まどマギ ほむら「悪魔になった私は、この先どうなるのかしら」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 22:40:05.86 ID:62yo3lcY0
涼しげな朝 、私はいつものように歩きながら

緑の多い並木道を通り、学び舎へと向かっていた。

学び舎に着き、教室に入ると、

鹿目まどか。まどかが私に挨拶して話しかけてきた。

「おはよう、ほむらちゃん」

「おはよう、まどか。今日は良い天気ね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1555335605
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 22:45:13.14 ID:62yo3lcY0
「今日も一日がんばりましょう」

「うん。よろしくね、ほむらちゃん」

まどかと話をしていると、佐倉杏子が私に話しかける。

「よっ。暁美ほむら。鹿目まどか」

挨拶すると、美樹さやかも、気さくに話しかける

「おっはよー」

まどかと話をしていると、いつも2人して集まるのだった。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 22:46:35.55 ID:62yo3lcY0
「なぁ。今日のサッカー、チーム戦やるらしいな」

佐倉杏子が机に腰掛けると、美樹さやかもそれに同調する。

「体育のこと? 楽しみだよね」

まどかは少し心配そうな顔をする。

「私は…大丈夫かな。サッカーとか運動はあまり得意じゃないから」

「大丈夫だって。私が一緒のチームでやるからさ」

美樹さやかが、『にこにこ』と笑うと、ありがとう、とまどかは言った。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 22:48:29.12 ID:62yo3lcY0
先生が教室に入ってきて、輪もとけて、

皆が席につき始めるなか、私はまどかに聞いた。

「まどか。転入して来てからの、学校生活にはもう慣れた?」

まどかは少し考えるように上の空を見ると、

「うん。」と、にこっとするのだった。

「もう慣れたよ。こうして生活できるのも、ほむらちゃん達のおかげだね」

「そう。それは良かったわ

それじゃあ今日も一日よろしくね」

そう言って、私もまどかも、それぞれの席に向かう。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 22:52:37.18 ID:62yo3lcY0
ここは私が世界を再編して出来たもので、

まどかはアメリカから帰ってきた、帰国子女として、

学校に転入してきたことになっていた。

どうしてかは分からないけれど、

私が、まどかと話をしていると、

美樹さやかも佐倉杏子も、集まって話をするようになり、

いつしか、友達のようになった。

この学び舎には、巴マミもいる。

巴マミは年代が違うので、違うクラスで生活しているけれど、

なぜか、巴マミも、放課後の帰り道に、

どことなく知り合ったように話をするようになり、

偶に、5人で集まったりもするようになった。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 22:54:43.15 ID:62yo3lcY0
体育の時間になり、まどか達と一緒に運動場へと向かう途中、

巴マミに会った。

巴マミは、私達に気がつくと、あっ、と手を振った。

「おはよう。あなたたち」

美樹さやかが応える。

「おはよー」

「あら。あなた達、これから体育の授業なの?」

「そうさ。今日はサッカーのチーム戦をやるからな」

そう言って、佐倉杏子も話に加わると、

まぁ、楽しそうね。と、巴マミは笑う
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 22:56:15.32 ID:62yo3lcY0
美樹さやかが言った。

「今日、昼休み、私達と一緒にお弁当食べませんか?」

「いいわね。それじゃあ、あなた達、昼休みにまた会いましょう」

巴マミは、私達に手を振ると、授業があるだろう方向へと歩いていく。

美樹さやかが気がついたように学び舎にある時計を見る

「おっと、私たちも行かないとね」

佐倉杏子も、「そうだな」、と、小走りになり始め

「ああっ」

と、まどかも早歩きになる。

私もそれについて運動場へと向かった。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 22:56:52.36 ID:62yo3lcY0
そうこうしているうちに、サッカーの試合は始まっていた。

美樹さやかがまどかにボールを蹴る

「いくよ、まどか」

まどかは、あたふたとしながら、ボールを受け取る

「まどか、こっちだ」

佐倉杏子が呼びかけると、まどかは佐倉杏子にボールを蹴った

「えいっ」

「ナイスパスだ!」

佐倉杏子は受け取ったボールを、ゴール前まで蹴り進める

私は、その様子を後ろから見ていた
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 22:57:24.82 ID:62yo3lcY0
「ほむらちゃん、ボール来たよ!」

「えっ?」

まどかの呼ぶ声で、私は、はっとする。

佐倉杏子が手を振っている姿が見えた。

「すまねぇ、ほむら。もう一度こっちにボールくれ」

私は、慣れない仕草で、ボールを蹴り始める。

すると、とあるクラスメートが、私の前に走ってきた。

「暁美ほむらちゃんね。行かせないよ!」

「わっ」

クラスメートにボールを取られそうになり、

私は必死で、近くに居たまどかに、ボールを蹴った。

「まどか、お願い!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 22:58:08.77 ID:62yo3lcY0
「わっ」

ボールは無事に、まどかに渡り、

美樹さやかが高い声で呼んだ。

「まどかー。こっち!」

「いくよ!」

まどかが蹴ったボールを、美樹さやかは受け取り、

美樹さやかは、華麗にゴールへとシュートを打った。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 22:59:54.26 ID:62yo3lcY0

ピッピーーーッ!

ゴールのホイッスルが鳴り、

みんな、「やったー!」と言った。

「ナイスシュートだったよ、さやかちゃん」

「やったな、さやか」

「えっへへ。みんなありがと」

まどかがふと私を見る。

「ほむらちゃんも、ナイスパスだったよ」

「えっ そ、そう?」

私もそれとなく輪の中へと走っていった。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 23:01:03.03 ID:62yo3lcY0
体育の授業も終わり、昼休みをむかえ、

私達は、巴マミと一緒に食事をとるため、屋上へと向かっていた。

屋上に着くと、先に来ていた巴マミが、気がついて、私達を見る。

「おつかれさま。サッカーどうだった?」

巴マミの呼びかけに、佐倉杏子が応える。

「うん。私は楽しかったよ」

美樹さやかも、『にこにこ』と笑いながら返事をする。

「私も。今度はマミさんも一緒にサッカーしましょう」

「まあ、いいわね」

さあっ、お弁当を食べましょう、と、座りながら、巴マミは言う。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 23:09:23.18 ID:62yo3lcY0
「今日のお弁当は…卵焼きにお野菜に、ハンバーグ!

改めて見るとワクワクするわ」

巴マミが『にこにこ』と見る弁当の中身を見て、

美樹さやかはびっくりした顔をする。

「うわぁ。マミさん、豪華じゃないですか。

いいなぁ、私もお昼にハンバーグ食べたい」

「うふっ。昨日は腕をふるって作ったから、楽しみにしてたの。

今日、一緒に食べるって知ってたら、あなた達の分も作っても良かったんだけど」

「本当ですか!?…というか、マミさん。

お弁当、自分で作ってるんですか?」

「ええ、そうよ」、と、巴マミは言う。

「私、一人暮らしだから」

「へぇ……そうなんですか」

美樹さやかが頷く横で、

ああ、そうだったわね、と、私は思った。

私が改ざんした世界ではまだ、
巴マミが一人暮らしだったことを、皆、知らなかったのね。

そのとき、まどかがそっと、私の弁当の中身を覗いた。

「ほむらちゃんのお弁当…何だかきっちりと整ってるね。

健康のことを考えてるというか」

「そう…?」

美樹さやかが高らかに言った。

「おっと、今日は皆、お弁当を見せ合う日ですか?」

「それはいいかもね。良かったら、私のハンバーグ分けてあげる」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/15(月) 23:12:05.61 ID:62yo3lcY0
「それはいいかも」

と、まどかも同調し、皆で輪を囲むことになった。

佐倉杏子が言った。

「しっかし、一人暮らしなんて。

何でまた、そんな生活してるんだ?」

「それは、まぁ自分を鍛えるため、というか…いろいろね。

一人で生活するのは大変だけど、偶にこうして、自分のやりたいことをできるから、悪くもないわよ」

「あなた達と、こうして一緒にいたら、寂しくもないし」

と、巴マミは言う。

美樹さやかが、少し申し訳なさそうに言った。

「私は、家族と一緒に生活してるから、
あんまり、一人暮らしのこととか考えたことなかったかな。

さっきは、勝手に、お弁当の見せ合い、とか言って、よかったですか?」

「構わないわよ」

と、巴マミは言う。

「こうして賑やかで居ると、楽しいから。

あなた達も、せっかくだからお弁当を分け合いましょう。

そうね、佐倉さんは、どんなお弁当を持ってきたのかしら」

「あ?…あたしは…りんご、だけだよ」

「まぁ、なんですって?」

巴マミは手で口を押さえる。
8.95 KB Speed:1.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)