日野茜「文香ちゃん!ペットが飼いたいです!!」鷺沢文香「まずは知識から ……」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:13:31.55 ID:2JrS6jD+o


コメディです。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1564863211
2 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:14:03.03 ID:2JrS6jD+0

〜事務所〜


ガチャ


塩見周子「お疲れ様〜。文香ちゃんいる?」

鷺沢文香「あ、周子さん……お疲れさまです……」

周子「ごめんごめん、撮影が押しちゃってさ」

文香「いえ、問題ありません……こちらこそ、突然お呼び立てしてしまい……」

周子「それこそ問題ないって。でも相談って、どしたん?」

文香「はい……相談というのは、数日後に迫った、我らが事務所の偉大なる希望の光にして燦爛たる太陽の現身とも呼ぶべき茜さんの誕生日のことなのです……」

周子「その北の指導者みたいな肩書きは必要だった?」

3 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:14:36.78 ID:2JrS6jD+0

文香「そこで、何かプレゼントをお渡ししたいのですが……何を用意すれば喜んでもらえるのかわからず……」

周子「ふんふん、なるほど。……とは言ってもさ? 茜ちゃんだよ? 文香ちゃんからもらったモノなら何でも喜んでくれると思うけどねえ」

文香「確かに、その考えも理解できます……しかし、それは茜さんの優しさに甘えているだけに過ぎません……! そうして相手の厚意に甘えてこのようなイベントを消費するばかりでは、私は一生私のまま……。このまま地味コミュ障陰キャの枠から脱出できません……!」グッ

周子「まったく誰もそこまで貶してないけどね?」

文香「そこで、やはり茜さんの欲しいモノを用意したく……」

周子「あ、なるほど、それで、シューコちゃんにそれとなく探ってほしいってことかな?」

文香「いえ……確かに、私より周子さんの方が会話も上手ですし、そのような調査も向いているでしょう……。しかし、それは周子さんの優しさに甘えているに過ぎず、そうして一生地味コミュ障根暗引きこもり陰キャの枠から」

周子「そ、そのくだりはもうわかったから!!!」

4 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:15:06.14 ID:2JrS6jD+0

文香「わ、私は……その……お笑いになられるかもしれませんが、自分で茜さんから欲しいモノを聞き出し、それをプレゼントしたいのです……。ええと……その方がですね……気持ちが……篭るといいますか……向こうに知る由はなくとも……」

周子「なるほどねー」ナデナデ

文香「し、周子さん……!?」

周子「シューコちゃんポイント1個あげちゃう! いやー、文香ちゃんは茜ちゃんが大好きなんだねえ」

文香「いえ……その……普段からレッスン等でお世話になっていて……敬愛する指導者と言いますか……」

周子「ちょくちょく表現が北なんだよね」

5 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:15:59.13 ID:2JrS6jD+0

周子「じゃ、あたしは何をすればいい感じかな?」

文香「その……先ほど勇ましく宣言をしておいてお恥ずかしいのですが、やはり聞き出す自信がなく……。近くで話を聞いていただいて、場合によっては助け船などを出していただければと……」

周子「おっけおっけ。シューコちゃんに任しとき〜。じゃ、何かあったらスマホでメッセージ送るからさ」

文香「ありがとうございます……!」

周子「それじゃあ、あたしはあっちで雑誌でも読んでるよ」トコトコ

文香「よろしくお願いいたします……!」ペコペコ

周子(それにしても、文香ちゃんも変わろうとしてるんだねえ)ペラ…

ティロンッ

周子「おろ? 文香ちゃんから?」

周子(まだ茜ちゃん来てないけど……『よろしく』的なアレかな?)

『おっすおっす! よろよろ〜☆彡』

周子「なんだそのテンション」

文香「///////」チラッチラッ

周子「照れるならやめときなって!!!」

6 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:17:03.02 ID:2JrS6jD+0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ガチャ


日野茜「こんにちは!!!!!」

周子(お、来たね)

文香「茜さん……」

茜「文香ちゃん! お疲れさまです!!!」

周子(冷静にね……!)

文香「……」

茜「……文香ちゃん?」

文香「100兆円が貰えたら何を買いますか……?」グルグルグルグル

周子(あーダメだねこれ)

7 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:17:37.53 ID:2JrS6jD+0

茜「ひ、ひゃくちょう……?」

周子(急に国家予算みたいな額を出されても混乱しちゃうでしょって。いや急じゃなくても悪手だけども)ポチポチ

ティロンッ

文香(!)チラッ

『茜ちゃん、困ってるよー?』

文香「……!」

茜「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅうまん、まんじゅう……まんじゅう?」グルグル

文香「す、すみません……!」ユサユサ

茜「はっ! おはようございます!!!」

文香「お、おはようございます……」

周子(ちなみに午後4時だけどね)

8 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:19:06.36 ID:2JrS6jD+0

文香「い、今の言葉は忘れていただけると……」

茜「はい!!!」

周子(素直でよろしい)

文香「ええと……本日はお日柄もよく……」

茜「はい! 雨が続いてましたが、最近は晴れて良かったです!!!」

文香「その……明日もきっと晴天に恵まれ……」

茜「はい! 明日も晴れるって、天気予報で言ってました!!!」

文香「ですので……きっと明後日も空は澄みわたり……」

茜「はい! 来週まで雨は降らないみたいです!!!」

文香「よ、よかったですね……!」グッ

周子(全然よくないわ)

9 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:19:46.54 ID:2JrS6jD+0

周子(なんで軽く”やりきった”感を出せるのか)ポチポチ

ティロンッ

文香(!)チラッ

『ほらほら! 何が欲しいか聞くんでしょ?』

文香(そう……ですね……、覚悟を決めて……!)

文香「あ、茜さん……!」

茜「はい!!!」

文香「そ、その……茜さんは……ええと……あ、茜さんの好きなものは何ですか……っ!」

周子(よし!!!)

茜「好きなものですか!!! カレーと! お茶と! そして走ること! 動くこと!! あとは……えっと……」

文香「あとは……?」

茜「そ、その……ふ、文香ちゃん! ……な、なーんて……」テレテレ

周子(いちゃいちゃするな)

文香「……」ニッコリ

周子(し、しんでる……)

10 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:20:34.28 ID:2JrS6jD+0

文香「……はっ! ルーベンスの絵画を見ながら沢山の茜さんに天まで連れて行かれたところまでは覚えているのですが……」

茜「だ、大丈夫ですか!!」

文香「お気になさらず……。その……では、何か、欲しいモノなどはありますか……?」

茜「欲しいモノ……ですか……」

文香「はい、何でもかまいません」

茜「……!」ハッ

周子(?)

文香「どうされましたか?」

茜「も、もしかして私の誕生日プレゼントとかでしょうか! 気を遣わなくても、文香ちゃんがくれたものなら何でもとっても嬉しいですよ!」ニコー

周子(察しが鬼のように良い〜〜〜〜!!!!!!)

11 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:21:08.87 ID:2JrS6jD+0

周子(ど、どうするの文香ちゃん!!!)

文香「……」ニッコリ

周子(し、しんでる……)

茜「ふ、文香ちゃん?」

周子(いや死んでる場合ちゃうでしょ! どうにかしなきゃって!)ポチポチ

ティロンッ

文香(!)

『リカバリー! なんとか誤魔化して!!!』

文香「あ、あの……ち、違います……!」

茜「そ、そうだったんですね……お恥ずかしいです……文香ちゃんならくれるかなって……うぬぼれちゃいました……えへへ」カァァァァァァ

文香「え、ええと……ええと……誕生日のプレゼントは……もちろん……! ですが、これはそれとは一切関係が……ないと明言することはできないのですがあくまでアンケート的な……決して何を渡せばいいのかわからないわけではなくて……そ、そういうことなのです……!」ワタワタ

周子(もう何言ってるか全くわかんない)

茜「わかりました!!!」

周子(優しい〜〜〜〜!!!)

12 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:21:35.79 ID:2JrS6jD+0

茜「でも、欲しいモノですか……! 難しいですね……!」

文香「例えば、他の方の持っていたモノに『いいな』と思ったことは……?」

茜「ううん……あ!」

文香「何か浮かびましたか……?」

茜「ええと……モノとかではなくて……よく、凛ちゃんのハナコちゃんとか、優さんのアッキーちゃんとか、雪美ちゃんのペロちゃんとか、みなさんのペットと遊ばせてもらってるんですが、その……私も飼ってみたいなあ、って、たまに、思ったりはしますね……!」

文香「なるほど……!」

周子(ペットかー)

文香「私は茜さんを飼いたいですけどね(ペットと暮らすのはとても楽しそうですね)」

周子(漏れてる漏れてる!!!)

13 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:22:20.03 ID:2JrS6jD+0

茜「?」

文香「い、いいえ、何でもありません。で、ですが、生き物を飼うというのは大変なことです……。茜さんにその覚悟と知識はありますか?」

茜「か、覚悟はあります!! ……ですが、確かに知識と言われると……!」

文香「……では、こうしましょう」

茜「?」

文香「今から私が、茜さんのペットの生育に関する知識を確認します。それに対して茜さんが十分に答えられれば、飼育可能と判断して、共にペットショップへ向かいましょう。……具体的には8月4日に」ボソッ

周子(上手いような上手くないような……。でも勢いで買わせないのは立派だね)

茜「最後の方はよく聞こえませんでしたが……わかりました! よろしくお願いします!!!」

文香「ではまず、どんな動物がいいですか……?」

茜「ワンちゃんがいいです!!!」

文香「何チュアダックスフントがいいですか?」

周子(一択やんけ)

茜「ドーベルマン!!!!!」

周子(ゴリ押し〜)

14 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:22:59.37 ID:2JrS6jD+0

文香「とはいえ種類は後回しでいいでしょう……」

周子(自分から振っておいて)

文香「まず、犬の平均寿命はどれくらいだかわかりますか?」

周子(10年くらい……だっけ?)

茜「100年!!!」

周子(バケモンだ)

文香「(四捨五入すれば)正解です……」

周子(今どこで切り捨てたの?)

15 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:23:31.50 ID:2JrS6jD+0

文香「平均して10年少しのことが多いです。それだけの期間、ちゃんと面倒を見れますか……?」

茜「もちろんです!!!」

文香「ちなみに私は何十年でも茜さんの面倒を見る準備が」

ティロンッ

『そういうのいいから!!!!!』

茜「?」

文香「……進めましょう」

周子(文字打つの今日でめっちゃ早くなる気がするわ……)

16 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:24:03.36 ID:2JrS6jD+0

文香「犬を飼う場合、しつけというのは避けては通れません。食事や排泄はもちろん、芸を覚えさせる際や、他人に吠えたり噛んだりしないようにする必要もあります」

茜「ふむふむ!」

文香「さて、しつけの際には大切なことがあります。何だかわかりますか……?」

茜「うーん……」

周子(これちょっと難しいね。なんだろ)

文香「ヒント……というわけではありませんが、茜さんもレッスンを受けることがあると思います。その時、どのようなことがあれば意欲が湧きますか……?」

茜「わ、私は……文香ちゃんがいるだけで嬉しいです……」テレテレ

文香「……」ニッコリ

周子(し、しんで……いやこの流れ多いな!!!!!)

17 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:24:38.60 ID:2JrS6jD+0

文香「こ、こほん。正解は、”褒めてあげること”です。犬も、モチベーションが大切なのですね……」

茜「そうなんですね……!」

文香「褒め方の基本は、撫でてあげることです」

茜「撫でる!」

文香「はい、このように……」ナデナデナデナデ

茜「わっ、く、くすぐったいです……!」ワシャワシャ

文香「……」ナデナデナデナデ

茜「わわわ……」ワシャワシャ

文香「……」ナデナデナデナデ

茜「ふみゅう……」ワシャワシャ

周子(あたしは何を見せられてるんだろう)

18 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:25:07.60 ID:2JrS6jD+0

文香「ふう、これで向こう一週間は耐えられますね……」

周子(何を)

茜「これが……ワンちゃんの気持ち……!」

文香「ちなみに、犬以外にも気になる動物はいますか……?」

茜「そうですね……やっぱりネコちゃんも気になります!!!」

文香「猫ですか……。猫は、犬とは違って頭よりも首の下を撫でると喜ぶそうです……このように……」ナデナデナデナデ

茜「んんっ……」ゴロゴロ

周子(さっきからいちゃいちゃばっかりやんけ!!!)

19 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:25:45.44 ID:2JrS6jD+0

文香「猫は犬のように散歩させる必要はありませんが、そのぶん、檻などで囲わず、ある程度の自由を担保しなくてはいけません。高さのある家具に登ろうとすることも多いので、注意が必要ですね。むしろ地上にいるのは稀かもしれません」

茜「でも、みくちゃんは地面を歩いてます!!!」

周子(言わんといてあげて)

文香「その程度……ということですね」

周子(言わんといてあげて)

文香「また、ネコに食べさせてはいけない食品にも注意しましょう。チョコレートなどが代表格ですね」

茜「でも、みくちゃんはこの前チョコ食べてました!!!」

文香「その程度……ということですね」

周子(言わんといてあげて!!!)

20 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:26:21.51 ID:2JrS6jD+0

文香「他に気になる動物は……?」

茜「うさぎさんもカワイイと思います!!!」

文香「うさぎさん……ですか、寿命は野生だと平均して3年、飼う場合は平均8年、ウサミン星だと17年と言われています」

周子(それだと菜々ちゃんが近いウチに死んじゃうからやめたげて。……いや、ずっと17ならセーフなのかな……?)

周子(いやいや、深く考えるとこじゃないって!)ブンブン

文香「ちなみに、『うさぎは寂しいと死んでしまう』という言説がありますが、あれは科学的根拠に乏しく、つまりはウソということになります……」

茜「え! そうなんですか!」

文香「はい。ただ、私は茜さんがいなくなってしまったら寂しくて死んでしまいます」キッパリ

周子(重っも……)

茜「じゃあずっと一緒にいましょうね!」ニコー

文香(天使では?)

周子(天使では?)

21 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:26:50.35 ID:2JrS6jD+0

文香「では、他のペットについては……」

茜「うーん……、じゃあ、文香ちゃんは何か飼いたい動物はいるんですか?」

文香「私……ですか?」

茜「はい!」

文香「そう……ですね……、私は、あまり活発な動物の世話をできるような人間ではないという自負があるので……観賞魚の類が向いているのではないかと……」

茜「お魚さん! いいですね!!」

文香「水槽に泳ぐ様々な魚を見ているだけで、きっと癒されると思うのです……」

茜「わかります!!! お寿司屋さんとかでお魚さんがよく泳いでます!!!」

文香「……はい」

周子(あれ食べるやつ……)

22 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:27:18.23 ID:2JrS6jD+0

文香「……さて、ここまでお話をして、どうですか?」

茜「うーん……やっぱり、私にはまだペットは早いかもしれません……!」

文香「そうですか……」

茜「でも、今度から飼ってる人とかにたくさん話を聞こうと思いました! そうしていつか、ペットを飼う自信がついたら、その時はまた言いますね!」

文香「はい……! とても聡明で、素晴らしい判断です。敬意を表します……」

周子(ま、いい着地点だね)

茜「えへへ……あっ!」

文香「?」

周子(?)

茜「周子ちゃん! いたんですね!!!」

周子(ありゃ。ま、もう話は終わってるし、混ざっても平気かな?)

周子「ごめんごめん、雑誌読んでてさ。何の話してたの?」トコトコ

茜「はい! みくちゃんがチョコを食べてたら良くないって話をしてました!!!」

周子「ホントにそのまとめ方で大丈夫? ホントに?」

23 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:27:46.10 ID:2JrS6jD+0

文香「ええと……ペットの話を……」

周子「へぇ、そうなんだ〜」

茜「周子ちゃんは何か、飼ってみたい動物はいますか!?」

周子「んー? そうだねぇ。やっぱキツネさんかな? コーンコンッ! なんちゃって♪」

茜「おお! ぴったりです! 文香ちゃん! キツネさんの飼い方は!」

文香「そうですね……あ……」

周子(?)

文香「以前にどこを撫でれば喜ぶのか、調べたのですが……失念してしまいました……」

茜「そうなんですね……」

文香「なので、調べてみましょう……!」

茜「!」

周子「……はい?」

文香「ちょうど私たちの目の前に……」ズイッ

茜「あ! キツネさん! ですね!」ズイッ

周子「え? え?」

文香「茜さんは後ろから……」

茜「はいっ!!!」ガシィ

周子「うわっ!? 強っ!?」

文香「では、ご無礼……!」ナデナデナデナデ

茜「失礼します!!!」ナデナデナデナデ

周子「わ! ちょっ! くすぐったっ!!! ち、ちょっと!!! 助け……なんなの!!!!!」ワシャワシャワシャワシャ




おわり




※誕生日プレゼントにはどうぶつ図鑑をあげました。



24 : ◆5AkoLefT7E [saga]:2019/08/04(日) 05:28:15.62 ID:2JrS6jD+0



ありがとうございました
茜ちゃん誕生日おめでとう!


直近の過去作


緒方智絵里「徹底検証っ!」白菊ほたる「朋さん、虹色のモノなら何でも嬉しい説」

八神マキノ「7ペイ?」大石泉「じゃなくて……?」浅利七海「ナナミペイ!れす!」

神谷奈緒「専務になっても憎めない」

神谷奈緒「Pさんと話してたら他のアイドルが修羅場っぽくしてきて面倒臭い」

【モバマスSS】P「ちょっとうづりんで俺を取り合ってくれないか?」


などもよろしくお願いします



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/04(日) 05:37:45.55 ID:oApaoVEDO
かわいい(乙です)
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/04(日) 07:10:34.10 ID:AUvEvT0No

もうふみあか結婚してるわね
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/04(日) 12:02:33.76 ID:Ic0WnDEio

気付いたら茜とありすがそれぞれ結婚していて一人行き遅れる文香
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/04(日) 12:56:57.11 ID:r73ESONgo
おつおつ
おうみくにゃんに流れ弾バスバス当てるのやめるにゃ
17.92 KB Speed:1.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)