【ゆるキャン△】星に願いを

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:36:49.82 ID:T97lPEPnO
・本編開始前のお話し

・原作準拠。五巻を読もう!(ダイマ)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1557913009
2 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:46:27.32 ID:T97lPEPnO
ーー野クル部室ーー

千明「キャンプがしたい。」

千明「・・・という思いで4月に野クルを作ったうちらだが」

あおい「もう一学期も終わりや・・・」

千明「キャンプどころかこれといった活動もしてないんだが」

あおい「雑誌とか読んで話ししとるだけやしなぁ・・・」

千明「結局道具が無いとどうにもならんな」

あおい「テントすら無いしなぁ・・・。あ、せや、ビバークの新刊借りてきたで、テント特集やて」

千明「おっ!よぉし、出来るだけ安くてそれなりの性能のヤツを探すぞぉっ!」

あおい「安さが最優先になってまうんはしゃあないなぁ・・・」

千明「しっかし何で学校の図書室にこんな雑誌置いてあんだろうな?」

あおい「登山部の人とかが読むんやない?」

千明「まぁ、あたしらにとってはありがたいけどな」

あおい「せやな、雑誌代掛からんだけでも助かるわぁ〜」
3 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:47:35.77 ID:T97lPEPnO
千明「・・・・・・3万9千円、4万5千円、6万6千円、8万2千円、5万4千円・・・って、高いわテント!全体的に!!」

あおい「やっぱ結構するんやなぁ」

千明「いや高すぎんだろォ!布だぜ!?」

あおい「ただの布ではないやろ」

千明「高校生の小遣いで気軽に買える値段じゃないな」

あおい「シュラフとかも要るやろし、バイトでもせんとあかんやろか・・・、そういえば部費とか無いんか?」

千明「二人だけの同好会にあるわけ無いだろ。あったところで足りないだろうし・・・」

あおい「誰かテント持っとる人を勧誘するとか」

千明「いや、知らん人とかに来られてもなぁー」

あおい「部としてそれでええんか・・・」

千明「それに自前のテント持ってキャンプする高校生とかいないだろ、そんなのほぼ変態だぞ!」

あおい「その変態になろうとしとるんやないかい」
4 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:48:30.45 ID:T97lPEPnO
千明「ん?おいイヌ子、これ見てみろ」

あおい「なんや?」

千明「ナマゾンで格安テント探したらいいのあったぞ!」

あおい「税込980円・・・って安っ!!」

千明「これは買うしかないだろ!」

あおい「いや安すぎやろ、大丈夫なんか?」

千明「三人用でテント本体にペグ、フライシート付き、防水仕様・・・と、結構ちゃんとしてないか?」

あおい「確かに」

千明「よぉーし!これ買って、夏休みにキャンプやんぞぉ!!・・・てなわけでポチッ」

あおい「まぁ初心者やし、最初はこんなんでもええかな・・・ん?」

千明「どした?」

あおい「発送日未定て書いてあるでこれ」

千明「何ぃっ!・・・・品薄のため入荷次第発送・・・って、夏休みに間に合うのかよおいィ!!」

あおい「これやったら身延のカリブー辺りで安いん探した方が良かったんやないか?」

千明「ぐっ・・・もうポチッてしまったし、こんだけ安いのもなかなか無いだろうし・・・」

あおい「早いとこ届くん期待するしかないなぁ・・・」

ーーーーーー

ーーーー

ーー
5 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:50:09.24 ID:T97lPEPnO
ーー夏休み 犬山家前ーー

千明「えー、夏休み前に注文したテントだが、9月に届くことになった」

あおい「結局夏休みにキャンプ出来んやないか」

千明「だがせっかくの夏休み、我が野クルとしても何も活動しない訳にもいかん!」

千明「・・・という事で、ちょうど今夜は流星群だし、近くの山で天体観測するぞぉっ!!」

あおい「おー」

あかり「おー」

千明「・・・って何故チビ犬子がいる」

あおい「流星群見に行く言うたら一緒に行きたい言いだしてなー」

あかり「流れ星いっぱい見れるんやろ?願い事し放題やんか!」

千明「無邪気なのか欲深いのか分からん理由だな」
6 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:51:03.15 ID:T97lPEPnO
あかり「流れ星言うたらやっぱこれやんかー」

千明「フッ、お子さまめ。こういうのはな、静かに見上げてロマンを感じるもんなんだよ・・・」

あかり「それやったら彼氏と一緒に見に行った方がええんやない?」

千明「・・・」

あおい「・・・」

あかり「てか高校生やのにあきちゃんもあおいちゃんも彼氏おらんのー?」

千明「さて、そろそろ行くか」

あおい「せやな」

あかり「なぁ〜、どうなん?おらんのー?」

千明「・・・山奥に置き去りにするか」

あおい「・・・せやな」

ーーーーーー

ーーーー

ーー
7 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:52:04.10 ID:T97lPEPnO
ーー山の上ーー

千明「・・・着いたな」ゼェハァ…

あおい「あきー、大丈夫かー?」

あかり「わざわざ山登らんでも良かったんやない?」

千明「街の明りが無い方が星が良く見えるんだよ」

あかり「あー、確かにうちで見るより見えるかも」

あおい「月も出てないし星見るんにはちょうどええなぁ」

あかり「どの辺に出んのー?」

千明「この時間なら東の方だな」

あかり「むぅー・・・」ジーッ

あおい「そんな睨まんでもそのうち見れるでー」

あかり「どうせなら全部見たいやん!」

あおい「全部て」

千明「ま、ジュースでも飲んでのんびりしよーぜ」

あおい「やなぁー」
8 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:53:07.98 ID:T97lPEPnO
千明「しかしペットボトルのジュースってのがいまいちアウトドア感無いよな」

あおい「まぁ普段飲んどるからなぁ」

千明「アウトドアっぽい・・・というと」

あおい「焚き火でお湯沸かしてコーヒーとかココアとか・・・」

千明「それだぁっ!トライポッドとポット買えば焚き火でコーヒー淹れられるぞ!」

あおい「もっと先に買うもんあるんやないか?」

千明「秋になったら校庭の落ち葉とかで焚き火出来るし、結構良くないか?」

あおい「校庭で焚き火していいんか?」

千明「その辺は・・・」

あかり「あっ!流れ星やっ!!」

千明「何ぃっ!どこだっ!?」

あおい「どこだ言うてももう消えとるやろ」

あかり「あっちの方スーーッと流れんの見えたで!」
9 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:54:16.54 ID:T97lPEPnO
千明「こっちか、よおぉし・・・」

あおい「気合入れすぎやろ」

あかり「なかなか来んなー」

千明「多ければ一時間に30個とか見れるらしいぞ」

あおい「2分に1個やったらすぐ見れそうな・・・、あっ!今見えたでっ!」

千明「あたしも見えた!」

あかり「えー、わたし見えんかった〜」

千明「結構範囲広いな」

あおい「視野広くせんと・・・、あ、またや」

あかり「今度は見えたでっ!」

千明「おっ、また来た。・・・今の長かったな!」

あかり「なー!めっちゃすごかったわぁ!」

あおい「・・・なんかええなぁ、こういうの」

千明「な!やっぱ良いよな。アウトドア!」

あおい「キャンプやりたなってくるわぁ」
10 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:55:29.71 ID:T97lPEPnO
あかり「あ!願い事するん忘れとった!」

あおい「まだまだ見えるやろし、あせることないて」

あかり「あきちゃんはー?なんか願い事せんの?」

千明「ん?願い事ねぇ。そこはやっぱり・・・」

あかり「彼氏やな」

千明「違うわっ!あたしの願い事は・・・」

千明「『冬までにちゃんとキャンプ出来ますように』だっ!!」

あおい「そこ神頼みなんか」

ーーーーーー

ーーーー

ーー
11 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:56:16.62 ID:T97lPEPnO
ーー同時刻 浜名湖 展望台ーー

綾乃「山梨、かぁ・・・」

なでしこ「うん・・・、11月には引っ越すって・・・」

綾乃「そっかぁ・・・寂しくなるなー」

なでしこ「・・・」

綾乃「ま、もう高校生なんだし、会おうと思えばいつでも会えるじゃん。おばあちゃんはこっちでしょ?」

なでしこ「うん」

綾乃「じゃ、正月とかにこっち帰って来るときは連絡しなよ」

なでしこ「うん。・・・でも、大丈夫かなぁ、転校しても・・・」

綾乃「なでしこなら、どこに行っても大丈夫だって」

なでしこ「う〜ん・・・」

綾乃「それに山梨なら美味しい果物とか食べれるんじゃない?」

なでしこ「あ、ブドウとかモモとかだよね」
12 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:57:46.35 ID:T97lPEPnO
綾乃「そうそう、あと山梨といえば・・・なにがあったっけ?」

なでしこ「えっとぉ・・・信玄餅とか」

綾乃「あー、あれな。美味しいけど食べにくいよねぇ」

なでしこ「私いつもきな粉こぼしちゃうよぉ」

綾乃「あとは、ほうとうとか」

なでしこ「なんだっけ、味噌煮込みうどんみたいなのだよね?」

綾乃「名古屋のとは違うぞー。かぼちゃとか野菜がたくさん入ってたはず」

なでしこ「へぇー、美味しそうだねぃ」

綾乃「美味しいからって食べ過ぎるなよー」

なでしこ「えへへ。・・・・・・あっ!流れ星!」

綾乃「え?どこ?」

なでしこ「あっちの方・・・あっ、また!」

綾乃「ほんとだ!・・・そういえば今日流星群があるとかテレビでやってたっけー」
13 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 18:58:31.98 ID:T97lPEPnO
なでしこ「そうなんだ」

綾乃「・・・やっぱりそうだ、ペルセウス座流星群だって。あっ、また見えた」

なでしこ「うん、今の長かったねぇ〜」

綾乃「なー」

なでしこ「ふわぁ〜〜、凄いねぇーっ」

綾乃(流れ星・・・かぁ)

綾乃(・・・・・・向こうに行っても、なでしこが楽しく過ごせますように)

ーーendーー
14 : ◆B3wpNAiq0Q [saga]:2019/05/15(水) 19:06:37.32 ID:T97lPEPnO
以上になります

チビ犬子が書きたくなったので書きました
本編、口絵、カバー裏とチビ犬子山盛りな原作八巻を読もう!(ダイマその2)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/20(月) 08:26:47.87 ID:fz2vXGfMO

チビイヌ子好き
9.47 KB Speed:1.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)