未来「翼と入れ替わってたときの話」【ミリマス 】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/07/30(火) 00:02:12.31 ID:UbedML5p0
テスト

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1564412532
2 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:06:02.11 ID:UbedML5p0
「もういいよ春日さん、休憩してて」

トレーナーさんにちょっと冷たくそう言われ、レッスン場の端の壁までトボトボと歩いて、うつむくようにして小さく体育座りをした。もう少しちゃんと練習しておくべきだったんだ。いや、ちゃんと練習してもできたかどうかは分からない。あのステップのトコは本当に難しいから。気分を晴らそうと汗を拭こう思ったけどタオルを忘れたことに気づく。だけれども探すのもめんどくさく感じて、ボーっとみんなのレッスンを眺めることにした。

休憩する私の代わりにダンスレッスンに入ったのは、翼。トレーナーさんの手拍子に合わせて踊っていく。それにしても上手い。私が難しいなって思っている部分をあっさりとクリアしていく。……ダメだ、翼を見てると余計に落ち込む。

もし翼が自主練を頑張ってるのなら私も納得はする。だけど翼は昨日、一日中遊んでたんだよ。え、何で知ってるかって? そりゃ私も一緒に遊びにいったからだよ。

じゃあ翼は家でこっそり練習しているのかな。いや、それもないかなぁ。だってずっと私ラインしてたんだもの。やっぱりそんなに練習しているわけではない。

それなのに翼はちょっとフリ付けをみただけで、すぐマスターしちゃうから、なんだか私が練習する意味がないような気さえしてくる。……なんて考え事をしていると、気づいたらレッスンは終わってて、翼は私にニコニコと話掛けてきた。
3 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:07:01.72 ID:UbedML5p0
「おつかれ、未来。レッスン終わったよー。帰ろ?」

むぅ、人の気も知らないで……。でもそれで意地を張るのも悔しかったので何もないように振舞った。

「そうだね。帰ろっか」



私と翼は家が近く、電車も同じ方向だ。だから自然と翼と駅に向かうことになる。

チラッと翼の顔を見た。ああうらやましいなぁ。私も翼みたいになれたらいいのに。練習をロクにやらなくても振り付けを覚えられて、おまけにすっごく上手に歌えて、スタイルもびっくりするぐらいよくて、顔だって……。
4 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:07:41.54 ID:UbedML5p0
「どうしたの未来、わたしの顔をじっと見て?」

ありゃ、翼に気づかれちゃった。私はそれをごまかすようにして言った。

「ち、ちがうよ。向こうの占い屋さんの方をみてたんだ」

もちろん別に占い屋さんに興味があったわけじゃないよ。翼の向こう側にあってたまたま目に入ったから、言っただけ。

「ふーん、占い屋さん? ちょっとおもしろそう、行ってみよー」

「えー!?」

ごまかしただけなのに、興味をひかれたようで翼に手を引かれるようにして連れていかれた。
5 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:08:56.53 ID:UbedML5p0


「こんばんは!占ってくださーい」

「ちょ、ちょっと翼ってば」

「ほ? 未来ちゃんに翼ちゃんじゃないですか」

「え、わたしたちのことを知ってるんですか?」

「もちろんです! お2人はとっても有名なアイドルですからね♪」

占い師さんはフードを深くかぶっていて、まともに顔が見えない。でもどこかで聞いたことのある声なんだけどな……。

「私は2人のファンなのです。だからトクベツに無料で占ってあげるのです」

「わーい♪ ねえ未来、無料なんだって。やってみようよー」

無料。それはとっても魅力的だ。占い師さんも何故か親しみもあるし、だんだんおもしろそうな気もしてきた。
6 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:09:48.38 ID:UbedML5p0
「そうだね。やってもらおっか。何について占ってもらおうかな」

「はーい。わたしはモテモテになりたいでーす!」

「また翼はそんなこと言うんだから」

「翼ちゃん、ズバリと言いますが、モテモテ道はそう甘くはありません。イッチョーイッセキには成り立たないのです」

「がーん」

「ねえ翼、イッチョーイッセキって何?」

「わたしも知らない」

「ならいいや。私は何について占ってもらおうかなぁ」
7 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:10:37.52 ID:UbedML5p0
「ズバリ! 未来ちゃんは悩みがあるのですね? 悩みというより願い事?」

「え、どうして分かったんですか?」

「水晶に書いてあるのです!」

「わっすごーい」

なら、言っちゃっていいかもしれない。水晶に書いてあるんだったら、隠してもバレちゃうし。

「実は私、翼みたいになりたいんです!」

「え、そうだったの?」

翼が少し驚いたようにして言う。

「うん、翼みたいになれたら人生楽しそうかなーって思ったんだ」

「はいはーい。占い師さん! 私は未来みたいになりたいでーす!」

翼の発言に私も驚いた。まさか翼が私みたいになりたいだなんて。
8 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:11:20.46 ID:UbedML5p0
「ほ? これはどちらも需要があるみたいなのですね。未来ちゃんと翼ちゃんが入れ替わったら、ウィンウィン! なのです!」

「はいそうでーす!」

「私も翼になりたい!」

「分かったのです。明日の朝、目覚めたら、二人は入れ替わっているのです。もし、戻りたくなったら、2人ともが戻りたいと願ったらいいだけなのですよ」

「はーい!」

この時は翼と一緒に何も考えずノリで返事をしてしまった。だってまさか入れ替わる、なんて出来事が本当に起こったりしないと分かっていたもの。
9 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:12:10.11 ID:UbedML5p0
「ほ? これはどちらも需要があるみたいなのですね。未来ちゃんと翼ちゃんが入れ替わったら、ウィンウィン! なのです!」

「はいそうでーす!」

「私も翼になりたい!」

「分かったのです。明日の朝、目覚めたら、二人は入れ替わっているのです。もし、戻りたくなったら、2人ともが戻りたいと願ったらいいだけなのですよ」

「はーい!」

この時は翼と一緒に何も考えずノリで返事をしてしまった。だってまさか入れ替わる、なんて出来事が本当に起こったりしないと分かっていたもの。
10 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:13:07.49 ID:UbedML5p0


ジリリリリ……

聞きなれない目覚ましに起こされる。目覚ましを止めたのはいいものの、ここがどこか分からなかった。昨日はちゃんと自分の部屋で寝たはずだけど……。ん? このファンシーな感じ、甘いにおい、私知ってる。翼の部屋だ!

そのとき昨日の占い師さんの言葉を思い出す。でへへ、まさかね……と手ごろにある鏡を見つけて、のぞき込むと……

「ええ〜〜〜〜〜っ!!!!!!!!」

私、翼になってる!

「どうしたの、うるさいわよ」

私の大声に反応して、扉を開けて出てきたのは翼のお母さん。どうしよ、なんとか説明しなくっちゃ。

「私、春日未来です! 実は翼と入れ替わっちゃってて」

そんな必死の説明にもかかわらず、翼のお母さんは冷めた目をして言った。

「はいはい、そういうのいいから、早く着替えて朝ごはん食べちゃいなさい」

そう言い残してドアが閉まる。あーやっぱり信じてもらえないよなぁ。……ふと壁時計が目に入る。ってこんな時間。たしか翼もレッスンがあるはず! パジャマから着替えて、翼がよく着てる服を見繕って、やっと出かけるのだった。
11 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:14:55.89 ID:UbedML5p0
翼の家から駅まで少し迷ったけどなんとかレッスンが始まるまでに事務所に着くことができた。そんな様子を見てプロデューサーさんが声を掛けてくる。

「こら、翼! ギリギリじゃなくてもっと余裕をもって出社しとけ」

え、翼なんてどこにもいないけど?

「何ぼおっとしてるんだ。翼って言ったら1人しかいないだろ?」

あっそうだ。私、翼だった。
12 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:16:21.20 ID:UbedML5p0
そのとき、私の中でイタズラ心が沸いた。今の私は翼なんだ。だったら……。

「道で困ってたおばあちゃんを助けてたら、遅くなっちゃいました〜」

「そんな言い訳は通用しない」

冷たく言うプロデューサーさんに向かって気持ち胸を寄せながらクネクネして、できるだけ、あま〜い声で言う。

「だって〜人助けしたんですよ。ねぇダメぇ♡?」

「! こ、今度から気を付けろよ!」

プロデューサーさんは顔を真っ赤にして、そっぽを向く。ふふ、効いてる効いてる。
13 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:17:53.45 ID:UbedML5p0
そんなとき、先に事務所に来ていたある人物に話かけられた。

「ねえ未来ってば、わたし、そんなんじゃないと思うんだけど……」

「ひゃあ!? わ、私?」

まさか自分に話しかけられるときが来るとは思わなかった。えっと私が翼だから、今の私(本体)は……。

「もしかして翼?」

「ぴんぽーん♪」

私が楽しそうに言う。いや、私というか私(翼)なんだけど。
14 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:18:48.07 ID:UbedML5p0
「なんというか、無事でよかったよ」

「未来こそ。私の姿で変なことしなかった?」

「翼のお母さんに春日未来です! って名乗ったら変な顔されたくらい」

「えーなにやってるの未来」

「だってしょうがないと思うんだけどなぁ。翼こそ変なことしなかった?」

「しませんよーだ。誰かさんと違ってね」

そんな感じで翼とじゃれあってたら、すっかり調子を戻したプロデューサーさんが訊いてきた。
15 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:19:44.71 ID:UbedML5p0
「どうしたんだ、未来、翼。お互いを逆に呼び合って」

わわっプロデューサーさんに疑われちゃった。どうしよ、このことを相談した方がいいのかなぁ。たしかバレたらダメ! みたいなこと占い師さんも言ってなかったし。

「ねえ、未来」

翼が耳打ちする。

「おもしろそーだから、このままバレないようにお互いのフリしてようよ」

「えー!?」

「だって入れ替わってるなんて知られたら、お仕事にも支障が出るよ」

「まぁそりゃそうだけどさ」

「なら、わたしに任せて」

そう言って翼はプロデューサーさんの方を見て言った。
16 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:21:02.99 ID:UbedML5p0
「でへへ〜、なんでもありませんプロデューサーさん。いっぱい、い〜っぱいレッスン頑張ろうねって翼と話してたんです。あっこんなところにスイッチがある。ポチっとな」

……私はそんなにバカみたいかな?

「なんだいつもの未来か」

泣きそうになってきた。

17 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:22:30.44 ID:UbedML5p0
さて今日のお仕事はラジオの収録だ。私と静香ちゃんがやってるラジオなんだけど、なんとたまたま翼がゲストの回だった。私も参加できるからまぁ良いんだけど……。

「ねえやっぱりバレちゃわない? 静香ちゃんだっているし」

「だいじょうぶ、だいじょーぶ。静香ちゃんもダマしてみせるよ」

なんて言ってたら静香ちゃんがやってきた。

「おはよう。未来、翼。何について話したの?」

「あ! し、静香ちゃん!? えっと、今日の晩御飯なにかな〜って。でへへ」

「あら翼。未来みたいなこと言うのね」

「ぎ、ぎくっ、気のせいじゃないかな〜」

うう、バレそう。翼、なんとかして。目でそう訴えかける。

「たいしたことないよ〜。お仕事がんばろうねって翼と話してたんだ。ね、翼?」

翼は私の姿で静香ちゃんにベタベタしながら言った。全くもう私の体なんだよ? それにしても翼って呼ばれるのは変な気分。

「そうだね。がんばろっかって未来と話してたんだ」

「そう。ならいいけど」

そんな感じでラジオ収録が始まった。
18 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:23:48.07 ID:UbedML5p0


ラジオのOP曲が流れてくる。それを合図に私はしゃべり始める。

「みなさん、こんにちは! パーソナリティの春日未来です。いやぁ最近……」

「ちょっと翼! あなたゲストなのに何やってるの!」

ぐへえ、静香ちゃんに怒られちゃった。翼も静香ちゃんの横であきれた顔をしている。私はごまかすように言った。

「えへへ、ごめんね静香ちゃん。ハリキリすぎちゃった」

「冒頭からしゃべり始めるなんて、どんなゲストよ、もう。まぁいいわ。私は同じくパーソナリティの静香です。ゲストはお分かりの通り私たちの同じ事務所の伊吹翼です。全く翼は相変わらず自由なんだから。ね、未来?」

「あはは、ホントにそうだね〜」

翼はアブナゲなく応えた。私もがんばらないと。というか私、今日は黙っとこ。
19 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:24:54.23 ID:UbedML5p0
さて冒頭こそ危なかったものの、振られたとき以外黙っておく作戦でラジオは割と順調に進んだ。

「それではお便りのコーナーいくわね。ラジオネーム〇〇さんから、この前のライブ最高でした! 特に翼ちゃんが可愛かったです! とのことで」

静香ちゃんがお便りを読み終わると、うれしかったのか翼が反応しちゃった。

「えへへー! ありがとうございまーす! 次もモテモテのハッピーライフ目指して頑張るから応援してくださーい! ってあっ!」

言い終わったあとに自分のミスに気付いたのか、「しまった!」という顔をするけどもう遅い。どうしよと目を合わせてくるけど、私にはどうにもできないよ。

こっそり静香ちゃんを見ると、私たちに対して怒っているのか、プルプルと震えていた。

「な・ん・で未来がこたえるのよ! 翼宛てのおたよりでしょう」

翼が目をそらしながら、ごまかすように言った。

「で、でへへ〜そうでした。仲間が褒められてうれしくって」

「もう未来ってば。ほら翼なんとか言ってやりなさい」

あまりしゃべってないからか、静香ちゃんに話を振られる。どうにかして翼っぽいコメントを出さないと……

「え、駅前に出来た新しいアイスクリーム屋さんのアイスが食べたいなぁ。ダメぇ?」

「何でこのタイミングでアイスの話になるのよ!」

そんな感じでグダグダになりながら、ラジオ収録はなんとか終了した。収録が終わったあと、私と翼はガミガミと叱られたのだった。
20 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:26:11.43 ID:UbedML5p0


午後からはレッスンだ。ダンスレッスンの先生はちょっと怖い人だけど、今日は安心安心。だって私は翼なんだから。

最初は私の姿の翼がダンスをした。自分が踊る姿を見るなんて不思議な気分だったけど、改めて思った。変な気ごちない動きだなあって。

一通り、翼のダンスが終わって、次は私の番になった。

「では次、伊吹さん入って。まず通してやってみよう」

「はーい!」

音楽が鳴り始める。私は意識を集中させる。……! 勝手に体が動く。何も考えていないのに。まるで昨日までとは違う。うろおぼえな部分も、まだできないステップも別人のようにできる。いやぁまぁ別人なんだけど。おまけに次はどうすれば動けばいいか、ずっと先まで見えてくる。表情を付けてみようか、なんて余裕さえある。次はこうやって、それで最後にこう!

決まった。周りのみんなが息をのむ。私の息が上がっているのは踊ったからもあるけど、ホントは自分自身への胸の高鳴りと興奮だった。目立った才能がない自分が天才になれたんだ。ずっとずっと努力しても手に入らなかったものが今はあっさり手に入る。高揚感っていうのかな? 胸のドキドキはとまらなかった。

「さすが伊吹さん。ちょっとアレンジも入れてみようか」

トレーナーさんからも大好評。それを受けて私が元気よく「はーい!」と返事をした。
21 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:26:50.54 ID:UbedML5p0
今の自分ならなんでも手に入る。たいして努力もしないで。これが翼が見ている世界なんだ。私はブルっと震えた。前に静香ちゃんが言ってた武者震いの意味がこのとき初めて分かった。

私のダンスが終わり、見学してた翼に声を掛ける。

「でへへ〜やっぱり翼ってすごいね! ダンスバッチリだったよ」

「……」

「……どうしたの翼?」

「あっごめんごめん。頭の中でステップを復習してて気づかなかったよ」

「翼ってば、そんなことをしてたの?」

あはは、と二人で笑いあった。
22 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:27:44.39 ID:UbedML5p0


それからの私の生活はまさにハッピーライフだった。だって失敗しても遅刻をしても許してくれるし、ロクに練習しなくてもある程度は動くことができたから。

だんだん翼の体も私になじんできた気もする。私たちそんなに性格が違うってわけでもないし、むしろいつもよりワガママに振る舞っても許してくれるのでこの体は便利だった。

特にジュリアさんをジュリアーノって呼んでイジっちゃうくだりはクセになっちゃうかと思った。一回やってみたかったんだ。他にもプロデューサーをダメぇ? ってせまってドキドキさせたときはイタズラが成功したときみたいでうれしかったし、街でお買い物をしたときにオマケをしてくれることも多くなった。

残念なことにスケジュールが翼と合うことが少なかったので、向こうがどう過ごしてるかは分からなかった。だけど翼なら向こうでうまいことやってるとは思う。しかも良いことか悪いことかは分からないけど、普段が普段だから、私たちのボロがでても「あれ〜そうだったっけ」で済ませばごまかすことができた。
23 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:29:09.79 ID:UbedML5p0
そんなある日、レッスン後にジュリアさんに呼び出された。

「どうしたんですかぁ。ジュリアーノ。急に呼び出したりして、まさか告白とか?」

私の翼のマネもなかなかうまくなったと思う。だけど私のテンションに反してジュリアさんの態度は少し違ってて怒っているようにもみえた

「告白か。まぁあながち間違ってないかもな」

「どういうこと?」

「単刀直入に言わせてもらう。最近のツバサ、ちょっとおかしくねえか」

ドキッとしながらも私は翼みたいに振る舞うことに徹した。

「え〜どこがですかぁ」

「あたしもうまく言えねえけどさ」

ジュリアさんは頭をがしがしと掻いた。

「奔放でムカつくところは変わんねえけどさ、前の翼はモテモテのハッピーライフとやらを目指してもっと純粋なキラキラとした瞳をしていた。モテモテってやつはよく分かんねえけど、あたしはそのまっすぐな瞳に惚れてアイルをつくったんだ。今のツバサもそうだと自分で胸張っていえるか? 言えるんだったらあたしは以上なんも言わねえ」

ジュリアさんにドキリとすること言われて思わず押し黙ってしまう。最近の私はどうだろう……ううん、思い返さずにでも分かる。ラクすることとか、人に甘えることしか考えてなかったかもしれない。

「うん。そうかもしれない……ちょっと頭冷やすね」

正直ジュリアさんが怖くなった。どこまで見抜かれているのだろう。私は逃げるように部屋から出た。
24 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:30:17.23 ID:UbedML5p0
「あら、どうしたの翼」

ドアから出たすぐにバッタリと会ったのは静香ちゃんだった。

「どうしたの翼、青い顔して」

「ううん、なんにもないよ」

「ならいいんだけど。そうだ、翼に話があったの。今いいかしら?」

静香ちゃんもか。なんだかすごくイヤな予感がする。
25 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:30:56.01 ID:UbedML5p0
「あなた未来でしょ。自分でも信じられないけど」

静香ちゃんに連れていかれた先の二人っきりの部屋で、静香ちゃんはこう切り出した。

怪しまれることは何回かあったけど、実際に見破られるとは思ってなくて心臓がドクンと跳ねた。あの占い師さんはバレたときの罰については、多分言ってなかったと思う。でもとにかくマズい、ごまかさなきゃという思いでいっぱいになった。

「あはは、何言ってるの静香ちゃん」

自分でもわざとらしいセリフだと思った。全然笑えてないし、おまけに棒読みだし。

静香ちゃんはため息をつきながら言う。

「この前のラジオのときからおかしいと思っていたのよね。それでずっと考えていたのだけど、2人が入れ替わっていると考えたら、すべてに納得がいく説明がつくの。今も自分で言ってておかしなことを言ってると思うけど」

「……」

どうしよ。このまま黙っていたらますます疑われちゃう。でもうまい言葉が見つからなかった。

「それでもわたしは翼だよ」
26 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:32:04.76 ID:UbedML5p0
「そこまで言い張るのなら分かったわ。ここに一枚に紙があるの。何か分かる?」

「え?」

「翼のプロフィールよ。プロデューサーに頼んでもらったの。あなたが翼っていうのなら、今から出すクイズに答えてみなさい。自分のことなら分かるわよね。……血液型は?」

「えっと……Bかな」

「ふーん、やるじゃない。じゃあ次は……」

簡単なことなら意外と答えられるのは自分でもびっくりしたけど、そりゃそうかとも思った。だってあれだけ一緒にいたもの。ちょっとは詳しくなる。

「やるじゃない。翼、いえ未来。だったら本人以外のことを聞こうかしらね。祖父母の名前は? そして彼らはどこに住んでるの?」

むむ、本人以外か。それは難しいなぁ。やっぱりまだまだ知らないこともたくさんある。
27 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:32:45.67 ID:UbedML5p0
「翼のことなら答えられると思ったんだけどなぁ。それはちょっと分かんないや」

「じゃああなたは未来って認めることになるけどいい?」

「……やっぱり静香ちゃんには敵わないなぁ」

決着がついた。
28 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:33:36.16 ID:UbedML5p0
静香ちゃんは困ったようにため息をついてこう言った。

「で、どうやって2人は入れ替わったのよ。戻れる方法はあるの?」

「私たちが願ったら元に戻れるって言ってたよ」

「誰が?」

「えっと……」

なんでかは分からないけど、占い屋さんのことを言ったらダメな気がして言えなかった。

「まぁそれはいいわ……今すぐに翼に連絡をとってお互い元の姿に戻りなさい」

「それは……」

「戻りたくないの?」

「だってこの姿だとダンスも踊れるし、歌だって上手に踊れるんだよ。それにみんなも優しくしてくれるし、良いことばっかりで。ううっ……」

話しているうちになんだか視界がにじんできちゃった。それが涙だとしてもなんの涙かは分からなかった。でもさ、翼になれたんだよ?
29 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:34:37.33 ID:UbedML5p0
「……未来はファンの人の気持ちを考えたことある?」

「ファンの人の気持ち?」

「だって未来のファンは未来を翼のファンは翼を見に来てるんでしょ。中身が逆のまま活動するなんて失礼とは思わない?」

そっか。私たちだけの問題じゃない。ファンの人や家族、周りのお友達だって巻き込んでいる。

「……そうかも」

そして静香ちゃんは小さく笑って言った。

「それに今は忙しいから休みはとりにくいけど、オフが重なったら翼と遊びに行くんでしょ? 自分と同じ姿の翼と居て楽しいかしら?」

「それは……分かんない」

「じゃあ未来が翼とよく一緒にいる理由は何? ダンスや歌がうまいから?」

ううん、違う。表面の部分はそうだったかもしれないけど、本当は……

「ほら、それを翼に伝えてきなさい」

気付いたら私は駆け出していた。静香ちゃんが何かつぶやいた気もしたけど、それは聞き取れなかった。
30 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:35:34.87 ID:UbedML5p0


携帯で連絡をとると翼は家にいるみたい。私の姿なんだから居るのは私の家だ。ずっと翼の家にいたけど、やっぱり自分の家への帰る道が見慣れてる。私の家に向かって走っていると、やっぱり自分に戻らなきゃって思いが強くなってきた。

この季節は夜でもすっごく暑い。走ってるから余計にそう感じた。だけど噴き出してくる汗なんて気にしてられない。

自宅に近づいてくると玄関で待ってる人影が見えたので、走るのをやめて、歩いてゆっくりと近づいた。玄関の薄いライトが彼女の顔をうっすらと照らす。今更なんだけど笑ってしまう。だって私の姿なんだもの。

「やっほー未来、なんだか久しぶりな気がするね」

「お仕事であんまり予定が合わなかったからね」

「そのカンジだと真剣な話みたいだね。ちょっと歩こっか。近くに公園があるんだ」

「知ってるよ」

だって私がずっと住んでた場所なんだもの。
31 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:44:02.41 ID:UbedML5p0
とりとめのないお話をしながら公園につく。この時刻の公園は私にとって新鮮で、まるで知らない場所みたいだった。

私たちはなんとなく目についたブランコに座った。ちょうど2つ並んでたから、それぞれのイスに座った。

足がもてあそぶので、小さく漕いでみる。左右にある掴むための鎖はちょっと冷たい。地面をみると、うっすらとカゲができている。自分の足元にできた頭の上にあるアホ毛のあるカゲと翼の足元にできたサイドテールのあるカゲを見比べたりした。

どこかでセミが鳴いている。だけどお昼によく聞く鳴き声とは違うので違う種類のセミかなとボーッと考えたら翼が切り出してきた。
32 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:45:44.08 ID:UbedML5p0
「ねえ未来、元の姿に戻りたいんでしょ」

ちらっと翼の方をみたけど、翼はこっちを見てなかった。理由は分かる。真剣な話なのに自分に話しかけてるみたいでイヤだったんだろう。だからカゲに話かけたんだ。

「うん、そうなんだ。翼はどう思う?」

「わたしは戻りたくないかなぁ」

やっぱりそう言うかなってどこか心の中では分かってた。戻りたかったら翼から言ってくるだろうし。それにしても何で私の姿で居たいのかな。

「なんで?」

「だって未来がうらやましいもん」

「え、私が?」

これにはびっくりした。まさかいろんなことができる翼が私をうらやましがるなんて、思ってもなかったから。

「説明するのは難しいんだけど、未来は人から大事に思ってもらいやすいんだよ。もし失敗したって怒る人なんていない。むしろ未来の失敗がみんなの力になるくらい。わたしが未来になって改めて思ったよ。未来ほどアイドルに向いてる子いないかもって」

そんなこと言われてもいまいちピンとこなかった。

「うーん。そうなのかなぁ」

「まぁ自覚してないのがいいんだろうね〜」

翼はケラケラと笑って言った。でもそのから笑いが、自分が手にすることのない諦めにも感じた。
33 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:47:19.93 ID:UbedML5p0
「じゃあ次さ、私が元に戻りたい理由言ってもいい?」

「いいよ」

「私が翼になりたかった理由がわかったから」

それを聞いて翼は「ふーん」と小さく言った。多分照れ隠しだと思う。でも私の方が倍くらい恥ずかしいと思うから1回しか言わないよ。

「最初はね、翼は練習をちゃんとやらなくても、なんでもできるから翼みたいになりたいって思ったの。でもそれはちがったよ」

ブランコから降りて、翼に向かい合う。今の翼の姿は私だけど、私の中の翼の姿を浮かべて話し始める。

私の人生初めての告白。少女漫画みたいな上手なセリフは思いつかないから、私の等身大の気持ちをぶつけるだけだ。

「私は翼に憧れてたの。まっすぐで自由でキラキラしてて、みんなの幸せも願ってて、しかもときどきカッコよくてドキドキもする。だから、翼は翼のままで翼らしくいてほしいんだ」

自分でも何言ってるか分かんなくなってきた。翼だってだまってるし、もー!

「……ダメ、かな」

最後の声はすごく小さくなっちゃった。
34 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:48:11.31 ID:UbedML5p0
そのとき、プププと笑い声が翼から漏れ始めた。

「あっ! どうして笑うの」

「だって、未来が変なこと言うからだよ」

「変って?」

「自分が元の姿に戻りたいんじゃなくて、わたしがわたしに戻ってほしいだなんて、未来はホントわがままだね」

「ワガママなんて翼もよく言ってるよ」

「あーなんだか未来の話を聞いてたら元の自分に戻りたくなっちゃったかも」

え、ホント? って聞こうとした途端、目が回ったときみたいに世界がぐるっとした感覚に襲われた。
35 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:48:44.90 ID:UbedML5p0
しばらくして、もう大丈夫かなと目を開けると目の前に翼が立っていた。……ということは?

「わ、私だ! 私が私に戻ってる!」

手のひらをグッパーグッパーさせてみる。この感覚懐かしい!

「何回私、私言ってるの? それにしてもさ〜」

翼がニマ〜ッと笑って言う。

「さっきのセリフもう一回言ってよー。すっごくドキドキしたから、ね?」

「ぜったい言わない!」

「えー」

なんて元の姿に戻ってからも、いつも通りの感じでおしゃべりをしあった。けっこう遅くなるまで話したけど、何をしゃべったのかはあんまり覚えてない。でもとっても楽しかったのは覚えているんだ。
36 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:49:46.29 ID:UbedML5p0
次の日にシアターに行くと、まず静香ちゃんに出会った。静香ちゃんは私を一目見ただけで「おかえり」って言ってくれたから、静香ちゃんには敵わないなぁとは思った。

それでレッスンの方だけど、私は逆戻りをしてまたダンスが思うようにできなくなっていた。でも私が望んだ結果だし、仕方ないかと思いつつ練習に励むことにしたよ。トレーナーさんに叱られながらでもね。やっぱりズルはいけないよ。

そうそう、あとで考えたら私たちを入れ替えさせた占い師さんはまつりちゃんにとっても似ている気がしたから、本人に聞いてみたんだ。そうしたら「ほ? 姫はそんなこと知らないのです」って言われちゃった。だから「人違いかぁ」って思って話を切り上げたら、別れ際に「翼ちゃんともっと仲良くなれたみたいですね」って意味ありげな笑顔で言われたから、やっぱりこの人は分かんないなぁとも思ったよ。

戻ってからの私と翼のカンケイなんだけど、あんまり変わってない気もする。だけど普段は言えないようなことも翼には伝えられたし、まぁ恥ずかしかったけど結果オーライかな。それに翼と一緒に過ごす時間も増えた。翼が言うには「未来も含めてハッピーライフ」らしい。よく分かんないけど、変わっていってる部分もあるのかなって。
37 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:53:41.44 ID:UbedML5p0
さて、今日は学校に行かなきゃならない。翼とは通っている中学校が違っていて、私が翼の姿でいる間はあっちに通っていたので、普段通りの学校が少しだけ懐かしく思えた。入れ替わっている間にテストだとかなくてよかったなぁと今考えてみれば思う。

向こうの中学校では私も戸惑いながらも、なんとかやれたと思う。多少間違いがあっても翼の姿なら「そうだったかなー」で逃げられたから。翼はうまくやってたのかな。

なんて考えながら下駄箱を開けるとたくさんの手紙がバサーって落ちてきた。なんとなく、その中の1枚を読んでみるとラブレターだった。気になって他のを読んでみると、どれもこれもそうだった。え、誰かの間違い? なんて思ったけど、「春日未来さんへ」と書いてあるので私宛で違いない。

イタズラかなぁと思いつつ廊下を歩き、教室のドアをくぐるとサキちゃんに呼び止められた。


「おはよう、未来。今日の未来は大丈夫?」

「え、大丈夫って?」

「今日はいつもの未来だね。この前の未来はいろいろとすごかったんだよ」
38 : ◆z80pHM8khRJd [saga]:2019/07/30(火) 00:55:29.07 ID:UbedML5p0
いろいろとすごい? とハテナマークを浮かべると、男子たちの熱っぽい視線を浴びてることに気づいた。ふとそっちをみると、顔を赤らめて目をそらす男子たち。

数日間、翼として過ごしていたのでクセが抜けなかったんだろう。ついその視線にウインクをしながら小さく手を振って応えると、男子たちは鼻血を噴き出しながらパタパタと倒れていった。……なんだろう、これと戸惑っているとサキちゃんが説明してくれた。

「未来ってばこの数日間でクラスの男子たちをメロメロにしちゃったの」

「つ、翼ってば知らない間に何やってたのー!!!」

私は戸惑いだとか恥ずかしさだとか翼への怒りを込めてそう叫んだ。その声は学校中に響いたらしい。

おわり
39 : ◆NdBxVzEDf6 [sage]:2019/07/30(火) 01:53:23.43 ID:lbfbxTVLO
不思議な力を持つ姫っているもんだな...
乙です

伊吹翼(14) Vi/An
http://i.imgur.com/jYD95ta.jpg
http://i.imgur.com/zbtjSF7.jpg

春日未来(14) Vo/Pr
http://i.imgur.com/aQyOApp.jpg
http://i.imgur.com/bLcgMYZ.jpg

>>17
最上静香(14) Vo/Fa
http://i.imgur.com/VHDs2b4.png
http://i.imgur.com/CfNZjkM.jpg

>>23
ジュリア(16) Vo/Fa
http://i.imgur.com/AC10XEb.png
http://i.imgur.com/TvYzzK4.jpg
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/30(火) 03:16:53.57 ID:XQYjUPAn0

良かった
29.72 KB Speed:0.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)