【モバマスSS】藍子「背中になんて書いたか当ててくださいねっ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 02:57:18.46 ID:kRD5RZUr0
藍子「じゃあいきますよ〜」

モバP(以下P表記)「おう、どんとこい」

藍子「ん〜っと」カキカキ

藍子「はいっ!なんて書いたでしょうか!」

P「・・・『すき』?」

藍子「正解です!さすがプロデューサーさんですね♪」

P「ははは、話のオチになりそうなネタを最初に持ってくるとはさすが藍子」

藍子「プロデューサーさんの背中を見てたら書きたくなっちゃったんですっ」

P「じゃあ次は俺の番だな、後ろ向いて」

藍子「はーい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1562522238
2 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 02:58:21.52 ID:kRD5RZUr0
P「じゃあ何にしようかな・・・えーっと」カキカキ

藍子「・・・『だいすき』ですか?」

P「正解」

藍子「もーっ、プロデューサーさんもじゃないですか」

P「藍子の後姿を見てたらついな」

藍子「ふふっ、じゃあ、おあいこですね!」

P「・・・藍子だけにか?」

藍子「・・・えっ? あ、あっ!ち、違いますそういうつもりじゃなくって!」

P「おー照れてる照れてる。藍子かわいいなあもう」


未央「それであかねちん、我々はいつまでこのダダ甘空間に耐えればいいのかね?」

茜「未央ちゃん!諦めましょう!!」

未央「あかねちんが匙を投げた!?」
3 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 03:00:08.86 ID:kRD5RZUr0
P「そういえば藍子さ」

藍子「どうしましたか?」

P「背中に文字を書いてるとき、その、ブラの感触がなかったんだけど・・・まさかノーブラ?」

藍子「・・・私のサイズでブラなんかつけるはずないじゃないですか」ズーン

P「いやちょっとごめんて藍子!っていうかまだ成長期なんだからせめてスポブラくらいつけないと悪影響が」

藍子「正直、最初に『ほら藍子、早く後ろを向いてくれないと・・・あっ、こっちが後ろなのか』とか言われるかと思ってました」

P「さすがに自虐がひどすぎね!?」

藍子「なーんて、冗談ですよっ! ブラはこのために外してきたんです」

P「なーんだ、こやつめハハハ」

藍子「ふふっ」


茜「藍子ちゃん、最近胸の話をしてもさらりと受け流すようになりましたね!」

未央「プロデューサーが本当にあーちゃんの全部が好きだってことがわかってから気にならなくなったらしいよ?」

茜「ちょっと壁殴ってきます!!」

未央「あかねちん!?」
4 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 03:00:57.03 ID:kRD5RZUr0
藍子「じゃあ今度は私が書く番ですね、少し難しくしますね?」

P「おう、どんとこい」

藍子「・・・・・・」カキカキ

藍子「どうですか?」

P「じゅげむ じゅげむ ごこうのすりきれ かいじゃりすいぎょの すいぎょうまつ うんらいまつ ふうらいまつ くうねるところにすむところ やぶらこうじのぶらこうじ ぱいぽ ぱいぽ ぱいぽのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんだい ぐーりんだいのぽんぽこぴーの ぽんぽこなーの ちょうきゅうめいのちょうすけ?」

藍子「正解ですっ!」

P「おーよかった、どこかを微妙に変えてくるかもと思ったけどストレートに来たな」


未央「いや、あの時間で書いたにしては明らかに長すぎでしょ!?」

茜「藍子ちゃんのゆるふわ空間に常識は通用しません!」

未央「なにその能力バトルものみたいな」

茜「藍子ちゃんの手にかかっては私もゆるゆるのふわふわにされてしまいますからね!」

未央「いやそれとこれとはわけが違うんじゃ」
5 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 03:01:45.39 ID:kRD5RZUr0
P「じゃあ次は俺が書く番だな、ちょっと趣向を変えていくぞ?」

藍子「はーい」

P「・・・・・・」カキカキ

P「・・・・・・」カキカキ

P「さあどうだ?」

藍子「ちょっと待ってください、えーと・・・」

藍子「んーっと、あ、ここがこうなるから・・・」

藍子「・・・3、ですか?」

P「おお正解、さすが藍子」

未央「ちょっとちょっと!?」

P「ん?どうした未央?」

茜「み、未央ちゃん!2人の邪魔をしちゃ・・・」

未央「今明らかに5分くらい何か書いてたのに答えが1文字ってことはないんじゃない!?」
6 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 03:02:35.81 ID:kRD5RZUr0
P「んー、じゃあ藍子、説明できるか?」

藍子「えーっとですね、プロデューサーさんが書いたのは・・・」

藍子「円Oに外接する三角形ABCがあり、直線AOと辺BCが交わる点をPと・・・」

未央「平面図形の問題を背中に書いたの!?」

藍子「誰の胸が平面ですかっ!」

未央「やっぱ気にしてんじゃん!」

茜「藍子ちゃん!早く問題の続きを!!」

未央「どこに食いついてるのあかねちん!?」

藍子「私の胸に食いついてくれる人なんて・・・」

未央「うっわあめんどくさい」

藍子「で、でもプロデューサーさんが、だいすきって、えへへ」

茜「藍子ちゃん!点Pをとりましたよ!この点Pは動きますか!」

未央「なんだこのカオス」
7 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 03:03:39.15 ID:kRD5RZUr0
藍子「じゃあ次は私の番ですね」

P「おう」

藍子「じゃあ何にしようかな・・・んー・・・」カキカキ

藍子「これでどうですか?」

P「いやちょっとこれはずるいって」

藍子「そうですか?」

P「くっそ・・・ちょっと待ってくれ、考えるから」

藍子「はい、ゆっくりでいいですよ?」


未央「あーちゃんあーちゃん」

藍子「どうしたんですか未央ちゃん?」

未央「いや、プロデューサーは何をあんなに悩んでるの?」

藍子「この前文香さんに貸してもらったこの小説の内容を、そのままプロデューサーさんの背中に書きました」スッ

未央「えっ?」
8 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 03:04:27.52 ID:kRD5RZUr0
藍子「それでこのページまで書いて、『飛び降りたのは誰でしょう?理由と共に答えてください』って聞いたんです」

茜「文庫本2冊ですか!ここまでで1000ページくらいありますね!!」

未央「もはや何でもありか、ゆるふわ空間」

P「藍子!回答するぞ!」

藍子「はい、どうぞっ」

P「飛び降りたのは〜〜で、理由は〜〜と〜〜が〜〜で、〜〜って考えたから。動機は〜〜できなかったことを〜〜したから、でどうだ?」

茜「古い作品ですが、一応ネタバレ防止のためにだいたい全部伏せさせてもらいました!」

未央「あかねちん一体何者!?」

藍子「ブッブー、違いまーす!理由の方はいいセン行ってたんですけど」

P「マジかー、けっこう考えたつもりだったんだけどなあ」

P「で、続きは書いてくれるのか?」

藍子「どうしましょう?」

P「魔女じゃ、魔女がおる」
9 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 03:06:18.63 ID:kRD5RZUr0
P「くっそー、じゃあ次は俺の番だな、絶対仕返ししてやるからな」

藍子「いいですよ?」

P「ほう、言ったな? じゃあ・・・」カキカキ

P「これでどうだ!」

藍子「・・・プ、プロデューサーさん・・・」

P「どうした?」

藍子「これもう問題にすらなってないじゃないですかっ!」

P「だって悔しかったし」

藍子「それにしたってなんでこんないいシーンで区切るんですかもう・・・」


未央「ねえプロデューサー」

P「ん? どうした?」

未央「今回は何やったの?」

P「マンガを描いていってめっちゃ続きが気になるシーンで止めた」

未央「背中にマンガ!?」

茜「相変わらずのゆるふわ空間ですね!!」

未央「いやプロデューサーが書く時でも使えるの!?」

藍子「『手術室へ急げ!』のあとどうなるんですか!? 香さんは助かるんですか!?」

P「さっきの小説の続き書いてくれたらこっちのマンガの続き描いてやるよ」

藍子「ぐぬぬ」

茜「かわいい」

未央「あかねちん!?」
10 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 03:07:28.05 ID:kRD5RZUr0
藍子「えーっと、じゃあ次は何にしましょう」

P「そのセリフが出てくる時点でさっきの続き書く気は全くないな?」

藍子「うーん・・・あ、いいこと思いついちゃいました」

P「ん?」

藍子「えいっ」ツン

P「あふんっ」ビクンッ

藍子「ふふっ、大成功です♪」

P「いや背後から不意打ちで脇腹ツンツンされるのはさすがに」


未央「あー、これそろそろ私たちこの部屋から出てったほうがいいやつかな」

茜「どういうことでしょうか未央ちゃん!!」

未央「えーっと、あかねちん、ちょっと男の子の立場になって考えてみて?」

茜「できるかどうかわかりませんがやってみます!!」
11 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 03:08:22.84 ID:kRD5RZUr0
未央「あかねちんが、あーちゃんに背後からかわいいイタズラをされたとします」

茜「第二胸椎を抜かれるとかですか!」

未央「オーケーあかねちん、かわいいの基準を見直そうか」

茜「卒業式に『先輩!先輩の第二胸椎ください!』とか言いませんか!!」

未央「やだよそんなグロテスクな卒業式。でも私たちの世代で第二ボタンとかあまり聞かないよね」

未央「まあさっきの脇腹ツンツンとかでいいんだけど、じゃあ次にあかねちんの番になって」

未央「目の前には背中を向けたノーブラのあーちゃん。あかねちんならどうする?」

茜「襲いますね!!」

未央「おおう、ストレートに来たなあ。でもまあ私でも背後から胸を揉むくらいはするかな」

未央「って感じでえっちなイタズラ合戦になってこの部屋がゆるふわピンク空間になるのが目に見えてるからさあ」

茜「? それで、なぜ私たちが部屋を出ていかなければならないんでしょうか!」

未央「見守る気なの!?」

未央「ってああっ! もうプロデューサーの番になってる!」
12 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 03:09:30.13 ID:kRD5RZUr0
P「じゃあ次は俺の番だな、覚悟しろよ」

藍子「は、はいっ」

P「・・・・・・ていっ」ツー

藍子「ひゃあっ!?」ビクンッ

P「いや、藍子ってうなじも綺麗だよな、なんていうかそそる」サスサス

藍子「んっ、プ、プロデューサーさん、そ、そこ弱っ、あんっ」ビクビク

茜「・・・・・・」

未央「・・・・・・」

茜「・・・・・・未央ちゃん!」

未央「皆まで言うなあかねちん!」

茜「私たちの心は汚れていますね!」

未央「いやうなじだって大概だよ!? その証拠にあーちゃんがもう口元を手で押さえて涙目でガクガクしてるじゃん!」

茜「よっぽど開発されてたんですかね!!」

未央「私もうあかねちんがわからなくなってきたよ・・・」

未央「ってそんなことよりさすがにそろそろ出てかないと! あと誰かが入ってこないようにしないと!」

茜「待ってください未央ちゃん!」

未央「いやいや!この部屋に留まって何をするつもりなの!?」

茜「ドシコり申し上げる」

未央「男の子の立場はもういいんだって!」
13 : ◆P1ZZk9vB9M [saga]:2019/07/08(月) 03:10:23.61 ID:kRD5RZUr0
以上で完結です。ここまで読んでくれた方ありがとうございました。
藍子ちゃんかわいい、すき
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/08(月) 08:16:23.04 ID:yYPkVrjzO
ちょっと壁殴ってくる
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/08(月) 09:23:20.72 ID:xPCeIQeZO
未央ちゃんがツッコミに全力なのはいい作品
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/08(月) 10:31:09.36 ID:RZ+PfIUDO
藍子が壁なら、芳乃は黒板で凛世は広告のポスターだな
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/08(月) 19:26:31.46 ID:vMeM5eM8o
みんなちがってみんないい
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/07/13(土) 19:21:29.60 ID:lW4MrSq90
ポジパ好き
しかしどこ行っても突っ込みでお疲れ様だな未央…wwそのおかげですいすい読ませてもらってるんだが
11.22 KB Speed:1.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)