【P5x俺ガイル】八幡「やはり俺の友達は9股するなんてまちがっている」続

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

262 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:43:36.88 ID:+9mh/Azpo
ー昼 八幡ベストプレイスー


八幡「はー。腹減ったぁ」

志帆「ここいい場所だね?」

蓮「何でもっと早く案内しなかったんだ?ずるいぞ」

八幡「うるせえよ…ここは俺が安心出来る唯一のベストプレイスなんだよ文句あるか」
263 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:44:10.00 ID:+9mh/Azpo
蓮「文句はないが異議はある。そのカレー焼きそばパンはどこで買ったんだ?」

八幡「あぁ?お前ほんとカレーに並々ならぬ執着を………購買だよ購買」

蓮「そうか盲点だった。行ってくる」

志帆「あはは…ほんと自分に正直だね。いってらっしゃい蓮」

蓮「うん。行ってきます」

八幡「いてらっさい」
264 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:44:45.59 ID:+9mh/Azpo
八幡「………」

志帆「……食べないの?」

八幡「ん?まあ。箸休めかな」

志帆「お箸持ってないのに?素直に蓮を待つって言えばいいのに…ふふっ」

八幡「うっさいですよ」

志帆「ごめんごめん。ふふ」
265 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:45:34.06 ID:+9mh/Azpo
志帆「んん……ここほんといいね。風が良い感じ」

八幡「この学校で唯一存在する安らぎの場だからな」

志帆「だから独り占めしてたの?」

八幡「今まではな」

志帆「そっかそっか」
266 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:46:03.60 ID:+9mh/Azpo
八幡「あの、鈴井さん。ちなみに何すけど…蓮と付き合ってるとか?」

志帆「え!?いや!全然だよ!そういうんじゃない……///」

八幡(ほぉ…これはこれは。あいつの9股説ってあながち嘘でもねぇなっつーか全然あり得そうだな)

志帆「比企谷くんは彼女いるの?」

八幡「ははは。いるわけない」

志帆「好きな人は?」
267 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:46:32.00 ID:+9mh/Azpo
八幡「いねえっす」

志帆「そっか。どんなタイプの人が好みなの?」

八幡(出たよ女子トーク。だが勘違いしてはいけない。これはただの雑談なのだ。別に俺の好みなぞどうでも良いのだ)

八幡(この手の話題がさらっと出る場合は、相手に対して興味なくはないんですよというアピールのためである)

八幡(なのでこの場合、用意された答えを返すに限る)

八幡「優しい人かな」

志帆「優しい人かぁ。どんな風に?」
268 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:47:20.22 ID:+9mh/Azpo
八幡(おおっと追撃。だがこれにも勘違いしてはならない。なぜならほんとに話したい相手は今この場にいないから)

八幡(だから仕方ない目の前のお前で時間潰しでもするか、という意味なのである)

八幡(よってこの場合の返答もテンプレを返すに限る)

八幡「人当たりとかそういうとこかね」

志帆「そうなんだ?」

八幡(簡潔すぎたかな?まあいいおそらくこれで少し沈黙が流れるに違いない)

志帆「じゃあ同じくらい優しい人が2人いたらどういう所を見て決めるの?」

八幡「………」

八幡(あれ?これは予想外な展開)
269 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:47:55.61 ID:+9mh/Azpo
八幡「うぇっと…えと、そうだな…」

八幡(いかん。なぜかパニクってしまった落ち着け俺)

八幡「雰囲気っつーかこう…話の合う人かな」

志帆「そっかぁ」

八幡(こちらばかりやられていても何だ。反撃だ!八幡いっきまーす!)

八幡「鈴井さんは?」

志帆「私も同じかな。優しい人」

八幡(まんま返してくるとはありがたい。さっきのをそのまま返せばいいだけだからな)

八幡「どんな風に優しい人?」
270 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:48:26.24 ID:+9mh/Azpo
志帆「もしかしなくてもさっき私が言ったことそのまま返してる?」

八幡「さすがにバレましたか」

志帆「もうっ。比企谷くん話しやすいね?ふふっ」

八幡「え?マジすか…?」

八幡(話しやすいなんて言われた記憶はあるだろうか?いいえ、そのような覚えはございません)

志帆「蓮のおかげかな?あんな紹介のされ方だったしね?」

八幡「…そうかも」

八幡(そうだ。間違いなく蓮のおかげだ。こうして誰かとちゃんと話せるようになれたのも、こうして初対面で話せるようになれたのも)
271 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:49:06.52 ID:+9mh/Azpo
八幡(鈴井さんはどうなんだろう?雰囲気から察するに俺みたいなぼっちではなさそうだが。どことなく陰を感じる)

八幡(だからかもしれない。あいつがこうして彼女を引き合わせてくれたのは)

八幡(底抜けに明るい由比ヶ浜と、落ち着き払う雪ノ下。どちらとも違い、どことなく陰が見える鈴井さん)

八幡(雪ノ下も由比ヶ浜も、初対面の時はそれなりに会話はこなせた。だがこなしただけにすぎない)

八幡(この俺が蓮の他に親しくなれるとしたら鈴井さんなのかもしれない)

八幡(なんて事を思った所でそれを押し付けたりなどしない。なぜならきもがられたらショックだからだ)

志帆「比企谷くんはどうして友達いないの?」

八幡「そんなドギツいストレート食らったのは久しぶりだな…」

志帆「あ!ごめんね!?別に嫌味なつもりないんだよ?!本当だよ!?」

八幡「ははっ。わかってるよ」
272 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:49:41.20 ID:+9mh/Azpo
八幡「そうだな、俺に友達がいないのは」

八幡(蓮と出会うまでの事を思い出してみると…。記憶を過去へ飛ばすほどに笑えてしまう)

八幡「かっこつけてただけなのかもな…」

志帆「かっこつけたら友達いなくなるの?」

八幡「いやまあなんつーか…俺は友達なんかいらないって本気で思ってたんだ」

八幡「人に期待するのもされるのも嫌で。価値観とかそういうの押し付けあいたくもなくて。信頼しあうのも億劫で」

八幡「何より……」

志帆「裏切られる事が怖かったんだね?」

八幡「!?」
273 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:50:18.39 ID:+9mh/Azpo
志帆「何となくわかるなぁ。そういうの」

八幡「………」

志帆「相手を思いやるのはいいけど、その思いやりが相手にとって重荷になってないか不安になったり。逆に思いやってもらいたいなぁなんてすがったり」

志帆「比企谷くんは優しいんだね。優しいから怖いんだよね。変わってしまう事が」

八幡「なんで…」

志帆「何でわかるかって事?そうだなぁ…前いた学校に唯一の親友がいるの」
274 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:50:53.52 ID:+9mh/Azpo
志帆「その子はね、外見のせいで酷いイメージ持たれてて」

志帆「最初はツンツンしてたんだけど、話してくうちにこの子もつらかったんだなぁってわかった」

志帆「だからね、比企谷くん。比企谷くんのその気持ちや考えは君1人が持ってるものじゃないんだよ」

志帆「案外、誰でも持ってるものなんだよ」

志帆「それを知るだけでさ、ちょっと気が楽にならない?なぁんだ、皆一緒だったんだ?って」ニコッ

八幡「………」
275 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:51:26.20 ID:+9mh/Azpo
八幡(やばい。なんか泣きそうだ)

八幡(蓮といい鈴井さんといい。どうして秀尽から来たやつはこうなんだ?)

八幡(あっさり俺の心の扉を開けやがる)

八幡(憎まれ口を叩かれれば俺は減らず口で返す。嫌味には自虐で返す)

八幡(この2人の前では俺が培ってきた教訓とやり方が本当に役に立たない)

八幡(参った。降参だ)


八幡「その通りかもしれないな…」
276 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:52:22.17 ID:+9mh/Azpo
志帆「きっとそうだよ」

八幡「参ったな。全面降伏します。いつもなら減らず口叩いてそっぽ向くとこだけど」

志帆「うん。それでいいと思うな」

八幡「…鈴井さん」

志帆「なあに?」
277 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:52:54.49 ID:+9mh/Azpo
八幡「俺と友達になってくれないか?」

志帆「うん!喜んで」ニコッ

八幡「なんだ天使か」

志帆「えっ?天使?」

八幡「あ!いや!何でもない…忘れてくれ」

志帆「んー?……あっ。………///」

八幡(気付くの遅くありません?つか気付いて照れるのやめてもらっていいですか可愛いです)
278 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:53:30.93 ID:+9mh/Azpo
蓮「ニヤニヤ」

八幡「おい…そういう効果音は口に出すもんじゃねえぞ蓮…」

志帆「蓮?!いつからいたの!?」

蓮「八幡がどんなタイプが好みなのかあたりから」

八幡「結構前だなおい!」

志帆「もう!蓮のいじわる!」

蓮「ははっ」
279 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:54:09.50 ID:+9mh/Azpo
八幡「くっそ…まいいや。ほら、飯にしようぜ」

志帆「うん!そうだね」ニコッ

蓮「なあ八幡?」

八幡「んだよ?」

蓮「俺に嘘ついたな?カレーパスタサンドしかなかったぞ」

八幡「購買の在庫は知らねぇよ…」
280 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:54:59.21 ID:+9mh/Azpo
ー教室ー


平塚「よーしお前ら、今回のテストの結果を発表する。良く聞け」

蓮「この学校のテスト結果はずいぶん早いんだな」

八幡「それだけ教師の仕事は暇だって事だr…いてっ!?」ゴッ

平塚「もし比企谷が言ったような事がまた聞こえてきたら音速のマグナムチョークだからな!」

八幡「いててて…」

蓮「八幡は魅力が足りないんだな。俺は魔性の男だぞ」ドヤッ

八幡「はあ?何の話だよ…」
281 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:55:52.72 ID:+9mh/Azpo
平塚「まずクラスのトップは………でれれれれれれれれ」

蓮「先生がドラムロールやるのか」

八幡「暇なんだr…いってぇ!?」ズガッ

平塚「でれれれれれれれれデン!!!!雨宮だ。よくやったな」

全員「おお〜〜〜〜」

平塚「ちなみに学年トップも雨宮だ。この調子で励め。では今日は終わりだ。気をつけて帰りなさい」

全員「うぉおおおおおお〜〜〜〜〜〜!!!」

八幡「お前ってすげぇんだな…」

蓮「知識の泉だからな」
282 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:56:22.94 ID:+9mh/Azpo
ー放課後 通学路ー


蓮「今日は奉仕部はないんだな」

八幡「ん?ああ。まあな…」

蓮「どうした?」

八幡「いや、その…あいつらがよ。たまには2人で遊びに行けって言うからよ…」

蓮「ああ、なるほどな。じゃどこ行く?」

八幡「え?いいのか?」

蓮「何がだ?」
283 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:57:33.75 ID:+9mh/Azpo
八幡「いや、遊び。行けるのか?」

蓮「ああ。元々あった予定が昨日片付いたし。今日は暇だ」

八幡「じゃあ…うち来るか?妹がさ、どうしても一回会ってみたいってうるさくってよ…」

蓮「小町ちゃんだったか?」

八幡「言っとくが小町はやらねえからな」

蓮「あきらめるのか?」

八幡「何をだよ!?」
284 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:58:12.22 ID:+9mh/Azpo
ー放課後 八幡宅ー


八幡「たでーま」

蓮「お邪魔します」

八幡「小町ぃー?おーい」

蓮「留守か?」

八幡「みてーだな。んだよ小町のやつ…自分が連れてこいつってたくせに」

蓮「まあいいじゃないか。で?八幡の部屋はどこだ?」

八幡「上だよ。飲み物持っていくから先に上がってろよ」

蓮「わかった」
285 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:58:56.26 ID:+9mh/Azpo
八幡「えっと…MAXコーヒーでいいよな?いいはずだ。あとは…」

蓮「なあ八幡」

八幡「うわぁお!?なんだよいきなり背後から…おどかすなよ…」

蓮「カレーのにおいがするな」

八幡「あ?まあな。昨日の晩飯カレーだったから」

蓮「カレーはいいよな」

八幡「あ?ああ…そうね」

蓮「カレーはいいな。カレーがいいカレーにしろ」

八幡「後半ただの要求になってねえか?」
286 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 16:59:46.18 ID:+9mh/Azpo
ー八幡の部屋ー


蓮「これが八幡の部屋か。いいな」

八幡「いいって何がだよ?普通の部屋だろ」

蓮「普通こそ最高だ。お前は何もわかってない」

八幡「いや、そんな普通ぶりを絶賛されましても…」

蓮「ところで八幡?」

八幡「んだよ」

蓮「エロ本またはBD等は」

八幡「お黙りなさい」

蓮「データ派か?という事はPCの中にオタカラか。よしまずはオタカラまでのルートを確保」

八幡「触らせんぞ」
287 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:05:19.00 ID:+9mh/Azpo
蓮「小町ちゃんはどんな感じの子なんだ?」

八幡「ああ?そうだな良く出来た妹だよ。小町は可愛い千葉1の妹であり世界一のプリティシスターでありその可愛さは目に入れても痛くないほどだ」

蓮「目は痛いだろ?」

八幡「いやいや…わかんだろ?!もののたとえだよ!」

蓮「俺にも妹っぽい子はいるんだ」

八幡「へえ。そうなのか。何て子なんだ?」

蓮「双葉っていうんだ」

八幡「目に入れても痛くないか?」

蓮「目には入らないぞ?」

八幡「いや…だからもののたとえだろって!」

蓮「心の目にはいつも入れて」

八幡「そういうのはいいんだよ」
288 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:05:56.79 ID:+9mh/Azpo
蓮「ところで八幡?」

八幡「なんだ?」

蓮「カレーはまだなのか?」

八幡「お前な…人んち来てカレー要求するか普通!?」

蓮「あきらめるのか?」

八幡「お前が諦めろ!つか何をだよ!?」

蓮「カレーってのは奥が深いんだ。相手のためを思って頑張るとなぜか激辛に」

八幡「何の話してっかさっぱりだわ…」

小町「ただいまー」
289 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:06:33.51 ID:+9mh/Azpo
八幡「お?帰ってきたか」

蓮「緊張するな」

八幡「はあ?お前がか?ありえないだろ」

蓮「まあな」

八幡「何なのその返しは…」

ドタドタドタドタ…

蓮「めっちゃ走ってる?」

八幡「めっちゃ走ってる」
290 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:07:05.62 ID:+9mh/Azpo
ガチャッ!!

小町「お兄ちゃん!?」

八幡「おう。おかえり小町」

蓮「おかえり。小町ちゃんだね?初めまして、雨宮蓮です」ニコッ

小町「…っひぃーーーーーー……」

八幡「…?……????どした…?大丈夫か?」

蓮「息吸い続けてるな」
291 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:07:37.18 ID:+9mh/Azpo
小町「うぉ兄ちゃん!!!!」

八幡「うっせ…なんだよ?」

小町「この人がおもももちおもももちだまち!?」

八幡「小町ちゃん?落ち着きなさい。お餅を騙してるように聞こえるぞ。そうだ友達だ」

小町「ふぁあじめまして!!!!くぅおまちです!!!!!いつもうぁにがお世話になってます!!!!!!!」

蓮「あ…うん…はい。こちらこそ」

八幡「小町…蓮が引くとこ初めてみたぞすげぇなお前…」

小町「っくぅ〜〜〜〜っ!一度は言ってみたかったセリフ”兄がお世話になってます”ついに完遂…!!」グッ

八幡「なぜかお兄ちゃんいたたまれない気持ちでいっぱいなんだが」
292 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:08:16.05 ID:+9mh/Azpo
ー夕方 八幡宅ー


小町「へぇー蓮さん秀尽だったんですかぁ」

蓮「そうなんだ」

八幡「その辺あんまりつつくなよ?空気読めるはずの小町がその機能はたしてなくないか?」

小町「あ!そうだ…ごめんなさい余計なこと聞いちゃって…」
293 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:08:52.35 ID:+9mh/Azpo
蓮「いや、気にしなくていいよ」ニコッ

小町「はうっ!?」

蓮「??」

小町「んんっ!?」

八幡「…見比べるな」

小町「はあ。神様って不平等だよね」

八幡「はいはいどーせ腐ってますよ蓮みたいなスマイルなんか持ってませんよ」
294 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:09:38.24 ID:+9mh/Azpo
小町「はい!我が家のカレーですどうぞ召し上がれ!」

蓮「ありがとう。いただきます」

八幡「マジで食ってく気だったとは」

小町「ちょっとお兄ちゃん!?そんな事言わないの!蓮さんすごいんだよ!?こうしたら美味しくなるよ安定するよって方法とか教えてくれたんだから!」

八幡「へー。お前って自炊すんの?」

蓮「秀尽にいた時に屋根裏に居候させてもらっててさ。ただで屋根裏に置いてやるんだから手伝え屋根裏小僧がって感じの事を言われてはないんだけど色々手伝ってたら出来るようになったんだ」

八幡・小町「はい?屋根裏?」
295 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:10:10.98 ID:+9mh/Azpo
小町「はい!我が家のコーヒーです!どうぞ!」

八幡「さっきと流れ似てるけどそれただのインスタントだからな?」

蓮「ありがとう。いただきます」

八幡「しかしマジでお前くつろいでんな」

蓮「くつろぎの空間は大事だ。いいお宅じゃないか」
296 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:10:42.84 ID:+9mh/Azpo
八幡「つーかまさか平塚先生んとこに世話になってるとはな。初耳だったぞ」

小町「そりゃそういう事はペラペラ言えないもんでしょ?」

蓮「あっそうだ秘密だった。しまった」

八幡「お前…」

小町「お兄ちゃん。蓮さんって天然?」

蓮「うん。くせっ毛だから雨の日ちょっと大変なんだ」

八幡「この通り天然だ」
297 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:11:34.19 ID:+9mh/Azpo
蓮「長居しちゃったな」

小町「また来てくださいねっ!」

八幡「おう。いつでも来い」

小町「ちょっとお兄ちゃん!送ってって!」

八幡「おう、そうだな」
298 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:12:06.72 ID:+9mh/Azpo
蓮「いや、大丈夫だ道覚えてるし。食材買って帰ったりしないといけないから」

八幡「そうか?平気か?つかお前なんか主婦みてえだな」

蓮「主婦じゃない。主夫だ」

八幡「さてはお前…将来は平塚先生の専業主夫とか言う気じゃないだろうな?」

小町「ちょとお兄ちゃん!?蓮さんはお兄ちゃんとは違うんだから!」

蓮「アリだ」

小町「ええぇ……」
299 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:12:41.95 ID:+9mh/Azpo
蓮「お邪魔しました」

小町「いえいえまたどうぞ!」

八幡「おう。じゃまた学校でな」

蓮「ああ。また」

ガチャ………パタン
300 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:13:09.55 ID:+9mh/Azpo
八幡「さ〜て、風呂入るか」

小町「ねぇ、お兄ちゃん」

八幡「ん?なんだ?」

小町「蓮さんみたいなお友達出来てほんとよかったね!」

八幡「おう」ナデナデ

小町「えへへっ」
301 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:13:47.60 ID:+9mh/Azpo
ー夜 蓮帰宅中ー


モルガナ「あいつんち普通だったな?」

蓮「そうだな」

モルガナ「しっかしハチマンの妹の溺愛ぶりはお前に通じるものがあるな」

蓮「そうか?」

モルガナ「そうだぞ?傍から見てるとお前のフタバ溺愛ぶりも相当なもんなんだぞ?」

蓮「普通だろ?」
302 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:14:16.92 ID:+9mh/Azpo
モルガナ「そういうとこがすでに溺愛ぶり発揮してるんだがなあ」

蓮「気のせいだ……ん?千葉限定うみゃあ棒50本セットか」

モルガナ「………」

蓮「買っていこう」

モルガナ「フタバにか?」

蓮「もちろんだ。すいませんこれ2つ。大丈夫です両脇に抱えていきます」

モルガナ「はぁ…」
303 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:15:05.12 ID:+9mh/Azpo
ー平塚静宅ー


蓮「静さん。テーブルのこれは?」

平塚「学年トップ取っただろう?そのご褒美だよ」

蓮「どうもありがとうございます」

平塚「なあに頑張ったものにはそれ相応の褒美というのが必須だからな。ただのケーキではあるがせっかくだ、1ホールにしたぞ!遠慮せず食したまえ」

蓮「いただきます。プレート食べますか?どうぞ」

平塚「あ?うん…うん食べるようん…何て書いてあったか文字読んだか?」

蓮「いえ。美味しいですねこれ」

平塚「そうかうまいか。それは良かった。ちなみにmarriageって書いてあったんだがな。marriage、つまり結婚とな」

蓮「もぐもぐ」
304 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:15:42.56 ID:+9mh/Azpo
平塚「しかしなんだ、学年トップを取ってくれて私としても溜飲の下がる思いだよ」

蓮「そうなんですか?」

平塚「そうさ。君の前歴の件で職員たちにはイライラさせられたからな!だが君が学年トップを取った事で他のやつらを笑ってやったわ!!!はっはっは!」

蓮「はっはっは」

ピロリン

平塚「電話だぞ?」

蓮「………」
305 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:16:16.44 ID:+9mh/Azpo
蓮「もしもし?」

真『あ、蓮?今いいかしら?』

蓮「ああ平気だ」

真『突然なんだけど明日こっちこれない?』

蓮「大丈夫だ」

真『そう?良かった。ならお姉ちゃんが迎えに行ってくれるって』

蓮「わかった。準備しとく」
306 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:16:50.33 ID:+9mh/Azpo
真『良かった。どうしても明日中に打ち合わせて実行したい事が出来たのよ』

蓮「そうなのか?」

真『ええ。実は例のパレス、キーワードがわかったの』

蓮「………という事は」

真『潜入可能。いつでも攻略を開始出来るわ。どうする?』

蓮「……行くぞ」
307 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:17:28.41 ID:+9mh/Azpo
ー同時刻 八幡宅ー


八幡「はあ…今日も疲れたなっと」

八幡(友達か。うちに友達呼んだのは初めてだったな)

八幡(つか初めてきた友達んちでカレー食わせろって普通なのか?)

八幡(普通じゃねえよな多分。まいいけど)

八幡(ん……ねむい…)

八幡「………」
308 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:17:57.24 ID:+9mh/Azpo
ブーッブーッ…ブーッブーッ…

八幡「…誰だよ…はい、もしもし?」

陽乃『比企谷くんひゃっはろ〜!』

八幡「おやすみ中ですおやすみなさい」

陽乃『あーもう相変わらずだなぁ比企谷くんは!』
309 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:18:56.40 ID:+9mh/Azpo
八幡「何ですか?俺ほんとに寝ようかなってとこだったんですけど」

陽乃『ごめんごめん。でも大事な用件だから起きて起きて』

八幡「はあ…。で?何ですか?」

陽乃『うん。比企谷くんが前に言ってた別件の事なんだけどね』

八幡「あぁ…あれですか。何かわかりました?」

陽乃『ちょっとヤバい事になりそうだから今のうちに知らせとこうと思って。これから出てこれない?』

八幡「まじすか…」

パパッパッ

八幡「…クラクション聞こえたって事は外にいるんですね」
310 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:19:41.46 ID:+9mh/Azpo
陽乃『眠いとこ悪いんだけどね』

八幡「準備します。ちょっと時間ください」

陽乃『うん!じゃあ待ってるからね』

八幡「あ、とりあえずどんな感じの話なんですか?」

陽乃『それなんだけど…実はね』

八幡「はい」





八幡「葉山の親父が動き出す…?」

中編 完
311 : ◆OkhT76nerU [saga]:2019/03/17(日) 17:21:02.84 ID:+9mh/Azpo
以上で中編おしまいです。後編の完結はまた別スレ立てて貼ろうと思います
良ければそちらもお付き合いください
149.21 KB Speed:0.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)