シンゲキロンパ CHAPTER 03

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/23(木) 21:08:16.37 ID:1ZFUv+pU0
過去スレ


シンゲキロンパ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385881950/

シンゲキロンパ CHAPTER 02

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401577227/
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434846275/

シンゲキロンパ CHAPTER 03

https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509228024/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1558613295
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/23(木) 21:11:15.83 ID:1ZFUv+pU0




???『おやおや! 何してんのッ!?』

???『うッ…!』

???『鍵の掛かってるドアを壊すのは禁止だよ?』

???『いや………はただ…』

???『まだドアを破った訳じゃない、そう言いたいんだね?
    でもね…』

???『そんなん見ればわかるよ!
    見てわかる事をいちいち説明しないでよ!』



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/23(木) 21:19:11.14 ID:1ZFUv+pU0




???『ボクは注意しに来ただけ。
    だって、今にもドアを破らん勢いだったからさ』

???『まさか…寝ぼけてたとか…?』

???『そ、そういう訳じゃ…』

???『…ていうか、……だよ! ……の!
    ……だって………だからさぁ…』

???『……事してないで………れ!!』



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/23(木) 21:23:23.25 ID:1ZFUv+pU0




???『…どうかしたの?』

???『何を騒いでいるのかしら…?』

???『…………………ッ!?』

???『ぬぬぬ…オマエもか…!』

???『いいから2人とも……!
    ……だって……………で……てんのッ!!』



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/23(木) 21:24:34.73 ID:1ZFUv+pU0




???『…そうね、わかったわ』

???『…………帰りましょうか…』

???『え…?』

???『…聞こえたでしょ? 帰るのよ』

???『なんだか…どういう事なのか…
    さっぱりだけど…』

???『いいから帰るわよ』

???『わ、わかったよ…』

???『そうだ、そうだ! 帰れ、帰れ!!』



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/23(木) 21:28:46.94 ID:1ZFUv+pU0
???「………マ?」

???「………………」

???「……クマ?」

???「………………」

???「おい…」

???「………………」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/23(木) 21:31:43.43 ID:1ZFUv+pU0








アルミン「モノクマ!!」







8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/23(木) 21:42:10.78 ID:1ZFUv+pU0
モノクマ「………………」

モノクマ「…あれ? 呼んだ?」

ジャン「『呼んだ?』じゃねえよ!
    散々だんまり決め込みやがって!」

モノクマ「…え? だんまり?」

アニ「さっきから呼びかけてるのに
   全然反応なかったんだよ」

アニ「…憶えてないの?」

モノクマ「あー… そうだったの?」

モノクマ「ごめんごめん。
     ついウトウトしちゃってさぁ」
9 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/05/23(木) 21:45:44.05 ID:1ZFUv+pU0
今日はここまで
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/24(金) 07:37:11.59 ID:stUDhLXS0
新スレが
更新乙です
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/24(金) 10:27:36.77 ID:ZhsTq/VKO
新スレ乙
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/24(金) 19:00:12.86 ID:P4NHPwTM0
モノクマ「…で? 何がどこまで行ったんだっけ?」

コニー「本当に憶えてないのかよ…」

ミカサ「むしろどこまで憶えてるの?」

モノクマ「えーっとねぇ…」

モノクマ「アルレルトくんがレイスさんの発言に
     異を唱えたところだったかな?」

モノクマ「確かそう… レイスさんの
     【どうして部屋にいなかったの?】っていう部分」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/24(金) 19:10:15.30 ID:P4NHPwTM0
コニー「結構憶えてんじゃねーか…」

アニ「…ていうか、あんたその時点で
   すでに応答なかったんだけど」

モノクマ「ちゃんと聞いてはいたよ?
     応答しなかっただけで」

ジャン「無視してたのかよ! てめえ…!」

モノクマ「はいはい、で?
     そこから何がどうなったわけ?」
14 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/05/24(金) 19:15:10.86 ID:P4NHPwTM0
今日はここまで
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/25(土) 07:45:25.54 ID:PasOOkhW0
アルミン「…僕がヒストリアの発言に異を唱えたのは、
     その言い方が引っかかったからなんだ」

アルミン「さっきモノクマが言った…
     【どうして部屋にいなかったの?】っていう言い方がね」

モノクマ「なんで? その発言のどこがおかしかったの?」

アルミン「だって、その言い方ってまるで…
     “その時間帯は部屋にいて当然”っていう感じじゃないか」

アルミン「部屋にいなきゃいけないルールなんてないのに…
     ちょっと違和感を覚えたんだ」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/25(土) 07:50:52.78 ID:PasOOkhW0
モノクマ「あー、確かにそうかもね。それで?」

ヒストリア「それに対して私は反論したんだよ」

ヒストリア「『確かにそういうルールはないけど、
      そういう指示はされたよね?』って」

モノクマ「指示? 誰から?」

ジャン「お前だよ!」

モノクマ「は?」

ジャン「お前がこれを俺たちに寄越したんだろうが!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/25(土) 08:00:24.48 ID:PasOOkhW0








重 大 発 表 が あ り ま す !


今 日 の 午 後 は 各 自 、 個 室 で 待 機 す る よ う に !




モ ノ ク マ よ り







18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/25(土) 08:10:17.66 ID:PasOOkhW0
モノクマ「………………」

モノクマ「…えーっと、何これ?」

ジャン「とぼけんじゃねえ! お前がこの紙を
    部屋のドアの下に挟んどいたんだろうが!」

モノクマ「いや、知りませんけど…」

コニー「ウソつけ! アルミンとアニ以外は
    みんなこれを受け取ってんだぞ!」

モノクマ「だから知らないっての!
     そんな怪盗みたいな予告状書いてないっての!」
19 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/05/25(土) 08:15:09.16 ID:PasOOkhW0
今日はここまで
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/26(日) 08:00:19.44 ID:a9In7h+s0
アルミン「…本当に知らないんだね?」

モノクマ「だからそう言ってるじゃん!」

モノクマ「大体さぁ… もしそんな重大発表をする気なら、
     いつも通りモノクマアナウンスで集合かけてるって!」

ヒストリア「モノクマ…アナウンス…?」

モノクマ「あれ、言ってなかったっけ? ボクが施設内で
     オマエラに呼びかけるときに使う“声”だよ」

モノクマ「ほら、毎朝起きるときに聞いてるでしょ?
     あれだよ」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/26(日) 08:05:09.92 ID:a9In7h+s0








「キーン、コーン… カーン、コーン」




モノクマ『オマエラ、おはようございます!
     朝です、7時になりました! 起床時間ですよ〜!』

モノクマ『さぁて、今日も張り切っていきましょう〜!』







22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/26(日) 08:10:10.80 ID:a9In7h+s0
ミカサ「…あの“声”の存在は知っていたけど、
    そんな名称があるなんて初めて聞いた」

ヒストリア「私も…」

モノクマ「あれ、そうだっけ? …まあいいや」

モノクマ「とにかく、ボクがオマエラに用があるときは
     そうやって集合をかけるし…」

モノクマ「そもそも、ボクはオマエラの個室に
     自由に出入りできるんだから…」

モノクマ「ドアの下から紙を挟むとか、
     そんなセコいやり方しないっての!」
23 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/05/26(日) 08:15:17.04 ID:a9In7h+s0
今日はここまで
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/26(日) 11:04:52.66 ID:iiZiOSFz0
新スレ連日乙です
冒頭は誰だったのか
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/01(土) 11:50:18.85 ID:i+d99Y9l0
アルミン「…なるほどね、わかったよ」

ジャン「お、おい… まさか、こいつの言う事
    信じるんじゃねえだろうな?」

アルミン「僕は信じるよ。そもそも、
     今モノクマが言った事は僕も感じてたんだ」

アルミン「モノクマのやり方にしてはどうも不自然だってね」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/01(土) 12:00:11.42 ID:i+d99Y9l0
モノクマ「それ見たことか!!」

コニー「け、けどよ…
    モノクマじゃないのなら一体誰が…?」

アニ「そんなの考えるまでもないでしょ」

コニー「えっ…?」

アニ「今までの話の流れを振り返れば…
   それをやったのが誰かなんて、一目瞭然だと思うけど」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/01(土) 12:05:22.79 ID:i+d99Y9l0
アルミン(モノクマの名を騙ってメッセージを書いた人物…)

アルミン(それは…)




▶【睡眠ガスを発生させた人物】
【ユミル】
【モノクマ本人】








これだ!







28 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/06/01(土) 12:10:12.10 ID:i+d99Y9l0
今日はここまで
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/02(日) 11:15:22.72 ID:AyrjVIUm0
アルミン「睡眠ガスを発生させた人物…だよね」

ジャン「なっ…!?」

ミカサ「………………」

アルミン「あのガスはそもそも、個室にいる人間を
     ターゲットにしているんだ」

アルミン「ガスを吸わせたい人間を
     確実に寄宿舎の部屋に留まらせるために…」

アルミン「あんなメッセージを書いたんじゃないかな」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/02(日) 11:30:10.40 ID:AyrjVIUm0
アニ「…そういう事だろうね」

アニ「メッセージを複数配ったのなら尚更…
   そいつは配った相手全員に眠ってほしいと思ってたんだ」

アニ「だけど、相手が増えれば増えるほど、
   全員が部屋に留まってくれる可能性は低くなる…」

アニ「ましてや、昼過ぎから夕方なんて、
   みんなが各々自由に過ごす時間帯だからね…」

アニ「だから、そんな手段に打って出たんだと思うよ」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/02(日) 11:50:11.66 ID:AyrjVIUm0
ジャン「な、なんてこった…!」

ジャン「それじゃあオレたちは、まんまと
    そいつの思惑通りになっちまってたって事かよ!」

ミカサ「…一体誰が?」

コニー「誰ってそりゃあ… やっぱり犯人じゃねえのか?
    ベルトルトとライナーを殺した…」

アルミン「犯人かどうかはまだわからないけど…」

アルミン「少なくとも、その人がこの事件の鍵を握っている事は
     間違いないんじゃないかな」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/02(日) 12:00:31.17 ID:AyrjVIUm0
ヒストリア「でも、わからないよね…」

ヒストリア「どうしてその人は、アルミンとアニに
      メッセージを渡さなかったんだろう…」

アニ「さあね。それともう1つ…」

アニ「そいつは何のためにそんな事をしたのか…
   その疑問を解く必要があるね」

アルミン「…そうだね。もう一度みんなで話し合ってみようか」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/02(日) 12:20:40.83 ID:AyrjVIUm0








―  議 論 開 始  ―




【2本の黒槍】
【多数の剣】
【拘束トラップ】
▶【時限爆弾】
【溶鉱炉の安全対策】







34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/02(日) 15:05:33.19 ID:AyrjVIUm0
アニ「そいつは何のためにあんたらを眠らせようとしたのか…」

アニ「改めて考えてみる必要があるね」

コニー「そいつがベルトルトとライナーを殺した犯人なら…」

コニー「【2人を殺すのを見られたくなかったから】じゃねえのか?」

ヒストリア「あるいは…」

ヒストリア「【殺すための下準備を見られたくなかったから】なのかな?」

ジャン「まだそいつが犯人だと決まった訳じゃないんだろ?」

ジャン「だったら、【今回の殺人とは関係ない】のかもしれないぜ?」




アルミン(そうか…! そう考えれば辻褄が合うかもしれない)

アルミン(捜査のときに見つけた手がかりを示せば…)
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/02(日) 15:10:09.47 ID:AyrjVIUm0
アニ「そいつは何のためにあんたらを眠らせようとしたのか…」

アニ「改めて考えてみる必要があるね」

コニー「そいつがベルトルトとライナーを殺した犯人なら…」

コニー「【2人を殺すのを見られたくなかったから】じゃねえのか?」

ヒストリア「あるいは…」

ヒストリア「【殺すための下準備を見られたくなかったから】








それに賛成だ!







36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/02(日) 16:10:04.87 ID:AyrjVIUm0
アルミン「そうか…! そう考えれば…」

ヒストリア「えっ…?」

アルミン「殺すための下準備を見られたくなかったから…
     そう考えれば辻褄が合うかもしれない」

ミカサ「殺すための下準備…?
    何を準備していたというの?」

アルミン「時限爆弾だよ」

ジャン「はあ…?」
37 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/06/02(日) 16:15:55.98 ID:AyrjVIUm0
今日はここまで
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 16:49:18.45 ID:/ORNBcNTO
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/03(月) 14:45:47.36 ID:47pJxd/M0
開発品リスト


@立体起動装置    12台

A時限爆弾      3台

B特殊ガス発生装置  1台

C蓄音機       1台

D金属探知機     1台

E拘束トラップ    1台
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/03(月) 14:50:13.59 ID:47pJxd/M0




アニ『リストにある開発品…
   その何個かが見当たらないんだよ』

アルミン『…え?』

アニ『見当たらないのは、時限爆弾2つと…』

アニ『…特殊ガス発生装置』




アルミン「開発品リストにあった物品の1つだよ」

アルミン「実は、捜査で研究開発所を調べたとき、
     特殊ガス発生装置の他にも無くなってるものがあったんだ」

アルミン「それが時限爆弾だよ。
     3つあるうちの2つが無くなってた」

ヒストリア「2つって…」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/03(月) 14:55:17.16 ID:47pJxd/M0








ド ゴ ー ー ー ー ー ー ー ー ン ! !







42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/03(月) 15:01:00.66 ID:47pJxd/M0








ド ゴ ー ー ー ー ー ー ー ー ン ! !







43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/03(月) 15:20:15.19 ID:47pJxd/M0
ヒストリア「…!! 今朝あった爆発も2回…!?」

アルミン「そう… 無くなった爆弾の数と
     今朝起きた爆発の回数が一致するんだ」

アルミン「おそらく、その人は【時限爆弾を仕掛けるためにみんなを眠らせて】








その推理、削ぎ落とす!







44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/03(月) 15:30:20.12 ID:47pJxd/M0
ミカサ「アルミン、それはおかしい…」

アルミン「えっ…」

ミカサ「今のアルミンの推理は納得できない」

ミカサ「もう一度よく考えてみてほしい」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/03(月) 15:35:32.78 ID:47pJxd/M0








―  反 論 シ ョ ー ダ ウ ン 開 始  ―




【モノクマファイル 3】
【2本の黒槍】
【多数の剣】
【拘束トラップ】
▶【特殊ガス発生装置】
【溶鉱炉の安全対策】







46 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/06/03(月) 15:41:01.08 ID:47pJxd/M0
今日はここまで
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 02:37:10.39 ID:iswwzxtTO
おつ
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/16(日) 08:00:56.35 ID:kogC3Bqn0
ミカサ「時限爆弾を仕掛けるために/
                 /眠らせたというのなら…」

ミカサ「どうしてアルミンとアニには/
                  /予告状を送らなかったの?」

ミカサ「爆弾を仕掛けるのを/
              /見られたくなかったのなら…」

ミカサ「その人は全ての人間を/
               /眠らせておく必要があったはず」

ミカサ「そうしなかったのは/
              /一体どうしてだと言うの?」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/16(日) 08:10:09.94 ID:kogC3Bqn0








―  発 展  ―




アルミン「僕とアニを眠らせようとしなかった理由はわからないけど…」

アルミン「少なくとも、時限爆弾を仕掛けることが目的だったのは確かだと思うんだ」







50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/16(日) 08:25:24.50 ID:kogC3Bqn0
ミカサ「なぜそこまで/
           /言い切れるの?」

ミカサ「そもそも、時限爆弾を仕掛けるのを/
                     /見られたくなかったというのなら…」

ミカサ「【こっそり夜中にでもやればいい】」

ミカサ「【わざわざ昼過ぎから夕方の時間帯に眠らせる意味がない】」

ミカサ「そんな事をすれば、かえって不自然で/
                      /怪しまれるだけ…」




アルミン(…いや、あの時間帯にもちゃんとした意味があったんだ)

アルミン(例の手掛かりを示せばわかってくれるはず…)
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/16(日) 08:35:08.93 ID:kogC3Bqn0
ミカサ「なぜそこまで/
           /言い切れるの?」

ミカサ「そもそも、時限爆弾を仕掛けるのを/
                     /見られたくなかったというのなら…」

ミカサ「【こっそり夜中にでもやればいい】」

ミカサ「【わざわざ昼過ぎから夕方の時間帯に/
                      /眠らせる意味がない】








その言葉、斬らせてもらう!







52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/16(日) 08:45:11.53 ID:kogC3Bqn0
アルミン「いや、あの時間帯にみんなを眠らせたのにも
     ちゃんとした意味があったんだよ」

ミカサ「…何の意味があったと言うの?」

ミカサ「仕掛けるのを見られたくなかったというのなら、
    こっそり夜中にでもやれば…」

アルミン「そう、その人はこっそり夜中に仕掛けたかったんだ。
     だからこそ、あの時間帯に眠らせる必要があったんだよ」

コニー「…?? ど、どういう事だ?」
53 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/06/16(日) 09:00:14.12 ID:kogC3Bqn0
今日はここまで
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/29(土) 21:10:32.36 ID:mGKMm5QV0
アルミン「特殊ガス発生装置の説明文を思い出して」

アルミン「あそこの睡眠カプセルの項目には、
     こんな事が書かれていたんだ」




・ 睡眠カプセル(水色)

  深い眠りへと誘う睡眠ガスを発生させます。
  効果時間は最低18時間です。




アニ「…効果時間は最低18時間」

アルミン「そう、発生した睡眠ガスには
     最低18時間眠らせるっていう効果があったんだよ」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/29(土) 21:30:05.40 ID:mGKMm5QV0
コニー「18時間ってどれくらいだ?
    そもそも1日が… えーっと…」

アニ「1日は24時間。つまり、1日の4分の3の時間を
   眠ってしまうことになる…」

コニー「4分の3… 4分の3?」

ミカサ「…それがどうしたというの。さっきの話とどう繋がって…」

ヒストリア「…あっ、そっか。もしかして…」

ヒストリア「私たちが朝起きるようにしたかったって事…?」
56 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/06/29(土) 21:35:06.22 ID:mGKMm5QV0
今日はここまで
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/07/03(水) 16:56:28.92 ID:FF1lJlOI0
突然途絶えたが大丈夫か?
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/07/03(水) 16:58:40.79 ID:FF1lJlOI0
ごめんずっと1ページ目しか確認してなかったから途絶えたかと思った忘れて
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/04(木) 01:59:11.54 ID:nFKTCYG4O
復活も突然だったからセーフ
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/04(木) 18:34:35.41 ID:DcT30YXj0
改めて考えるとssとか未完が普通だし途中いろいろあった中ここまで続けているのは凄い
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/06(土) 10:20:50.72 ID:VHEgKgbu0
アルミン「その通りだよ、ヒストリア」

アルミン「その人は、みんながいつも起きる時間から逆算して
     あの時間帯にガスを発生させたんだ」

アルミン「そうすれば、みんなを夜中に確実に眠らせた上で
     いつも通りの時間に起こすこともできる…」

アルミン「それこそが… その人の狙いだったんじゃないかな」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/06(土) 10:30:14.96 ID:VHEgKgbu0
ジャン「なるほどな… 気に入らねえ話だが、
    確かに筋は通ってやがる」

ミカサ「………………」

コニー「…で、そいつはなんでそこまでして
    俺たちを夜中に眠らせたかったんだ?」

アニ「…あんた話聞いてたの?
   殺すための下準備をするためって言ってたでしょ」

ヒストリア「殺すための下準備… 時限爆弾の事だよね?」
63 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/07/06(土) 10:35:03.55 ID:VHEgKgbu0
今日はここまで
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/07(日) 18:45:19.67 ID:bkgK6mmA0




アルミン『殺すための下準備を見られたくなかったから…
     そう考えれば辻褄が合うかもしれない』

ミカサ『殺すための下準備…?
    何を準備していたというの?』

アルミン『時限爆弾だよ』

ジャン『はあ…?』




ヒストリア「研究開発所から無くなっていた時限爆弾が2つ、
      そして、今朝起きた爆発も2回…」

ヒストリア「つまり、その人は私たちを眠らせている間に、
      殺すための下準備として2つの時限爆弾を仕掛けた」

ヒストリア「…話をまとめると、そういう事だよね?」
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/07(日) 19:00:38.92 ID:bkgK6mmA0
アルミン「うん、そうなるね」

コニー「…?? なんで爆弾が殺すための下準備になるんだ?」

コニー「今回ベルトルトは槍に貫かれて殺されたんだろ?
    爆弾はまるっきり関係ないじゃねーか」

アルミン「…確かに、直接の死因とは関係ないかもしれない」

アルミン「だけど、思い出して。1回目の爆発は寄宿舎前で起きて、
     僕たちの何人かはその音で現場に駆け付けた」

アルミン「そして、研究開発所前で起きた2回目の爆発…
     その後を追うようにして見つけたベルトルトの死体…」

アルミン「…とても偶然とは思えないよ。今回の爆発には、
     何かしらの意図があったようにしか思えないんだ」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/07(日) 19:20:12.46 ID:bkgK6mmA0
ミカサ「…確かに、それは同意する。
    あの爆発が今回の事件と全くの無関係とは思えない」

コニー「何かしらの意図って何だ?
    ただ俺たちに死体を見つけさせたかったんじゃねーのか?」

ヒストリア「うーん、死体を見つけさせるだけなら
      他にいくらでも方法があると思うけど…」

ジャン「あの爆発にはそれ相応の深い事情があったって事か…?
    全く見当がつかねえが…」

アニ「…それなら、次はその爆発について話し合ってみようか」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/07(日) 19:25:06.60 ID:bkgK6mmA0








―  議 論 開 始  ―




【モノクマファイル 3】
【足跡】
▶【巨大な爆発痕】
【炉の周りの小さな痕】
【剣の切れ味】







68 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/07/07(日) 19:30:09.81 ID:bkgK6mmA0
今日はここまで
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/07/07(日) 23:39:32.85 ID:kyDVpeeT0
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/09(火) 20:15:17.64 ID:ZR+Fc0o30
アニ「あの2つの爆発は何だったのか…」

アニ「ここで意見を出し合おうか」

コニー「んー、やっぱり…」

コニー「【俺たちに死体を見つけさせたかっただけ】だと思うんだが…」

ジャン「いや、心当たりがある…」

ジャン「今回はベルトルトだけじゃなくて【ライナーも死んじまってる】んだろ?」

ジャン「だったら、【ライナーを殺すためだった】とは考えられないか?」

ミカサ「確かに、ライナーの死体はまだ見つかっていない…」

ミカサ「ジャンの推理はあり得るかもしれない」




アルミン(あの人の発言… 本当にそうだろうか)

アルミン(僕が捜査した内容と明らかに矛盾してるけど…)
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/09(火) 20:20:50.39 ID:ZR+Fc0o30
アニ「あの2つの爆発は何だったのか…」

アニ「ここで意見を出し合おうか」

コニー「んー、やっぱり…」

コニー「【俺たちに死体を見つけさせたかっただけ】だと思うんだが…」

ジャン「いや、心当たりがある…」

ジャン「今回はベルトルトだけじゃなくて【ライナーも死んじまってる】んだろ?」

ジャン「だったら、【ライナーを殺すためだった】








それは違うよ!







72 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/07/09(火) 20:25:14.16 ID:ZR+Fc0o30
今日はここまで
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/10(水) 18:10:12.75 ID:Yr5Cd2Ze0
アルミン「ちょっと待って。あの爆発で
     ライナーが死んだとは考えられないよ」

ジャン「なんでそう言い切れるんだ?」

ジャン「あいつの死体が見つかってないのは、
    爆発で身体が四散したからだと考えれば…」

アルミン「もしそうなら、あの爆発痕の周囲には
     肉片や血痕が残されているはずだよね?」

アルミン「僕はあの爆発痕を2つとも調べたけど…
     そんなものは全然見当たらなかったよ」
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/10(水) 18:20:09.46 ID:Yr5Cd2Ze0
ジャン「は、犯人が片付けたんじゃねえのか?
    証拠隠滅のために…」

アニ「あの爆発があった後、私たちはすぐにベルトルトの死体を見つけて
   捜査を始めたんだ。そんな時間はないよ」

ジャン「………………」

アニ「そもそも、時限爆弾で誰かを殺そうとしてたのなら
   1つあれば済む話さ」

アニ「わざわざ2つも爆発させる意味がわからない…
   そういう観点から見ても、あれが殺人のために使われたとは考えにくいね」
75 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/07/10(水) 18:35:20.26 ID:Yr5Cd2Ze0
今日はここまで
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/11(木) 21:00:11.66 ID:suSGGrsR0
アルミン「それだけじゃない… あの爆弾が殺人目的で
     使われなかった根拠は他にもあるんだ」

コニー「ま、まだあんのか…?」

ジャン「…聞かせてもらおうじゃねえか」




アルミン(時限爆弾が殺人目的で使われなかった根拠…)

アルミン(それは…)




【足跡】
▶【開発品リスト】
【九つの巨人】








これだ!







77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/11(木) 21:35:48.95 ID:suSGGrsR0
アルミン「開発品リストだよ」

ミカサ「………………」

アルミン「あそこには、研究開発所にあった開発品1つ1つの
     詳しい説明が記載されているんだけど…」

アルミン「時限爆弾の項目には、こんな内容が書かれていたんだ」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/11(木) 22:05:06.28 ID:suSGGrsR0
A時限爆弾


<概要>

指定した時間に爆発させることができる爆弾です。
AとBの2つのモードがありますので、状況に応じて使い分けて下さい。


<使い方>

(1)モードを選択します。

(2)時間を設定します。

(3)爆発させたい場所に仕掛けます。


<モード選択>

 ・ Aモード

   爆発時に破片を飛ばします。
   殺傷能力は高いですが、爆発範囲は狭くなります。

 ・ Bモード

   爆発時に破片をミクロの状態まで細分化します。
   殺傷能力は低いですが、爆発範囲は広くなります。
79 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/07/11(木) 22:10:16.63 ID:suSGGrsR0
今日はここまで
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/12(金) 04:33:57.45 ID:4A826/dIO
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/13(土) 15:00:11.21 ID:cVpY7BiU0
コニー「…モード?」

アルミン「そう、この時限爆弾…
     実は2つの性能のうちどちらか好きな方を選べるんだ」

ヒストリア「AモードとBモード…
      確かに2つとも特徴が違うようだけど…」

ミカサ「…それで、今回使われたのはどちらのモードだと言うの?」




アルミン(今回使われたのは…)




【Aモード】
▶【Bモード】
【どちらも使われていない】








これだ!







82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/14(日) 03:35:06.91 ID:Tt+YHYkK0
アルミン「Bモードだよ」

ヒストリア「Bモードっていうと…」




 ・ Bモード

   爆発時に破片をミクロの状態まで細分化します。
   殺傷能力は低いですが、爆発範囲は広くなります。




ヒストリア「あっ… 殺傷能力が低い…?」

アルミン「そうなんだ。Aモードよりも殺傷能力は劣るのに、
     仕掛けた人はわざわざBモードを選んでる」

アルミン「つまり… 時限爆弾で誰かを殺す意思はなかったって事だよ」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/14(日) 03:45:27.40 ID:Tt+YHYkK0
ミカサ「…ちょっと待って。どうして使われたのが
    Bモードだとわかるの?」

ミカサ「それに、どうしてわざわざ殺傷能力の低い性能を選んだの?
    何のために爆発させたの?」

ジャン「…確かにな。使われたのが本当にBモードだとしても、
    理由をはっきりさせないと訳のわからない事になるぞ」

アルミン「………………」




アルミン(なぜ時限爆弾を爆発させたのか)

アルミン(誰かを殺す気がなかったのなら、その目的は何か)

アルミン(一度整理してみよう。ここまで得た情報で、
     ある程度は見えてくるはずだ…)
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/14(日) 03:50:20.36 ID:Tt+YHYkK0








―  ロ ジ カ ル ダ イ ブ 開 始  ―







85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/14(日) 09:00:10.36 ID:Tt+YHYkK0








QUESTION 01


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       時限爆弾で使用されたモードは?
                                    
――――――――――――――――――――――――――――――――――――




【Aモード】
▶【Bモード】







86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/14(日) 09:05:26.02 ID:Tt+YHYkK0








QUESTION 02


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       その根拠は?
                                    
――――――――――――――――――――――――――――――――――――




【爆発痕に破片が残っていた】
▶【爆発痕に破片が残っていなかった】







87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/14(日) 09:10:12.14 ID:Tt+YHYkK0








QUESTION 03


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       時限爆弾を爆発させた目的は?
                                    
――――――――――――――――――――――――――――――――――――




【誰かを殺すこと】
▶【爆発痕を残すこと】







88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/14(日) 09:30:35.69 ID:Tt+YHYkK0








QUESTION 04


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       その目的のために利用したのは?
                                    
――――――――――――――――――――――――――――――――――――




▶【昨夜の大雨】
【溶鉱炉の熱】







89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/14(日) 09:40:08.65 ID:Tt+YHYkK0








DIVE RESULT




<1> 時限爆弾で使用されたモードは?        【Bモード】

<2> その根拠は?                 【爆発痕に破片が残っていなかった】

<3> 時限爆弾を爆発させた目的は?         【爆発痕を残すこと】

<4> その目的のために利用したのは?        【昨夜の大雨】








推理は繋がった!







90 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/07/14(日) 09:45:06.09 ID:Tt+YHYkK0
今日はここまで
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/15(月) 09:10:22.95 ID:OdbHpWRR0
アルミン「まず、Bモードが使われた根拠だけど…
     それは爆発現場にあったんだ」

コニー「何か見つかったのか?」

アルミン「逆だよ。何も見つからなかったんだ。
     肉片や血痕はおろか… 爆弾の破片すらね」

ヒストリア「破片も…?」

アルミン「通常、爆弾っていうのは自身の破片を周囲に飛ばすことで
     標的を殺傷するものなんだ」

アルミン「だから、ああいう爆発現場には少なからず
     飛び散った破片が残るはずなんだけど…」

アルミン「…それが1つも見当たらなかった」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/15(月) 16:50:08.43 ID:OdbHpWRR0
ミカサ「破片が1つもなかった…?」

ヒストリア「あっ、ちょっと待って…!」




 ・ Aモード

   爆発時に破片を飛ばします。
   殺傷能力は高いですが、爆発範囲は狭くなります。

 ・ Bモード

   爆発時に破片をミクロの状態まで細分化します。
   殺傷能力は低いですが、爆発範囲は広くなります。




ヒストリア「そっか…! もしAモードを選んでいたのなら、
      説明文の通り破片が周囲に飛び散るはずだよね?」

アルミン「そう… それに対してBモードは
     破片を細分化して殺傷能力を落としてるんだ」

アルミン「要するに、破片が細かくなりすぎて
     現場には残らなかった… そういう事なんじゃないかな」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/15(月) 17:00:09.02 ID:OdbHpWRR0
アニ「そうだね。さっきも言った通り、爆発現場を片付ける
   時間はなかっただろうから…」

アニ「破片が全くなかったのなら、Bモードが使われたのは明白だろうね」

ジャン「なるほどな… それならAモードではなくBモードが
    使われた根拠としては納得できる」

ミカサ「………………」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/15(月) 17:15:15.75 ID:OdbHpWRR0
ヒストリア「…でも、それならBモードを選んだ理由はどう説明するの?」

ヒストリア「殺人目的で使われなかったのなら、一体何のために…?」

アルミン「実は、その点に関しては完全にはわかってないんだけど…
     ある程度予想はできると思うよ」

ジャン「なに…?」

アルミン「理詰めで考えればいいんだ。例えばそう、
     Aモードには無くてBモードにあるものは何か…」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/15(月) 17:40:08.44 ID:OdbHpWRR0




 ・ Aモード

   爆発時に破片を飛ばします。
   殺傷能力は高いですが、爆発範囲は狭くなります。

 ・ Bモード

   爆発時に破片をミクロの状態まで細分化します。
   殺傷能力は低いですが、爆発範囲は広くなります。




ミカサ「…爆発範囲?」

アルミン「その通りだよ。Bモードは殺傷能力が落ちる代わりに、
     爆発範囲が広くなるんだ」     

アルミン「つまり、Bモードが選ばれた理由は…
     爆発範囲を広くしたかったからじゃないかな?」

コニー「はあ…? 何のためにだよ?」

アルミン「まだはっきりとは言えないけど…
     こういうのはどう?」

アルミン「出来るだけ大きな爆発痕を残したかった…とか」
96 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/07/15(月) 18:00:06.14 ID:OdbHpWRR0
今日はここまで
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/18(木) 20:49:25.90 ID:6CmAOrTb0

次回が楽しみ過ぎて夜しか眠れません
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/20(土) 15:30:17.37 ID:t3F9++lI0
ヒストリア「爆発痕を… 残したかった…?」

コニー「…??」

ジャン「い、いやいや… それこそ何のためにだよ?」

アルミン「それは… まだわからない」

ジャン「はあ? お前何言って…」

アルミン「でも、そうとしか考えられないんだ。
     それを裏付ける根拠だってある」
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/20(土) 17:25:14.82 ID:t3F9++lI0
ミカサ「…根拠?」

アルミン「雨だよ」

コニー「雨って… 昨日の大雨か?」

アルミン「うん。あの雨のせいで、爆発が起きたときの地面は
     かなりぬかるんだ状態だったよね?」
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/20(土) 17:50:08.25 ID:t3F9++lI0




アルミン⦅僕は自分の足元を見た⦆

アルミン⦅雨は一晩のうちに上がっていたようだが、
     水を吸った地面は足跡をくっきり残すほどぬかるんでいる⦆




アルミン「地面があの状態だったおかげで、爆発痕はより大きく残った…」

アルミン「晴れた状態ならあんなに大きく残らないし、
     大雨が降っている最中なら爆発痕が乱されてしまう」

アルミン「爆発痕を大きく残すなら、雨が降り終わった後が
     一番最適なんだよ」

アルミン「そんな最適のタイミングで爆発させたってことは…」

アルミン「狙いはやっぱり…
     大きな爆発痕を残すことだったんじゃないかと思うんだ」
101 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/07/20(土) 18:00:19.10 ID:t3F9++lI0
今日はここまで
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/21(日) 19:05:05.42 ID:Bsh88lb+0
ミカサ「ちょっと待って。雨が降り終わったタイミングを狙って
    爆発させたというけれど…」

ミカサ「雨がいつ降り止むかなんて予測できないはず。
    それならその推理は…」

アニ「いや、それができるのさ。雨が降る時間帯を正確に知ることがね」

ミカサ「…どうやって?」

アニ「アルミン、教えてあげえるといい」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/21(日) 19:10:05.71 ID:Bsh88lb+0
アルミン(雨が降る時間帯を正確に知る方法…)

アルミン(それは…)




【研究開発所】
【溶鉱炉】
▶【観測所】








これだ!







104 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/07/21(日) 20:05:08.69 ID:Bsh88lb+0
今日はここまで
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/31(水) 20:40:19.15 ID:BC95xOco0
アルミン「観測所だよ」

ミカサ「…観測所?」

アルミン「ほら、ユミルの事件の後に開放された建物の1つだよ」

アルミン「その中にある黒板には、1週間分の天気が
     書き出されているんだ」




アルミン『天気の予想って…どういう事?』

アニ『そのままの意味さ。大きな黒板に色々書かれていてね。
   この日は晴れ、この日は雨って感じで…』

アニ『ちなみに、明日は【晴れ のち 曇り】だったよ』



106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/31(水) 20:50:11.52 ID:BC95xOco0
ミカサ「…へえ、知らなかった。そんな建物があったなんて」

アルミン「えっ…?」

ヒストリア「あっ、そっか… あの時、ミカサはいなかったんだっけ?」




ライナー『…仕方がない、始めるか』

ヒストリア『え? ミカサはいいの?』

ライナー『このまま待っていても埒が明かないだろう。
     こっちも暇じゃないんだからな』

アニ『………………』

ライナー『あいつには後で俺から言っておく。
     じゃあ、それぞれ報告していってくれ』



107 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/07/31(水) 21:00:12.19 ID:BC95xOco0
今日はここまで
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/01(木) 02:38:33.81 ID:Fin7NQRFO
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/02(金) 23:30:27.25 ID:CMQMlRRd0
コニー「ライナーのやつ… 後で言っておくとか言っといて
    伝えてなかったのかよ」

ヒストリア「仕方ないよ。ライナーがミカサに再会したのは
      あの話があったときだから…」




モノクマ『ライナーとベルトルト…!?』

モノクマ『【裏切り者】は1人ではなかったという事ですか!?』

モノクマ『はい。誠に遺憾ながら、我々訓練兵団は
     複数名の【裏切り者】の侵入を許してしまっておりました』

モノクマ『そして、何を隠そう、あの2人こそ…』



110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/02(金) 23:35:22.55 ID:CMQMlRRd0








モノクマ『超大型巨人と鎧の巨人の正体なのです』







111 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/08/02(金) 23:50:06.06 ID:CMQMlRRd0
今日はここまで
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/03(土) 07:40:10.03 ID:V5zYt4Ms0
ジャン「…その話はいい。あいつはもういないんだからな」

アニ「………………」

ジャン「それで? 観測所には1週間分の天気が
    書き出されてるって言ったな」

ジャン「…ってことは、見たんだろ?
    1週間分の天気がどうなっていたのかを」

アルミン「うん。これだよ」
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/03(土) 07:45:42.54 ID:V5zYt4Ms0


DAY 01  晴れ

DAY 02  晴れ のち 曇り

DAY 03  曇り

DAY 04  晴れ

DAY 05  晴れ

DAY 06  曇り

DAY 07  曇り のち 晴れ

DAY 08  曇り

DAY 09  晴れ

DAY 10  晴れ

DAY 11  晴れ のち 曇り

DAY 12  曇り のち 大雨 時々 雷

114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/03(土) 08:00:15.53 ID:V5zYt4Ms0
アルミン「正確に言えば、黒板に書かれていたのは“予報”だから、
     過去の天気は全部消されてしまっていたんだけど…」

アルミン「それとは別に、過去の天気を記録した紙束があったんだ。
     今見せてるのがそれだよ」

ヒストリア「…確かに、12日目に『大雨』って書いてあるね」

ヒストリア「つまり、爆弾を仕掛けた人は12日目以前に
      大雨が降ることを観測所で確認していた…で合ってるのかな?」

アルミン「うん、まあ… そうなんだけど…」
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/03(土) 08:15:13.24 ID:V5zYt4Ms0
コニー「…ん? どうした?」

アルミン「あ、いや… 何でもないよ」

アニ「………………」

アルミン「話をまとめてみよう」

アルミン「爆弾を仕掛けた人… ここではもう犯人と呼んでしまうね」

アルミン「犯人はまず、観測所で大雨が降る日付を確認した」

アルミン「そして、大雨が降った翌朝… 雨が止んで地面が
     一番ぬかるんでいるときに爆発するように時限爆弾を仕掛けた」

アルミン「その目的はおそらく、地面に巨大な爆発痕を残すことだった…」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/03(土) 08:25:10.12 ID:V5zYt4Ms0
コニー「うーん… 聞けば聞くほど訳がわかんねえぞ」

コニー「犯人はなんでそんな手間をかけてまで
    爆発痕を残そうとしたんだ?」

アルミン「さっきも言ったけど… それはまだわからない」

コニー「それがわからないなら話が進まないんじゃねーか…?」

アルミン「………………」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/03(土) 08:35:04.14 ID:V5zYt4Ms0
ジャン「クソッ、どうなってやがる…」

ジャン「こんだけ議論してるのに、全く前に進んでる感じがしねえ…」

ヒストリア「何だか、どんどん謎が増えていくだけのような
      感じがするね…」

モノクマ「うぷぷ… だから言ったでしょ?
     今回は『ユミルさんの事件よりも難解』だって…」

ミカサ「…確かに、あれだけ複雑だったユミルの事件でも
    ここまで議論すれば怪しい人間は出ていた」

ミカサ「でも今回は… 誰が怪しいのかすらもわからない」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/03(土) 08:40:42.99 ID:V5zYt4Ms0
アニ「…確かに、このままじゃ何も進まないね」

アルミン「………………」

アニ「だったらここで… 怪しい人間を提示しようか」

ヒストリア「えっ…」

コニー「あ、怪しい人間…? そんなのいるのか?」

アニ「いるよ。1人、気になってる奴がね」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/03(土) 08:55:15.85 ID:V5zYt4Ms0
アルミン(アニが疑ってる人物って…)




アニ「…思い当たる節があるって顔だね、アルミン」

アルミン「えっ…」

アニ「せっかくだから当ててみてよ」

アニ「私が誰を疑っているのか…」
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/03(土) 09:00:20.53 ID:V5zYt4Ms0








―  人 物 を 指 名 し ろ  ―







121 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/08/03(土) 09:05:03.93 ID:V5zYt4Ms0
今日はここまで
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/03(土) 14:42:08.07 ID:IaMklhgbO
誰なんだ!
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/04(日) 00:05:04.74 ID:CDs3Cmz20




【ミカサ・アッカーマン】
【ライナー・ブラウン】
【ベルトルト・フーバー】
【アニ・レオンハート】
【エレン・イェーガー】
▶【ジャン・キルシュタイン】
【コニー・スプリンガー】
【サシャ・ブラウス】
【クリスタ・レンズ】
【アルミン・アルレルト】
【ミーナ・カロライナ】
【ユミル】








これが僕の答えだ!







124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/04(日) 00:20:16.16 ID:CDs3Cmz20
アルミン「アニが疑ってるのって… ジャンだよね?」

ジャン「なっ…!?」

アニ「…さすがアルミン、よくわかったね」

コニー「…!?」

ミカサ「…ジャンが?」

ジャン「きゅ… 急に何を言い出しやがる!!
    当てつけもいい加減にしろ!」

アニ「当てつけ、ねえ…」

アニ「ジャン… そろそろ白状したらどうなの?」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/04(日) 00:35:07.96 ID:CDs3Cmz20








―  議 論 開 始  ―




【モノクマファイル 3】
【2本の黒槍】
【足跡】
【剣の切れ味】
【九つの巨人】 ⇒ ▶【九つの巨人の他に見たもの】







126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/04(日) 01:00:24.42 ID:CDs3Cmz20
アニ「率直に聞くけど…」

アニ「ジャン… あんた【何か隠してる】でしょ?」

ジャン「…ッ!!」

アニ「ずっと気になってたんだよ」

アニ「捜査でも、この裁判でも…」

アニ「【周りの人間に探りを入れてる】のような態度や視線が…」

ヒストリア「さ、探りを入れてる…?」

コニー「…? こいつの様子がおかしかったのは【例の本を見つけたから】だろ?」

コニー「それとも、まだ何かあるっていうのか?」

ジャン「し、知らねえよ!」

ジャン「【俺は何も隠してねえ!】」




アルミン(確かに、ジャンの様子はどこか変だった)

アルミン(コニーが言うように、その原因が
     あの本だけじゃなかったとしたら…)

アルミン(…ここは少しカマをかけてみよう)
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/04(日) 01:05:06.46 ID:CDs3Cmz20
アニ「率直に聞くけど…」

アニ「ジャン… あんた【何か隠してる】でしょ?」

ジャン「…ッ!!」

アニ「ずっと気になってたんだよ」

アニ「捜査でも、この裁判でも…」

アニ「【周りの人間に探りを入れてる】のような態度や視線が…」

ヒストリア「さ、探りを入れてる…?」

コニー「…? こいつの様子がおかしかったのは【例の本を見つけたから】だろ?」

コニー「それとも、まだ何かあるっていうのか?」

ジャン「し、知らねえよ!」

ジャン「【俺は何も隠してねえ!】








この嘘を真実に!







128 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/08/04(日) 01:10:15.40 ID:CDs3Cmz20
今日はここまで
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/11(日) 17:30:52.43 ID:pKpyDKSF0
アルミン「ジャン… もうやめようよ」

ジャン「ああ!?」

アルミン「アニの言う通り… ジャンには隠してる事があるよね?」

ジャン「て、てめえまで何言ってやがる!
    俺が何を隠してるっていうんだよ!」
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/11(日) 17:40:17.12 ID:pKpyDKSF0
アルミン「………………」

ジャン「な、何だよ…!?」

アルミン「ジャン、僕見たんだ」




アルミン『ジャンはここで何をやってたの?』

ジャン『な、何って… 本だよ、本!
    ここにはそれ以外ないだろ!』

アルミン『本…』




アルミン「書庫で君に声をかけたとき…
     慌てて何かを隠してたよね?」

ジャン「…!!」
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/11(日) 17:45:11.31 ID:pKpyDKSF0
アルミン(…嘘だ)

アルミン(僕が見たのは本を読んでいたジャンの姿だけ…
     ジャンが何かを隠していたところは見ていない)




アルミン「………………」




アルミン(だけど、ジャンの様子がおかしくなったのは
     施設内を探索している時からだった…)

アルミン(僕の記憶の限りでは… あの時、
     ジャンは書庫以外には行っていなかったはずだ)




ジャン『えっと、オレが調べてきた場所についてだったな…』

ジャン『オレは…書庫に行ってきた』



132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/11(日) 17:50:45.45 ID:pKpyDKSF0
アルミン(だから、ジャンがおかしくなった理由が
     あの本以外にもあるとしたら…)

アルミン(それはやっぱり、あの書庫にあるはず…!)




ジャン「…っ!!」




アルミン(さあ、どう出る!?)
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/11(日) 18:00:05.59 ID:pKpyDKSF0
ジャン「…………くそっ」

ジャン「そこまで見られてたのなら… もう隠し通せねえな」

アルミン「…!」

コニー「なっ…!? じゃ、じゃあ、まさかお前が…!?」

ジャン「勘違いすんな。オレは犯人じゃねえし、隠してたのも
    今回の事件とは関係のない事だ」

アニ「…関係のない事?」

ジャン「そうさ。関係はないが… 極めて重要な事だ」
134 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/08/11(日) 18:05:17.79 ID:pKpyDKSF0
今日はここまで
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/12(月) 02:24:32.70 ID:7PGvL23bO
かまかけ名人アルミン
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/12(月) 07:10:15.98 ID:ezmtjdyu0
コニー「な、何だよ、その重要な事って…」

ジャン「…いいぜ。そこまで気になるなら教えてやる」

ミカサ「………………」

ジャン「オレが捜査のときに見つけたのは例の本だけじゃねえ…」

ジャン「そこに挟んであったんだよ。この紙が…」
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/12(月) 07:15:15.83 ID:ezmtjdyu0








訓 練 兵 の 中 に 6 体 の 巨 人 が い る







138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/12(月) 07:20:06.77 ID:ezmtjdyu0
コニー「…!?」

ヒストリア「な、何… これ…?」

ジャン「見ての通りだ」

ジャン「この紙にはこう書かれてある。
    『訓練兵の中に6体の巨人がいる』ってな」

ジャン「挟んであったのはそう… ちょうどこのページだ」
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/12(月) 07:45:05.14 ID:ezmtjdyu0




@ 始祖の巨人

全ての巨人の頂点に立つ存在。
魂を分けた後も、その大元は代々王家に継承されていた。
エルディア帝国壊滅後は、フリッツ王と共にパラディ島へと逃れている。


A 女型の巨人

汎用性に優れた巨人。
高い機動力と持続力に加え、硬質化能力も併せ持つ。
範囲は狭いが『無垢の巨人』を呼び寄せることができる。


B 鎧の巨人

硬質化に特化した巨人。
全身を覆う皮膚は常に硬質化しており、盾としての機能を果たす。
その硬さを利用した突進攻撃も破壊力に優れる。


C 顎の巨人

強襲型の巨人。
小ぶりな分、『九つの巨人』の中でも素早さはトップクラスである。
強力な爪と顎で大抵の物は砕くことができる。


D 獣の巨人

濃い体毛に覆われた大型の巨人。
これといった特性のない巨人だったが、ジーク・イェーガーの継承によって
驚異的な能力を開花させる。詳細は次章にて述べる。


E 車力の巨人

四足歩行型の巨人。
並外れた持続力をもち、長期間の巨人化を可能とする。
用途に合わせた兵装が可能で、軍事作戦の幅を大きく広げることができる。


F 超大型巨人

60m級の超大型巨人。
その巨体ゆえに動きは遅いが、桁違いの破壊力を有する。
全身から発する高温の蒸気は攻撃、牽制、目眩ましなど汎用性が高い。


G 戦槌の巨人

マーレの英雄へーロスと共にエルディア帝国を滅ぼしたとされる
タイバー家の有する巨人。その詳細は謎に包まれている。



140 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/08/12(月) 07:50:07.78 ID:ezmtjdyu0
今日はここまで
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/13(火) 12:29:39.31 ID:/dj4MLLz0

エレン→始祖・進撃・戦鎚
アニ→雌型
ベルトルト→超大型
ライナー→鎧
ユミル→顎

ではないのか
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/15(木) 01:13:33.17 ID:eVEwc3q20
>>141
超大型はアルミンだろ
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 11:20:24.63 ID:GpiAFSOm0
ジャン「つまり… これを書いたヤツはこう言いたいんだろうよ」

ジャン「『ライナーやベルトルトのような【裏切り者】が
     まだオレ達の中に紛れ込んでる』ってなぁ!!」

ヒストリア「…!!」

ジャン「鎧と超大型があの2人だったとして…
    同じような人間があと4人もいる事になるんだよ!」

ジャン「もちろん、今までの事件で死んだ
    エレン、ミーナ、ユミル、サシャ全員がそうだった可能性もあるが…」

ジャン「まだこの中にいる可能性の方が圧倒的に高い…!」

ミカサ「………………」

ジャン「オレはこの紙の存在を隠して
    本の内容だけをお前らに明かした」

ジャン「お前らの反応を見て…
    誰が残りの【裏切り者】かを見極めるために…!!」
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 16:30:07.81 ID:GpiAFSOm0
コニー「お、おい! いくら何でも飛躍しすぎだろ!」

ヒストリア「そ、そうだよ! ライナーやベルトルトの事だって
      まだ決まったわけじゃ…」

ジャン「本当にそう思ってんのか!?」

ヒストリア「…っ!?」

ジャン「あそこに書かれているのは全部デタラメだって…
    本心からそう思ってんのかよ!?」
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 18:00:13.58 ID:GpiAFSOm0
ジャン「突拍子もねえ話だってことはわかってんだ! でもよ…」




ジャン『何故かはわからねえ… でもよ…』

ジャン『オレの中の“何か”がずっと訴えかけてくるんだよ!
    あいつらはオレたちの…人類の敵だってな!』




ジャン「前に言った通り… オレの中の“何か”が
    それを真実だと言って疑わねえんだよ!」

ジャン「お前らだってそうなんじゃねえのか!?
    こんな風に感じてるのはオレだけじゃねえだろ!?」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 18:10:04.63 ID:GpiAFSOm0
ヒストリア「そ、それは…」

コニー「…っ!!」

アニ「…ジャン、あんたやっぱりどうかしてるよ」

ジャン「ああ!?」

アルミン「ちょ、ちょっと待ってよ! みんな落ち着い…」
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 18:15:22.87 ID:GpiAFSOm0








アルミン「うぐっ…!?」







148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 18:20:05.53 ID:GpiAFSOm0




ライナー『おい… 何をする気だ!?』

ベルトルト『やめろ!!』

???『ごめん… でも…』

???『もう耐えられない…』



149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 18:30:31.41 ID:GpiAFSOm0
アルミン(…っ!?)




ジャン「いい加減に認めたらどうだ!?
    自分の心に素直になれよ!」

ジャン「それともとぼけてるだけか!?
    【裏切り者】の残党がよォ!!」

コニー「ち、違う! 俺は【裏切り者】なんかじゃねえ!」

ヒストリア「私だって違うよ! もういい加減にして!」




アルミン(まずい… これじゃ議論どころじゃない)

アルミン(先にこの場を何とかしないと…)
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 18:40:08.55 ID:GpiAFSOm0








―  パ ニ ッ ク 議 論 開 始  ―




【モノクマファイル 3】
【足跡】
【溶鉱炉の安全対策】
【剣の切れ味】
▶【九つの巨人】







151 : ◆qbWu2o7Q.Y [saga]:2019/08/16(金) 19:05:05.09 ID:GpiAFSOm0
今日はここまで
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/17(土) 00:10:36.54 ID:yDYcbfNO0
アニ「…ジャン、あんたは一体何がしたいの?」
コニー「俺は何も知らねえんだ! 信じてくれ!」
アニ「今はベルトルトを殺した奴を探してるんだよ」
ミカサ「…誰もコニーの事は疑ってない」
アニ「【裏切り者】の正体はここでは重要じゃない」
ヒストリア「いや、でも言われてみれば…」
ジャン「そんなのわかんねえだろうが!!」
ヒストリア「心当たりがないわけじゃ…ないかも」
ジャン「ベルトルトの死体には槍が刺さってただろ!?」
コニー「はあ!? お前まで俺を疑ってんのか!?」
ジャン「アルミンが持ち上げてたが… 相当な重さだったらしいじゃねえか!」
ヒストリア「あっ… い、いや、そうじゃなくて…」
ジャン「あれは人間が扱える凶器じゃねえ…」
ミカサ「そうじゃなくて… 何?」
ジャン「どう考えても【巨人の力を持った人間の犯行】だろうが!」
ヒストリア「えっと… ううん、何でもない」
アニ「…話にならない。滅茶苦茶だよ」




アルミン(…まずはこの場を正常に戻そう)

アルミン(集中して聞けば、突破口が見つかるはず…)
153 :りゅうくん  ◆GaijiYAdxjSs [りゅうくん  ◆GaijiYAdxjSs]:2019/08/17(土) 00:10:52.53 ID:fBF8/kVz0
◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSs◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん 
◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSs
154 :りゅうくん  ◆GaijiYAdxjSs [りゅうくん  ◆GaijiYAdxjSs]:2019/08/17(土) 00:12:49.15 ID:fBF8/kVz0
◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSs◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん 
◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSs
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 00:15:12.74 ID:yDYcbfNO0
アニ「…ジャン、あんたは一体何がしたいの?」
コニー「俺は何も知らねえんだ! 信じてくれ!」
アニ「今はベルトルトを殺した奴を探してるんだよ」
ミカサ「…誰もコニーの事は疑ってない」
アニ「【裏切り者】の正体はここでは重要じゃない」
ヒストリア「いや、でも言われてみれば…」
ジャン「そんなのわかんねえだろうが!!」
ヒストリア「心当たりがないわけじゃ…ないかも」
ジャン「ベルトルトの死体には槍が刺さってただろ!?」
コニー「はあ!? お前まで俺を疑ってんのか!?」
ジャン「アルミンが持ち上げてたが… 相当な重さだったらしいじゃねえか!」
ヒストリア「あっ… い、いや、そうじゃなくて…」
ジャン「あれは人間が扱える凶器じゃねえ…」
ミカサ「そうじゃなくて… 何?」
ジャン「どう考えても【巨人の力を持った人間の犯行】








聞こえた!







156 :りゅうくん  ◆GaijiYAdxjSs [りゅうくん  ◆GaijiYAdxjSs]:2019/08/17(土) 00:15:51.41 ID:s3evLXws0
◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSs◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん 
◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSsりゅうくん  ◆GaijiYAdxjSs
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 00:20:07.63 ID:yDYcbfNO0
アルミン「ちょっと待って! それは考えられないよ!」

ジャン「ああ…!?」

アルミン「確かに、ベルトルトに刺さっていた槍は
     尋常な重さじゃなかった…」








アルミン『な、何だこれ… 重っ…!』




アルミン⦅精一杯力を入れても、その槍はびくともしなかった⦆

アルミン⦅床に突き刺さってはいるようだけど、それにしても…⦆







158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 00:25:08.09 ID:yDYcbfNO0
アルミン「だけど、それが巨人の力を持った人間の犯行だなんて…
     推理として成り立ってない!」

ジャン「何だと…!?」

アルミン「例の本によると、巨人の力を持つ人間が可能なのは
     巨人化と欠損部位の再生だけだ!」

アルミン「あの槍を扱えるような怪力が出せるなんて
     どこにも書いてない!」

アルミン「本をじっくり読んだ君なら知ってるはずだろっ!」

ジャン「…っ」
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 00:30:12.56 ID:yDYcbfNO0
アルミン「ジャン… 頼むから冷静になってよ」

アルミン「アニの言う通り、今僕たちが見つけなきゃいけないのは
     【裏切り者】じゃなくてクロなんだ」

アルミン「僕たちの仲間を殺した… 殺人犯なんだよ」

ミカサ「………………」

アルミン「今ここで正解を外せば、何もかも終わりなんだ」

アルミン「だから…」
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 00:35:16.41 ID:yDYcbfNO0
アルミン「………………」




アルミン(…待てよ?)




コニー「…?」

ヒストリア「…アルミン?」
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 00:50:08.69 ID:yDYcbfNO0








アルミン⦅槍は宙に浮いた頭部と胴体を貫いている…⦆

アルミン⦅特に頭部は、その形を綺麗に保ったまま貫かれている⦆

アルミン⦅かなりの強い勢いじゃないと、こうはならないはずだ⦆








アルミン(あの槍は重いだけじゃない…
     相当な勢いで遺体を貫いていた)

アルミン(大重量で高スピード…
     とても現実的とは思えない)

アルミン(とても現実的とは…)
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 00:55:21.91 ID:yDYcbfNO0
アルミン「………………」

アニ「アルミン?」




アルミン(まさか…)

アルミン(まさか、あの槍って…)
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 01:05:25.27 ID:yDYcbfNO0








―  閃 き ア ナ グ ラ ム 開 始  ―







164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 01:10:14.43 ID:yDYcbfNO0


  の  り  ル  グ  ニ  や  グ  ン


  グ  り  グ  ン  の  り  や  ニ


  グ  ン  グ  ル  ニ  り  や  の  








  グ  ン  グ  ニ  ル  の  や  り








そうか わかったぞ!







165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 01:15:18.83 ID:yDYcbfNO0
アルミン「そうか! グングニルの槍だ!!」

コニー「…は?」

アルミン「ベルトルト殺しの凶器だよ!
     あれはグングニルの槍だったんだ!」

ジャン「い、いきなり何だよ… グングニルの槍…?」

ヒストリア「ベルトルト殺しの凶器って…
      ベルトルトの死体に刺さってた2本の槍のこと?」
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 01:25:26.38 ID:yDYcbfNO0




アルミン⦅最初に目がいったのは、頭部と胴体を貫く黒い槍だった⦆

アルミン⦅宙に浮いた体の急所を貫く2本の凶器…⦆




アルミン「そう… ベルトルトはあの2本の槍で殺されたんだ」

アルミン「モノクマファイルには書いてなかったけど、それは明白だった。
     あの槍こそが… グングニルの槍だったんだよ」

ミカサ「さっきから言ってるその… グングニルの槍というのは何?
    何か心当たりがあるの?」

コニー「あれ? ていうかその名前、どっかで聞いたような気が…」
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 01:30:21.42 ID:yDYcbfNO0
アルミン「心当たりはあるよ。僕たち全員にね」

ミカサ「…え?」

アルミン「それについて説明する前に…
     ここで犯人を名指ししようと思う」

アニ「…!!」

ジャン「なっ… は、犯人って…!?」

アルミン「ベルトルトを殺した犯人だよ。
     やっとわかったんだ。その正体が」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 01:40:09.98 ID:yDYcbfNO0
アルミン(そう… あの凶器の正体が判明したことで、
     自動的に犯人も明らかになる)

アルミン(思いもよらない犯人が…)




アルミン「………………」




アルミン(この事件の大きな謎の1つ… ベルトルト殺しの犯人)

アルミン(その正体は…)
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 01:45:10.88 ID:yDYcbfNO0








―  人 物 を 指 名 し ろ  ―







170 : ◆qbWu2o7Q.Y [sage]:2019/08/17(土) 01:50:05.51 ID:yDYcbfNO0
今日はここまで
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 07:25:40.45 ID:ReyiHsk9O
ドキドキ
84.71 KB Speed:1.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)