVwN50
――おしゃれなカフェ――

北条加蓮「お待たせー」ガチャ

<ヴォオォー

加蓮「ごめんね? 急にモバP(以下「P」)さんから電話があって……」

高森藍子「いいえ。……打ち合わせ、いいんですか? もし、無理に切り上げたんだったら――」

加蓮「違う違う。それがさ、聞いてよー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1552213999
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:34:26.91 ID:f9yJVwN50
レンアイカフェテラスシリーズ第65話です。

<過去作一覧>
・北条加蓮「藍子と」高森藍子「カフェテラスで」
・高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「カフェテラスで」
・高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「膝の上で」
・北条加蓮「藍子と」高森藍子「最初にカフェで会った時のこと」

〜中略〜

・高森藍子「北条加蓮ちゃんと」北条加蓮「向かい合う日のカフェで」
・高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「とてもとても寒い日のカフェテラスで」
・高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「新年のカフェで」
・北条加蓮「藍子と」高森藍子「雑貨カフェで」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:34:54.80 ID:f9yJVwN50
加蓮「打ち合わせはすぐ終わったの。確認っていうかちょっとしたことっていうか、そんな感じで」

藍子「はあ」

加蓮「でさ、最初に藍子を待たせて今トイレからって言ったのに、Pさんってば話を続けようとするんだよ?」

加蓮「しかも聞いてよ。割り込んで来るからよほど大切なことかって思ったらさ――」

加蓮「また体調を崩してないかとか、風邪を引いてないかとか! 暖かくなる今の時期がヤバイんだぞって! もう聞き飽きたわよ!」

藍子「ふふ。それだけPさんが、加蓮ちゃんのことを大事にしているってことですよ」

加蓮「それも何回も聞いたー!」ウガー!

藍子「ごめんなさい〜っ」

加蓮「ったく……」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:35:24.75 ID:f9yJVwN50
藍子「あっ。Pさんが、加蓮ちゃんのことを心配したのって――」

加蓮「?」

藍子「あのお話をしたからかな……?」

加蓮「……どのお話をしたのかな?」

藍子「ほら、この前、春物を探してみようってショッピングに行こうって加蓮ちゃんが誘ってくれて……」

藍子「その時に試着して、買った服があるじゃないですか。薄いふわもこのシャツ」

加蓮「あったあった。パッと見てすぐ決めたヤツよね」

藍子「暖かすぎなくて、涼しすぎなくて――」

加蓮「夏にもいけるんだよねー。しかも結構どれでも合わせやすい色の」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:35:54.89 ID:f9yJVwN50
藍子「あの時、加蓮ちゃん、一緒に試着した写真をPさんに送ったんですよね?」

加蓮「やっぱバレてたかー」

藍子「そんなにすぐに見てほしかったんですか?」

加蓮「まあねー」

藍子「……あれっ、珍しい。加蓮ちゃんが素直に認めた……? どういうことでしょう……?」

加蓮「……それだけで探偵みたいに口元に手を置いて考え始めるのってすっごく失礼じゃない? 私に」

藍子「え〜」

加蓮「失礼でしょ……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:36:24.66 ID:f9yJVwN50
加蓮「あと、見てほしいって言っても私じゃなくて藍子をだからね?」

藍子「私?」

加蓮「だって藍子にピッタリのだったし。まるで藍子用にオーダーメイドしたってレベルで」

藍子「加蓮ちゃんの方が似合うと思うけれどな……。でもこの間、Pさんが写真のお話をして、加蓮ちゃんのことばかり言っていましたよ?」

加蓮「……はい?」

藍子「すごく似合う、とか、新しいコーデで閃いたことが、とか……。あと何だったかな?」

藍子「そうそう、新しいファッションのお仕事を、だそうです。良かったですね、加蓮ちゃん」

加蓮「私は藍子を見てほしかったんだけど……。まぁいいや」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:36:54.63 ID:f9yJVwN50
藍子「ん〜……。あの時、加蓮ちゃんのスマートフォンから、Pさんにメールをしたんですよね? それだと普通、自分を見て、って加蓮ちゃんが言っているって思うんじゃ……?」

加蓮「あぁそれもそっか。次から同じことがあったら藍子のスマフォ借りるね」

藍子「は〜い」

加蓮「さーて何着せて送ろっかなー。水着かなー、ちょっと大人なルームウェアかなー」

藍子「イヤですよ!? 普通の私服でいいじゃないですかっ」

加蓮「あははっ。……っていうか藍子的にはいいんだ」

藍子「?」

加蓮「いや、一応自分も映ってる、しかも簡単だけどコーデ決めてる写真送ったのにPさんガン無視で、私のことばっかり話しててしかもこっちに仕事って、藍子的にはそれでいいのかなって」

藍子「よく分かりませんけれど、加蓮ちゃんのお話でたくさん盛り上がったので、たぶんいいんだと思いますよ?」

加蓮「……アイドルとして悔しいとか、そういうのはないの」

藍子「それは――」

藍子「……あはは。何言ってるんですか。加蓮ちゃんのことで盛り上がって、加蓮ちゃんにお仕事のお話が来たんですよ? とってもいいことじゃないですかっ」

加蓮「あっそ……」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:37:25.18 ID:f9yJVwN50
加蓮「そういえばまだ注文してなかったっけ」

藍子「加蓮ちゃん、ここに来てすぐに電話に行っちゃいましたよね」

加蓮「先に頼んでおいてくれてよかったのに。あっ、そうだ。久々にアレやらない?」

藍子「あれって?」

加蓮「ほら、相手が何を欲しがってるか当てるヤツ。今日はサンドイッチの気分とか、今日はシチューの気分とか」

藍子「ふふ、なんだか懐かしいですね。いいですよ?」

加蓮「言ったね? 絶対当ててやるからっ」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:37:54.73 ID:f9yJVwN50
藍子「じゃあ――」

藍子「じ〜」

加蓮「メニューメニュー。今月の限定は何かなー。桜寿司? 桜っぽいちらし寿司なんだ。ホント色々やるなぁここの限定メニュー」

藍子「じ〜」

加蓮「これはなんか違う気がする。でも普通のメニューって気もしないし、スイーツ系――」

藍子「じ〜」

加蓮「……、じっくり見られると照れるんだけど?」

藍子「じ〜」

加蓮「聞きなさいっ」ペチ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:38:24.44 ID:f9yJVwN50
藍子「いたいっ。だって、こうしていた方が分かりやすいかなって……。それに、せっかく加蓮ちゃんが目の前にいるんですから、加蓮ちゃんを見て考えたいじゃないですか」

加蓮「だからって、ちょっと見すぎ」

藍子「……ダメ、ですか?」

加蓮「……そんな頼み方されて断れる人がいないって知ってるでしょアンタ」

藍子「???」

加蓮「あぁうん、やっぱりそうだよね」

加蓮「はいはい。好きなだけ見ればいいじゃない」

藍子「じゃあ、お言葉に甘えてっ。じ〜」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:38:54.73 ID:f9yJVwN50
加蓮「ハァ。……んー、こっちかなぁ、それとも……」

藍子「じ〜」

加蓮「んー…………」

藍子「じ〜」

加蓮「よし決めた。たぶんこれだっ。藍子は? 加蓮ちゃんのリクエスト、分かった?」

藍子「じ〜」

加蓮「……………………」ペチ

藍子「いたいっ! なんだかさっきより痛いですっ」

加蓮「さっきより痛くしたもん。で? 決まったの?」

藍子「決まったって、何が?」

加蓮「……………………」ベシ

藍子「いったぁ! 何なんですか〜っ」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:39:24.58 ID:f9yJVwN50
加蓮「……アンタ、私達が何の話をしてたのか覚えてる?」

藍子「へ? えっと、ちょっと待っててくださいね。確か、加蓮ちゃんがPさんと電話していたお話があって、その後に――」

加蓮「相手が食べたそうにしてる物を注文するって話よこのノロマっ!」チョップ!

藍子「ゎ!」ヨケル!

加蓮「よけるな!」

藍子「よけます!」

加蓮「もー……。このミニハンバーグってのが食べたいからそれでいい? いいよね。すみませーん。ミニハンバーグと、あと生クリームパフェと、コーヒー2つでー。お願いねー」

加蓮「全くっ」

藍子「……だって、加蓮ちゃん見てるの楽しくて……」

……。

…………。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:39:54.35 ID:f9yJVwN50
<ヴォオォー

加蓮「ごちそうさまでした」

藍子「ん〜……♪」

加蓮「相変わらず美味しそうに食べるなぁ。……一口、」

藍子「?」モグモグ

藍子「はいっ、加蓮ちゃん♪」

加蓮「いやごめん、一口って言いそうになったけど、たぶんそれ甘すぎて私には無理……」

藍子「むぅ」

加蓮「ごめんってばー。まぁ? 藍子ちゃんが? 加蓮ちゃんにどうしても、あーん、ってしたかったのは分かるけどー?」

藍子「分かっているなら、どうして思わせぶりなことを言うんですかっ」

加蓮「え、逆ギレ?」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:40:24.40 ID:f9yJVwN50
藍子「もぐもぐ……♪」

加蓮「……んー、あれ? なんか目がぱちぱちする……?」

藍子「!?」

加蓮「疲れ――藍子? なんでそんなぎょっとしてんの?」

藍子「……、」(パフェのフルーツを食べる)

藍子「……、」(スプーンを置く)

藍子「加蓮ちゃん。今日は家に戻って、熱いお風呂に入って、体を暖かくして寝ましょう」

加蓮「何急に」

藍子「あとこの前お母さんに相談したんですけど風邪薬って予防にもなるって言ってました。だから絶対飲んでくださいね。もし家にないなら帰りに、」

加蓮「何急に! 別に体調崩してないわよ! アンタもPさんと一緒かっ!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:40:54.39 ID:f9yJVwN50
藍子「だって加蓮ちゃん――」ウルッ

加蓮「ちょ……いや、え、は!? 泣くこと!?」

藍子「加蓮ちゃん、」

加蓮「勝手な想像で勝手に泣かれるとか面倒すぎて……えーと……とにかく! 面倒なんだけど!?」

藍子「何もしてないのに疲れてる時って、たいていその後、体調を崩すじゃないですか。あの桜の日もそうだったじゃないですか……。うぅ」グスッ

加蓮「桜の日……? あぁ、あの時の……。暖かくなったから思い出しちゃったんだね。ごめん」

藍子「ううん……。加蓮ちゃんのせいじゃないですから」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:41:24.19 ID:f9yJVwN50
加蓮「あの時もそうだったって、私予兆みたいなの見せてた?」

藍子「ほんのちょっぴりだけれど、見せてました。なんにもないのに少しお疲れ気味だったり、くしゃみをしてたり!」

加蓮「そうだっけ? ……いや、だからさ、なんで私も気づいてないことアンタが気づいてるの?」

加蓮「とにかくホントそういうのじゃないから。安心して? ね?」

藍子「……ほんとですか?」

加蓮「ホントホント。ほら、涙拭きなさいよ。はい、ハンカチ」スッ

藍子「……」ジー

加蓮「……今度は何」

藍子「……」

藍子「……ふいて?」

加蓮「自分で拭けぇ!」ナゲル!

藍子「あぅ」ペチッ

藍子「……」フキフキ

加蓮「……、」コメカミオサエ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:41:54.31 ID:f9yJVwN50
加蓮「……とにかく、そういうのじゃないから安心して。ね? 無理とか無茶でもなくて、ホントにそういうのじゃないから」

藍子「……」コクン

加蓮「よし」

加蓮「でもさ、なんだか目がぱちぱちしてさー。冬は乾燥するから大変ってお母さん言ってたけど、気にしたことないんだよね私。もしかして老けちゃったかなー……」

藍子「う〜ん? でも、言われてみれば、今日ってなんだか乾燥していますよね」

加蓮「藍子は気にする方なんだ」

藍子「ちょっぴりだけ、ですよ」

加蓮「んー。そういう日なのかな」

藍子「今日の天気は……。普通の曇りですね」

加蓮「寒くもないよね?」

藍子「そういえば最近、雨があんまり降ってません。もしかして花粉症……?」

加蓮「私はならないから平気。そういえばなんかニュースで言ってたよねー。藍子的にはラッキーでしょ。お散歩しやすいし」

藍子「何言ってるんですか加蓮ちゃん。雨の日には、雨の日にしか見つからないものがあるって、加蓮ちゃんも知ってるでしょ〜?」

加蓮「あはは、やっぱり私は晴れてる方が好きかな?」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:42:24.46 ID:f9yJVwN50
藍子「目がお疲れなら、目薬なんてどうですか?」

加蓮「持ってなーい。藍子は?」

藍子「無いです……」

加蓮「残念。……別に買いに行こうとコート羽織らなくていいよ?」

藍子「そうだ。目が疲れている時には、熱いおしぼりもいいんですよねっ」

加蓮「だから疲れてる訳じゃないってばー。でも試してみよっか。せっかくだし」

藍子「試してみましょうっ。すみませ〜んっ」

……。

…………。
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:42:54.49 ID:f9yJVwN50
<ヴォオォー

加蓮「……で?」(藍子が隣に座っている)

藍子「?」(加蓮の隣に座っている)

加蓮「おしぼりを目に当てるって話なのに、なんで膝枕がいるの?」

藍子「だって、横にならないと目に当てにくいですよ?」

加蓮「それはそうだけど、藍子がいる必要はないじゃん」

藍子「加蓮ちゃん」

加蓮「何」

藍子「はい、どうぞ♪」ポンポン

加蓮「アンタがやりたいだけでしょこれ……。はいはい。じゃあ、お邪魔しますっと」ゴロン
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:43:24.43 ID:f9yJVwN50
加蓮「おしぼりを目に当てて――」

加蓮「……」

加蓮「……思ってたより気持ちよくないかも」

藍子「あれっ?」

加蓮「ほら、やっぱりね? 私疲れてないんだよ。効果ないってことは私疲れてない!」

藍子「良かったですね、加蓮ちゃんっ」

加蓮「よいしょ」(起き上がろうとする)

藍子「!」(ぐいっと加蓮の頭を掴む)

加蓮「……」

藍子「……」

加蓮「……?」

藍子「……あ、あはは、つい」

加蓮「……まーいいけど」

藍子「……♪」ナデナデ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:43:54.83 ID:f9yJVwN50
□ ■ □ ■ □


加蓮「2時間が経ちました」

藍子「2時間が経ちましたね」

<ヴォオォー

加蓮「……藍子のゆるふわの呪いって、1時間で解除されるんじゃなかったっけ?」

藍子「の、呪いって何ですか」

加蓮「呪いは呪いでしょ! 私を膝の上に2時間も置いて!」

藍子「加蓮ちゃんだって気持ちよさそうに目を細めてたじゃないですか!」

加蓮「うぐ」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:44:24.24 ID:f9yJVwN50
藍子「あとちょっぴりうたたねもしていました!」

加蓮「うぐぐ……。……よしっ。この話はお互い無かったことにしよう」

藍子「は〜い」

加蓮(……お互いも何も劣勢なの私だけだったんだけどねー。そこに気づかない辺りは変わらないんだね、藍子)

藍子「? 加蓮ちゃん、また悪だくみですか? 口のところが、なんだかイタズラっぽく曲がってますよ」

加蓮「うんうん、やっぱりカフェでは向かい合って座る方が私達らしいね」

藍子「……? そうですね。こうしていた方が、加蓮ちゃんの顔を見やすいです」

加蓮「うんうん。藍子だねー」

藍子「……??」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:44:54.29 ID:f9yJVwN50
藍子「そういえば……目の、治りましたか?」

加蓮「んー、それがビミョー。やっぱり気になるっていうか、ぱちぱちするっていうか……」

藍子「やっぱり具合が悪いんじゃ――」

加蓮「違うっての。何? アンタそんなに私を布団に連れ込みたいの?」

藍子「……本音を言えば、そうなります」

加蓮「えー」

藍子「本音を言ってしまってもいいのなら――」

加蓮「うん、言っちゃえ言っちゃえー」

藍子「加蓮ちゃんにはずっとお布団の中にいてもらいたいです!」

加蓮「おぉー」

藍子「そして、私がそれをずっと見守っていたいですっ」

加蓮「……ごめん後半は聞かなかったことにしたいわよ。だからそういうの怖いんだけど」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:45:24.47 ID:f9yJVwN50
藍子「加蓮ちゃん」

加蓮「ん」

藍子「次のお仕事は、お布団の中からやりましょう!」

加蓮「何ができるのそれ!?」

藍子「何ができるか考えてみましょうよ。ほらほらっ」

加蓮「えええぇ……。布団の中って……。トークくらいしかできなくない? 他に何かある?」

藍子「そうですね〜。お布団の中から、LIVEですっ」

加蓮「できる訳ないでしょ! 機材とか音源とか、っていうかステージじゃないじゃん!」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:45:54.13 ID:f9yJVwN50
藍子「LIVEはダメですか? それなら、加蓮ちゃんがお布団の中に入って、私がそれを撮って、アイドルのグラビアってことにしませんか?」

加蓮「しないわよ! またファンレターとかSNSで殺されるんだけど私! "#幽霊アイドル加蓮ちゃん"とかハッシュタグつけられて定期的にバズられるのさすがに嫌なんだけど!?」

藍子「確かに……幽霊ではあまり可愛くないので、お化けにしましょうか」

加蓮「そこじゃない!」

藍子「これもダメですか? 他にずっと生きていられるのって――」

加蓮「私は人間なんだけど!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:46:24.30 ID:f9yJVwN50
藍子「グラビアも無理なら……では、ラジオは?」

加蓮「ラジオ……。あー……ラジオかぁ……。ラジオなら、そりゃできるかもしれないけどさー……。お布団で? わざわざ?」

藍子「ほら、ラジオの現場ではよく、リラックスしていこうって言われますよね。お布団って、すごくリラックスできると思いませんか?」

加蓮「それは分かるけど……。じゃあ、お布団の中から届けるラジオ番組、藍子ならタイトル何にする?」

藍子「ふぇ?」

加蓮「……」

藍子「……」

加蓮「……」

藍子「……ら、ラジオ・お化けの加蓮ちゃん――」

加蓮「殺すな!!」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:46:54.25 ID:f9yJVwN50
藍子「でも、ほら。加蓮ちゃん、Pさんから新しいお仕事をもらえそうなんですよね?」

加蓮「まー私だけじゃないんだけどね」

藍子「?」

加蓮「なんでもない。でもさ、それファッション系のヤツなんでしょ? 布団と関係ないでしょ」

藍子「そこは――」

加蓮「そこは」

藍子「お布団に身を包んだ加蓮ちゃんとか……」

加蓮「斬新すぎるわよ……」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:47:24.25 ID:f9yJVwN50
藍子「もうっ。加蓮ちゃんは、さっきからわがまますぎですっ。あれもダメこれもダメ、って! どうしたら満足なんですか?」

加蓮「まず布団っていうワードから離れなさいよ!」

藍子「どうしてですかっ。加蓮ちゃんから、お布団を取ったら――」

藍子「……あれ? いつも通りの加蓮ちゃんですね」

加蓮「やっと気づいてくれた……。じゃあ、」

藍子「いつも通りの加蓮ちゃんもいいですけれど、新しいお仕事だから、新しい加蓮ちゃんって言うのもいいですよね」

藍子「じゃあ、やっぱりお布団――」

加蓮「もうアンタが簀巻きになってステージにでも上がってろ!」

……。

…………。
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:47:54.60 ID:f9yJVwN50
<ヴォオォー

加蓮「すみませーん」

藍子「この"ひとくち定食"、お願いしますっ」

加蓮「お願いしまーす。……それにしてもメニューって増えてばっかりだよね。ほら、ページも増えてる」パラパラ

藍子「次は、何が増えるのかな?」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:48:24.38 ID:f9yJVwN50
藍子「……う〜ん……」

加蓮「?」

藍子「あ、いえっ。さっきからずっと何かが気になっていて……。加蓮ちゃん、分かりますか?」

加蓮「それで分かるほどアンタくらいにエスパーしてないわよ。なんか予定を忘れてるとか?」

藍子「それは大丈夫です。ここに来た後で、スケジュールをもう1回確認しましたから」

加蓮「来る前にしなさい……。じゃあ、連絡しないといけない相手がいるとか」

藍子「私のことじゃないんです。このカフェで、気になることがあるというか……」

加蓮「カフェで?」ミワタス
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:48:54.52 ID:f9yJVwN50
藍子「う〜ん……」

加蓮「誰かいるとか。友達とか、いつも握手会に来てくれる人とか」

藍子「そうじゃなくて……」

加蓮「じゃあ逆に誰かいないの? 店員は普通にいたし……」

藍子「そうでもないですっ」

加蓮「ふうん。私は特に気になることはないけど……。また探偵モードやっとく?」

藍子「あはは……。私は別に、探偵さんではありませんよ?」

加蓮「いやいや。名探偵藍子ちゃんシリーズがあるじゃん」

藍子「いつできたんですか、それっ」

加蓮「確か……写真探偵でしょ? 公園探偵に、加蓮ちゃんに失礼な探偵、そして今回のカフェ探偵」

藍子「たぶん、写真探偵と公園探偵は同じ時のお話だったと思いますけれど――って、加蓮ちゃんに失礼な探偵?」

加蓮「さっきの」

藍子「もうっ」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:49:24.23 ID:f9yJVwN50
加蓮「っと、店員さん。ありがとー」

藍子「ありがとうございますっ。これ、色んな料理が一口で食べられるサイズになって、並んでいるんですね」

加蓮「一口定食だもんね。メニューの写真より種類多くない?」

藍子「どれどれ……」パラパラ

藍子「本当っ。店員さんの、ちょっとしたサプライズなのかも?」

加蓮「あー。かもね。メニューより本物の量の方が少ないっていうのはよくあるけどさ。逆なのはいいね。量が少ないとがっかりするし。……例えば駅横のハンバーガーショップとか」

藍子「なんだか、恨みのこもった声が……」

加蓮「ぺしゃんこにしたパンズ、しなしなのレタス、指が1本欠けたおもちゃ。……潰れればいいのに」

加蓮「藍子。探偵の権限で調査してきなさいよ。なんか不正とか見つけてちょっと潰してきてよ」

藍子「無理ですっ。調査はできても、不正って……。それに、潰しちゃダメだと思います」

加蓮「やっぱり?」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:49:54.33 ID:f9yJVwN50
加蓮「……あ」

藍子「?」

加蓮「言っとくけどおもちゃは奈緒だからね。私じゃないからね?」

藍子「は、はあ。……あぁそっか。指が欠けちゃったおもちゃって、注文しないと分かりませんよね」

加蓮「そういうことよ藍子探偵。先回りして言っとくけど、違うからね?」

藍子「ふふっ、分かってますよ」

加蓮「ならいーけど」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:50:24.13 ID:f9yJVwN50
加蓮「探偵かー。ふと思ったんだけど失礼な探偵ってどんなのだろ。ほら、ドラマとかでもさ、失礼っていうかウザい警官はよく見るけど、ウザい探偵ってあんまり見なくない?」

藍子「そうですね。失礼な探偵……。勝手に人の家に入ったり、聞き込みをしたり……とかでしょうか?」

加蓮「人の事情にズケズケ踏み込んできたりとか。『ほら、アンタが犯人なんでしょ?』って感じでさ」

藍子「今の、凛ちゃんの物真似?」

加蓮「ちょっと意識してみた。絶対探偵役とか似合うって。藍子、ちょっと張り合ってきなよ」

藍子「協力でいいじゃないですか〜」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:50:54.49 ID:f9yJVwN50
加蓮「でもさ、探偵って何人か集まったらバトルしてない? プライドを賭けた勝負! 誰よりも早く真実へたどり着いてみせる! 的なヤツ」

藍子「確かに、マンガでもよく、ライバルが出てきたりしますよね。協力なら、助手さんや弟子さんが出てくるでしょうか?」

加蓮「弟子……」

藍子「お手伝いします、加蓮先生っ♪」

加蓮「いらないからそこで共犯役にでもなってなさい」

藍子「探偵が犯人ですか。それは、あんまり見たことがないような?」

加蓮「なんかダメなんだって。Pさんが言ってた」

藍子「そうなんですね。共犯ってことは、私は誰かと協力するんですか?」

加蓮「主犯は私」

藍子「そんなことだとは思ってました……。きっと、Pさんが大事にとっておいたポテトを、勝手に食べちゃったとかですよねっ」

加蓮「え? Pさんは私の物だって言って監禁するけど」

藍子「たまには穏便に済ませましょうよ!」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:51:24.25 ID:f9yJVwN50
加蓮「こういう時の警察役って、まゆとか凛になったりするのかなぁ」

加蓮「……」

加蓮「……藍子、失敗したら許さないからね」

藍子「き、急に真面目な顔に……。でも、まゆちゃんや凛ちゃんが警察役だったら、確かに加蓮ちゃんは捕まっちゃダメですね」

加蓮「でしょ? 期待してるわよー、弟子ー」

藍子「がんばらなきゃっ」

……。

…………。
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:51:54.24 ID:f9yJVwN50
<ヴォオォー

加蓮「ごちそうざまでした」

藍子「ごちそうさまでしたっ。ふふ、ちょっぴり意外でしたっ」

加蓮「? 何が?」

藍子「だって、いつの間にか野菜の料理がほとんどなくなっていて。食べたの、加蓮ちゃんですよね?」

加蓮「あー……」

藍子「好きな物、ポテトから野菜に変えたんですか?」

加蓮「そういうつもりじゃないんだけどね。周りが栄養摂れ摂れってうるさいからかなぁ……。そんな優等生になりたい訳じゃないのに」

藍子「いいじゃないですか〜。そうだっ。今度、お肉も野菜もいっぱい入った料理、作ってきましょうか?」

加蓮「いいね……ってちょっと待って。一応聞いとくけどそのレシピ誰の?」

藍子「茜ちゃんに教えてもらっ――」

加蓮「パス!」

藍子「り、量はちゃんと調節しますから。ねっ?」

加蓮「……、それならいいかなぁ」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:52:24.49 ID:f9yJVwN50
藍子「今度、一緒に作りませんか?」

加蓮「パス」

藍子「……あれもパスこれもパスって、加蓮ちゃん、やっぱりわがままですっ」

加蓮「食べる係ならいくらでもやってあげるからそう怒らないの――」ムズッ

加蓮「……?」

藍子「加蓮ちゃん?」

加蓮「ん、いや今急になにかむずってしたっていうか、そわってしたような……」

藍子「そわっ、て?」

加蓮「そわっ」

藍子「そわっ?」

加蓮「そわ」

藍子「そわ……」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:52:54.30 ID:f9yJVwN50
加蓮「あははっ。ゾワゾワってほどじゃないんだけど、こう、だから"そわ"ってした感じ?」

藍子「なるほど〜。何の動物のことかな? って悩んじゃいました」

加蓮「そわ。そわそわ……。なんか白鳥っぽい?」

藍子「確かに……? でも、続けて言ったら、加蓮ちゃんが"そわそわ"しているみたいになりませんか?」

加蓮「オーディションで自分の前の番号の子が入った後みたいな?」

藍子「次の日が課外学習の時の夜みたいな?」

加蓮「新曲を用意してくれたってPさんが教えてくれて、その帰りを待つ時的な」

藍子「いつも読ませてもらっているマンガを、未央ちゃんが買ったって教えてくれて、読みに行く途中のようなっ」

加蓮「……ちょっとくらいアイドルらしい例えを出しなさいよ」

藍子「……み、未央ちゃんだってアイドルですし」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:53:24.47 ID:f9yJVwN50
藍子「それより、"そわ"ってしたんですか?」

加蓮「うん。なんかいつもあるはずの物がない……いや逆かな、いつもないハズの物が……」

藍子「いつも、ないはずのもの……」

<ヴォオォー

加蓮「……」ミアゲル

藍子「……」ミアゲル

加蓮「……暖房っていつもこんなにうるさかったっけ?」

藍子「いつもより、だいぶ音が聞こえますよね……? だっていつもは、暖炉の形に積み上げたレンガの中に、ストーブを入れてて、だから暖房はひかえめ設定――」

藍子「……あれっ?」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:53:54.42 ID:f9yJVwN50
藍子「た、大変です加蓮ちゃん。いつもの暖炉がありません!」

加蓮「え? 何言ってんの、壁にいつものようにレンガ――あれ絵だ! レンガじゃなくて壁に絵を描いて、いや絵を貼ってる!」

藍子「暖炉さんはどこへ!?」

加蓮「もしかして目が変な感じだったのってそれで……。すみませーん! 暖炉! 暖炉はどうしたの!?」

藍子「えっ……リニューアル?」

加蓮「レンガは新しい物を探すから、その間だけ絵に変えた……?」

藍子「……」

加蓮「……」

<ヴォオォー
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/10(日) 19:54:24.25 ID:f9yJVwN50
藍子「よかった、なくなった訳じゃなかったんですね」ホッ

加蓮「もうアレないと寒い季節は生きてられなかったもんねー」ホッ

藍子「そんな大げさなっ」

加蓮「藍子だってそうでしょっ。なんで今まで気付かなかったのよ。それに何よ"暖炉さん"って」

藍子「あ、あれはつい。……加蓮ちゃんだって、慌てて店員さんを呼んだ時の声、すごく必死でしたよ?」

加蓮「だって場合によってはここを駅横のハンバーガーショップと一緒に潰さなくちゃいけなくなるし」

藍子「やめて〜っ!」


【おしまい】
28.61 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)