穂乃果「焼肉の作法」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/21(日) 17:42:54.07 ID:KrIjb+rW0
前作
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1554635706/
真姫「女の子だけで牛丼屋さんに?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1555836173
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/21(日) 17:49:40.25 ID:KrIjb+rW0
じゅー じゅー

真姫ママ「はい、どうぞ。召し上がって」

こんな緊張して焼肉を食べるのは初めてだ。

絵里「あ、ありがとうございます」

穂乃果「ございます」

真姫「何かしこまってるのよ。普通でいいのよ、普通で」

穂乃果「う、うん」

じゅ〜

真姫パパ「真姫は学校ではどんな感じなのかな?」

真姫「ちょっとパパ。余計な事聞かないでよ。って二人共?」

考えが甘かった。この汗は焼肉の熱気によるものなのか…それとも緊張からくるものなのか…。

真姫「凄い汗…大丈夫?」

誰か…誰か助けてぇぇぇぇ。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/21(日) 17:55:09.18 ID:KrIjb+rW0
一週間前

花陽「誰か助けてぇぇぇぇ」

凛「かよちん大丈夫?」

希「うぅ…なんでや…なんでそんな日に限ってバイトがぁぁぁ」

海未「二人共…落ち込み過ぎでは?」

にこ「どんだけよ…」

花陽「だって…だってぇ…」

真姫「結局…予定が合うのが穂乃果と絵里だけなの?」

穂乃果「そうなるね」

真姫「そう。残念…」

絵里「でもいいの?家族水入らずなのに。しかもご馳走してくれるなんて…」

真姫「パパ…お父さんとお母さんがぜひμ'sの皆んなを招待したいって。私はいいって言ったんだけどどうしてもって言うから。来てくれると私も助かるのよ」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/21(日) 17:58:44.96 ID:KrIjb+rW0
絵里「じゃあ…お言葉に甘えちゃおうかしら?」

穂乃果「うん。あ〜焼肉かぁ。楽しみだなぁ」

花陽「うう…わ、私の分も楽しんで来てね」ガシッ

穂乃果「え?あっ…うん。そうするよ」

絵里「なんか…凄いプレッシャー…」

花陽「うぅ…」

ことり「花陽ちゃん…私の作って来たアップルパイで良ければ…食べる?」

花陽「うん…うん…」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/21(日) 18:04:22.09 ID:KrIjb+rW0
そして当日。

真姫ママ「どうぞ。座って」

穂乃果「は、はいっ!?失礼します」

真姫「いや…面接じゃないんだから」

穂乃果「あ、あはは…」

焼肉って聞いてたのに…ここ焼肉屋さんだよね?イタリアンとかじゃないよね?

穂乃果「絵里ちゃん…」

絵里「あっ…ああ…」

うんっ!?絵里ちゃんも圧倒されている。思いのほか絵里ちゃんはダメだ。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/21(日) 18:08:47.83 ID:KrIjb+rW0
真姫パパ「今日はよく来てくれたね。好きなだけ食べてくれて構わないからね」

穂乃果「は、はいっ!?ありがとうございます」

真姫「はい。メニュー。二人が好きなもの頼んで」

絵里「あ、ありがとう…えっ!?」

穂乃果「どうしたの?えっ!?」

ちょっと待って。え?ええ?何これ…え?0…0の数が間違ってない?

穂乃果「え、絵里ちゃん…あの…どうする?」コソコソ

絵里「どうするって…」

真姫「何?二人共悩んでるの?」

穂乃果「いや…どうしようかなぁって…あはは」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/21(日) 18:12:39.32 ID:KrIjb+rW0
真姫ママ「もしかして…気を遣ってるの?」

真姫パパ「いいんだよ。食べたい物を選んでくれれば」

絵里「は、はい。それじゃあ、カルビ…」

穂乃果「待って絵里ちゃん」コソコソ

絵里「な、何よ?」コソコソ

穂乃果「良いのかな?いきなりカルビで良いのかな?」コソコソ

絵里「ダメなの?」コソコソ

穂乃果「聞いた事あるんだけど最初はタンから頼むのが通らしいんだけど」コソコソ

絵里「そうなの?私、焼肉ってあまり来た事ないから…」コソコソ

穂乃果「取り敢えずタンを頼もう」コソコソ

絵里「そうね」コソコソ

真姫「どうしたのよ?」

穂乃果「いえ…あの…はい!決まりました!あの…タンを…」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 18:28:37.41 ID:cNHl7lzF0
三名様の作者か
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 18:44:59.76 ID:uHXC0iP5O
前作面白かったので期待
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 20:06:25.97 ID:SOptuZFho
期待
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/22(月) 00:00:23.74 ID:2avucnnqO
真姫「それだけ?」

穂乃果「え?あっ…えっと…」

そりゃあそうだ。タンだけ頼んで終わりな訳ないもんね。どうしよう…何か気の利いた注文を…。

絵里「ねえ、穂乃果」コソコソ

穂乃果「何?」コソコソ

絵里「野菜は頼まなくて良いのかしら?」コソコソ

穂乃果「そうだ。野菜だ!そうだよ!通は野菜を巻いてお肉を食べるんだよ」コソコソ

絵里「じゃあ、野菜を頼みましょう」コソコソ

穂乃果「あの…じゃあ、野菜をいいですか?」

真姫「野菜?穂乃果が野菜をなんて珍しいわね」

穂乃果「そ、そう?」

あれ?間違えた?野菜じゃなかった?

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/22(月) 00:06:58.76 ID:2avucnnqO
真姫「野菜ってサンチュでいいの?それとも…」

穂乃果「あっ、なんでも…はい」

真姫「ねえ。やっぱり気を遣ってるでしょ?」

穂乃果「いや…そんな事ないよ…です。ねえ?」

絵里「え?ええ…本当、美味しいわ」

真姫「いや、思いっきり口調がおかしいじゃない」

真姫パパ「ふふっ、そうか。遠慮するなと言っても難しいかな。どれ、僕がイチオシを選ぼう」

穂乃果「あっ、はい。すいません」

うわっ!?真姫ちゃんのお父さんっておっとな〜。流石だ〜凄い助かる。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/22(月) 00:19:49.00 ID:2avucnnqO
真姫パパ「焼肉を食べに来たんだ。野菜よりも肉をいっぱい頼めばいいんだ」

真姫「も〜パパ!?とてもお医者さんの言う事じゃないわよ」

真姫パパ「いいんだよ、別に。今日くらい」

真姫「もう。身体は大事にしてよね」

真姫ママ「うふふ」

うっわ〜。なんか…いつもの真姫ちゃんじゃない。真姫ちゃんのお父さんもなんかイメージと違がう。もっと厳しい感じじゃなかったっけ?って言うか、薄々気が付いて居たけど…真姫ちゃんって少しファザコンの気がある?

絵里「なんか新鮮です」

真姫ママ「新鮮?」

絵里「はい。こんな真姫さん初めて見ました」

真姫ママ「あら?そうなの?」

うわっ、絵里ちゃんなんか言ってるし。真姫ちゃん顔真っ赤にして反論してくるぞ〜。

真姫「ちょっと」

ほらね〜。

真姫「別に…そんな事ないでしょ?」

あれ?思ったより…。何?真姫ちゃん家だとそんな風になっちゃうの?普通逆じゃない?家だと反抗期だけどみたいな。


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/23(火) 14:42:27.85 ID:XLG9M/kuO
いつもの逆パターンか
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/23(火) 23:34:42.68 ID:zjMviYSFO
真姫パパ「そうかぁ。学校での真姫がどんな感じなのか興味があるなぁ」

真姫ママ「そうね。どんな感じなの?」

真姫「だから普通よ。ね?」

穂乃果「え?あっ、えっと…」

なんて答えるのが正解なの?下手に答えたら後で真姫ちゃん怒りそうだしなぁ。

店員「お待たせしました」

真姫ママ「あら?お肉が来たみたいね」

わ〜助かったぁ。ってええ!?

穂乃果「え?このお肉…まるで…宝石!?」

真姫「何言ってるのよ。大袈裟過ぎ…」

いやいやいや。何このお肉。私の知ってるお肉じゃない。だってもうルビーみたいだもん。

絵里「ハラショー…凄い…宝石みたい…」

真姫ママ「あら!!喜んで貰えて嬉しいわ」

絵里ちゃんも全く同じリアクションしてるし。




16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/23(火) 23:49:06.32 ID:zjMviYSFO
真姫ママ「さあ、早速焼きましょうか!」

穂乃果「あっ!!あの…やります!自分やります」

真姫ママ「え?そんな気を遣わなくてもいいのよ?」

真姫「って言うかキャラ変わってるし…」

それは真姫ちゃんには言われたくない。

穂乃果「本当、お肉を焼く為に生まれて来たみたいな所ありますから!任せて下さい!ね?絵里ちゃん!!」

絵里「え?あっ、うん。そうね」

真姫ママ「じゃあ…お願いしてもいいかしら?」

穂乃果「はいっ!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/25(木) 08:45:16.79 ID:y4lnsmk0O
さてっ、トングを受け取ったとのはいいけど…これって普通に焼いていいんだよね?

真姫「どうしたの?」

穂乃果「え?あっ、うん。いやいや」

真姫「?」

なんかテレビで言っていた様な気がするんだよね。焼肉の正しい焼き方って…。

絵里「大丈夫?」コソコソ

穂乃果「ねえ?正しい焼き方とかってあるのかな?」コソコソ

絵里「え?」

穂乃果「いや…こんな高級なお店だし。作法とか」コソコソ

絵里「私も知らないわよ。だって…あんなに自信たっぷりに焼くって言ってるからてっきり…。取り敢えず、お肉を並べなきゃ何も始まらないでしょ?」コソコソ

穂乃果「確かに…」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/25(木) 18:35:56.46 ID:+2Hz3FdpO
そりゃあそうだ。肉を焼かなきゃ焼肉じゃないもん。ただ皆んなで暖を取ってるだけになっちゃうよ。

穂乃果「あっ!じゃあ、お肉並べますね〜。先ずはタンから…」チラッ

真姫「な、何?」

穂乃果「いえ…」

よしっ!タンを焼くと宣言しても真姫ちゃんも真姫ちゃんパパもママも普通だし!作戦成功だ!

じゅー

穂乃果「わ〜食欲をそそる音…」

絵里「ほんと…」

真姫パパ「沢山食べていいからね」

いや…これ、さいさきイイね!じゃんじゃん焼いちゃおう!

じゅー




19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/25(木) 23:36:45.29 ID:kWnwsUDC0
穂乃果「ふんふんふ〜ん」

じゅー じゅー

真姫「穂乃果…」

穂乃果「ん?どしたの?」

真姫「一度にそんなに並べちゃって大丈夫?」

穂乃果「へ?」

真姫「世話出来るのって」

穂乃果「あ〜…え〜っと…う〜ん…大…丈夫だと思われる…」

真姫「思われるって」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/25(木) 23:41:34.02 ID:kWnwsUDC0
あれ?まずかったかな?いつもの感じでやってるんだけど。

穂乃果「えへへ…」

絵里「穂乃果!?そこのお肉もうひっくり返した方がいいんじゃない?」

穂乃果「え?あっ、うん」

ヒョイ

真姫「そっちもそろそろじゃない?」

穂乃果「うん…。あっ、こっちもかな?いや、まだか…って今度はこっち…」

真姫「だから言ったのに…あぁ…そっちも」

だったら並べる前に言って欲しい…


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/26(金) 00:10:39.60 ID:LHwLsfGv0
真姫パパ「まあ、皆んなで注意して見ていれば大丈夫さ」

真姫ママ「そうよね」

穂乃果「あはは…すいません」

じゅー じゅー

真姫パパ「おっ!そろそろ、いいんじゃないか?」

穂乃果「あっ!はい」ヒョイ

うわっ。お皿の上に乗せて改めて見ると…タンなのになんて肉厚…タンなのに…これ本当にタンなの?

絵里「…ゴクリ」

生唾飲み込んでるし。
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/26(金) 00:16:46.01 ID:LHwLsfGv0
真姫ママ「はい、どうぞ。召し上がって」

絵里「あ、ありがとうございます」

穂乃果「ございます」

真姫「何かしこまってるのよ」

穂乃果「う、うん。それじゃあ。頂きます」

絵里「頂きます」

じゅー じゅー

穂乃果「ん!?んん!?んんんん!?」

絵里「ハラショー!!!」

真姫「どう?美味しい?」

穂乃果「あっ、うん。あの…うん…本当ハラショー」

真姫パパ「ハラショー?」

真姫「コメントが思いつかないくらい美味しいって」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/26(金) 00:20:33.72 ID:LHwLsfGv0
穂乃果「いや…ほんと凄く美味しいとしか…ビックリしちゃって」

絵里「そうね。美味しくて言葉が出ない事ってかあるのね」

真姫ママ「あら!じゃあ、もっと沢山食べてね」

穂乃果「あ、ありがとうございます」

じゅ〜

真姫パパ「所で…さっき聞きそびれてしまったのだけど」

穂乃果「はい」

真姫パパ「真姫は学校ではどんな感じなのかな?」

真姫「もう。パパ…余計な事聞かないでよ」

真姫パパ「どうして?」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/26(金) 00:29:13.71 ID:LHwLsfGv0
真姫「だって…恥ずかしいんだもん」

恥ずかしいんだもんだって。私達の前じゃ絶対にそんな言い方しないのにね。

絵里「真姫さんにはとても助けられているんです。練習中も真面目ですし何より曲作り!真姫さんの作る曲がないと私達のグループは成立しませんから」

お〜…絵里ちゃんがまともな事を言うから、なんか三者面談やってるみたい。五人いるけど。

真姫パパ「そうか。しかし、真姫がアイドルをやると言った時は正直ビックリしたかな」

真姫ママ「そうね。真姫ちゃんがアイドルが好きだったなんて知らなかったものね」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/26(金) 00:31:55.88 ID:96yMQVl60
このシリーズ地味に楽しみ
フランス料理のからずっと繋がってるんだよね?
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/26(金) 00:41:41.09 ID:NiJQe4ZqO
ペヤングの話もすきだったわ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 17:11:31.26 ID:+237VlSmO
真姫「べ、別に元々アイドルが好きって訳では」

おっ、ちょっといつもの真姫ちゃんだ。

真姫ママ「あら?そうだったの?」

真姫「最初は……」

穂乃果「ん?」

真姫「何でもない」ガタッ

絵里「真姫?どこに行くの?」

真姫「お手洗いよ」

じゅーーーーー。


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 17:17:38.51 ID:+237VlSmO
穂乃果「……」

絵里「……」

真姫パパ「……」

真姫ママ「……」

あれ〜…おかしいなぁ。私も絵里ちゃんも人見知りをする様な性格ではないんだけどなぁ。なんだろうか…この空気。

穂乃果「あっ!そろそろカルビ…焼きましょう」

真姫ママ「ええ。そうね」

絵里「あっ、今度は私がやるわよ」

穂乃果「え?あっ、そう?」

絵里「うん。それじゃあ…」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 17:26:02.07 ID:+237VlSmO
じゅーーーーー。

絵里ちゃん……。

絵里「カルビも美味しそうですね」

真姫ママ「え?ええ…そうね」

じゅーーーーー。

いや…それ…カルビじゃなくてロースじゃない?

絵里「美味しそう、カルビ」

穂乃果「そだね」

絵里「どうかした?」

穂乃果「ううん」

絵里ちゃんってたまにそう言う事するよね。


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 21:07:47.52 ID:Ig8pk86N0
まあ、いいけど。

じゅー

真姫ママ「あの子、遅いわねぇ」

穂乃果「トイレ…あっ、お手洗いなかなか空かないんですかね?」

絵里「かもしれないわね」

じゅー

絵里「あっ、そろそろカルビもいい頃かも。どうぞ」

真姫パパ「ありがとう」

絵里「いえ…」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 21:17:27.66 ID:Ig8pk86N0
じゅーーーーー。

絵里「はい。穂乃果も」

穂乃果「ありがとう。うわー美味しそう」

じゅーーーーー。

真姫パパ「二人共……」

穂乃果「へ?あっ、はい」

絵里「何でしょうか?」

真姫パパ「ありがとう」

絵里「え?いえ…こちらこそ美味しお肉を…」

真姫パパ「そうじゃなくて。真姫の事だよ」


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 21:39:33.77 ID:Ig8pk86N0
穂乃果「真姫ちゃんの?」

真姫パパ「あの子と友達になってくれて。あの子は素直じゃないだろう?」

穂乃果「ご存知だったんですか?」

真姫パパ「私達の前ではああだけど…自分の娘だからね。少し心配していたんだ」

絵里「そうだったんですか?」

真姫ママ「今まで友達の話なんて殆ど聞いた事なかったから」

真姫パパ「それが今では事あるごとに君達の話をしてるよ」

穂乃果「私達の事を…」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 22:06:35.05 ID:Ig8pk86N0
真姫パパ「皆んなを引っ張る元気なリーダー」

穂乃果「え?私の事?」

真姫パパ「いつも完璧だけどたまに抜けてる元生徒会長」

絵里「たまに抜けてるって…」

真姫ママ「恥ずかしがり屋の作詞家さんや可愛いのが大好きなカリスマメイドさん。変な関西弁を使う本当は寂しがり屋さんな三年生。アイドルとお米が大好きな花陽ちゃんやスポーツ少女の凛ちゃん。それから、歳上なのにいつも変な事ばかり言ってるけど本当は尊敬してるって」

穂乃果「にこちゃんの事かな?」

絵里「そうね」

真姫ママ「あの子、学校に行くのが毎日楽しいって」

穂乃果「そんな事言ってるんだ…真姫ちゃん」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 22:36:55.14 ID:Ig8pk86N0
真姫パパ「君達のお陰だ。感謝してるよ。真姫と友達になってくれてありがとう」

ありがとうだなんて。

絵里「ありがとうだなんて…。頭をあげて下さい。感謝される筋合いなんて私達にはありません。私はただ、真姫さんの事が好きだから一緒にいるだけなんです。ただそれだけなんです」

穂乃果「出会いのキッカケこそスクールアイドルでμ'sは私達にとってかけがえの無いものだけど。例えμ'sがなかったとしても例えどんな形で出会っていたとしても私達は友達になっていたんだと思います。自信を持って言い切れます。だって、真姫ちゃんと一緒にいるのが好きだから」

真姫パパ「そうか。真姫は良い友達を持ったな」

真姫ママ「そうですね」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 22:40:54.78 ID:Ig8pk86N0
真姫パパ「後一つだけ、さっきから言おうと思っていたんだが」

穂乃果「何でしょうか?」

真姫パパ「そのお肉…だいぶ焦げているよ」

じゅーーーーー。

穂乃果「ええっ!?もったいない」

絵里「本当に…」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 22:45:26.31 ID:Ig8pk86N0
じゅーーーーー。

真姫「ごめんなさい。中々空かなくて」

穂乃果「あーーーー!絵里ちゃん!私のお肉食べた!」

絵里「何言ってるの。穂乃果はさっき食べたでしょ?」

真姫ママ「まだいっぱいあるから」

真姫「何よ、やっといつもの調子に戻ったみたいね」

穂乃果「あっ!真姫ちゃん、お帰り」

真姫「お帰りって…大袈裟な…」

絵里「真姫、お帰りなさい」

真姫「絵里まで…。ただいま」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 22:55:19.89 ID:+237VlSmO
そして…。

穂乃果「いやー美味しいかったぁ。こんなに美味しお肉初めて食べました。ご馳走さまでした」

絵里「ご馳走さまでした。本当にありがとうございました」

真姫「満足してくれたみたいで良かったわ」

真姫ママ「こちらこそ今日来てくれてありがとうね」

真姫パパ「それじゃあ、家まで送って行こう」

穂乃果「ありがとうございます」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 22:58:34.62 ID:+237VlSmO
高坂家

穂乃果「ただいま〜」

雪穂「あっ!お姉ちゃんお帰り〜」

穂乃果ママ「お帰りなさい。早かったわね」

穂乃果「うん。真姫ちゃんパパが送ってくれてさ」

穂乃果ママ「あんた…それなら言いなさいよ。お礼言いそびれちゃったじゃない」

穂乃果「あっ、ごめん」

雪穂「どうだった?お肉美味しかった?」

穂乃果「うん」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 23:00:15.31 ID:+237VlSmO
絢瀬家

亜里沙「お姉ちゃんいいな〜。そんなに美味しかったんだ」

絵里「そうね。凄く美味しかったわ。ただね…」

亜里沙「え?」


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 23:06:55.58 ID:+237VlSmO
すぐにお腹いっぱいになるし…なんか胃もたれしそう。

雪穂「欲張り過ぎたんじゃないの?」

穂乃果「そう言う次元の話じゃないよ」

後日…。

花陽「ああ…穂乃果ちゃん達は美味しお肉をいっぱい食べてたんだぁ」

穂乃果「うん。まあ…うん。美味しかったよ」

花陽「いいなぁ……あぁ…ご飯美味し」

絵里「想像だけでご飯3杯も食べれるなんて…逆に羨ましいわ」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/27(土) 23:09:03.62 ID:+237VlSmO
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/28(日) 12:52:09.55 ID:kjlwQvaQ0

よきかな
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/30(火) 10:36:49.62 ID:tWudR5X10
おつおつ
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/03(金) 22:16:26.94 ID:Oo0rauUYO
いい話だった乙
20.64 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)