【アズールレーン】欠陥品の漂流基地【安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/10(月) 19:27:23.04 ID:wiZ7AUkFO
某日 ルルイエ基地洋上


ザザーン ザザーン

指揮官「………」スパー

グラーフ・ツェッペリン「随分と美味そうに吸うのだな」

指揮官「そう見えるか?」

グラーフ「ああ」

指揮官「…だとしたら、相当ストレスが溜まってるってことだな」

グラーフ「到着前でこれとは、心配だな」

ザッパーン

グラーフ「…あの基地に配属されるとは、不憫でならん。いや、自業自得…と言えばそれまでか」

指揮官「上司の饅頭を自爆ボートに括り付けておいて、銃殺刑にならないだけ温情だ」

グラーフ「そのような奇行に走るほど、思い詰めていたのか?であれば、我か他の者にでも相談してもらいたかったな」

指揮官「それが出来る人間なら、今ここにはいねぇよ…」ポイッ

ポチャン

グラーフ「…そうだな。失言だった」

ガコン カタカタカタ

指揮官「っと。到着したな」

指揮官「じゃあ、元気でな。新しい奴と仲良くするんだぞ」

グラーフ「卿に言われても…な。…いや、新しい指揮官も饅頭だ。気にすることはないか」スッ

グラーフ「この指輪は卿に預ける。その意味は分かるだろう?」

指揮官「…ああ。約束だ。俺がまた基地に戻った時」スッ

指、グ「「指輪を、もう一度嵌めよう」」ギュッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1560162443
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/10(月) 20:09:34.50 ID:wiZ7AUkFO
指揮官「とは言ったものの。俺が生きてあの基地に戻れる日は来るのかね」スタスタ

指揮官「………」フキフキ

指揮官「汚いな…。初めの頃を思い出すよ」

饅頭「ぴよぴよ」ノッシノッシ

指揮官「………」ビクッ

指揮官「下っ端の方か…。ただ掃除をしてただけみたいだな」

コツコツ コツコツ

指揮官「…そういえば、既に一人配属されてるんだったな。まぁ、マトモじゃあないだろうが」


↓2 配属されてるKAN-SEN 何らかの欠陥(肉体的、精神的問わず)を併記
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 20:14:20.46 ID:K9KDaAr4o
半身やけどのインディちゃん
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 20:14:26.07 ID:2H4hVukyO
フィーゼ
盲目
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 20:14:29.47 ID:OHNtApkA0
艦これスレのパクリかな?
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/10(月) 21:12:57.48 ID:no8SrApB0
Z46「そこにいるのはどなただろうか?」

指揮官「誰だ何だと言われても。目の前にいるから服装で分かるはずだが」

Z46「私には光が無い。この眼は、映るはずのものを悉く映さない」

指揮官「目が、見えないのか。リュウコツに異常がある、天城と同じパターンか…?」

Z46「建造時に何かがあったのかもしれない。が、それを私が知る術は存在しない」

指揮官「他に誰かいない…よな。そんな身体で良く生きてこれた」

Z46「この身体では、大それた仕事は出来ない。故に、時間だけはふんだんにあった」

Z46「この基地の構造なら、既に把握は済んでいる。饅頭の支援も受ければ、大した苦労はしない」

Z46「…このような身ではあるが、あなたの為に尽くさせてもらおう」

指揮官「…ああ。よろしく」

指揮官(出港前に言われた通りだな。こういうのが、これからもここに来るとしたら…)

指揮官(ここは、地獄絵図になる)


↓2 何をするか
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/10(月) 21:15:09.92 ID:no8SrApB0
あ、saga入れ忘れてた 踏んでたらずらしてください
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 21:16:50.65 ID:Ffo7lXjgo
z46にここを案内してもらう
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/10(月) 21:44:05.86 ID:wiZ7AUkFO
Z46「あなたは何故、このようは僻地に?」

指揮官「島流しとか左遷とか、そんな感じだ。ちょっとやらかしてな」

指揮官「俺のことを話してもしょうがない。この基地について、色々と教えてくれないか?」

Z46「あなたがそれを望むのならば、私はそれに応えよう」スッ

指揮官「手が必要なら言ってくれ」

Z46「あなたの手を煩わせるわけにはいかない。気にしないでおくれ」

指揮官「とは言ってもな」

Z46「………」スタスタ

コツン ヨロヨロ

指揮官「…Z46。お前、壁に身体をぶつけてばかりじゃないか」

指揮官「怪我されちゃ、こっちが困るんだよ。手を借りるぞ」ギュッ

Z46「…すまない」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/10(月) 22:45:58.69 ID:wiZ7AUkFO
Z46「…以上が、この基地の概要である。説明不足な点はあっただろうか」

指揮官「いや、特に無いな。元いた基地とそんなに変わらんなら、後は何とかなる」

Z46「それなら、良かった」

指揮官「…ああ、そうだ」

Z46「………?」

指揮官「見学ついでに、幾つか書類に目を通したんだが。気になる部分があってな」

指揮官「この基地、建造したところで、Z46と同じような奴しか出来ないらしいんだよ」

Z46「そんなことはあり得るのだろうか…。建造は、メンタルキューブと人々のイメージが複雑に絡み合った結果。それが、歪められるなど…」

指揮官「原因は分からない。が、セイレーンが噛んでると見て間違いないだろう」スパー

指揮官「…あいつらは、こちらのそれとは文字通り『次元が違う』からな」


↓2 何をするか
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 22:48:26.20 ID:V3OyW18Xo
加速下
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 22:50:40.64 ID:2H4hVukyO
飯にする
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/11(火) 00:13:44.79 ID:9h83cinMO
ルルイエ基地 食堂


指揮官「腹が減っては戦は出来ぬ。というわけで、腹ごしらえといこうか」

Z46「私はまだ空腹ではないが、あなたに同伴させていただこう」

Z46「何もせずに無為に時を浪費するよりも、あなたと共にいる方が有意義だと、私は判断した」

指揮官「お好きにどうぞ」カチャカチャ

饅頭「ぴよ」コトッ

指揮官「秘伝冷却水だけか。しょっぱいな」

指揮官「こっちは…Z46には王家グルメを回してくれ。在庫があるなら、ケチる必要は無い」

饅頭「ぴよぴよ」イソイソ

Z46「私よりも、あなたが多く食事を摂るべきだと思う。私はまだ、空腹を感じてはいない」

指揮官「どうせ何もすることが無いなら、飯でも食って内臓を動かしとけ」

Z46「…だが…」カチャッ

カラーン

Z46「…私の粗相を詫びよう」ペコッ

指揮官「…食器がどこにあるのかも分からないなら、無闇に動くな。俺が食わせるから、口を開けるんだ」

Z46「あなたが手を施す必要は無い。饅頭に任せれば、この程度の問題は…」

指揮官「それで服を汚されたら、こっちが困るんだよ。俺のミスでそうなったなら、諦めがつくってもんだ」

指揮官「だから、大人しく食べさせられろ」スッ

Z46「…承知した。あなたの言葉に従おう」パクッ
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/11(火) 00:38:44.37 ID:9h83cinMO
Z46「言葉に出来ない味であった…。これが、未知との遭遇、というものか…」

指揮官「違うと思うぞ。あれはただのゲテモノだ。何であれが高級品なのか、未だに理解できねえ」

Z46「贅沢なもの、だったのか…。気を遣わせてしまったのだろうか」

指揮官「そんなつもりはない」

指揮官「…そういや、目が見えないなら、戦闘なんて出来ないんじゃあないか?」

Z46「心配には及ばない。艤装を接続すれば、後は彼らが代わりに戦ってくれる」

指揮官「鉄血の艤装は自律兵器型が多いんだったな。…だが、それは重巡以降の大型艦だけのはずだが」

Z46「…戦う間だけは、感覚が鋭敏化する。故に、ある程度のことは把握出来る。だから、気にしないでおくれ」

Z46「あなたは、指示を出してほしい。それだけで、私は戦える」

指揮官「…俺たちが出撃する時なんて、来ないだろうがな」

指揮官「この基地は、切り捨てられた奴の集う場所。ここにいるだけで、役目は果たされるから、な…」

Z46「ならば、私は何故、生まれたのだろうか。…何故、生きているのだろうか…」

指揮官「それを見つける為に生きてるんだろ。俺も、俺が生きてる理由や意味なんて知らないさ」


↓2 何をするか
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/11(火) 00:44:58.28 ID:WL6gfoqko
建造してみるか
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/11(火) 00:51:52.72 ID:jfPW/xdzo
Z46と昼寝
何をするかは明日から考えればいいさ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/11(火) 01:25:16.73 ID:9h83cinMO
Z46「………」ウツラウツラ

指揮官「ふぁぁ…」

指揮官「やることが無い。Z46も、ずっとこうだったのか?」

Z46「んぅ…。私の仕事は…基地の見回りと、物資の確認だけだった…」

Z46「あなたの仕事も、恐らくは日誌の記入のみ…のはず…」

指揮官「…道理で暇なわけだ。仕事が無きゃ、何もやることが無いわけだからな」

Z46「然り…。故に、普段は基地を散策していたのだが…」

指揮官「もう全部見終わった、と」

Z46「………」コクリ

Z46「………」ウトウト

指揮官「…眠いのか?」

Z46「生理的欲求には…抗えない…」

指揮官「…じゃあ、寝るか。起きてたってやることも無いし」ガサゴソ

バサーッ

指揮官「…これでよし。こっちに寝転がってくれ」

Z46「ん…」ゴロン

指揮官「おやすみ」ゴロン

Z46「………」ギュッ

指揮官「…Z46?急に手を握って、いったいどうした?」

Z46「私の目は…何も映さない…。そこにあなたがいると分かるのは、触れるか…声を聴くか…それだけしかない…」

Z46「だから、感じたい…。あなたの温もりを…この、尊き感触を…」

Z46「………」コテン

指揮官(…もしかしなくても、初めてだったんだろうな。誰かに触れたのは)

指揮官(いくらなんでも、悲しいだろう、それは。暗闇の中で、ただ一人在り続けるなど…)


↓2 何をするか
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/11(火) 01:55:24.02 ID:jXW+1FaU0
「抱き枕がないと安眠できない」とか適当言って抱き寄せる
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/11(火) 02:04:00.21 ID:VLoKAUYf0
↑+フィーゼが眠ったら指揮官も軽く仮眠を取る
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 10:47:28.77 ID:r4wWZJs0O
Z46「そろそろ…瞼が重く…なってきた…。指揮官…先に失礼…させてもらう…」

指揮官「………」

指揮官「…あー。ちょっといいか?」

Z46「………?」

指揮官「俺さ、昔から何かに抱きついてないと寝られない質なんだ。前も抱き枕とか使ってたんだが」

指揮官「ここにはそんなもん無いからな。Z46が良ければ、その」

Z46「抱き締めても構わないか…。それを…問うているのだろうか…?」

指揮官「そう、それだ」

Z46「あなたがそれを望むのならば、私は受け入れよう…。拒む理由も無い…」

指揮官「…いいのか?」

Z46「受け入れて…状況が悪化するわけでもなし…。ならば…そうするのが無難だろう…」

Z46「それに…温もりを更に感じられるとなれば…。指揮官の要望を…甘んじて受け入れよう…」

指揮官「…じゃあ、失礼する」ギュッ

Z46「んっ…」

指揮官(温かい…子供だからなのか、布団の中にいるからなのか。それは分からないが、とにかく温かい)

指揮官(…それに、華奢な身体だ。こうやって抱き締めるとよく分かる。難解な言い回しをしていても、結局は子供なんだ)

指揮官(身体も子供だというなら、心だって子供なんだろうな)

Z46「くぅ…」

指揮官「…思ったよりも早く寝たな」

指揮官「俺もシエスタと洒落こもう。こういう時間の使い方は、滅多に出来ないもんだ」

指揮官「今は、有難くこの時間を使わせてもらう…」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 10:57:26.59 ID:r4wWZJs0O
指揮官「昼寝を済ませて、適当に日誌を書いて。これで、今日の仕事は終わりだな」

指揮官「…閑職に左遷された人の気持ちが分かるよ。これは嫌だな」ペラッ

指揮官「…出撃なんてしないっていうのに、資源だけは配給されるんだな。これじゃあ燃料も資金も溢れちまう」

指揮官「キューブやユニットもある。まるで、誰かが捨てた基地をそのまま貰ったようだな」

Z46「メンタルユニットの補給には、出撃するのが絶対条件だが。私にその経験は無い」

指揮官「そこが不可解なんだよなぁ。出撃しないと入手出来ないものがあるってのが」

指揮官「委託をする人数もいないし、研究をしたような記録も無い。どういうことだ?」

Z46「それは…『神のみぞ知る』のではないだろうか?」

指揮官「…考えても仕方のないこと。それだけは確かそうだがな」


↓2 何をするか
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 11:00:19.67 ID:C+QHy+WdO
仲間探し
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 11:03:43.54 ID:uZhmp1IPO
お互い今までのことを話す
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 11:22:06.20 ID:r4wWZJs0O
指揮官「…順序が逆になっちまったが、今からお互いのことを知らないとな」

Z46「そう言われても、私にこれ以上供述出来る過去は無い」

指揮官「そもそもの話だが。Z46はここ生まれなのか?それとも、他の基地からの転属なのか?」

指揮官「俺はお前がどこで創られたのか。それを知らないんだ。まずはそこからだな」

Z46「その問いに適切な回答を、私は持ち得ない。先述した通り、私の記憶している過去は全て話し尽くしている」

指揮官「………?」

Z46「この基地で過ごした記憶以外、私の脳には存在していない。それだけのことである」

指揮官「KAN-SENには他者の認識を調整するシステムが備わってはいるが、記憶を弄るシステムがあることは聞いていない…」

指揮官「一部は都合の悪い記憶を抹消してたりするが、それはあくまで『艦としての記憶』に過ぎない」

指揮官「生まれた後の記憶。それを消したり出来るなんて話は、今の今まで一度も出ていないんだ」

Z46「だが、これは事実である。幾ら私を揺さぶろうとも、砂粒一つ落ちはしない」

指揮官「…なら、これ以上聞きようがないな」

Z46「申し訳ない」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 11:31:03.42 ID:r4wWZJs0O
指揮官「俺は元々、横須賀基地に配属されてたんだが、一つ失態をやらかしてここに島流しされたんだ」

指揮官「それ以外に特筆すべきことは無い。所詮は指示を出したり、基地を運営する裏方だからな」

Z46「首から懸けている物は何か、差し支えなければ教えていただいてもよろしいだろうか」

指揮官「…これか?これは、まぁ。横須賀でケッコンしていたKAN-SENの指輪だな」

指揮官「っていうかよく気付いたな」

Z46「不定期な金属音から推測しただけに過ぎない。褒められるようなものではない」

Z46「…して、婚約の相手は何者なのか」

指揮官「…グラーフ・ツェッペリン。お前と同じ未成艦にして、お前と同じ鉄血のKAN-SENだ」

Z46「…なるほど」


↓2 何をするか
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 11:32:57.63 ID:9cc24fw/O
仲間を見つけよう
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 11:35:22.99 ID:C+QHy+WdO
Z46に杖を作ってあげる
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 15:13:55.79 ID:r4wWZJs0O
指揮官「………」チュィィィィィン

Z46「倉庫から木材を取り出したかと思えば。何に勤しんでいるのだろうか」

指揮官「それは見てからのお楽しみ…いや、出来てからのお楽しみってやつだが。まぁ隠す必要も無いか」バキッ

指揮官「杖だよ。あるのと無いのでは大違いのはずだ」ガリガリガリ

指揮官「電動ノコギリとかの工具があって助かった。学生時代に何回か扱ったからな」

指揮官「塗料は…塗るとしたら何色がいい?」

Z46「特に希望は無い。何色であろうと、私には分からないのだから」

Z46「…だが、強いて挙げるならば。私は白を所望しよう。…盲人の持つ杖も、白色に塗装されていると聞く」

指揮官「了解だ」ペタペタ
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 15:23:34.32 ID:r4wWZJs0O
Z46「………」キュッ

指揮官「どうだ?少し不恰好かもしれんが、大きさは合わせてるから使いやすいと思うが…」

Z46「………」コツコツ

Z46「………!」コツン

Z46「指揮官」

指揮官「ん?」

Z46「あなたに送るべき賛辞の言葉、感謝の言葉を、今の私は表せない。だが、せめて一言だけでも言わせてもらいたい」

Z46「…ありがとう。それ以外の言葉で、この感情を表すことは、私には出来ない」

指揮官「…別に。ずっと不自由してたら、俺も困るんだよ」

Z46「あなたは天邪鬼、という性格なのか?」

指揮官「違うよ。…ただ、感謝されるのに慣れてないだけだ」


↓2 何をするか
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 15:26:14.85 ID:T7cXU6ML0
出撃出来んし主力艦を建造しましょ
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 15:28:13.22 ID:hxuMdXhNO
↑+前衛も1人(フィーゼが使えなさそうなので)
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 15:43:59.26 ID:r4wWZJs0O
指揮官「…さて、建造でもやってみますかね」

Z46「良いのだろうか。私のようなKAN-SENが建造されれば、指揮官。あなたの負担は計り知れなくなる」

指揮官「一人も二人も、百人も変わらんだろ。上手くやっていくさ」

指揮官「資金も充分、キューブもいっぱい。とりあえず、二人作るかね」カチャカチャ

ゴウンゴウン プシュー ガガガガガ

指揮官「メンタルキューブが人々のイメージを具現化して生まれるのがKAN-SENなら」

指揮官「そのイメージに、誰かがノイズを混入させてるんだ。それで、欠落したり歪められた情報が、欠陥となって現れる」

Z46「…まるで『ヒト』のようだ」

指揮官「その辺りのメカニズムは解明されてないがな。そもそも、このキューブが何で出来ているか。どこから供給されているか」

指揮官「それさえも分からない。俺たちの生死に関わるもんなのにな。…怖いよ、正直」

Z46「未知のまま受け入れる。それは、我らに牙を剥く危険性も知らないまま扱うということ」

Z46「…果たして。我らに、人類に未来はあるのだろうか?」

指揮官「…それでも、生き残らないといけない。劇物を使おうと、命を浪費しようと。人類は生き延びなければいけない」

指揮官「どこぞの馬の骨に、滅ぼされてたまるかよ」


↓2、4 建造されるキャラ 前と条件は同じ
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 15:45:22.58 ID:T7cXU6ML0
ベルファスト
色盲
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 15:45:49.97 ID:1mH8lGlMO
シュペー 戦闘に支障をきたすレベルの被虐体質
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 15:48:03.13 ID:1mH8lGlMO
人おらんだろうしkskしとく
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 15:48:37.52 ID:tReDn/ea0
ツェッペリンちゃん
病的な艦船恐怖症
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 15:49:23.44 ID:T7cXU6ML0
鉄血基地になりそう
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 16:15:29.98 ID:r4wWZJs0O
ガコン プシュー

指揮官「終わったか。ドリルを投入したから当たり前だがな」

Z46「時間は如何ほどであった?」

指揮官「片方は1:55、もう片方は4:30。鏡面海域とかが出現してなければ、前者はドイッチュラント級、後者はイラストリアス級が出てくるはずだ」

指揮官「…だが、先程言ったようにノイズが入るとしたら」

Z46「結果そのものを歪められる可能性があるかもしれない」

指揮官「ああ。下手したら、海域でしか回収出来ない奴も出るかも…」ガチャ

アドミラル・グラーフ・シュペー「…ドイッチュラント級三番艦『アドミラル・グラーフ・シュペー』、着任した」

ツェッペリンちゃん「………」キョロキョロ

指揮官「………」

指揮官「なんで…?」

ツェッペリンちゃん「………!」

ツェッペリンちゃん「け、卿よ!早く我を逃してくれ!ここは嫌だ!怖い!」

シュペー「指揮官は…殴ったり怒鳴ったりしない人…?」

指揮官(今回は精神的な欠陥持ちかぁ…)

Z46「一人の名は分かったのだが…もう一人の駆逐艦の名は何だろうか…教えてほしい」

ツェッペリンちゃん「こ、来ないで!」

Z46「…拒絶、された?」

指揮官「ああもう滅茶苦茶だよ」


↓2 何をするか
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 16:21:31.78 ID:39nnEKtIO
kskst
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 16:22:32.94 ID:C+QHy+WdO
ツェッペリンちゃん吐く。内臓に欠陥あるかも
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 16:39:03.70 ID:r4wWZJs0O
シュペー「ぐ、グラーフさん?ちゃん?そんなに怯えてどうしたの?」

ツェッペリンちゃん「来るな!来るなっ!!来ないで…っ!?」ブルブルッ

指揮官「まさか…ちっ!」ガサッ

ツェッペリン「おえっ…!えぇ……っ………!」ビチャビチャ

指揮官「間に合わなかったっ…!」

指揮官「二人は別の部屋に行け!グラーフは俺が対処する!」

シュペー「う…!?」ビクッ

指揮官「…二人がここに残るのは彼女にとって悪いことだ。この場を収めたいなら、一度離れるんだ」

Z46「…シュペーよ。寮に向かおう」ギュッ

シュペー「う、うん」トコトコ

ツェッペリンちゃん「ふぅー…っ…。う…うぅっ…」ガタガタ

指揮官「…もう大丈夫だ。他のKAN-SENはいない。…が、コートが汚れたな」

ツェッペリンちゃん「わ…我は…我…は」

指揮官「精神疾患で嘔吐…。該当するものはあるが、内臓に何かある可能性も否定出来ない、か」

指揮官「ヴェスタルがいれば、医療機器は使えるんだが…。マニュアルとかが残存していればいいが…」


↓2 何をするか
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 16:43:42.47 ID:C+QHy+WdO
かそく
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 16:48:42.32 ID:4+noDYdWO
とりあえず口をゆすいで安静に
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 17:58:46.94 ID:r4wWZJs0O
指揮官「胃液と涎で滅茶苦茶だな…。動けるか?」

ツェッペリンちゃん「う…うん…」

指揮官「寮に二人は向かったんだったな…。仕方ない、俺の部屋に行くか」

指揮官「口の中を綺麗にして、服を洗って、食事を用意して…。やることが増えたな」スタスタ

ツェッペリンちゃん「ご…ごめん…なさい…」テクテク

指揮官「…気にするな。ここは、そういうワケありの奴しか来ない場所だ。苦痛には思っていない」ガチャッ

指揮官「寧ろ、これで銃殺刑を免れるのなら安いもんだとも思ってる。…だから、今は自分の心配だけをしろ」

指揮官「安物の布団だが、地べたで寝るよりはマシのはずだ。不満かもしれないが我慢してくれ」

指揮官「俺は服を洗ってくる。何かあれば、饅頭を伝令代わりに使うんだ」

指揮官「じゃあな。お大事に」ガチャッ

ツェッペリンちゃん「………」

ツェッペリンちゃん「…どうして、我は。我は、この場所に生まれたのだ…」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 18:08:43.25 ID:r4wWZJs0O
指揮官「………」ジャバジャバ

指揮官「…後は乾かせばいいかな」

シュペー「あっ…」バッタリ

Z46「………?」

指揮官「シュペーとZ46か」

シュペー「え、えっと…。グラーフちゃんは…大丈夫?」

指揮官「今は落ち着いている。ただ、二人はあまり接触しない方がいいだろうな」

指揮官「女性恐怖症か、はたまたKAN-SEN恐怖症か。何かは判明していないが、二人と対面することがトリガーとなって、また何かが起きるかもしれない」

シュペー「わ、分かった」

Z46「………」コクリ

シュペー「…指揮官は、その、怒ったりしないの?私たちが原因で、グラーフちゃんがあんなことになったのに…」

指揮官「…今俺が怒って、状況が好転すると思うか?」

シュペー「………」フルフル

指揮官「そういうことだ。過ぎたことは仕方がない。これからに活かすことの方が重要だろう」

指揮官「そう気に病むな。最悪を想定していなかった俺が悪いんだからな」スタスタ

シュペー「あ…」

Z46「…言っただろう?指揮官は危害を加えない、と」

シュペー「…うん。フィーゼちゃんのことを聞いて、気が逸ってたのかも…」

Z46「説明不足だった私も悪い。あまり気にすることの無きよう」

シュペー「…優しいね、二人とも」


↓2 何をするか
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 18:10:37.49 ID:wdf0qMSoO
二人には待機命令を出してツェッペリンちゃんの様子を見に行く
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 18:12:03.79 ID:+Xzcqgwvo
夕食を準備
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 18:21:37.96 ID:r4wWZJs0O
ルルイエ基地 食堂


指揮官「シュペーとZ46の食事は、個人の意向に沿ってあげてくれ」

饅頭「ぴよぴよ」グツグツ

指揮官「さて、俺は…」ガサッ

シュペー「あ」

Z46「また指揮官か?」

シュペー「うん」

指揮官「晩飯か?」

Z46「相席で食事をした方が友好的な関係を築けると思い、私が提案した」

シュペー「私も、断る理由は無かったし。お話したいって思ったから」

指揮官「…そうか。仲間同士、仲良くな」グツグツ

Z46「淡白な香りと煮込む音。オートミールを作っているのだろうか」

指揮官「外れ。古き良き重桜食のお粥だ。吐いた後に刺激物を食わせるわけにはいかないからな」

Z46「…彼女を、頼んだ」

指揮官「言われなくても。こういうのは俺の仕事だ」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 18:31:02.78 ID:r4wWZJs0O
ツェッペリンちゃん「ふー…ふー…」

指揮官「少し温め過ぎたか。暫く冷やしておいてもいいが」

ツェッペリンちゃん「この程度で臆する我ではない!」ガクガクブルブル

指揮官「じゃあ、ほれ」スッ

ツェッペリンちゃん「………!」ビクッ

指揮官「ビビってるじゃあないか…。少し待ってくれよ」カチャカチャ

指揮官「…これくらいならいいか?一口食べてみてくれ」

ツェッペリンちゃん「う…」

ツェッペリンちゃん「あ、あーん…」

ツェッペリン「ん…」パクッ

ツェッペリンちゃん「…美味しい」

指揮官「なら良かった」

ツェッペリンちゃん「…あ!美味であったぞ!褒めてつかわす!」

指揮官「お褒めに預かり光栄です」

ツェッペリンちゃん「…むぅ〜。調子が狂う…」

指揮官(グラーフ経由で生まれてないからなのか。鉄血の基地に戻ろうとはしないし、そこまで警戒もしてないようだ)

指揮官(その代償がアレなわけだが。いいことなのか、悪いことなのか。…まぁ、こっちの方が事態は重いがな)

指揮官(編隊を組めないのは、かなりの痛手だ。かといって、矯正する手段も無いし、それが得策とも思えない。大人ならまだしも、彼女は子供だ)

指揮官(Z46一人だったのも頷ける酷さだ。こりゃ、流刑地としてはいい場所なのかもな)

ツェッペリンちゃん「〜〜〜♪」モグモグ

ツェッペリンちゃん「お代わりを所望する!」

指揮官「あーはいはい」


↓2 何をするか
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 18:33:47.90 ID:e3VCmnBZO
出撃が可能な最低限のメンツが揃うまで建造じゃい
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 18:34:26.88 ID:okGSZNAUO
金の匂いを嗅ぎ付けた明石、来襲
隠してはいるが両手首が無い様子
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 18:42:42.85 ID:wdf0qMSoO
メンタルキューブ活性化の影響を常時受けてる個体とか出てきそうな予感
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 18:46:00.24 ID:r4wWZJs0O
ルルイエ基地 執務室


???「ふっふっふー…。とうとうここまでやって来たにゃ」コソコソ

???「後は、名簿にちょちょいと細工をすれば…」ガサゴソ

指揮官「どちら様でしょうかー?」ジャキンッ

???「う゛に゛ゃ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛!!?!!」ビクッ

指揮官「…なんだ、明石か」

明石「うぅ…頭に拳銃を突き付けながら、そんな軽い感じで喋らないでほしいにゃ…」

指揮官「忍び込んだお前が悪い」

指揮官「で、何用でここに来た?上層部のスパイ?それとも金庫破りか?お帰りはあちらです」

明石「私はちゃんと、指示を受けてここに来たんだにゃ!明石をそんな危険人物みたいに言わないでくれにゃ!」

指揮官「俺の知ってる明石は夕張と組んで実験して、母港を停電させるくらいにはヤバい奴なんだがな」

明石「そ、それは個体差があるだけ…にゃ。たぶん、私はしないにゃ…きっと」

指揮官「信用ならねぇ」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 18:51:00.39 ID:r4wWZJs0O
指揮官「指示を受けて来たって言うなら、書類かなんかあるよな?」

明石「…これにゃ」パサッ

指揮官「………」ペラッ

明石「………」ドキドキ

指揮官「………」ポンッ

指揮官「…たしかに、ちゃんとした書類だな。了解した」

明石「やったにゃ!」

指揮官「………」ジーッ

明石「…あっ」

明石「コホン…。これから世話になるにゃ。指揮官、よろしくにゃ〜」

指揮官「ああ、よろしく」

明石「それじゃ、明石は失礼するにゃ〜…」ソソクサー

指揮官「………」パサッ

指揮官「…まぁ、今回は大目に見てやるよ。書類偽装の件はな」

指揮官「さて、この明石はどんな欠陥を持っているのやら」


↓2 何をするか
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 18:52:59.78 ID:wdf0qMSoO
とりあえず13章の工作艦を出オチさせられるぐらいの実力を持つ戦艦が欲しい
大型建造
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 18:53:13.58 ID:T7cXU6ML0
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 18:53:16.56 ID:PFriUeTpO
寝る前におふろ
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 19:00:29.15 ID:r4wWZJs0O
新月出てないからまだ10章には行ってません
限定建造は今日までなので、まだ揃ってなかったり忘れてる方はご注意を


指揮官「………」カチャカチャ

ゴウンゴウン ドルルルルル ブッピガン

指揮官「…グラーフの件で、本来出現しないKAN-SENが出ることも確認出来た。海域限定の奴も出るかもしれないな」

指揮官「とは言っても。こんな小さな基地に強い奴が来たところで、という話だがな」

指揮官「………」ウツラウツラ

指揮官「…深夜だから流石に眠いか。ドリルなんて腐るくらいに集まるんだ。惜しむことはない」ポイッ


↓2 建造されたKAN-SEN 条件は同じ
何隻建造するか書いてない時は基本一人です
指定ありなら最高四人です
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:02:08.76 ID:T7cXU6ML0
だるまオクラホマ
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:02:11.50 ID:XFlib8abo
兄貴姉貴
普通の1/3サイズ
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:02:52.14 ID:+Xzcqgwvo
半身やけどのウォースパイト
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:02:53.65 ID:e3VCmnBZO
主力建造しなきゃどうしようもなさそうな流れなのに
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:03:46.05 ID:T7cXU6ML0
クリーブランド大型から出ないぞ
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:05:31.60 ID:PFriUeTpO
このスレの最終目的がわからないから主力作って戦うってスレでもなさそうだけどね
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:16:50.95 ID:tReDn/ea0
最終目的はまぁ安価次第では

ところで明石は扱いとしては艦隊入り?それとも購買部の店員止まり?
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 19:19:19.53 ID:r4wWZJs0O
ご指摘の通り兄貴姉貴は現時点では小型からしか排出されないので安価下


指揮官「…今回はクイーン・エリザベス級か。どちらが出るか…」

プシュー

指揮官(あの特徴的な髪型は、ウォースパイトだな)

ウォースパイト「…私はウォースパイト。本日付で、艦隊に加入することになったわ」

ウォースパイト「よろしく頼むわね」

指揮官「…酷い火傷の痕だ」

ウォースパイト「そうね。多少身体を動かすのに支障は出るけれど、無視出来る範囲よ」

ウォースパイト「それより、他の艦船はどこなの?」

指揮官「こんな時間だ。皆眠ってるさ」

ウォースパイト「ロイヤルの艦船はいるのかしら?」

指揮官「生憎、他の三人は鉄血艦だ。お前が初めての戦艦だよ」

指揮官「いや、二人目とも言えるか。アレは『ポケット戦艦』とも呼ばれるし」

ウォースパイト「…まぁいいわ。同じ艦隊にいる以上、仲良くはさせてもらう」

指揮官「…ああ。一人だけ、少し事情があって会わせられないKAN-SENがいる。そこは承知しておいてくれ」

ウォースパイト「ええ」


↓2 何をするか
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:21:03.93 ID:k+s2qAIG0
お風呂入って寝よう
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:28:04.91 ID:XFlib8abo
>>67
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 19:35:38.48 ID:VlOxZVhfO
明石の処遇はガバノ・ガバァーナです
基地にいるんで正式加入ということで

指揮官「こんな時間にはなったが、風呂には入らにゃならん」

指揮官「寝落ちしないように気をつけないとな…」

指揮官(ウォースパイトは直接寮に向かったし、この時間なら子供は寝ているはず)

指揮官「タオルを巻く必要はないな」スタスタ

ガララッ


↓2 誰がいるか アクシデントとかでも何も起きなかったとかでも可
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:44:32.87 ID:wdf0qMSoO
特に無し
優雅(?)に一人で入浴タイム
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:44:40.28 ID:PFriUeTpO
Z46がいたよ
見えないからセーフだよ
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:48:58.88 ID:k+s2qAIG0
そういえばクリア条件何か決めてる?
数日過ごすのか名誉挽回して元の母港に戻るのかそれとも
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 20:02:03.72 ID:VlOxZVhfO
(特に決めて)ないです
ダラダラ過ごすのもよし復帰しようと頑張るのもよし
このスレ内では終わらせる予定です


Z46「………」チャプッ

指揮官「………!?」ガタッ

Z46「誰かいるのか?であれば、何か一言発しておくれ」

Z46「ご存知だろうが、私は何も見えない。声を聞かねば、誰がいるのか判別することも出来ないのだ」

指揮官「俺だ」

Z46「指揮官か。夜遅くに入浴とは」

指揮官「それはZ46もだろう。子供が夜遅くまで起きてるもんじゃないぞ」

Z46「艦船は外的要因では大きな変化はしない。唯一の例外が改造であり、食事や睡眠での変化は些細なものだ」

指揮官「…それはそうだが」

Z46「…すまない、不快にさせたようだ。指揮官も湯船に浸かっておくれ」

Z46「身体が冷えて、風邪を引かれたら私たちが困る。だから」

指揮官「…ああ」チャプッ


↓2 フィーゼと何をするか アクシデントとかも可
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 20:06:28.06 ID:+Xzcqgwvo
正直欠陥がある娘達との交流スレだと思ってた
ksk
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 20:26:14.08 ID:tReDn/ea0
艦Cの墓場島鎮守府系のスレかと思ってた

Z46の頭を洗ってやろうかと湯船から出たとこで饅頭踏んづけてコケて気絶
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 20:35:49.79 ID:VlOxZVhfO
指揮官「髪は洗ったのか?」

Z46「先ずは身体を温めようと思い、湯船に浸かった。その時にちょうど、あなたが来た形である」

指揮官「ということはまだか」

指揮官「Z46が良ければ、俺にやらせてくれないか?ちゃんと洗えてるかどうか、分かりにくいだろう?」

Z46「ふむ…」

Z46「…たしかに、この身体では鏡を見て確認することすら不可能だ。指揮官の厚意に甘えてさせていただこう」ストンッ

Z46「さあ、早く髪を洗っておくれ」

指揮官「急かすな急かすな。今行くから」ザパッ

饅頭「ぴよ〜」プカー

指揮官「あっ」グニッ

饅頭「びよ゛っ゛!!?」

指揮官「あっ」ツルッ

指揮官「阿゛!」ゴスッ

Z46「………?」クルッ

Z46「指揮官、何があったのだ?返事をしておくれ」

指揮官「」

Z46「指揮官…?」ヨロヨロ

ツンッ

Z46「もしや…気絶、しているのだろうか…?」

指揮官「」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 20:45:18.92 ID:VlOxZVhfO
指揮官「う…うう…む…」ヨロッ

Z46「目が覚めたか。大事なさそうで何よりだ」

指揮官「俺…は……?」

Z46「どうやら、湯船から出た時に介護用の饅頭を踏んでしまったらしい」

Z46「私の膂力では指揮官を運べない故、こうして膝の上に寝かせていた」

Z46「私の幼い身体では、窮屈だったかもしれない。だが、これが私の考え得る最善だった。どうか、気を悪くしないでもらいたい」

指揮官「………」

指揮官「大丈夫だ。寧ろ、俺のドジで迷惑を掛けた」

Z46「迷惑などとんでもない。私の方こそ、指揮官には世話になってばかりだ」

指揮官「…気を取り直して、髪を洗うとしよう。二の轍は踏まない」

Z46「では、私も胸を借りさせてもらおう」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 20:50:12.59 ID:VlOxZVhfO
指揮官「シャワーも悪くないが、やはり、湯船でのんびりとするのが一番だ」スタスタ

Z46「有意義な時間だった。指揮官、あなたに感謝を」トコトコ

指揮官「…ホント、悪かった。俺の不注意だよ」

Z46「あなたが気にすることは無い。私も気に留めていないのだから」

Z46「自室まで共に来てもらってすまない。お陰で、特に苦労することもなく戻れた」

指揮官「シュペーはもう寝てるらしいからな。俺がやるのは当然だ」

Z46「では、また明日。いい夢を見られるよう祈っている」

指揮官「おやすみ。身体を冷やすなよ」

Z46「心得た」バタン

指揮官「俺も早く寝るか」


↓2 何をするか
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 20:52:02.00 ID:k+s2qAIG0
どうすれば元の母港に帰れるか考えてみる
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 20:54:47.42 ID:f+u6afXT0
前の母港が現在どうなっているか調べる
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 21:05:41.91 ID:VlOxZVhfO
指揮官「………」カタカタカタ

指揮官「………」スパー

指揮官(…落ち着かんな。ずっとグラーフの基地が気に掛かってる)

指揮官「…連絡してみるか。饅頭が管理してるなら、色恋沙汰とかは起きないだろうが…」ピッ

プルルルル プルルルル ピッ

グラーフ「…指揮官か?」

指揮官「ああ」

グラーフ「健康そうで何よりだ。いったいどうした?」

指揮官「今の基地がどうなってるか気になってな。こうして電話させてもらった」

グラーフ「今の基地、か」

指揮官「差し支えがなければ教えてくれ」


↓2 今の基地がどうなっているか イッチに任せてもいいですが、悪い方向には向かいません

82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 21:08:48.49 ID:7NKKey+QO
重桜のやべー奴等(赤城や大鳳等)が騒ぎ始めてる
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 21:11:36.57 ID:t5fQWspSO
新人の指揮官がおっかなびっくりやっている
重いメンバーはグラーフが何とかしてる
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 21:27:27.66 ID:VlOxZVhfO
グラーフ「…一応、暴力沙汰が起きるような事態には至っていない。饅頭が配属させた新人の指揮官も、それなりには頑張ってくれている」

指揮官「赤城とか大鳳、ローンや隼鷹は…?」

グラーフ「我が何とか手綱を握っている。薄氷一枚、というような瀬戸際だがな…」

グラーフ「…訂正しておくと、ローンはそれほど脅威ではない。嫉妬する対象が近くにいないからな。温厚…と言っていいだろう」

グラーフ「我のことは気にしなくて良い。卿は卿自身の心配をしたまえ」

グラーフ「…我は、卿さえいればそれだけで良い。この下らない世界でも、卿が望むのならば足掻いてやろう」

指揮官「…グラーフには敵わないな。助けてもらってばかりだ」

グラーフ「ふっ…。お互い様…と、柄にもないことを言わせてもらおうか」

赤城「今、指揮官様の声が聞こえたのだけれど。グラーフ・ツェッペリン?」

グラーフ「今は取り込み中だ。後にしたまえ。指揮官に嫌われたくないのなら、そうした方が賢明だ」

赤城「…指揮官様を出すのは卑怯じゃあないかしら。でも、流石と言ってあげましょう」

グラーフ「我はお前を基に作られている。我自身を相手していると思えば、幾分かは楽に思える」

赤城「大人しく引き下がる代わりに、伝言を頼むわ。『絶対に帰ってきてくださいませ』。そう伝えてちょうだい」

グラーフ「…とのことだ。気張れよ」プツッ

指揮官「………」スパー

指揮官「安心したような…不安になったような…」

指揮官「明日から煙草の消費が増えそうだ…」ジュッ


↓2 何をするか
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 21:32:53.76 ID:XFlib8abo
かそくした
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 21:35:30.44 ID:C+QHy+WdO
明石の手に気付いた
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 21:45:38.68 ID:VlOxZVhfO
明石「指揮官〜。購買部の入荷報告書、ここに置いとくにゃ〜」パサッ

指揮官「不知火がいないから、明石がやるしかないものな」

明石「にゃ。でも、収入が増えると考えれば悪くないにゃ」

指揮官「金箱から修理施設が出なければ買うんだがな」

明石「文句はメーカーに言ってほしいにゃ。明石はただ仕入れてるだけだにゃ」

指揮官「どうだか。もしかしたら、何か細工してるかもしれん」

明石「し、してないにゃ。金色に塗ったりするのはぬいぬいの仕事にゃ」

指揮官「当たり前のように仲間売るのなお前な」

明石「にゃはは…」
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 21:54:55.74 ID:VlOxZVhfO
指揮官「…っと…」ポロッ

指揮官「悪い、万年筆を取ってくれないか」

明石「しょうがないにゃ〜」ヒョイッ

明石「落としちゃダメにゃよ?」スッ

指揮官「助かった」パシッ

指揮官「…む?」

明石「………?」

指揮官「…明石。手を見せてくれ」

明石「にゃ!?」

指揮官「俺の勘違いなら良いが、どうにも違和感を覚えてな。確かめておきたい」

明石「い、いったい何のことにゃ!?」

指揮官「今ペンを取った時…感触が無かったんだよ」

指揮官「ペンを乗せているはずの、手の感触がな」

明石「………っ!?」

指揮官「見せないなら、見せないでいいんだ。その時は『何か隠し事をしている奴』って認識するだけだからな」

指揮官「卑怯と思うか?俺からすれば、そうやって他人を騙す方が卑怯と思うがな」

明石「…わ、分かったにゃ。見せるから、そんなこと言わないでほしいにゃ」

指揮官「…慰めてにならないかもしれないが、ここには似た奴ばかりしかいない。そう後ろめたく思う必要はねぇ」

明石「………」スッ

指揮官「見事に無いな。手首から先の両手が」

明石「こんなことでバレるなんて、一生の不覚にゃ…」

指揮官「…義手とかの配給申請をしてみるか。通るかもしれない」


↓2 何をするか
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 21:56:48.26 ID:k+s2qAIG0
ウォースパイト用に火傷の塗り薬頼めないかな?
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 21:57:19.36 ID:t5fQWspSO
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 23:02:15.09 ID:VlOxZVhfO
指揮官「………」カリカリカリカリ

指揮官「この物資配給申請、俺たちの要望は通るのか?」

明石「にゃ?…ん〜。正当な理由があって、不適切な物じゃなければ通るはずだにゃ」

指揮官「じゃあ、薬とかの申請は問題ないわけだ」

明石「基本的な物は揃ってるから、個人の問題ににゃるけど、睡眠薬程度ならどこも仕入れてるにゃ」

指揮官「…なら、これを頼む」ピラッ

明石「ふむふむ。火傷用の軟膏を…えっと。これ、何人負傷してるんだにゃ…?」

指揮官「一人だ。少し火傷の程度が酷くてな。既に治ってるみたいだが、処置しなければ予後が良好とは限らない」

指揮官「手遅れかもしれないが、何か手を施す方が良いだろう?」

明石「…分かったにゃ。どうにかして仕入れてみる…にゃ。けど、最低でも数日は必要にゃよ?」

指揮官「やってくれるだけでも充分大助かりだよ。ありがとう」


↓2 何をするか
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 23:10:50.02 ID:C+QHy+WdO
明石にツェッペリンを診てもらおう
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 23:12:44.64 ID:Nk7Xh6JtO
上+病名は肝臓肥大でどうでしょう
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 23:19:46.00 ID:VlOxZVhfO
指揮官「………」コツコツコツ

ガチャッ

ツェッペリンちゃん「…指揮官!卿は我を独りぼっちにしてどこに行っていたのだ!」

指揮官「仕事があるからな。まぁ、終わらせたからこっちに来たんだよ」

ツェッペリンちゃん「………!」

ツェッペリンちゃん「そ、そうか!我がいないとダメなのだな!」

指揮官「…で、ちょっとしたお土産を持ってきた。好きなだけ食べてくれよ」ポスッ

ツェッペリンちゃん「…シュトーレン?まだクリスマスは来ないぞ?」

指揮官「鉄血の料理だから選んだだけだ。それ以外の意図は無いよ」

ツェッペリンちゃん「…これを、我が食して良い…の?」

指揮官「ああ。グラーフの為だけに作った。好きなだけ召し上がれ」

ツェッペリンちゃん「あ…ありがとう!」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 23:24:22.32 ID:VlOxZVhfO
ツェッペリンちゃん「すぅ……すぅ……」

指揮官「…明石」

ガチャッ

明石「ぐっすり眠ってるにゃ。これなら、エコー検査とかをやっても起きないにゃ」

明石「…大丈夫にゃ?辛い顔をしてるにゃよ…」

指揮官「…ああ。問題ない」

明石「明日には結果を送るから、それまで待ってほしいにゃ。患者は医務室に運んでおくから、適当に理由を付けて帰してあげてにゃ」

指揮官「分かっている。KAN-SENに何かをされたと知れば…」

指揮官「グラーフは…壊れてしまうかもしれないからな」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 23:29:27.02 ID:VlOxZVhfO
指揮官「………」ガララッ

ツェッペリンちゃん「…指揮官…?何故、我が床に伏しているの…?」

指揮官「…シュトーレンを食べてたら、お前が倒れたんだよ。だから、念の為に休ませてた」

ツェッペリンちゃん「ほ、他の艦船は来なかったのか…!?」

指揮官「ああ。人払いは済ませて、ずっと見張ってたからな。大丈夫だ」

ツェッペリンちゃん「………!」ホッ

指揮官「…もう夜も遅い。部屋に戻るぞ」

ツェッペリンちゃん「…卿は優しいね。卿が側にいてくれて、本当に嬉しい」

指揮官「…そんなことを言う暇があるなら、安静にしておくんだ」

ツェッペリンちゃん「うむ…。卿が言うのなら…我は…」

指揮官「………」

指揮官(騙しているようで辛いが…こうするしかない)

指揮官(俺が嫌われるくらいで済むなら、安いもんだ)
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 23:36:24.56 ID:VlOxZVhfO
明石「指揮官、結果が出たにゃ」パサッ

指揮官「…画像を見せられてもな。俺にその手の知識は無いぞ」

明石「そこよりも、一番下の所見に目を通すにゃ」

指揮官「………」

指揮官「肝臓肥大?原因はいったい…」

明石「『ヒト』なら、過剰な飲酒とかでそうなる場合はあるにゃ。だけど…」

指揮官「グラーフはKAN-SENだ。後天的な原因は考えにくい。となると…」

指揮官「先天的な奇形、か。治療方法は?」

明石「薬剤投与、患部切除。治療方法はあるけど、どれも時間は掛かるにゃ…」

指揮官「明石の干渉は避けられない…か」

指揮官「俺が薬を投与するのは駄目なのか?」

明石「専門知識も無しにやるのは危険にゃ。研修で習うような、腕部注射とかとは次元が違うにゃよ」

明石「アレよりも、よっぽど重い薬を使うにゃ。副作用とかにも気を遣う以上、指揮官には任せられないにゃ」

指揮官「重篤な副作用が出れば、死ぬ可能性もあるわけだからな…」

指揮官「…想定以上に、重いもんだ
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 23:37:57.75 ID:VlOxZVhfO
明石「指揮官、結果が出たにゃ」パサッ

指揮官「…画像を見せられてもな。俺にその手の知識は無いぞ」

明石「そこよりも、一番下の所見に目を通すにゃ」

指揮官「………」

指揮官「肝臓肥大?原因はいったい…」

明石「『ヒト』なら、過剰な飲酒とかでそうなる場合はあるにゃ。だけど…」

指揮官「グラーフはKAN-SENだ。後天的な原因は考えにくい。となると…」

指揮官「先天的な奇形、か。治療方法は?」

明石「薬剤投与、患部切除。治療方法はあるけど、どれも時間は掛かるにゃ…」

指揮官「明石の干渉は避けられない…か」

指揮官「俺が薬を投与するのは駄目なのか?」

明石「専門知識も無しにやるのは危険にゃ。研修で習うような、腕部注射とかとは次元が違うにゃよ」

明石「アレよりも、よっぽど重い薬を使うにゃ。副作用とかにも気を遣う以上、指揮官には任せられないにゃ」

指揮官「重篤な副作用が出れば、死ぬ可能性もあるわけだからな…」

指揮官「…想定以上に、重い問題だな」ハァ


↓2 何をするか
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 23:41:11.18 ID:k+s2qAIG0
ツェッペリンちゃんに事情を話して治療を受けないか聞いてみる
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 23:41:16.60 ID:C+QHy+WdO
ツェッペリンちゃんまた吐く
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 00:31:23.50 ID:iUqF4UyW0
にくすべ(小)が重篤すぎてシュペーが今のところ常識人すぎる
後々響いてくるかな被虐体質
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 09:16:07.51 ID:MpVRD5leO
戦闘に支障をきたすらしいが生活に支障をきたすとは言ってないな
お部屋で腹に重量物おとしたりしてるかもしれないくらい
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/13(木) 14:46:07.57 ID:jb9M5AxYO
ちびディエゴの入手だけが出来ませんでした
大型イベの途中から周回イベ組み込むのは許可しないぃ〜〜〜ッ!


ツェッペリンちゃん「ううむ…。やはり、シュトーレンを食べた後の記憶がすっぽりと抜け落ちている…」

ツェッペリンちゃん「お菓子は美味しかったし、身体も悪くなかったのに…」

指揮官「…余計なことは考えずに、安静にすることだけを考えるんだ」

ツェッペリンちゃん「…うむ。指揮官が、卿がそう言うのなら、我が背く道理は無い。大人しく従おう」

ツェッペリンちゃん「………っ!?」ドクンッ

指揮官「…グラーフ?」

ツェッペリンちゃん「はぁー……っ…!はぁー………!」ガタガタ

指揮官「おいおい…!今回は俺しかいないってのに!」ガサッ

ツェッペリンちゃん「うっ…!ん゛…あ゛ぁっ…」ビチャビチャ

指揮官「………」サスサス

指揮官(今回は何も、原因となるものは無い…のに。どうしてまた嘔吐した?…まさか、病状が悪化したとでも…)

指揮官(…こんなこと言えるか。こんな子供に、そんな残酷なことを言えるものか)

指揮官(…クソッ。最悪、実力行使も視野に入れなければならないか…)


↓2 何をするか
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 14:59:38.32 ID:2WxVjwXcO
こんなに苦しむのなら生まれたくなかった
なぜ我を生み出したのだとツェッペリンちゃん
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 15:08:54.91 ID:7X5bJyHw0
こういう時ヴェスタルがいれば…と思いながらツェッペリンちゃんが落ち着くまで介護をする
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/13(木) 15:34:33.39 ID:jb9M5AxYO
ツェッペリンちゃん「うぶ…ぉ…えっ……」

指揮官(…こういう時こそ、ユニオンのヴェスタルの力が必要なんだが…)

指揮官(大規模艦隊であるユニオンの医療を一手に引き受けていた工作艦。彼女に救われたKAN-SENは数知れず…)

指揮官(明石も治療は出来る方ではあるが、あくまで医療機器を用いたものに長けているだけだ。看護師や医師として働けるわけじゃない)

指揮官(…無い物強請りをしても変わらないとはいえ、泣き言一つくらいは言いたくなるな)

指揮官「ゆっくり深呼吸をしようか。ほら、いーち、にー、さーん」

ツェッペリンちゃん「すぅー……はぁー……」

指揮官「…よし。呼吸は安定してきたな。そのまま眠るといい」

ツェッペリンちゃん「…ごめん。ここに来てから、卿には迷惑を掛けてしかいない」

ツェッペリンちゃん「我も、卿の役に立ちたいのに。なのに、身体が、心が、それを否定する」

ツェッペリンちゃん「どうして…どうして、我は…こんな身体…に…」コテン

指揮官「…この基地自体がおかしいだけだ。グラーフ、お前は悪くないんだよ」

指揮官「悪いとしたら、建造を実行した俺なんだ。そうしなければ、こんなことにはならなかったんだから…」


↓2 何をするか

107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 15:42:16.57 ID:2WxVjwXcO
今度はシュペーの様子がおかしい
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 15:44:19.24 ID:a+CSezmA0
主力はウォースパイトがいるし、試しに出撃を
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/13(木) 15:56:53.65 ID:jb9M5AxYO
指揮官「………」ガラガラガラ

ウォースパイト「駆逐艦一、重巡一、工作艦一、そして私か。正直、心許ないわね」

指揮官「怖気付いたのか?」

ウォースパイト「いいえ?ただ、私たちは一度も出撃したことはない。それを心配するのは当然だと思うが」

シュペー「フィーゼちゃん、大丈夫なの?」

Z46「問題無い」

明石「修理と対空しか出来ないから頑張ってにゃ」

指揮官「実戦経験があるのは俺だけだからな。上手くやる必要がある、か」

指揮官「そろそろ作戦エリアに入る。俺はここから支持を出すから、主力艦隊は俺の前に、前衛艦隊は主力艦隊の前に布陣しろ」

指揮官「主力艦隊は接近する航空機と自爆ボートの迎撃に集中。俺の支持があれば各自主砲の砲撃を」

指揮官「前衛艦隊は俺の支持に従って移動、雷撃を行うように。主砲、副砲の照準等は各個の判断に委ねる」

Z46「承知した」

シュペー「………っ」ギュッ

指揮官「では、作戦を開始する」


↓2 どうなったか アクシデントとかでも可
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 16:03:18.70 ID:2WxVjwXcO
なんとか勝利。ドロップがあったようだ
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 16:06:10.48 ID:88PXYR0kO
それほど強くない海域なので被害はほとんどなく勝利
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/13(木) 18:12:26.73 ID:jb9M5AxYO
指揮官「戦闘終了。損害は砲撃を僅かに受けた程度か」

Z46「試運転は済ませていたが、実際に撃ち合ったのは初めてだ。これが、戦場の空気…」

シュペー「お…思ったよりも痛くなかった…」

明石「航空機が来なけりゃやることないにゃ」

指揮官「最初から激戦区に送るような馬鹿じゃない。とはいえ、今回の成果は及第点だ。よくやった」

ウォースパイト「激戦区ではどのような敵が出てくるの?」

指揮官「…まぁ、場所にもよるが、セイレーンや強化型の駒が出てくる。量産型も、厄介な奴が複数出てくることもあったな」

ウォースパイト「なるほど」


↓2 何をするか
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 18:20:47.96 ID:VsoUqOJs0
ツェッペリンちゃんの様子を確認すると腹部が膨らんでいた。
治療を急がないといけないかもしれない
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 18:23:34.02 ID:lp9n4iVoO
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 07:23:05.49 ID:/21W8RZo0
誰かここのKAN-SEN達に救いの手を
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/14(金) 15:05:43.36 ID:jfXgAnRPO
ぷにくすべに厳し杉内?


指揮官「…よし。腹を見せてくれ」

ツェッペリンちゃん「…断る」

指揮官「何故だ?いつもは素直に頷くじゃあないか」

ツェッペリンちゃん「今日は…見せたくないの…」

指揮官「お前の健康のためだぞ。グラーフ。専門的な検査を受けられない以上、原始的な手段に頼るしかないんだ」

指揮官「だから…」

ツェッペリンちゃん「では、逆に問わせてもらう。…我の身体に何が起きてるの!?」

指揮官「何、とは」

ツェッペリンちゃん「何故…我の腹が不自然に膨れているっ!!?!?右の腹だけが膨らむなど、おかしいことくらい我にも分かる!」

指揮官「なっ…!?」

指揮官(そこまで病状が進行した…!?いくらなんでも速過ぎやしないか!?)

ツェッペリンちゃん「指揮官は、卿は知っているのか!?なら教えて!教えてよぉっ!!」

指揮官「………っ!」


↓2 真実を話すかどうか ツェッペリンちゃんの反応を書いても可
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 15:21:30.94 ID:irWv/nZq0
嘘をつかないで正直に話す
最後に「恨むなら恨んでくれていい」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 15:26:18.44 ID:reHkF5pM0

「KAN-SENとして生を受けたのに我は洋上で没する事も許されずここで死に逝く運命なのか?」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/14(金) 15:52:18.53 ID:jfXgAnRPO
指揮官「…肝臓肥大だ」

ツェッペリンちゃん「肝臓…肥大?」

指揮官「胃の右側辺りに存在する肝臓という臓器が肥大…大きくなる疾患だ。今までの嘔吐は、それとストレスが原因だと思われる」

ツェッペリンちゃん「な、治る…のか…?」

指揮官「適切な治療をすればな。だが、それは望めない状態だ」

指揮官「グラーフ。お前は他のKAN-SENと接触する度に、体調を崩す可能性が高い。…そして、治療には明石たちKAN-SENの手が必要だ」

指揮官「…体調不良のまま、切除手術や投薬治療に耐えられるとは思えない」

指揮官「こうなったのは俺の責任だ。設備や人員を確保していれば、未然に防げた可能性だってあった」

指揮官「…恨むなら恨んでくれていい。その権利がお前にはあるんだ」

ツェッペリンちゃん「…我は、死ぬのか」

指揮官「…放っておけば、そのリスクは高まるな」

ツェッペリンちゃん「…嘗ては進水することすら叶わなかった。だが、こうして艦船としての生を受け、戦えるようになったというのに」

ツェッペリンちゃん「我は…海上で没することも許されず、陸で死にゆく運命(さだめ)なのか?使命を全うすることすら、出来ないという…のか…」

ツェッペリンちゃん「…そんなの嫌だ。我は、果たせなかった使命を、また諦めるのは嫌だ…!」

ツェッペリンちゃん「鉄血の一員として…この基地の艦船として…!何もせずには終われないのよ…!」

指揮官「…なら、治療を受ける他はない。かなり辛い道のりになるぞ」

ツェッペリンちゃん「構わぬ…。また、艦船としてすら生きられず死ぬというのなら…苦しむ方が余程楽だっ!」

指揮官「…じゃあ、これから一緒に頑張ろうか。俺たちも手は尽くす」

ツェッペリンちゃん「…もし、心が折れそうになった時は。その時は、卿を頼るよ?…それくらいはいい…よね…?」

指揮官「グラーフがそれを望むなら、拒む理由は無い」


↓2 何をするか
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 15:57:28.37 ID:b/vnC7GaO
医療器具とか頼めないか明石に聞いてみよう
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 16:14:12.10 ID:IWie3IOCO
最終手段として鉄血の艤装に転生させる手があると明石
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 16:22:10.02 ID:2Tdcy9y5O
そうだね、サメの内臓の2/3は肝臓だもんね。
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 16:41:46.78 ID:/LWXrIZQ0
ぶっちゃけ艦これで同じようなの探したら死ぬほどありそう
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/14(金) 17:19:32.74 ID:jfXgAnRPO
指揮官「………」ペラッ

指揮官「…鉄血の艤装はセイレーンの技術由来のものが多い。何か利用出来るものがあるかと思ったが…」

指揮官「そもそもアレは何だ…?シャルンホルストは稚魚を放流していると言ってたし、普通に飯を食べるし…」

指揮官「…ああ、グナイゼナウが否定してたな。生体兵器であるのは確定としても、内部構造がどうなっているかはよく分からん」

指揮官「ぶっ」ベチッ

明石「あ、ごめんにゃ」

指揮官「何をどうしたら顔面に書類が直撃するのか…。まぁ、いい」

指揮官「何かあったのか?」

明石「まー…あるといえばある…にゃ」

明石「鉄血製大型艦の艤装の特徴は分かってるにゃ?」

指揮官「今そのことについて考えてたところだ」

明石「なら、話が早いにゃ。放置されてたグラーフ・ツェッペリンの艤装を調べてたら、ちょっとした仮説に辿り着いたのにゃ」

指揮官「詳しく」

明石「これは『内臓にも意識がある』ことを前提としてるから、仮説としてもかなりレベルが低いことは念頭に入れてにゃ」

明石「生体兵器である以上、その体内には複数の臓器が存在するにゃ。それを彼女のと取り替えれば、一命を取り留める可能性だってあるのにゃ」

指揮官「…某黒い医者じゃあるまいし。そんな高度な手術は可能なのか?」

明石「あくまで仮説にゃ。出来るかどうかは二の次で、そういう可能性があることだけを言ってるのにゃ」

明石「でも、物理法則とかに喧嘩を売ってるセイレーンの技術を利用出来るなら、あり得ない話じゃないにゃ」

指揮官「…どうやって『鏡面海域』から奴を引きずり出す?」

明石「それを考えるのは今じゃないのにゃ」

指揮官「………」

指揮官「…頭の片隅には置いておく」


↓2 何をするか
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 17:23:56.97 ID:irWv/nZq0
元いた母港にツェッペリンちゃんを送って治療とか…無理かな?
ヴェスタル狙いで建造はまず現実的じゃないし
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 17:36:40.64 ID:Tipn3QreO
みんなで話し合っておく
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/14(金) 18:11:37.67 ID:jfXgAnRPO
ルルイエ基地 小会議室


指揮官「………」ナデナデ

ツェッペリンちゃん「我はどうしてここに連れてこられたのだ?」

指揮官「…色々と話し合う必要があると思ってな」

指揮官「お前のためにも、皆のためにも」

ツェッペリンちゃん「うっ……。でも、我慢しなければ…約束したし…」

指揮官「グラーフが直接話す必要はない。俺が仲介役をする」

指揮官「…だが、少しずつでも慣れていかねばなるまい。その辺りは頑張ってくれよ」

ツェッペリンちゃん「…分かった。頑張る」

Z46「只今到着した」ガチャッ

シュペー「お、お邪魔します」

ウォースパイト「話し合い…どんな話題があるのやら」

明石「昔の武勲でも語ったらどうにゃ?」

ウォースパイト「それはまたの機会にしましょう」

ツェッペリンちゃん「………」コソコソ

指揮官「揃ったな。じゃあ、会議未満の話し合いを始めるとしようか」


↓2と↓4 何を話し合うか
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 18:14:37.82 ID:1wyup8CGO
ツェッペリンちゃんの病状について教えて、少しでも楽に過ごせる環境を整える方法とか
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 18:22:04.79 ID:hgZrXL63o
うえ
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 18:31:10.26 ID:reHkF5pM0
工作艦ないし科学技術艦(夕張やU-73など)の入手について
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 18:39:08.97 ID:M8gB7tX3o
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 20:42:21.64 ID:zoKlzmeWO
>>1と欠損龍驤が出てくる作者は別人だよね多分
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/14(金) 22:01:30.95 ID:jfXgAnRPO
龍驤スレの作者様と自分は別人です
これだけははっきりと真実を伝えたかった
科学技術艦って『科学技術を持っている艦』ってことでいいのかな
U-73は鉄血イベの化学実験しかイメージがない


指揮官「各員に通達した通り、グラーフ・ツェッペリンの体調は芳しくない」

指揮官「医療機関から検査結果も届いたので、この際全員に知ってもらおうと思い、この場で報告をする。勿論、本人の了承は取ってある」

指揮官「グラーフ・ツェッペリンが患っている疾患は二つ。『肝臓肥大』と『艦船恐怖症』だ」

指揮官「前者は適切な治療を施せば、根治の可能性も充分ある…との報告を受けているが、問題は後者の方だ」

指揮官「精神疾患の治療には、相応の時間が必要となる。今回のような恐怖症の類は、反復的な交流で克服する他、薬物療法が存在する」

指揮官「…が、そのような治療が出来る者など、ここには誰もいない。薬に頼らない治療を行っても、逆に悪化してしまう可能性だってあるんだ」

指揮官「治してあげたいのは山々だが、最悪を想定すると迂闊に手は出せない。だからといって、何もしないのも不味い」

Z46「…つまり、我らで出来る対処法を模索する、ということか?」

指揮官「ああ。理解が速くて助かるよ。俺が考えているのは、環境整備とかの類だな」

シュペー「普通に話すのは…駄目なのよね。うーん」

ウォースパイト「重桜のドラマに出てくる面会室?とかを作るのはどうかしら」

ウォースパイト「それなら、何かをされると考えることも無いでしょう。まずは壁越しにでも交流をしないと、何も始まらないと思うわ」

指揮官「…そうだな。饅頭に指示を出しておくべきか」

指揮官「…案は多い方がいい。手間を掛けるが、思いついたものをこの書類に記入してくれ。明後日に回収する」

指揮官「Z46は直接俺に言うか、他の人に書いてもらってくれ」

Z46「心得た」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/14(金) 22:17:12.82 ID:jfXgAnRPO
指揮官「次に、工作艦や技術保有艦についてだが」

指揮官「これは、明石だけでは手が足りなくなる場合を想定すると、嫌でも向き合わなければならない問題だ」

指揮官「…とは言っても、入手する手段は単純だ。建造すればそれで解決するからな」

ウォースパイト「資料に書いてあったわね。『理論上、今までに建造が可能だった艦船は全て如何なる期間でも排出される』と」

指揮官「セイレーンが原因と見て間違いないだろう。グラーフの建造は、現時点では不可能だからな」

明石「特別計画艦はどうやって造るか不明だけどにゃ」

指揮官「アレは…俺の場合は一月掛けて一隻のペースだったな。この基地では気にする必要も無いだろう」

シュペー「大変らしいね…。私はよく知らないけど」

指揮官「…まぁ、海域攻略が進むと考えたら悪くはないさ。燃料消費は少し考えものだが、いつでも進められるわけだからな」

指揮官「…結局、独り言ばかりで終わってしまったな。話し合いと言っておきながら」

ウォースパイト「そういうこともあるでしょう。気にすることはないわ」


↓2 何をするか
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 22:27:04.92 ID:irWv/nZq0
ロイヤルのメイド隊か科学に長けたKAN-SENが出る事を祈って大型建造
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 22:30:44.99 ID:r8MEeLMao
うえ
二体ほど作ってみるか
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/14(金) 22:46:20.27 ID:jfXgAnRPO
指揮官「ロイヤルメイド隊…彼女らがいれば、運用もグッと楽になるんだが」

ウォースパイト「彼女たちがいるなら、陛下も欲しくなるのだけれど」

指揮官「システム上、狙い撃ちは不可能だ。カミにでも祈ってくれ」

ウォースパイト「重桜じゃあるまいし。そんなことはしないわ」

指揮官「…いや、重桜のKAN-SENもそんなことは言わないがな。敵対している者はその限りではないが」ピッ

ガタガタ メメタァ フワーオ!!

指揮官「…確か、大型ではシリアスが出てくることはなかったはずだ。それ以外が来るなら…」

指揮官「…夕張とかが来てくれても、それはそれで楽になるんだけどな」


↓2と↓4 大型から出てくるキャラ 条件はいつもの
限定建造のキャラはその時によってベースとなる建造が決まってますが、一々調べるのも面倒いので気にしなくていいです

138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 22:50:53.42 ID:9GyAiajro
加速下
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 22:54:03.18 ID:HpKUGFnao
偏頭痛持ちのベルファスト
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 22:57:52.49 ID:D9SqnohFO
両腕無しのドイッチュラント
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 23:02:15.34 ID:2OH6zzNN0
右腕しかない女王様
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 23:04:57.46 ID:irWv/nZq0
>>141は脚も無い?
どこぞのナドレ見たいな感じ?
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 23:12:27.82 ID:2OH6zzNN0
>>142そんな感じです。両脚と左腕が無い
でも右腕だけ建造されるのも面白いので作者さんにお任せします
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 23:16:40.78 ID:aPdIlh+HO
腕だけってどっかのグリードみたいだな

今って大型から軽巡排出されないんじゃなかったっけ?
もう長いこと大型回してないから間違ってるかもしれんが
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 00:54:27.53 ID:gEZQu+AGO
流石に腕だけは自分にはレベルが高すぎるのでナドレにします


指揮官「…おぉ…。珍しくピンポイントで当たった気がする」

ウォースパイト「また私が出る可能性も否定出来ないが」

指揮官「やめてくれ」

プシュッ

指揮官「…ベルファストとクイーン・エリザベスか。だが…」

クイーン・エリザベス「…何よ。あなたが指揮官でしょ?早く仕事に…」

ウォースパイト「陛下…」

エリザベス「ウォースパイトじゃない。その火傷、どうしたのよ…」

ウォースパイト「陛下と同じです。生まれた時から、この傷と共に生きる運命を背負っているのです」

エリザベス「そう…。あなたも大変ね。私ほどではないけれど」

エリザベス「…しんみりした空気は嫌いよ。さあ、ベル。挨拶をしなさい」

ベルファスト「かしこまりました。エディンバラ級二番艦、ロイヤルメイド隊のメイド長を務めておりますベルファストと申します」

ベルファスト「陛下共々、よろしくお願い申し上げます」ペコリ

指揮官「………」ウーン

ベルファスト「どうかなさいましたか?」

指揮官「…いや、何も無いのかと思ってな。例外がある、そういうパターンも極稀にあるのかもしれないな…」

ベルファスト「…お言葉ですが、ご主人様。私もその何かしらを抱えております」

指揮官「…外見には何も違いはないが。精神的なものか…?」

ベルファスト「俗に言う『偏頭痛』でございます。今はまだ、その兆候は出ておりませんが」

ベルファスト「ですが、活動には支障を来たさないよう務めますので、ご安心ください」

指揮官「…言っておくが、無理は禁物だ。それだけは忘れることが無いようにな」

ベルファスト「お気遣いありがとうございます」


↓2 何をするか
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 00:55:56.46 ID:NkfoeNPsO
ベルと家事炊事洗濯の課題を解決
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 00:56:38.43 ID:Mhn3+rTc0
とりあえず陛下に車椅子を用意してあげよう
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 01:17:08.30 ID:gEZQu+AGO
指揮官「………」カラカラカラ

指揮官(歩行困難なKAN-SENが建造されることを想定しておいて正解だった。…まさか、四肢欠損…それも重度のものを持つKAN-SENが生まれるとはな)

指揮官「この部屋で合ってる…よな」スッ

コンコンコン

エリザベス「下僕?いったい何用でここに来たのよ」ガチャッ

ウォースパイト「陛下は動かなくてもいいですよ」

エリザベス「あら」

指揮官「車椅子だ。抱き抱えて移動するより効率的だろう?」

エリザベス「き、気が利くのね。見直したわ」

指揮官「まだ数十分しか経っていないんだが」

指揮官「…ほら、座ってみるんだ」

エリザベス「ウォースパイト、頼んだわ」

ウォースパイト「承知しました、陛下」ストンッ

エリザベス「………」カラカラカラ

エリザベス「…悪くないわね。褒めてあげるわ!」

指揮官「…当たり前のことをやっただけだ。感謝される筋合いは無い」

エリザベス「か、感謝くらいは有難く受け取りなさいよ!馬鹿!」

ウォースパイト「はぁ。面倒な性格だな、指揮官も」

指揮官「…何のことやら」


↓2 何をするか
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 01:20:35.12 ID:TdEdpLV9O
シュペーの様子チェック
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 01:28:05.30 ID:aGOCvDOF0
ベルファストの頭痛発生。立っていられない程の辛いもの
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 02:05:46.42 ID:gEZQu+AGO
指揮官「よっこいせ…っと」ドサッ

指揮官「食糧を冷蔵庫に入れるのも大変だな。だが、身体能力に差がない以上、男の俺がやるしかない」ガサゴソ

ベルファスト「ご主人様、私に任せてもよろしいのですよ?」

指揮官「それには及ばん。仕事も無くて暇なのでな」

指揮官「それより、先程エリザベスたちに振る舞った紅茶の処理が先じゃないか?」

指揮官「こっちはそれほど手間じゃないんだ。そちらに注力してくれた方が助かる」

ベルファスト「かしこまりました。お言葉に甘えさせていただきます」

ベルファスト「………」カチャカチャ

指揮官「………」バタン

指揮官(…こっちはあと少しで終わる。ベルファストは…)

ベルファスト「…っ…!これ…はぁっ………!」

指揮官(偏頭痛か。だが、様子がおかしい)
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 02:07:24.92 ID:gEZQu+AGO
ベルファスト「あ…っ!あぁっ…。う゛っ…あ゛ぁっ………!」フラッ

指揮官(ティーセットを持ったまま蹲る…!相当重いやつだな!)

指揮官「………っ!」ダッ

ベルファスト「し…ま゛っ…!!?」ポロッ

指揮官「ちいっ!」パシッ

ベルファスト「………!」ガクッ

指揮官「薬は…これか!早く飲むんだ!」

ベルファスト「ご迷惑を…お掛け…う゛…!」ゴクン

ベルファスト「…はぁっ…はぁっ………」

指揮官「…偏頭痛は尋常じゃないほど痛いと聞いている。無理はするなと言ったはずだ」

ベルファスト「申し訳…ございません…!恥ずべき失態を…犯してしまいました…!」

指揮官「もう喋るな。後は俺がやるから、部屋で休むんだ」

ベルファスト「…かしこまりました…」

指揮官「…あのベルファストが、作業を中断せざるを得ないほどに苦しむとは…」

指揮官「…タイミングによっては、最悪の事態を招くな…」


↓2 何をするか
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 02:16:02.22 ID:meEVtBWcO
エリザベスは出撃できるのか?という話に
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 02:22:48.21 ID:Mhn3+rTc0
ベルファストを落ち着くまで横にさせておく
明石にQEの義足を作れないか尋ねる
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 02:39:40.79 ID:vwIUQlR70
艦船も増えてきたしちょっとまとめさせて貰ってよかデスカ

Z46
ルルイエ基地に最初からいた。盲目。ルルイエ基地以外の記憶がない(→記憶障害?)
E:木製の杖

アドミラル・グラーフ・シュペー
初建造艦。戦闘に支障の出るレベルの被虐体質。現状、障害は軽微。

ツェッペリンちゃん
初建造艦。重篤な艦船恐怖症かつ進行度の重い肝臓肥大。精神と肉体の両面から蝕まれている為状況は深刻。

明石
どこからともなくやってきた謎の艦船。目的は不明。袖で隠しているが両手首がない。
艦隊加入の際の偽造書類で誤魔化しきれていると思っているが指揮官にはバレている。

ウォースパイト
2度目の建造艦。運動性能に若干影響する半身火傷。

ベルファスト
3度目の建造艦。偏頭痛持ち。平時は問題ないが発症すると重く、ほぼ一切の行動が取れなくなる。

クイーン・エリザベス
3度目の建造艦。右腕しか持たない四肢欠損。
E:車椅子

グラーフ・ツェッペリン
指揮官の元所属基地の艦船、元ケッコン艦。電話でのやり取りが可能。

赤城、大鳳、隼鷹
元所属基地のやべーやつら。グラーフが上手く手綱を握っている。

ローン
元所属基地のやべーやつ…だが、指揮官が左遷された事で逆におとなしくなった。

指揮官
上司を自爆ボートに縛り付ける奇行に走り、ルルイエ基地に左遷される。かなり難儀な性格。喫煙者。

ルルイエ基地
僻地にある打ち棄てられたも同然の基地。何故か肉体・精神に何らかの異常を持つ艦船しか存在しない。
出撃や委託任務が不可能な環境で科学研究の痕跡がないにも関わらず、何故か資源は豊富にあり、支給もされる。
また、本来建造不可能な艦も(不完全とはいえ)建造される、謎の多い基地。

饅頭
いつも通りそこらじゅうにいる。
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 03:10:44.70 ID:gEZQu+AGO
設定を纏める能力は皆無なので有難いデス
饅頭は縁の下の力持ち的重要ポジション(大鳳のドレスを作ったりもしてる)の割に、自爆ボートで特攻させられたりウォースパイト改造イベではガムテープで爆竹満載ボートに括り付けられた上で目隠しされたり、悉く扱いが悪いのは可哀想とは思いません


ルルイエ基地 寮の一室


指揮官「気分はどうだ?」

ベルファスト「落ち着いてきました…。これなら、あと数分もすれば復帰出来るかと」

指揮官「今日はもう薬は使えない。休んでおくことだ」

ベルファスト「ですが、陛下とご主人様のお手伝いをしなければなりません」

指揮官「分かっているだろう。KAN-SENとヒトは、平時では何ら変わりはないことを。怪我をすれば風邪も引く」

指揮官「偏頭痛を抑える薬を、小まめに飲んでまでして働く気か?それだと中毒になりかねんから却下だ」

ベルファスト「メイドとしてやらなければならないことです」

指揮官「馬鹿を言うな。身体が壊れたら何も出来なくなるだろうが。それで働けなくなったら、それこそ本末転倒というものだ」

指揮官「滅私奉公も、度が過ぎれば自殺行為と変わらなくなる。少しは自分を労われ」バタン

ベルファスト「………」ポスッ

ベルファスト「…それが、私の存在意義ですから。仕方のないことですよ、ご主人様」

ベルファスト「…ですが、私の我儘でご主人様を困らせるのはいただけませんね。今は、許しを得るまで身体を休めましょうか…」

ベルファスト「…すぅ…」
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 03:25:38.26 ID:gEZQu+AGO
指揮官「明石、時間はあるか?」

明石「にゃ?」

指揮官「クイーン・エリザベスの義肢の製作。可能であれば、取り掛かってもらいたい」

明石「別に、足が無くても出撃は出来るにゃよ?推進機は下肢の先端に付ければいいのにゃ」

指揮官「日常生活のことを考えれば、ある方がいいだろう。第一、彼女が何もかもを手伝ってもらうのを良しとするような性格じゃない」

明石「…まー、指揮官の前では強がったりしてるかもしれないにゃー」

指揮官「何せ女王だからな。余裕を見せておかないと、示しがつかないんだろうな」

明石「義肢の件に答えるとするなら、義肢の製作自体は普通に出来るにゃ」

明石「ただ、戦闘にも耐えられる物を作るとしたら、相応の時間を要するにゃ。オーダーメイドの義肢じゃないといけないのにゃ」

指揮官「細かな方向転換や、軸足に使ったりと。使い方は無数にあるからな…」

明石「接続部の神経のデータや、サイズとかも色々と合わせないと、ただの義肢じゃ慣れるのに大変にゃ」

指揮官「拒絶反応が出る可能性は?」

明石「あるに決まってるにゃ。急に身体が増えるようなものなのにゃ。脳がびっくりしちゃうのにゃ」

指揮官「…そこは運次第、というわけか」

明石「にゃ」

指揮官「作る方向で考えておいてほしい。材料などは俺が方面に頭を下げてかき集める」

明石「大変にゃね〜」

指揮官「恩赦を貰っている側だ。これくらい何とも思っていないさ」

指揮官「生きてるだけで丸儲け。生かしてくれているだけで、感謝してもし足りないくらいなんだよ、俺は」


↓2 何をするか
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 03:30:04.64 ID:Q6qMDf1cO
ツェッペリンちゃんの容態が悪化、とりあえず明石と一緒に医務室へ運ぶ事に
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 05:21:54.59 ID:w5qa+Bzmo
フィーゼと良くも悪くも人が増えたなって話す
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 17:06:49.10 ID:gEZQu+AGO
指揮官「ふぅ…」スパー

Z46「鼻腔を擽る独特な香り。煙草なる嗜好品か」

指揮官「偶には吸わないと、集中出来なくなるんでな。病気みたいなもんさ」

Z46「ふむ」

指揮官「…最初に比べると結構増えたよな。いい意味でも、悪い意味でも」

Z36「私を含めて合計七名。当初の七倍にもなるとは、嘗ての私に伝えても信じまい」

指揮官「数が増えてやれることは増えた。が、同時に色々な苦しみも背負ってしまった」

指揮官「それが運命だと、そう言われればそれまでなんだが」

Z46「仕方あるまい。この基地ではそうなるように決まっているのだから」

指揮官「…だな。これからもそうなっていくなら、それに対応していくしかない」

指揮官「生きているなら、やりようはあるんだ。泣き言を言う暇は無いな」


↓2 何をするか

161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/06/15(土) 17:07:09.51 ID:XSX/bXTw0
踏み台
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 17:34:39.98 ID:Mhn3+rTc0
右半身不随の詐欺師もとい店員ぬいぬい登場とか無理かな?
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 21:36:00.15 ID:gEZQu+AGO
明石「本部からの書類にゃ」スッ

指揮官「どうも」パシッ

指揮官「………」パラパラパラ

指揮官「………!よし」

指揮官「前に出していた申請が通った。軟膏と義肢製作用の材料、他にも幾つかの医療機器も届けるそうだ」

明石「どんな機械が来るか気になるにゃ…」

指揮官「えっと…。MRIや人工心肺、後は透析装置とかも輸送してくるみたいだな」

明石「億は飛びそうだにゃ」

指揮官「とは言っても、型落ちをこちらに流すだけらしいがな。…それでも充分有難い」

明石「にゃ」

???「明石の小娘はこちらに逃げていたのですか」ヌッ

明石「に゛ゃ゛ぁぁぁぁぁぁああぁあああ!!?!?!!!?」ビックゥゥゥ
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 21:49:43.89 ID:gEZQu+AGO
指揮官「…不知火か。こんな場末の基地に何用だ?」

不知火「転属願が受理されたので、こちらに参りました。まさか、断るような大うつけではございませんよね?」スッ

指揮官「上層部直々の指名だ。断ったら鉛弾が飛んでくるだろうに」パシッ

指揮官「………」ジーッ

指揮官「確かに受け取った。明石のとは違って、ちゃんとした書類だな」

明石「…にゃ?」

明石「…もしかして、バレてた…にゃ…?」

指揮官「…ここに来る前は、毎日毎日山のような書類を相手にしてたんだ。分かるに決まってるだろう」

明石「」

不知火「明石の小娘と違い、妾は正当な手続きを踏んでこちらに来ております。それを忘れなきように、指揮官さま」

指揮官「分かっている。この書類を見て疑うほど、俺は馬鹿じゃないさ」

指揮官「…ところで、どうして車椅子に乗っているのかな?」

不知火「…やはり、大うつけでしたか。『でりかしー』が皆無でございますよ?」

指揮官「知る必要があるだろう。どういう欠陥があるかによって、こちらの対処も変わってくる」

不知火「…ごもっともですね。分かりました」

不知火「妾は右半身不随を患っております。ただ、それだけにございます」

指揮官「それだけの一言で済むものじゃないだろうに…」

明石(明石より重いにゃ…。アレからいったい何があったのにゃ…?)


↓ 2 何をするか
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 21:52:22.22 ID:0ZVLWzHjo
お前ら知り合いかと明石にふる
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 21:54:57.04 ID:Qjbj3nMMO
建造、まだ主力足りんしヴェスタルワンちゃんある特
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 22:31:06.76 ID:gEZQu+AGO
指揮官「………」スパー

ゴウンゴウン アイガッタビリー

指揮官「………」ジュッ

指揮官「…はぁ。最後の一本が無くなっちまった」

指揮官「…ん?」

シュペー「指揮官、こんにちは。…けほっ」

指揮官「こんにちは。少し煙たかったか」

シュペー「う、ううん。大丈夫。…煙草、吸うんだね」

指揮官「これっきりだ。もう在庫が無いからな…我慢する他ない」

シュペー「取り寄せないの?」

指揮官「いい機会だろう。これを続けていたって、身体を壊すだけなんだ」

指揮官「それに、KAN-SENたちのことを考えれば、な」

シュペー「…そっか。私は気にしないけど、グラーフちゃんとか気にするかもしれないしね」

指揮官「それもあるが、周囲に毒を撒いているようなもんだからな。いつかは辞めようと思っていた」

指揮官「それが偶々今日だっただけの話だ」

ゴウンゴウン


↓2 特型建造限定のキャラ 条件はいつもの
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 22:36:51.58 ID:E1t+dXXUo
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 22:37:01.36 ID:+Pp61qQM0
ハーミーズ
遊○王やってなくて別ゲーにどっぷり
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 22:41:01.24 ID:+Pp61qQM0
ギャザ民とか指定しようと思ったけど、>>1が知らないかもと思ったので、
>>1の知識の中で廃プレイヤーになるとアレな任意の別ゲー選んでくだしあ
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/15(土) 22:53:08.35 ID:gEZQu+AGO
自分の記憶は天狐無双時代で止まっています


プシュー ガチャッ

指揮官「今回はハーミーズか。…だが、何かおかしい」

ハーミーズ「………」

指揮官「…例のディスクはどこにいった?」

シュペー「ディスク?」

指揮官「彼女はカードゲームに精通していてな。その道具を一式持っている…はずなんだ。だが…」

指揮官「今のハーミーズは、なぜかスマホを持っている」

ハーミーズ「………」ポチポチポチポチ

指揮官「………?」

ハーミーズ「チッ。守護無視十点とかゲームを否定していないか。天狐も回復と攻撃を両立していて、戦うのが馬鹿らしくなる」

指揮官「あっ」

指揮官「…シュペー、行くぞ」

シュペー「えっ。挨拶…しないの?」

指揮官「…気が済むまで遊ばせてあげよう。話はそれからにした方が良さそうだ」

ハーミーズ「…クソォッ!どうしてマリガンで高コストばかり来るんだ!」


↓2 何をするか
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 22:55:56.28 ID:+Pp61qQM0
リンドブルム見なくなったなあ……
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 22:57:25.23 ID:k+vuZch2O
ベルに代わって風呂掃除や洗濯をやっておく
出来ればウォスパやシュペー辺りにも手伝ってもらおう
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 23:09:09.41 ID:vwIUQlR70
ハーミーズだけ欠陥じゃなくてただのギャグで草
つまり仮面ライダー龍驤じゃなくてキュアリュージョーの世界線とかもアリなのか
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/16(日) 00:15:12.21 ID:fdy+LDr5O
プリキュアぼく分かんないのでお手柔らかに


ベルファスト「………」ゴシゴシ

ベルファスト「………」ジャバジャバ

ジャー

指揮官「お邪魔しまーす」ガララッ

ウォースパイト「精が出ているな。ベルファスト」

シュペー「よいしょ…っと。洗剤とかはここでいいの?」

指揮官「ああ。助かった」

ベルファスト「ご主人様?それと、皆様方も…。まだ入浴時間ではございませんよ?」

指揮官「分かっているさ。風呂に入るために来たんじゃないからな」

ベルファスト「では、何をしにいらっしゃったのですか?」

指揮官「風呂掃除と洗濯」

シュペー「ベルファストさんのことを知っちゃったら、居ても立っても居られなくなって…」

ウォースパイト「複雑かもしれないが、ここは私たちに任せてほしいわ」

ウォースパイト「ベルファスト。あなたは、他人に迷惑を掛けるのは良しとしない人でしょう?」

ベルファスト「気持ちは有難いですが、メイドとしての務めは果たさなければなりません」

ベルファスト「今はまだ、兆候は見られません。掃除と洗濯なら終わらせられます」

指揮官(…予想はしていないわけではなかった。だが、想像以上に手強い)

指揮官(何か、鶴の一声足りうるものは無いだろうか)


↓2 どうやってベルファストを納得させるか 結果を併記しても可
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 00:20:19.99 ID:e/IFdy02o
指揮官
どっちかというと女王の方を見ていてほしいんだ
俺がやると色々まずい世話もあるだろう?
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 00:23:34.50 ID:AI1eNKuy0

まあこれがベストちゃうかね実際
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/16(日) 00:51:41.18 ID:fdy+LDr5O
指揮官「…健康なのは何よりなんだが、実を言うと…だな…」パチパチ

ウォースパイト(…なるほど。分かったわ)パチッ

シュペー(うん、指揮官に合わせるね)パチパチ

指揮官「その…ベルファストに頼みたい、ベルファストじゃないと駄目な仕事があってだな…」

ベルファスト「………?言葉に詰まっておられますが、言い淀むような仕事なのですか?」

指揮官「ああ…。エリザベスの、女王陛下の世話を任せたいんだ。ウォースパイトは今ここにいるからな」

ウォースパイト「そういうことよ。私には言いづらいこともあるでしょうし、メンタルケアも頼みたいのよ」

シュペー「最初は指揮官がやるって話になってたんだけど…ね?」

指揮官「…ああ。男の俺がやるのは不味い世話だってあるはずだ。アレ、とか」

ベルファスト「アレ、ですか。何を指しているのか、想像するしかありませんが…」

ベルファスト「…確かに、殿方のお世話を受けては、陛下が拗ねてしまう可能性も否定出来ませんね」

ベルファスト「承知しました。…申し訳ありませんが、ご主人様。この場はお任せしたく思います」

指揮官「分かった。エリザベスのこと、頼んだぞ」

ベルファスト「はい」ペコリ

タッタッタッ

指揮官「…さて、俺たちも仕事に取り掛かろうか」

ウォースパイト「ええ」

シュペー「うん!」

ジャバジャバ ゴシゴシゴシゴシ
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/16(日) 00:58:59.86 ID:fdy+LDr5O
エリザベス「で、ベルが私のお世話をしに来たってわけ?」

ベルファスト「はい。不必要でしたでしょうか?」

エリザベス「…まぁ、私は一人で何でも出来るから。でも、厚意を無下には出来ないわね」

エリザベス「ベル、あなたの手を借りさせてもらうわ」

ベルファスト「かしこまりました、陛下」クスッ

エリザベス「…早速だけど、一ついいかしら?」

ベルファスト「ええ。何なりとお申し付けくださいませ」

エリザベス「その…ね…」ゴニョゴニョ

ベルファスト「………」コクリ

ベルファスト「では、向かいましょうか」

エリザベス「お願い。…こういうのは、下僕には任せられないから」


↓2 何をするか
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 01:04:50.86 ID:j8IRei9C0
色々と疲れた指揮官、とりあえず休憩
最悪、ツェッペリンちゃんの手術に自分も付き合う事も視野に入れる
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 01:11:43.57 ID:oWn/06Neo
明石と不知火の関係を(調べるのも面倒なので)直接二人に聞く
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/16(日) 02:00:18.55 ID:fdy+LDr5O
指揮官「………」カリカリカリカリ

不知火「指揮官さまに書類でございます…」スッ

指揮官「書類?…ああ、催促してんのか。金箱なんか買ってもな」

不知火「今ならお安くしますよ?」カラカラカラ

指揮官「確実に金装備が手に入るならまだしも、運次第だからな。虹箱でも用意してほしいもんだ」

不知火「『こあでーた』を使えば、上等な装備が手に入るでしょう」

指揮官「そんなのにデータを使えるほど、出撃しちゃいない。諦めるんだな」

不知火「むう」

明石「…ぬいぬい、もしかして暇なのかにゃ?」

不知火「妾は暇ではございません。明石の小娘と一緒にしないでくださいませ」

明石「一言多いにゃ」

指揮官「…お前たち、どういう関係なんだ?お互いを知っているみたいだが」

明石「にゃ?」

不知火「はて、なんのことやら」

指揮官「惚けるな。不知火がここに来た時の会話、アレは親しい間柄じゃないと出来ないだろう」

明石「親しい…のにゃ?明石とぬいぬいが?????」

不知火「屈辱的なことを言われました」

指揮官「だから…」ハァ

不知火「…知り合いだと知られているのなら、隠す必要はありませんね。分かりました」
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/16(日) 02:13:30.48 ID:fdy+LDr5O
不知火「端的に申しますと、妾と明石の小娘は同じ基地に所属しておりました」

不知火「そこで色々とありまして、明石の小娘は両手を損失。強制的に除籍させられたのです」

指揮官「…明石、それは本当か?」

明石「…ぬいぬいの言う通りにゃ。誤魔化す必要もないくらい、どストレートにゃ…」

指揮官「…手を失うこと自体が、常識の埒外のものだ。ダメージは基本、艤装が全て肩代わりしてくれるからな」

指揮官「それに、除籍か。何かしらの手当は受けていないのか?」

明石「………」フルフル

指揮官「…補償も無しの使い捨てとは、酷い話だ」


↓2 何をするか
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 02:20:22.93 ID:+dP0y1eIO
ハーミーズが遊戯王やらない以外の欠陥がないかチェック
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 02:31:40.52 ID:j8IRei9C0
ツェッペリンちゃんやベルは大丈夫か様子見
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 02:44:11.71 ID:/y+LnGx80
SSR Z46ベルウォスパ明石
SR ツェッペリンちゃんシュペーQE
Rなし
N 不知火ハーミーズ
レア度の偏りスゲーな
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/16(日) 03:04:56.62 ID:dXXFHdxH0
指揮官「グラーフは投薬治療を始め、ベルファストは定期的に休養を取らせるようにしたが…大丈夫だろうか」スタスタ

指揮官「薬も、そこまで強力なものは使っていない。最初は軽い薬で少しずつ進行を遅らせて、身体を慣らしていかないとな」

指揮官「まだ子供だから、何が起こるか分からない。大人なら大したことない量でも、副作用が出る可能性もあるんだ。慎重に進めないと…」

指揮官「………」ゴソゴソ

指揮官「…煙草が無いと解っていても、ついつい胸ポケットとかを探ってしまうな」


↓2と↓4 ツェッペリンちゃんとベルファストの容態はどうか
↓2の方がツェッペリンちゃん ↓4の方がベルファスト
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 03:06:55.98 ID:j8IRei9C0
kskst
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 03:23:21.29 ID:/y+LnGx80
面会室には失敗するも、手紙やメールを介しての意思疎通には成功
肝臓は変わらず
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 03:24:54.49 ID:7Y7QMgDYO
踏み台
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 03:39:40.78 ID:Vsn6H4FHO
指揮官や同僚のいる前で発作が起き、痛みのあまり失禁
頭痛自体の悪化はないがストレスは蓄積
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/17(月) 11:59:25.68 ID:0+62KwdBO
ルルイエ基地 病室前


【面会謝絶!医療従事者以外立ち入り禁止!にゃ】

指揮官「駄目か…」

指揮官「………」カチカチカチカチ

指揮官『アレからどうだ?身体に異常はないか?』

ツェッペリンちゃん『いつもと変わらん。食べて、吐いて。苦しいだけだ』

ツェッペリンちゃん『だけど、薬を使い始めてから、少しだけ、ほんの少しだけ楽になった気がする…』

指揮官(病状は然程変わってないらしいが…。プラシーボ効果でも起きているのか、ただの思い込みなのか)

指揮官(とりあえずは様子見だな)

指揮官『そうか。辛いだろうが、気を強く持ってくれ。必ず治してみせるからな』

ツェッペリンちゃん『うん。我も頑張る!』

指揮官「…俺にも何か出来ればな。素人が易々と触れていい領域ではないのが、悔しいものだ…」
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/17(月) 12:04:39.31 ID:0+62KwdBO
ウォースパイト「………」ペラペラ

ベルファスト「………!」コクリ

エリザベス「………」ファァ

指揮官「井戸端会議でもしてるのかな?」スタスタ

ベルファスト「ご主人様」

ウォースパイト「ただ雑談していただけよ」

エリザベス「下僕は仕事を終わらせたの?」

指揮官「仕事なんか殆ど無い。ここはそういう場所だからな」

エリザベス「ふーん。サボってるわけじゃないのね」

指揮官「そんな不真面目に見えるか?」

エリザベス「…見方によっては見えるかも…」

指揮官「………」

ベルファスト「ご主人様、物凄い微妙な表情をなされてますよ」

指揮官「笑えばいいのか悲しめばいいのか困ってるんだ」
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/17(月) 12:51:21.02 ID:0+62KwdBO
指揮官「あ、そうそう。近いうちにまた周辺海域に出撃する計画を立ててるんだ。偶には身体を動かしたいだろ」

エリザベス「基地でぐうたらしてるわけにもいかないわよね。私たち、艦船だし」

ベルファスト「装備の換装は必要ありませんか?」

指揮官「近場なら、雑魚しかいない。練度を上げる方が重要だ」

指揮官「…金箱を買ったところで、欲しい装備を狙い撃ち出来はしないからな。だいたいが紫だし」

エリザベス「世知辛いのね」

ベルファスト「遠征が出来れば、状況も変わってくるのでしょうが…」ピクッ

ベルファスト「………!?」ガクッ

指揮官「…発作か。すぐに横にさせなければ…。ベッドは近くにあったか…」

ウォースパイト「すぐそこの仮眠室は?」

指揮官「そこが良いか。すまない、ベルファスト。少し背負うぞ」

ベルファスト「だ…めぇ……っ!!」フルッ

指揮官「えっ…?」

ベルファスト「あ…!?あぁっ……!!ぁぁぁあぁああ……………!!」ショワァァァァ‥

指揮官「………ぃ!?」

ベルファスト「………っ」ブルブルッ

エリザベス「ウォ、ウォースパイト!!」

ウォースパイト「………っ!はいっ!」ダッ

ベルファスト「粗相をして…しまい…申し訳…ございません……」ポロポロ

指揮官「…ベルファストは何も悪くない。そう自分を責めるな」

指揮官「…それよりも、だ。汚れた服を着たままでは、衛生的に良くない。早く着替えよう」

ベルファスト「申し訳ございません…本当に…申し訳…ございません…ご主人様…」

指揮官「責めるなと言ったろうが…」

ベルファスト「うぅ…うっ…」グスッ

指揮官(ベルファストの泣き顔など、初めて見た…)


↓2 何をするか
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 12:55:54.65 ID:Q7niFgXJ0
かそく
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 12:58:27.55 ID:RtwJHopCO
薬がないかもしくは手に入れるにはどうするか不知火に聞いてみる
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/17(月) 13:52:22.23 ID:0+62KwdBO
ルルイエ基地 購買部


Z46「酸素コーラが欲しいのだが」

不知火「右の冷蔵庫からお取りくださいませ。代金は指揮官さまにツケておきますので」

Z46「それには及ばない。私の求める物は、私の財産で購入する」スッ

Z46「今触れているのが取っ手だろうか?」

不知火「そうでございます。開けたら、中にぎっしりと詰まっておりますので、引き抜く際に落とさないようご注意を」

Z46「助言、感謝する」クイッ

Z46「………」ジャラジャラ

Z46「代金はここに置いておくが、過不足がないか確認しておくれ」

不知火「問題ありませんよ」

Z46「承知した。また来るかもしれない」コツコツ

不知火「ありがとうございました」

指揮官「俺も注文よろしいか?」

不知火「どうぞ。お金を落としてくれるのなら大歓迎です」
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/17(月) 14:05:42.46 ID:0+62KwdBO
指揮官「グラーフ用の薬や、ベルファスト用の薬など、様々な物が欲しいんだが。在庫はあるか」

不知火「少々お待ちくださいませ…」カラカラカラ

不知火「んっ…」スッ

パシッ

不知火「………」パラパラパラ

不知火「…ベルファストさまの物なら、多少の在庫が。グラーフさまのような重病人に充てられる薬は、取り寄せるのも難しいかもしれません」

不知火「本来、重病人の治療は本部の軍病院で行うものです。基地で出来るのは、応急処置か軽度のものの治療くらいです」

不知火「薬の保管も『でりけーと』な上高級品なので、そう簡単には輸送出来ないのでしょう」

指揮官「…俺が前所属していた基地は、設備も充分に整っていたが」

不知火「初期に設立された『ブレスト』、『トラック』、『横須賀』の三基地は、歴戦の勇士が在籍しております。故に、設備投資が充分に受けられているのです」

不知火「それに対し、後続の基地は相対的に練度が低いです。その為、優先順位も下げられているのでしょう」

指揮官「…まぁ、先述した三基地の仕事は大変だからな。俺もそうだった」

指揮官「…そう考えれば、支援を受けられないのは仕方のないことであるな。医療機器の搬入が出来るだけでも、とんでもないことなのか」

不知火「そういうことです」


↓2 何をするか
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 14:17:54.43 ID:dym05YAp0
寝着姿のベルを優しく抱きしめる
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 14:20:31.40 ID:Srx5oAqVO
ハーミーズと接触
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/17(月) 14:41:56.30 ID:0+62KwdBO
ルルイエ基地 リラクゼーションルーム


ハーミーズ「………」スッスッ

ハーミーズ「私の考えているデッキだと、どうしても序盤に弱くなってしまうな…。マナカーブの形も悪いし、組み直すか」

ハーミーズ「好きなカードを入れたいが、それだと弱くなってしまう。悲しいことだ」

ハーミーズ「…やはり、強いのはヘクターだ。フォロワーさえ残っていれば打点が取れるし、盤面も守れる」

ハーミーズ「フェリグレモリーは待つのが長いから好かん。もっと派手に決めたいものだ…」ブツブツ

指揮官「…まぁ〜た影詩をやってるのか」

ハーミーズ「指揮官、知っている口なのか?」

指揮官「前に少し齧ったくらいだ。昏きに蹂躙されてもう辞めた」

ハーミーズ「私もあの時は苦労した。Nヴの酷さは今でも思い出すよ」

指揮官(デュエリストの彼女はどこに行ったんですかね…)


↓2 何を話すか アクシデントとかも可
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 14:43:28.65 ID:r7WI0IoXO
フミィ
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 14:55:03.11 ID:EnA9zqw80
フィーゼ誤って杖を落としてしまう(杖自体は近くにある
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/17(月) 15:35:34.32 ID:0+62KwdBO
Z46「………」コツコツ

ハーミーズ「前にやっていたのなら、復帰してもすぐに順応出来るはずだ。もう一度やってみないか?」

指揮官「遠慮するよ…。もう煽られまくってストレスを溜めるのは懲り懲りだ」

Z46「………」カチャカチャ

ゴトン

指揮官「…何か音がすると思ったら。Z46じゃないか」

Z46「指揮官と…もう一人、誰かいるのだろうか。雑談の邪魔をしてしまったか」

ハーミーズ「いや、そんなことはない。気にしないでいいぜ」

Z46「ハーミーズ、だったか。こうして面と向かって話し合うのは、初めてであるな」

ハーミーズ「たしかに。これからよろしくな」

Z46「………」コクリ

指揮官「ゴミ捨てか?部屋に置いてくれてたら、捨ててたんだけどな」

Z46「身の回りのことは自分でする。任せっきりでは、身体が鈍ってしまう」ポロッ

コツーン

Z46「………!?」サッ

Z46「すまない…!杖がどこに落ちたか教えておくれ…!」

指揮官「すぐそこだ。あー…四時方向にある」

Z46「………!」サワサワ

Z46「み…見つからない…っ!」

パシッ

指揮官「ここだ。もう、落とさないようにな」スッ

Z46「申し訳ない…。一層、丁寧に扱うよう注意をしよう」

指揮官「…そんなに大事か?一時間クオリティの粗末な物なのに…」

Z46「…あなたからの初めての贈り物とあれば、私にとっては値千金である」

Z46「…だから、決して失わない。決して、壊させない。この母港の誰であろうと、それだけは許さない」


↓2 何をするか
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 15:43:53.35 ID:dym05YAp0
これからも建造するべきか考える(下手に重い症状のKAN-SENが出たら指揮官一人じゃカバーしきれない)
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 15:59:05.77 ID:mba6r7WvO
ハーミーズがフィーゼの介助
断られても、今後陛下の介助もすることがあり得るから練習させてと押しきる
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/17(月) 20:32:53.65 ID:0+62KwdBO
ハーミーズ「Z46…いや、『フィーゼ』と言うべきかな?」

Z46「私に名乗れる名は無いのでな。好きに呼んで構わない」

ハーミーズ「では、フィーゼと呼ばせてもらおうか。フィーゼ、君に頼みたいことがあるのだが…」

Z46「私に頼みたいこと…か。忌憚なく言っていただいて構わない」

ハーミーズ「そうか。なら遠慮なく頼ませてもらう。実はだな…」ゴニョゴニョ

Z46「…ふむ…」

指揮官「………?」

Z46「成程。事情は分かった。私の介護をしたい、ということか」

ハーミーズ「ああ。君はどうも危なっかしいからな。僭越ながら、手を貸したいと思ったんだ」

ハーミーズ「それに、陛下の介護をする時が来るかもしれない。その時に何も出来ないとあれば、申し訳が立たないんだ」

Z46「私は本番前の練習用なのだろうか?」

ハーミーズ「そういうつもりじゃないさ。純粋に君のことが心配なんだ。いや、陛下のことも心配なんだが…」

ハーミーズ「何と言えば良いか…うーん…」

Z46「…冗談だから、そう重く捉えないでいただきたい。先日、シュペーに言われてな」

Z46「『もう少し明るくなったら、フィーゼちゃんはもっと可愛いのに…』と」

ハーミーズ「そ、そうなのか。狼狽えてしまったよ」

Z46「申し訳ない」

ハーミーズ「…いや、謝罪には及ばない。それより、フィーゼはこれから部屋に戻るのか?」

Z46「………」コクリ

ハーミーズ「では、早速向かうとするか。指揮官、私たちはこれで失礼する」

指揮官「ああ」


↓2 何をするか
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 20:35:06.82 ID:TAGu5j5+0
艦載機でも造ろうか
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 20:38:34.26 ID:RcLOaFHSo
シュペーちゃん自傷の現場に遭遇
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 21:10:58.19 ID:5zTNDSyWo
明石と不知火が言い争いしているので止める
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/18(火) 02:38:08.31 ID:Bc+RlKXv0
今更だけど指揮官の嫁がにくすべなのはスレ主が初めて指輪を渡した相手だからかな?
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/18(火) 02:49:56.97 ID:P5tRbg3qO
被虐体質って『自身の意思とは関係無しに負傷する体質』ってことで良いのだろうか(扱いに困ってた)


指揮官「ゴミはこれで全部か?」ガサッ

饅頭「ぴよ」ピシッ

指揮官「そうか。じゃあ、廃棄処分は任せたぞ」

饅頭「ぴよっ!」

ブロロロロー

指揮官「ふう…」

指揮官(…ふと気になったが、シュペーは未だ目立った欠陥を見せていないな)

指揮官(何があるのか把握しておきたいが、そう都合良くいくわけがないか?)

指揮官(いや、とりあえずは行動をするか。何かがあるかもしれない)スタスタ

213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/18(火) 03:00:40.02 ID:P5tRbg3qO
最初に渡したのは愛宕です
純粋にグラーフが好きなので選びました
勿論指輪は渡してます


指揮官「…で、シュペーの部屋の前まで来たが…」コソコソ

指揮官「誰かに見られたら誤解されてしまうな。そんな心配は必要無い状況だが」

指揮官(ウォースパイトたちはお喋り中で、Z46とハーミーズは一緒に部屋にいる。不知火と明石も、売店でくっちゃべっているだろう)

指揮官「よし…」スッ

ガタガタガタッ

指揮官「………!何の音だ…!?」

指揮官「考えるよりも確かめるのが先か!シュペー、どうした!?」ドンドンドン

シュペー「し…き…かん…」

指揮官(声が弱々しい…!急がないと!)

指揮官「今助けるぞ!」ガチャッ

シュペー「痛い…う…ぁあ……」

指揮官「なっ…!?!!」

指揮官(目に映ったのは、無数の調理器具に埋もれ、全身にナイフやフォーク、包丁や皿の破片が突き刺さったシュペーの姿だった)

指揮官「早急に手当てをしないと…少しの間、辛抱してくれよ…!」

シュペー「う……ん………」

指揮官(まさか…これが欠陥だってのか…!?なんでもありなのかよ!!?)

シュペー「はぁ…はぁ……」


↓2 何をするか
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/18(火) 03:03:47.17 ID:Bc+RlKXv0
シュペーを医務室に連れてって痛みが治まるまで一緒にいよう
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/18(火) 04:19:59.42 ID:atSTqh5T0
医務室に駆け込むついでに明石ひっ捕まえていく

「被虐体質」ってFateのパッションリップのアレかと思ってた
ヘイトを集めやすい=攻撃対象にされやすい、ってやつ
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/18(火) 09:02:25.20 ID:hVMiHsroO
いわゆるマゾッ子なら、被虐趣味や被虐嗜好、M体質
怪我しやすいだけならそれはそれで別で、不幸体質とかにならん?
被虐体質っていった場合、いじめられっ子って意味が適切なのでは
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/19(水) 01:56:22.23 ID:9XnosqilO
無理だろうけどこの母港で開発艦を完成させたら開発艦も何らかの障害を持って出てくるのかな
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/19(水) 02:45:51.85 ID:FjjLWH760
この特異点っぷりは開発艦すらノータイムで建造されそうまである
虚弱体質のサンルイとか慈愛に満ちたローンとかコミュ障のシアトルとかロリコン感染したジョージアとか
105.96 KB Speed:24.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)