【モバマス】こずえ「なおー…」奈緒「ん〜?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:50:32.11 ID:vvPl9fd20
デレステやってる最中に思いついて書いた。

こずえと奈緒がイチャイチャするだけ。

そういうのがダメな人はバック推奨。

警告はした。投下する。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1562341831
2 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:51:36.34 ID:vvPl9fd20
こずえ「なおー…」

奈緒「ん〜?」

こずえ「えへー…よんだだけー…」

奈緒「呼んだだけかー」

こずえ「そー…」

奈緒「あたしを呼ぶのは、この口かー?」プニプニ

こずえ「ふへー…」プニプニ

奈緒「柔らかいなぁ。いつまでもプニプにしてられる」プニプニ

こずえ「ふへー…」プニプニ
3 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:52:23.49 ID:vvPl9fd20
奈緒「こずえは本当にかわいいなぁ〜」

こずえ「こずえ、かわいい…?」

奈緒「世界一かわいい」

こずえ「さちこよりかわいい…?」

奈緒「幸子よりかわいいぞ〜」

こずえ「えへー…」


幸子「!?」

小梅「ど、どうしたの?」

幸子「どこかで僕の順位が下がったような気が」
4 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:52:52.74 ID:vvPl9fd20
こずえ「なおー…」

奈緒「ん〜?」

こずえ「なでなでしてー…しろー…」

奈緒「いいぞ〜」ナデナデ

こずえ「ふわぁ…」ナデナデ

奈緒「こずえはかわいいなぁ〜……ん?なんか視線を感じる?」

凛「ニヤニヤ」

加蓮「ニヤニヤ」
5 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:53:41.60 ID:vvPl9fd20
奈緒「…何見てんだお前らー!!」

こずえ「なおー…うるさい…」

凛「なおー、うるさいw」

加蓮「なおー、うるさいw」

奈緒「ひらがなで話すな!ていうか何時から見てたんだ!?」

加蓮「一番上の『なおー…』から」

奈緒「一番上って……最初からかよ!」
6 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:54:09.48 ID:vvPl9fd20
凛「こずえはかわいいから気付かなくても仕方ないよ」

こずえ「こずえ、かわいい…?」

凛「かわいいよ〜」

加蓮「奈緒と同じくらいかわいいよ〜」

奈緒「なんでそこであたしが出てくるんだよ!あたしはかわいくないから!」

こずえ「なおは、かわいいよー…?」
7 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:54:57.09 ID:vvPl9fd20
奈緒「うぇ!?こずえまで、あ、あたしはかわいくなんか…」

凛「かわいいよー」

加蓮「かわいいよー」

奈緒「あ〜もう!お前らあっち行けー!」ウガー

凛「わー、なおがおこったー」

加蓮「わー、にげろー」

奈緒「ひらがなで話すなってば!もう!」
8 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:55:31.07 ID:vvPl9fd20
こずえ「なおー…ふわぁ…」

奈緒「ん〜?眠いのか?」

こずえ「んぅ〜…ねむい…」ウツラウツラ

奈緒「じゃあ、少し寝ていいよ。あたしの膝、枕にしていいから」

こずえ「うん〜…寝る…すぅ…すぅ…」

奈緒(もう寝ちゃった。寝顔もかわいいなぁ〜)ナデナデ
9 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:55:57.12 ID:vvPl9fd20
奈緒(髪もふわふわしてて、はぁ〜ずっとこうしていたい)

こずえ「すぅ…すぅ…なおー…」

奈緒「ん?…寝言か?」

こずえ「すき…」

奈緒「うぇ!?い、いやいやいや、恋愛感情とかじゃないだろ、さすがに」

こずえ「すぅ…すぅ…」

奈緒「ホントにかわいいなぁ〜。ふわぁ…あたしもちょっと寝るか」
10 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:56:33.08 ID:vvPl9fd20
こずえ「すぅ…すぅ…」

奈緒「すぅ…すぅ…」

カシャ カシャ

奈緒「んぅ…?」

加蓮「あ、起きた」カシャ

凛「おはよう」カシャ

奈緒「……何撮ってんだ!?」
11 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:57:53.80 ID:vvPl9fd20
凛「静かに。こずえ起きちゃう」

奈緒「あ、ごめん…じゃなくて!何で写真撮ってんだよ!」

加蓮「かわいいからつい」

凛「かわいいから仕方ないよね」

奈緒「仕方ないよねじゃない!」

加蓮「事務所のグループLINEに載せて皆で愛でようと思うんだけど、どう?」

奈緒「や、やめろ!いろんな意味であたしが死ぬ!」
12 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:58:19.20 ID:vvPl9fd20
加蓮「え〜。でも、こういうかわいい物は皆で共有すべきだよ」

凛「加蓮に賛成」

奈緒「た、頼むやめてくれ!なんでもするから!」

凛「ん?」

加蓮「今」

凛・加蓮「なんでもするって言ったよね?」

奈緒「出来る範囲でな?」
13 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:58:45.55 ID:vvPl9fd20
加蓮「じゃあ、こずえちゃんそろそろレッスンだから、起こしてあげてよ」

奈緒「え?そんなことでいいのか?」

加蓮「口で」

奈緒「……は?」

凛「眠ってるお姫様を起こせるのは、王子様の口だけだもんね」

奈緒「お、おい、それって…」

凛・加蓮「ニッコリ」

奈緒(あたしの口で、こずえを起こす?それってやっぱ、キ、キ、キス?)
14 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:59:22.07 ID:vvPl9fd20
こずえ「すぅ…すぅ…」

ドクン ドクン

奈緒(こずえの口、小さいなぁ。あぁもう!心臓がうるさい!ん?)

凛「ニヤニヤ」

加蓮「ニヤニヤ」

奈緒「なんだよぉ!お前らが口で起こせって言ったんじゃないか!」

加蓮「口で起こしてとは言ったけど、キスで起こしてとは言ってないよ?」

凛「普通に起きてーって言えばいいんじゃない?」
15 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 00:59:50.58 ID:vvPl9fd20
奈緒「…は、謀ったなお前ら!もう許さないぞ!」

凛「わー、なおがおこったー」

加蓮「わー、にげろー」

奈緒「くっ、こずえが膝にいるから動けない!あとで覚えてろよ!」

こずえ「ふわぁ…なおー…」

奈緒「あ、こずえ、起こしちゃったか?おはよう」

こずえ「おはよー…ゆめみたー…」

奈緒「へぇ、どんな?」
16 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 01:00:20.02 ID:vvPl9fd20
こずえ「なおとちゅーするゆめー…」

奈緒「え?」

こずえ「ちゅーするまえに、めがさめたのー…」

奈緒「そ、そうか」(やらなくてよかった〜)

こずえ「なおー…」

奈緒「ん〜?」

こずえ「ちゅーしよー…?」

奈緒「はぇ?」

17 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 01:00:47.30 ID:vvPl9fd20
こずえ「つづきしよー…しろー…」

奈緒「いやいや!そういうのは好きな人とするもんだから!」

こずえ「?…こずえ、なおのことすきだよー…?」

奈緒「そもそも女の子同士でちゅ、ちゅーなんて」

こずえ「かなではしたよー…?」

奈緒「…は?」
18 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 01:01:14.68 ID:vvPl9fd20
こずえ「かなでは、こずえにちゅーしたよー…?」

奈緒(あのキス魔!あたしのこずえになんてことを!いや、あたしのじゃないけど!)

こずえ「こずえのおでこにちゅーしたのー…」

奈緒「え?おでこ?」

こずえ「かなでがねー…『唇は大切な人のために取っておきなさい』っていってたー…」

奈緒「そ、そうか。よかった」
19 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 01:01:40.06 ID:vvPl9fd20
こずえ「なおも、こずえとちゅーしよー…?」

奈緒「えーっと、おでこでいい?」

こずえ「やー…おくちでするのー…」

奈緒「な、なんで?」

こずえ「なおは、たいせつなひとだから…」

奈緒「え?」
20 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 01:02:18.91 ID:vvPl9fd20
こずえ「ちゅーしよー…?」

奈緒「いやダメだって!」

こずえ「なおは、こずえのこときらい…?」

奈緒「嫌いじゃない!むしろ好きだ!」

こずえ「じゃあしよー…」

奈緒「で、でも」

こずえ「するのー…」
21 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 01:02:47.29 ID:vvPl9fd20
奈緒(こずえとキス…いやいやいや何考えてんだ!相手は小学生だぞ?…でもそれってダメな理由になるのか?ていうか女の子同士のキスなんて別に問題ないよな?男の人とするよりはずっと健全だし?)

こずえ「んー…」

ドクン ドクン

奈緒(こずえの唇が近づいてくる。心拍数やばい)

奈緒「ん」

P「こずえー、レッスンの時間、だ、よ・・・」
22 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 01:03:14.62 ID:vvPl9fd20
奈緒「プ、プロデューサーさん!?」

こずえ「んー…」

P「オーケー、心配するな、俺は何も見てない」

奈緒「何を言って?」

P「女の子同士でキスするのは別に問題じゃないからな。男とするよりずっと健全だ」

奈緒「ちょ、待てって!」

こずえ「んー…」
23 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 01:03:45.19 ID:vvPl9fd20
P「じゃそゆことで。まだ時間はちょっとあるから、ごゆっくり〜」

奈緒「こずえ、ちょっとゴメン!プロデューサーさん!待ってくれー!」

こずえ「ふわぁ…いっちゃった…」

こずえ「なおはねー…こずえのものなんだよー…?」

こずえ「なおは、こずえとずっといっしょにいればいいんだよー…?」

こずえ「りんにも、かれんにも、ぷろでゅーさーにも、わたさないからー…ふわぁ…」
24 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 01:04:12.18 ID:vvPl9fd20
その後、奈緒はPの記憶を抹消(物理)し、凛と加蓮を奇襲して画像の削除に成功するが、直前に凛が画像を事務所のグループLINEに載せたことで、奈緒は恥ずか死ぬこととなった。

おわり
25 : ◆oSKrvr9bHvDN [sage saga]:2019/07/06(土) 01:08:09.63 ID:vvPl9fd20
安価なしは初めてだけど、どうなんだろこれ?今までの展開はほぼ他人任せだったからなぁ。とにかく、ここまで見てくれてありがとうございました。気が向いたら、またなんか書くかも?

過去作はあるけど、ゲームが違うので載せません。

じゃそういうことで、さよなら
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/06(土) 02:05:25.16 ID:h+gKTCfgo
ボク
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/06(土) 02:29:09.72 ID:jBhQk2Bso
おつ
あぁ^〜すき
またお待ちしております
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/06(土) 05:06:33.86 ID:L3YHS0Kso

これは奈緒じゃなくて紅緒様だなw
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/06(土) 16:54:39.21 ID:aeKD6tCSO
間に挟まりたいな
10.21 KB Speed:1.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)