モバP「ダンスのレッスンか」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/02(火) 15:29:09.92 ID:LidnMz5D0

ここは練習場

渋谷凛がクルクルと回るように、ダンスを踊っていた。

「お、なんだ。凛、ダンスの練習をしていたのか?」

渋谷凛はふと、踊るのを止めて、俺を見る。

「うん。そうだけど」

なんだ、凛以外には他に誰もいないのか?

「こんなところに、どうしたの。プロデューサー」

「あ、いや。たまにはアイドル達のレッスン状況でもみようと思ってな。

今日はここでダンスの練習をすると聞いたから、見に来たんだ」

「そうだったんだ。でも、レッスンならもう終わったよ」

「そうなのか?」

なんだ、凛。居残り練習か?


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1554186549
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/02(火) 15:33:16.44 ID:LidnMz5D0
「つい1時間前くらいに皆帰ったから、私しかいない」

「そうか。悪いな。邪魔になったか」

「いや、べつに、邪魔にはなってないよ」

渋谷凛はまた、鏡を見ながらクルクルとダンスを踊り始める。

「それ、今度のライブのダンスだな」

「そうだよ」

渋谷凛は回りながら応える。

そうか、

せっかく来たんだからな

俺はポンも、手を叩いた

「よし、なら俺がダンスを見るよ」

「えっ?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/02(火) 15:37:24.21 ID:LidnMz5D0

「プロデューサー。仕事の方は大丈夫なの?」

「せっかく来たんだ!

アイドルが頑張って練習してるのに、指導しないわけにはいかないだろう」

「そう。なら、よろしく」

「よしきた!」

渋谷凛はクルクルとダンスを踊って、言う

「この回るところが難しいんだけど」

「そうだな、確かに難しいポイントではある。

よし、ならそこを見るから練習しよう!」

俺は何度も何度も、そのダンスを見て、

渋谷凛も、できたり、できなかったり、何度も踊り続けた。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/02(火) 15:43:47.02 ID:LidnMz5D0
「ちょっと、疲れた」

渋谷凛は、少し息を荒くして、ポンッと座った

「そうだな。練習後だし、結構踊ったからな。休もう」

「喉乾いたな」

渋谷凛は水筒を手に持って、ごくっと飲んだ。

「……」

渋谷凛は、その後もじっと黙ったまま、少し悩んだような顔をする。

「どうしたんだ?」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/02(火) 15:47:06.92 ID:LidnMz5D0
渋谷凛は言った。

「今日はわざわざダンスに付き合わせちゃって、ごめんなさい」

ん、どうしたんだ、凛。

「わたし、あまりダンス上手じゃないから、こうして練習していないと、ダメだから」

凛の水筒を持つ手が震える

「…なんかあったのか?」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/02(火) 15:56:20.39 ID:LidnMz5D0
「私は、これと言った特技もないし。ダンスだって、あまり上手に踊れない。

だから、たまに、私、アイドルとしてどうすればいいのか、分からなくなることがある」

「はっ…」

俺は拳を握った。

「大丈夫だ凛!

凛はすごい武器を持ってる。

まだ未熟なところもあるかもしれないけど、気にするな。

このダンスも、今練習して少しずつ良くなってる。

次のライブに向けて、がんばるんだ!」

「プロデューサー…」

凛の、水筒を持つ手がピタリと止まり、凛は俺を見た。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/02(火) 16:04:10.45 ID:LidnMz5D0
「うん、がんばる!

ありがとう、プロデューサー。

なんか、元気出た!」

凛は少し笑顔の混じった表情で、頷く。

「今日はもう遅いから帰ろうか。

明日も練習あるんだろ。今日はしっかり休むんだぞ」

「そうだね…たしかに、長居し過ぎちゃったかも」

じゃ、私帰るね。

と、鞄を持つ凛に、俺は、そうだ、と手を叩く

「どうしたの?」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/02(火) 16:08:00.69 ID:LidnMz5D0
「凛、せっかく、今日は頑張ったんだ」

何か飲みもの買ってやる」

すぐ近くのスーパーで、俺はあるジュースを手に取る。

「凛、野菜ジュースは好きか?」

「え、まあ好きだけど」

「じゃあアップルジュースと、野菜ジュースを買ってやる。

帰ってからでも飲むか」

「うん」

凛は頷いた。

「ありがとう。プロデューサー」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/02(火) 16:08:39.21 ID:LidnMz5D0
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 18:13:30.35 ID:6WY++Pja0
ゴミを量産するな
ゴミはゴミ箱へ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 20:34:27.01 ID:dBNLJkdKO
>>10
さっさとゴミ箱に帰れよゴミ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 23:04:20.45 ID:hmZlo1ZHO
わー、作者様のお出ましだぁ。怖いなぁ
4.90 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)