モバP「仮にボックス?」 晶葉「うむ!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:27:10.98 ID:yYcvuobu0
モバP(以下、P)「この電話ボックスみたいなのか?」

晶葉「その通り!」

P「・・・」

P「ちなみにどういった発明品なんだ?」

晶葉「電話ボックスの受話器に、『仮に○○の世界だったら』という感じで自分の望む世界を話すとその通りの世界になるというものだ!」


P「それパクリだよ」



・書き溜めをどんどん投下していきます
・誤字脱字がありましたらすみません


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1558157230
2 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:28:45.61 ID:yYcvuobu0
晶葉「オマージュと言ってもらいたい!」

P「物は言いようだな・・・で、これを俺に使ってみて欲しいってことか?」

晶葉「いや、そうではない」

P「あ、違うの?」

晶葉「これはアイドル達に使ってもらう。我々は別室からその様子を観察するんだ」

P「我々ってことは・・・」

晶葉「無論私と助手、のつもりだが・・・忙しいのであれば別にいいんだ」

P「暇暇、ちょー暇」

晶葉「そうか。それはそれで心配だが」
3 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:30:14.68 ID:yYcvuobu0
P「しかし何で別室に行く必要があるんだ? その場にいてもいいだろ?」

晶葉「その部屋は【仮にボックス】の影響を受けない特別な部屋になっている。開発者である私は正常でいなければならないからな!」

晶葉「それに人の目があると当たり障りのないような事しか言えないだろう?」

P「まぁ確かに・・・でも、盗み見ってのは気が引けるな」

晶葉「では助手は不参加という事d―――P「やるけどね」

晶葉「どっちなんだ」

P「アイドル達の心からの願いを知る事もプロデューサーとして大切な仕事の一つだ」キリッ

晶葉「物は言いようだな」
4 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:30:40.70 ID:yYcvuobu0
――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――
―――――――――
〜モニタールーム〜

P「あんな大きなもの事務所のど真ん中に置いて・・・今日ちひろさん休みで良かった」

晶葉「だから今日にしたのだよ!」フッフッフ


『あれー、何だろうこれ?』

P「お、誰か来たぞ」
晶葉「この声は・・・」



法子『さっきまでこんなのなかったよね?』
ゆかり『公衆電話のようですが』
有香『なぜそんなものが事務所に・・・』
5 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:31:07.44 ID:yYcvuobu0
法子「あ、説明書があるよ! なになに〜」ペラッペラッ

法子「・・・これ、もし○ボックスだ!」



P「・・・」チラッ
晶葉「【仮にボックス】とちゃんと書いてあるのだがな」



法子「晶葉ちゃんの発明品だって!」

有香「相変わらず晶葉ちゃんは凄いですね」
6 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:31:33.57 ID:yYcvuobu0
ゆかり「あの、も○もボックスというのはどういった物なんでしょうか?」

法子「ゆかりちゃん知らないの!? ド○えもんの道具だよ!」

ゆかり「ドラえも○をあまり観た事がなかったので」

有香「あたしも記憶が曖昧だけど、確か自分の思い通りの世界にする事ができる道具とかだったっけ?」

ゆかり「思い通りの世界ですか。少し怖いですね・・・」

有香「そう聞くとちょっと怖いよね」

法子「あっ、でも効果の範囲は社内だけで10分経ったら元に戻るんだって! それくらいなら大丈夫じゃないかな? 面白そうだしやってみようよ♪」



P「たった10分だけなのか?」
晶葉「まだ試作段階だからな。万が一に備えて今は短めに設定してあるんだ」
7 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:32:19.35 ID:yYcvuobu0
有香「それなら大丈夫・・・かな?」

ゆかり「そうですね。それくらいなら」

法子「じゃ決定だね♪」

法子「どんな世界にしよっか?」

有香「う〜ん・・・」

ゆかり「あまり人に迷惑が掛からないものがいいですよね」
8 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:32:47.64 ID:yYcvuobu0
法子「そうだよね〜・・・・・あ!」

有香「何か思いつきましたか?」

法子「ドーナツ買ってきてたの忘れてたよ〜」ガサガサ

有香「そっち!?」

ゆかり「元々は事務所でドーナツを食べる予定でしたからね」

法子「せっかくの揚げたてなんだから早く食べないと!」

ゆかり「ではドーナツを食べながら考えましょう」

法子「さんせー♪」 
9 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:33:16.68 ID:yYcvuobu0
法子「この袋がゆかりちゃんので、こっちが有香ちゃんの分!」ガサガサ

有香「こうしてみると結構な量買っちゃったよね・・・」

ゆかり「春限定という言葉につい乗ってしまいましたね」

有香「明日はPV撮影もあるしセーブしておこうか」

ゆかり「そうですね、少しだけ食べて後は事務所の皆さんへのお土産ということにしましょう」

法子「えぇ〜、全種類食べたかったなー」

有香「でも明日衣装が着れなくなったらPさんに怒られちゃうよ? 下手したら当分ドーナツ禁止令とか出されるかも」

法子「うっ・・・それはヤダ」
10 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:33:49.43 ID:yYcvuobu0
ゆかり「ふふっ、PV撮影が終わったらまた三人で買いに行きましょう♪」

法子「は〜い」ハァ・・・

法子「・・・」

法子「・・・・あっ!」

有香「?」

ゆかり「どうかしましたか?」

法子「これ使えばいいんじゃない!?」ビシッ!

仮にボックス「」

有香・ゆかり「あっ!?」
11 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:34:16.33 ID:yYcvuobu0
有香「なるほど、その手がありましたかっ!」

ゆかり「食べても太らない世界にするわけですね」

法子「これでお腹いっぱい食べても平気だよね♪」 

有香「さすが法子ちゃん!」

法子「えへへー///」

法子「じゃあ早速使ってみるね!」ガチャ・・・バタン!



法子「仮に食べ物を食べても太らない世界になったら!」



ジリリリリリリ!
12 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:35:07.41 ID:yYcvuobu0
法子「これでオッケー♪」バタン

有香「でも本当にカロリーゼロになってるのかな?」

ゆかり「目に見える物ではないので変化が分かりませんね」

法子「説明書に『ベルが鳴ったら成功です』って書いてあるから大丈夫じゃないかな? それより早く食べようよ、春限定の新作ドーナツ!」

ドーナツ「」キラキラキラ

有香・ゆかり「」ゴクリ・・・

有香「晶葉ちゃんの発明品ですもんね・・・?」チラッ
ゆかり「はい、きっと大丈夫なはず」チラッ
法子「どれから食べようかな〜♪」


法子・有香・ゆかり「いただきまーす♪」
13 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:35:58.32 ID:yYcvuobu0
有香『―――♪』
法子『――! ――♪』
ゆかり『―――♪』


P「あーあ、いくら太らないからってあんなにバクバク食べて」

P「・・・まぁ、今回は特別に目を瞑ってやるか」フッ

晶葉「・・・」

晶葉「太るぞ」

P「え?」

晶葉「普通に太るぞ」
14 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:36:49.50 ID:yYcvuobu0
P「いやいや、だって今は太らない世界なんだろ?」

晶葉「確かにどんなに食べても太らない世界にはなっている」

P「じゃあいいじゃん」

晶葉「でも10分だけだぞ」

P「・・・ん? どういう意味だ?」

晶葉「10分以内にドーナツを消化して吸収できるのであればカロリーはゼロになるという事だ」

P「・・・」

P「トレーナーさんに特別メニューを頼んでおくか」
晶葉「そうした方がいいだろうな」
15 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:37:23.10 ID:yYcvuobu0
―――――――――――――――――――――
―――――――――――――――
―――――――――

P「さて、次は誰が来るか」モグモグ

晶葉「助手は何を食べてるんだ?」

P「ドーナツ。さっきの見てたら俺も食べたくなってさ。晶葉も食うか?」

晶葉「いや、私はいい」


『おはようございます!』


晶葉「お、誰か来たぞ!」


裕子『あれ、誰もいないみたいですね』
レナ『珍しいわね』


P「裕子とレナさんか」モグモグ
晶葉「お、おい・・・機材にはこぼさないでくれよ?」
16 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:37:51.06 ID:yYcvuobu0
レナ「どうしてこんな所に公衆電話があるわけ?」

裕子「ここにノートがありますよ・・・自分の好きな世界にする事ができる装置?」

レナ「どういう事?」

裕子「えっと、受話器に『仮に○○の世界だったら』と自分の望む設定を申し出るとその通りの世界にする事ができる。って書いてありますけど・・・」

レナ「怪しいわね」

裕子「あ、でも晶葉ちゃんの発明品みたいですよ!」

レナ「尚に怪しいわね」


晶葉「失礼な!」
P「まぁまぁ」
17 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:38:18.23 ID:yYcvuobu0
裕子「でも面白そうじゃないですか! やってみましょうよ!」

レナ「うーん、でも特に体験したい設定なんてないし・・・裕子ちゃん決めていいわよ?」

裕子「えっ、いいんですか!?」

レナ「えぇ」

裕子「私と言ったらやっぱこれしかありませんよ!」ガチャ、バタン!


裕子「仮に私のサイキックパワーが数十倍になっている世界だったら!」


ジリリリリリリ!
18 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:38:44.12 ID:yYcvuobu0
裕子「ふふふ・・・」

レナ「どう? 何か変化はあった?」

裕子「身体の奥底から力が湧き上がっているような感覚があります!」

レナ「ほんと〜? 思い込みだけじゃなくって?」

裕子「では試しにこのスプーンを曲げてみましょう!」サッ

レナ「どこから出したのそれ」

裕子「常に持ち歩いているので!」
19 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:39:11.15 ID:yYcvuobu0
裕子「行きます! スプーンよ曲がれっ! ムムム〜ン!!!」

グニャ・・ギュルルル、ブチッ!  カランカラン・・・・


レナ「ウソ!?」
裕子「おぉ・・・!」

レナ「スプーンがねじ切れてる」
裕子「どうやらこの装置は本物みたいですね」

レナ「手品とかじゃないわよね・・・?」

裕子「正真正銘超能力です! では他にもやってみせましょう! ムムム〜ン!」

裕子「」フワッ

レナ「浮いた!?」

裕子「さいきっく空中浮遊です!」フワフワ
20 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:39:39.20 ID:yYcvuobu0
レナ「それらしい細工も見当たらないわ・・・」

裕子「これで信じていただけましたか?」

レナ「えぇ! 凄いわ裕子ちゃん!」

裕子「ふっふっふ・・・まだまだ行きますよー! ムムムム!」

裕子《こんにちはレナさん!》

レナ「!? 頭の中から声が・・・!」

裕子《これがさいきっくテレパシー!》フッフッフ

レナ「そんな事までできちゃうのね」

裕子《思った事がそのまま伝わるのでこれで会話も楽々ですね♪》
21 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:40:08.36 ID:yYcvuobu0
レナ「でもテレパシーってそれはそれでちょっと不便そうじゃない?」

裕子《え、どうしてですか? こんなに便利なのに》

レナ「だって迂闊に変な事想像しちゃったら周りにそれがバレちゃうわけでしょ?」

裕子《変な事?》

レナ「人に言えないような事・・・そうね、例えば裕子ちゃんの好きな人とか?」ニヤリ

裕子「す、好きな人!? そんな人いませんよ!」
裕子《プロデューサーのことですね!》

裕子「!?///」

レナ「あら、そうだったのね♪」フフッ
22 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:40:58.81 ID:yYcvuobu0
裕子「ち、違います! 今のはそういう意味じゃなくてですね・・・尊敬している人という意味ですから!///」

レナ「ふふっ、分かってるわよ。裕子ちゃん可愛い♪」

裕子「か、からかわないで下さい!」

裕子《異性としても好きですけどね!》

レナ「・・・」

裕子「・・・」

裕子「いや、違いますから。そういう事を想像しないようにと思いすぎて逆に強く想像してしまうというアレであって―――」

レナ「あらあら〜♪」

裕子「だ、だから違うんですってばぁ!///」
23 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:41:27.90 ID:yYcvuobu0
P「なんか後半は良く分からなかったな」

晶葉「テレパシーで会話をしているみたいだったからな。こればかりはどうしようもない」

P「何の話してたんだろう、気になるなぁ」

晶葉「そうだな」

晶葉「・・・」

晶葉(裕子の『サイキックパワーが数十倍』という表現、あの言い方では能力は発現しないはず・・・【仮にボックス】の不具合か?)

晶葉(もしくは裕子は本当に超能力を・・・)

晶葉「いや、まさかな」フッ・・・
――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――
―――――――――
24 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:42:06.11 ID:yYcvuobu0
晶葉「うーむ・・・あれから誰も来ないな」

P「そろそろレッスンが終る頃だからアイドル達も戻ってくると思うけど」

ガチャ・・・

晶葉「ん!?」


愛海『』キョロキョロ


P「愛海だ」


愛海『これが法子ちゃん達の言ってた【仮にボックス】か〜』
25 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:43:08.78 ID:yYcvuobu0
愛海『こんな素晴らしい発明品、使わない手はないよね♪ うひひ』ガチャ


P「嫌な予感しかしないな」
晶葉「そうだな」


愛海『10分は短いけど、まぁ5山はイケるかな〜?』ガチャ・・・パタン


P「これやるな」
晶葉「絶対やるだろうな」


愛海『仮に挨拶の一環として相手の胸を揉む事が許される世界になったらぁ!!!』


P「やっぱやりやがったな!」ガタッ!
26 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:43:52.40 ID:yYcvuobu0
ジリリリリリリ

愛海『今からここはあたしのパラダイス・・・待っててねみんな』

愛海『ヒャッホゥ♪』ダダダダダ・・・

バターン!

P「あんにゃろう、とっ捕まえてやる!」

晶葉「・・・お、おい! 助手が行ってしまったら―――」

バタン!

晶葉「行ってしまったか・・・」
27 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:44:19.23 ID:yYcvuobu0
〜 廊下 〜

P(愛海はどこだ!?)キョロキョロ

P「ん?」

雫「あ、Pさん。おはようございますー♪」

P「おはよう雫。なぁこの辺で愛海を見かけなかったか?」

雫「愛海ちゃんならさっき会いましたよー。向こうへ走っていきましたけど」

P「そうか!」

雫「何だかとても嬉しそうな顔をしてましたー」

P「うん、まぁ・・・だろうな」
28 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:44:55.13 ID:yYcvuobu0
P「・・・」

P「ちなみに雫は愛海と挨拶とかした?」

雫「はい、しましたけどー?」

P(くっ、早くも犠牲者が・・・早い所捕まえないと!)

P「あっちに行ったんだな? ありがとな雫!」ダッ!

雫「あっ、Pさん」

P「ん?」

モミモミ

P「なっ!?」
29 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:45:32.89 ID:yYcvuobu0
P「な、何するんだよ!?」バッ!

雫「胸を揉んだだけですけどー?」キョトン

P「・・・え? あっ! そ、そうか! そうだったな!」

雫「?」

P(女性からも揉んでくるのか・・・いや、挨拶だから当前なんだが)

雫「次はPさんの番ですねー」

P「えっ!?」

雫「どうぞー♪」バイーン!!

P(・・・いいの?)ゴクリ
30 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:46:56.04 ID:yYcvuobu0
P(いやいや! 駄目だろさすがに!)

雫「どうかしましたかー?」

P「あぁ、いや・・・今日はしなくてもいいかなーって」アハハ・・・

雫「え・・・」

P「え?」

雫「私何かPさんを怒らせるような事しちゃいましたかー?」

P「いやいやいや!? 違うって! そういう事じゃないから!」

雫「じゃあ何で返してくれないんですか?」

P「それはだな、えっと・・・色々と事情があって―――「スキあり〜っ!」モミモミ!

P「どわぁっ!?」
31 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:47:32.06 ID:yYcvuobu0
P「だ、誰だ!?」

早苗「背中がガラ空きよP君?」フッフッフ

P「早苗さん!? 勘弁してくださいよ!」

早苗「ふふっ・・・あら?」

雫「」シュン

早苗「雫ちゃんどうしたの?」

雫「・・・Pさんが胸を揉み返してくれなくて」

P「ちょっ!」

早苗「え?」
32 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:49:49.94 ID:yYcvuobu0
早苗「ちょっと、どういう事?」ズイッ

P「いや、それはですね・・・」

雫「私が何かいけない事をしてしまったんでしょうかー」

P「だからそれは誤解だって!」

早苗「とにかくっ! どういう理由であろうと相手の、しかも自分の可愛いアイドルのお山に登らないだなんて社会人としてあるまじき行為よ!」

P「揉む方が人として問題だと思うんですが・・・!」

早苗「なに訳の分からない事言ってるの! ほら、早くしてあげなさい!」

P「〜〜〜っ! 本当に無理なんです! ごめんなさい!」ダッ!

早苗「こら、待ちなさい!」ガシッ、グルン!

P「ぐえっ!」バターン!
33 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:50:38.20 ID:yYcvuobu0
早苗「何で逃げるのよ!」ギチチ・・・

P「いたたたた! ギブギブ!!!」

早苗「ちゃんとやるまで逃がさないわよ!」
雫「Pさん・・・」


P「わ、分かりましたっ! やります、やりますからぁっ!!!」
―――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――
――――――――――

早苗「これから銭湯にでも行かない?」スタスタ
雫「良いですねー♪」テクテク



P「」チーン・・・
34 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:52:12.73 ID:yYcvuobu0
P「いてて、早苗さん本気で関節キメてくるんだもんなぁ」

P「・・・」

P(まぁ、それでもお釣りが来るくらいなんですけどね)

「おーっす」

P「ん?」

拓海「よう、P」テクテク

P「拓海・・・」

拓海「」バイーン! バイーン!

P「・・・」

P「参ったねこりゃ」ニヤリ
35 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:53:25.83 ID:yYcvuobu0
P(挨拶の一環だから仕方ないよな。また責められるのも嫌だし・・・うん、これは仕方がない。だって挨拶なんだから)コホン・・・

拓海「こんな所で何してんだ?」

P「愛海を探してるんだよ」

拓海「愛海? それなら向こうにいたぜ?」

P「そうかそうか、ありがとな」

拓海「おう、じゃあな」

P「それじゃあ失礼しまーす」モミモミモミモミ

拓海「なッ!?///」
36 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:54:06.04 ID:yYcvuobu0
P「ふぅ・・・じゃあな!」ニカッ!

ガシッ

P「・・・え?」

拓海「テメェ、良い度胸してるじゃねェか・・・///」ゴゴゴゴ・・・

P「え? え?」



清良「あら、愛海ちゃん。どうかしましたか?」

愛海「最後の山、ラスボスは清良さんと決めてました」

清良「ラスボス?」

愛海「いざ参るっ! 覚悟〜♪」ワキワキワキワキ

ガシッ

愛海「へ?」
37 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:54:48.91 ID:yYcvuobu0
拓海「覚悟はできてるんだろうな」ゴゴゴゴ・・・
P「え、何で!? ちょ、ちょっと待った! これは違うんだって!」


清良「愛海ちゃんまたイケナイことしようとしてましたね?」ゴゴゴゴ・・・
愛海「あれぇぇ!? 何で!?」


拓海・清良「たっぷりお仕置きしてやるよ(あげますね♪)」



P・愛海「ぎえぇぇぇぇぇ!!!!!!」




晶葉「お、もう10分経ってたのか」
――――――――――――――――――――
―――――――――――――――
―――――――――
38 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:55:17.39 ID:yYcvuobu0
P「エラい目に遭った・・・」ボロボロ

晶葉「こういうのはウサミンロボに行かせるべきだったかもな」

P「行く前に言ってくれよ!」

晶葉「取りあえずこれ以上何かあってもいけないし実験は終了だ。【仮にボックス】を回収しに行こう!」

P「あぁ・・・」


〜廊下〜
P「でもあんな大きなものどうやって運ぶつもりだ? 俺一人じゃ無理だぞ」

晶葉「その点は安心してくれ! 私が開発したこの【ミニミニライト】を使えば【仮にボックス】を手のひらサイズの大きさにする事ができるのだ!」フッフッフ

P「それもパクリじゃん」
39 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:55:44.60 ID:yYcvuobu0
晶葉「パクリではない、オマージュ!」

P「はいはい」ガチャ・・・


〜事務所〜
早苗・清良「」ゴゴゴゴ・・・

愛海「ひ〜ん、お許しを〜・・・」


P「・・・」

P「」パタン

晶葉「ん、どうした? 入らないのか?」

P「愛海がロープで吊るし上げられてる」
40 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:56:12.22 ID:yYcvuobu0
晶葉「それは大変だな」

P「いや他人事! 見つかったら俺達だってタダじゃすまないぞ!?」

晶葉「私もか!?」

P「当たり前だろ! 装置を作った張本人なんだから!」

バターン!

P・晶葉「」ビクッ

清良「なにを廊下でコソコソしてるんですか?」

晶葉「あ、いや・・・」
41 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:56:39.19 ID:yYcvuobu0
早苗「P君?」

P「は、はい!?」

早苗「分かってるわよね?」ニコッ

P「・・・・・はい」ビクビク
――――――――――――――――――――
―――――――――――――――
―――――――――


P「どうだ雫?」モミモミ

雫「あ、そこっ・・・気持ちいいです〜♪」
42 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 14:57:24.15 ID:yYcvuobu0
雫「すみません、Pさんに肩なんて揉ませてしまってー」

P「いや、いいんだよ」

早苗「気にしなくていいのよ雫ちゃん、どんどんP君をこき使っちゃって!」


【わたくし Pと晶葉 は今日一日どんなことでもやります。雑用からマッサージ、何でもお申し付け下さい】


晶葉「機材はここに降ろせばいいんだな?」
ウサミンロボ「ニモツヲ、オロシマス」

夏樹「おう、助かったぜ」


「プロデューサー今度はこっちねー」
「あー、こっちも〜」
43 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 15:00:42.75 ID:yYcvuobu0
P「ちょ、ちょっと待ってくれよ! 少しくらい休憩させてくれ!」

早苗「まだまだ後がつかえてるんだから頑張ってね!」

P「えぇっ!? 俺だって一応被害者みたいなものなんですけど!」

早苗「自分のした事を考えたらこれくらい安い物でしょ」フフッ

P「〜〜〜っ!」

P「発明品なんてもうこりごりだぁ〜!」トホホ





P「――――よしっ・・・」

早苗「いや、終わらせないわよ?」ガシッ

P「あ、はい」


終れ
44 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 15:01:36.80 ID:yYcvuobu0
〜おまけ〜

「Pサン次はアタシとバドミントンしようねー♪」
「晶葉ー、この荷物も運んでくれないか?」



愛海「いや〜、二人とも頑張ってるね! 感心感心♪」ウンウン

愛海「・・・」

愛海「って何であたしだけ反省文なのさ!」バンバン!

清良「だって愛海ちゃんは力仕事とかできないですし、それに・・・・逃げますよね?」

愛海「ソ、ソンナコトアリマセンヨー・・・?」

清良「だから愛海ちゃんにはここで原稿用紙5枚分の反省文を書いてもらいます♪」

愛海「地味に多いよっ!」


終り
45 : ◆tkiF6VoKRk [saga]:2019/05/18(土) 15:03:28.81 ID:yYcvuobu0
以上になります!
最後までご覧いただきありがとうございます


こちら前作です。暇な時にでも読んで頂けたら嬉しいです

モバP「凛の大切なチョコを食べてしまった・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1557145095/


46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/18(土) 15:06:46.68 ID:h/lF9maqo
おつつー
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/18(土) 21:26:11.13 ID:0RJHoGalO
すこなんだ。おつ
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 05:00:48.55 ID:dhLaBtxto
乙ー
23.14 KB Speed:1.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)