桂木桂馬「涼宮ハルヒ?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 00:28:28.48 ID:sIiC4s/D0

神のみぞ知るセカイと涼宮ハルヒの憂鬱のクロスです。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1562858908
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 00:52:43.53 ID:sIiC4s/D0

桂馬「誰だ?そいつ」

エルシィ「誰って、次のターゲットですよ!神にーさま!」

桂馬「…なぁエルシィ。駆け魂狩りを始めてもう数ヶ月は経ったはずなのに、ボク達はいつまでこんなことを続けなきゃいけないんだ?」

エルシィ「そ、それは全ての駆け魂を捕まえるまでですよ!」

桂馬「なんだか果てしなく長い戦いになりそうだなぁ…」ハァ

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 00:57:26.19 ID:sIiC4s/D0

桂馬「それで、その涼宮ハルヒってのはいったいどんな奴なんだ?」

エルシィ「えっと、涼宮ハルヒさん。光陽園学園って学校に通っているみたいですね」

桂馬「…なんだその貧相な情報は?もっと攻略に役立ちそうな情報は他にないのか?」

エルシィ「うーん……あっ!そういえば、高校に入学した時にした自己紹介の台詞はありますよ!」

桂馬「は?自己紹介の台詞?」

エルシィ「はい。えっと…」


ハルヒ『ただの人間には興味ありません。この中に、宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしの所に来なさい。以上』


エルシィ「って感じみたいです」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 00:59:19.68 ID:sIiC4s/D0

桂馬「なるほど、わかった。ボクは降りる」

エルシィ「待ってください神にーさま!どうしてそんなこと言うんですかー!?」ガーン!!

桂馬「やかましい!こんな自己紹介をする奴なんてかなり危ない奴に決まってる!だからボクはパスだ!」

エルシィ「そんなっ!?神様と私は駆け魂を集めないと死んじゃうんですよ!?」

桂馬「…ぐっ…それは…!!」

エルシィ「とにかく!今回もやるしかないんですよ!神にーさま!」

桂馬「……ぐぐぐぅ…」

エルシィ「さあ!そうと決まれば、さっそく涼宮ハルヒさんに会いに行きましょう!」ガシッ

桂馬「うわっ!?急にボクを連れて飛ぶのはやめろぉおおおお!!!」ヒュー

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 01:02:22.47 ID:sIiC4s/D0

〜光陽園学院前路上〜


桂馬「…で?どいつが涼宮ハルヒなんだ?」

エルシィ「えーっと、えーっと……あ!いました!あの黄色い髪飾りをつけた長い髪の人です!!」

桂馬「……ふむ」

桂馬(見ると、えらい美人がそこにいた)

桂馬(しかし、整った顔とは裏腹に、彼女の顔に浮かぶ表情には退屈の色しか見えない)

桂馬(あの自己紹介にこの表情…)

桂馬「…なるほど。大体わかった」

エルシィ「え!?もう何かわかったんですか!?」

桂馬「ちょっと行ってくる」スタスタ

エルシィ「ちょっと、神にーさまー!!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 01:05:32.22 ID:sIiC4s/D0

桂馬「お前が涼宮ハルヒか?」

ハルヒ「…何?あんた誰よ」

桂馬「ボクの名前は桂木桂馬だ」

ハルヒ「桂木…?知らない名前ね。あたしに何の用?」

桂馬(目の前に広がる現実に対して失望…いや、絶望している奴に対して打つ、最初の一手)

桂馬(あんな自己紹介をするぐらいだ。生半可な言葉では、こいつには届かないだろう。ーーであれば、)

桂馬「ただの人間には興味ありません、だったか?」

ハルヒ「…それが何?もしかして、あんたはただの人間じゃないってわけ?」

桂馬「そうだ。ボクは他の奴らとは違う」

ハルヒ「あっそ。それじゃあんたは何者だっていうの?宇宙人?未来人?異世界人?それとも超能力者?」

桂馬「どれも違う。ボクは宇宙人でも未来人でも、異世界でもないし、ましてや超能力者でもない。ボクはーー」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/07/12(金) 01:06:24.90 ID:sIiC4s/D0



桂馬「ボクは落とし神だ」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/12(金) 01:09:16.14 ID:sIiC4s/D0

ハルヒ「は?落とし神?」

桂馬「涼宮。お前はこのつまらない現実に嫌気がさしているんだろう?」

ハルヒ「!」

桂馬「だからボクがお前に見せてやる」

桂馬「この平凡で退屈な現実なんかよりも何倍もいい世界…」

桂馬「ボクが神と呼ばれている、最高の世界を」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/12(金) 06:59:40.97 ID:uvUXdMATO
久々の神にーさまのSS
期待
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 18:05:46.08 ID:sIiC4s/D0

〜桂木桂馬宅〜


ハルヒ「ねえ」

桂馬「なんだ?」カチカチ

ハルヒ「この状況は……何?」

桂馬「何ってそんなの見ればわかるだろ?」カチカチ

桂馬「ボク達は今、許嫁と妹の3人で同棲生活を始めたところだ」カチカチ

ハルヒ「そうじゃなくて、どうしてあたしがこんなオタクっぽいゲームをあんたと一緒にプレイしてるのかって聞いてるのよ!!」

桂馬「なんだ。そんなこともわかってなかったのか」ハァ

ハルヒ「わかるわけないでしょ!!いいからさっさと説明しなさいよ!!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 18:09:20.10 ID:sIiC4s/D0

桂馬「涼宮。お前は現実に不満があるんだろ?」

ハルヒ「は?何よ急に」

桂馬「お前は平凡な現実がつまらなくて仕方がない。そうだな?」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…そうよ。あんたの言う通り、あたしは毎日が退屈で仕方ない」

ハルヒ「そこら辺の茂みから宇宙人でも出てきてくれれば、少しは面白いことになりそうなんだけどね」フッ

桂馬「だけど、現実はそんなに甘くない。何故ならこの世界はそんな風にはできてないからだ」

ハルヒ「そんな風にはできてない…」

桂馬「そう。だからボクはお前につまらない現実とは違う、この素晴らしい世界を教えてやる」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 18:11:25.84 ID:sIiC4s/D0

ハルヒ「…その素晴らしい世界ってのがこれ?こんなゲームの何が楽しいの?」

桂馬「こんなゲームとは失礼なっ!!これでもボクが選びに選んだ名作を紹介しているんだぞ!!」

ハルヒ「名作だかなんだか知らないけど、こんなの“たかがゲーム”じゃない。これの何が良いわけ?」

桂馬「涼宮。ギャルゲーを“たかがゲーム”だなんて考えてはいけない」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 18:17:35.91 ID:sIiC4s/D0

桂馬「例えば今、主人公は妹の部屋に入ろうとしている訳だけど…ここで2つの選択肢が出てくる」


【ドアをノックする】

【ドアをノックしない】


ハルヒ「…これが?」

桂馬「涼宮。お前ならどっちの選択肢を選ぶ?」

ハルヒ「そんなの状況から見て、ドアをノックするに決まってるじゃない」

桂馬「…やっぱりお前は何もわかってない」フッ

ハルヒ「はぁ!?何がわかってないって言うのよ!」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 18:26:49.15 ID:sIiC4s/D0

桂馬「なら、涼宮の言う通りドアをノックしてみようか」ポチッ


妹『キャー!!兄さんのエッチー!!!』


ハルヒ「…何これ。どうしてノックをしたらドアが勝手に開いたの?」

桂馬「これは部屋のドアが完全に閉まりきってなかったんだ。だから、軽くノックしただけでドアが開いてしまった」

桂馬「そして涼宮がこの選択肢を選んだ結果、妹が着替えをしている最中に主人公がその部屋に押し入ってしまったという状況が生まれたのさ」

ハルヒ「はぁ!?こんなのただの引っ掛けじゃない!?」

桂馬「こんなの引っ掛けでもなんでもない。ギャルゲーでは普通の選択肢のひとつだよ」フッ

ハルヒ「ぐぬぬぬぬ…」

桂馬「でも、どうだ?これで涼宮も少しはやる気になってきたんじゃないか?」

ハルヒ「………じゃないの」

桂馬「ん?」

ハルヒ「バッカじゃないの!?あたしにはこんな下らないことに付き合ってる暇はないの!」

ハルヒ「あんた、少しは話がわかるかもって思ったけど、ただの勘違いだったみたいね。さよなら」スタスタ

桂馬「……」

桂馬「…なるほど。思った通り自己中心的な奴だな」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 18:28:57.77 ID:sIiC4s/D0

エルシィ「あのー、神さま…」

桂馬「エルシィ?なんだ居たのか」

エルシィ「神さま。涼宮さんとふたりでギャルゲーをするなんて正気ですか?」

桂馬「もちろん正気だ。むしろ、真面目に考えたからこそやってるんだ」

エルシィ「どういうことですか?」ハテ

桂馬「涼宮はつまらない日常に飽き飽きしている。つまりは刺激を求めているわけだ」

エルシィ「ふんふん」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 18:32:44.45 ID:sIiC4s/D0

桂馬「そして、涼宮のようなキャラの攻略方法は大きく分けて2つある」

桂馬「1つは、相手にやりたいことを見つけさせて、それを一緒にやっていく方法」

桂馬「実は相手に任せるこの方法が一番簡単なんだけど、“涼宮のやりたいこと”を考えると、この方法は今回のパターンでは見送らなければならなくなる」

エルシィ「涼宮さんのやりたいことっていうと、“宇宙人とか未来人を見つけること”ですか?」

桂馬「そうだ。主導権を涼宮に持たせて彼女に巻き込まれる形を取ると、必然的に“それ”が絡んでくる」

桂馬「短期戦に持ち込みたいボク達としてはこの方法は取れないんだよ」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/12(金) 18:35:23.72 ID:sIiC4s/D0

エルシィ「それじゃ、神さまの言っていたもう1つの方法っていうのは…」

桂馬「簡単だ。退屈を持て余している涼宮のために、やりたいことをこちらで作ってしまえばいい」

桂馬「そして、涼宮に巻き込まれないようにするためには、逆にボクが涼宮を巻き込むようにする」

エルシィ「…それでゲームですか?」

桂馬「ああ。何かに夢中になっているうちは、退屈なんて忘れられるだろ?」

桂馬「だから、まずボクは涼宮をギャルゲーに夢中にさせるんだ」

エルシィ「えぇー……そんなことできるんですか?」

桂馬「エルシィ。ボクを誰だと思ってるんだ?」

桂馬「ボクは神…落とし神だぞ?」フッ

エルシィ「でもでも…」

桂馬「ま、ボクの手にかかればあんな奴…3日もあれば充分さ!」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/12(金) 21:32:09.95 ID:Mx8XgP6io
はよ
9.97 KB Speed:2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)