【ラブライブ】千歌「人の心が読めるようになったのだ」【サンシャイン】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:33:25.21 ID:1slSPgdZ0
千歌「お、あれは花丸ちゃん」

花丸「....あれ、千歌ちゃん?」スタスタ

千歌「こんちか!」

花丸「こんちかずら〜」

千歌(花丸ちゃんは何考えてるのかな〜?)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1558913604
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:34:29.45 ID:1slSPgdZ0
花丸(えっっっっろ)

千歌「ぇ」

花丸(今日も千歌ちゃんエロ過ぎるずら。マルを見つけて走ったときの胸がばるばるんに揺れてたし...)

花丸(あぁ...まるで千歌ちゃんは性器ずら)

花丸(もうダメずら。おらの心ののっぽパンがエレクチオンしそうずら)ハァハァ

千歌(とんでもないこと考えてたよこの人......なんて話しかけよう...)
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:35:48.44 ID:1slSPgdZ0
千歌「ハグしよう!」

花丸「...パグ?」

千歌「それはしわしわの犬だよ。ハグだよハ〜グ♪」

花丸「でも...なんで急に果南ちゃんみたいな事を」

千歌「つべこべ言わずにハグされろ〜!」

ぎゅーーーっ

花丸「ずら〜〜〜!?!?」

千歌(さてさて、花丸ちゃんの反応は?)

花丸(マルののっぽパンを擦り付けるチャンスずら)

千歌(へ?)

花丸「...急に何するの....///びっくりするよ〜」カクッカクッ

千歌(なんか知らないけど花丸ちゃん発情期!?)

花丸「でも...千歌ちゃんにハグされて、ちょっと嬉しいずら」カクッカクッ

千歌「ねぇ...何か千歌の太ももに棒みたいなものが当ってるんだけど...」

花丸「気のせいだよ千歌ちゃん」カクッカクッ

千歌(気持ち悪いのだ...ちょっと失礼...)

ギュッ

花丸「あっ♡」

千歌(これは....)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:36:42.21 ID:1slSPgdZ0
千歌(本当にのっぽパンだ...)

千歌(ちょっとホッとした。良かった本物じゃなくて...って本物見たことないのに何言ってんのチカ////)

花丸「...千歌ちゃん////」

千歌「え、なに?///」

花丸「なんでマルののっぽパンを掴んだずら?///」

千歌「だって私の太ももにすりすりしてきたから気になって....」

花丸「え、マルそんなことしてた?」

千歌(えぇ....しらばっくれてるよこの人)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:37:46.43 ID:1slSPgdZ0
千歌「のっぽパン没収」 

花丸「えっ...」

千歌「花丸ちゃん、千歌に嘘ついたでしょ」 

千歌「さっき完全に私の太ももにのっぽパン擦り付けてたよね?」

花丸「嘘じゃない....ずら」

千歌「いいよ。チカは真実を知ってるから。罰としてのっぽパンを没収するから」

千歌「もちろんその服の中にあるのっぽパンもね」ニヤリ

花丸「うわぁぁぁぁぁ!!ごめんなさいずら〜〜!!」

千歌(ふふっ、これなら当分の間お昼ご飯も困らないぞ〜)

花丸「」

千歌「バイバイ花丸ちゃん。ごちそうさま〜」

花丸「ひどいずらひどいずら」ブツブツ

千歌「さて、今度は誰の心の中を覗こうかな〜」

千歌「あっ!あそこに居るのは善子ちゃん!よーし、心を読んじゃうぞ!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:39:36.70 ID:1slSPgdZ0
善子(またおもらししちゃった!早くおむつ換えなきゃ!)

千歌(また漏らしてるよ...高校生なのに恥ずかしいなぁ)

善子(早く...早くトイレに行かないと...)

千歌(足に垂れないように変な歩き方してて...善子ちゃん困ってそう...あ、そうだ!)
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:40:04.72 ID:1slSPgdZ0
千歌「おーい!おもらしの常習犯のヨハネ様が困ってるゾー!道を開けよ!」

善子「えっ!千歌!?」

千歌「オラオラー!どけ愚民共!!ムーニーマン様のお通りだぁぁぁ!!」

幼女「ママ、この人私よりもおっきいのにおもらししてるよー」

ママ「コラッ!みちゃいけません!」

善子「や、やめてよ千歌ぁ...///」

千歌「なんで?」

善子「恥ずかしいでしょ!!」

千歌「だって善子ちゃんトイレに大変そうだったから手伝ってあげようかと」

善子「余計なお世話なのよ!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:42:27.99 ID:1slSPgdZ0
千歌「そろそろオムツから卒業しなよ」

善子「うっさい!ヨハネは一般の人より膀胱が二回りも小さいから漏らすのは当たり前なのよ!それともなに?おもらしっていけないことなの?」

千歌「そんなことはないけど、貴女の大好きなママが呆れてたよ。おもらしやおねしょばっかりで困るって」

善子「ママはそんなこと言わない」

千歌「本当だよ。梨子ちゃんが教えてくれたもん」

善子「なんでリリーが知ってんの!?誰にもおもらしの事なんて言ってないのに!!」

千歌「善子ちゃんは言ってなくても皆知ってるよ。善子ちゃんはおもらしの常習犯だから。それより善子ちゃん、早くおもらし治そ?」

善子「やだ!ママにおむつ換えて貰うの大好きだもん!」

千歌(うわぁ...)

千歌「善子ちゃん何歳?」

善子「16歳...」

千歌「はぁ、善子ちゃんのママが不憫だよ。16歳のおもらし女子高生が自分の娘だなんて...本当に可愛そう」

千歌「これはひょっとして善子ママに責任があるかもね」

善子「ッ!ママを侮辱しないでよ!!」

善子「ママは私のオムツを取り替えることが生きがいなんだって言ってたもん!」

千歌「んなアホな」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:44:27.04 ID:1slSPgdZ0
千歌「善子ちゃんが強情だから、梨子ちゃんの携帯で本人を呼んできたよ」

善子ママ「...善子」

善子「ママ...ママは私のオムツを取り替えるの好きだよね?」

善子ママ「えぇ、大好きよ」

千歌(絶対嘘だ...心の中を読んでやる)

善子ママ(そりゃ、ちょっとは呆れるけど、それ以上に愛する娘のおむつをかえるのは楽しいわ!)

千歌「この母にしてこの娘ありかよ!」

善子「」ビクッ

善子ママ「」ビクッ

千歌「信じられないよッ!もう怒った!善子ちゃんの体を揺すってまた漏らさせてやる!!」

千歌「うおおおお」ユサユサユサ

善子「やだ!やめて!また漏れちゃうぅ!!!」ジワッ

善子「あぁぁぁぁぁぁ!!」ショワァァァァ

善子ママ「あらあら善子ったら。すぐにオムツを取り替えますからね〜」

善子「....蒸れちゃうからなるべく早くね///」

千歌「うわぁぁ!もうこんな家族嫌だぁぁぁ!!!」

善子「哀れな人ね。これも一つの家族の愛だというのに。ねぇママ?」

善子ママ「あの子はきっと愛されていないのね」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:46:53.47 ID:1slSPgdZ0
千歌「もう嫌だ...この街変な人しかいないよ....」

「何してるの?」

千歌「マイスイートハニー梨子ちゃん...!!」

梨子「えっ////きゅ、急に何言い出すの千歌ちゃん...やだなぁもう////」

千歌(せっかくだし梨子ちゃんの心の中も読んでみよう。皆ロクなこと考えてないから梨子ちゃんもそうなんだろうけど...)

梨子(私レズじゃないからハニーとか言われても困るって)

千歌「えっ?」

梨子「....?なあに千歌ちゃん」

千歌(皆頭の中では変なこと考えてたりしてたけど....梨子ちゃんは普通の思考だ...なんか嬉しい!)

千歌「なんでもないよ!!ごめんねハニーって呼んで。ちょっとしたおふざけのつもりだったの」 

梨子「え?」

千歌「え?...あっ!!」

千歌(梨子ちゃんがまともだったからつい口が滑った!)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:48:22.12 ID:1slSPgdZ0
梨子「なんでもいいけど、善子ちゃん知らない?」

千歌「知ってるよ。善子ちゃんは今、ママにオムツ取り替えてもらってるよ」

梨子「....またなのね。いい加減おもらし治して欲しいのに、本人は全然治すつもりもないのよ」

梨子「ホント困っちゃうよね」

千歌「歪な家族愛なのだ」

千歌「でもなんで梨子ちゃんが善子ちゃんを探してるの?」

梨子「貸してたゲーム機返して欲しいのよ。ちょうど東京から貸してって連絡してきた友達居たから」

千歌「へぇ梨子ちゃんもゲームやるんだね」

梨子「うん!善子ちゃんよりやり込んだりはしないけどね」

千歌「もしかしてスプラトゥーンってやる!?」

梨子「ごめん。任天堂はちょっと....」

千歌「そっかぁ、まあいいや今から善子ちゃんのとこに案内してあげるね!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:49:22.97 ID:1slSPgdZ0
〜浜辺〜

善子「何しにきたのよ!まだオムツ変えてる途中でしょ!?!?」

梨子「善子ちゃん、この前貸したゲーム機返してほしいんだけど」

善子「おしっこかかって壊れた」

梨子「は?」

善子「ゲームの最中に漏らしちゃってさ、おしっこがゲーム機にかかって動かなくなったの」

梨子「で、今はどこにあるの?」

善子「捨てた」

梨子「」ピキッ

千歌「梨子ちゃん怒っちゃ駄目だよ!!善子ちゃんは悪気があって漏らしたんじゃないんだから!!」

善子「そうよ。つい興奮して漏らしただけなのよ!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:51:59.08 ID:1slSPgdZ0
梨子「...酷いよ」

千歌「おーい、梨子ちゃ...」

梨子「うえぇぇぇぇんん!!」

千歌「梨子ちゃん!?」

善子「ちょっ!なんで泣いてるの!?」

梨子「だって、せっかく東京の友達久しぶりにあって遊ぼうってなったんだよ?すっごく楽しみにしてたのに...これじゃ遊べないよ」

千歌「そ、それは確かに辛いね...」

梨子「もう善子ちゃんなんてだいっきらい!」

善子「」ガーン

千歌「あーあ」

善子「」ショワァァァァ

千歌「ちょっ、善子ちゃん漏れてるよ!!」

善子「ママ....漏れちゃった」

善子ママ「はいはい、取り替えるわね」

千歌「ここはなんて地獄なのだ....梨子ちゃんはゲーム機壊されてガチ泣きしてるし、善子ちゃんはショックでまた漏らしてるし....そして善子ママにオムツ履かせてもらってるし」

千歌(あれ....この流れなら千歌もなにかすればいいのでは?)
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:54:14.00 ID:1slSPgdZ0
千歌「梨子ちゃん愛してる!結婚しよう!」

梨子「ぐすっ...ちかちゃん?」

ぎゅっ

千歌「好きだよ、梨子ちゃん」

梨子「それみんなに言ってるじゃない」

千歌「」ドキッ

千歌「そ、そんなことないよ!!私は梨子ちゃんのことが本当に大好きなんだから」

梨子「いいえ信じません。その証拠に後ろを見てよ....マリー様がみてる」

千歌「マリー様?」

鞠莉「....」

千歌「げっ!鞠莉ちゃん!?な、なんでここに?」

鞠莉「お仕置き」

千歌「えっ?」

鞠莉「ホント、チカっちは人をたぶらかすのが大好きだネ」

梨子「鞠莉ちゃんも千歌ちゃんに何かされたの?」

鞠莉「SMプレイを強要されたわ」

千歌「してないよ!!捏造やめて!」

鞠莉「とにかくお仕置きを執行よ♪」

千歌「いきなり現れて唐突に理不尽なお仕置きを決め込んだよこの人!?!?」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:55:40.85 ID:1slSPgdZ0
鞠莉「チカっち、お尻を出して」

千歌「え、え?」

鞠莉「ペンペンタイムよ♪」

ヌガシッ

千歌「わぁっ///」

鞠莉「じゃあ、お仕置きをはじめマース」

ペチンッ

千歌「ひゃんっ♡」

鞠莉「ふふっ、いいボイスね。もっと私に聞かせて欲しいわ」

ペチンッペチンッ

千歌「あんっ♡鞠莉ちゃんっ♡もうやめてぇっ♡」

鞠莉「んー、梨子もやる?」

梨子「やらせていただきます」

千歌「梨子ちゃん!?」

梨子「千歌ちゃん」

ペチンッ

千歌「いたいっ♡」

梨子「何で私の事が好きって嘘ついたの?」

ペチンッ

千歌「あんっ♡ごめんなさいっ♡」

梨子「千歌ちゃんのバカ!千歌ちゃんのすけこまし!」

千歌「もう言わないからぁ♡」

梨子「もう私達のこと好きでもないのに好きって言わない?」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 08:57:28.19 ID:1slSPgdZ0
千歌「...ほんとに好きなのに」ボソ

鞠莉「そうやってまた私をクラウディにするんでしょ?チカっちの考えてることは分かってるのよ」

ペチンッ

千歌「ち、違っ!!ほんとに好きだもん...」

ペチンッ

千歌「やんっ♡」

千歌「チカは皆が大好きなの!」

梨子「千歌ちゃんの大好きの度合いが分からないわ。どこまでなら皆にしてあげられるの?」

ペチンッ

千歌「いっ♡♡どこまでって....」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 09:00:37.03 ID:1slSPgdZ0
千歌「割り勘の時に一番安いのを注文するくらい」

梨子「せこい....」

ペチンッ

千歌「んほぉっ♡♡」

梨子「鞠莉ちゃん的にこんな人アリだと思う?」

鞠莉「んー」

ペチンッ

千歌「のほぉっ♡♡♡」

鞠莉「シャイニー!」

千歌「鞠莉ちゃん....分かってくれたの?」

鞠莉「シャイニー!」

千歌「あ、ダメなやつだこれ」

梨子「うるさい」 

ペチンッ

千歌「あぁん...♡」

鞠莉「シャイニー!」ゾクゾク

千歌「ねぇ、どうしたらペンペンやめてくれるの?もうお尻がヒリヒリして痛いよ....」

梨子「そうね。それじゃあゲーム機を買ったら許してあげる」

千歌「買うよ!買う買う!!だからもうやめて!!」

鞠莉「....しょうがないわね。それじゃあお仕置きはENDね」

ヒョイッ

千歌「あぁ...助かった。あ、でも金ないや。鞠莉ちゃんスプラトゥーン買うからお金貸して!」

梨子「ダメ!私今PS4の気分なの!!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 09:03:58.88 ID:1slSPgdZ0
千歌「割り勘の時に一番安いのを注文するくらい」

梨子「せこい....」

ペチンッ

千歌「んほぉっ♡♡」

梨子「鞠莉ちゃん的にこんな人アリだと思う?」

ペチンッ

千歌「のほぉっ♡♡♡」

鞠莉「シャイニー!」

千歌「鞠莉ちゃん....分かってくれたの?」

鞠莉「シャイニー!」

千歌「あ、ダメなやつだこれ」

梨子「うるさい」 

ペチンッ

千歌「あぁん...♡」

鞠莉「シャイニー!」ゾクゾク

千歌「ねぇ、どうしたらペンペンやめてくれるの?もうお尻がヒリヒリして痛いよ....」

梨子「そうね、それじゃあゲーム機を買ったら許してあげる」

千歌「買うよ!買う買う!!だからもうやめて!!」

鞠莉「....しょうがないわね。それじゃあお仕置きはENDね」

ヒョイッ

千歌「あぁ...助かった」

千歌「あ、でも金ないや。鞠莉ちゃんスプラトゥーン買うからお金貸して!」

梨子「ダメ!私今PS4の気分なの!!」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 09:05:24.01 ID:1slSPgdZ0
千歌「割り勘の時に一番安いのを注文するくらい」

梨子「せこい....」

ペチンッ

千歌「んほぉっ♡♡」

梨子「鞠莉ちゃん的にこんな人アリだと思う?」

ペチンッ

千歌「のほぉっ♡♡♡」

鞠莉「シャイニー!」

千歌「鞠莉ちゃん....分かってくれたの?」

鞠莉「シャイニー!」

千歌「あ、ダメなやつだこれ」

梨子「うるさい」 

ペチンッ

千歌「あぁん...♡」

鞠莉「シャイニー!」ゾクゾク

千歌「ねぇ、どうしたらペンペンやめてくれるの?もうお尻がヒリヒリして痛いよ....」

梨子「そうね、それじゃあゲーム機を買ったら許してあげる」

千歌「買うよ!買う買う!!だからもうやめて!!」

鞠莉「....しょうがないわね。それじゃあお仕置きはENDね」

ヒョイッ

千歌「あぁ...助かった」

千歌「あ、でも金ないや。鞠莉ちゃんスプラトゥーン買うからお金貸して!」

梨子「ダメ!私今PS4の気分なの!!」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 09:07:40.67 ID:1slSPgdZ0
鞠莉「貸してもいいけど、その代わりちかっちのからだと交換ならいいけど」

千歌「...私?」

鞠莉「梨子、ゲーム機なら買ってあげるわ」

梨子「ホント!?」

鞠莉「えぇ。でもその代わりマリーがチカっちをもらうわ」

梨子「もらうって....?」

鞠莉「つまり、マリーとチカっちは恋人同士になりマース!」

千歌「えぇぇ!?!?」

鞠莉「あ、チカっちはマリーに酷いことしたから拒否権はNOね?」

千歌「酷い....」

鞠莉「梨子、それでいい?」

梨子「弁償してくれればなんでもいいよ」

鞠莉「OK!明日梨子の家に届けてあげる♪ちかっちの体と交換だから、PS4用のソフト全部送ってあげマース」

梨子「嬉しい!」パアッ

鞠莉「それじゃあチカっち、これから一緒にHoneymoonに行くわよ!」

千歌「チカお尻が痛いよ...」

鞠莉「ちかっちはマリーのこと嫌い?」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 09:09:33.09 ID:1slSPgdZ0
千歌「梨子ちゃんのほうが好きです」

鞠莉「ノξソ´・ω・`ハ6 」

梨子「私はレズじゃないって言ったよね?無理、付き合えない」

千歌「梨子ちゃん、本当にレズじゃないって証明できる?」

梨子「....」

千歌「みて、善子ちゃんがまたおもらししてるよ。興奮しないの?」

善子「何見てんのよ!!」ショワァァァァ

千歌「だったら梨子ちゃんの心の中覗いてやる!梨子ちゃんは本当はレズなんだ!」

梨子(千歌ちゃんはaqours全員にこういう事言ってるのかな)

千歌「ッ!」

梨子「分かった?私はレズじゃない。どんなに千歌ちゃんが私の事が好きでも私はノンケ。女の子は好きじゃないの」

千歌「...そんな、ていうか梨子ちゃん私の心の中読めるの?」

梨子「私も心が読める能力が使える能力者だからね」

千歌「梨子ちゃんが....私とおんなじ?」

梨子「そうだよ。だから、千歌ちゃんが考えてることなんて手に取るように分かる。だから容易に嘘付くこともできる」

千歌「....」

梨子「千歌ちゃんは鞠莉ちゃんを愛してあげてよ。あれだけ愛してくれる人は他にいないよ?」

鞠莉「.....」

千歌「.....」

梨子「だから私の事諦めて....」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 09:12:52.21 ID:1slSPgdZ0
千歌「やだ」

梨子「....諦め悪いね」

鞠莉「ちかっち...本当に梨子の事が好きなんだね」

千歌「....」

鞠莉「でも梨子はノンケだよ?女の子を好きになることがないんだよ?」

千歌「....」

鞠莉「ちかっち...マリーと一緒に居ようよ」

千歌「やだ」

鞠莉「マリー、ちかっちのこと大好きだよ....それこそ、愛の大きさなら誰にも負けるつもりはない...」

千歌「だとしてもチカは梨子ちゃんがいい」

鞠莉「....ちかっちがそこまで望むなら、マリー諦めるね」グスン

鞠莉「ううっ...ヒック」

千歌「.....鞠莉ちゃんごめんね。私のワガママで」

鞠莉「うぅん...いーの。ヒック...自分の心に正直なのはいい事なんだから」

千歌「...」

鞠莉「梨子、なんで貴女はちかっちの思いを受け止めようとしないの?」

梨子「....」

鞠莉「ちかっちは真剣に梨子を愛してるんだよ?」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 09:16:05.73 ID:1slSPgdZ0
梨子「意志ではなく本能。私は人を愛すことができないの」

千歌「...梨子ちゃん」

鞠莉「...梨子」

梨子「...そういう人間なの私は」

梨子「ねえ千歌ちゃん。一方的な愛は本当の愛って言えないのよ。いくら私の事が好きでも、私が千歌ちゃんを好きになれない限り...千歌ちゃんは絶対幸せなんかになれない。私と付き合ったら不幸になるだけだけ。それでも千歌ちゃんはいいっていうの?」

千歌「いいよ。絶対梨子ちゃんに私と付き合って良かったって言わせてあげる。一生かかっても....」

梨子「!」

千歌「約束する」

鞠莉「...ちかっち」

梨子「.....世の中には物好きな人が居るんだね」

千歌「チカは物好きな人なの?」

梨子「うん。とっても...」

千歌「あはは、酷いや」

梨子「期待はしてないからね」

千歌「分かってるよ。梨子ちゃんに愛を知ってもらうまで、チカが梨子ちゃんを愛してあげるよ」

鞠莉「ッ!!」

千歌「だって...同じ能力を持ってる限り、私がどれだけ梨子ちゃんのことが好きか分かってくれるもんね」

梨子「....千歌ちゃん」













梨子「...私に愛を教えてください」

千歌「任せてよ」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 09:16:40.61 ID:1slSPgdZ0
終わり
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 09:17:42.21 ID:1slSPgdZ0
>>16>>20の間

千歌「割り勘の時に一番安いのを注文するくらい」

梨子「せこい....」

ペチンッ

千歌「んほぉっ♡♡」

梨子「鞠莉ちゃん的にこんな人アリだと思う?」

ペチンッ

千歌「のほぉっ♡♡♡」

鞠莉「シャイニー!」

千歌「鞠莉ちゃん....分かってくれたの?」

鞠莉「シャイニー!」

千歌「あ、ダメなやつだこれ」

梨子「うるさい」 

ペチンッ

千歌「あぁん...♡」

鞠莉「シャイニー!」ゾクゾク

千歌「ねぇ、どうしたらペンペンやめてくれるの?もうお尻がヒリヒリして痛いよ....」

梨子「そうね、それじゃあゲーム機を買ったら許してあげる」

千歌「買うよ!買う買う!!だからもうやめて!!」

鞠莉「....しょうがないわね。それじゃあお仕置きはENDね」

ヒョイッ

千歌「あぁ...助かった」

千歌「あ、でも金ないや。鞠莉ちゃんスプラトゥーン買うからお金貸して!」

梨子「ダメ!私今PS4の気分なの!!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/27(月) 09:18:20.84 ID:1slSPgdZ0
>>25
なんでここだけこんなことになるの?ふざけんな
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/05/27(月) 14:56:01.42 ID:6JyX7nT4o
死ね玉音

千歌「人の心が読める能力を身に着けたよ!」
http://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1528206063/
21.80 KB Speed:1.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)